複雑・ファジー小説

闇探偵コナン
日時: 2016/06/06 08:42
名前: 夏樹&璃伊奈 ◆s1.eJ2yI2k (ID: dj1cLQBV)



ここは闇の住人が世界を支配した世界

勇者は消え王国は妖魔獣にのっとられた世界

いま超絶空後の混沌バトルがはじまる!

Page:1



Re: 闇探偵コナン ( No.1 )
日時: 2016/06/06 08:42
名前: 夏樹&璃伊奈 ◆s1.eJ2yI2k (ID: dj1cLQBV)

-妖魔界-

戦原狐南「ククク…」

サレッティ光彦「き、貴様ッァァァ!!よくも、よくもアルフレッドを!!」

戦原弧南「真実はいつもひとつ!!そいつが弱すぎただけだ…バ−ロ−」

サレッティ光彦「うるせせぇぇ!!おめぇは俺が倒す!」ビイイィィン

サレッティ光彦「喰らえ!!冥海流穿(リギィア・メル・デスアロ−)」

戦原湖南「フ…(断空)」ギィィィィイン

サレッティ光彦「うそ…だろ…!?」

戦原コナン「フフフ…。やはり貴様も天海仙になれぬ雑魚であったか」

サレッティ光彦「あ…当たれぃ!!」シュババッババ!!!

戦原コナン「いい加減消えろ…。業魔炎皇狼星哭剣(フェンリル・フェイト)」シュ…

サレッティ光彦「うっ!?うわぁぁぁぁぁあぁ!!」ドッカ−ン

榛原剛昌「なにもそこまでもしなくてもよかったのに…」

戦原コナン「やつには存在意味はない」

榛原剛昌「まあそうね…。さよならつぶらやくん

Re: 闇探偵コナン ( No.2 )
日時: 2016/06/06 09:00
名前: 通りすがりの誰か (ID: 63VIkG8S)

あの、これ、2次では?
そんな感じが…するのですが…

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。