複雑・ファジー小説

孤独な?雪女と幼馴染み
日時: 2016/07/06 07:50
名前: 本家&亞兎 (ID: ILPIJn1x)

ダーク・ファンタジーに書こうか迷いましたが、ダークもそんなにないので、ここに…で、複雑?でファンタジー要素があると思い…orz


私は、力が強く、一族の中で嫌われ者…そして______

「へーきだよ?」
でも…

登場人物>>1

本編
プロローグ>>2
>>3,>>8-12

Page:1 2 3 4



Re: 孤独な?雪女と幼馴染み ( No.14 )
日時: 2016/07/31 10:43
名前: 主 ◆VWz93gXwCI (ID: mvmekIau)

「っ…」
限界なのか…

いいか、ソレデモ…

「雪ちゃん!」
また…抱きしめられた……

そして…キスを…された
その瞬間、思考が停止…と同時に、様々なナニカがよぎる…


「雪ちゃん、信じてくれる?」
抱きしめたまま…

「凍牙…嗚呼…」

その刹那、
「雪ちゃん!」

「ハハ!やったぞ!化け物を殺した!ハハ、ハハハハハハハ!いや、一発じゃシナネーカ!」
ワタシは、撃たれたのだ…

「雪ちゃん!」
パーン、パーン…
ワタシに向けての銃弾が…胸を…


意識が薄れる…

Re: 孤独な?雪女と幼馴染み ( No.15 )
日時: 2016/08/02 21:54
名前: 主 ◆VWz93gXwCI (ID: EMu3eY/n)

「雪ちゃん!」
傷口を氷で塞ごうにも、遅い…

完全に…途切れた…

ーーー

凍牙side

「雪ちゃん…」
揺さぶる…

「揺さぶらない方がいい…」
「あなたは…」

「頭のネジ外れた奴が…いた…そいつが撃ったの…でも、平気…大丈夫…」
嘘!だって…

「この子は、死にはまだ早い…」
傷口に、彼女は触れる…

「…大丈夫。応急処置すればいい…あ、さっきは…ご…なさい」
え?

「貴方に、手荒なことを…あら、起きたわね…」
「凍牙?それと…お前は誰だ?」
雪ちゃん!

抱きつく
「っ…痛いんだが…」
「あ、ごめん!」

「大丈夫そうね…ねぇ、雪姫さん…貴方は、一族を恨み、憎んでる?」
…この人、知ってるの?

「雪姫?私は、そんな名前ではないはずだ…」

Re: 孤独な?雪女と幼馴染み ( No.16 )
日時: 2016/08/03 11:02
名前: 主 ◆VWz93gXwCI (ID: EMu3eY/n)

「知らない方がいいかな…知りたいなら、教える…」
雪姫?あ!

「雪ちゃん!僕、雪姫を…知ってる…でも、雪ちゃんはそれを知ったら…」
「凍牙…残酷なことなのか?それは…」
…残酷なの、かな…

書く気力失せorz

Re: 孤独な?雪女と幼馴染み ( No.17 )
日時: 2016/09/22 10:08
名前: 主 ◆vC4d85W3YQ (ID: kNmNzfjC)
参照: トリ変更

「それでもいい、もう、私は限界だ…」
え?

「全てを…説明してあげる」
彼女から、僕が知らないことも、知らされた…

***

「凍牙^ ^早く!」
あれから数ヶ月、雪ちゃんは変わった…まぁ、時々暴走しちゃうけど、それは怒らせたりしたら
僕と雪ちゃんは、ある学園に通ってる

Re: 孤独な?雪女と幼馴染み ( No.18 )
日時: 2016/09/22 12:35
名前: 主 ◆vC4d85W3YQ (ID: BBxFBYlz)  

その特殊科で平凡?な人間で言えば普通の生活を送っている
「待ってよー雪ちゃん!」
そこの学園は、僕と雪ちゃんが住むところからは遠いけど、魔法陣にたてばすぐに行けるとか…
それか、寮で暮らすかみたいだけど…それはまた別?


あの子は、生徒会とか…


雪ちゃんは、もう、孤独じゃない…
そうだよね?

Page:1 2 3 4