複雑・ファジー小説

イエスタデイ・ワンスモア【不定期更新予定】
日時: 2017/08/25 20:17
名前: 翌檜

「イエスタデイ・ワンスモアにお越し頂きありがとうございます」

大きくそれでいて全く何も存在しない舞台に蝶ネクタイを付けた少年が一人立っていた。

「それでは色んな世界への旅をどうぞお楽しみにしてください」

そして彼は何処かへ消える。その後、どこからかのスポットライトが当てられた舞台の隣に飾られた手書きの看板。その看板にはこれから行われる舞台の内容が書かれていた。

今回の舞台

題名:イエスタデイ・ワンスモア6

ジャンル:長編

キャッチコピー:近日公開

内容:近日公開

今までの舞台は>>25です。

今までの出演者は>>26です。

オリキャラを募集しています。

直、今回はスターシステムを採用しております。

ゆえに、ある舞台でキャラクターが死んでも、違う設定で他の舞台に出る事が出来ると言う事です。

オリキャラ応募宜しくお願いします。

エントリーシート(募集用紙)




名前(漢字表記の場合は振り仮名を)

性別(男か女かもしくはその他か)

年齢(舞台により年齢設定が変わるので、年齢の表記は曖昧でお願いします。例:20〜30代前半まで。年齢を特定したいのであれば、20歳のみ、で構いません)

性格(詳しくなくても構いません)

容姿(詳しくなくても構いません)

能力(超能力でも何でも良いです。直、世界観により設定に反映されないかもしれませんがご了承ください)

特技・趣味(何でもいいです)


サンプルボイス(三つ以上で性格に反映して下さい)


それ以外にもこういうキャラで設定して欲しい等の要望がある場合書きくわえても構いません。


直、と言うか必ずオリキャラは死んでしまいます。スターシステムを採用していますので死んでから一度も出ないと言う事はありませんがご了承ください。

オリキャラが来ない場合は勝手に舞台の幕を上げさせて貰います。

ちなみに、何度もオリキャラ投稿可能です!

追記

今まで失踪しまして本当に申し訳ありませんでした。不定期ながら、少しずつ更新を取り戻せたら良いなと感じております。とりあえずイエスタデイ・ワンスモアシリーズのみ執筆予定です。ただし申し訳ありませんが執筆予定だった小説は中止とさせていただきます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100



Re: イエスタデイ・ワンスモア【オリキャラ募集中】 ( No.492 )
日時: 2017/03/01 20:13
名前: 翌檜

人々は狂言警報が発令したと言うのに呑気にピクニックをしていた。

しかも、自分の都合の為に狂言へ入り込もうとしていた。

その時、夢は何を見るか。

夢は暴走を始め、人を次々と殺す。

人は死にながら夢を見る。

アクトは電波塔から夢を見る。

「その警報。俺が止めてあげますよ」

「お前は何を夢見る?」

その様子を、笹木が見守る。

「......漫画家の夢って?」

夢はアクトと殴り合う。

「お前は何の夢を見る。

叶えてやろう」

「お前は悲劇だよ。

人の隣で笑って殺す」

「だが夢でも災害でもある。

災害が起こった時、人は呑気に好奇心を持って災害の元にピクニックをする。

私はその人の夢を叶えているだけだ。

夢の為に殺しているだけだ。死と生を軽く感じている馬鹿共をな」

「だが、それでも俺はお前を止める。

それが間違っていても」

夢はアクトを殴り飛ばす。

アクトは這いずりながら夢を追う。だが周りの馬鹿共は何も気にせず楽しそうにピクニックをする。

警報のサイレンが鳴り響く。

夢は人を殺す。

笹木はアクトを助ける。

「あいつは夢を語る悲劇だ。

本当の夢なら、生かす力がある。全ての自殺を止める力がある。

でも奴はそれを全て殺した。

それが狂言の正体。

夢と言う概念を持つ人間達が漫画家をきっかけに生み出された自殺願望だ」

「......」

「私は……止めなければ。この悲劇を」

笹木は漫画を思い出す。

牛のキャラクターの隣にはいつも、黒い何かの文字が書かれていた。

アクトは夢に向かって走り出す。

文字はアルファベット。そしてローマ字で黒い何かの文字を並べると漫画家の苗字が現れる。

「牛瀬(うしらい)......」

そして全てが明かされる。

Re: イエスタデイ・ワンスモア【オリキャラ募集中】 ( No.493 )
日時: 2017/03/02 15:52
名前: 翌檜

最終話 終わらない最終話

世界は夢破れる。

牛瀬の前に笹木が現れる。

「......貴方の名前は牛瀬よ」

「夢に溺れた者に名前はいらない。

高校生で十分だ」

「でも貴方も夢に溺れたんですよ」

「君は何故此処に来た」

「......勝手な理由ですけど私自身が変わる為に」

「その為に災害に突っ込むなんてピクニックよりも馬鹿だろ?」

アクトは刑事の元にいた。

「先輩……」

刑事の周りには沢山の死んだ人々がどんよりと過ごしていた。

「夢が叶ってもその後の目標が無いんじゃ叶う意味なんて無いんだよ」

「新しい夢を見つければ良いんですよ。

過去の栄光にしがみ付いてる場合ですか?」

「夢って何だ?」

「……」

牛瀬は語る。

「私がそれに殺された日の話をしよう。

つまり、きぐるみ事件の全貌だ。

私はある物語を創った。

それは悲劇か喜劇か。

本当は登岐目と言う人物に私を殺させる予定だったんだが直前で私は頭の中で夢を考えた。

世界中が私の物語を見る。

その為に特注の牛のきぐるみを着た。

牛のキャラクターの名前はイラシーウ。

これも私と同じ夢。ただし純粋な夢だが」

笹木は牛瀬に向かう。

「それがどうしてこんな事になるのよ。

貴方の夢は人を笑顔にする漫画を描く事じゃないの?」

「……だからこれは悲劇なのか?喜劇なのか?」

「......?」

「俺の物語は喜劇だ。

娯楽として消費する。

まあ、本当のジャンルは寓話。

皮肉と言うテーマの喜劇。

皆が笑えるコメディだよ」

「それが貴方の夢?」

「……」

「もう一度、もう一度、貴方自身と夢自身と向き合って......私はちゃんと向き合ったよ」

「説教するかと思えば……」

牛瀬は過去を思い出す。

牛瀬は幼い頃から牛のキャラクターを書いていた。

何も純粋が良い訳じゃない。

其処には希望があった。

「そう、イラシーウは貴方にとって夢でも純粋でも無く希望。

貴方はこの物語を創る為に人生と希望を殺したのよ」

牛瀬は身体が溶け始める。

災害が起きた時にはもう手遅れ。

悲劇が起きた時にはもう手遅れ。

笹木は希望と向き合う。

牛瀬は気付く。

「そうか……」

買い物籠に不幸を詰め込んで、今日も人々は歩く。

電車が通り車が通りいつも通りの日々。

刻まれる死者の数も生者にとってはただの悲劇。

いずれ忘れる。

照山は消え、青年は世界を歩く。

「照山さん?

どうして誰も悲劇を覚えていないんだ?」

青年は気付く。

リスタートの証明を。



狂言警報発令中 完



アクトは呟く。

「果実は戻りまた未熟に帰る。

だけど死者の数は変わらない。

たった一人だけ。

果実の名は夢。

私は気付いたんだ。

この世界は……」

高校生とキャロラインがアクトの前を通り過ぎる。

「リスタート」

Re: イエスタデイ・ワンスモア【オリキャラ募集中】 ( No.494 )
日時: 2017/03/03 17:07
名前: 翌檜

月に浮かびし我が目は夜

目の色は夜。濁ったままで。

東京から見る月は濁って見えるがそれでも浮かんでいる。

これは香具師から見たネオン色に輝く東京の物語。

香具師剣兎(やしけんと)性別は男。年齢は25歳。性格は気に入った相手はフツーに接するが、ほぼ無愛想。容姿は星のように輝く瞳,右目の奥には能力をつかうと月(その日の月)が見える、白髪

能力は他人の心がよめる。人の嫌な過去が見える。
特技・趣味は観察。

香具師は東京都出身。私立の高校、神荷(じんに)学園を卒業し、オカルトの研究に没頭する。それ以外には興味を見せない程オカルトにのめり込む。

オカルトは宇宙人から心霊現象まで幅広く取り扱っており、香具師の研究では一晩で人を数人乗れるロケットを大量生産出来る。だが、空気抵抗や質量計算をしてない為、まだ実戦する事は出来ない。

香具師は退屈そうに東京を見る。

「歪んでいるな……」

ネオンに輝く人間に香具師は興味を持つ。

「一番のオカルトは人間なんだろうな……」

目に月が浮かぶ。香具師は人の心を読む。

欲望と絶望とほんの少しの希望が浮かぶ。

「人々の人生に塗られた個性が私の目に浮かぶ時、私は月面歩行をしている気分になった。

感覚は分かるが飽く迄もフィクション。

近い様でかなり遠い。

香具師は紅白電波塔と言う電波塔に昇り東京を見る。

「東京と言う薄皮を捲れば其処にはゴミとクズが溢れている。

私は人間の欲深き嫉妬に汚れを感じた」

香具師の目はいつも夜。

ネオンと月の光に照らされ宙を見る。

ちっぽけに浮かぶ地上の星で見えない星達を探す。

しかし、その後、香具師のロケットの研究がミサイルとして悪用される。

オカルト研究も実は賄賂の受け皿でしか無かった。

つまり、オカルト研究の投資をしていた企業が裏で権力がある企業に対して、顔が効く研究の責任者の賄賂を贈る為の隠れ蓑だった。

香具師は深く絶望する。

「もう……何も見たくない。

もう醜い欲望は見たくないんだよ」

香具師は自分の両目を潰す。

「ぐああああああああああああああああ!!!!」

香具師の目にもう月は浮かばない。

だが、最後の景色は世にも美しい赤い月。

香具師の目に刻まれ、赤く泣く月。

香具師の目が本当に輝く日は来るのか。

「目は見えなくなったが心は超能力が無くても見えちまう。

結局、目を潰しても変わらないんだな……。

でも、いつか目を潰した事を後悔するくらいの希望を見れたら私は……」

香具師は一(ニノマエ)と言う太陽を覗く。

月に浮かびし我が目は夜 完

Re: イエスタデイ・ワンスモア【オリキャラ募集中】 ( No.495 )
日時: 2017/03/08 15:04
名前: 翌檜

ある日、人類はゾンビに犯されました。

どうしてゾンビが生まれたのかさえ分からずに人類は逃げ続ける。

自身がゾンビにならない為に。

其処から始まる危機迫るホラーや裏切り、愛、友人等の人間模様を現すヒューマンドラマ、はたまたゾンビの秘密とかサスペンス。その中の日常。

この世界にそんな生易しいモノはございません。

ましてや、主人公やヒロインが特殊部隊で最強設定とか親がゾンビ研究に関わってたとかもありません。

そういうのを期待してる読者は別のゾンビ物でも読んで下さい。

ただ、一応この小説にはテーマがあります。当然ですけどね。テーマが無い小説なんて、B級ゾンビホラー映画ですよ(笑)

ゾンビ物あるあるを書く気が無い作者が伝えたい事が伝われば良いと思います。

正直、かなり書きたい気持ちはあるんですけどね……。まあ……良いんですけど。

登場人物。

白樺 和人(しらかば かずと)。siyarudenさん提供。福祉施設のアルバイト。

奏雲 梨琉(そううん りる)  バラバラさん提供。福祉施設の正社員。

?さん            モンブラン博士さん提供。福祉施設で生活している老人。

この三人がゾンビの世界でどう過ごすのか。

多分次回から本編です。

Re: イエスタデイ・ワンスモア【オリキャラ募集中】 ( No.496 )
日時: 2017/08/01 21:34
名前: 亞狗兎

支援あげと、言うものでしょうか、、、

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。