複雑・ファジー小説

曖昧に合間に隨に【短編集】
日時: 2019/01/08 22:34
名前: ヨモツカミ

一生を24時間に換算すると、今は午前7時頃だという。
近いんだか遠いんだか、このよくわからない君との距離感が丁度いいようで、
少し遠く感じるようで。
手を伸ばしたくとも、曖昧なままの今を維持したくもあって、
午前0時の君はまだ、僕のことなんか知らないままでいて。

【ご挨拶】
息抜きになんとなく短い文章を書くことが多々あります。気分と雰囲気で綴る文章に終着点は無いし、続きもない。それでもせっかく書いたのに放置し続けるのもなあ。
ということで色々と飽きたら名前変えまくってるけど、ただの短編集です。


・最近読み返して気に食わなかったやつは消し消ししました。
・☆とあるのは雑談掲示板にて浅葱と共に開催しているSS練習スレ添へて、に投稿した作品です。
(添へて、に投稿した作品を自分の短編集等に載せたい場合は私達に一言声をかけてからにして下さい)
・新たに「あらすじ的な」を追加しましま。題名だけ見てもどんな話かわからないから、好みじゃないSSを読んで時間を無駄にしてしまうかも! そんなのやだ! って方の役に立てばいいなと思います。

【目次】
〈徒然と欠陥ハート〉あらすじ的な>>18
♯1 アリスの夢想録 >>1
♯2 ゆめできみをころしたい >>2
♯3 DELETE
♯4 DELETE
♯5 未完の隙間を埋めてくれ >>5

〈回答欄満た寿司排水溝〉あらすじ的な>>19
♯6 綻び朽ちゆく☆>>6
♯7 問一、勇気とは何であるか?☆>>7
♯8 アルミ缶の上にある未完 >>8
♯9 金星と僕らの自殺志願 >>9
♯10 生きをする夢 >>10
♯11 問二、将来の夢を答えなさい。>>11
♯12 夜這い星へ、 >>12

〈添付レートのような。〉あらすじ的な>>23
♯13 天駆ける幸福☆>>13
♯14 枯れた向日葵を見ろ☆>>14
♯15 鏡の国の偽りを見つけて☆>>15
♯16 問三、あなたらしい答えとは?☆>>16
♯17 七夜月アグレッシブ☆>>17

〈虚ろに淘汰。〉あらすじ的な>>27
♯18 泡沫に問うた。 >>20
♯19 狂愛に問うた。 >>21
♯20 雪を待つ絵師 >>22
♯21 幸福に問うた。 >>24

〈曖昧に合間に隨に〉
♯22 波間に隨に >>28
♯23 別アングルの人☆>>29
♯24

Page:1 2 3 4 5 6



Re: 虚ろに淘汰。【短編集】 ( No.25 )
日時: 2018/11/03 02:06
名前: 小川ミント  

見て、クオが高すぎて驚きました!
前、三題噺の猫、りんご、屋上のコメントくれましたよね?
そのミントです。
コメントありがとうございました(^^
採用します、!

Re: 虚ろに淘汰。【短編集】 ( No.26 )
日時: 2018/11/06 22:35
名前: ヨモツカミ

コメントありがとうございます!
コメントをいただけること自体はとても嬉しいのですが、多分このスレを見た人は「なんの話してるのだろう?」と思っちゃうので、リク依頼板での返信はリク依頼板でして欲しかった気もします! 次からはそうして頂けるとありがたいです。とりあえず、採用ありがとうございます。

Re: 虚ろに淘汰。【短編集】 ( No.27 )
日時: 2018/11/26 20:12
名前: ヨモツカミ

〈虚ろに淘汰。〉
暗がりが僕らを見ていた。そうして、僕らに問いかけた。
お前は何になりたい?
虚ろは抜け殻に宿るのだと。虚蝉となれど、僕らは答えを見つけられるか?

♯18 泡沫に問うた。>>20
>>9>>10ら辺との繋がりがある。なんか仄暗い雰囲気の文が書きたかっただけだから、読者置いてけぼりシリーズ。“問うた。”系は全部そう。

♯19 狂愛に問うた。>>21
百合だよ……百合が書きたかったんです。依存も恋も、きっと同じものな気がします。片時も忘れられたくない彼女と、片時も離したくない彼女の話。

♯20 雪を待つ絵師>>22
魔女と画家の中編が書きたくて、その冒頭だけ書いてみたもの。心温まる優しいファンタジーが好きです。

♯21 幸福に問うた。>>24
>>8>>14とほんのり繋がりあるけど、これが一番読者置いてけぼり系。私は書いていて楽しかったけれど、私もよくわからないです!

Re: 曖昧に合間に隨に【短編集】 ( No.28 )
日時: 2018/12/21 18:44
名前: ヨモツカミ

♯22 波間に隨に

 冬の海には、夏の海と違った良さがあるよね。
 そう言って寒空の下の波打ち際で君が笑うけど、打ち寄せる波も、水飛沫も、ただ冷たいだけだ。こんなくすんだ藍の海の何がいいのかわからなかった。
 なのに君は、靴も脱がずにその白波の中に足を浸らせる。真っ赤なスニーカーが水を染み込んで、深い紅に染まる。そうして、やっぱり冷たいって笑う。当たり前だろう、もう雪も降り出すような、そんな季節なのに。
 ねえやめなよ。わたしは言う。戻ってきなよ。そんな深いところまで行って。君は泳げないでしょう。ねえ、やめて。お願いだから──
 ねえ。





 去年の冬、君は突然一冊の絵本を差し出してきて言っていた。

“私、人魚なんだ”

 爪弾き者が言うことだから、あまり本気にしていなかった。図書室の一番端の、窓際の席。灰の空から白雪が風に煽られながら舞い落ちる。窓に叩きつけられては校庭に降り積もる。外は息を吐けば白く染まる、身を刺すような寒さが広がっているのだろうけれど、暖房の効いた図書室は温くて、微睡むほどだった。
 煩わしくて顔をしかめるわたしと目を合わせると、君は困ったように笑っていた。

「君が人魚なら、君は声を持たないはずだけど」

 そうだね。短く答えて、君はますます困ったように視線を落として、絵本の表紙を見ていた。
 誰もが知ってるアンデルセンの書いた童話『人魚姫』。とある人魚の少女が人間の男に恋をし、魔女にお願いをして人間の脚を手に入れようとした。脚を手に入れる代償に、人魚は声を失う事となると魔女は言った。それに、男が他の女と結婚したなら、人魚の心臓は粉々になり、海の泡沫となり消えてしまうという。更に、手に入る人間の脚は、一歩あるくごとに鉄の棘で貫かれるように痛むのだという。にもかかわらず、人魚は脚を手に入れ、声を失った。

「痛みに耐えて歩いても、愛を伝える手段を持たない人魚。やがて男は別の女と結婚する。泡になるのを待つだけの人魚の元に、人魚の姉たちがやってきて、一本のナイフを差し出して言うんだ。『このナイフで想い人の心臓を貫きなさい。そうすればあなたは人魚に戻ることができる』と。……でも、人魚は男を殺せなかった。だから、人魚は魔女が言うように、海の泡沫になり、消えてしまう。残酷な話だよね」

 君は、控えめに小さく顎を引く。

「それで? 君はその人魚だと言うのか。けして面白い冗談には聞こえないけれど」

 あまり、気にしないで。積もったばかりの雪のように柔らかく笑んで、君が言う。絵本を引っ込めて、胸の前で掛け替えのない物のように抱き締める。いつもそう。君は、わたしがちゃんと向き合おうとした瞬間に目を背けるのだ。だからわからないままなんじゃないか。
 苛立って、わたしは鞄を肩にかける。二つ折りにしていた赤いマフラーを首にかけながら、出口に向かって歩いたら、後ろから腕を引っ張られた。
 あの、付き合って……ほしいの。と。
 振り向けば、迷子の子供みたいな不安そうな双眸が揺れていた。わたしはこの瞳に弱いのだと思う。振り払うことは簡単なのに、押し退け方がわからなくなるのだ。
 仕方なく、溜息混じりに問う。

「何に?」

 君は、おずおずと窓の外を指差した。校庭の向こう。くすんだ藍の海が広がっている。

“友達だから。見てて、ほしいの”

 君の言葉の意味はよくわからなかったが、不安げな子供じみた瞳が潤んで見えたから、わたしはもう駄目だった。





 海に向かう道中、君は柔らかく笑んだまま、ぽつりぽつりと話した。友達がいなかったんだ。それは少し寂しかったけれど、当然のことだから。やっぱり仕方ないよねって割り切るしかなかったの。と。
 好きな人がいたの。相手のことなんて殆どなんにも知らないんだけどね。だって、なにも聞けなかったから。何も話せなかった。と。
 それでね、私の好きな人も、誰か好きな人がいるんだって気が付いたんだ。誰なのかは、わからない。でも、確かにいるんだなって、わかっちゃった。ずっと見てたもの。ただ見つめていた私だから、わかったの。
 そう言って、君は砂浜をサクサクと歩いていく。冬の海は、砂浜までもが鈍色をしているふうに感じた。空も、海も、砂浜も、何一つ夏には敵わないように見える。そう感じるのはわたしの見方の問題であって、海自体は何一つ変わらないから。ただ夏と同じように、ザザアン、と波が鳴く。

「ねえ」

 君の赤いスニーカーは、海水を含んで真紅に染まっていた。冷たいって笑い声は、涙を堪えているようにも聞こえた。打ち寄せる波にふらつきながら、君は一歩、また一歩と前に進む。引いていく波は、君を連れ去ろうとしいるみたいで。

「……やめなよ」

 制服の赤いチェック柄も、真紅よりも深い紅に染まる。君の震える肩は、寒さによるものなのか、それとも。
 わたしの声に、君は一度だけ振り返ってみせた。
 噛み締められた唇の隙間から溢れる言葉は無い。代わりに、君の大きな瞳から零れた、硝子のような一滴は、海の泡となり消えてゆく。
 わたしは、そんな君になんて言葉をかけるのが正しかったのだろう。
 見つめ合って、言葉もないまま。やがて君は踵を返して。紺色のブレザーが海に染み込んで、濃紺にかわっていく。
 知っている。わたしは知っていたんだ、本当は。
 君は人魚だなんて言いながら、泳げないってこと。
 君はずっと一人きりでいて、ずっと寂しかったこと。
 君に、誰か好きな人がいたこと。ずっと君を見ていたわたしだから、気付いたんだ。
 それから、君の好きな人の正体も知っていた。
 もっと言えば、君の好きな人が恋していた相手のことだって、知っていた。
 なのに──届かないんだ。こんなに距離があるから。

「お願いだから……!」

 わたしの声は、夏の残響に呑まれて消えてゆく。
 それはきっと、とある夏の夕暮れ。うたた寝の中に見た幻想だから。

「…………」

 教室で一人きり。放課後の誰もいない空間を、黄昏色が染め上げていた。
 あれから半年。君はいなくなった。君がいなくなると、誰一人、君のことを覚えている人もいなくなった。最初からそこに君はいなかったみたいに、誰も彼も君の存在をなかったことにするのだ。君のことを覚えているただ一人のわたしが、逆に変人扱いされる。そんな日々が半年も過ぎれば、君の存在なんて、本当に泡沫の夢だったのではないかと思えてしまう。
 教室からは君の席がなくなっていた。
 名簿にも君の名前はなくなっていた。
 少しでも君の残渣を探そうとしたけれど、わたしの記憶の中にも君が本当にいた事を確かめる証拠は、一つもなくって。その姿と、その表情だけが色濃く残っているのに、あとは何もありはしないのだ。

 夏。独りぼっちは君だと思っていた。でも、実際独りでいるのはわたしの方で。
 あの日君が消えた海に来てみれば、黄昏色に輝く波打ち際には知らない人が数人いた。冬の海とは違って、夏の海には人がいる。遠くてぼやける人影の中に、なんとなく君を探してしまう。居るはずがないと知りながらも、希薄な望みに託してみたくなるのだ。
 ……当然、君はここにいないのに。波打ち際ではしゃぐカップルとか、貝を拾う子供とそれを見守る母親とか。そんなのばっかりで、孤独に海に佇む君の影なんてどこにもありはしない。
 わたしは独り、浜辺に座って日が沈むまで海を見つめていた。





 暗くなった海を眺め続けた。完全な漆黒の海は恐ろしくも思えたが、星と月の光が融け込んでキラキラと輝いている。だから海には海と星や月を組み合わせた名前の生物がいるのだろうか。なんて考えてみたところで、それを教える人なんて、誰もいないのだけれど。
 ただ、漆黒に融ける光は、綺麗だと思った。
 君が溶け込んでいるから、綺麗なのだろうか。

 夏は必ずしも暑いものである。それは物理的な話であって、わたしにとってのこの夏は、何処か寒々しいものだった。理由なんて、考えるまでもなく。昼のほうが夜よりも寒かった。君のいない教室は空っぽで。君のいる海はこんなに輝いている。

 わたしはローファーで砂浜を踏みしめていく。波は冬も夏も昼も夜も変わらずに同じ歌を奏でて、わたしを迎え入れてくれる。君を連れて行った波は、同じ歌でわたしを待ち構えていた。
 砂が入って気になっていたローファーも、その波に浸してしまえばもう水も砂もわからなくなる。
 海水は少し冷たい。君が笑いながらやっぱり冷たいと笑う声が、耳を掠めた気がした。水を含んで重たくなったローファーはいつの間にか波に攫われて、膝下まで浸かった足は、どうしてか震える。寒くはない。君とは違って、星の降る季節の海なのに、どうして震えるか。
 君はこの海で泡になった。ならばわたしも、同じようになりたくて。制服の赤いチェックが暗色に浸っていく。白いワイシャツも海に染み込んで、重たくなる。重たい体は、容易く沈んでいく。背中、肩まで浸かると、流石に寒いような気がしたけど、そんなのも束の間。
 真っ黒な海は、わたしを飲み込んだ。

 光の無い、漆黒の水。水面では星と月が踊っているから、戻ることは容易い。けれど、わたしはただ一つの泡沫を求めて漆黒を進んだ。息が苦しくなっても、何かを求めて馬鹿みたいに。縋りつくみたいに、海底へと藻掻いた。

“来ないで”

 岩陰に、君の声が響いた気がした。手を伸ばそうとしたが、どうにも君は遠すぎる。冬と夏で、距離は縮まらなかったらしい。
 遠いや。遠すぎるよ。
 海面に顔を出して、わたしは嗚咽を零す。
 わたしも、海の泡沫になりたかった。


***
雪というお題で書いたはずなんですけど、なんでしょうね。
寒い夏って感じの雰囲気のSSを書きたかった。

Re: 曖昧に合間に隨に【短編集】 ( No.29 )
日時: 2019/01/08 22:32
名前: ヨモツカミ

♯23 別アングルの人

 一番大切な臓器って何だと思う、と君が言うものだから、僕は思わず微笑んでしまう。
 数秒。いや、数十秒。それよりも長かったかもしれないし、短かったかもしれない束の間、僕らは寡黙に見つめ合っていた。その間、世界の時間が止まってしまったみたいに感じた。

「難しい質問だったかな」

 口調はいつも通り、彼女らしく穏やかに。そのくせ表情は能面のように無感情に。いつもは笑顔を絶やさない彼女の表情は、その瞬間の僕にとっては新鮮なもののはずで、けれどももう、数え切れないほど目にしてきた。そのチグハグが今の歪な現状。

「急にこんなこと聞かれてもよくわからないよね。うん、それじゃあヒント。私はね、私が生きるのに必要不可欠なモノが臓器だと思うの」

 玄関に佇んでいた彼女が、靴も脱がずに廊下を踏み締めて、ゆっくりと接近してくる。思わず僕は、彼女が詰めてきた距離の分だけ後ろに下がる。僕らの距離は縮まらない。きっと、これから先も永遠に。
 今日朝起きたとき、それはもう雲一つない快晴で。雨なんて降ってなかったはずなのに、何故か彼女はレインコートなんか羽織っている。
 何故か、なんて。本当は全部わかっているのに、馬鹿みたいな思考をしてしまう。

「私なら、私の一番大切な臓器は、あなただって答えるよ」

 彼女はじっと僕の目を見つめてくる。逸らすことができないほどに真っ直ぐ。射抜くみたいだ。彼女の瞳の黒には何が溶け込んでいるのだろう。いつになっても、こればかりは分からない。

「あなたが失ったら死んじゃうくらい大切なもの。生命維持に必要不可欠なもの。それが臓器。だとしたら、あなたの一番大切な臓器は、何」

 聞きなれた台詞が彼女の口から吐き出されて。答えたくなかったから、僕はぼかすように笑うのだ。
 見つめ合っているうちに、彼女の瞳が潤み始めて、色の無い線が頬を伝いだしたとしても。
 君が後ろ手に隠している刃物の意味。そんなもの、十回を過ぎた頃からわかっていた。
 フローリングに滴った涙は、彼女のレインコート姿と相まって、雨水のよう。
 答えてよ。彼女の震えた声が、縋りつくみたいに聞こえる。
 その辺りで、僕はようやく肩を竦めながら口を開くのだ。

「僕にとって一番大切な臓器は、」

 何百。いや、何千。もっと多いかもしれないし、少ないかもしれない。繰り返した結末はもう、変わることのないものだと気付いていた。
 何度繰り返したって、同じ答え。故に、同じ結末を辿る。僕の意見は変わらないし、君の行動も変わらない。
 慣れた手付きで自分の胸元を指差して、不敵に笑って放つ一言。

「僕の心臓だ」

 できるだけ感情を表に出さないようにして、水溜りを打つ雨のように静かに声にする。
 僕がとある物語の登場人物だと気付いた日から。誰かに読まれるたびに、繰り返してきた。
 彼女の質問の意味も、意図も、これから起こることも、何もかもを知ったあとでも、僕は変わらない。変えることはできたかもしれないけれど、変えたくないと思ったのだ。それがその瞬間の僕にとって、最適な台詞だから。

「──やっぱり。あなたの一番には、なれないんだ」

 諦めたように笑って、彼女はナイフを胸の前で握り締めた。
 僕の胸の中には、君じゃない誰かが満たしていて。その誰かでいっぱいな心臓に、君が入る隙なんて何処にも無い。だから君は悔しくて悲しくて。遣る瀬無くて、誰よりも僕を愛してきたにも関わらず、自分の気持ちが届かなかったことが惨めで、苦しくて、それでも愛しくて。そうして、僕を好きで好きで狂ってしまうほどだったから。遂に、行動に出てしまう。
 そういう“設定”だけど。それは、君の視点で描かれるから描写されなかった僕の心を、隠していた。

 僕の心が手に入らないくらいなら、僕の一番大切な臓器を奪ってしまおうと考えた君。そういう設定に従うことしかできない主人公に、本当の気持ちを告げたなら、君は死んでしまうだろうから。主人公を生かすため、僕は永久に真実を告げられない。
 君が両手に握り締めた刃物をこちらに向けて、廊下を蹴った。それを抱き締めるようにして迎え入れた。最初で最後の抱擁。それでいてこれからも繰り返されること。でも、どうせならもっと愛を込めて抱き締めてあげたかった。
 もうとっくに僕の心臓は君のものだったけど。それを口にする日は絶対にこない。そういう、物語なのだ。

***
頁をめくらなければ君に殺されることはなかった。でも、頁をめくらなければ君を好きになれなかった。物語の登場人物に、その自覚が芽生えてしまったなら、的な話。

Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。