複雑・ファジー小説

未定
日時: 2016/07/28 13:39
名前: ゲロ娘 (ID: a1/fn14p)

お前の為に死ににいくなんてごめんだからな。強くなろうぜ、さっさとな。

Page:1



Re: 未定 ( No.1 )
日時: 2016/07/29 13:06
名前: ゲロ娘 (ID: a1/fn14p)

□嘘っぱちなアナタが


「私と、ちゃんと約束してたよね…」
貴方にそんな悲しそうな顔、させる気は無かったんですけどね。
「じ、じゃあ解約だよ!…だからまた再生して戻って来てよぉ…」
あーと…ちょっと痛いです。次の方には胸ぐら掴んじゃう癖、最初に警告してあげてくださいな。
「ねぇ…話を、私の話を…命令を聞いてよ…」
先程解約の命を貰ったと思ったのですが?
「…!……私、なんてこと…」
全くドジアマですねぇ…。来世でまた会えたらちゃんと大人になっておいて下さいな。そうでないととても心配で…。
「そんなのどうでもいいから…」
いいくないですから。
「何で解約したのにリセットされないの…何で何で…!」
私も色々してきましたしねぇ…。もう不要になったんでしょう。あちら側では。
「そんな、ぁ…」
泣かないで下さい。私の可愛い主…またきっとどこかで…。
バイビー。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。