複雑・ファジー小説

[リレー企画]無限の廓にて、大欲に溺す
日時: 2018/11/20 21:30
名前: にっか ◆ShcghXvQB6
参照: https://twitter.com/NIKKA_Nonbe

無限の廓にて、大欲に溺す

開始日:2016/8/22(8/21 15:00スレ立ち上げ、創作解禁)

参加者一覧
・にっか(文字化けするためNIKKAと名乗ってます)
・ポテト侍
・霧島
 以上3名。敬称略。

設定については、次レスに張るURLから確認願います。

なお、コメント等は差し控えて下さい。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44



Re: [リレー企画]無限の廓にて、大欲に溺す ( No.48 )
日時: 2016/11/15 11:47
名前: NIKKA ◆ShcghXvQB6
参照: https://twitter.com/NIKKA_Nonbe

 ジャリルファハド達が立ち去った後の暗闇、そこには人成らざるが息衝き、それらは既に斃れた輩の赤い結晶を貪りながら、新たな獲物を待ち受けるのだった。
 厭に人からかけ離れた白い肌、それは体内の賢者の石を投下し、手指が赤く微か光る。穿たれた壁を指先でなぞりながら、人成らざりながら人の形をした化生は、まるで遺跡を慈しむかのような表情を浮かべる。眼窩は皮膚に覆われておらず、目鼻がきちんと存在し、人を真似るかのよう、衣服のような物を見に纏っている。尤も襤褸ぎれに近い代物ではあるが。
 小さな唸り声を上げたそれは、輩の屍から賢者の石を引きちぎり忌々しげに天井を睨み付けた。階上には廓を侵す人の群れ、ともすればそれの一切を屠り、討たなければならないだろう。我等は廓を守れと作られた、魔と化生の合いの子である。
 一匹のレゥノーラ、それの人らしい双眸の端々には確かな宿命のような物が存在していた。殺さなければならない。廓を侵す人々の一切を。
「レンクラクンアデアウレデシウシラレンユン――、トデオデクンレウユントデククオンビユラ。レラオデアデオククウオクトウオデバレコユコクンオデトク――!」
 人のそれとは違う言葉。人には理解できない言葉。その言葉を呼び水とし、レゥノーラの唸りが暗闇を木霊する。人を害し、人を屠る輩。己等は廓の守り人。人を食らい、人を殺める。そうして廓の静謐と、人の手中に渡すは愚か、人の目に触れさせてはならない聖櫃を守る。そうせよと今は無き主に命ぜられたのだ。
 人の残した得物を手にそれは牙を剥いて、闘志に似たそれを露にする。人間よ来るが良い、暗闇の中で何も分からない内に殺してやる。全ての希望すら潰え、絶望に苛まれ自死を選ぶしかない程に追い詰めて、追い詰めて殺してやる。大凡全てのレゥノーラがそう思考し、それぞれ咆哮する。それにより空気が揺らぎ、足元の小さな瓦礫はかたかたと音を立てて、跳ね上がる。漸く土足で己を踏み躙る人間から守って貰えると、歓喜に打ちひしがれた廓が震えているようだった。



 ソーニアから手当てを受けながら、ジャリルファハドは言い様の無い胸騒ぎを覚えつつあった。傍らのミュラも同様、平静を装いながらも何処となく落ち着かない様子で、そわそわしている。
 二人は共通の感覚を持っていた。地下で何かが蠢き、息衝くような感覚。目に捉えられない存在から向けられた真っ直ぐすぎる殺意。しかし、それに慄く事はない。もう既に一度浴びた殺意故にだ。
「レゥノーラも分かりやすい事だ」
 手当てを受けながら呟くジャリルファハドにミュラは小さく頷く。何のことだと言わんばかりのソーニアの視線など知った所ではない。向けられた殺意は鉛の弾で返上するだけの事。ジャッバールの私兵であるセノールや、レヴェリもそれを感じ取っていたのか、薄ら笑いを浮かべながら階下へと続く暗闇を一点に見据えていた。ジャリルファハドの脳裏に思い浮かぶのはセノールの陣中。これから戦に望むという空気によく似た何かを感じ取り、その空気を作り出す一員となる事を是と思う。
「……なんて顔してんのよ」
 呆れたようなソーニアの声色に我に返る。このままではジャッバールに焚き付けられた武門の者と同じだと小さく苦笑いを浮かべ、手の傷を見ればすっかり処置され、傷はバンデージですっかり固定されていた。痛みは残るが、直接物を触る事もないだけマシだろう。
「帰りましょ。私達、なるべく戦わない方が良いから。それに……明日からハイドナー、ベケトフ連合がカンクェノに入る。多分、ジャッバールも態と予定を被せて来るだろうから。それに彼等は七十六階層を意地でも守るだろうしね」
 つまり、ソーニアはリスクを避けるために、敵対しあう勢力をも利用するというのだ。――強かだ、それと同時に賢しい。強き者達を利用し、悪手は侵さず、隙間を潜り抜け、生き永らえる。彼女のような器用さをセノールも持たねば成るまいと自らに言い聞かせながら、ジャリルファハドは小さく頷いた。ソーニアの提案には彼も同意である。
「ミュラも何か食べに上がろっか。疲れたでしょ?」
 心なしかミュラの表情が和らぐ。何かを強請るような視線をソーニアに向け、言葉を放っている。随分とミュラの扱いが上手いなどと思いながら、ジャリルファハドはソーニアが担いできた鞄とライフルを担ぎ上げた。手当ての礼だ。
「あら気が利く」
「普段からそうやってろよなー」
 ジャリルファハドの小脇を抜けて、先を急ぐソーニアとミュラはそうジャリルファハドを揶揄する。ソーニアが言うならばまだ分かる。らしくないと揶揄いながらも、彼女なりの間接的な礼の言葉として解釈出来た。しかし、ミュラの便乗したとも捉えられる発言は、特に何の考えも伴っていない単なる軽口の類でしかない。
「……ミュラよ、お前をやはり砂漠で殺しておくべきだったか」
 背後から心なしか物騒な言葉が聞こえ、ミュラは肩を竦めソーニアに助けを求めるかのように縋る。その様子がどこか可笑しく、笑い声を上げずジャリルファハドは肩で小さく笑っていた。年に不相応な幼さ、それをソーニアが包括、導いているように見えるからだ。
 砂に埋もれ、孤独に生きる等、人間には到底不可能。姿を消した師の変わりにと出来た縁を頼り生きていけば良い。一人立つまでは今しばし、時間が掛かる事のは間違いない。ともすれば己はミュラが一人立つまで、彼女をソーニアとは違う方向性で導き、守らなければなるまい。鞄とライフル、そしてもう一つの目に見えない荷物。一番最後の物だけは、この廓にくれてやる訳にはいかない。未だ、足元から感じる不愉快な殺意を忌々しげに一瞥し、彼も歩みを急ぐのだった。



 既に時は夕暮れ、影は足元から長く伸び、平静に生ける者達は夜の帳から逃げるように家路を急ぐ。時間はあっという間に過ぎ去っていく。心なしか、荷物を持っていないソーニアの表情には疲れの色が見える。傍らのミュラは相変わらずであるが。
「早く上がってきて正解だったでしょ」
 そう語るソーニアであったが、まさか誰も昇降機の故障に巻き込まれるとは思うまい。なんでも四十階層の昇降機が電気的な故障を起こしたらしく、階段を上って帰るはめになったのだ。未だカンクェノの中に取り残され、帰るに帰れなくなった学者や、傭兵も多々居る事だろう。
 これが廓の意思なのだろうか。来る者を拒み、去る者は帰さない。ソーニア曰く「都度都度昇降機が突然壊れる」らしい。そこに超自然的な意思が働いているだとか、ただ単にカンクェノの多湿が原因だとか、彼女は階段を上りながら憶測を宛らガトリング砲のように放ち続けていた。途中からミュラの頭から湯気が出ていたのは気のせいではないだろう。
 しかし、ソーニアのカンクェノに対しての推論は興味が沸く代物であった。妄想のような発言ばかりであったが。以前から語る魔力を糧に無尽蔵に成長する化物だというオカルトチックな推論に加え、カンクェノは何かを隠すために作られた代物であり、その何かに近付いているからレゥノーラの反撃が激化しているのだとも語る。ともすればハイドナー、ベケトフの連合がレゥノーラ討伐を行うのも合点が行く。
「……真面目に腹減ったんだけど?」
「じゃ、ミュラ。少し私に付き合ってよ。その後、なにか食べに行こうか」
 ミュラを食い物で釣るソーニアであったが、その行いは正解であり正しい。しかし、ソーニアばかりに散財させる訳にはいかない。
「少し待て」
 ソーニアの鞄に突っ込んだ、自分の肩掛け鞄。その中に無造作に突っ込まれた革の袋から銀貨を十五枚ばかり取り出し、それをソーニアの目の前に突き出した。一食分どころか三日分の生活費にも相当するそれを突きつけられ、ソーニアは小首を傾げる。
「足しにしてくれ。余ったら持っていけ。ミュラの小遣いも含んでいる」
「小遣いって何だよ、もう少し言い方があんだろ」
「お前は路銀を一銭も持たず、俺から貰っている。……小遣いだろう、それ以外何者でもない」
 ぐうの音も出ないとミュラは顔を顰めている。その様子をソーニアは一瞥し、口を開いた。
「本当に良いの?」
「構わない」
 ジャリルファハドは多くを語ろうとはしない。そういえばセノールには喜捨の文化があった等と思い出しながら、一体どこから自分が貧乏だと聞いたのだろうかと、ソーニアは苦笑いを浮かべながらジャリルファハドから銀貨を受け取った。無くすなと念を込められたかのように、無骨な手がソーニアの両手を包み、確かにソーニアの手中に収まったとすれば、彼は再び鞄とライフルを担ぎ上げた。
「一旦、荷物を置きたい。……家まで案内されたし。俺にもやる事がある、荷物を置いたら一時解散だ」
 鞄とライフルと共にカンクェノを階段で上ってきたジャリルファハドに何処と無く申し訳なさを感じながら、ソーニアは頷いて人の群れの中へと身を投じる。彼方此方に視線を奪われるミュラを庇うように、その腕を引いて家路を行くのだった。

Re: [リレー企画]無限の廓にて、大欲に溺す ( No.49 )
日時: 2016/11/20 13:34
名前: ポテト侍 ◆jrlc6Uq2fQ

 その店は市場の喧騒とは離れたところにある。人の行き来が多い大通りの途中にある路地裏へと続く細い道、それが店へ辿り着くための第一歩だ。帰る場所の無い哀れな浮浪者、ラベルが剥げた空き瓶や酔っ払いが吐き出した吐瀉物を踏まないように細心の注意を払いひたすら真っ直ぐ進む。すると道の行き止まり、少し開けた場所にその店は佇んでいる。カーテンの隙間から明かりが漏れていることから、店が今も営業していること、人がいることには変わりないのだが、入るには中々勇気がいるものであった。先ず、傾いている古ぼけた看板、いつから塗り直しされていないのか、文字が掠れていて店名が解読できない。また、留め具が外れかけており、右に傾いている。風が少しでも吹けばギィギィと不穏な音をたてて揺れるのだ。看板の下で大きなクシャミでもしたら、辛うじて支えている留め具が外れ、落ちてくるのではないかと要らぬ不安さえ掻き立ててくる。また、外壁は蔦で一面を覆われており、緑一色に染まっているのだ。店の中と外を仕切るドアの取っ手も黒く錆びつき、軽く捻るだけで、尻尾を踏まれた犬のような悲鳴をあげる始末である。
 扉を引くのを躊躇ったミュラの代わり、ソーニアが扉を引けば、無精髭の大男が、鼻歌を歌いながら銃を磨いている最中であった。ここはガンショップである。
 正直なところ、ソーニアがこのような店を知っているのは意外だった。顔が広いのは知っていたが学者という職業故、武器とは縁遠い所にいると思っていたが、その考えも改めねばならないだろう。

「これに合う弾を探して欲しい」と、ミュラから銃を受け取った店員兼店主の男は「ほぉ」と小さく感嘆の声をあげた。グリップ部分の大きな一本線の傷とシリンダーにカーボンがこびりついてはいるが、それ以外に目立った傷や汚れはない。リボルバーは殆どクリーニングを必要としないが、整備が必要ないわけではない。特に、機関部や薬室など外に触れる部品が多い。故に落下させたり圧力を強く加えてしまうと、破損や歪んでしまう場合がある。こまめに確認しなければ、いざという時に動作不良を起こしてしまう。事実、レゥノーラとの戦闘時に整備を怠ったばかりに銃が故障し、無抵抗に近い形で彼らの腹に収まった傭兵がいたはずだ。その話を聞かされた時は、何ともやり切れない気持ちになったのを男は今でも覚えていた。
「悪いが、これに合う弾はうちじゃ扱ってねぇなぁ。ちと古いんだこいつは」
「これとか大きさ一緒なんじゃねーの」
「駄目だ。大きさは一緒でもダブルチャージしてるのよ。発射したらシリンダーが圧に耐え切れなくて壊れちまうぜ。最悪、お前さんの手が吹っ飛ぶぞ。それでもいいなら止めはしねぇが……」
 嘘か真か、思わず顔を強張らせ閉口したミュラに「冗談に決まってるだろ」と背中を遠慮無く叩く。予想以上の衝撃に咳き込むミュラ。「悪い悪い」と言っておきながら全く悪びれていない熊のような男をキッと睨みつける。もしも彼がミュラの隣に立っていたら足を踏まれていたことだろう。仔猫の恨みの籠った視線など痛くもないようで、上機嫌のままカウンターに転がっていたペンを手に取った。
「少し歩くがな、路地を出たら右に曲がってひたすら真っ直ぐ行った所にもう一件、俺の弟がやってる店がある。そっちに行きな。寡黙な奴で、少々とっつきにくい所はあるが、悪い奴じゃねぇ。きっとお前さんが望む物が見つかるはずだ」
 お喋りな店主は口を動かしながら、そこまでの地図を書きミュラに手渡した。
「似たような店なのに、どうして品揃えが違うんだよ」
「俺の専門は銃。あいつは弾。それだけで全然違うじゃねえか」
「兄弟一緒にやればいいじゃない」
 ソーニアの意見はご最も。隣にいるミュラも首を縦に振って賛成の意を示す。
「ソーニアさんも嬢ちゃんも分かっちゃいねぇなぁ。男ってもんはな、一回でいいから自分の店を持ってみたいって思うもんなの。あんたらが結婚して家族を持ちたいって思うと一緒よ、一緒。三十にもなって独り身なんて悲しいだろ」
 彼に悪意があってそう言ったかは分からない。ただミュラはソーニアの方を一目みると、ニヤリと小馬鹿にしたような笑みを浮かべた。彼女が何が言いたいか、何を思っているのか大体理解出来る。しかし、先と変わらず笑顔のまま、纏う気配もそのまま、だから油断した。ニヤニヤと揶揄するように笑うミュラの片方の頬を一切の遠慮も容赦なく思いっきり抓ったのだ。
「ミュラ。言いたいことがあったら、はっきり言っていいのよ?」
 その痛み筆舌し難き!頬が千切れるかと思うほどの力に白旗を上げるミュラ。不自由な口で「ごめんなさい」と謝罪を口にすれば、ようやく解放され痛みが消えた。赤くなった頬を慈しむように撫でる。これはある意味でジャリルファハドよりも恐ろしい。彼の場合は纏う空気や声色に微細とはいえ変化するはずなのに、彼女の場合はそれが一切無い。もっともミュラに馬鹿にされた時、ソーニアの額には確かに青筋が浮かんでいたのだが彼女が気が付くことはなかった。

 ミュラに銃を返そうとした時、彼の目に再びグリップにある一本の傷が視界に映った。そう言えば、昔よく顔を出しに来てくれた女性が持っていた銃にも同じ傷がついていたと思い出す。なるほど、目の前にいる女性は何となく雰囲気が似ている。一度意識してしまうと、その人のことばかりが頭に浮かんでは消えていく。決して多いモノではないが、彼女との他愛ない話は楽しいものであった。悦のある情景とは中々に消し難いものがあり、一瞬の満足感の後にノスタルジックに襲われる。そんな懐かしい気持ちを吐露するように、ミュラに向かって話しかけていた。
「二、三年前まではこれと同じ銃を使う女性がよく話を聞かせに来てくれたよ。砂漠の方から来た人でさ、ハイドナー様の所に雇われた傭兵とか何とか言ってたなあ」
 店主からすれば何気の無い一言。ミュラからすれば探し人の大きな手掛かり。「詳しく話を聞かせてくれ」と身を乗り出してきた女に目を丸くしたものの、すぐにその人の知り合いと判断し、なによりも話に乗ってきたことに気を良くした様子であった。ソーニアからすれば、早くミュラの用事を終わらせたいのだが、こうなってしまった手前、ミュラは意地でもここを動かないだろう。それに彼女の師匠の話には興味がないわけでもない。太陽は完全に沈んでしまったのだろうか、遠くにあった喧騒さえも今は聞こえない。しかし、話を聞くには都合がいい、邪魔をするものが何もないのだ。
「彼女はよく俺の所に来てくれてね、そりゃあも話をたくさんしてくれたのよ。砂漠での暮らしやら、カンクェノ内部での話、彼女が所属していた騎士団での珍事。弟子の話をする時は特に楽しそうだったなぁ。その話をするときはいつも笑顔だったぜ」  
 その弟子とはあたしのことだ。思わず、飛び出しそうになった言葉を飲み込む。弟子と言ってしまえば、師匠ではなく、こちらに話が飛んできそうな気がした。知り合いのフリをして色々聞き出して、そして最後の最後にそのことを暴露して驚かしてやろうと、そんな些細な悪戯心が彼女の心に芽生えたのだ。
「それに中々腕が立ったとか。何でもレゥノーラ1体くらいなら造作もなかったって聞くよ」
 師匠が褒められて嬉しくない弟子なんていやしない。声が出そうになるのを必死に堪える。しかし止まらない。笑いを噛み殺しても噛み殺しても、胸の内からむくむくと沸き上がる感情を誰が抑えることが出来ようか。師匠の武勇伝を語るとともに全て暴露してしまおうと口を開いたが、それよりも先に店主が言葉を発する方が早かった。
「だからこそ意外だったんだよ」
 さっきとは打って変わって表情を曇らせた男に、ミュラは言いようのない不安を覚えた。心のどこかでこれ以上は聞かない方がいいんじゃないかと頭を過ったが、今さら後戻りが出来るはずがない。
「意外って何がだよ」
「何がって、お前さん知らないのかい。その人なぁ、噂だと新種のレゥノーラを前にして逃げ出したらしいぜ。そんで、その途中に別のレゥノーラに食い殺されたんだってよ」

Re: [リレー企画]無限の廓にて、大欲に溺す ( No.50 )
日時: 2016/11/20 19:02
名前: 霧島 ◆FJjoZBA4mU
参照: https://twitter.com/Avatar_Alone

 あくまでも例えばの話なのだけれど、と男は笑う。湖面に薄く張った氷の様な、けれどもその実、存外柔らかな色をした瞳を細めてゆるり、と音を紡いでいく。現世に置いて、魔力は枯渇し魔術は既に廃れている。されど嘗て、500余年も昔のその日。何時かの未来の為にと残されたものがあるなればそれは、如何なるものとなり得るか。静かに問うてくる言葉に、ヨハンは答えを持ちえてなど、いなかった。穏やかに差し込む日差しも、こちらへと向く穏やかな眼差しも、けれどもなぜかひどく、冷ややかに感じる。――とある日の、午後の話であった。

 ハイルヴィヒ・シュルツは変わらず、顔ばせへ表情を浮かべぬままに歩んでいく。長い黒髪、其れに添えられた白いリボンを靡かせて、只々、黒衣の娘は歩む。軽装とはいえぬ荷物の量に、振り向く者もあれど、彼女は何一つ気にもとめぬままに歩むだけ。目的地へ辿り着くまではあと少し、約束の刻限よりは早いが、早く向かって損はあるまい。些か、予定より早すぎる可能性は否めないが、遅くなるよりはずっといいだろう。地面を踏みしめる足取りに、緊張の色は無い。もとより、そのようなものなど持ち合わせていない、と言わんばかりに。平素と何一つ変わらぬままに、向かうのはカンクェノ遺跡へと続く通門所の手前。守衛に訝しげな視線を投げつけられた所で、ハイルヴィヒの表情は相も変わらず色を孕まない。無言でベケトフ家から持ち寄った書状を押し付け、守衛を黙らせるのみであった。柔い風が頬を撫で、髪が靡く。麗らかな陽気の下、けれども娘は其れを楽しむ事はない。ただふと、こんな暖かな日には、かの令嬢を日差しの下へと連れ出して、茶会を楽しむのも悪くないやも知れぬ、とふと思うだけ。耳元の赤が揺れる。ああ、早く帰らねば、薄らとそう思いながら、短く息を吐きだすばかり。――と、向こうより行軍の足音が聞こえれば、意識を現実へと浮上させる。風にふわりと靡く淡い金糸の髪、輝く白銀の装いは己と実に対比的であると思えてならない。そして其れ以外にも見覚えのある影は二つ。過日、気まぐれにお節介を焼いた相手と、その連れ。連れの方は何時ぞのパーティーの折に見かけたのみであるが、その姿を忘れてなど居なかった。彼らへと向き直れば、ただ青い瞳を真っ直ぐに彼らへ向けて、口を開く。
「……来たか。ああ、待ってなどいない。“お待たせしました”の類の言葉は不要だ。さっさと行くぞ」
 ハイドナーの家の当主が言葉を紡ぐより早く、牽制にも似た言葉を投げた。一瞬面食らったかの様な表情を浮かべる彼を気にもとめずに、ハイルヴィヒは歩を進めんとする。一刻でも時間が惜しい。事は早急に済ませ、早急に終えるべきだろう。別段、時間に背中をせっつかれ、追いつかれそうになっている、というわけではないけれど、かと言って悠長に構える程の暇もない。ともすれば、不要に言葉を交わし、思惟を交わらせる事など時間の無駄、と言わんばかりに彼らへ背を向けていたけれど。後方より飛び出す声は、跳ねるような其れであった。
「ちょっと、もーっ! そんな冷たい事言わなくってもいいじゃないですか!」
 そう言いながら顔をだすのは黒衣の青年の連れの娘。前のめる様な形になる折、ふわり、と金の髪が揺れて輝く。太陽光を反射して輝く赤い瞳を真っ直ぐにハイルヴィヒへと向けたまま、小さく唇を尖らせて抗議の言葉を紡ぎゆく。ハイルヴィヒもまた、澄んだ青を、けれどもただ険しい色を織り交ぜて、彼女へと向ける。彼女の紡ぐ言葉の内容は理解できる。されど、“何故そうしなくてはいけないか”“其れを為す必要性”がハイルヴィヒには全く理解できない。それ故に、首を傾げこそしない、表情一つ変えぬものの、紡ぐ言葉には僅かな困惑の意が混ざる。
「……? 何故だ。多く語らう必要性が何処にある。為すべきことがあるなれば、早急に為すべきだろう」
心底、彼女の言葉が理解できない、とばかりにハイルヴィヒは変わらぬ熱量の声で告げる。馴れ合いなど不要と言わんばかりの言葉は、それでも何故を問い、彼女との会話を一方的に断ち切るつもりはないらしいのだから、妙な話であろうか。見据える先の赤が揺れる。彷徨う其れは存外、美しい色だとハイルヴィヒは不意に思う。かと言って其れを口にする必要性すらも理解出来ぬし無意味と断じ、言葉にならぬ思いばかりが消えてゆく。存外に、未だ感じ入る物があるなれば其れで良い、そんな気すらもしているが、さてそれはまた、別件といたそう。
「な、何故って、それは、そのぅ……折角一緒に行く仲間なんっすよ。こう、仲良く行くのも、悪くない、かなー……って」
 少女、バシュラール・レアはそう語る。よもや、何故などと問われるとは思いもしなかった。面倒だの、嫌だの、そうして一蹴されたほうがまだやりやすかっただろう。どこか戸惑い気味である彼女を見ても、ハイルヴィヒは相変わらずだ。成る程、とばかりに短く声を零しはするが、かと言って納得したという顔をしやしない。無言、空白、沈黙。重苦しいとはいえずとも、決して軽やかな空気ではない静寂。
「悪いが、私を貴様らの“お仲間”だと思うのはやめておいた方が懸命だぞ。こっちは仕事で来ているんだ。貴様らとの連携を軽視するつもりはない、だが、だからといって貴様らと仲良しごっこをして、馴れ合うような事をする気はない。あくまでも私と貴様らは“仕事仲間”だろう。ピクニックに行くわけでもないんだ、遊び半分な気持ちで行くならば……ああ、いや、いい。何でもない。私には関係ないことだ」
 穏やかな沈黙を破る言葉は至極、冷淡な響きである。否、冷淡さすら其処には含まれていない。ただ淡々としただけの言葉は、無遠慮に紡がれた。押し出されるように吐き出された息は、それでも存外穏やかなものである。何か言いたげな金糸の髪の彼女を制したのは黒衣の青年、エドガーである。其れを一瞥し黒糸の髪を靡かせ歩みだそうとしたハイルヴィヒに声をかけるは、ハイドナーの当主。彼の騎士に負けずとも劣らぬであろう彼であった。
「ハイルヴィヒ殿、関係ない、まで言い切らずとも良かったのでは? いえ……悪い、と言いたいわけではないのですが……」
 何処と無く歯切れの悪い、煮え切らぬ言葉。けれども彼が言わんとしている事は凡そ予想がつく。けれど、やはりそうだ。ハイルヴィヒ・シュルツにはその理由が“理解できない”そう、正しく、納得も、必要性も、理解も、出来ない。海のように青い瞳は、白銀の騎士を何処か遠目に睨め付けて、不意に逸らされる。向ける先ははるか向こう、遠く、何処か、遠く。短く吐き出された息には、感情らしい感情も乗らぬままだ。
「甘いな、貴様も。親しくしてなんの利がある? 守り守られる云々であるならば笑わせるなと言わせていただこう。連携がどうのというのであるならば、悪いがそんなもの、お互い使う道具なりを申告してもらえれば何一つ問題ないだろう? 違うか、ハイドナーの“お坊ちゃん”? ……必要以上に近い距離は、おいおい面倒を生みかねん。そういうものだろう」
一瞬、眉をひそめた彼の返答を聞く前に、ハイルヴィヒは正面を向いてスタスタと歩み出してしまった。結局のところ現状、論議を始めた所で終わりなど見えず延々と続き、其れこそまさしく時間を無駄にするだけであろう。皆々、それぞれ思うところはあれども時間を無駄にしたいわけでもなし。各々歩み出せば、それぞれ募る話もあるというものだろう。ざわめく背後の声をBGMに、けれども娘は黙して歩む。通行手形の作成はトントン拍子に進むから、特別問題もなく通り越せる。守衛の「宜しく頼んだ」の言葉にも、変わらず娘は淡白にわかっている、と返すだけだったけれど。

Re: [リレー企画]無限の廓にて、大欲に溺す ( No.51 )
日時: 2016/11/20 19:02
名前: 霧島 ◆FJjoZBA4mU
参照: https://twitter.com/Avatar_Alone

 さあ、いざ遺跡内へと一行が向かう直前、ああ、そうだ、と思い出したように声を上げるハイルヴィヒ。スタスタ歩み寄るのはエドガー青年の元である。何事か、と彼は黒い瞳を揺らす。思えば、どこぞの武器屋で鉢合わせた折も、ハイルヴィヒはこんな瞳をしていたか、とはたと思い出すも、かと言ってこの状況で安堵できるわけもない。何を言われるかわからないというやつは、存外落ち着かないものである。
「貴様、武器は……銃か? 扱った事……いや、人を撃ち殺した事はあるか。ああ、人でなくても良い、何かしら撃って、その手で殺したことはあるか」
 酷く、端的な問いであった。エドガーが何か言うより早いその質問に、彼の黒い瞳は一瞬、見開かれる。彼女は何を言うのだ、唐突に、と言いたげな瞳を一瞥し、けれどもそれ以上は何も問わずにただ、彼の返答を待っていた。沈黙の後、彷徨う黒耀はゆっくりと藍へと固定されていく。瞬きを数度。息を吸い込んで、静かに穏やかに、青年は音を紡いでいく。
「……無いよ。訓練はハイドナー邸で多少受けてきたけども……実戦はこれが初めてだ」
「そうか、では……恐怖心乃至は躊躇いはあるか」
 次ぐ問いかけに、エドガーは目を丸くする。厄介者扱いされたり、戦力としてカウントされなかったりするのであればまだ、想定の範囲内であった。けれどもハイルヴィヒは何一つ変わらぬ様子でただ淡々と、問いを重ねて来たのである。この女は何を問うているのだと言いたげなレアをそれとなく制しつつ、エドガーは静かに頷いた。
「多少は、あるかな。……ああ、甘いのはわかってる。でも……気になる事、は解き明かしてみたいだろ?」
 躊躇いがちに言葉を紡ぐエドガー。それを見つめるハイルヴィヒ。ハイルヴィヒの唇より小さく吐き出された息は呆れよりもどこか、感心の色すら孕む。事実、ハイルヴィヒ・シュルツは存外に、彼の言葉に納得の感情を覚えるのだ。何か一つのために、たとえ其れが如何に無謀であったとしても、若い好奇心の一端であったとしても、其れに向かうという姿勢は、彼女にとって好ましいものであることに相違ない。
「ならば……なあ、バシュラール! 少しいいか。……ああ、そう、バシュラール、君だ。」
 制されて、少しばかり向こうへ行っていたレアを呼び付ける。よもや己が呼びつけられる等と思ってもいなかったらしいレアはきらめく赤い瞳をパチクリとさせて、自らを指差す。其れにハイルヴィヒが是と答えれば何事か、とゆるりゆるぅり、歩み出し、二人の元へとやってきた。どこか訝しげな視線をハイルヴィヒへと向けるも、等のハイルヴィヒはそんな事全く意に介さずに、いっそ奇妙なほどに、何処か穏やかな色を宿した瞳でレアを見つめる。ただし、それも彼女が一端目を閉じて、フゥ、と息を軽く吐いてしまえば、まぁ、消え失せてしまいただ、何も宿さぬ藍が其処にあるだけなのだけれども。
「むぅ……なんですかぁ、ハイルヴィヒさん。っていうか、親方に変なこと吹き込んでないですよね!? な、なんて言うかそのぅ……お説教……みたいなこととか、して、ませんよねぇ……。理不尽な押し付けとかしてたら私、怒りますからね!」
 彼女の言葉を聞けばさしのハイルヴィヒとても一瞬、面食らったように目をパチクリとさせた。けれどもすぐに首を横へと振ったなら、いや、と小さく続けられる。存外、声色が穏やかである事は否定のしようもあるまい。
「其の様な不要な事に割く時間はないからな、していないさ。……其れより、君に頼みたい事がある。遺跡内での行動に関して、だ。……バシュラールの武器は槍でいいな?」
「え、あ……あー、はい。これでこう、ビシッ! バシッ! って、感じで、やってやりますよ!」
「ん、なら良い……。では、バシュラール。遺跡内ではエドガーの傍を極力離れるな、ただし、可能な限りエドガーの目の前乃至は視界の直線上には立つなよ。そうだな……いっそエドガーの後ろに立つのもありだろうか。……まあ、なんだ、そのあたりのことは、君の判断に任せる、やりやすいようにやってくれ。……エドガーの護衛全般は、そも、君の元々の仕事、の様なものなのだろう? ……宜しく頼むぞ。まあ気負わず、いつも通りで構わん。その方が、いいだろう?」
「……はいっ! 任せてください! へへっ、何時も通り、親方は私が守りますよ!」
 その言葉を聞けばハイルヴィヒは至極満足した、とばかりに頷いて、レアを見据えていた。頼んだ、と小さな声で繰り返してから視線は再びエドガーへと向く。彼を見て、少しばかり考えるような動作を見せつつも、すぐに口を開くだろう。
「バシュラールの守りがあるとしても……エドガー、確実に貴様が守られるという保証はない。……悪いがそもそもバシュラールの力量を私は知り得ない。今までそうしていたから、という彼女の言葉を信じているだけだ。……だから、貴様にも覚悟を決めてもらわねばならぬ事もあるだろう。だから……もしも、もしもだ。どうしても逃げ切れない、撃たねば死ぬという場面ですらその指が引き金に添えられない、引き金を引けない、というなら――此れを」
 そう告げて小袋を彼へ差し出す。受け取ったエドガーはちらり、とハイルヴィヒを見る。開けていいか、と視線で問えばハイルヴィヒはコクリと頷いた。恐る恐るに開く袋の中身は、1錠の錠剤。たった1錠の、それ。「なんですか?」と、エドガーの背後より覗き込むようにしていたレアが、誰よりも早く問うた。彼女の疑問は尤もであろう。小さな錠剤、おそらく薬の類であろうことはわかるが肝心の効能は何一つわからない。エドガーの方もまた、黒い瞳をパチクリさせて、これは何かと問うような視線をハイルヴィヒへと向けていた。
「……まあ、そうだな……“恐怖心が吹き飛ぶお薬”と、でも言っておく。多少はまあ、眠気も飛ぶだろうし、まあ、夜目もある程度効くようになる。ただ……本当に、どうしようもないと思った時だけ使えよ。渡しておいて何だが、あまり使うことは勧めない。……特に、貴様の様な普通の生活を捨てる必要のない奴はな。緊急時には或るに越した事もないだろうが……使わないに越した事もない。ああ、使わずに仕事が終わったら、後でちゃんと返してくれよ。言うのもあれなんだが……あまり外に出回っても、あまり良いものではないからな」
 ハイルヴィヒは相も変わらず変化しない顔ばせで、至極淡々と事実のみを語る。藍の視線は真っ直ぐに黒曜と紅玉を貫いて、忠告が偽り無いものであることを告げる。黒曜の瞳は袋内の錠剤と、背後の紅玉を見て、最後に、藍を見る。戸惑ったような視線で、ただただ、まっすぐに。背後のレアも、抗議の言葉も忘れて何やら考え込みだす始末。二人の様子をちらりと見やってから、それから、と紡ぎかけたハイルヴィヒの眼前に、先程の袋が突き返された。否、正確に言うならやんわりと差し出されたわけではあるのだけれども。
「おい、ニコルソン貴様……どういう、」
「いらないよ。……あー、なんというか、その、俺にはレアがいるし……そんなに“貴重なもの”なら受け取るわけには行かない。……火薬の件で、世話になった上にまたこうやって世話になりっぱなしっていうのも、なんていうか……こう、ちょっと心苦しいもんがあるしな」
「そうですよ〜。なんか、うん、ハイルヴィヒさんには色々お世話になった事も或るみたいですし、親方も言ってますし……何よりそんな“大事な物”ならハイルヴィヒさんが持っててください」
 さて、2人にそう言われてしまえば、成る程先の行動もお節介というやつなのだろう。もしや世間一般で言う失礼、というやつに当たってしまったのやも知れぬ。短く息を吐きだせば「わかった」とだけ告げて、其れを再び己の荷物の中へと仕舞い込んでしまおう。存外に、ハイルヴィヒが思う以上に、成る程、この2人は心強い存在、というやつなのだろう。
「あ、そうだ、そういえば……何か言い掛けてたけど、何か……?」
 ふ、と。思い出したようにエドガーは問いかける。思えば先程何かハイルヴィヒが言いかけた所と同時に、小袋を返してしまったから。かといって聞かなかったことにするのも心苦しいというもの、というだけの理由である。一方のハイルヴィヒは藍の瞳を瞬かせること、二度。嗚呼、確かに、そうだ、此れを告げるのは、そう、実に、実に重要な事であったから、否が応でも伝えてやる、位の気持ちであったものだから、尋ねられるとどうにも調子が狂う。気遣われる、というのは、嗚呼、やはり、どうにも、為れぬものであったらしい。珍しくも溜める様に声を漏らして、咳払い、ひとつ。
「……お嬢様から伝言だ。“機会があればまたぜひ我が家に”と、仰せだった。どうにも、貴様の料理が大層気に入ったそうでな。幾度伝えても伝えきれぬほどに美味だった、との事だ。まあ、受け取って置くと良い」
 かの令嬢の紡いだ言葉を思い起こしながら、ハイルヴィヒは言葉を紡ぐ。淡々としながらも何処か穏やかさと、けれども相反するような剣呑さを孕む声。小さく息を吐きだして、そうだあと一つ、かの家のご当主殿にも伝達を、と歩みだそうとした折だ。ひょっこり顔を覗かせる不満顔のレア。ぷっくりと頬を膨らませて、赤い瞳はじぃ、とハイルヴィヒを見据えていた。
「……あのぉ、もしかしてなんですけど。私への伝言的なものってない感じですか? なんかまた私だけ蚊帳の外ー……な、感じですか?」
「………………次にお嬢様に会った時には、きちんとバシュラールへの言葉も聞き逃さないようにしておく」
「へ……あ、ええっと……じゃあ、お願いします、はい」
 よもや、前向きに検討する類の言葉が返ってくるとはレアとて予想外であった。どうにも、ハイルヴィヒには予想外の言葉ばかり返される、そも、ハイルヴィヒという奴は存外ずれているのやもとぼんやり思いつつも、小さく息を吐き、幕間、終了。宜しくと告げたレアに対し、小さく頷いたハイルヴィヒはその足でハイドナー当主の元へと向かう。近づくハイルヴィヒに気がついたガウェスはと言えば、変わらず、人当たりのよい笑みを浮かべてハイルヴィヒの名を呼んだ。それに対してハイルヴィヒはちらり、と視線を彼へ向けなおすだけで、大きな反応を見せる事はない。かと言って、歩みを止めるわけでもなく、傍までよればさっさと口を開くのだけれど。
「貴様にも、伝言だ。……自愛するように、と」
「……自愛、ですか?」
「ああ、お嬢様曰く“太陽の光が輝きを増す程に影は濃くなる、光と影は表裏一体”と。……意味は貴様自身で考えろ。正解など私が語ることも恐れ多いのだから」
 そう告げるだけ告げれば、彼の表情も見ずにハイルヴィヒは歩み出す。皆の準備さえ整ったならば向かうは地下へ、地下へ。歩むは深淵の先、暗闇の奥。ひんやりとした空気が頬を撫でる其処は存外、嗚呼――心地よい気すらしてしまう。

Re: [リレー企画]無限の廓にて、大欲に溺す ( No.52 )
日時: 2016/11/21 18:56
名前: NIKKA ◆ShcghXvQB6
参照: https://twitter.com/NIKKA_Nonbe

 切り詰められた散弾銃。明らかに使い古されたようなそれを手に取り、彪は溜息を一つ。これは命を奪うために作られた代物。それを更に研鑽させたような代物である。引き金を一度引けば容易く飛び出る一発の実包。人の命は愚か、生きとし生ける者の命という命、それらを全て容易く奪い取る事だろう。

 それを西方の蛮族がカウンター越しとは言え、人に向けるような状況になっているが故に、露天の店主の顔は引き攣り、カウンターの下に隠したリボルバーに手を伸ばしていた。
「これを。実包もついでに貰えないだろうか……」
 バンデージに覆われた左手、腰に差した刀は左。ともすれば今此処で刀を抜いたりして、何らかの悪事を働くとも考えにくい。店主はリボルバーから手を離して、散弾銃に取り付けられた値札を一瞥して、愛想よく笑ってみせる。
「アンタ、セノールだな」
「如何にも」
「何でこれが入用で?」
 銃を売るならば、聞くのが道理である。答えられない者には売るべきではない。商人としては失格かも知れないが、社会の一抹を担う者としての正道。この商人はそれを重んじていた。問われたジャリルファハドも意図を汲み取ったのだろう。穏やかに笑って見せた。
「雇い主を守られねば成らぬ故。……ソーニア・メイ・リエリス。知らぬか?」
「あぁ、貧乏リエリスね。あいつも漸く護衛を雇ったか。そういう事なら安くしとくよ。実包百発込みでこれの位はどうだい」
 商人の男は算盤をジャリルファハドの目の前に突き出す。確かに銃本体の価格は値札よりも安い。実包も棚に並べられた物よりも安く売られているようである。何故、ソーニアの名前を出すと安くなるのか分からず、ジャリルファハドは首を傾げる。
「そんな顔をしなさんな。セノールの。今まで一人で踏ん張ってきた子がようやく人を頼る事を覚えたんだ。これ程嬉しい事はないね。しかもセノールだ。文化の架け橋とならん事を祈っての大特価って奴さ!」
 随分と気持ちの良い事を言う商人である。ジャリルファハドも穏やかに笑い返して、路銀の入った袋から銀貨を八枚ばかり取り出した。実包込みで銀貨七枚の価値であるというのに、何故一枚余分に出したのか。疑問に商人は先程のジャリルファハドのように小首を傾げた。
「我々の喜捨を受け入れ給え。この一枚で己の腹を満たすなり、妻子のために使ってやってくれ。アゥルトゥラの友よ、我々は対等であろう?」
「若いのに随分と出来たセノールだ。ありがとうな、お若いの。この銃は大事に使ってやってくれ。無駄に人を撃つなよ?」
「……人など撃たんよ。俺が撃つのはレゥノーラだ」
「知ってるさ、知ってるともさ」
 商人のからかいにまともに返答したジャリルファハドは、商人の切り返しもそこそこに踵を返して行ってしまう。帯刀し、銃を持っていたとしても、短く交わした言葉から彼はむやみやたらに人を害す者とは考えにくかった。歩き方や眼差し、言葉遣い。どれを取ってもセノールの武人らしく、自分がどれ程に人を殺める技法を持ち合わせているかを客観的に見て、己をきちんと把握している。ならば、此処での平静、規律を乱すような事はしないはずである。長い間、色々な客を見続けてきた商人の経験則に基づいた勝手な判断であった。
「あぁ!! セノールの。名前は!」
 大声で問えば、彼はふと足を止める。そして再び踵を返すのだった。彼はずかずかと歩み、商人の目の前に詰め寄るようにして睨みつけてきた。否、ただ単に目つきが鋭いだけである。商人は首を傾げながら何か悪い事でも聞いてしまったのだろうかと、戸惑う。
「ジャリルファハド。ガリプの次兄、サチの氏族だ」
「サチか……!」
 サチの氏族。そのフレーズを聞いた途端に商人の顔付きは変わる。悪い方ではなく、良い方にだ。サチの氏族。クルツェスカにおいて、最も名を馳せているサチの氏族といえば、ジャッバール。バシラアサドであろう。
「まさか、ジャッバールと同じ氏族とは……。あそこには世話になったんだ。武門自ら商いをやる。そのおかげで我々は西方交易路を安全に使えるようになった。それに人種の隔たりという物を打ち壊してくれた。彼女を悪く言う者も居るが、俺は彼女を支持しているんだ。――ジャリルファハド、そう彼女に伝えておいてくれないか。年も近いという事は面識もあるだろう?」
 詰め寄られ、すっかり毒気を抜かれてしまったジャリルファハドは何処となく遠い目をしながら、苦笑いを浮かべていた。まさかバシラアサドとは不仲であるとは言えない。ともすれば、この商人が己を見る目は変わるやも知れない。それに意外であったのだ、事を急ぎ、暴力と暴虐を以ってして周辺を御した者が末端の商人達から支持されているという事実が。
「生憎、我々ガリプとジャッバールは関わりが薄いのだ。ジャッバールは外へ出て、商いをしているのだがガリプという武門は武辺者ばかりで、余り携わる機会がない。すまないのだが、直接言ってはくれないか。奴は街を悠々と歩いているであろう?」
「あぁ、ただ大概レヴェリの大男を連れてるもんで、話し掛けれないんだ。何だか恐ろしくて。……たまに娘を連れて歩いているが、その……。親子水入らずというような状況に首を挟めないんだ」
 人格が善良なのか、臆病なのかよく分からない商人に思わず呆れてしまう。それと同時にいつバシラアサドに娘など出来たとの驚きを抱く。相手は誰だ。よもやレヴェリのあの男ではないだろうな。などとグルグルと頭の中を邪推が駆け回る。
「……分かった、後で伝えておく。商人なのだから、もう少し押しが強くても良かろうに……」
「そいつはありがたい。――あぁ、そうだ! ジャリルファハド。今晩は家で酒でも飲んでいけ。妻子にセノールの真実を語ってくれやしないか!」
 やはりこの商人はよく分からない。アゥルトゥラであったとしても、大凡全てが悪ではないのだろうか。そもそも妻子は己を恐れないのだろうか。血腥い民族だと、血を流し続ける民族であると。それともそうではないから教えを乞うのか。はたまたそうだから真実を伝えたいのだろうか。どちらであったとしても飲酒以外は断る理由はない。
「宗教上、酒は絶っている。だが、そういう事であれば教えてやろう」
 にいっと笑って見せた商人の笑顔は良い物であった。美しい者の笑みのように品は無かったが、人間らしいそれはジャリルファハドの心を打つ。アゥルトゥラであったとしても、セノールと同じなのではないだろうかという思いが一抹、脳裏を過ぎるのであった。



 商人の妻は、ジャリルファハドを見たとしても恐れ戦く事はなかった。それ所か、商人の妻はセノールであったのだ。アゥルトゥラに嫁ぐセノール。それを目の当たりにしたのは生まれて始めてのこと。何れその逆も出てくるのではないだろうかと思案に至る。
「ガリプの次兄とは……、随分と大きくなりましたね。私は貴方が生まれた時、誕生を祝いに行った物です」
 老いながらも何処と無く若さ、また高潔さのようなものを宿したセノールの女は語る。腕に彫られたタトゥーは確かに、ガリプの領民である者であった。ともすれば、彼女はよくアゥルトゥラに嫁げた物であった。ガリプはアゥルトゥラとの戦いの中で多くの者が死し、西伐の指揮を取ったディエフィス・ガリプ・サチを処刑という形で失っている。故に多くのセノールの中でも、アゥルトゥラに対する恨みのような物が強いのだ。
「大叔父殿によく似ている。……良い戦士になったのですね。まぁ、そこに腰を下ろして下さいな」
 大叔父、それこそがディエフィスである。ジャリルファハドの家系はガリプの直系ではない。元を正せば、ディエフィスの妹婿、ラシードの血を多く引く者である。ディエフィスは西伐において子を失い、己の命まで落とした故に跡継ぎは居なかったのだ。それでも彼女は似ているという。それは誉れであると同時に、疑問でもある。どこが似ているのだろうか、と。
「俺は砂漠で遭難してな、アイツに救われたんだ。“当時も”美しい娘だった。そこで一目惚れしてしまってな、そこからは猪突猛進。先人がなし得なかったカヴェン・テテルスクの要塞を打ち壊す勢いで詰め寄った物だ!」
 随分と仲の良い夫婦だと、ジャリルファハドは静かに笑みを湛えた。愛の前には人種も関係ないのだろうか。本来であればそうあるべきなのやも知れない。だが、アゥルトゥラとセノールの間では、難しい代物。どちらかが滅びるまで血を流し、謀り合わなければ成らないのが今の常である。
「子息は何処に」
「まだ、帰ってきてないようだなぁ。最近、帰りが遅く……、俺は心配で心配でこの頭さ!」
 すっかり禿てしまった頭を目の前に晒し、それを軽く手の平で叩くと小気味の良い音が成る。いつぞや幼き頃、禿た男を「太陽」だの「白熱電球」だのと揶揄して遊んでいたのを思い出す。そもそも禿は「太陽」ではない。照り返しているのだから「月」であると気付かなかった程、己が幼かった頃の話である。
「親を心配させるのは関心出来ない」
「だが、俺はそれも良いと思っているんだ。そうやって少しずつ親から離れて、巣立っていく。素晴らしいじゃないか。俺はその背を見届けたいね」
 商人の語る心配は嘘である。また心労から禿たのも嘘である。心配で禿るならば世の男は皆、禿ている。そもそも彼は心配などしていない。否、似た感情こそ持っているのだろうが、親元から離れていく子の背中を見るのを楽しみにしているのだ。
「そうか……、親とはそういうものか」
「おうさ。……ジャリルファハド。お前さん、所帯は?」
「居らぬ。同じ氏族の者と許婚関係にはあるが、訳合って待たせている」
「そうかそうか。妻を大事にするのだぞ」
「……言われずとも」
 妻を持ったならば命を掛けて守れ。妻よりも先に死ぬな。決して不幸にするな。一人を見続けろ。単純ではあるが、正道を歩むべし人の教え。ジャリルファハドは商人に言われるまでもなく、これを成すと心に決めている。例え馬鹿正直すぎると罵られたとしても、人は人である故にそうやって生きる事も出来るのではないだろうかと常々思っているのだった。




 夜の帳も既に落ち切り、太陽の代わりに月が真っ白な死人のような顔を覗かせていた。
 ソーニアの傍らを歩むミュラの表情は浮かばないものであった。腹を空かせていたが、どこの店も満席で入れなかったとか、ソーニアの野暮用に付き合わされすぎたとかいう理由ではない。彼女が空の月のように浮かばれず、冴えない顔をしているのは恐らくは武器商、弾を売っていた男の一言が原因であろう。己が師と慕う人物の呆気ない死。平素からは想像し得ない死。ソーニアは右脇に抱えた野菜が入った紙袋を思わず、強く抱き締めていた。トマトが潰れたのだろう。不愉快な柔らかさが伝わる。そして、左腕で共に歩むミュラの肩を抱き寄せるのだった。
「……人は何れ死ぬの。人である限りね。それが早いか、遅いかの違いだけ」
 言い聞かせるようなソーニアの声色。ミュラは顔すら此方を見せようとはしない。声の一つすら挙げようとしない。
 それもそうであろう。自分の師であり、親である人物。いつ帰るとも知れず、待ち続けた日々は一体なんだったのだろうか。今、それを知ったばかりの自分が付け焼刃のような慰めをした所でミュラの心は愚か、耳にも届かないだろう。
 ジャリルファハドが居れば何と言う事だろうか。ならば仇を討てとでも言うだろうか。それとも徹底的にその人の死を悼めとでも言うだろうか。この手の慰めは不器用ながらも、意味の分からない説得力がある彼の方が向いている。いまいち非力で、無力な自分が情けなくなり、何故か目頭に熱いものが込み上げる。それを誤魔化そうと、ミュラの手を引く。
「傭兵なんてしてたら、いつ死んでもおかしくないの。分かるでしょ? ミュラ。だから、せめて……、その……」
 何を語り掛けるべきか、言葉に詰まる。己の経験によく似通っている。ソーニアの姉は今の己のようにカンクェノに潜り、遺跡の発掘に従事していたが突然、不可解な死を遂げた。その時を思い出す。失意の底。伽藍と化した己の心。語る言葉もなく、語る言葉を聞きいれる耳すらも持たなかった。ともすればミュラも同じであろう。人の死という物は容易く人の心を傷付ける。それが大事な物であればある程に深い傷を負わせてしまう。その経験則からソーニアが得た結論。沈黙であった。今のミュラに最も効く薬は沈黙であり、ともすればミュラに語る言葉などない。ただし、一人にすべきではない。感情の堰が決壊した時、受け止めるべく存在は必要であるからだ。黙したまま、ソーニアは彼女の手を引いて家路を急ぐのであった。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。