複雑・ファジー小説

[リレー企画]無限の廓にて、大欲に溺す
日時: 2018/11/20 21:30
名前: にっか ◆ShcghXvQB6
参照: https://twitter.com/NIKKA_Nonbe

無限の廓にて、大欲に溺す

開始日:2016/8/22(8/21 15:00スレ立ち上げ、創作解禁)

参加者一覧
・にっか(文字化けするためNIKKAと名乗ってます)
・ポテト侍
・霧島
 以上3名。敬称略。

設定については、次レスに張るURLから確認願います。

なお、コメント等は差し控えて下さい。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50



Re: [リレー企画]無限の廓にて、大欲に溺す ( No.51 )
日時: 2016/11/20 19:02
名前: 霧島 ◆FJjoZBA4mU
参照: https://twitter.com/Avatar_Alone

 さあ、いざ遺跡内へと一行が向かう直前、ああ、そうだ、と思い出したように声を上げるハイルヴィヒ。スタスタ歩み寄るのはエドガー青年の元である。何事か、と彼は黒い瞳を揺らす。思えば、どこぞの武器屋で鉢合わせた折も、ハイルヴィヒはこんな瞳をしていたか、とはたと思い出すも、かと言ってこの状況で安堵できるわけもない。何を言われるかわからないというやつは、存外落ち着かないものである。
「貴様、武器は……銃か? 扱った事……いや、人を撃ち殺した事はあるか。ああ、人でなくても良い、何かしら撃って、その手で殺したことはあるか」
 酷く、端的な問いであった。エドガーが何か言うより早いその質問に、彼の黒い瞳は一瞬、見開かれる。彼女は何を言うのだ、唐突に、と言いたげな瞳を一瞥し、けれどもそれ以上は何も問わずにただ、彼の返答を待っていた。沈黙の後、彷徨う黒耀はゆっくりと藍へと固定されていく。瞬きを数度。息を吸い込んで、静かに穏やかに、青年は音を紡いでいく。
「……無いよ。訓練はハイドナー邸で多少受けてきたけども……実戦はこれが初めてだ」
「そうか、では……恐怖心乃至は躊躇いはあるか」
 次ぐ問いかけに、エドガーは目を丸くする。厄介者扱いされたり、戦力としてカウントされなかったりするのであればまだ、想定の範囲内であった。けれどもハイルヴィヒは何一つ変わらぬ様子でただ淡々と、問いを重ねて来たのである。この女は何を問うているのだと言いたげなレアをそれとなく制しつつ、エドガーは静かに頷いた。
「多少は、あるかな。……ああ、甘いのはわかってる。でも……気になる事、は解き明かしてみたいだろ?」
 躊躇いがちに言葉を紡ぐエドガー。それを見つめるハイルヴィヒ。ハイルヴィヒの唇より小さく吐き出された息は呆れよりもどこか、感心の色すら孕む。事実、ハイルヴィヒ・シュルツは存外に、彼の言葉に納得の感情を覚えるのだ。何か一つのために、たとえ其れが如何に無謀であったとしても、若い好奇心の一端であったとしても、其れに向かうという姿勢は、彼女にとって好ましいものであることに相違ない。
「ならば……なあ、バシュラール! 少しいいか。……ああ、そう、バシュラール、君だ。」
 制されて、少しばかり向こうへ行っていたレアを呼び付ける。よもや己が呼びつけられる等と思ってもいなかったらしいレアはきらめく赤い瞳をパチクリとさせて、自らを指差す。其れにハイルヴィヒが是と答えれば何事か、とゆるりゆるぅり、歩み出し、二人の元へとやってきた。どこか訝しげな視線をハイルヴィヒへと向けるも、等のハイルヴィヒはそんな事全く意に介さずに、いっそ奇妙なほどに、何処か穏やかな色を宿した瞳でレアを見つめる。ただし、それも彼女が一端目を閉じて、フゥ、と息を軽く吐いてしまえば、まぁ、消え失せてしまいただ、何も宿さぬ藍が其処にあるだけなのだけれども。
「むぅ……なんですかぁ、ハイルヴィヒさん。っていうか、親方に変なこと吹き込んでないですよね!? な、なんて言うかそのぅ……お説教……みたいなこととか、して、ませんよねぇ……。理不尽な押し付けとかしてたら私、怒りますからね!」
 彼女の言葉を聞けばさしのハイルヴィヒとても一瞬、面食らったように目をパチクリとさせた。けれどもすぐに首を横へと振ったなら、いや、と小さく続けられる。存外、声色が穏やかである事は否定のしようもあるまい。
「其の様な不要な事に割く時間はないからな、していないさ。……其れより、君に頼みたい事がある。遺跡内での行動に関して、だ。……バシュラールの武器は槍でいいな?」
「え、あ……あー、はい。これでこう、ビシッ! バシッ! って、感じで、やってやりますよ!」
「ん、なら良い……。では、バシュラール。遺跡内ではエドガーの傍を極力離れるな、ただし、可能な限りエドガーの目の前乃至は視界の直線上には立つなよ。そうだな……いっそエドガーの後ろに立つのもありだろうか。……まあ、なんだ、そのあたりのことは、君の判断に任せる、やりやすいようにやってくれ。……エドガーの護衛全般は、そも、君の元々の仕事、の様なものなのだろう? ……宜しく頼むぞ。まあ気負わず、いつも通りで構わん。その方が、いいだろう?」
「……はいっ! 任せてください! へへっ、何時も通り、親方は私が守りますよ!」
 その言葉を聞けばハイルヴィヒは至極満足した、とばかりに頷いて、レアを見据えていた。頼んだ、と小さな声で繰り返してから視線は再びエドガーへと向く。彼を見て、少しばかり考えるような動作を見せつつも、すぐに口を開くだろう。
「バシュラールの守りがあるとしても……エドガー、確実に貴様が守られるという保証はない。……悪いがそもそもバシュラールの力量を私は知り得ない。今までそうしていたから、という彼女の言葉を信じているだけだ。……だから、貴様にも覚悟を決めてもらわねばならぬ事もあるだろう。だから……もしも、もしもだ。どうしても逃げ切れない、撃たねば死ぬという場面ですらその指が引き金に添えられない、引き金を引けない、というなら――此れを」
 そう告げて小袋を彼へ差し出す。受け取ったエドガーはちらり、とハイルヴィヒを見る。開けていいか、と視線で問えばハイルヴィヒはコクリと頷いた。恐る恐るに開く袋の中身は、1錠の錠剤。たった1錠の、それ。「なんですか?」と、エドガーの背後より覗き込むようにしていたレアが、誰よりも早く問うた。彼女の疑問は尤もであろう。小さな錠剤、おそらく薬の類であろうことはわかるが肝心の効能は何一つわからない。エドガーの方もまた、黒い瞳をパチクリさせて、これは何かと問うような視線をハイルヴィヒへと向けていた。
「……まあ、そうだな……“恐怖心が吹き飛ぶお薬”と、でも言っておく。多少はまあ、眠気も飛ぶだろうし、まあ、夜目もある程度効くようになる。ただ……本当に、どうしようもないと思った時だけ使えよ。渡しておいて何だが、あまり使うことは勧めない。……特に、貴様の様な普通の生活を捨てる必要のない奴はな。緊急時には或るに越した事もないだろうが……使わないに越した事もない。ああ、使わずに仕事が終わったら、後でちゃんと返してくれよ。言うのもあれなんだが……あまり外に出回っても、あまり良いものではないからな」
 ハイルヴィヒは相も変わらず変化しない顔ばせで、至極淡々と事実のみを語る。藍の視線は真っ直ぐに黒曜と紅玉を貫いて、忠告が偽り無いものであることを告げる。黒曜の瞳は袋内の錠剤と、背後の紅玉を見て、最後に、藍を見る。戸惑ったような視線で、ただただ、まっすぐに。背後のレアも、抗議の言葉も忘れて何やら考え込みだす始末。二人の様子をちらりと見やってから、それから、と紡ぎかけたハイルヴィヒの眼前に、先程の袋が突き返された。否、正確に言うならやんわりと差し出されたわけではあるのだけれども。
「おい、ニコルソン貴様……どういう、」
「いらないよ。……あー、なんというか、その、俺にはレアがいるし……そんなに“貴重なもの”なら受け取るわけには行かない。……火薬の件で、世話になった上にまたこうやって世話になりっぱなしっていうのも、なんていうか……こう、ちょっと心苦しいもんがあるしな」
「そうですよ〜。なんか、うん、ハイルヴィヒさんには色々お世話になった事も或るみたいですし、親方も言ってますし……何よりそんな“大事な物”ならハイルヴィヒさんが持っててください」
 さて、2人にそう言われてしまえば、成る程先の行動もお節介というやつなのだろう。もしや世間一般で言う失礼、というやつに当たってしまったのやも知れぬ。短く息を吐きだせば「わかった」とだけ告げて、其れを再び己の荷物の中へと仕舞い込んでしまおう。存外に、ハイルヴィヒが思う以上に、成る程、この2人は心強い存在、というやつなのだろう。
「あ、そうだ、そういえば……何か言い掛けてたけど、何か……?」
 ふ、と。思い出したようにエドガーは問いかける。思えば先程何かハイルヴィヒが言いかけた所と同時に、小袋を返してしまったから。かといって聞かなかったことにするのも心苦しいというもの、というだけの理由である。一方のハイルヴィヒは藍の瞳を瞬かせること、二度。嗚呼、確かに、そうだ、此れを告げるのは、そう、実に、実に重要な事であったから、否が応でも伝えてやる、位の気持ちであったものだから、尋ねられるとどうにも調子が狂う。気遣われる、というのは、嗚呼、やはり、どうにも、為れぬものであったらしい。珍しくも溜める様に声を漏らして、咳払い、ひとつ。
「……お嬢様から伝言だ。“機会があればまたぜひ我が家に”と、仰せだった。どうにも、貴様の料理が大層気に入ったそうでな。幾度伝えても伝えきれぬほどに美味だった、との事だ。まあ、受け取って置くと良い」
 かの令嬢の紡いだ言葉を思い起こしながら、ハイルヴィヒは言葉を紡ぐ。淡々としながらも何処か穏やかさと、けれども相反するような剣呑さを孕む声。小さく息を吐きだして、そうだあと一つ、かの家のご当主殿にも伝達を、と歩みだそうとした折だ。ひょっこり顔を覗かせる不満顔のレア。ぷっくりと頬を膨らませて、赤い瞳はじぃ、とハイルヴィヒを見据えていた。
「……あのぉ、もしかしてなんですけど。私への伝言的なものってない感じですか? なんかまた私だけ蚊帳の外ー……な、感じですか?」
「………………次にお嬢様に会った時には、きちんとバシュラールへの言葉も聞き逃さないようにしておく」
「へ……あ、ええっと……じゃあ、お願いします、はい」
 よもや、前向きに検討する類の言葉が返ってくるとはレアとて予想外であった。どうにも、ハイルヴィヒには予想外の言葉ばかり返される、そも、ハイルヴィヒという奴は存外ずれているのやもとぼんやり思いつつも、小さく息を吐き、幕間、終了。宜しくと告げたレアに対し、小さく頷いたハイルヴィヒはその足でハイドナー当主の元へと向かう。近づくハイルヴィヒに気がついたガウェスはと言えば、変わらず、人当たりのよい笑みを浮かべてハイルヴィヒの名を呼んだ。それに対してハイルヴィヒはちらり、と視線を彼へ向けなおすだけで、大きな反応を見せる事はない。かと言って、歩みを止めるわけでもなく、傍までよればさっさと口を開くのだけれど。
「貴様にも、伝言だ。……自愛するように、と」
「……自愛、ですか?」
「ああ、お嬢様曰く“太陽の光が輝きを増す程に影は濃くなる、光と影は表裏一体”と。……意味は貴様自身で考えろ。正解など私が語ることも恐れ多いのだから」
 そう告げるだけ告げれば、彼の表情も見ずにハイルヴィヒは歩み出す。皆の準備さえ整ったならば向かうは地下へ、地下へ。歩むは深淵の先、暗闇の奥。ひんやりとした空気が頬を撫でる其処は存外、嗚呼――心地よい気すらしてしまう。

Re: [リレー企画]無限の廓にて、大欲に溺す ( No.52 )
日時: 2016/11/21 18:56
名前: NIKKA ◆ShcghXvQB6
参照: https://twitter.com/NIKKA_Nonbe

 切り詰められた散弾銃。明らかに使い古されたようなそれを手に取り、彪は溜息を一つ。これは命を奪うために作られた代物。それを更に研鑽させたような代物である。引き金を一度引けば容易く飛び出る一発の実包。人の命は愚か、生きとし生ける者の命という命、それらを全て容易く奪い取る事だろう。

 それを西方の蛮族がカウンター越しとは言え、人に向けるような状況になっているが故に、露天の店主の顔は引き攣り、カウンターの下に隠したリボルバーに手を伸ばしていた。
「これを。実包もついでに貰えないだろうか……」
 バンデージに覆われた左手、腰に差した刀は左。ともすれば今此処で刀を抜いたりして、何らかの悪事を働くとも考えにくい。店主はリボルバーから手を離して、散弾銃に取り付けられた値札を一瞥して、愛想よく笑ってみせる。
「アンタ、セノールだな」
「如何にも」
「何でこれが入用で?」
 銃を売るならば、聞くのが道理である。答えられない者には売るべきではない。商人としては失格かも知れないが、社会の一抹を担う者としての正道。この商人はそれを重んじていた。問われたジャリルファハドも意図を汲み取ったのだろう。穏やかに笑って見せた。
「雇い主を守られねば成らぬ故。……ソーニア・メイ・リエリス。知らぬか?」
「あぁ、貧乏リエリスね。あいつも漸く護衛を雇ったか。そういう事なら安くしとくよ。実包百発込みでこれの位はどうだい」
 商人の男は算盤をジャリルファハドの目の前に突き出す。確かに銃本体の価格は値札よりも安い。実包も棚に並べられた物よりも安く売られているようである。何故、ソーニアの名前を出すと安くなるのか分からず、ジャリルファハドは首を傾げる。
「そんな顔をしなさんな。セノールの。今まで一人で踏ん張ってきた子がようやく人を頼る事を覚えたんだ。これ程嬉しい事はないね。しかもセノールだ。文化の架け橋とならん事を祈っての大特価って奴さ!」
 随分と気持ちの良い事を言う商人である。ジャリルファハドも穏やかに笑い返して、路銀の入った袋から銀貨を八枚ばかり取り出した。実包込みで銀貨七枚の価値であるというのに、何故一枚余分に出したのか。疑問に商人は先程のジャリルファハドのように小首を傾げた。
「我々の喜捨を受け入れ給え。この一枚で己の腹を満たすなり、妻子のために使ってやってくれ。アゥルトゥラの友よ、我々は対等であろう?」
「若いのに随分と出来たセノールだ。ありがとうな、お若いの。この銃は大事に使ってやってくれ。無駄に人を撃つなよ?」
「……人など撃たんよ。俺が撃つのはレゥノーラだ」
「知ってるさ、知ってるともさ」
 商人のからかいにまともに返答したジャリルファハドは、商人の切り返しもそこそこに踵を返して行ってしまう。帯刀し、銃を持っていたとしても、短く交わした言葉から彼はむやみやたらに人を害す者とは考えにくかった。歩き方や眼差し、言葉遣い。どれを取ってもセノールの武人らしく、自分がどれ程に人を殺める技法を持ち合わせているかを客観的に見て、己をきちんと把握している。ならば、此処での平静、規律を乱すような事はしないはずである。長い間、色々な客を見続けてきた商人の経験則に基づいた勝手な判断であった。
「あぁ!! セノールの。名前は!」
 大声で問えば、彼はふと足を止める。そして再び踵を返すのだった。彼はずかずかと歩み、商人の目の前に詰め寄るようにして睨みつけてきた。否、ただ単に目つきが鋭いだけである。商人は首を傾げながら何か悪い事でも聞いてしまったのだろうかと、戸惑う。
「ジャリルファハド。ガリプの次兄、サチの氏族だ」
「サチか……!」
 サチの氏族。そのフレーズを聞いた途端に商人の顔付きは変わる。悪い方ではなく、良い方にだ。サチの氏族。クルツェスカにおいて、最も名を馳せているサチの氏族といえば、ジャッバール。バシラアサドであろう。
「まさか、ジャッバールと同じ氏族とは……。あそこには世話になったんだ。武門自ら商いをやる。そのおかげで我々は西方交易路を安全に使えるようになった。それに人種の隔たりという物を打ち壊してくれた。彼女を悪く言う者も居るが、俺は彼女を支持しているんだ。――ジャリルファハド、そう彼女に伝えておいてくれないか。年も近いという事は面識もあるだろう?」
 詰め寄られ、すっかり毒気を抜かれてしまったジャリルファハドは何処となく遠い目をしながら、苦笑いを浮かべていた。まさかバシラアサドとは不仲であるとは言えない。ともすれば、この商人が己を見る目は変わるやも知れない。それに意外であったのだ、事を急ぎ、暴力と暴虐を以ってして周辺を御した者が末端の商人達から支持されているという事実が。
「生憎、我々ガリプとジャッバールは関わりが薄いのだ。ジャッバールは外へ出て、商いをしているのだがガリプという武門は武辺者ばかりで、余り携わる機会がない。すまないのだが、直接言ってはくれないか。奴は街を悠々と歩いているであろう?」
「あぁ、ただ大概レヴェリの大男を連れてるもんで、話し掛けれないんだ。何だか恐ろしくて。……たまに娘を連れて歩いているが、その……。親子水入らずというような状況に首を挟めないんだ」
 人格が善良なのか、臆病なのかよく分からない商人に思わず呆れてしまう。それと同時にいつバシラアサドに娘など出来たとの驚きを抱く。相手は誰だ。よもやレヴェリのあの男ではないだろうな。などとグルグルと頭の中を邪推が駆け回る。
「……分かった、後で伝えておく。商人なのだから、もう少し押しが強くても良かろうに……」
「そいつはありがたい。――あぁ、そうだ! ジャリルファハド。今晩は家で酒でも飲んでいけ。妻子にセノールの真実を語ってくれやしないか!」
 やはりこの商人はよく分からない。アゥルトゥラであったとしても、大凡全てが悪ではないのだろうか。そもそも妻子は己を恐れないのだろうか。血腥い民族だと、血を流し続ける民族であると。それともそうではないから教えを乞うのか。はたまたそうだから真実を伝えたいのだろうか。どちらであったとしても飲酒以外は断る理由はない。
「宗教上、酒は絶っている。だが、そういう事であれば教えてやろう」
 にいっと笑って見せた商人の笑顔は良い物であった。美しい者の笑みのように品は無かったが、人間らしいそれはジャリルファハドの心を打つ。アゥルトゥラであったとしても、セノールと同じなのではないだろうかという思いが一抹、脳裏を過ぎるのであった。



 商人の妻は、ジャリルファハドを見たとしても恐れ戦く事はなかった。それ所か、商人の妻はセノールであったのだ。アゥルトゥラに嫁ぐセノール。それを目の当たりにしたのは生まれて始めてのこと。何れその逆も出てくるのではないだろうかと思案に至る。
「ガリプの次兄とは……、随分と大きくなりましたね。私は貴方が生まれた時、誕生を祝いに行った物です」
 老いながらも何処と無く若さ、また高潔さのようなものを宿したセノールの女は語る。腕に彫られたタトゥーは確かに、ガリプの領民である者であった。ともすれば、彼女はよくアゥルトゥラに嫁げた物であった。ガリプはアゥルトゥラとの戦いの中で多くの者が死し、西伐の指揮を取ったディエフィス・ガリプ・サチを処刑という形で失っている。故に多くのセノールの中でも、アゥルトゥラに対する恨みのような物が強いのだ。
「大叔父殿によく似ている。……良い戦士になったのですね。まぁ、そこに腰を下ろして下さいな」
 大叔父、それこそがディエフィスである。ジャリルファハドの家系はガリプの直系ではない。元を正せば、ディエフィスの妹婿、ラシードの血を多く引く者である。ディエフィスは西伐において子を失い、己の命まで落とした故に跡継ぎは居なかったのだ。それでも彼女は似ているという。それは誉れであると同時に、疑問でもある。どこが似ているのだろうか、と。
「俺は砂漠で遭難してな、アイツに救われたんだ。“当時も”美しい娘だった。そこで一目惚れしてしまってな、そこからは猪突猛進。先人がなし得なかったカヴェン・テテルスクの要塞を打ち壊す勢いで詰め寄った物だ!」
 随分と仲の良い夫婦だと、ジャリルファハドは静かに笑みを湛えた。愛の前には人種も関係ないのだろうか。本来であればそうあるべきなのやも知れない。だが、アゥルトゥラとセノールの間では、難しい代物。どちらかが滅びるまで血を流し、謀り合わなければ成らないのが今の常である。
「子息は何処に」
「まだ、帰ってきてないようだなぁ。最近、帰りが遅く……、俺は心配で心配でこの頭さ!」
 すっかり禿てしまった頭を目の前に晒し、それを軽く手の平で叩くと小気味の良い音が成る。いつぞや幼き頃、禿た男を「太陽」だの「白熱電球」だのと揶揄して遊んでいたのを思い出す。そもそも禿は「太陽」ではない。照り返しているのだから「月」であると気付かなかった程、己が幼かった頃の話である。
「親を心配させるのは関心出来ない」
「だが、俺はそれも良いと思っているんだ。そうやって少しずつ親から離れて、巣立っていく。素晴らしいじゃないか。俺はその背を見届けたいね」
 商人の語る心配は嘘である。また心労から禿たのも嘘である。心配で禿るならば世の男は皆、禿ている。そもそも彼は心配などしていない。否、似た感情こそ持っているのだろうが、親元から離れていく子の背中を見るのを楽しみにしているのだ。
「そうか……、親とはそういうものか」
「おうさ。……ジャリルファハド。お前さん、所帯は?」
「居らぬ。同じ氏族の者と許婚関係にはあるが、訳合って待たせている」
「そうかそうか。妻を大事にするのだぞ」
「……言われずとも」
 妻を持ったならば命を掛けて守れ。妻よりも先に死ぬな。決して不幸にするな。一人を見続けろ。単純ではあるが、正道を歩むべし人の教え。ジャリルファハドは商人に言われるまでもなく、これを成すと心に決めている。例え馬鹿正直すぎると罵られたとしても、人は人である故にそうやって生きる事も出来るのではないだろうかと常々思っているのだった。




 夜の帳も既に落ち切り、太陽の代わりに月が真っ白な死人のような顔を覗かせていた。
 ソーニアの傍らを歩むミュラの表情は浮かばないものであった。腹を空かせていたが、どこの店も満席で入れなかったとか、ソーニアの野暮用に付き合わされすぎたとかいう理由ではない。彼女が空の月のように浮かばれず、冴えない顔をしているのは恐らくは武器商、弾を売っていた男の一言が原因であろう。己が師と慕う人物の呆気ない死。平素からは想像し得ない死。ソーニアは右脇に抱えた野菜が入った紙袋を思わず、強く抱き締めていた。トマトが潰れたのだろう。不愉快な柔らかさが伝わる。そして、左腕で共に歩むミュラの肩を抱き寄せるのだった。
「……人は何れ死ぬの。人である限りね。それが早いか、遅いかの違いだけ」
 言い聞かせるようなソーニアの声色。ミュラは顔すら此方を見せようとはしない。声の一つすら挙げようとしない。
 それもそうであろう。自分の師であり、親である人物。いつ帰るとも知れず、待ち続けた日々は一体なんだったのだろうか。今、それを知ったばかりの自分が付け焼刃のような慰めをした所でミュラの心は愚か、耳にも届かないだろう。
 ジャリルファハドが居れば何と言う事だろうか。ならば仇を討てとでも言うだろうか。それとも徹底的にその人の死を悼めとでも言うだろうか。この手の慰めは不器用ながらも、意味の分からない説得力がある彼の方が向いている。いまいち非力で、無力な自分が情けなくなり、何故か目頭に熱いものが込み上げる。それを誤魔化そうと、ミュラの手を引く。
「傭兵なんてしてたら、いつ死んでもおかしくないの。分かるでしょ? ミュラ。だから、せめて……、その……」
 何を語り掛けるべきか、言葉に詰まる。己の経験によく似通っている。ソーニアの姉は今の己のようにカンクェノに潜り、遺跡の発掘に従事していたが突然、不可解な死を遂げた。その時を思い出す。失意の底。伽藍と化した己の心。語る言葉もなく、語る言葉を聞きいれる耳すらも持たなかった。ともすればミュラも同じであろう。人の死という物は容易く人の心を傷付ける。それが大事な物であればある程に深い傷を負わせてしまう。その経験則からソーニアが得た結論。沈黙であった。今のミュラに最も効く薬は沈黙であり、ともすればミュラに語る言葉などない。ただし、一人にすべきではない。感情の堰が決壊した時、受け止めるべく存在は必要であるからだ。黙したまま、ソーニアは彼女の手を引いて家路を急ぐのであった。

Re: [リレー企画]無限の廓にて、大欲に溺す ( No.53 )
日時: 2016/11/25 23:46
名前: ポテト侍 ◆jrlc6Uq2fQ

 その断末魔でさえ砂の中へと消えていった。人であったモノ、名残として残るのは常に骨だけであり、それ以外の肉は、臓腑は、そこを生きる者の腹の中へと収まっていく。しかし、食べられなかった忘れ形見でさえ、残酷なことで時が経てば砂の海に深く深く沈んでいくのだ。
 砂漠は一人の聖職者であり、また一つの広大な墓標である。死を目前に控えた者の声を最期まで聞き、死がその者を飲み込めば、哀悼のための墓碑となってくれる。故に、彼女が死んだときも彼らは優しく、無慈悲に、彼女であったモノのための骨壺となるであろう。
 
「馬鹿者、大馬鹿者が」
 口調は優しく、抱きしめる腕は強く。満身創痍の少女を受け入れる。血に汚れるのも気にせず愛弟子を抱きしめた女性の顔は今にも泣きだしそうなほどに歪み、また少女を一人仕事に行かせたことを心の中でひどく嘆いた。彼女の髪を、顔を、肢体を赤く染めているのは彼女自身の血か、殺めた者の血、或いは両方か。未だ乾ききってない血が服に染み込む感覚は未だ慣れず不快感を覚え、嗅ぎ慣れたはずの鉄臭さに思わず眉をしかめた。それでも抱擁はやめず、少女もまたされるが儘になっていた。
 少女に師匠と慕われるその人は、自らの悪手を後悔し罪悪感を噛み殺しても、瞳を見る勇気はなかった。目を合わせてしまえば、今まで溜め込んだモノが一気に箍が外れて溢れてきそうな気がしたのだ。それでも腕の中で僅かに震えている愛弟子が「師匠」と小さく呼べば、反射的にその顔をみてしまう。
 今宵は満月。差し込んでくる月の淡い光が二人の姿をボゥと照らし出す。一人は麦畑のような輝きの肌を持つ妙齢の女性、もう一人は彼女よりももう少し焼けた、宵闇に溶け込みそうなほど浅黒い肌を持つうら若き少女。彼女の持つ瞳は未だその燦然と輝いている。女はやはり後悔した。自らが既に失ってしまった輝きを放つ彼女を守ってやらねばならなかった。それなのに、彼女を一人で行かせ、挙句危険に晒してしまったという罪の意識。だが、何よりも彼女の心を支配したのは恐怖。次に同じようなことがあったら、今度こそこの子を失うのではないのか。そんな空想ともつかない考えが頭を過り、彼女の心を嬲ってくるのだ。
「嫌だったらね……、戦いたくなかったらね、逃げてもいいんだよ。私は何度もそうしてきたんだ」
 それだけを言い彼女を解放した。少女は何かを言おうとしていたが、声にはならず了解の意を示すために何度も頷く。聞き分けの良い少女の頭を慈しむように撫でる。髪についた血は固まり、サラサラとした手触りではなく、糊をくっつけたような感触は、自分を、他者を傷つけた証拠。一瞬だけ鼻に皺をよせたが、彼女に気付かれないようにすぐに穏やかな表情に戻る。
「ゆっくりお休みミュラ。大丈夫、明日には傷は治っているはずさね」
 諭すように言えばミュラは微笑んで瞳を閉じた。規則正しい寝息が聞こえてくれば師匠はようやく息をつき、手当のキットを取りに立ち上がる。今から五年前の話であった。


 ソーニアが作ってくれた野菜のスープは優しい味をした。水とコンソメで煮込んだだけの質素な物であったが、身体だけではなく冷えた心も温めてくれる。ミュラはお袋の味を知らない。生まれた時から母親の存在がいなかったし、それに近しい存在の女性も料理を殆どしなかった。十年以上一緒に生活していたが、彼女が料理をした回数は片手で事足りる。ただお袋の味を知らなくとも、自分を思ってくれる者の料理はこんな味がするのではないかと感じ入ることはできる。
 ミュラの顔には暗い影を落としているものの、多少だが強張っていた表情が和らいだ気がする、とソーニアは思う。二人の間に会話は無く、スプーンが皿に擦れる音が虚しく響く。圧し掛かってくるような重苦しい沈黙。破ったのはミュラだった。
「あたしさぁ、あの人のことなぁんにも知らねーんだよなぁ!!」
 心配させまいと極めて明るく、いつも通りの口調を心掛けたつもりであった。しかし、他者からすればただの空元気。むしろ、見え見えの気遣いが感じられて、ソーニアは余計に胸が裂ける思いに襲われることとなった。
「好きな色も好きな食べ物も、嫌いな色も嫌いな食べ物も全然知らない。もっと言うなら私と出会う前は何やってたとか、どこの出身だとかさ……。そりゃあ気になって訊いたことは何回もあるよ。でもさ、教えてくんなかった。お前にはまだ早いってさ。一人前になったら教えてやるってはぐらかされて。昔は傭兵やってたなんて、おっちゃんに言われて初めて知ったんだよ。笑えるよな、私の方が師匠とずっと一緒にいたのに。……結局あの人が教えてくれたのは砂漠での生き方だけだった」
 瞳を閉じれば、師匠との思い出が浮かんでは消えていく。手を伸ばせば届きそうなのに、口惜しや、伸ばしても伸ばしてもあと一歩のところで消えてしまう。
「信じたくねぇんだよ。だってさあたしの師匠だぜ。弱いわけねぇだろ、なぁ……」
 師としての彼女は妥協というもの一切許さず、何度も殺されかけた。しかし、それがここを生き抜くために必要なことだと幼いながらに理解をしていたし、それと同じくらいの愛情を注ぎ、また危機が訪れれば必ず助けにくれた。ミュラにとって師は、親であったと同時にヒーローでもあったのだ。
「師匠さ、言ってたんだ。嫌だったら、苦しくなる戦いだったら逃げてもいいって。だのにさぁ、逃げて殺されちゃあ笑い話にもなりゃあしないよな。せめて生きてりゃあな、生きてれば、さぁ」
 だからこそ納得出来ない。しかし納得しなければならない。それが途方もなく悔しく、悲しかった。
 自分では上手く笑顔を作れているつもりだった。なのに、スープに映った自分の顔はなんと情けない顔をしているのだろう。嗚咽を漏らすまいと唇をきつく噛みしめ、瞼の裏に溜まった涙を零さないように呼吸すら止めようとしている自分が直視できないほど惨めで上を向いてしまう。
「生きてて、ほしかったなぁ」
 根底にあった願いを口にしたとき、自分の中の何かがはじけた。思慕、憧れ、悲哀、憤り、師匠に対して抱いていた全てが混ざり合い、どどめ色をした感情が胸を塗りつぶしていく。嗚咽しか吐き出せない口を噤もうにも、理性が感情の奔流に押し流されて叶わない。堰を切ったように涙が止まらない。どんなに指で目を抑えつけても、唇を抑えても嘆きは消えず、身を知る雨は止まず、ただソーニアだけが感情の嵐を受け止める。あの日と同じように優しく強く抱きしめて、一人ではないと教えるように。
 自分がそうだったように、悲しみは必ず飲み干せる。どれだけ時間がかかるか分からないが、明けない夜は無いのと同じだ。悲しみもいずれは乗り越えられる時が来る。
 哀哭する者とそれを受け止めてあげる者。両者に違いがあろうとも、時間だけは平等に、残酷に進んでいくのだった。
 

例えその先が地獄に続くと知っていても歩みは止まらない。何故なら、彼らが本当に望む物は煉獄を超え地獄を超えた先にしか存在しないモノだと理解しているからだ。しかし勘違いしてはならない。彼らはこの廓において泉下の客となるつもりなど毛頭ないのだ。或る者は命さえ捧げた一族の悲願を叶えるため、また或る者は主との契約を果たし、愛しいお嬢様と穏やかな午後を過ごすため、或る者は廓の奥深くに眠る宝を探し、また最愛の人達を奪っていった彼奴らめに復讐をするため、そして或る者は前しか見えない、否、見えなくなってしまう少女の目となるため、幼い頃に憧れた遺跡の中を巡る。皆が皆、己が使命を全うせんという心意気を持ち、自らの足で奈落へと落ちていくのだ。その姿はなんと勇ましく、そして、何て阿呆らしいのだろうか……。

 それは正に雷鳴轟くが如し。研ぎ澄まされた刃は白き異形の皮膚を裂き、首筋に治ることのない傷を作り出す。咲きかけた花の蕾を思わせる裂傷からは、美しくも悪趣味な赤い蜜が常にトウトウと流れ出でて、傷の深さを物語る一つの物差しとなる。人間ならば痛みと出血のショックで死んでもおかしくないほどの傷を負ってなお、廓に巣くう化け物は、悲痛と怨嗟に満ちた声をあげる。そして、自らにこんな傷を負わせた人間へ鋭利な爪を突き立てんと大きく振り上げた。
 しかし、その腕が振り下ろされる前に空を裂いて飛んできた一発の弾丸が肘を撃ち抜いた。ハイルヴィヒが放ったのだ。肉の半分以上を抉り、穿たれた腕からはまた、血液が舞う。地面に落ちる頃にはそれは一つの固体となり、石畳に触れればコツンと冷たい音を出す。それを合図とし、ガウェスは左手が繰り出されるより前にレゥノーラの首を撥ねた。
 一方のハイルヴィヒは放物線を描き飛んでいく首にダメ押しとばかりにもう一発銃弾を浴びせる。硝煙の匂いの中、頭部の形が完全に無くなれば、レゥノーラは初めてその活動を停止した。
「終わった……、のか」
 口に出さずとも分かる真実。多くの人を食らってきた化け物の無様で呆気ない最期を見届けてなお、彼がレゥノーラに近づくことはない。首と離れてもなお動き続けた異形は、黄泉路への供にしようと最後までガウェスの首を狙い続けた。死してなお、その強烈な印象を植え付け逝ったレゥノーラに恐怖を抱いているのだ。その証拠として、右手の人差し指は未だにトリガーに引っかかったままである。
「なっさけないですよ、親方〜〜。しっかりしてください」
 冷や汗を流すエドガーの肩越しに、ひょこりと顔を出したレアの顔は無邪気に笑っている。この異様な空間で唯一変わらないレアの態度に緊張が少し解れる。
「バシュラール、お前、よく笑えるな」 
「当たり前じゃないですか。気色の悪いレゥノーラが死んだんですよ。嬉しくないわけないじゃないですか。いや〜、それにしてもお二人ともすごかったですね。連携技って言うんですか。こう、スパーンでズキューンでスパーン。更にズキューン!!……次は是非、私も殺してみたいものですねぇ」
 独り言であったのか、自分に向けての言葉なのかエドガーには分からない。ただ、最後の一言、そこには彼女らしからぬ強い殺気と愉悦が含まれているのを感じ取った。レアの両親は彼女が小さい頃、レゥノーラに殺されている。レアがレゥノーラを恨むのは自明の理であろう。しかし、いつも楽し気に笑う心の奥底にここまで強い負の感情を持っているとは思わなかった。槍の使い方を覚えたのもカンクェノ内の宝探しのため、自衛のためではなく、レゥノーラを殺すためなのではないのだろうか。そう考えるとエドガーはレアをここに居させてはいけない気がした。要らぬ感情は周りを見えなくさせ、判断力を鈍らせる。いつか大きな怪我、または命を落としてしまうのではないかと危惧したのだ。しかしそれ以上に、何故だろう、何か取り返しのつかない何かが起きてしまうのではないかと第六感が告げている。
 レアはエドガーから離れ首のないレゥノーラの元へ。そして「おーやーかーたー」と大きな声で呼ぶ。一緒なら怖くないと言いたいのだろうか。
(彼女を一人にしたら駄目だな)
 決意を新たに、エドガーはレアの元へと歩き出す。

 ガウェス・ハイドナーは粉砕されたレゥノーラの頭部を見下す。頬から顎にかけては辛うじて形を残しているが、そこから上、特に頭部の部分は原型をほぼ留めていなかった。多少銃の心得を持っているとしても、どこをどのように撃てば効率よく相手を破壊できるのかは分からない。また、飛んでいる物に銃弾を当てられるほどの経験も技術もない。己には出来ないことをこの少女は楽々とやってのけたのだ。ガウェスは心からの賞賛をハイルヴィヒに送る。
「ここまでとは恐れ入りました。ユスチン殿は良い兵をお持ちだ」
 頬についた血を拭い、場違いなほど穏やかな微笑みを見せる。
「ハイルヴィヒ殿、先ほどの答えですが、どうかスヴェータ嬢にお伝えください。心配などしなくともハイドナーは大丈夫だと。どんなに影を色濃く落とそうとも、どんな惨禍が我らに降り掛かってこようとも、この輝きが失うことはありません」
 血は既に賢者の石へと変化しておりガウェスが血振りを行えばパラパラと音を立てて剣から滑り落ちていく。その様子をハイルヴィヒは静かに見据え、そして不愉快だと告げる代わりに「ふん」と鼻を鳴らして彼の前を通り過ぎた。常人ならば怒りを買うであろう対応にも彼は特に怒らず苦笑いを浮かべるだけ、普段と相も変わらず調子で刀を鞘に収める。
 他所でもレゥノーラとの戦闘が始まったのだろう。発砲音と悲鳴、そして沈黙。その場にいなくて漂ってくる死の匂いに不快感を表し、それでも、歩みは止めることは許されない。彼らは先へと進んでいく。

Re: [リレー企画]無限の廓にて、大欲に溺す ( No.54 )
日時: 2016/11/30 02:04
名前: NIKKA ◆ShcghXvQB6
参照: https://twitter.com/NIKKA_Nonbe

 白魔の如く、化生が群れを為し、廓を駆ける。群れを、その輩を率いるレゥノーラは厭に真っ赤な瞳を暗闇に輝かせ、見る者の足を止める。それは姿こそ見えど音はない。音は聞こえど姿は見えずという状況の真逆。これが8人ばかりで群れを為したハイドナーの騎士達に、言い様のない恐怖を植え付けるのだ。
「――クエオクゴレデシウ」
 宛ら何かの魔術のよう。小さく呟くように言葉を吐く、そのレゥノーラが騎士団の眼前に立った時、遂に全体像が明らかとなった。身の丈は160cm余り、顔立ちは人間に良く似通っていて、それに対してハイドナーの騎士のある者は、何処となく見覚えがあったのだ。それは既に死したはずの人物。
「あんたは――」
 銃口を向けながらも、その者の正体を語ろうとした刹那。その騎士の顔へとレゥノーラの爪が食い込み、目鼻を引き裂き、赤い肉の裏側から骨を覗かせるに至った。引き裂かれてそのまま石畳に叩き付けられたその騎士は呻き声を上げながら、石畳の上で醜く痙攣するのみ。もうじき死体になるそれを一瞥し、そのレゥノーラは口角を吊り上げ、まるで笑うかのような仕草をしていた。まるで廓を侵す者を屠れたと、静かに喜んでいるかのよう。向けられた切先、銃口、それらを毛程も気に留める様子もない。
このレゥノーラは人間が何をすれば、恐れ慄くかをよく知っていた。まず一つは血を見せる、その次には死を恐れる様子を見せない事である。過去、歴史を垣間見れば死を恐れぬ兵は圧倒的不利を覆したり、少数で大軍を退けたりとしてきていた。何処かで得た知識をそのまま成す。
「――――にが、さない」
 脳裏にふと浮かんだ人間の言葉。そしてそれをたどたどしく女の声で呟き、それは人間を屠らんと襲い掛かった。放たれた銃弾に身を穿たれ、剣戟の一撃を浴びようともそれは止まらず、その爪を止めるには薄すぎる鎧はいとも容易く穿たれ、貫かれた左脇腹から滔々と赤い血が溢れ出る。
 人間達の叫びは断末魔であり、恐怖を押し殺そうとするための代物でもある。また、威嚇の意味もあるらしい。だがしかし、人のそういった行動、一つ一つは全く意味を為さない。それはレゥノーラが理解し得ないからである。
 これから起こるであろう殺戮を予感してか、背を向ける者すら居る。レゥノーラは追うような事はしない。既に輩を臥せているからである。この廓は己の住処、己が守るべき代物。ともすれば、後から来た人間よりも己等が熟知しているのは当然の事。人間はこの廓において、万物の霊長とはいかない。自ら棺桶に入った愚者であるのだ。
 遠くでは悲鳴と銃声が聞こえている。あぁ、事は起きてしまった。最早此処に入った人間は一人たりとも逃がさない。レゥノーラは笑い声も上げず、大口を上げて肩を震わせている。あぁ、漸く廓を守るため己の力を震えるのだ。その愉悦に身を震わせるのだった。



 己のベッドを占拠するように眠ってしまったミュラを傍目に、ソーニアはソファーに寝転ぶ。いつものコートは脱ぎ捨て、半袖のシャツに西の果て、その大陸から伝わってきた綿で織られたボトムスだけという、すっかり気の緩んだ格好だ。既に夜も遅い。ジャリルファハドは帰ってこないだろうと油断しているのだった。
 テーブルに無造作に広げられた書面を手に取り、ぼんやりとそれを眺める。中身は錬金術や、魔法、カンクェノ、更にはレヴェリの起源。そういった事柄の深遠に触れうるであろう代物ばかりである。普段であれば内容は頭の中にするすると入り込み、己の持論を展開するに至るのだが、今はそんなに頭が回らない。その原因はミュラである。厳密にいえばミュラの師である。己の子のような存在を置いて死に行く思いはどうだったであろうか、無念だっただろう。悔しかっただろう。それとも死の恐怖に飲まれ、そんなものを考える間もなく死に絶えたのだろうか。どちらにせよ、死んでしまった人達へと思いを問う事など出来ない。残されるのは経験した、しかし残すのは経験した事がない。そも経験すれば、二度目はない。死ぬという感覚はどんな感じなのだろうか、そんな事を思うとどうにも落ち着かない。
「騎士――、か」
 騎士は高潔な代物である。彼女がもし一介の傭兵ではなく、騎士の矜持のような物を持った人間であったなら、果たしてレゥノーラ相手に逃げるような真似はするだろうか。あのジャリルファハドですら、レゥノーラに恐怖したが彼はそれを押し殺し、今その恐怖を和らげるための工夫をなそうと市場へと向かっていった。逃げるような真似はしていない。ソーニアからすれば鉄火場を潜り続けてきた傭兵が、外堀をきちんと埋めれば倒しきれるレゥノーラ相手に臆するだろうか、という疑問があった。逃げるのではなく、己が持つ技能、武器、周囲の人員。知恵、経験。それらを総動員して打ち倒そうとするのではないだろうか。
「キラ……」
 ふと、呟いた今は亡き姉の名。彼女も今のソーニアと同じように学者であったが、傭兵達と必死の抵抗をなしたらしい。結局は左腕だけを残して廓に消えてしまったが、戦いの経験が少ない彼女ですら必死に生きるために抵抗をしたのだ。やはり傭兵が背を向けて、死んだなど信じられない。何かがあるのではないだろうかと考え至る。こじ付けのような考えであったが、何かがおかしく感じられ、妙な胸騒ぎを感じるのであった。
 ゆっくりと身を起こし、小さく欠伸をしてみせ、外へと出て行く。夜風を浴びれば、おかしな考えは吹き飛ぶだろう。外は既に人通りも疎らで歩むのは浮浪者や、売春婦の類。関係を結ぶことは望まれない者達だ。その中をやけに早足で歩む者の姿が見える。捲くった袖からはタトゥーが顔を覗かせ、腰には刀、左腿には見慣れない銃が吊り下げられている
「おかえりー」
 夜風に消え入るか、消え入らないか程度に声を掛ければ彼は右手を上げて、声はなくとも応じて見せた。相変わらずの仏頂面が見え、感傷に浸るソーニアにはどことなく頼もしく思えるのだった。


 昼間斬ってしまった左手の傷を覆うバンデージを取り替えながら、事を語れば、彼は一言も発さず、小さく頷きながら黙って聞き耳を立てていた。時折、ミュラの寝顔を一瞥する様子が見られる。表情には出ない、否、出してないだけで、彼も居た堪れないという思いを抱いていたのだろう。ミュラの師であり親である人物の死を語り、ミュラを上手く慰められなかったと懺悔し、思わず語ってしまった実姉の死、そして、それを思い出して辛いという思いの丈をぶつけられ続け、漸く彼も口を開いた。
「血は繋がらずとも親だ。……親は子が一人立っていく後姿が嬉しいそうだ。彼女は無念だったろうに、ハイドナーに墓でも聞いて見舞って来るといいだろう。それが残された者に出来る唯一の事だ」
「一人でハイドナーに行かせない方が良いわよね」
「お前が付き添ってやれ。……俺には出来んし、まだ時期ではない」
 因縁がある以上、真っ向から向き合うのは難しい。今度向き合う時は殺し合う時だ。そうジャリルファハドは暗に語っているようだった。それでもミュラの心を案じる彼は、やはり不器用な武辺者なのだろう。もう少し面に出せば、誤解を招かないのにとソーニアは思案する。
「ソーニアよ、お前も姉の墓を見舞ってやれ。思い出したという事は、彼女もお前に伝えなければならない事があるのだ。死者がお前を呼んでるのだ。それに応じる義務があろう」
「そうね、キラが好きだった花でも買っていくわ」
 それが良いとジャリルファハドは小さく頷く。セノールの経典通りの説法であったが、彼の言葉には妙な説得力があるように感じられた。まるでそれが人の正道であるかのように。
「ところでソーニアよ、酒は飲まないか」
「え? まぁ……、嗜む程度には」
 ラックに大量に入った酒瓶を二人して同じタイミングで見遣れば、ソーニアは苦笑いを、ジャリルファハドはどこが嗜む程度にだ、と目で語る。彼が持つ皮袋からはブランデーとワインの瓶が一本ずつ出てきた。それも物が良い。
「商人から貰ってきた。取っておいてくれ」
「飲まないの?」
「俺は宗教上の問題で飲まない」
 勿体ないと遠慮一つせず、ソーニアはそれを受け取って笑顔を浮かべていた。晩酌の楽しみが出来た。不味い酒、質の悪い安酒に酔って倒れ込むように寝なくて良い。たったそれだけの些事に心が躍る。その様子を見て、ジャリルファハドは砂漠においてきた輩を思い出し、薄ら笑いを浮かべている。死者に悼む、重苦しい空気が消えつつある事に彼は安堵した。死者と向き合う事は正しい。しかし、死者を悼み続けるのは死者に対する冒涜である。残された者は安寧に、楽しく生きていると此方の世から見せなければならない。それが死者に対する最大の供養となるのだ。
「ねぇ、少し飲んで良い?」
「好きにしろ」
「飲まない?」
「くどい」
 もう既にブランデーの栓を開けているソーニアを止めなかった事を彼は後悔する事となるのだが、それはまた別の話である。

Re: [リレー企画]無限の廓にて、大欲に溺す ( No.55 )
日時: 2016/12/04 21:43
名前: ポテト侍 ◆jrlc6Uq2fQ

 目の前に広がるのは地獄か否か。酸鼻極めた光景を目の前に四人は思わず息を呑む。鉄臭さと硝煙の匂いが混じった死の香り、壁に飛び散った鮮血が、ここで何が起こったかを暗に示す。それでも意を決し初めの一歩を踏み出した時、生きの良い魚のように跳ねた液体が水ではなく誰かが流した血であると気付き、エドガーの顔から生気が抜け、二歩、三歩と後退る。三人の顔つきもいつにも増して険しく、特にガウェスは難しい表情の中に悲哀の情を浮かべ、物言わぬ屍に成り果てた者たちへ霊安かれと祈りを捧げて歩く。
 ガウェスはこの者たちを知っている。ハイドナーの騎士団員。どの死体も顔を潰され判別は難しいが、彼らのつけている鎧、そして腕章に書かれたハイドナーの家紋が何よりの証拠だ。 
「貴殿に一つ聞きたい」
 悲しみに暮れるガウェスの横にハイルヴィヒが立つ。この地獄絵図を見せられても平然と立っている彼女が少しだけ羨ましかった。一方、エドガーは体調を崩したらしい、隅に座り込んでしまいレアが介抱している。
「何でしょう」
「彼らは勇敢に戦って死した。故に人として弔われ、冷たい地面の下に埋められる。ああ、それは当然の理だろうな。ならば……ならばそうだ。例えば、こういうのはどうだ。彼女のような死に方をした場合だ。ハイドナーは弔ってくれるのか」
「彼女、とは」
 ハイルヴィヒの口から紡がれた名前を聞いたとき、ガウェスは僅かばかり目を見開き、ああ、と声を洩らした。しかし、その声をかき消すようにすぐに仕切り直すように口を真一文字に閉め、その後にもう一度口を開いた。
「どんな死に方をしたのであれ、弔います。それが人としての流儀でしょう」
「……そうか」
「もう少しだけ進みましょう。もしかしたら彼らを殺したレゥノーラがいるかもしれない」
 結論から言えば、確かにレゥノーラはいた。ジメジメした通路を抜け、幾人もの騎士団の屍を踏み越えた先、新たなる獲物の到着を待っていたのだ。だが、そいつは今までガウェスが遭遇してきたどのレゥノーラよりも人間らしく、そして禍々しいものであった。人の皮を被ったとでもいうのか。肌の色はレゥノーラと同じなのにその容貌は人間と何ら変わらない。今まで出会ったのない異質な存在を目の前にしてガウェスは明らかに動揺した。ソレと戦うのは危険な気がする。こればかりは廓で戦い続け、生き残ってきた者の直覚的な判断。ガウェスは目の前の新種に注意を払いつつ、これからのことを考える。カンクェノにいる間は彼らと共にいた方が良い。しかし、今、全員でレゥノーラに背を向けて逃げることをしたらどうなるか想像できないガウェスではない。それならばやることは一つしかない。
「ここは私が抑えます。ハイルヴィヒは二人を連れてここから逃げてください」
「貴殿はどうするつもりだ」
「少なくとも皆さんが逃げ果せるまではここで足止めをします。……それに私には貴方達を逃がす義務がある」
 奥に進むと選択したのはガウェスの判断。故に責任を果たさねばならない。それを果たすまでは彼は意地でもここを退く気はないのだろう。
「早く!!」
 ガウェスに叱咤されれば、ハイルヴィヒはガウェスを睨み、踵を返し、元来た道を走る。それに続くようにエドガーとレアも続く。遠ざかっていく足音にガウェスは安堵を覚えた。名前を呼ばれた気がしたが、振り向きはせず、ただ目の前の敵を討ち滅ぼすことだけを考える。そして、賢者の石と同じ赤い瞳を細め、三日月のように口角を引き上げている悪鬼へと剣を向けたのだった。



 まだ剣を持って数刻も経っていないはず。それなのにジャリルファハドにつけられた傷が痛んできた。目の前の敵を葬ろうと剣を振るう度、敵の攻撃を避けるためにステップを踏む度、傷の中心に針が刺されるようなそんな傷の疼き。肩が動かくなるのも時間の問題だろう、レゥノーラも分かっている。彼の動きが鈍くなっていることに。そしてそれは疲労によるものだけではないことを。だから攻撃を畳み掛けることはせず、距離をとり牽制に近い攻撃を繰り返している。弱点を見つけだし、それに有効な手段を用い戦闘を支配する。まるで人間に近い思考だ。それは生理的な嫌悪感を生み出し、痛みとは別の意味で顔を歪める要因になっている。
 不意に聞こえた悲鳴。尋常ではないことを知らせるエドガーの声にガウェスの意識がそちらに逸れ一瞬の隙が生まれる。レゥノーラは笑う。そうだこの時を待っていたのだ! レゥノーラが、廓に巣くう悪魔が、騎士の懐へ潜り込もうと地面を蹴りあげ前進す。すぐにガウェスの意識がこちらの方に戻ろうとも、白い死神は鎌の代わりに研ぎ澄まされた爪を携えすでに眼前に迫っている。焦燥に駆られ後ろへ下がろうとも人間より幾分長い腕は彼の高潔の騎士を傷つけるには事足りる。右の脇腹、身体は貫通しなかったものの、爪は深いところまで突き刺さり、まるで焼き火鉢を当てられたかのような灼熱の痛みを生み出す。傷ついた獣のような呻き声が洩れ、その場に膝をつきたくなるのを唇を噛みしめ堪える。そしてお返しだとレゥノーラの顔面をガントレットをつけた腕で思いっきり殴りつけた。少し動くだけで肩の痛みとは比べ物にならない痛みが身体を突き抜け、思わず声が出そうになる。
 人の形をしているのに殴ったソレは紙風船かと思うほど軽い。簡単に飛ばされていったレゥノーラに追い打ちをかけることも出来たが、今は三人の様子が気になる。痛む傷口を抑え、彼は元来た道を行く。一瞬追ってくるかと、その無防備な背中に手痛い一撃を食わらせるんじゃなかろうかと振り返るが、死神は未だ倒れたまま、追ってくる様子はない。
 ガウェスが例の部屋まで戻ってくると三人は四体のレゥノーラに囲まれている。待ち伏せ、という言葉が頭を過ぎる。決して侮っていたわけでない。ただ、今までこんな経験一度だってなかった。恐らくはあの新種が彼らに指示を出しておいたのだろう。安心してしまった先程の自分を殴りつけてやりたいと、地団太を踏みたい気持ちになる。
「ハイドナーさん!」
 レアの声と共に呆けたガウェスの背後から大きな影が覆った。振り返れば先ほど戦った個体とは別のレゥノーラ。一撃を紙一重で躱すもバランスを崩し、冷たい地面に倒れこむ。地面と鎧がぶつかり派手な音が鳴り、それにより三人を囲っていたレゥノーラは新たな来訪者の訪れを知った。満身創痍な青年が、彼らにはどう映ったのだろうか、まるで光に集まる蛾のようにガウェスの元へとレゥノーラが集まりつつある。
「まずいな」
 例え戦慣れしているガウェスと云えど、複数のレゥノーラから一気に攻撃を仕掛けられればタダでは済まない。かと言ってこの数のレゥノーラを相手にするにはあまりにも人手が足りない。不意にガウェスと目が合った。彼は脂汗を額に滲ませ、それでも彼らの身を案じ「逃げろ」と声には発さず、口の動きのみでハイルヴィヒに指示を出したのだ。
(馬鹿か、こいつは)
 彼の自己犠牲精神には呆れを通り越して怒りが沸き上がってくる。確かに全てのレゥノーラがガウェスに注目している今ならば容易に逃げることが出来るだろう。しかし、ここで逃げれば一つの命が確実に潰えることになるのも分かる。しかしそれよりも、彼女が危惧するのは、
(ここで奴が死ねばお嬢様が悲しむ)
 そう、それがハイルヴィヒの全て、彼女の考えの基となるもの。ガウェスを庇おうと飛び出そうとするレアを抑え、先ずはガウェスに一番近いレゥノーラ、攻撃を仕掛けた奴の頭を吹き飛ばす。本来ならばコッキングレバーを引き排莢、次弾を込め、次の目標を狙撃するのだが如何せん時間が足りない。故に持っていた銃をレアに押し付け、懐から新しい銃を取り出す。
「目と耳を塞げ!」とハイルヴィヒが叫ぶ。今、彼女が放つのは屠る一撃ではなく、仲間の命を繋げる為のもの。目を閉じると同時に目の前が白い光に包まれ、風船が割れたような鋭い音が僅かな隙間から入ってくる。彼女が使ったのは閃光弾及び、音響弾薬。その中でも特に強力な代物で、本来ならば何よりも味方が被害に合わないよう屋外で使うものだ。へたをすれば失明と失聴の可能性もあることをハイルヴィヒも当然知っていた。しかし、そのリスクを負わなければ彼を助けることは出来なかったのも事実。周囲を窺うように目を開けば、夢遊病者のように部屋の中を彷徨うレゥノーラ。感覚器官が退化しているといっても完全にないわけではなし、何よりも至近距離での閃光と爆音だ。平衡感覚が狂っている。
「行くぞ。急げ」
 逃げるなら今しかない。ハイルヴィヒを先頭に、レア、そして患部を抑え苦しそうに声を洩らすガウェスをエドガーが支え、後を追う。
 こうして初めてのレゥノーラ討伐は人間側の敗北で終わったのであった。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。