複雑・ファジー小説

只のつまらない日記
日時: 2017/01/26 22:46
名前: カズレ・クイン (ID: SkZASf/Y)

思い立って衝動的に日記でも書いてみよう。つまらない、終わりのない、これで終わりかもしれない日記を。

1/26 恋い焦がれて焦がして、プリンのカラメルのようにとろとろと甘い気持ち が胸の中を這いずり回って。
嫉妬燃やして燃えて、粉っぽい黒焦げの塊がざわざわと唸っている。
君の顔が一瞬でも見えたら、まるでぴったりのヒールを見つけた時みたいに胸が高鳴って。
君のどんな仕草も、掌で小鳥を休ませてるように愛しくて。
好きとか、愛してるとか、そんな可愛らしい感情が自分にもまだあったとは、なんて、まだこんなに子供なのに。
君のことをベッドの上で考えていると、胸から、頬から、全身から、ベリーピンクのキラキラした粒子が溢れて、
指先から出るそれで君の名前を空書きしてみたり、
おままごとみたいな妄想したり。
ねぇ、私はこんなに好きなんだよ。私に気づいてよ。ねぇ。

Page:1 2 3



Re: 只のつまらない日記 ( No.11 )
日時: 2017/03/19 21:11
名前: カズレ・クイン (ID: SkZASf/Y)

指の間をさらさらと癖っ毛が踊る。太腿にあたる彼の温かい頬が心地いい。
不自然なほど整った横顔と、女の子みたいに長い睫毛。
小さい寝息をたてて人形の様に眠る彼は、起きている時の無邪気さを微塵も感じさせない。ただひたすら、美しい。
そっと頬に触れてみる。温かい、熱い。薔薇色に上気していて可愛らしい。
ぱちり、と大きい眼が開き、くるり、とこちらを見つめて とろり、と笑う。
そしてまた、眼を閉じる。私も、彼の髪を撫でながら眼を閉じる。

Re: 只のつまらない日記 ( No.12 )
日時: 2017/03/22 08:48
名前: 宮小路たまき (ID: YD.TDOUy)
参照: ダークでショウセツ書いてます

もっちゅもちゅカレ−ライスおいしいよ−

オバスノナリス!!


きえぇぇぇえいいい

Re: 只のつまらない日記 ( No.13 )
日時: 2017/03/27 22:36
名前: カズレ・クイン (ID: SkZASf/Y)

ちょっと夢見てみただけで、いつもの日常に不満を感じるのはなんで?
もういっそ、夢なんて見なきゃいいのかな。
彼の名前に込められているお花を見つけて、
彼の瞳と同じ色の絵の具を見つけて、
彼とおんなじ匂いを感じては、きゅうと、胸が軋む。
もう会いたい。体温を感じたい。抱きしめられたい。

Re: 只のつまらない日記 ( No.14 )
日時: 2017/03/28 22:11
名前: カズレ・クインq (ID: SkZASf/Y)

背中と肩が、彼の温かい体温で包まれている。後ろからひっつくように私に抱きつく彼。首元に回された腕から、ちょっぴり甘い、太陽のような匂いがする。私の脚を挟み込むように彼は脚をゆっくり揺らす。可愛い癖だ。背中にあたる、硬めのお腹にどきどきする。私の髪にピンク色の温かい頬を押し付けている。
「すき。」
やわらかい吐息が耳をかすめて、首筋を伝う。脳がびくんと震える。
私はこの可愛い仔猫のような彼のカールした癖毛をふわり、と撫でた。

Re: 只のつまらない日記 ( No.15 )
日時: 2017/05/23 13:39
名前: カズレ・クイン (ID: SkZASf/Y)

昼下がりに、煉瓦造りの庭を見ながら
甘い、優しいプレーンオムレツを食べる。
最後のひとくち
悲しい。

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。