複雑・ファジー小説

恋してる
日時: 2018/04/02 01:26
名前: 富田真冬 (ID: 2WH8DHxb)

柳田視点.

 私は、柳田美琴(ヤナギダミコト)。現在、中学1年生。新しい学校や、新しい友達、新しい風が吹くこの季節は、青春の季節。
実は私は、小学校からの付き合いの、足立一喜(アダチカズキ)が好き。このことは、親友の平沢風香(ヒラサワフウカ)にしか言っていない。彼女は、冷静で頼りがいのある親友だ。
 一喜は、いつもクラスの真ん中で笑っている。ムードメーカーで、面白い。だが私たちは、良い喧嘩仲間だ。小学4年生のころから。いつも馬鹿にしてきたり、からかいあったり、あんな男は、絶対無理って思ってたのに、徐々に徐々に惹かれていって、気付いたら好きになっていた。あんな男、なんでこんなにも惹かれるんだ、って思ったけど、好きになったのは事実、受け止めよう。そう思った。
そして、しばらく歩くと、風香がやってくる。
美琴「あ、おはよ、風香。」いつものように挨拶する。
風香「ん、おっはよ、美琴」そういい返してくれる。
いつも、早い朝に登校する、風香と一緒に歩くため。
風香「順調?恋活は。」風香が眠たそうにあくびをしながら聞く。
美琴「毎回だけど、ダメダメー。」ため息をつきながら話す。
風香「もうこくっちゃえば?」ストレートに言う風香。
それが無理、無理。駄目、駄目。
美琴「告白しても、気色悪いとか言われるだけ。無理。」
風香「じゃ、気晴らしにでもなるといいんだけど、私のおばさんからもらった遊園地のチケットで、遊園地行かない?」
えっと思った、とっても楽しみな誘いを受けたから、
美琴「行く!」即答で答えた。
風香「オッケー」何故かニやついた
美琴「?」
そうして学校に行く。
・−・−・−・−・−−・−・−−・−・−・−・−・−・−・−・
はい。ここまで読んでいただきありがとうございます。
それではここで、3人の関係を教えたいと思います。
美琴と風香は親友
美琴と一喜は喧嘩仲間 美琴は好き 一喜は「?」
風香と一喜はなんと、、、いとこなのでした!

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。