複雑・ファジー小説

×××
日時: 2018/10/09 22:35
名前: 鈴原螢

 Twitter @jN2omY9lfpM1Smk
 鈴原螢。なんだこのだっさい名前。変えよう。ということで「雨飴」にします。よりださくなりましたね。

 世界の中心で愛を叫ぶなら、何への愛を叫びますか?

 今度こそは完結させるぞ〜

 書いては消して、書いては消してを繰り返しています。気に入らないものは消したいんですよね。

 ◇

 壮真 千暉 (そうま ちあき)

 水野 南 (みずの みなみ)

 曹我 仁ノ (そうが にの)

Page:1



Re: ××× ( No.2 )
日時: 2018/10/09 22:34
名前: 鈴原螢

 
 ─ねえ、知ってる?─



 ─真夜中の午前2時、張り出し窓の幽霊─




 「なあ、今日行ってみないか?」
 「やだ」

 私はそう宣言するように言ってあんパンを一口食べた。購買で適当に買ったやつだけど、108円という値段のわりには美味しい。
 雲ひとつ無い快晴。暑くもなく寒くもなく、丁度いいくらいに涼しい。そよ風が私のひとつにまとめた髪をさらさらと揺らす。この屋上は私と仁ノのお気に入りスポットだ。ほとんど私達以外に人がいないし、目立ちもしないのでお昼休みは毎日のように通っている。

 「即答だな、理由は?」
 「理由もなにも、そんなの嘘に決まってるじゃん」

 全く馬鹿馬鹿しい、と私は呆れて溜め息をひとつついた。自分の隣に座るこの幼なじみが、まさかそんな噂を真に受けるとは思わなかった。
 真夜中の午前2時、張り出し窓の幽霊。校内では有名な噂だ。いつからあるのか、誰が流したのか、それらについてはこれっぽっちも知らないが、内容だけはこの学校の生徒である以上、自然と耳に入ってくる。
 エメラルドグリーンの屋根にレンガ造りの壁。そんな西洋館を模した我が校舎には、屋上へと続く階段の踊り場にひとつだけ、張り出し窓があった。しかも校舎が建てられたのは第二次世界対戦の直後なのだとか。
 そういった普通の学校とは違った面白いネタがあるからか、幽霊や七不思議などの噂は絶えず、肝試しなんかがよく行われていた。

 「そうは言ってもな、もうすぐで壊されちゃうんだから最後に一度くらい……な?」
 
 今私達が生活している校舎は、建てられてから64年もの歳月が流れ、いろんな所にガタがきていた。ドアはすんなり開かないし、木製の床は踏みしめる度にミシミシと軋むし、壁にはヒビが入っている。当然、近々建て替えるということが決まった。
 確かに、この校舎と過ごせる時間は残り僅かだ。最後に噂を確かめてみるのもいいかも知れない。でも、それでも。

 「もし本当に出てきたらどうすんの」
 「なんだお前、ついさっきまで嘘だって言ってたくせに」

 それは…だって、ねえ?そうでも言わなきゃ仁ノやめそうになかったじゃん。というか、私がお化けとかそういう類いのものを苦手だと知っていながら、どうしてそんな誘いを持ち出すんですかねえ。

 「大丈夫だよ千暉、俺がいる」
 
 そう言って仁ノはドヤ顔で胸を張って拳でトン、と叩いて見せた。
 どうしてそんなことを軽々しく言えるんだろう。お世辞にも体格はたくましいと言えないし、人より卓越してできることなんてほとんど何も無いのに。あるとすればちょっと顔がいいことくらい。でもお化けを退治するのには少しも役に立たない。なのにその謎の自信はどこから湧いているのだろう。

 「……うん」

 うんってなんだ、うんって。もっと「お前じゃ頼りになんねーよ」とかあっただろう自分。実際、全く頼りにならないっていうのに。どうして私は頷いてしまったんだろう。

 「じゃあ今日の午前2─」

 仁ノがいい終える前に、昼休みの終わりを告げる鐘が鳴った。リーンゴーンと低く凛々しい音色が辺りを包み込む。私は急いで残ったあんパンを口の中に無理矢理詰め込みながら、屋上を出た。私と仁ノはクラスが違うから途中の廊下で別れる。別れ際、

 「今日の午前2時、張り出し窓集合な」

 仁ノはそう言って2年A組の教室に入っていった。

Re: ××× ( No.3 )
日時: 2018/11/17 18:37
名前: 鈴原螢

 一段、また一段と、床を軋ませながら階段を上る。毎日のようにのぼり慣れた階段のはずなのに、真夜中というだけでこんなにも違うものなのか。携帯の灯りで足下を照らしながら、ゆっくりと歩を進めていく。怖くない、と言ったら嘘になる。だから大丈夫、幽霊なんているわけがないと自分に言い聞かせるしかなかった。
 小さい頃に見た、貞子の真っ黒な長い髪の隙間から覗かせる恐ろしい顔が、今でもトラウマになっている。おかげで幽霊と聞くと無意識に貞子を連想するようになった。貞子が出てくる映画なんて小さい頃の私でも見たくなかったはずなのに、なんで見ちゃったんだっけ。あれ、確か仁ノが無理矢理私を映画館に引きづり込んだんじゃなかったっけ。

 あとどれくらいのぼればいいのだろう。かなりのぼった気がするが。足下しか見ずに、ずっと幽霊のことを考えていたから間違えたのかもしれない。携帯の灯りで前方を照らすと、屋上に入る扉の錆びたドアノブが見えた。ああ、やっぱり。踊り場はもうひとつ下だ。降りよう、私がそう思った瞬間、

 「カア、カア」
 「ひっ」

 突然聞こえたカラスの鳴き声に私は驚いて足を滑らせてしまった。体が後ろに倒れていく。このままいけば後頭部を階段の角に強く打ってしまうだろう。私は待ち受ける衝撃を想像してぐっと目を瞑る。ああ、やっぱりこんなとこ来なきゃよかった──

 「………………」

 しかしいつまでもたっても痛いという感覚は襲ってこない。その代わりに太ももの裏と背中辺りに確かな生温かい感触を感じた。おそるおそる目を開けると、目の前には顔が。それも翠の瞳に高い鼻、薄い唇、白い肌という、整った綺麗な顔だ。

 「………………?」

 どういうことだ。私は階段で足を滑らせたっていうのに、痛くないどころか美しい顔まである。全く状況が理解できない。仁ノ以外に来ている人が居たのか、それとも、まさか、これが噂の幽霊なんじゃ。

 「大丈夫?」
 「ひっ」

 しゃ、喋った。いや、人間だから当たり前なんだけど。
 すると幽霊(仮)はゆっくりと丁寧に私を床に降ろして立たせた。そこで初めて自分がお姫様抱っこというものをされていたのだと気づいた。

 「君、階段から転び落ちそうになってたんだよ?」
 「え、あ、えっと、その」

 改めて考えるとお姫様抱っこってなんか恥ずかしい。それも見ず知らずの赤の他人にされるだなんて。私は羞恥心にさいなまれてまともな返事が出来ないでいた。
 そして初めて自分の視界に幽霊(仮)の全身像が映る。我が校の制服、黒を基調とした生地に白のラインが入ったセーラー服を着て上履きを履いている。肩まで無防備に伸ばされた金髪、私とあまり変わらない背丈。はっきりわかる、美少女だ。
 ん?待てよ、同じ制服ってことはこの学校の生徒?学年によって色違いのリボンは青……つまり3年生か。この子、本当に幽霊なのかな。金髪に翠の瞳でここまでの美少女っぷりなら学校で噂になるはずだが、聞いたことがない。じゃあ卒業生?いや、卒業生がどうしてまだ母校にいるんだよ。うーん、ますますわからなくなってきた。
 とりあえず怪我をしていないだけましだと思おう。

 「ねえ、さっきからぼーっとしてるけど、大丈夫?」
 「え、あ、はい、大丈夫です。助けてくれて有り難うございました」

 私はそう言って深く頭を下げる。この後どうすればいいんだろう。仁ノを待たないといけないのか。全く、あいつ何してるんだ。午前2時はもうとっくのとうに過ぎてるぞ。私をこんなところに一人で待たせるだなんて、来たら説教してやる。

 「ねえ、どうして君こんなところにいるの?」
 「えっと、その、噂を確かめに……」

 そんな馬鹿なことするんじゃない、今ならそう怒られても文句は言えない。遊び半分で来て危うく大怪我しそうになったんだから。目の前の幽霊(仮)はなんて言うだろう。大声で怒鳴り付けるかも知れない。先生に言いつけるかもしれない。ああ、私の人生詰んだ。せめて絶対に仁ノは道連れにしてやる。とにかく今は誠心誠意を見せて謝らなきゃ。

 「ごめんなさい!もう二度とこんなことにしないから」
 「ぷっ、あははははははっ!」
 「……………??」

 急に幽霊(仮)は腹を抱えて大声で爆笑し始めた。静かな校舎に笑い声が響き渡る。なんだこの人。さっきの会話のどこに笑える要素があった?笑いのツボは人それぞれといえど、さすがにおかしいだろう。私何か変なことしたかな。
 幽霊(仮)は決して短くはない間笑い続け、やっと収まった頃には、目にはうっすらと涙が浮かんでいたし、笑いすぎて息が苦しそうだった。幽霊(仮)は笑顔のまま、涙を拭いながら話す。

 「あー面白い!こんなに笑ったの久しぶりだよ」
 「は、はあ……」
 「そうか、そうか、幽霊か。あははははっ、そんな風に呼ばれてたんだ、僕」
 「………へっ?じゃあ…」
 
 幽霊(仮)はにっこりと口を三日月形に歪ませ、微笑んだ。張り出し窓から吹く夜風が金髪をさらさらと揺らす。月光に照らされた踊り場で、幽霊(仮)は青いリボンを一撫でして言う。

 「そう、幽霊の正体は僕だ」

   

Re: ××× ( No.5 )
日時: 2018/11/11 09:01
名前: 鈴原螢


 「イィィイイイィィィィッッ!!!」

 ヤバいヤバいヤバい!!幽霊、幽霊だ、出ちゃったよ本物の幽霊が!!(仮)なんかじゃなかった。美少女の容姿に騙された!
 私は踵を返して全速力で走り出す。自分の足を最大限動かし、とにかく幽霊から逃げなければと学校を出るルートを進む。携帯の灯りをかざす余裕もないので真っ暗で足元はよく見えないが、早く速く逃げるために一段とばしで階段を駆け降りる。すると突然デジャヴを感じた。学校を全速力で走る、幽霊から逃げる、どこかで見たような……

 映画だ

 小さい頃に見た映画。あの映画も主人公の女の子が必死で幽霊から逃げていた。私も同じ状況なんだ。このまま映画と同じ展開になるなら、主人公の女の子は最後、幽霊にニゲルナって言われて喰われていたから……
 そこまでで私は考えるのを無理やり止めた。とにかく逃げよう。私に出来ることはそれしかない。後ろは振り返っちゃだめだ。足を止めちゃだめだ。もっと、もっと、前へ!!
 その時だった。

 「うひゃあっ!?」

 足を滑らせて転んでしまった。今度は誰も助けてくれない。ごんっ、と低い音をたてて膝を強く打ちながら、うつ伏せになって床に着地する。膝からビリビリと身体中を痛みが駆け上がる。

 「いっ……っ!?」

 予期していなかった痛みに驚きつつも、即座に幽霊に追いかけられていることを思い出した。
 ヤバい、追い付かれる、は、早く、逃げないと。私は痛みに耐えながらもよろよろと立ち上がる。痛い、結構痛い。足が前に出ない。駄目だ、これじゃ速く走れない。

 「大丈夫?」
 「ひっ」

 反射的に声の方を向くとそこには幽霊が心配そうな顔をして立っていた。ヤバい、追い付かれた。
 幽霊は一歩私に近づく。私も一歩幽霊から遠ざかる。来んな、来ないでください、お願い。
 幽霊は2歩、3歩、4歩と私にどんどん近づいてくる。私も2歩、3歩、4歩と幽霊から遠ざかる。

 「逃げないでよ」
 「ひいっっ!!」

 喰われる!!
 私はぎゅっと目をつぶって腕でバリアの形をつくる。

 「……」
 「……」

 しかしいくらたっても何も起こらない。おそるおそる顔を上げで目を開けると相変わらず幽霊が心配そうな顔をして立っていた。

 「……」
 「……」

 な、何で何もしてこないんだ……

 「大丈夫?」
 「ひっ、ふぇっ、ふぁっ、えっ、えっと、ひゃい、大丈夫です」
 「大丈夫じゃないよね、さっき転んでたよね」
 「……」
 「まあ、君が僕のこと怖いって思うなら僕は離れるけど、帰り道は気を付けるんだよ」
 「は、はい……」

 幽霊はそう言って階段を上っていった。もう彼女の姿は見えない。結局なんだったんだろう。幽霊じゃないとか、正体は僕だとか、紛らわしいことを言われて弄ばれた気がする。噂は本当だったんだ。

 「はあ……」

 疲れた。幽霊がいなくなったからか、一気にどっと疲労が体にのしかかる。早く帰ろう。そういえば仁ノ、何で来ないんだろう。あいつのことだ、どうせ寝過ごしちゃったとかだろう。

Re: ××× ( No.6 )
日時: 2018/12/01 21:09
名前: 鈴原螢


 暗い。月の光をもってしても、真夜中の3時というのは暗い。てこてこと家路を歩く自分の足すらよく見えない。ひゅう、と肌を凍てつかせる冷たい風が吹いた。制服のスカートの中がスースーする。

 「はあ……」

 深く肺の息を全て出す勢いで溜め息をひとつ。脳内にあの子を思い出そうとすれば特徴的な翠の瞳と金髪が蘇る。目元を飾るぴんと伸びた睫毛、青白く仄かに光ってすら見えた肌、ぽっと彩られた小さな唇。幽霊だと思うとその全てがおどろおどろしい程に美しいと感じた。
 ふと、彼女の名残を辿るように背後の校舎を振り返る。まだ、居るだろうか。

 「カア、カア」

 鳴き声と共にゆっくりと空を泳ぐ真っ黒な肢体が視界に入ってきた。カラスは電柱の先に止まり私を見下ろす。月光に照らされ爛々とした不気味な瞳は私を凄ませるのに充分だった。私はぎゅっとスマホを握り直して足早に家路を駆ける。
 すると目の前に黒いシルエットガ立ちはだかるのが見えた。最初は霧のようにあやふやで朧気だったものの、前に進む度に段々とはっきり濃くなってくる。私は足を止め、目を凝らしてみる。

 人型だ。180cmくらいの大柄な人間、おそらく男だろう。こんな夜中に、一体誰?
 私は悪い予感がして微弱に震え上がる。この距離ならスマホの灯りを照らせばもう少し鮮明に見えるだろう。だがそんなことをする勇気は出なかった。ぴたりとも動かない男が退く気配はない。遠回りして避けようか。

 その時だった。男は一歩、重々しく足を出したのだ。
 あー、やばい。うー……よし、逃げよう。先程の幽霊のこともあってか、私の危機察知能力はいつもより敏感だった。いちにのさんで猛ダッシュしよう。できるよね、自分。すうっと私は細く息を吸う。

 いち、

 男は2歩、3歩、4歩5歩6歩とじりじりとこちらに近づいてくる。

 にの、

 男は勢いよく地面を蹴って跳ぶように駆ける。

 「ヒイイイイッッッ!!」

 さんっ!私は顔面蒼白になりながらぐるんと方向転換してそのまま走る。後ろから囁くようにダッダッダッ、という足音が……かなり速い足音が………私は人間とは思えない速さに恐れ驚き、反射的に顔だけ後ろを振り向く。

 「え」

 男は腰に提げた刀を軽やかに引っこ抜いて、華麗にヒュンッと空気を裂いていた。男の口元が弧を描き、醜く三日月型に歪む。男はよりスピードをあげ、私と男の距離があと5メートル程まで縮まった所で、いきなり飛び上がった。掲げた刀身がきらりと月の光を反射して輝き、私の脳天へと切りかかってくる。
 私は瞬きすらも忘れてただただ男を見上げていた。

 カンッ

 揺れるセーラー服、見覚えのある金髪。彼女は私の目の前に、守るようにしてやって来た。彼女は華奢な腕で持ったバッドで刀を受け止める。
 男は突然現れた存在に驚きつつも、着地すると素早く次の体勢に直しまたもや切りかかってくる。
 彼女はその一振りもバッドで受け止めると、ぶうんっ、ときれいなフォームで力強く振り上げた。
 男の刀は思いもよらない強さに手から離れ、宙を舞う。
 カランカラン、と閑静な住宅街に刀が地べたに力なく落ちる音が響く。
 武器を無くした男は成す術なく呆然と立ち尽くし、彼女のバッドに爆弾のような勢いでぶたれた。
 

 「……大丈夫?」

 倒れた男に起き上がる気配はない。もしかしたら死んでしまったのだろうか。彼女は足下に転がる男に見向きもせず、私の方をじっと見てそう訪ねた。

 「大丈夫じゃない」

 熱く私の頬を伝う大粒の雫は冷えた空気に触れて温度が急降下していく。

 「怖かった、怖かった、こわかったよお”お”お”!!」
 

Re: ××× ( No.7 )
日時: 2018/12/01 22:03
名前: 鈴原螢


 「優美子〜、次の時間なんだっけ」
 「地理だよ、移動教室」

 呟くような小さな声と小動物みたいな仕草は思わず守ってあげたくなる感じがするし、控えめで上品な彼女は深窓の令嬢のようで、荒っぽい私や鉄バッドを振り回すどこかの幽霊とは全然違う。可愛くておとなしい優美子を私は別に嫌いではなく、むしろそういう所が好きなのだけれど、正直何を考えているのかよくわからなくて距離を感じていた。でも悪口と愚痴と自慢しか話さないような、いわゆるカーストの頂点にいる女子達や、早口で推しだとか今季のアニメについて語り立てるオタク、よりも気が合うというか、まだましだったので一緒にいるのだ。

 数学の担任の無駄話が長いせいで時間がないので、急いで地理の授業に向かわなければならない。駆け足で階段をかけ上がると昨夜の幽霊を思い出した。結局あの後、泣きじゃくる私を無視できなかった幽霊は家まで送ってくれた。おかけで寝不足である。おそらく授業中は爆睡してしまうだろう。

 「あ」

 間違えて筆箱を落としてしまった。床に転がるうさぎのイラストが描かれた筆箱は薄汚れていて、そろそろ買い換えようかな。そんなことを考えながら拾おうと腰を落とした。すると私よりも先に細く繊細な指が筆箱に伸びて拾ってくれた。

 「ありがとう」

 言いながら拾ってくれたのは一体誰だろうと顔をあげる。

 「どういたしまして」

 聞き覚えのある声。目の前ににっこりと微笑むのは昨日の幽霊だった。なんで、なんで……

 「う、うあああ、ああああ!!!」

 なんでいるんだよおおおおお!?!?

 「ひゃっ、何、千暉ちゃん」

 側で一緒にいた優美子が私の声に驚いて訪ねる。周りのクラスメートの皆も目を見開いて私にぐっと視線が集中する。私はそれ以上に驚いて口をパクパクと動かしながら幽霊を指差す。幽霊はふふふ、と不敵に微笑み、面白がるような眼差しで私を見ていた。というか、なんで優美子も皆も幽霊に対して驚かないんだ。

 「?……な、何?」
 「だ、だから、ゆ、ゆ」
 「ゆ?」

 皆私を奇妙なものを見るような目で見ていた。若干、否、結構、引いていた。優美子ですらも心底迷惑そうに私を見ていた。まるで厄介者を扱うみたいに。でも、そんなことよりも、私は驚いてる。

 「ゆうれいっ!!!」

 真夜中の午前2時じゃないのに、張り出し窓でもないのに、なんでいるんだ。まさか私を追いかけて来たんじゃ……私になんの恨みがあるっていうの、どうしようっていうの。しかし私のそんな必死の叫びとは裏腹に、優美子の反応は冷めきったものだった。

 「幽霊?何言ってるの?」
 「へ?」
 「幽霊なんて、いないよ」
 「ヘエえっ?……で、でもそこに……」

 私が指差す方向には今もまだ忽然と昨日の幽霊が佇んでいる。はっきりと、今、そこにいるのに。なんで……

 「……私、もう行くから」
 
 
 

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。