複雑・ファジー小説

植物標本
日時: 2018/08/16 20:57
名前: 凛太

花の病に蝕まれた子どもたちの話。
中編ですが、秋になる前に終わります。

【エニシダの娘】
>>1
【クレマチスの少年】
>>2
【スノードロップ】
>>3 >>4 >>5 >>6
【幽霊列車】
>>7 >>8 >>9
【花と毒】
>>10 >>11 >> >>
【天蓋を望む】
>> >> >>
【逃避行】
>> >> >>
【最終話】
>>

Page:1 2 3



Re: 植物標本 ( No.7 )
日時: 2018/08/12 14:05
名前: 凛太

【幽霊列車】

 夜は冷たく、暗い海の底を連想させた。月は冴え、湖は黒々と口を大きく構えている。エトはかすかな蝋燭の光を頼りに、自室の安楽椅子に腰を下ろした。夏というにはまだ肌寒い。エトは茜色のブランケットを膝にかける。

「……列車だ」

 窓の向こう、列車の灯りが夜の帳を縫って遠ざかってゆく。かつてエトを乗せた列車は、時折夜中に動いていることがある。塔の子供たちが、あれは幽霊列車なのだと勝手な推測を飛ばしあっていたのを、よく覚えている。
 あの列車に乗れば、外へ出られるのだろうか。エトはぼんやりと考えを巡らす。けれども、外へ出たとて、小さなエトに何ができるのだろう。




 夜が明ければ、子どもたちは徐々に活動を始める。エトは制服に着替え、顔を洗い、髪をくくると食堂へ赴いた。何十人の子どもたちが小さな部屋でひしめきあっている。ひときわ、端のテーブルでは喧騒が飛び交っていた。二人の少年、レオとユーゴは額を付き合わせ、何事かを言い争っていたのだ。

「あれは、絶対シエルだったんだ!」
「どうせユーゴの作り話だろ」

 ユーゴは必死に弁明をする。鼻の頭に浮いたそばかすは、僅かに赤らんでいた。一方のレオは飄々とした様子で、パンを千切っては口に放り込む。
 レオとユーゴは双子の兄弟だ。くすんだ赤毛を掻き乱し、ユーゴはため息をついた。

「おはよう、どうしたんだい」
「おお、エト! 今日も相変わらず見目麗しいね」
「聞いてくれよ、エト!」

 助けが来たと言わんばかりに、ユーゴは両手を挙げた。エトは彼の隣に腰掛け、林檎に手をかける。

「エトはこの塔に来てから三月立つな。それなら知っているだろ、幽霊列車の話」
「ああ、もちろん」
「あの列車には誰も乗っていない、無人で走ってるって話だろ。まあ、あんな真夜中に走る列車なんて、聞いたことないな」

 エトは興味深そうに、双子の話に耳を傾ける。

「俺、見たんだ! 夜、シエルが塔の外へ出て、あの列車の方へ行く姿」
「あはは、夜中の外出は禁じられているだろう」

 エトは晴れやかに笑い声をたてた。しかし本当ならば、シエルは何故夜中に出歩いているのだろう。暗闇の中に混じってしまえば、彼の瞳はどのような色を見せるのか。

「寝ぼけてたんじゃねえのか」
「いいや、絶対違うね。俺の部屋は眺めがいいから、駅がよく見えるんだ」

 歯切れ良く言い切るユーゴに、レオは苦笑いする。双子でかくも違うのか、とエトは密かに感心した。どちらかといえば、レオの方が付き合いやすい。物知りで頭の回転が早く、何より面倒見がいいのだ。

「それにしたって、シエルが列車に乗ってどこへ行くっていうんだ」

 そういえば、とエトは首をひねる。大抵の子どもたちは、朝陽を浴びるとたちまち食堂へ集う。しかし、シエルの姿はどこにもいないのだ。

「……そういえば、シエルは?」
「あいつ、よくどこかへ消えるからなあ」

 ユーゴは不満そうに口を尖らせる。

「ねえ、それなら幽霊列車の噂、確かめないかい」

 エトの提案に、双子の兄弟は目を丸くした。彼女は至極楽しそうに、口元を緩めている。

「エト、本気か?」
「最近退屈してたんだ、塔の暮らしは代わり映えしないからね」
「俺、お前のこと優等生のいい子ちゃんだと思ってたぜ」

 レオは感心したように、顎を撫でた。

「それに、シエルばかり外に出るなんて、ずるいだろう」

 そうだ、彼ばかり卑怯なのだ。どこか浮世離れした彼の秘密ごとを、少しばかり暴いて見せたとしても、大して罰など当たらない。エニシダの娘の心は、不思議と弾んでいた。

Re: 植物標本 ( No.8 )
日時: 2018/08/16 20:52
名前: 凛太

 ネリーは頬に手を当て、眼前の友人を見つめた。彼女はいつものように、飄々とした笑みを携えている。

「その、本当に大丈夫なの」
「ネリーは心配性だね」
「だって、規律に違反するでしょう」

 とうに陽が落ちた談話室は、エトとネリーを除いて誰もいない。黄昏色のソファーに深く座り込み、ネリーはかけるべき言葉を探していた。
 ネリーが激昂した夜から、彼女は憑き物が落ちたように晴れ晴れとしていた。時折、エトへの罪悪感を顔に出すものの、ネリーの心は穏やかだった。恐らくは、エトに認められたのだという自尊心が、惨めな嫉妬を封じ込めたのだろう。

「それなら、シエルだってそうだよ」
「そうだけど……」

 これ以上、何を言っても拉致があかないと察したのだろう。ネリーはそれきり押し黙ってしまった。

「それに、ネリーだって幽霊列車の謎が気にならないの?」
「わたくし、貴女にあんなことをした手前、あまり信用がないかもしれないけれど。エトに何かあったらと思うと、心配なのよ」
「大丈夫だよ、ああ、もうすぐユーゴたちとの待ち合わせだ」

 時計を見遣れば、門限は過ぎていた。

「じゃあ、もし何かあったら、先生方によろしく」
「エト! ……もう」

 ネリーは頬を小さく膨らまし、駆けゆくエトの背中を見送った。それにしても、彼女は、少年特有の澄み渡る清らかさを持ち合わせている。ネリーは友人を、まばゆく感じた。



「やあ、待たせたかな」
「いいや。カンテラは持ってきたか?」
「ああ、談話室からくすねて来たよ」

 落ち合う場所は、一階のエントランスと決めていた。昼間に見せる雰囲気とは違い、暗闇の広間はどこか物寂しい。神さまを象った彫刻や、壁に飾られた絵画は、たわやかな闇に溶けていた。
 エトはカンテラを掲げてみせる。年代物だが、使えなくはないだろう。ユーゴは満足そうに口角を上げた。

「よし、なら行こう。どうせ玄関は閉まっているだろ。俺、とっておきを知っているんだ」
「とっておき?」
「ああ、そうさ」

 ユーゴがそう言うなり、彼を先頭にして暗闇を進んでいく。ささやかなカンテラの明かりは、少し風が吹けば消えてしまいそうだった。
 足音を忍ばせ、うねるような廊下を右に左に歩んでいくと、たどり着いたのはすすけた物置部屋の前だった。普段ならば、あまり人が来ないようなところだ。いつのまにか、ユーゴの右手には鍵束が握られている。彼は手慣れた仕草で鍵を開けると、中に入るように促した。

「中は暗いから気をつけろよ」

 物置部屋の中は予想通りと言うべきか、木箱や家具が散乱し、酷い有様だった。けれど、エトの注意を引いたのは、それらではない。部屋の奥、地下へ繋がる階段があったからだ。

「この道は、古くから伝わる、秘密の地下通路なんだ。俺も上級生から鍵をもらってさ。今日まですっかり、忘れてた」

 淀みない足取りで、ユーゴは階段を降りてゆく。その後ろ、レオとユーゴが連れ立って、彼の背中を追いかけた。
 地下はそこまで深くないのだろう。やがてすぐに最後の一段を下りると、狭く細い廊下が、3人を手招くように待ち構えていた。しんしんとした静寂に、彼らの靴音が散っていく。

「君たちは、どれくらい塔で過ごしているんだ」
「5歳の頃に来たから、7年目くらいだな」

 せめてもの暇つぶしにと、エトが問えば、レオが指折り答えた。乳飲み子を終えて、たった数年余りの子が、親と引き離される。彼らの両親は、何を思ったのだろう。

「来たばかりの頃は、寂しかったろう」
「そうでもないさ、ユーゴがいたし、それに」

 レオの、ひそやかな息遣いが聞こえてくる。

「花の病は光栄なことだからな」

 それは彼らの、いいや、花に病める子どもたちの誇示だ。親元を離されようとも、故郷に立ち入ることが許されなくとも、神さまに愛されたというだけで、充分なのだ。彼らの母は、花の痣をいただいた時、悲嘆に暮れたのだろうか。それとも。

「ああ、もうすぐ地下を抜けるぞ」

 ユーゴの声に、エトははっとする。これ以上は、関係のないことだ。エトは自身にそう言い聞かせ、考えるのをやめた。

Re: 植物標本 ( No.9 )
日時: 2018/08/14 09:30
名前: 凛太

 地下通路の果ては、塔の外に拵えられた、煉瓦造りの納屋へ繋がっていた。納屋の心もとない扉を押しやれば、直ぐそこには夜の世界が待ち構えている。青草の匂いが鼻をかすめた。透き通る、藍色の空気がほほを撫でる。

「夜の空気なんて、初めてかもしれない」
「さすがに寒いなあ」

 双子の兄弟は、口々に感想を漏らしながら、清涼な空気で肺を満たした。彼らは5つで塔に来たのだから、夜の何とも知れぬ、はりつめた心地はさぞかし新鮮だろう。
 駅へ行くには、塔と湖を囲う森を、少しばかり抜けなければならない。道は舗装されているものの、鬱蒼とした影を濃く落とす木々は、不気味な静けさをたたえている。3人は慎重に、森の中を進んでゆく。

「それより、本当に今日、幽霊列車は来るのかい」
「本当だとも。あれは不規則に見えるようで、ちゃんと法則があるんだ」
「ふうん……」

 エトが小さく呟く。兄弟たちは、ひそやかな熱気に包まれていた。

「なあ、ユーゴ、本当に幽霊列車が来たらどうする」
「そうだな、取り敢えず、首都へ行って、お菓子や玩具をたんまり買い込むのもありかもな。ああ、でもそれだと神さまに背くことになる」

 彼らのやり取りを、エトは一番後ろで眺めていた。その姿に、微笑ましいとさえ感じる。彼らはまだ、齢12の子どもなのだ。ささやかな冒険譚は、彼らの小さな胸を満たすには、充分すぎるほどだ。
 エトが彼らのやり取りに加わろうと口を開いた時、誰かに腕を引っ張られ、茂みの中へ引き込まれてゆく。この暗闇の中だ、ましてや後方にいたエトの異変に気付くものはいない。カンテラは、先頭のユーゴに託してしまったのだ。エトが自身に絡みつく、何かを振り払おうともがいた時だった。聴き馴染んだ声が、耳をくすぐる。

「落ち着けよ」
「……シエル」

 じんわりと目が闇に慣れていく。シエルは掴んでいたエトの左腕を離し、そうして人差し指を口元へ遣る。目と鼻の先に並んだ宵の眸は、暗闇の中でさえ、ひときわ輝いているように思われた。エトは暫し少年の瞳に見惚れ、そうして、やっとのことで立ち上がる。既に、ユーゴとレオの背中はなかった。

「どうして君がここに」
「それはこっちの台詞だ」

 シエルは呆れたように顔を顰める。彼のしなやかな指先の間には、白い紙巻き煙草が挟まれていた。

「どのみち、あいつらはこのまま駅に向かえば、見張りの大人たちに捕まるだろうな」
「……煙草。こんな嗜好品、どこで手に入れたんだい」
「列車に乗って、首都まで行けば腐る程ある」

 そうして緩慢な動作で煙草をくゆらせるシエルは、ひどく円熟して見えた。エトは眉間に皺を寄せ、咎めるような視線を送る。

「君、本当に幽霊列車に乗っているのか?」
「幽霊列車だって。馬鹿馬鹿しい」

 堪えきれず、シエルが盛大に噴き出した。ひとしきり笑い終えると、彼は煙草をエトに突きつけた。鈍い月明かりの下、仄青い煙がゆらりと立ち上ってゆく。

「いいか、そんなものありはしない」
「じゃあ、どうしてシエルは……」
「なあ、どうしてここの子どもたちはら塔に閉じ込められなきゃいけない?」

 その言葉の先を紡げなかったのは、シエルが遮ったからだ。身を清め、信仰を高めるためだと。つぶさに、そう言い切ることができないことに、自身に腹が立った。

「……煙草は良くない。背徳的だ」
「俺は神さまなんて信じてない」

 シエルは大仰に肩を竦める。月を背負うように佇む彼の姿は、何か神聖なもののように思えた。

「物事には、全て理由があるんだ」
「なら、ご教授願いたいね」
「時期にわかるさ。それより、塔へ戻ろう。大人たちがくる」
「レオとユーゴはどうなるんだ」

 毅然としたエトの態度に、シエルは僅かに驚いてみせた。そうしてお手上げだ、とも言いたげに、両手を軽くあげる。

「大人たちに見つかるだろうが、レオは模範的だ。反省文の一枚で済むだろうな。むしろ、その方が安全だろ」

 そう言いながら、彼はエトの手を掴むと、早足で帰路へ着く。幽霊列車は、シエルを首都まで連れてゆくためのもの。そして、大人たちが関係していることは、間違いない。エトは一つ一つのことを吟味し、咀嚼して、頭の中にしまい込む。とにかく今は、双子の兄弟の無事を祈るほかなかった。




「あの後、大変だったんだぜ。見回りの先生に見つかってさ」
「一晩中、反省文を書かされたよ。俺たちは悪い子です、ってな」

 翌朝、エトは双子の兄弟に会うやいなや、その後の顛末を聞かされた。彼らの無事に、安堵の息をつく。

「そういや、どうしてエトは途中で消えたんだ?」
「ああ……靴紐が解けてしまってね。それを結んでるうちに、置いてかれたんだよ」

 何故だか、昨晩のことは胸にとどめて置かなければいけない気がした。二人は納得したのだろう、寝惚け眼を擦りながら、昨晩の脱走劇がいかに素晴らしかったかを、誇張気味に語っている。

 どうして、子どもたちは塔へ閉じ込められなくては行けないのだろう。

 その問いかけに、エトは未だに答えられそうになかった。

Re: 植物標本 ( No.10 )
日時: 2018/08/15 19:16
名前: 凛太

【花と毒】

「あと一月経てば、豊穣の餐があるの」

 あらゆるものがまばゆく照らされる夏が終わると、豊満な実りをたたえる秋が訪れる。エトはネリーの部屋の壁にもたれかかり、嬉しそうに話す友人の横顔を眺めていた。彼女は衣装箪笥と銀細工で飾られた姿見の前を、幾度となく往復している。手にはこっくりとした色合いの、真珠色のワンピースを携えていた。

「この日ばかりは、ご馳走が出て、とっておきの服に身を包むの。少しお化粧なんかしたりして、一日中豊穣を祈って、歌や楽器を奏でる。とても楽しいのよ」
「へえ、いいなあ。気分が明るくなりそう」

 エトは率直な感想を述べた。祭事など、塔に来てから初めてのことだ。否応無しに、興趣がわく。
 ネリーの関心ごとは、服に合う髪飾りに移ったようだ。机に並んだバレッタやリボンを見比べては、首をひねる。

「ああ、でも残念だけど、私は衣装持ちじゃないから、上等な服なんて持ってないよ。ああ、その紫の髪飾り、とても似合うね」

 ちょうどネリーが頭に当てていた、ラベンダーのリボンを褒め上げる。彼女の亜麻色の髪に、よく映えていた。ネリーはほほを染め上げ、淡くはにかんでみせた。

「ふふ、ありがとう。きっとエトは、ちょっとだけ古典的な、けれどすらりとした、ラウンジスーツが似合うんでしょうね」
「私はとことん、服に疎いから」
「わたくしは、そういうの持ってないし……。でも、リボンなんか変えたら、気分が変わるかも。ほら、この真紅の飾りとか」

 ネリーは化粧台の前に座るように、エトを促す。そうしてエトのやわく波打つ金髪をほどき、丁寧に櫛ですく。ネリーは鏡ごしに、髪を下ろしたエトを認め、感嘆の声をあげた。常は男装の麗人のように振る舞う彼女だけれど、こうしてリボンを解いて見せれば、まろやかな可愛らしさを纏う娘へ転じる。

「エトが髪を下ろすの、初めて見た気がするわ。括っているとキリッとしているけれど、下ろしていると……」
「恥ずかしいな。あまり、似合ってないだろう。母にもよく言われていたよ」

 ネリーは思い切りかぶりを振る。

「そんなことない。その、印象が変わるの。まるで綺麗な女の子みたい、ううん、変な意味じゃないのよ。元々、エトは女の子だし」
「はは、お褒めに預かり光栄だよ」

 そうだと両手を合わせ、ネリーは衣装箪笥から、繊細な白藍色のワンピースを持ち出した。裾のあたりにかけて控えめなレースが広がり、胸元には蝶々飾りがとまっている。

「もしかしたら、この服なんて、エトに似合うかもしれないわ」
「なんだか、気恥ずかしいな」

 ワンピースをエトに差し出せば、彼女は戸惑った手つきでそれを迎えた。

「少し、姿見の前で合わせてみて」

 エトはぎこちない動作で立ち上がり、姿見の前に立つ。眼前に映る、ワンピースを着た少女。エトは形容しがたい、不思議な気持ちで、鏡を見つめていた。これまで、母が望むままに、少年の格好をしてきた。しかし、母の姿はない。この金髪の娘は、誰だというのだろう。

「ああ、やはり見慣れないね」
「ううん、本当によく似合っているわ。でも、嫌ならいいの。いつもの服装の方が、エトらしくて好きよ」

 エトらしい、という台詞を反芻する。彼女は視線を無理やり鏡から逸らし、ネリーの方を振り向いた。

「それにしても、本当に楽しみだね」
「そうね。でも、少し不安なの」
「不安?」

 ネリーは頷く。

「豊穣の餐の前には、不吉なことが起きるってジンクスがあるのよ」
「ただの迷信だろう」
「ならいいけれど……」

 この塔にまつわる、数々の迷信の一つに過ぎないのだろう。退屈を持て余した子どもたちは、どんなものでも曰く付きに変えてしまう。幽霊列車が、いい例だろう。それでも、ネリーの不安の種は取り除かれないらしい。彼女の声はどこかうかない。

「エト、貴女は少し、危なっかしいところがあるから気をつけてね。ほら、初夏の頃、幽霊列車を確かめに、塔を抜け出したでしょう。もう忘れたつもりなの」
「はは、ごめんってば」

 けして、あの晩の出来事を忘れたわけではなかった。今でも、鮮やかにエトは思い出してみせることができる。けれどもあれきり、シエルはおかしな挙動をしてこない。あれは何かのまやかしだったのか、とエトは感じていた。

Re: 植物標本 ( No.11 )
日時: 2018/08/16 20:57
名前: 凛太

 絡みつくような、粘り気のある甘い香りに、ロランは辟易していた。古びた紙の匂いと綯交ぜになり、むかつきを催してしまう。せっかくの早朝の清浄な空気が台無しだと言わんばかりに、ロランは鼻をつまんでみせた。

「原因は、痴情の縺れってやつだって」
「色欲に溺れたか」

 シエルは書庫の張り出し窓に、いつものようにもたれ掛け、乾いた羊皮紙のページをめくった。一度として痞えることなく、なめらかに掠れた文字を追いかける。
 ロランはあたりに林立した書棚の背表紙を順々に眺めては、暇を持て余しているようだった。

「それにしても、僕はこの匂い、嫌いだなあ。彼女、なんて花だっけ」
「二ネットの花は薔薇だろ」
「道理で。甘ったるいや」

 シエルは同窓の姿を懐う。二ネットは気丈で、明るい娘だった。ほっそりとした手足は長く、塔を訪う前は、劇団に入り生計を立てていたという。深く言葉を交わした覚えはない。ただ、人好きのする娘だったという印象だけが、シエルの心中に刻まれていた。

「ああ、それにしても、よりによって二ネットが亡くなるなんて。神さまの特別だったのに」

 天に嘆くロランを、横目で盗み見る。彼は二ネットの死を悼んでいるのではない。ただひたすらに、哀れんでいるのだ。塔では、いつもこうだ。薄い膜を隔てて、死が隣り合わせに佇んであるというのに、誰も嘆くことはしない。
 ふと外を見遣れば、折良く棺桶が対の塔へ運ばれてゆく。喪服に身を包んだ大人たちが列を連ねて、そのあとを追った。

「となると、彼女の代わりに、また誰かが選ばれるのかな。なあ、シエルは誰だと思う」
「……エト」

 エニシダの娘の名を零せば、ロランがにやりと口角を上げる。

「随分あの子を気に入ってるね」
「あいつのピアノの音が好きなんだ。なんていうか、不安定で歪だけど、それが絶妙なところで保っている感じ。綺麗だろ」
「よくわかんないな。髪の長いところは好きだけど、あれじゃあ少年のようだ」

 シエラ自身、何故こうも彼女のピアノに魅かれるのか、上手く説明がつかずにいた。彼女が紡ぐ音に、純粋なうつくしさを見出したのだ。ただ、それだけに過ぎない。

「今夜、また塔を発つのか」
「ああ、楽しみだ」

 ロランが誇らしげに胸をそらす。シエルは苦虫を噛み潰したような表情を浮かべた。

「君が、何故この大役を嫌っているのかわからないよ」
「これこそが天命なんて、馬鹿げてる」
「この話題になると、僕らは気が合わないなあ」

 段々と苛立つシエルを、ロランが宥める。こういう時、彼は身軽に話を変え、シエルの機嫌を取るのだ。ロランにとって、一つ下の少年は弟のようでもあった。

「首都へ行くついでだ、何か欲しいものはある?」
「上等な葡萄酒なんかあれば、豊穣の餐を退屈せずに済みそうだ」
「できる限りの努力はするよ」

 そう言い終えると、ロランは弾けたように咳き込んだ。シエルは素早く友人の元へ駆けつけ、背中を叩いてやる。しばらくして落ち着いたのか、ロランは数度肩を大きく上下に揺らす。

「とにかく、気をつけろよ」
「わかってるって」

 この時、シエルは得体の知れぬ不安に取り憑かれていた。豊穣の餐は凶事のあらわれ。二ネットの死が、その前触れだとすると。いいや、馬鹿馬鹿しいと首を振り、シエルはふたたび対の塔へ視線をやった。

Page:1 2 3



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存