複雑・ファジー小説

蘇りの術を求めて
日時: 2018/09/01 19:53
名前: 妄想炸裂作者

初めまして9/1にこのサイトに来ました。妄想炸裂作者です。
僕がある掲示板で書いている物を転載していきます。
拙い文ですが応援してくださるとありがたいです。


あらすじ
ある日、町から出ていた主人公深瀬の妹「由美」が魔物に殺された。
妹を溺愛していた深瀬は借金をしてでも妹を蘇らせる為に町の中で最も医療能力が高い魔術師に復活を頼んだ。
しかし、魔術師は「復活出来る時間は既に過ぎた。この世で魂を戻す力を持つ者は居ない。彼女の事は諦めなさい。」そう言って深瀬を追い返した。
成す術が無い。しかし、諦めきれない。そう思い彼は必死に復活の術を探した。
そして1年後。友人のツテで見付けた蘇りの術。
それは【上位世界】と呼ばれる神を越えた者が住む世界。
その世界のある神が蘇りの術を使えるらしい。
それを知った深瀬は神を越える為、ダンジョンに頻繁に潜り、己を強くしていった。

そんな事があって数百年。
その数百年の間。深瀬は様々なスキル手に入れ、三人の仲間を手にし、神話に出る様な武具を入手し、を寿命による死、老化を無効にする薬を見付け、魔王を殺し、邪神を殺し、挙げ句には勇者を殺した。
最後に神を殺した後、目の前には謎のゲートが現れた。そのゲートに入るとそこは休憩出来そうな所だった。

蘇りの術を手に入れる為、死に掛けながらも少しずつ上へ、上へと進む物語です。

Page:1 2 3 4



Re: 蘇りの術を求めて ( No.14 )
日時: 2018/09/04 21:24
名前: 妄想炸裂作者

今は柳林がどうにか足止めしてくれている。
何故かスライムは柳林以外に攻撃してくる気配は無い。
どうやらこのスライム、知能が低い上に本能も普通より弱いので排除の優先順位が目の前に居る敵だけらしい。
普通の魔物だといくら強くても、弱くても、知能が無くとも排除の優先順位はちゃんと知っている。
「予想外ね…。[能力アップ]」
「【反撃の刃】」
スキル【反撃の刃】とは一定時間減った体力の分斬りの攻撃力が上がるスキルだ。
今度は完全に準備を整え、スライムに襲い掛かった。
さっは油断していて見えなかったが集中すると普通に見えてくる。
柳林が腹への体当たりを盾で防ぎ、一旦引いてすぐに顔に向けて体当たりをしてくる所で宝剣をスライムの中心を狙って斬った。
しかし、スライムは少しは斬れたものの、そのまま宝剣で俺の左下に飛ばされ地面、木へと跳ね返って俺の頭を狙ってきた。
「[障壁]!」
「[束縛]」
俺に当たる前に日菜の障壁と柳林の神剣で抑え、桜の魔法[束縛]で更に動きを止めた。
長期戦は危ない。ここで仕留める!
日菜達が魔法を唱えている間に【反撃の刃】の効果を上げる為自分の腹に宝剣を刺し抜いた。
今更気付いたが腹から徐々に全体に向かって紫色が広がっていた。
「くっ【紫電一閃】!」
スキルを使い、宝剣に雷が纏い、火力が上がった宝剣でスライムを縦に斬り落とした。

Re: 蘇りの術を求めて ( No.15 )
日時: 2018/09/04 21:25
名前: 妄想炸裂作者

スキル【紫電一閃】とは、雷を纏い、高火力の一撃を放つ技。
代償として8秒間攻撃力がそこそこ減るが高火力を一瞬だけ放てれる。8秒に一度使える。
スライムは真っ二つに斬られて、もう動く事は無かった。
「あぁー、もう。またこんな事やって…。[再生]」
日菜ちゃんが[再生]で俺の傷を再生させた。
[再生]はかなり強い回復魔法だが、死んだ者の場合は1分以内でないと効果が無い。
傷の場合は傷の多さによるが最高1時間、最低5分以内までにしか再生する事が出来ない。
「大丈夫…ですか?」
「あぁ、大丈夫だ。柳林はどうだ?」
柳林はぜいぜいと息を吐きながら神剣と盾を置いて木にもたれ掛かっていた。
「大丈夫じゃねぇ……。あのスライムから何かのスキルでやられた…。全身が紫になっていやがる。しかも……体が動きづらくなってる……。」
防具で覆われた柳林のいくつか露出している肌を見ると確かに紫色になっていた。俺の時と似ている。
「仕方ないわね。[再生]」
日菜ちゃんが[再生]をしたものの、柳林の色は戻らなかった。
俺に着いていた紫色は完全に消えているがこれはどういう事だ?
……あぁ、そうか。俺は紫の部分に向かって刺したからそれを治した時に一緒に治ったんだろう。
それか、紫が広がる元が体に埋め込まれるか何かしてそれを破壊すれば消える…のか?
「柳林。治し方が分かったかも知れん。日菜ちゃん。柳林に[痛感遮断]を掛けて。」
「はぁ…?[痛感遮断]」
日菜ちゃんはよく分かっていないが俺の言葉を信用してくれて、柳林に[痛感遮断]をした。
「[痛感遮断]なんて使ってどうした?嫌な予感しかしないんだが…」
「気にするな。あ、桜ちゃん。念の為強めに[束縛]を。」
「は、はい…?[束縛]」
同じく桜ちゃんもよく分かっていないが助ける為にと、[束縛]をしてくれた。

Re: 蘇りの術を求めて ( No.16 )
日時: 2018/09/08 00:12
名前: 妄想炸裂作者

「さてと…」
「おい待てえー!テメェ何する気だぁ!」
宝剣を構えた所で柳林が突っ込んだ。束縛されているから動けないが。
「日菜ちゃん。出来うる限りの復活の準備を。」
「あー。そういう事ね。了解。」
「あ、私日菜さんに強化魔法を掛けておきます。」
二人共察してくれた様で良かった。
俺が今からやる回復方法。それは…『毒が回りゃ一度殺しちまえ』回復法だ。
「いや、あの、殺すのは無いだろ!前の世界とここの世界じゃあ復活出来る制限時間が限られているか」
「日菜ちゃん。俺が柳林の首の真ん中らへん通ったら即座に復活を。」
「はーい。」
「やめろぉー!」
すまない。柳林。一ヶ所ずつプスプス刺すよりこっちの方が楽で精神的にも安全なんだ。
柳林が叫んでいるのにも関わらず俺はスライムの時と同じ様にしかし、傷は浅目にして、スキル【反撃の刃】を発動した。
「[魔法強化]」
仲間を殺す時は無表情で。何も考えない。そうじゃないと斬れないからだ。
薪割りを斜めにする感じで中途半端に斬れない様に、柳林の首を斜めに、綺麗に斬り落とした。
首があった場所から血が少し飛び、首の断面からも血が飛んでいく。
「[再生]」
そして、首が地面に落ちる寸前で[再生]をした。
柳林の首と、血が逆再生を見ているかの様に戻った。
それと共に紫色が薄くなっていく。

Re: 蘇りの術を求めて ( No.17 )
日時: 2018/09/13 23:02
名前: 妄想炸裂作者

「ギヤァァ……。う……。斬られたのか…。」
桜ちゃんが束縛を切ったらしく、柳林が急に立ち、首の後ろを押さえた。
柳林の感覚としては先程までは全身が紫色になり、徐々に動けなくなり、更には束縛まで受けていたのだが、急に気持ち悪い程の解放感と束縛前と比べて無駄に体が動けるのでかなり気持ち悪いだろう。
「気分はどうだ?」
「なんかドロドロした物を急に無理矢理吐き出されて咳をした後の感じだ…。」
結構具体的だな。
カサカサ
何かが茂みを揺らす音がした。滴型スライムだ。
「ったく、まだ休憩しきれてねぇってのに……。」
「今度は二体以上か…。」
一体であれだったのに二体以上となると少し厳しい。
更には別のスキルも使って来るかも知れないのだ。さっきの様にしない為にも油断は出来ない。
カサカサ……カサ
音の大きさから前に二体、後ろに一体居そうだ。
身体能力強化、魔法強化等を使い、スライムが広い所に出るのを待つ。
そして、数秒後、とうとうスライムがその姿を表した。
「……なんか色違くね?」
出てきたスライムはの体色は、赤と黒と蒼だった。

Re: 蘇りの術を求めて ( No.18 )
日時: 2018/09/13 23:04
名前: 妄想炸裂作者

2話:助っ人ダンシング

スライムとは通常ゲロの色である。ここの森の様な綺麗な色のスライムは滅多に見ない。
「やぁ、僕は無害なスライムだお」
蒼色スライムがなんか言ってる。
しかし、相手は魔物。無害だろうがなんだろうが殺さなきゃこっちが殺されるかも知れない。容赦無く本気で潰す。
まず、始めに蒼スライムから。
「黒と赤は俺が止める。【慈愛の神の加護】」
スキル【慈愛の神の加護】
神に愛された者が使えるスキル。効果は愛された神に寄るが柳林の場合、自然の神に愛されたので自動回復の加護を受ける。
「[束縛]」
「[結界]」
桜は三体に[束縛]をし、速度の低下をさせる。
日菜は蒼のスライムを結界で動きを止める。
これならいけそうだ。だが、簡単過ぎやしないだろうか?そう思っていた矢先に黒のスライムが小さく爆発した。
ジュワ
その爆発で飛び散った黒スライムの一部が地面に当たると地面が音を発てて溶けた。
柳林にもいくつか飛んでおり、肌の部分が焼けている。
俺は結界で覆っている赤スライムを斬り殺し、柳林の方へと援助に向かった。日菜もそちらへの援護に切り替えた。
この時、殺した後の蒼スライムにも注意するべきだっただろう。
なんて言ったって、ここは化け物の巣窟なんだから。
背後から強い光が放たれた。それと同時に俺、日菜、桜の三人の体が吹き飛んだ。
日菜は近くの木に飛ばされ、桜は柳林にぶつかり、スライムには当たらなかった。
しかし、俺は木にも柳林にも当たらなかった。
俺は赤スライムを斬った後黒スライムの所に向かっていた。そして……さっきの爆発でそのままその方向へ飛ばされて行った。

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。