複雑・ファジー小説

成奴零は性奴隷を集めている
日時: 2018/12/07 23:58
名前: PePe

プロローグ 性奴隷何人出来るっかなぁ?

早朝朝五時二十五分の出来事である。一人の男性が玄関に座り、靴を履く。男性は靴を履いた後靴紐を結び、解けないかを確認する。確認し終えた男性は顔を上げ、静かに呟いた。
「…二時間前行動は成功。さぁ後は二時間後を待つだけだ…」
男性はそう言った後、靴を脱ぎ、欠伸をする。流石に早く起き過ぎた。寝る。男性はそんな事を考えて二階の寝室へと向かい、スマホのアラームをセットし布団の中に潜って、睡眠を再開する。さぁ二時間後起きれるかな?男性は不安になりながら深呼吸した。

この物語は性奴隷を集めて性奴隷ワールドを作ろうとしている上記の男性、成奴 零(せいど れい)の人生を綴ったモノである。

初めましてPePeと申します。
今回は合作となります。
まさか初めて書く作品がまさかの合作とは…驚きです。
毎日投稿を頑張りたいです!
あ、後自分はリク依頼板という場所で【小説感想スレッド!】っていうスレッドタイトルそのまんまのスレッドも経営(?)しておりますので、執筆者の方はどうぞご自由に依頼して下さい!

目次

プロローグ&PePe自己紹介
>>0

環琴桜子は成奴零の幼馴染みである
>>1

優雅なる朝餉(あさげ)
>>2

高校一年生、成奴零の卒業迄の夢
>>3

女は皆性奴隷
>>4

学校へ行こう
>>5

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 学校に着いたら
>>6

Page:1 2 3 4 5 6



〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 ( No.24 )
日時: 2018/12/27 00:03
名前: PePe

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 紹介人数は八人

「…何だよ?そんな邪推な目をして?俺は高校に行っていないから、今年から通おうとしているだけじゃねぇか?何か変か?」
「変も何も…犯罪者まっしぐらだな、三十路は…」
零が言うと「うるせぇ性奴隷をほざくガキ」と一蹴される。
「と、とりあえずそれでは次は【ふ】から…」
「ミーだね!」
眠川の発言に反応する黒髪の少年。
「ミーの前は布施御屠蘇(ふせおとそ)、ハーフだ」
「へぇ」
零は目の前の御屠蘇に驚く。だって変な名前だし。そんな事を思いながら、御屠蘇を見る。
「布施君ですか…宜しくお願いしますね?では次の方どうぞ」
「私だな」
黒髪ロングのクールっぽい美少女が立ち上がる。零は「性奴隷にしてぇなぁ」と思っていた。
「私の名前は縁縁三太夫(へりえにしさんだゆう)だ、宜しく」
「女なのに三太夫?」
零がふと発言すると三太夫は「あぁ」と返答する。
「両親が落語【三太夫】が好きでな?生まれた子に【三太夫】をつけたかったそうだ?だが私は女なので、よく【名前と性別が違う】って指摘されるな」
「そうか、それは何か済まないな?」
零は静かに三太夫に謝るが三太夫は「気にするな。何時もの事だから慣れた」と返答する。いや、慣れるって、どんな環境だよ?その環境恐ろし過ぎるだろ。零はそう思いながら静かに納得した。

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 ( No.25 )
日時: 2018/12/27 23:53
名前: PePe

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 少なくなる人数

「それでは次は【ほ】ですね」
眠川が淡々と言う。そんな眠川に対し「はい」と言って立ち上がる生徒。
「初めましてぇ。俺の名前は本藤勇二(ほんどうゆうじ)って言いますぅ。宜しくぅ」
「本藤君、宜しくお願いします。では次」
「遂に私か。私は政二三(まつりごとふみ)って言います、以後宜しくお願いします」
「政さんね、宜しく。それでは」
眠川がそう言って、次の名前である【み】を言おうとした瞬間である。
「はい!俺の名前!馬庭堰堤(まにわえんてい)!いやぁ、あっぶねぇ。あのクソ教師、【み】を言おうとしていたんだもん」
「…申し訳有りません、急かし過ぎたようで」
「いやいや?今度から気をつけて欲しいね!」
堰堤の発言を聞いて眠川が頭を下げる。そして堰堤が言う。
「さて、それじゃあ【み】の方、どーぞ!」
「あ、有難う御座います。私の名前は南方八夜(みなかたやよ)と申します。宜しくです」
「えぇ宜しくです。では次の方どうぞ」
「儂じゃな?」
そう言って、古臭い雰囲気を放つ少女が立つ。
「儂の名前は武庫十華(むことうか)じゃ。…喋り方は気にせんでえぇよ」
十華はそう言って口だけ微笑む。だが目だけは笑っていなかった。零はそんな女を見て少し背筋がゾッとした。

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 ( No.26 )
日時: 2018/12/28 23:56
名前: PePe

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 残りは何人?

い、一体何なんだアイツは…零はそう思いながら武庫を見る。すると武庫が零に気がついた。
「おっ?何じゃぁ?成奴君や?儂に惚れたかのぉ?」
「…有り得る訳無いだろ、仮にお前に惚れる事があってもそれは【性奴隷にする為に惚れる】だろうさ?」
「ほぉ?儂を性奴隷にするのか?でも【性奴隷にした後、その後はどうする】んじゃ?」
「あっ…」
武庫の発言に桜子が反応する。だが、零は静かに見るだけで返答しない。
「…そうか、言う気は無いんじゃな」
武庫は諦めて溜息を吐いて眠川に言う。
「あぁ、せんせぇ。時間潰してすまんなぁ?どうぞ、次の人を紹介しておくんなまし」
「あっ、はい…そ、それでは【め】以降の方、どうぞ」
眠川がそう言うと一人の少女が立ち上がった。
「全く…性奴隷とか、何だかんだ煩いわね?あんた達分かってる?私達は【高校生】よ?そんな事を気にしている場合じゃないわ?やっぱり男子は馬鹿ね」
「何だと!?」
まさかの性奴隷の暴言に零は反応する。
「てめぇ、名を名乗れや!?」
「私?私は桃島姫君(ももじまひめぎみ)。あんた達みたいな下劣で下賎で下品な男とは違うわ」
「お前こそ、暴言吐いて許されるような存在だな?お前の親の顔を見て見たい」
「!」
零がそう言うと姫君は手元にあったカッターナイフを零に投げた。
「私の親の話はしないで!」
姫君は叫んで少し涙目になる、そして零は姫君にカッターナイフを投げられ、腹部に当たるのを阻止する為に右手の甲で防ぎ、右手の甲を少し怪我した。少しだけ血が出て、雫が床に落ちた。

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 ( No.27 )
日時: 2018/12/29 23:56
名前: PePe

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 自己紹介は終わる。

「あっ…ごめんなさい…」
謝る姫君に対し零は「どうでもいい」と言って、胸ポケットのハンカチで血を拭う。勿論床もだ。
「…成奴君、もしも出血が酷いようなら保健室に行って下さいね」
「わぁった」
「それでは次の自己紹介を…」
「はい」
眠川の発言に反応するガムを食って膨らませる少年。
「八島八王(やしまやおう)、男だ」
「はぁ…分かりました、では次」
「へーい!」
急に甲高い女性の声が聞こえた、まさかの声に全員が驚いた。
「へいへいへいへーい!何だよ俺の声に驚いてるのかー!?まぁ、いいぜ!俺の名前は淀井二科(よどいにか)だぜ!宜しく!」
「…宜しくお願いします、では次」
「ふむ。私の名前は竜胆鐶(りんどうたまき)、宜しく」
「えぇ、宜しくお願いしますね。えーと、それじゃあ次の方どうぞ」
眠川がそう言うと、シーンとなる。そして「あっ」と、可愛い声が聞こえ、誰かが立ち上がる。
「瑠璃ヶ原(るりがはら)ぽん…と申します…宜しくお願いします」
「えぇ、宜しくお願いします…えーと、次は…」
眠川がそう言うが、誰も言葉を発しない。と言う事は【全員の自己紹介が終わった】と言う事だ。
「え、えと、それじゃあ誰も名乗らないので、もう自己紹介は終わりかな?」
眠川がそう言って、周りを見る。だが周りは誰も反応しないので、眠川は「自己紹介は終わったな」と思った。

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 ( No.28 )
日時: 2018/12/31 00:34
名前: PePe

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 長かった自己紹介も終わり、安心する作者二人。

「さて、それでは自己紹介も終わりましたね。私は安心しました。全員出席している様なので」
「そうだったのか、眠川女史」
「えぇ、そうなのです成奴君」
「そうか」
零は眠川の発言を受けて納得していた。そして武庫が言った。
「あー、そういや眠川せんせぇって、どんな教科を担当しとるん?」
「えっ?私ですか?」
いきなりの発言に驚く眠川、そして淡々と解答する。
「私は国語を専攻してるわ。でも一時間目の授業は数学なので私の出番は次の授業では無いわ」
「へぇ、そうなんかぁ。てっきりこのまま続けるんかと思ったわ」
「いえいえ?そんな訳ある訳無いじゃないですか?あぁ、後今日昼のホームルームをするので六時間目終わっても帰らないで下さいね?それでは解散!」
眠川は伝えたい事を全て伝え、安堵しながら教室を出る。すると桜子が零に近付いた。
「ねぇねぇ零ぃ?今日の昼飯、どうする?私二つ作ったんだけど?」
「ん?大食いだな桜子は」
零がそう言うと「いや、アンタの分も作ったの」と言う。
「零、アンタは自炊出来ない馬鹿だから仕方なく作ってきたの、有難く思いなさい?」
「ん?購買のパンでもいいのに」
「アンタねぇ…」
桜子と零のやり取りを見て周りのクラスメイトは「夫婦かな?」と思った。


PePeコメント
すみません。
寝ていて。
ってか何とか名前作るの、終わりました。

Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。