複雑・ファジー小説

成奴零は性奴隷を集めている
日時: 2018/12/07 23:58
名前: PePe

プロローグ 性奴隷何人出来るっかなぁ?

早朝朝五時二十五分の出来事である。一人の男性が玄関に座り、靴を履く。男性は靴を履いた後靴紐を結び、解けないかを確認する。確認し終えた男性は顔を上げ、静かに呟いた。
「…二時間前行動は成功。さぁ後は二時間後を待つだけだ…」
男性はそう言った後、靴を脱ぎ、欠伸をする。流石に早く起き過ぎた。寝る。男性はそんな事を考えて二階の寝室へと向かい、スマホのアラームをセットし布団の中に潜って、睡眠を再開する。さぁ二時間後起きれるかな?男性は不安になりながら深呼吸した。

この物語は性奴隷を集めて性奴隷ワールドを作ろうとしている上記の男性、成奴 零(せいど れい)の人生を綴ったモノである。

初めましてPePeと申します。
今回は合作となります。
まさか初めて書く作品がまさかの合作とは…驚きです。
毎日投稿を頑張りたいです!
あ、後自分はリク依頼板という場所で【小説感想スレッド!】っていうスレッドタイトルそのまんまのスレッドも経営(?)しておりますので、執筆者の方はどうぞご自由に依頼して下さい!

目次

プロローグ&PePe自己紹介
>>0

環琴桜子は成奴零の幼馴染みである
>>1

優雅なる朝餉(あさげ)
>>2

高校一年生、成奴零の卒業迄の夢
>>3

女は皆性奴隷
>>4

学校へ行こう
>>5

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 学校に着いたら
>>6

Page:1 2 3



〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 ( No.8 )
日時: 2018/12/09 23:52
名前: PePe

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 長谷部七尾の視線

「す、すんません!うちの友人が馬鹿な事を!」
桜子は急いで零の頭を掴んで、頭を下げさせる。桜子も頭を下げ謝るが、零は顔を横に向かせ桜子に「何で謝ってんの?」と冷酷な眼差しで見る。
「バカ!あの人は風紀委員なのよ!?これから先毎日厳しくチェックされる可能性があるのよ!?」
「だから何だよ?そんなのお前に関係があって俺には関係が無いだろ?」
零は桜子の手から離れ、千切を見て再度言う。
「あんた胸が柔らかいな?まるで餅みたいだ」
「う、う、う、うっさい!アンタには恥ってのが分からないんですか!?」
「恥じゃないさ?胸が柔らかい、それは悪い事では無い!誇れ!それは自身の武器となる!」
「は、はぁ!?アンタセクハラって知ってる!?男が女の嫌がる部分を触ったらって話!」
「知ってるぜ?でも俺はお前を性奴隷にするから問題が無い!」
「問題大有りよ!?何が性奴隷よ!?誰がなりますか!?アンタ、後で反省文十枚ね!」
「えー?何でだよぉ?俺は褒めただけなのに…?」
不思議がる零は頬を掻く。そんな二人のやり取りを遠くから覗く存在が居た。
扇子を持ち、口を隠しながらブラインドから覗き、冷酷な眼差しで見つめる存在。そんな存在は「七尾様」と呼ばれる。
「…はい?」
「今日は一段と喧しいですね、外が。少し私が【躾】をしてきますね…」
「いいえ、しなくていいわ」
「えっ?」
不思議がる存在に対し、七尾様と呼ばれた存在は静かに口を歪ませる。
「貴方が躾けるのではなく、私が出て直々に叩けばいいですわ?だってその方が貴方の手を煩わせなくても良いから」
「…お気遣い感謝します」
膝を曲げ、頭を下げる存在。そんな存在を見ながら再度零と千切を見る。七尾様と呼ばれた存在は静かに零をどう潰すかを考えていた。

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 ( No.9 )
日時: 2018/12/10 23:49
名前: PePe

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 成奴零の長谷部七尾への拝謁

「それじゃあ呼んできてよ彼を?」
「えっ?私ですか?でも今さっき七尾様が「自分で叩く」って…」
「それは【此処で】って事。だから呼んできてよ?」
「あっ、はい…」
やっと意味を理解した存在は頭を下げ零の所へと向かう。
「全くもって意味不明だ?何が悪いんだ?俺はただ胸を揉んで褒めただけなのに?」
「あのねぇ?胸を揉むなら赤の他人じゃなくて私のを揉んでよ?私のは何時でもウェルカムよ?」
「お前の胸を揉むなら両腕を斬り落とした方がまだマシだ」
「えぇー?」
唇を尖らせる桜子に対し、上履きを穿き返る零。すると零の前に黒髪ロングの女性が立っていた。スカートも長く零は完全に喪女に感じた。
「失礼、貴方が成奴か?」
「あぁ、成奴零だが?」
「生徒会長がお呼びだ。来い」
「やだと言ったら?」
「私が直々に【躾】を行う」
黒髪ロングの女性は長いスカートの中からでかいカッターの刃のような刃物を取り出し零に投げる。そして零の頬を刃物が掠り、血が横に長く出る。
「拒否権は無い、いいな?」
「…分かったよ、案内しろ」
零は桜子に頬を手当てされながら発言し、黒髪ロングの女性は静かに頷いて、生徒会長室へと歩いた。零は静かに着いて行く。
「失礼します」
黒髪ロングの女性はノックを三回した後、ドアを開けて、入室する。零も入室し、【生徒会長】と書かれた名前スタンドを見る。そして椅子を半回転させて、「初めまして、成奴君?私はこの学園の生徒会長、長谷部七尾と申します」と言う。
「成奴零だ。生徒会長さんが何なんだぁ?」
零は生徒会長、長谷部を睨んで見つめる。桜子は「何時の間に此処に私が…?」と思っていた。

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 ( No.10 )
日時: 2018/12/11 23:52
名前: PePe

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 ザコVS女王

「ん?」
生徒会長長谷部七尾は零の頬を見て不思議がる。どうして血が流れているのだろうか?まさか…そう思い、七尾は零に問うた。
「えーと、成奴君?その頬は、何?」
「ん?あぁ、この女に斬られた。スカートの中から変な刃物を取り出してなぁ?」
「夜三!」
「ひっ!済みません!成奴の奴が生意気な態度を!」
「煩い!誰が客人を傷付けていいと言った!?」
七尾は立ち上がり夜三と呼ばれた女性に近づいて殴ろうとした。だが、そんな七尾の拳を零は掴んで「止めろって!」と静止させる。
「成奴君は黙って!これは【躾】よ!」
「…止めろって」
零は掴んだまま七尾を睨み、続けて「喧嘩はするなよ…!」と怒鳴る寸前の声で言う。
「成奴君?貴方は【生徒会長長谷部七尾】という存在に【歯向かおう】としているのかしら?」
「お前等二人の喧嘩を止めるならそう取ってもいい」
「だから零!?風紀委員から反省文書かないといけないのに生徒会絡みでまた書く気!?」
驚く桜子に七尾は顔を向け、「そうなのですか?」と、首を傾げる。
「え、えぇ」
桜子が頷くと七尾は「問題児なのかしら…?」と思う。そして手を下げ「分かりました」と発言する。
「【躾】は今しません。ですが成奴零?貴方、私に歯向かったと言う事は…【今後の学園生活が苦労の連続になる】という事でもいいんですね?」
睨む七尾に対し「黙れ」と口の端を歪ませる零。
「そんなの、俺が決める事だ。どうせ生徒会長だ、出来る限りの行動はするけど【出来ない事もある】だろ?」
零は七尾を睨み、続けて「あー、後この喪女女、俺の【性奴隷にする】から、てめぇの手から引き抜くぜ」と、発言した。

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 ( No.11 )
日時: 2018/12/12 23:55
名前: PePe

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 人生の勝者、人生の敗者

「なっ…!?」
「えっ…!?」
「はぁっ!?」
生徒会長室に女性三人の声が響く。そんな三人の声を聞き、「何だ?」と、不思議がる零。
「あ、貴方!?私の夜三を引き抜くって!?」
「わ、私は七尾様の下に一生居ますけど!?」
「今、此処で言わなくても良いんじゃない!?」
女性三人の声を聞き、零は言う。
「アンタはこの喪女女に手を出そうとした。手を出すって事はそれは暴力だ。俺は暴力が振られている場面を見たくない。これ以上藻女女がお前の下に居るのなら再度暴力を振られるかもしれない。だったら、俺の下で性奴隷として、居た方が暴力を振られないだけ、安心だ」
「…性奴隷、ですか…でも、それは願われない願いね?貴方が喪女女っていう娘(こ)、名前は朝霞夜三(あさかよみ)って言うんだけど、彼女は「私の下に居ないといけない」のよ?何故なら彼女の両親は【借金によって、大事な娘を売った、最低卑劣な親】だからよ?それを私の両親が買って、私のペットにしているの。だからそう簡単に貴方に屈服しないわ」
「果たしてそれはどうか?その借金を俺が支払えばいいだろ?」
「はぁ?笑わせないで?貴方が思っている程少なくは無いわよ?何千万!貴方にその金額が払えるかしら?」
「払えないな。でも性奴隷にするんだ、お前の暴力から離れられると思えば安いもんだ、金なんか何時でも払える」
「…貴方、私に根本的に歯向かう気ね?」
そう言って七尾は扇子で口を隠し、笑う。そんな七尾に対し、真剣な眼差しで零は七尾を見る。
「性奴隷なんて人生の敗者が人生の勝者である私によく歯向かえるわね?」
「人生の敗者、人生の勝者なんか、死ぬ間際でないと分からないと思うけどな?」
七尾の発言に対し、零は口の端を歪ませて笑う。そして零、七尾の二人は睨み合う。

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 ( No.12 )
日時: 2018/12/13 23:54
名前: PePe

〜第一部 高校一年生 一学期〜 風紀委員VS性奴隷王成奴零編 圧政からの脱却

「ま、まぁまぁ!お二人共落ち着いてぇ!?」
咄嗟に桜子が止めに入る。そして桜子は「それじゃあ、私達は此処ら辺でさよならー!」と叫んで零の首根っこを掴んで生徒会長室を出る。
「…成奴、零…」
七尾は静かに口の端を歪ませ「彼を、【壊し】ましょう」と、呟いて椅子に座る。
夜三はそんな七尾を見て、内心安心していた。

「おい!?何で引っ張る!?空気が吸えない!」
「もう少し!」
桜子の発言に零は戸惑う。そして何とか立ち止まった桜子、零は呼吸をし桜子に言う。
「てめぇ!?何すんだ!?」
「それはこっちの台詞でしょう!?性奴隷を作る前に敵を作ってどうするの!?相手は生徒会長さんなんだよ!?この学園で一番偉い生徒なの!」
「だから何だよ?じゃあ俺が生徒会長になれば話は終了だろ?」
「た、確かにそうなんだけど…!でも普通新入生で生徒会長になるなんて漫画じゃあるまいし!?」
「漫画じゃなくても、起こせる事実だろうが?可能性は無い訳じゃあないだろ?だったら俺はその可能性に賭ける…えっと、次の生徒会長選挙は何時なんだ?」
「新入生の私が分かる訳無いでしょ…?」
零の発言に呆れる桜子。そして桜子は溜息を吐きながら、「それじゃあ、クラスの皆に聞きましょう?流石に知っている子も居ると思うし、知らなかったら、ホームルームの時に先生に聞けば良いしね?」と言い、零を納得させる。

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。