複雑・ファジー小説

罵詈雑言
日時: 2018/12/03 00:06
名前: 咲斗さん

穢らわしい。
近寄らないで。
触れないで。

そう言われ続け、育った。
苦しくもあり、辛くもあった。
だが、不思議と悲しみや怒りの気持ちは
なかった。
あの頃の私には、人間として必要な感情が
どこか欠けていたのかもしれない。
そんなこと、今となってはわからない。
過去は捨て去り、新たな道へと足を
動かし始めたのだから。


しかし、何故だろう。
何かが足りぬような気がするのだ。
心の根本にあったものが、掘り起こされたような。
そんな違和感を感じていた。


違和感を抱えつつも、人生の駒を進めて早十年。
あの頃の人らは、人の手足を
借りなければならない体となり、知性となった。
私は、その人らに手を差し伸べ、
釈迦のような気持ちで接する。

その時、ようやくわかった。
嗚呼、嗚呼。
釈迦よ仏よ神よ。
これこそが人生の快感というものであろう。
彼らを蔑み、自らを称えることこそが
人生という思考。
人らに罵倒を浴びせよ。
何故、今まで気づかなかったのであろう。
嗚呼、釈迦よ仏よ神よ。
私は、人生を見つけました。
感謝永久に捧げ、今世極楽。


私が見つけた人生の名前は罵詈雑言。

Page:1



Re: 罵詈雑言 ( No.1 )
日時: 2018/12/03 00:08
名前: 咲斗さん




      GAMEOVER ▼



Re: 罵詈雑言 ( No.2 )
日時: 2018/12/03 00:24
名前: 咲斗さん

「閲覧お疲れ様でした。
 お楽しみ頂けましたでしょうか?
 感想、リクエスト。
 作家プロフィールをご確認の上、
 ご記入ください。返答可能なものは
 勿論させていただきます。」

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。