複雑・ファジー小説

幻想叙事詩レーヴファンタジア
日時: 2019/08/24 21:33
名前: ピノ
参照: http://www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=1259

「幻想(ユメ)はいつか現実(カタチ)になる」

東京にある高校、「星生学園」に通うごく普通の男子高生「新名悠樹」。
平凡な毎日を過ごす彼は、ある日事件に巻き込まれ、力に目覚める。
学園での小さな事件は、次第に現実世界を取り巻く事件へと変貌していく事は、まだ誰も知る由もない。




はじめまして!
「幻想叙事詩レーヴファンタジア」をご覧いただきありがとうございます。
当小説は、ゲーム版幻想叙事詩レーヴファンタジアの制作がいまいち進まないんでとりあえず小説書くか!という感じで書いてますので、
更新頻度などはあまり期待なさらず。
内容は、異世界へ飛んで悪い奴をやっつけるというわかりやすい内容です。
が、この小説版ではゲーム版の流れとは違うものを書きたいので、
リク依頼板にてオリキャラを募集し、そのキャラたちとの関係を描いていきたいなとか思ってます。決して丸投げではございません。
ちなみに当作品は「ニチアサ」「爽やか」「幻想」「異世界異能者バトル」がイメージワードです。(バトルを描けるか不安ではありますが)
とりあえず、幻影異聞録♯FE、アンダーナイトインヴァース、女神異聞録デビルサバイバーを知ってる人がいましたら、だいたいあんな感じです。
では、どうぞよしなに。

URLにてオリキャラさんを募集しております。いろんなアイデアを見てみたいのでぜひご応募いただければなと思います


【登場人物】 >>1
【専門用語】 >>2
【登場人物(オリキャラ)】 >>32


目次
序章  >>3-8
第一章 >>9-14
第二章 >>17-24
第三章 >>25-31
第四章 >>44-50

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



Re: 幻想叙事詩レーヴファンタジア ( No.48 )
日時: 2019/08/22 23:19
名前: ピノ


 彼は弓を引く。しかし、彼の手には矢など見えない。悠樹は不思議に思いながらも、透の出方を伺う。
 しかし、玲司は「じっとするな」と言い放ち、駆け出した。悠樹は驚いて反応が遅れてしまう。
 透は矢を放つ。反応の遅れた悠樹は、何かが頬を掠めたような気がし、頬から伝う冷たいものに触れた。

「え、ええ!?」

 悠樹は驚いて声を上げた。玲司はそれを見て、ふうっと溜息をついた。

「奴の弓矢は振動を利用した音の矢を放つモノ。目では見ることはできん。お前、心臓を狙われていたら即死だぞ」
「音……てことは、空気の流れを読めばいいんですよね?」

 悠樹は素早く判断すると、続けて透は弓を放った。矢は風を切って音を立てる。
 悠樹は空気と音で矢の軌道を予測し、透の近くにまで瞬時に迫る。だが、透は悠樹が来るのを待っていたかのように、悠樹の振り上げた剣を片手で握り、彼の動きを止めた。

「流石ユウキ君、キミは適応力がいいね。だけど、武器だけが戦術じゃあないよ」

 透はそう言い切る前に悠樹は突然足が崩れる。透が足払いして悠樹の足を崩したのだ。悠樹は驚いて見開き、そのまま地面に崩れ落ちる。
 だが、玲司が瞬時に矢を放って透の動きを止め、そのまま透に向かって剣を振り上げた。

「キミもやるね、レイジ君。それとも、これも――」
「今は戦闘中だ、余計な事を言っている暇はないぞ」

 透の言葉を遮るように、剣を翻し素早く透を斬りつける。だが、透はそれすらも読み、弓で剣を受け流した。

「2対1のハンデをあげてもこの程度?」
「フン、むしろこいつが俺に対するハンデだな」

 玲司は悠樹を指示しながら、足で透の顎を蹴り上げた。透は仰け反るがなんとかふらつきながらも立っている。

「がら空きだ、油断するな」
「ぐっ……いってて……ひどい事するなぁ」

 口を切ったのか、血を口からにじませながら尚も笑顔を崩さない。

「新名、いつまで寝ている」
「ご、ごめんなさい!」

 玲司の叱咤に悠樹は慌てて立ち上がり、剣を構えた。
 透は二人から離れ、素早く矢を放つ。空気の流れからして、数本撃ったのだろう。悠樹は放たれた矢を体を反らせて避け、その後正面に来る矢を剣を振って斬った。何かを斬る感触がする。
 玲司は透の次の矢が来る前に、透に近づき剣を持って刺突した。透はその動きを読むかのように顔を反らし、その剣を僅かな動きで避ける。

「さっきのお返し♪」

 透はそういうと、こぶしを握って玲司の腹に思い切り打ち付けた。玲司は「がはっ」と濁った声を漏らし、血を少量吐く。しかし、すぐさま透の腕をつかみ、

「なら、倍返しだ」

 と一言口にすると空いた腕で拳を握り、透の頬に拳を力強く入れた。すさまじい威力のそれは、玲司が腕をつかんでいなければ吹き飛ばされていただろう。

「結構、強いんだね……」

 尚も笑顔を崩さない彼は、玲司を見る。

「でも油断しちゃだめだよ」
「――なっ!?」

 透が笑顔で玲司の腹に手を当てると、玲司は口から大量の血を流す。悠樹はその様子を見て、驚きで心臓が高鳴る感覚が襲った。

「先輩!」
「……内臓を、潰したか」

 玲司は「油断した」と一言いうと、膝を折ってその場に座り込んだ。その場に倒れないのは、彼なりにまだ戦えるという意思表示なのだろう。悠樹は玲司に近づいて彼の肩に手を回して倒れないように支える。

「ま、人間にしてはよく頑張った方だよね。安心して、この場にいる全員……仲良く殺してあげる」

 透はニヤニヤと笑顔をはりつけていた。そして悠樹に向かって手をかざした。玲司を支えている以上、自分が剣を握って戦うことはできない。そうでなくとも、悠樹の実力では、玲司を守りながら透と対峙することすらできないだろう……悠樹は悟った。

「じゃ、来世でも会おうね」

 悠樹は一筋の汗を額から流し、歯を食いしばった。

Re: 幻想叙事詩レーヴファンタジア ( No.49 )
日時: 2019/08/24 00:57
名前: ピノ

 突然、透に向かって何かが勢いに乗って飛び込んできた。
 透にぶつかると、それの下敷きになる。悠樹はそれを見て驚いた。先ほど外で倒していたハーピーだったのだ。
 だがすぐにハーピーは黒い煙を発しながら消滅した。

「ハロー、ご機嫌いかがですか〜?」

 そこへ気の抜けた声が建物内に広がった。
 悠樹や皆は声の主の方へと顔をやる。入口には、ハーピーを担いだ見たことのある鎧の騎士が立っていたのだ。

「あれ、昨日の!」

 慧一は爪を使って切り裂こうとする飛竜の腕を、大鎌で受け止めながら叫んだ。知優も驚いて彼を見る。

「控えおろう! 白黒抹茶、あがりコーヒー柚子桜! 永谷公太さんいざ、参上仕りました!」

 ビシッとポーズを決めて、小さく「よし、決まった」と腕をぐっと握り締め、ガッツポーズをする。そんな公太の様子に一同はぽかんとしていた。

「何時代の人?」

 悠樹は思わず口にしてしまう。
 その様子を見ていた慧一と知優は公太に聞こえないように小声で会話していた。

「ちーちゃん、なんか昨日の子、だよね? ナイトメアから解放されてるはずなのに、全然変わってない気がするんだけど」
「多分、幻想世界に入ってハイになっちゃったんだと思う。」
「心の枷がブレイクしちゃったってワケ、か……たまにいるよな、そんな奴」

 そんな腰に手を当てて大笑いする公太の後ろで、白い髪の少女がこちらの様子をうかがっていた。体半分は隠れているので、服装はよく見えないし、瞳の色はエメラルドのように透き通った翠色だが、彼女の顔はまさしく雪奈の物であった。

「雪奈ちゃん!? なんでここに……」

 詩織は雪奈の顔を見るや、驚いて声を上げる。その声に雪奈は、ビクッと体を一瞬震わせて隠れてしまう。翔太はあきれたような半目で詩織を見た。

「詩織、驚いて隠れちゃったじゃん」
「えっ、私のせい!?」

 詩織と翔太が言い争いながら、飛竜を相手していると、雪奈に気づいた玲司が自身がボロボロだというのに悪態をつく。

「何をしに来た、野次馬か?」
「先輩、そんな言い方しなくても――」
「新名、少し黙れ」

 玲司は悠樹を遮って雪奈の方を見る。
 雪奈は玲司の声を聴いて、慌てて玲司に近づいた。彼女は夢幻武装を纏っている。髪は長く背後を覆う程。クリーム色のレースの装飾が洒落ている、青いシルクのドレスを纏う、上品な印象だ。なんとなく「聖騎士」を思わせる、そんな衣装だ。雪奈は玲司の近くに来ると、しゃがみこんで彼の目を見る。

「いいえ、兄さんを、皆さんを助けに来ました」
「そうか。俺が大口を叩いたもんだから、てっきり死にかけている俺を笑いに来たもんだと思ったぞ」
「そんなことはしません!」

 雪奈は少し機嫌が悪くなり、しかめ面を見せて拳を握り締めた。

「確かに、御海堂先輩の言い分は何一つ間違っていません。事実、私は足手まといでしかありませんでした」

 「でも!」と雪奈は言葉を強め、胸に手を当てて、まるで叱りつけるように声を荒げる。

「なんですかこの体たらくは! あなた、死ぬつもりなんですか? こんなところで、こんな場所で、こんな何もない悲しい場所で! 守りたいものも守れずに! ……そんなの絶対許しません。仮にあなたが皆のために命を賭したとしても、そんなの……」

 雪奈はついには目に涙を溜めて、涙をぬぐいながらしゃくりあげる。

「そんなの、誰が喜んでくれるんですか? 皆あなたのために泣きますよ。私だって泣きます! 現在進行形で泣いてます! 責任取ってください!」

 そう言い切らずに顔がくしゃくしゃに潰れるぐらい、涙をボロボロ流しながら玲司に詰め寄った。
 そんな彼女を見て、はあっとあからさまに大きな溜息をついて、玲司は一言。

「顔が梅干しみたいだ、あとで風呂に入って直せ」
「じゃあお風呂に入るので、兄さんを連れて帰るのを手伝ってください」

 雪奈は目に涙を溜めながらも、頬を膨らませる。
 しかし、それを見ていた悠樹は首を振った。

「でも、御海堂先輩は深手を負って……」
「大丈夫です、これくらいなら」

 雪奈がそう言った後、大きく息を吸って歌い始める。
 その旋律はその城全体に響き渡り、皆の傷を癒していく。玲司も少しずつ顔色が良くなっていく。
 どうやら、彼女の能力は歌に関するものらしい。まだ詳細はわからないが、歌で支援などができるようだ。

「傷が癒えた……」

 玲司がそう一言こぼす。痛みもなさそうで、すくっとその場に立ち上がった。
 雪奈はその様子ににこりと笑う。
 始終を見ていた公太は腕を組んでうんうんと頷いた。

「よし、体力万全! 大ボスに挑むとしますか! 見ててくださいエンキドゥ先輩!!」
「ちょっとやめてよ!」

 透はその様子を見終わった後、高笑いを上げた。

「まったく、臭い茶番をどうもありがとう。まあ、羽虫が何匹集まっても、羽虫には変わりないんだけどね〜?」
「ふん、羽虫とて家を食らい、家を腐食させるぞ」

 玲司は腕を組んで頷いた。「論点がずれているような気がするが、まあいいや」と悠樹は半目になって考えた。

「兄さんを返してください、そこにまだいるのでしょう?」

 雪奈は透に向かって叫ぶ。透はその声、その姿を目の当たりにして、眉をかすかに動かした。だが、それも一瞬であった。

「じゃあ、試してごらんよ。「お兄さん」が生きているかどうか、さ」

Re: 幻想叙事詩レーヴファンタジア ( No.50 )
日時: 2019/08/24 21:32
名前: ピノ


 玲司は彼の不意を突くように、氷の槍を生み出し投げた。だが、透は氷の槍を素早く弓を引き、矢を発射してその氷を砕く。その氷が砕け、その後に続いていた悠樹と雪奈がそれぞれの武器を手に突撃し、刺突しながら彼に近づく。だが、二人の攻撃にすら対応し、透は後ろへステップを踏んでそれを避ける。
 だが、透はその瞬間足が縫い付けられたように動かなくなった。

「――っ!? 影が……」
「悪いが貴様の影に細工しておいた、気が付かなかった貴様が悪い」
「へえ、さっきの……」

 透は理解する。玲司が最初に透の影に向かって投げた剣は、透の影を静かに凍り付かせていたのだ。そして、完全に凍ってしまった今、透は動くことができない。

「やるね、だけどこの程度じゃあ……!」

 透は再び切り込んでくる悠樹と雪奈を両腕で捕らえた。悠樹は顔を、雪奈は首を掴まれて身動きが取れなくなる。

「さて、捕まえたっと……どうする? このまま二人を殺しちゃ――」

 透が言い切る前に、悠樹は透の力強く腕をつかんで引きはがそうとした。

「今、助けますよ……透さん!」

 悠樹は必死に抵抗し、透の目を見る。「何を……」と透はひるんだが、やはり雪奈を見た時の反応と同じだ。
 まだ、透は生きている! 悠樹はそう確信し、透の腹を膝で蹴り上げる。彼は悠樹の一撃で吹き飛んだ。その際に悠樹と雪奈は解放され、息を整える。

「すっごいなぁ……生きていると確信しても、「トオル君」を傷つけるんだね」
「治療費は全部遠藤先輩に請求します。文句も遠藤家にどうぞ!」

 悠樹が大声でそう言い放つと、「ちょ、新名君!?」と物凄い勢いで知優は悠樹に顔を向けた。悠樹自身、それを見ていないのでどんな顔をしているかはわからない。きっと怒られるだろうな。そんなことを考えた。

「隙だらけだぞ」

 玲司はその場の地面にしゃがみ込み、手を地面に当てた。
 その瞬間、透の周囲が急激に気温が下がったように寒くなり、水分が凍る音がする。透が気付いた時には遅く、彼の周りは氷に覆われ、まるで氷の檻に閉じ込められたように透は氷塊の中で凍り付いた。

「そいつ、振動で内部から氷を割るよ!」

 公太はそう言いながら篭手をはめた両腕を背後に回し、手の甲からジェット噴射を出して、まるでミサイルのように透の方へと飛び込む。

「ドッカーン!」

 公太は叫びながら右腕の拳で氷を砕きながら、透に殴りかかった。
 その瞬間、周りを吹き飛ぶほどの衝撃波が起こり、周囲にいた皆は思わず腕や武器を使って顔を覆う。二体の飛竜は衝撃波により吹き飛び、外へと放り出され、消滅した。ガラス製の城は壁、天井がひび割れていき、けたたましい音を発しながら砕け散り、下へと落ちてく。床は思ったより頑丈なのか、ひびが少し入った程度で壊れたりしなかった。

「なんて力だ、もうこいつだけでいいんじゃね?」

 翔太は床を残して砕け散った城を唖然として見回す。

「幻想顕現は「想いの力」。何かへの想いが強ければ強いほど、力量に反映していくの。例え、「目覚めたての初心者(ルーキー)」であってもね」

 その場にへたり込んでいた知優はそう一言こぼす。
 公太はというと、今の一撃の反動のせいかその場に胡坐をかいて座り込んでしまった、そのあとすぐ、公太から「ぐぅ〜」という間の抜けた音が響いた。

「うーん、お腹減った……」

 本当にマイペースな人だと、慧一はその様子を見て笑った。



「ま、まだ……」

 透は俯せになり、腕で身体を支えるように立とうと必死に体を震わせていた。
 公太の一撃を食らっても尚、透は立ち上がろうとしていた。大量の血液を、口から水道のように吐き出しながら。

「まだ立ち上がるのか、あいつ……」

 玲司は透の様子に、冷たい眼光を光らせ、剣を片手に彼に近づいた。おそらく止めを刺そうというのだろう。それを察した雪奈は慌てて透の前に両手を広げて立ち塞がった。

「もう彼は戦えません! これ以上は無益です」

 雪奈は玲司の目を見てそう叫んだ。
 玲司は雪奈の様子を見ると、わざとらしく大きくため息をついて、「好きにしろ」と一言こぼした。
 それを見届けた雪奈は透に近づいて、しゃがみこんで彼の瞳を見た。目が合い、互いの目に互いの顔が映る。

「お願いします、兄さんを……返してください」

 そう一言、雪奈は口にした。

「君のお兄さんは……もう……」

 透がにやりと笑う。だが、そこへ悠樹が近づいてきた。

「俺の力があれば、別だろう?」
「……何を?」
「さっき、俺はこの武器を振った瞬間、幻想顕現が無効化できた。……もしかしたら、ナイトメアと人間の繋がりも断ち切れるかもしれない」
「……ははっ」

 透は何かを悟ったように小さく笑った。悠樹の力に気づいたようである。

「いいよ、「ボク」を殺すといい。ただし、これからもボク以上に強い子はたくさんキミたちに立ち塞がるだろう。せいぜい足掻くことだ。「守るべきモノ」を失いたくないなら、ね」

 透は捨て台詞を吐くように言葉を連ねて高笑いを上げた。まるで、彼らのこれからの運命を嘲笑うように。
 悠樹はその言葉を聞いた後、彼の影に自身の剣を突き立てた。
 彼はその瞬間、沈黙し、透は眠るように動かなくなった。







 幻想世界から出てくると、外はすっかり暗くなり、街灯に照らされる公園に皆は戻ってくる。知優は雪奈に自身の家へと招いた。なんでも、幻想世界で傷ついた人の治療は遠藤家、もしくは幻想世界対策本部で行っているからだそうだ。透はあれだけの傷を負ったため、しばらく眠ったままだろう。知優はそう言った。

「皆さん、本当にありがとうございました。兄をお救いしてくださって……」

 雪奈は透を背負いながら皆に頭を下げた。
 慧一はニコニコ笑いながら「それほどでもないぞ〜」と言った。

「困ったときはお互い様だよ〜」
「ちょーっと、骨が折れたけどな」

 詩織も翔太も大笑いを上げた。
 悠樹は、「よかったですね」と一言いうと、雪奈は悠樹を見て満面の笑みを見せる。

「あの、新名さん……本当に、本当にありがとうございました」
「……い、いや、俺は何も……」

 悠樹は照れながら後頭部に手をやって笑顔を見せる。
 そして雪奈は、玲司の方も見た。

「あの、お世話になりました」
「……さっさと連れていけ」

 玲司はふんっと鼻を鳴らしてそっぽを向いた。雪奈は慌てていると、知優が耳打ちする。

「あれでも、嬉しいのよ」
「知優、さっさと連れていけっ!」

 玲司は知優を怒鳴り散らすと、「やれやれ」と右目をつむりながら肩をすくめた。

「あ、あ……こ、これで一件落着ですね……!」

 知優、雪奈、透がその場から去っていくと、小さな声が聞こえた。元の姿に戻った公太であった。

「お前……あっちとこっちでギャップがありすぎるだろ……」
「あ、ひぃ!」
「調子狂うな……」

 慧一は、小さくなった公太を見て呆れて肩をすくめる。
 その様子を見て、悠樹、詩織、翔太はまた愛嬌よく笑ったのであった。




 この物語は、輝きを忘れない少年少女たちが織り成す、煌めきと幻想の叙事詩(サーガ)。
 幻想(ユメ)はいつか現実(カタチ)になる。


to be continued...


Re: 幻想叙事詩レーヴファンタジア ( No.51 )
日時: 2019/08/24 21:57
名前: アスカ ◆PuIGSTlbSo

よーーっす、一件落着おめでとーーー
雪奈ちゃんが透君と再会できてほんまよかったですわ
もう、玲司ったら素直じゃないんだから(お前は玲司のオカンか)
んー、next storyである第五章の主要人物は誰やろうな...
まあ誰にせよ次の章も楽しみですわ
んじゃ、今後とも更新頑張ってーな!
今日はこの辺でアデュー!

Re: 幻想叙事詩レーヴファンタジア ( No.52 )
日時: 2019/08/24 23:31
名前: ピノ

>>51
コメントありがとうございますー!
透さんはまだ眠ったままですが、今後も出す予定……かも?
玲司はツンデレなんで(まだデレがない)素直になるといろんなものガーみたいな理由じゃないでしょうか(適当)

何はともあれ次回はどんなシナリオになるかお楽しみに!
てことでありがとうございましたー!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存