複雑・ファジー小説

幻想叙事詩レーヴファンタジア
日時: 2019/11/17 19:33
名前: ピノ
参照: http://www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=1259

「幻想(ユメ)はいつか現実(カタチ)になる」

東京にある高校、「星生学園」に通うごく普通の男子高生「新名悠樹」。
平凡な毎日を過ごす彼は、ある日事件に巻き込まれ、力に目覚める。
学園での小さな事件は、次第に現実世界を取り巻く事件へと変貌していく事は、まだ誰も知る由もない。




はじめまして!
「幻想叙事詩レーヴファンタジア」をご覧いただきありがとうございます。
当小説は、ゲーム版幻想叙事詩レーヴファンタジアの制作がいまいち進まないんでとりあえず小説書くか!という感じで書いてますので、
更新頻度などはあまり期待なさらず。
内容は、異世界へ飛んで悪い奴をやっつけるというわかりやすい内容です。
が、この小説版ではゲーム版の流れとは違うものを書きたいので、
リク依頼板にてオリキャラを募集し、そのキャラたちとの関係を描いていきたいなとか思ってます。決して丸投げではございません。
ちなみに当作品は「ニチアサ」「爽やか」「幻想」「異世界異能者バトル」がイメージワードです。(バトルを描けるか不安ではありますが)
とりあえず、幻影異聞録♯FE、アンダーナイトインヴァース、女神異聞録デビルサバイバーを知ってる人がいましたら、だいたいあんな感じです。
では、どうぞよしなに。




【登場人物】 >>1
【専門用語】 >>2
【登場人物(オリキャラ)】 >>32


目次
序章   >>3-8
第一章  >>9-14
第二章  >>17-24
第三章  >>25-31
第四章  >>44-50
第五章  >>57-66
第六章  >>67-81
第七章  >>82-91
第八章  >>92-105
第九章  >>106-112
第十章  >>113-130
第十一章 >>131-140

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



Re: 幻想叙事詩レーヴファンタジア ( No.136 )
日時: 2019/11/11 19:03
名前: ピノ


 玲司は壁を登る。氷の壁は意外にも砕けやすいのか、剣がよく刺さる。下を見下ろすと、もう自分がいた場所は見えなくなっていた。上を見上げるとまだまだ上があるのか、天井は遠い。
 黙々と登っていると、途中で大きな穴を見つけたため、そこに入って腰を下ろした。休憩がてらに両腕を地につけて身体を支え、何気なく見上げると、穴を掘り進めて上に登るか。と考えつく。まあ、前回もそれで偶然心霊研究部がいたわけだし。と頷くと、剣を頭上に向かって突き刺して、まるでピッケルで砕くように、穴を掘り始めた。意外に簡単に砕けるので、どんどん掘り進める。
 やがて、上の方から淡い光が漏れてきた。……地上か。と玲司はそう思いながら掘っていく。
 何か話声も聞こえてくる。誰かいるのだろうか……と思い、思いっきり剣を上に向かって突き刺すと、バリンという大きな破裂音と共に、氷が砕けて、光が漏れる。暗闇に慣れていたため、顔をしかめるが、上に登って地上に這い出る。

「うわぁぁぁぁぁぁーっ!!」

 と、同時に驚いたような声が複数重なって、大音量で耳に入る。耳を塞ぎながら声のする方を見ると、複数の人間がこちらを見ていた。
 とりあえず、聞いてみるか。

「む、誰だ、お前たちは?」

 見知った顔も複数いるが、見知らぬ顔もいる。銀色の髪の少女と、目の前にいる黒髪の少年だ。
 少年が恐る恐る前に出て、玲司に尋ねる。

「お、俺は新名悠樹。こっちの皆は幻想世界対策本部所属の夢幻奏者で……」
「新名、悠樹……?」

 玲司はそれを聞いて、その場を立ち上がり、悠樹と名乗った少年の顔をまじまじと見つめる。
 情けない顔だな。と第一印象。その後、少しずつ忘れていた記憶が蘇る。まるでジグソーパズルのピースを埋めるように、どんどん記憶が鮮明になっていく。
 そして、彼がこれから自分の身に何が起きるか、自分自身がどうなってしまうのか……という記憶も蘇り、口を開こうとするが、すぐに首を振って、「いや、覚えているわけがないか」と俯いて首を振った。

「は?」

 聞こえていたのか、悠樹は首を傾げて声を上げる。玲司は彼の顔の前に手をかざす。

「こちらの話だ」

 そう一言添えて。
 その後、悠樹は訝し気に顔をしかめる。

「えっ……いや、いきなりなんなんですかあなたは……」

 何十回と聞かれた質問……何度でも答えてやろうではないか。と玲司はわざとらしくため息をつく。

「俺は「御海堂玲司」。星生学園の生徒会長だが、知らないのか?」

 そう答えた後、彼が驚いて自分を指さすこともわかっている。だからこそ、何か複雑な心情になってしまう。……いや、考えても仕方がない。そう思い込むことにした。

Re: 幻想叙事詩レーヴファンタジア ( No.137 )
日時: 2019/11/12 22:55
名前: ピノ

 玲司は皆を置いて先行することにした。
 自分がいなくても難なく進めるだろうし、不思議とまだまだ体力が有り余っているような気がする。
 また同じ道を進み、今度は公太のいる場所の手前まできて、一度休憩するべく座り込んだ。溜息をつくと、背後から愛実の声が聞こえる。……背後は壁なのだが。

「玲司君、お疲れさ〜ん」
「新名さん、後ろは壁のはずですが」
「私に壁の概念なんか通用しないんだよ。それよりも、疲れてるでしょ。これあげるから飲みな〜?」

 愛実は玲司の手に何か筒のようなものを手渡した。玲司は手渡されたそれを見てみると、水筒のようだ。背後に顔を向けると、もうそこには誰もいなかった。

「本当に気まぐれだな」

 玲司はそうつぶやくと、水筒の中身を口にする。中身は温かい茶で、体が温まってきた。つい飲み干してしまうと、水筒をどこに置けばいいのやらと周りを見た。とりあえず地面に置くと、その直後、地面がぱっくりと割れる。玲司は驚いて身震いさせるが、割れた地面から白い腕が伸びて水筒を掴む。

「玲司君、グッドラック〜」

 そう声が響くと、白い腕は水筒を掴んだまま左右に振って、地面の中に消えてしまう。その後、地面は縫い付けるように塞がり、何事もなかったように元の地面に戻っていた。
 本当に神出鬼没な人だ。と玲司は呆れ半分に肩をすくめる。

 その後、皆が追いついて公太との戦闘が始まった。
 玲司は皆が戦っている間に、公太の周りの空気を凍らせ、徐々に動きと思考を鈍らせていく。まあ、玲司からすればスローモーションのように動きが鈍くなっているのだが、悠樹達からすればまだまだ素早い動きと圧倒的パワーで押されてしまっているだろう。
 玲司は皆を囮にしているようで申し訳ない気持ちではあったが、こうしなければ十中八九彼に勝つことができない。今までも、誰かが公太の気を引いてくれたおかげで何とか勝っている。
 本当に、自分はまだまだ弱いな。……そう考えながら、注意力が散漫となった公太に素早く近づき、首筋を握る。そして彼に耳打ちした。

「アポロンの腹心だろう、貴様」
「――!?」

 公太は目を見開いて目だけを玲司に向けた。

「なぜ、それを……!?」
「それは貴様の知るところではない。俺が聞きたいのは二つ。一つはアポロンの情報、一つは美浜渚の情報。それだけ言えばお前を解放しよう」

 玲司は周囲の空気を凍らせて彼の自由を奪う。もちろん自分も動きにくくなってはいるが、瞬時に彼の首を掻っ切るなど容易い。公太は「くう」と声を漏らす。

「わかった、言うよ。総長と協力者の話だろ?」

 公太が口を開く。アポロンの情報は玲司も知っているし、何より今まで引き出したモノとほぼ同じ内容でもあった。だが、玲司の興味を引いたのはその次の情報であった。

「全ては「ナイアーラトテップ」の手引きによるものだ。新名悠樹か御海堂玲司の二人を空席に座らせるために、総長に現実世界を襲わせ、美浜渚をこちらの世界に呼び込んだ」
「……わかった。では、美浜渚は今どこにいる?」
「お前らの近くにいる。すぐ近くに」
「では、美浜渚の目的は?」
「総長と一緒になって殺戮を楽しんでる……って前に言ってた」

 「それ以上はわからん」と公太はそういうと、玲司は無言になる。

「これ以上俺は何にも知らねえよ。もういいだろ、解放してくれよ!」
「ああ、わかった」

 玲司はそうつぶやくように口を開くと、公太の首筋にある黒い影を掴み、それを掻っ切った。影は悲鳴を上げる暇もなく消え去り、公太は糸の切れた人形のように足元から崩れ、倒れる。
 玲司は倒れた公太を介抱し、同時に宙を見上げる。

「次は、どうやって奴をおびき出すか、だな」

Re: 幻想叙事詩レーヴファンタジア ( No.138 )
日時: 2019/11/14 08:25
名前: ピノ

 公太を救出して数日が経つ。
 玲司は渚を倒すための算段を立てていた。一筋縄ではいかないだろうが、彼を今のうちに倒しておけば、障害がなくなるはず……。
 手を汚すのは自分だけでいい。玲司はスケジュール帳にそう書き込むと、閉じて胸ポケットにしまう。
 渚を呼ぶために、一年の教室へと訪れた。一年三組の教室をのぞき込むと、渚は数人の生徒と楽しそうにしゃべっている様子が見えた。こうしてみると普通の男子学生だ。……とてもじゃないが、別世界に潜り込んで人殺しに加担しているようには見えない。だが、そんなことはどうだっていい。こいつが悠樹達の障害になる事は、もう何度も経験している。
 玲司は教室に入って渚を呼ぶ。

「美浜、話がある。今、大丈夫か?」
「うーん」

 渚は玲司の顔を見て何かを察したように、笑顔が消え失せた。……いや、見間違いかもしれない。笑顔はそのままだ。渚は時計を見る。昼休みが終わろうとしているところだった。

「今はちょっと」
「じゃあ今日の放課後、すぐに帰らず校門で待っていろ」
「もしかして、ぼく……告白されちゃうとか?」
「ふざけたことを抜かすな、話があるだけだ」

 渚は「ふーん」と言ってから頷く。彼の目は気のせいだろうが笑っていないように見える。こちらの正体には気づいているだろうな。でなければ、その程度だという事にもなる。
 玲司は「ではな」と一言いうと、その場を立ち去った。

 美浜渚は危険因子だ。速やかに排除しなければ、アポロンと束になって牙を向けてくるだろう。……それだけは避けたいので、愛実や空音に協力を取り付けた。空音も快く引き受けてくれたし、愛実も同じくだ。
 どんな事になろうとも、必ずこの手で……! 玲司は自身の手を見つめ、強く握りしめる。
 そして、昼休みの終わりを告げるチャイムが鳴り響いた。すでに教室に戻っており、玲司は自身の席に着く。

Re: 幻想叙事詩レーヴファンタジア ( No.139 )
日時: 2019/11/14 21:16
名前: ピノ


 放課後、玲司は約束通り校門前へと赴く。少し待っていると、渚が「ごめんごめん」と手を振りながら近づいてきた。

「待った?」
「今来たところだ」

 玲司は素っ気ない返事をすると、校門前から見える山の方を指さす。

「少しばかり歩くことになるが、いいか?」
「ん? うん。どこ行くの?」
「山の上の神社だ」

 渚は「ふーん」と顔色を変えずに返事をする。
 玲司はそんな渚を見て、「遅れるなよ」と一言言ってから歩き出す。もちろん、彼の隣を歩きながら。
 二人はゆっくりと歩く。いや、傍から見れば普通に歩いているのだが、玲司からすれば一歩一歩緊張感が走りながら踏みしめながら歩いている。渚は残虐な性格であり、笑顔をはりつけているためか、思考が読めず、何を考えているかさっぱりわからない。だからこそ現実世界にいる時でも警戒が必要だ。

「ところで、神社には何しに行くんですか?」
「お前に会わせたい人がいてな」
「……へえ」

 渚はそう返事すると、玲司の顔をのぞき込む。

「会わせたい人ってどんな人ですか?」
「俺の知り合い」

 渚はさらに尋ねる。

「その人とぼく、どういった関係があるんでしょうか?」
「会えばわかる」

 玲司は渚と目を合わせないようにしている。ポーカーフェイスには自信があるが、こいつにわずかな表情の変化で何かを悟られるのは避けたかったからだ。もう何もかもバレバレかもしれないが……。
 そう考えていると、渚は「ふふっ」と笑う。

「御海堂先輩って不思議な目の色ですよね、左右違うなんて」
「それがどうした?」
「その目には何が見えてるのかなって」

 妙な事を言い出すもんだと玲司は訝し気に渚を見る。彼はケラケラと笑っている。揺さぶりをかけているのだろうか?

「お前と同じものが見えているぞ」
「そっかぁ、だよね」

 渚がそう返事すると、またケラケラ笑う。
 こちらの腹を探るような質問を受け流しながら歩いていると、やっと神社に登る階段が見えた。少し安心できる。神社の前には空音がいたからだ。
 空音はこちらに気が付くと、手を振っていた。

「お疲れ、玲司。……この子が件の?」

 空音の質問に玲司は頷く。渚も空音を見て、軽く頭を下げた。

「玲司、なんか心なしか疲れてる?」
「質問攻めでちょっとな」

 玲司はそう答えると渚の方を見る。
 彼は何かを凝視していた。その先を見ると、住宅街の建物の間の影で何かが蠢いているようにも見える……幻想世界の入り口だ。
 渚はおもむろにそれに近づいた。が、玲司は渚の肩を掴んでそれを制止する。

「どこへ行く?」

 玲司がそう声をかけると、渚は玲司に振り向かず、つぶやくように口を開く。



「せっかくだけど、御海堂先輩のご招待は受けられないかな」

 玲司はその言葉に驚きもせず、「そうか」と答える。
 そしてこの後彼がどういった言葉を口にするか、どういう行動をとるか……玲司は察したように身構える。

「その代わりとは言っちゃなんだけど……」

 渚がそう言い終わる前に、蠢く影が玲司と空音の足元まで伸び、二人の足を掴んで影へ引きずり込もうと呑み込んだ。
 空音は驚いて声を上げるが、玲司は冷静に流れに身を任せる。
 罠にはめるつもりが、裏を取られて待ち伏せされるとはな……と深い溜息をつく。

「きみ達を舞踏会に招待するよ」

 渚は振り向いて、笑顔を見せながらそういうと、玲司もふっと笑う。余裕の笑みである。

「ならば招待を受けよう。最も、俺のダンスは激しいぞ」

 空音は「こんな時に呑気な事言って……」と思うが、むしろこれはチャンスではないかと考え、玲司と同じく流れに身を任せた。

Re: 幻想叙事詩レーヴファンタジア ( No.140 )
日時: 2019/11/17 19:33
名前: ピノ


 玲司は目を開けてすぐさま起き上がる。ここは闘技場だろうか? 客が大勢座る観客席に囲まれた、広い場所……まるで見世物にされているようで気分は良くない。客は俺が起き上がったのを見て声を上げる。よく見たら客は全てナイトメアだ。全く暇だな。と玲司は眉間に指を当てて溜息をつく。
 あちらはこちらを胃袋の中にでも入れたつもりだろうが、逆に食い破ってやろう。……玲司は周りを見回すと、空音は起き上がって服についた埃を払っている様子だ。

「玲司、何この状況」
「闘技場にいるようだ」
「知ってるわよ、それくらい。そうじゃなくって、どうなるの私たち」

 チャクラムを構えながら四方八方を見回す空音。何が起きるかなんて、すぐに答えは出るはず。玲司は自分も剣を構えて空音と背中合わせになる。

「渚は?」
「わからん。だが、どこかから見ているのは確かだな」

 玲司は吐き捨てるようにそう言う。すると突然奥にある鉄格子が閉まっていた入り口が、音を立てながら開き、奥から武器を持った骸骨や悪魔などがこちらに向かってくるのが見える。
 大群で押し寄せる彼らに向かって、空音は先手を取り、チャクラムを投げる。玲司も剣を弓に変化させ、3本同時に光の矢を引き、放った。
 チャクラムと光の矢が現れるナイトメアを一掃し、消滅していく。……だが、次から次へと大群で押し寄せる彼らに、玲司は舌打ちした。

「キリがないなこれは」
「なんかいい方法ない?」
「空音、お前の顕現は使えんのか」

 再び剣に変化させ、それでナイトメア達を切り倒しながら玲司は空音に尋ねる。空音もチャクラムで周りのナイトメアを斬っていきながら首を振る。

「数が多すぎるわ。ま、限界まで頑張りましょう」
「無茶を言うな…」

 玲司はそうぼやきながらも剣を振る。
 この状況を打破するには……と玲司は空音を見る。空音はおもむろに透き通った水色の石を取り出して握り締める。途端に、石は淡く光り出す。

「少し時間がかかるわ、それまで何とか耐えてちょうだいな」

 空音はそう言って再びチャクラムを持ち、敵を切り伏せる。その動きはまるで踊っているかのようだ。玲司もなるべく一撃で仕留められるように、敵の首を狙って切り落とす。
 次から次へと敵はくる。玲司と 空音は疲れが見え隠れしてきていた。数が圧倒的に多く、同時に狙われて傷を受ける。そして傷をつけた敵を仕留めてもまた別の敵が傷をつける。その繰り返しだ。……浅い傷でも増えてしまえば深い傷となり、二人は追い詰められていく。

「玲司、ごめん」

 空音はそういうと、その場に倒れる。玲司は「心配するな」と一言いうと、倒れる彼女に手をかざす。空音は氷の箱に包まれ、玲司は彼女を守るように敵からの攻撃を防いでは斬っていた。

「悪いが俺はまだ動けるからな。それまではお前を守ってやる」
「「守ってやる」……ってあんたねぇ、もうちょい、言い方ってのが……」

 氷を砕こうとナイトメア達は、武器を振り回すがはじかれる。氷はまるで鋼鉄の壁のように固い。氷を砕けないと悟ると、彼らは玲司を狙う。玲司は空音よりも深い傷を受けているのだが、立ち続けていた。その足は一切ふらつかず、地を強く踏みしめている。

「寝ていろ」

 玲司は空音にそれだけ言った。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。