複雑・ファジー小説

昌しき進路
日時: 2019/08/30 16:57
名前: 渾身 (ID: Xr//JkA7)

渾身のこれまで創作された物語をこのスレにまとめました。
このスレだけでお楽しみください

渾身の物語集

毎日更新→ >>01-

【毘曇 】 7世紀新羅の逆謀・毘曇(ピダム)の波乱万丈な人生を描く大型歴史スペクタル
プロローグ>>01
第1話>>02
第2話>>03
第3話>>04
第4話>>05

【鳳凰の戦い〈闇の鳥〉】唐までを滅ぼした高麗の建国者ワン・ゴンが王位に就き、闇から放たれる日まで描く
>>06-15

【伝説の国】実在したとされる泰清の他国との政治関係性を短くまとめた物語
>>16-31

【鳳凰の戦い】毘曇にも登場するキム・ユシンの息子ユンボムが三韓統一を成し遂げるまで描く歴史スペクタル
>>32-38 最終回→>>48

【我らの訓音】ハングルを造った世宗イ・ドの治世を波乱万丈に描く。ヒューマン歴史スペクタル
>>39-42 >>45>>51

【晦き運命に響いた囁き】朝鮮で実在した義賊イム・コッチョンの生涯を描く!__(集中更新中)
>>44 >>46 >>47 >>49>>50

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



Re: 晦き運命に響いた囁き ( No.51 )
日時: 2019/08/10 14:37
名前: 渾身の (ID: Xr//JkA7)

我らの訓音:第4話

【王妃の神殿】
昭憲王后「チョン・インジを殺せ。」
パク・ハンソク「はい?」
昭憲王后「チョン・インジは私を侮辱した!これは国母として到底許せぬ事だ。」
パク・ハンソク「私にお任せを。」

【チョン・インジの帰り道】
チョン・インジの目の前にハンソクが遣わした部下が刀を手にして現れる。
ハンソクの部下「あやつがチョン・インジだ!殺せ!」
ハンソクの部下がチョン・インジを斬ろうとした男の胸に世宗の矢が刺さる。
世宗「チョン・インジを狙う輩を皆殺しにせよ!」

Re: 韓正伝史 〈晦き運命に響いた囁き〉 ( No.52 )
日時: 2019/08/11 21:15
名前: 渾身 (ID: Xr//JkA7)

毘曇に続く歴史を大きく揺るがした''女王''の物語__
「善徳女王〈伝えられた歴史的瞬間〉」


あらすじ
時は576年__真輿王の存位晩年 太子・真智(チンジ)と美室(ミシル)が対立し、真輿王の開いた全盛期が崩れようとしていた。

【目次】
第1話>>54
登場人物>>53

Re: 韓正伝史 〈晦き運命に響いた囁き〉 ( No.53 )
日時: 2019/08/11 21:43
名前: 渾身 (ID: Xr//JkA7)

馬に乗り新羅王京の森の中を駆け走る真輿王。

西暦576年 真輿王晩年には真智(後の真智王)と真輿王の女護衛武士であり、朝廷を牛耳っていた美室の対立が繰り広げられた。真輿王は自らが開いた改革が2人によって壊され、衝撃を受け、数ヶ月間寝込んでいた。

西暦576年(真輿王晩年)

北漢山新羅真輿王巡狩碑に立つ真輿王 真輿王(新羅24代王)

「我は!この小国新羅を漢江まで領土を広げた。その記念碑として北漢山のこの碑を''真輿王巡狩碑''と名付け、その記念すべき事柄をここに記そう。」
と真輿王は声を張って言う。それを見守る美室と真智。

美室(花郎の長・風月主) 真智(真輿王の次男、太子王位継承者)

第1話「真輿王碑の前で」

そこに百済軍がやって来る。それに驚く真輿王と臣領たち。

その軍たちの先鋒将には武王が立っている。

「新羅王の首を取り、新羅に殺された兵士たちに供え物として捧げてやる!」





Re: 韓正伝史 〈晦き運命に響いた囁き〉 ( No.54 )
日時: 2019/08/14 23:16
名前: 渾身 (ID: Xr//JkA7)

第5話 「奪還出兵の罠」

馬に乗って高句麗へ向かうチュンチュ。

【ナンビ城・前】
ピダム「門を開けたまえ!」
そこに、栄留王が立つ。
栄留王「ハッハッハ。隋を滅亡させた15万の兵士達よ!新羅のピダムを生け捕りにせよ!」
ピダム「なぜ大王が!」
ヨムジョン「きっとキム・チュンチュが大王に伝えたのでしょう。」
そこに、キム・チュンチュが立つ。
キム・チュンチュ「ピダム!お前を今日、殺してやる。」
ピダム「チュンチュ公、私はチュンチュ公を殺し、イチャンになってやる!」
ピダムがチュンチュに向かって矢を向ける。
ピダム「ナンビ城を奪還しろ!」

【キム・ユシンの屋敷】
そこに、キム・ボムミンがやって来る。
キム・ボムミン「伯父上。大変です。」
キム・ユシン「どうしたのだ?」
キム・ボムミン「伯父上。ピダムの勢力が勝ち、父上が負けています。ナンビ城に鉄騎兵をお送りください。」
キム・ユシン「何だと?よかろう。鉄騎兵を送ってやろう。」

【ナンビ城・前】
キム・ユシン率いる3万の兵士たちがやって来る。
栄留王「あれは…キム・ユシンの鉄騎兵では…」
ピダム「ユシン殿。。感謝する。」
すると、兵を率いたキム・ユシンは足を止める。
キム・ユシン「罪人ピダムを捕らえよ!」
ピダム「ユシン公。何を言う。私は…ナンビ城を落としに参ったのに。」
キム・ユシン「大王陛下は正五品以下の官位を持つ者のを私兵を禁止した。」
ピダム「何だと?」
栄留王「ハッハッハ。ユシン公。ピダムはいつかは天にでも昇るかの勢いで上大等の座に昇るだろう。そのような相をしておる。用心せよ。もう用はないな?」
キム・ユシン「大王陛下。このピダムを排除したいと思います。」

【新羅朝廷】
アルチョン「大王陛下。ピダムを不当な理由で官位剥奪を命ずるとは。」
キム・ユシン「アルチョン公。ピダムは高句麗のナンビ城へ行く事は朝廷に許可を得ておらず、国の軍事を超えるほどの私兵を持っていた。5日と7刻(14時間)前にはすでに私兵廃止を大王は命じてた!ピダムは大王の命令や朝廷にも背を向けておるのです。」
アルチョン「それでピダムを?」
キム・チュンチュ「ピダムを流刑に処すべきと思います。」

西暦639年 高句麗と新羅は632年以来のナンビ城の取得権争いをしていた。また、新羅の朝廷で流刑から復帰し、善徳女王の信頼を取り戻したイチャンとなったピダムが中心的に権力を握っていた。しかしそれに対してチュンチュを太子に立てようとするチュンチュ勢力が現れ、2人は新羅を二つの党派に分裂させた。

【ピダムの屋敷】
チュンチュが歩いて来る。
キム・チュンチュ「ピダム公。まさか私兵を育むとは。これを謀反として見ても良いか?」
ピダム「キム・チュンチュ!」


Re: 韓正伝史 〈晦き運命に響いた囁き〉 ( No.55 )
日時: 2019/08/14 23:31
名前: 渾身 (ID: Xr//JkA7)

第1話A「美室の野望」

美室と花郎が武王の軍らと剣を向け合い、戦う。

美室(花郎の長・風月主) 雷忠(ラチュン、花郎)

「大王をお守りせよ!」と美室が。

その美室の後を追い、戦う雷忠率いる花郎たち。

北漢山新羅真輿王巡狩碑の前が刀の音で響き渡る。

【新羅の朝廷】

ソンチョン(後のアルチョンの父) キム・バクス(伽耶系、伽耶の王子、後のユシンの祖父)

「陛下。風月主である美室は大層な美人であります。陛下とも釣り合う事でしょう。美室の功績に命じ、妾に迎えられては如何でしょう。」

とソンチョンが。すると、思道王后(真輿王の后)が言う。

「何だと?花郎である女を側室にするですと?卑しい花郎ごときが聖君の妻となれば後世にどう残すか分かっておるのか!」

「何ですと?王后様は元は女官の身であったではありませんか。大王に''私を王妃に''とせがむ昔の王后様の姿は誰も忘れておりませぬぞ。」とバクスが言うと…急に黙る思道王后。

「今回は王后の判断が正しい。妾にするもそれに宮中の女長が決めねばならぬからな。」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。