複雑・ファジー小説

朧月ー首魁者の乱ー【完】
日時: 2019/11/09 03:28
名前: エイ

「闇に包まれた朧月よ__私に力を貸すのだ。。。」

「朧月の下で咲く桜は朧月を越える華麗な容姿を持ってはならぬのだ。」

闇に包まれた朧月はその下で咲いていた華麗な桜と戦う事になる__その驚きの結末とは__?


【まとめ読み用】>>1-

【目次】

プロローグ 冬の終わり >>1-2
第1話「真相」>>1
第2話「18年前の記憶」>>2

第1章 朧月の出>>4-6
第3話「新たな刃」>>4
第4話「禮賀図の行方」>>5
第5話「光紗堂の逮捕」>>6

第2章 復讐の始まり>>7-8
第6話「復讐の始まり」>>7
第7話「皇太弟の死」>>8

第3章 謀叛>>9 >>11(8話〜9話)
第8話「挙兵I」>>9
第9話「挙兵II」>>11

連載を開始しようか迷ってる小説
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「虹蛇」>>10

第4章 朝廷の陰謀>>12-17(10話〜14話)
登場人物>>12
第10話「王の成人式」>>13
第11話「記憶の彼方」>>14
第12話「敵対」>>15
第13話「影沙堂の企み」>>16
第14話「''お頭''の出仕」>>17

第5章 敗北した光沙堂>>18(15話)

第6章 二つの勢力(16話)>>19

第16話「タルバルン末期へ」>>19

第7章 新国王即位(17話)>>20

第17話「新国王即位」>>20

第8章 葛藤(第18話〜19話)

第18話「侵撃」>>21

第19話「国は見捨てた」>>22

最終章 朧月の下で(最終話)

最終話「新たな月が。」>>23


〜登場人物〜

主人公・バンダル
祖父を殺した影紗堂への復讐の為、悪に手を染める。光紗堂の堂長

タイソブァク
光紗堂の堂員、バンダルの弟子

お頭/序列1位
黒い覆面を常につける影紗堂の堂長、政治家、バンダルの祖父を殺した人物

副頭(ふくがしら)/序列3位
黒い覆面を常につける影紗堂の堂員、政治家

ミオル/序列2位
バンダルの叔父、バンダルの師匠、影紗堂に敵対意思

タガラ王
''お頭''に擁立されて国王に。


上のURLはTwitterアカウントです♪

Page:1 2 3 4 5



Re: 朧月ー首魁者の乱ー ( No.19 )
日時: 2019/11/07 08:03
名前: エイ


【第6章 国王の夢】

>>16-18 ((前回までのあらすじ))…幼馴染であったクゥヌに裏切られたバンダルは一生の敵チチャンと一年間の契約をして手を組む。そして1年後…チチャンとバンダルはクゥヌやタガラ王を殺すクーデターを起こした。その後バンダルはチチャンと手を切る。チチャンは1人自ら王位に昇る。

極寒の初冬…タルバルンの作物は凍り食物などは途絶えていった。その作物の問題については一切問題視する事もなく民は飢えを凌ぐ為 露国(ロシア国)や飛鳥(日本)。唐国(中国)に逃げた。チチャンはその間光沙堂の残党の粛清を行いながら貴族らに納められる肉や野菜を頬張った。朝会中…肉を頬張るチチャンの様子を見る''副頭''はその様子を止めようにもチチャンに殺される事を恐れて止める事が出来ない。会場中はチチャンの機嫌を伺い沈黙が続く。チチャンは肉を食べる手を止めて笑い出してこう言った。「そこまで余の事を恐れておるのか?余がそなたらを光沙堂の残党の様に殺さないかと?安心せよ。余も人間だ。今日は上奏を届ける日だ。上奏はどこにある?」そう言った時…バンダルは会場に力強く扉を上げて入ってきた。「国王陛下!人間ならば上奏が山程届くこの問題にも目を向けて下さい。」山になる''作物凍結問題''の上奏をチチャンの目の前に置いた。「この上奏を国王陛下はお捨てになろうとしたとか。民の半分は外国への逃亡を図ろうとしておりますぞ。このままではいつしか百済や新羅、高句麗(当時一の弱国と言われた朝鮮半島の3国)にも負けるやもしれませんぞ。」チチャンは腹を立て肉を置いた膳をひっくり返した。そして冷静になりそう尋ねた。「隊月長が何故宮殿に来た?宮殿への出禁を命じたはずだ。出て行きなさい。」そう言い会場から出て行った。その姿に呆れたバンダル。そんなバンダルの元へ''副頭''らが寄ってくる。「隊月長殿。私ら大臣を部下に入れてくれぬか?命令してくれたら何でもする。今の国王のもとに仕えるのは懲り懲りだ。」バンダルに''副頭''らはそう乞うた。

Re: 朧月ー首魁者の乱ー【後編突入】 ( No.20 )
日時: 2019/11/02 01:17
名前: エイ

街に張り出されるチチャンへの檄文。その内容には''智荘(チチャン)大王廃位''を連想させるかのようなものだった。その檄文を取り締まる為役人らはその檄文の周りに集まった。

【第7章 新国王即位】

バンダルは街の檄文を役人から受け取り読んだ。その檄文を読んだバンダルは笑い出した。「天なる民心はやはり違うな。流石だ。明日影沙堂と王宮の兵を買収して〈革命〉を起こすぞ。」副頭は頷きバンダルに頭を下げ立ち去っていった。副頭の心中こう考えた。(これは生きる為だ。生きる為に〈革命〉を起こすのだ。)と。

飛鳥国から使臣団がやって来た。使臣団の手には巻物が。その巻物を手にして中身を読むチチャン。「これは何だ?」とチチャンは使臣団に尋ねると蘇我濱宮(そがのはまいえ)はこう答えた。『天皇陛下が国王陛下直々に直筆した巻物であります。』通訳がその巻物を読んだ。その中身には''智荘大王陛下。我が国の民の1割を它国(タルバルン国の名称/たこく)の住民が占めている。そちらの政情や暮らしは知らぬが何らかの改善を我ら倭国飛鳥国は求める。''との巻物にチチャンは怒りを。腹を立たせたチチャンは蘇我濱宮に刀を向けこう言った。「蘇我濱宮!下国(自国より身分が小さい国)が上国(その国より身分が大きい国)に対してその物言いは何だ!」とチチャンが言ったのに対して蘇我濱宮はこう言った。『上国下国制度(国同士の身分を決める制度)は飛鳥と它国では定めておりません。』と言った蘇我濱宮にチチャンが刀を振り落とそうとした時…バンダルと副頭率いる影沙堂がその部屋に入ってくる。チチャンは蘇我濱宮を突き飛ばしバンダルに刀を向けた。

「国王陛下に退位願いをお届け致します。」バンダルのその言葉に腹を立てたチチャン。民たちがチチャン向けに書いた退位願いをバンダルがチチャンに見せた。しかしそれにも屈せず立ち去ろうとしたチチャンの腕をバンダルは掴んだ。「チチャン。もう王位からは離れろ。お前には合わぬ。この席にはお前は合わぬのだ。お前が王位に就いてからタルバルンは滅亡の危機を迎えている。』と言いバンダルはチチャンの足を刀で斬りバンダルは「連行せよ!」その瞬間__銃を手に取ったチチャンが立ち去るバンダルの姿に向けて発砲した。するとバンダルは副頭の体に守られて助かるが副頭は倒れた。その姿は副頭が故意に守った姿だった。バンダルは副頭のその姿に涙した。チチャンは銃を落として膝を突き副頭を抱いた。「おい。副頭。目を覚ませ。おい!目を覚ませ!何故…目を覚まさないのだ!私の銃弾などで死ぬ男ではない!」狂ったかの様子でチチャンは副頭を抱いた。チチャンの瞳には涙が溜まった。その姿を兵士たちが連行しようとするがバンダルは首を振った。バンダルのその姿に不安を隠せないタイソブァク。

そして1月の初旬へ入った。1月に入りながらも極寒は続いた。バンダルはチチャンを流刑(島流し)に処し自ら王位に就いた。バンダルは判高(バンダル)大王として国王の座に君臨。凍りついた野菜の代用として国庫から米を取り出して民に配布。野菜を耕す為にビニールハウスの様なものを王宮に作り野菜をそこで栽培。かわりに軍役制度が設けられた。また、飛鳥国や唐国との貿易の為に海を改善。敵軍が攻めて来たときの為に水軍訓練も執り行った。更に科挙制度も取り入れた。

1月の中旬 バンダルの善政に民は安心していたが以前チチャンが使臣団の蘇我氏に暴力を振るった件で飛鳥国は怒りを示した。1万の兵を率いて飛鳥国の天皇が自ら出兵した。

ー1月の中旬ー

親衛隊長になったタイソブァクは悩んでいた。(師匠は変わった。自らの望みの為なら何だってしてしまう__そんな人になった。これから師匠はどうなるのだろうか。)

そこにハヤヌの弟である親衛副隊長がやって来て言った。「親衛隊長。姉さんが。出産を果たした。」

Re: 朧月ー首魁者の乱ー【後編突入】 ( No.21 )
日時: 2019/11/07 08:04
名前: エイ

「朧月」ついにクライマックス突入!それと共にタルバルンでは真冬に突入していた。

【第8章 葛藤】

新国王として善政を施し国庫を満たしたバンダル新国王。そんなバンダル新国王率いるタルバルンに戦乱の危機が襲いかかっていた。

「国王陛下。決して飛鳥国がタルバルンに攻め入ってくることはございません。奸臣の言葉には耳を貸さず我ら忠臣らの言葉に耳をお貸し下さい。」と乱成派の長トコム。それに対して強い口調で乱反派のワガはこう言った。「飛鳥は必ずタルバルンに攻めてくることでしょう。私が飛鳥へ使節に行った際には武装した兵士らが武器を整えてるのを確と確認しました。」と。
二つの党派の争いはタルバルン滅亡の時まで絶えることはなかった。その頃飛鳥国では全権を握る蘇我蝦夷によってタルバルン討伐の準備が着々と進められていた。

ー飛鳥ー

「天皇陛下。タルバルンへ今こそ攻め入る時です。天皇陛下。出兵の命をお下し下さい。」と蝦夷が。甲冑を被り握り締める姿を見た皇子。皇子は蝦夷を睨みつけた。

そしてその年の2月の初旬 飛鳥国はタルバルンへ出兵した。タルバルンの朝廷では今も進撃されている今も戦乱について揉めていた。それはバンダル国王を出兵させるか出兵させないか。そのような議題。その議題はタルバルン滅亡まで決まることはなかった。その時、親衛隊長タイソブァクはバンダル国王への不満を募らせた。

「師匠。どうしたのです。何故…王位にいつまでも座っているのです!師匠は私の師匠だ。決して国民の父などではない。決して違う。王位をお捨て下さい。そして私と一緒に逃げましょう。」と涙を一目に溜めてタイソブァクは言ったがその場を後にしたバンダルの姿にタイソブァクは拳を握った。

妻ハヤヌとの子を抱いてタイソブァクは心中こう悟った。(師匠は変わった。奸臣らの意思に揺らされる無能な王だ。無能な王が王位に就くこの国に住むことがとても虚しい。)

酒を飲みながらタイソブァクは部下たちにこう言った。「革命を起こすぞ。」

2人の関係は師弟関係から敵対関係へ…次回タイソブァクは反乱を起こす__

〈革命〉は成功するのか__

Re: 朧月ー首魁者の乱ー【クライマックス】 ( No.22 )
日時: 2019/11/07 08:02
名前: エイ

【第8章 葛藤】

革命を起こしたタイソブァクの手は震えが止まらない様子。その震えを抑えようと刀を抜き強く握り締めた。『王宮にある敵を殺すのだ!』タイソブァクはそう言い刀を掲げた。タイソブァクが率いる兵士らの士気はかなり高まっていた。

その頃国王バンダルは記憶を蘇らせた。その記憶の中に涙を目に溜めたタイソブァクが過去のバンダルにこう言った。『師匠。どうしたのです。何故…王位にいつまでも座っているのです!師匠は私の師匠だ決して国民の父などではない。決して違う!王位をお捨てください。そして私と一緒に逃げましょう。』とタイソブァクの涙を見たにも関わらずバンダルはその場を立ち去った。タイソブァクは自分自身にこう言い聞かせた。(あれは私の師匠ではない。奸臣らの意思に揺らされる無能な王だ)そう言い聞かせタイソブァクは立ち上がった。

その出来事を思い出したバンダルは涙した。そして悟った。『自らは無能な王だ』と。バンダルが座る宮に1,000の軍を率いたタイソブァクがやって来た。それに気づいたバンダルは刀を手に一人で自ら宮の前に足を運んだ。タイソブァクは刀をバンダルの首に向けた。『国王陛下。御退位ください。国王陛下のお役目は既に終わっています。』と。バンダルは刀を抜き、自らの首に向く刀を退け、刀を抜くバンダル。そしてバンダルに刀を刺すタイソブァクだが、その刀を弾かれ逆に刺されそうになる。その瞬間タイソブァクは上に飛びバンダルに刺そうとした時…バンダルはそんなタイソブァクを見て故意に刀を落とした。タイソブァクが刺した刀は見事腹に。バンダルは膝を突き血を吐く。そこに王宮側の兵士たちがやって来てタイソブァクに向かって矢を放った。矢はタイソブァクの胸に刺さった。それを見たバンダルは倒れそうたなり意識を朦朧とさせながら『駄目だ。やめろ。矢を放つでない。』兵士らを必死に止めた。兵士らはタイソブァクらの兵士に襲おうとした時、タイソブァクは言った。『降参しろ。やめよ。ならぬ。王宮の兵士を殺してはならぬ。お前らは生きて帰れ。生きて帰るのだ。』バンダルも倒れそうになりながら言う。『そうだ。降参すれば再び家族と会えるぞ。』そう言いバンダルは兵士らの争いを止め、王宮側の兵士に耳打ちした。『主治医を呼べ。私より先にソブァクを助けろ。』と言ってバンダルは倒れた。その隣でタイソブァクも共に倒れた 夜空には朧月が。それも華麗な朧月。__しかし先に主治医らは王命に逆らいバンダルを先に治療した。その結果タイソブァクは手遅れにより息を引き取った。数日後バンダルは意識を取り戻し回復したのだった__

タイソブァクが葬られた墓前にバンダルがやってきた。涙を墓前で流したその夜にも朧月が出ていた。華麗な朧月であった。__この革命(反乱)は約3ヶ月に渡って行われた。その頃4ヶ月もの間 飛鳥国が海を渡って出兵していた。6月12日 飛鳥国の兵を率いた蘇我氏は同行していた飛鳥国の王子に殺害され、飛鳥の大軍は再び海を渡り帰っていった。


18年後…判高(バンダル)国王即位年一八年 蘇我氏を斬った王子が即位した。その後王子は他国の高句麗や百済新羅と戦争を起こし敗北。飛鳥国は国庫を失いかけていた。その時、飛鳥国が目につけたのな飛鳥国の国庫を充分に満たせるタルバルンだった。タルバルンの国庫は溢れそうたくらいだった。




Re: 朧月ー首魁者の乱ー【完】 ( No.23 )
日時: 2019/11/07 08:46
名前: エイ

【最終章 朧月の下で】

バンダルは宮の庭園で白髭を伸ばして茶を飲んでいた。庭園の周囲には満面の薔薇があった。その隣には親衛隊長としせハヤヌの息子コガンがいた。そんなコガンに話しかけた。『まだ余を恨んでおるのか?』とのバンダルの質問にコガンは戸惑った様子でこう返した。『決してそのような事はございません。何故国王陛下をお恨みするなど…』『私はとても後悔しておる。何故自らの野心を抑えられなかったのか…国王に何故なったのか。国王にならなければ笑ってそなたの父と余は幸せに暮らせたやもしれぬ。』と言った次の瞬間バンダルは血を吐き座っていた椅子から転げ落ちた。バンダルは胸を必死に叩いていると気を失ってしまう__するとそこにバンダルの親衛隊長タソクが現れた。『大変です。飛鳥国がタルバルンに攻め入っております。』

船に乗り海を渡る戦艦。その戦艦の先頭には飛鳥国天皇の姿。天皇ら乗る戦艦の前にタソクが乗る戦艦がやって来た。天皇は慌ててこう言う『向かい撃て!』と。天皇らの戦艦は大砲をタルバルン国側戦艦に放った。するとタソクは縄を飛鳥側戦艦に結びつけ、引き寄せた。飛鳥側の戦艦は脆かったためタルバルン側戦艦の頑丈さによって崩れかれた。次の瞬間飛鳥側戦艦は縄を斬り、爆弾をタルバルン国側戦艦に投げ入れた。爆弾は瞬時に爆発してタルバルン側戦艦は沈んでいった。タルバルン側戦艦は全滅した。タルバルンは飛鳥から南に攻め入られ占領された。その後西と東も共に占領されついにタルバルンの北に位置する王宮が残った。東に寄せていた国庫も占領された為タルバルンは兵糧を全て失った。

宮から逃げるタルバルンの官吏たち。宮には誰一人居なくなり残されたのは今にも息絶えそうなバンダルとその看病するコガンだけ。コガンはバンダルの汗を拭いていた。するとバンダルは手を落とした。バンダルの鼻からは息が感じれなかった。

バンダルは約60年の生涯をこの日幕を閉じた。バンダルの死と共にタルバルンも滅亡し、その後飛鳥国と合併した。倭国と它国が合併する時は663年白村江の戦いの際だとされる。バンダルも663年に生涯に終止符を置いたのであろう。彼は''判高天皇''として朝鮮半島にある『三国史記』に''倭国の国王''と記されている。彼についてはほぼ記述がない。この物語はフィクションである。そこは了承してほしい。

バンダルは輝く光の方へ進んでいた。バンダルの目の前に手を伸ばすタイソブァクやクゥヌ、チチャンがいた。『これが人生か。人生とは苦しいものでもあるが美しく華麗な二文字。』夜空に華麗な朧月が見えた。それに照らされバンダルは進んだ。『桜の上に君臨する朧月__朧月がある夜は桜が散る__散り去る桜の花びら__その花びらは華麗だった。』
バンダルは歩みを止めた。足元に華麗な一枚の桜の花びらが。『一枚の花が全て変える事だってある。』


Page:1 2 3 4 5