複雑・ファジー小説

超神精仮面戦士キャバン
日時: 2019/11/18 11:45
名前: 梶原明生  

あらすじ…国防軍元軍曹にして探検家だった父を持つ藤鷹神だったが、その父は10年前に家庭を振り向かず探検に明け暮れ失踪。母宮子は呆れつつも神と妹の七海子の子育てに邁進した。そんな母子家庭に育った神。その頃、世間では「Fカンパニー」なる大手IT企業が日本を支配し始めていた。それに反発した神は、「反Fカンパニー派」のデモに度々参加するようになる。そこに「カトメ」と名乗る男が現れて神を「反Fカンパニー過激派」なるグループに勧誘し、感化した彼は破壊工作員として数々の作戦に参加した。しかし、ある母子家庭に踏み込んだ際、初めてカトメは「殺害」を指示。逆らった神は、カトメから渡されていたブルークリスタルと言う石の力を引き出し、破壊工作員を壊滅。その後「反Fカンパニー」本部へ意見しに行くも、裏切り者として処分されそうになる。またしてもブルークリスタルの光により窮地を脱してバイクを駆り、反Fカンパニー本部を後にするのだった。そして神は知った。その「反Fカンパニー」こそが、Fカンパニーの闇組織にして半機械生命体組織。「ファルドム帝国」であることを…やがて逃走疲れで倒れていた神は「風牙八人衆」に助けられる。あらゆる過程を経て、やがて神は風牙八人衆が500年以上も守り続けた超神精忍者甲冑「キャバン」と出会う。この甲冑は神の思念とブルークリスタルにより、理想通りのメタルテックハイパースーツとなるのだ。これを装転ブレスにより「装転」と叫ぶと瞬時に「超神精仮面戦士キャバン」に装転できる。こうして悪の半機械生命体組織、「ファルドム帝国」との戦いが始まった。…20年以上前に書き下ろしていた初のメタルヒーロー物小説がついに解禁。リアルに自警活動しているキャバンのエピソード0がここにある。どうかよろしく。

Page:1 2



Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.5 )
日時: 2019/12/02 20:40
名前: 梶原明生

…初めて神は躊躇した。「どうした。この俺の命令が聞けんのか。」「そうではありません。いくらなんでも殺人などやり過ぎです。」「今更後に引けるとでも思うのか。お前は俺の命令で既に藤鷹家の代々守ってきた青義神石(ブルークリスタル)を盗んできた。もうお前に帰る場所はないはずだ。それにこれまで高級マンションに住まわせ、衣食住に何不自由なく過ごさせてやった恩義を忘れたか。…あの家はな、Fカンパニーの幹部の母娘がいるのだ。その石の力を試すいい機会だ。殺れっ。」「は、はい。」生返事だが、神の気持ちなど無視したカトメの部下が5、6人、既に突入していた。「何なんですかあなた方は。やめて下さい。」母親が抵抗するも虚しい限り。「さぁ、藤鷹君。やりたまえ。殺れっ。」「お願い、娘だけでも…」「お母さんっ。」二人の姿を見て神の決意は固まった。「ヒカリソワカッ。」呪文と共にカトメ達を青い光で吹き飛ばしていた。「き、貴様裏切ったか…」「は、き、機械…」死んだ部下達は人間ではなく機械人だったのだ。「よくも騙したな。お前達こそ人間を半機械化して支配しようと企むFカンパニーだったのか。」「ま、マ、待てマテ…」変声機が狂った半分機械が皮膚から現になったカトメが追いかけてくる。神は必死に走って逃げ、反Fカンパニー本部ビルに殴り込みをかけた。「ガイトさん、これでは約束が違うじゃないか。何故あなた方がFカンパニーなんだ。説明してくれ。人殺しまでさせるなんて狂ってる。」「いいや、狂ってなどいない。お前の持つ青義神石は代々藤鷹家の血を引く者が人の流す血により活性化するもの。故にお前から奪うだけでは意味がないのだ。」人間の顔からいきなり皮膚が剥がれ落ち、骸骨と機械生命体でできた体が現となる。「バカな…機械生命体。では最初からこの石が目的だったのか。お前達は一体…」「今頃気づいたかマヌケ。我が名はFカンパニーことファルドム帝国軍将軍ガイト。」「同じく、ファルドム帝国軍大佐にして、ガイト将軍の優れた参謀長っ、キツーネン大佐だ。」どこからともなく軍服姿のキツネ型半獣機械人が現れた。「機械人部隊っかかれっ。」キツーネンの一言で黒いスワットのような格好の機械人が飛びかかる。「そうは行くかっ。」自前の拳法技と青義神石のパワーを織り交ぜて戦いながら後退する神。逃げ惑う中、地下格納庫に最新型バイクが置かれているのを見た。それすらブルークリスタルの力でAI暗証キーを書き換えて…続く

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.6 )
日時: 2019/12/05 19:10
名前: 梶原明生

…エンジンをスタートさせた。ハンドルを捻る度爆音を轟かす。「待てっ、裏切り者。」戦闘員が大挙して押し寄せる手前で神はマシンに跨がり、発進させた。「おのれーっ。」銃で撃とうとしたがキツーネン大佐に弾き飛ばされる。「馬鹿者っ、生け捕りにしろと命令したのに忘れたかっ。あれは奴でしか活性化できんのだ。」激を飛ばしてる間に地下道をひた走る神。しかし…「か、壁っ行き止まり。」そこはコンクリートの厚い壁。「ショウガイブツ ハイジョシマスカ…」AIが語りかける。「おう、なんでもいい。あの壁何とかしてくれ。」「声帯認証。局所的破砕弾レディ。」と発音するとバイクの脇からいきなり小型ミサイルがせり出してきて発射された。「ドカン」と局所的に爆発し、キレイに抜けられ程度の風穴が開いた。更に加速する神。…それから数日。場所を転々とし、ファルドム帝国工作員の目から逃れる毎日。野宿するものの、財布の金も底を突いて空腹の中、遂に海辺で倒れてしまった。「うう、母さん、七海子。…許してくれ。」呟くと同時に意識を失ってしまう。どれくらい時が流れたろうか。何やら明るい照明と水色とステンレスのような銀色を基調とした部屋に寝ているような気がした。「て、天国…」呟いていると誰かの声がした。「残念だがここは天国でもあの世でもないよ。お目覚めかな神君。」白、紺、灰色を基調としたまるで時代劇の仮装かと思うような格好の中年男が立っていた。手には修験道の棒のようなものを携えている。「ハハ、すまぬ。何せ500年以上カプセルで眠っていたからな。この時代の着物など知らんもので。」この人は何を言っているんだと、痛い頭を抑えつつ起き上がる神。見れば回りは中年男に似つかわしくないステンレス製の部屋。ベッドは白いシーツに掛け布団。最新機器のような電化製品もある。「一体、ここは…あなたは…。」「ここはどこ、私は誰なんて言うかと思った。ウフ。」「が〜っ、な、何ですこれ。」脇からいきなり青い大きい目にヘルメットを被ったような頭部の身長100センチ前後の人型ロボットが現れた。「失礼だな〜君。何ですかはないだろ。君達藤鷹家の母艦を守ってきたのに。」「はぁ、母艦、何言ってるんだ。」中年男が説明を始めた。「混乱するのも無理はない。私の名は流報。風牙八人衆の長を勤めておる。ここは私達の基地にして母艦でもある碧大。通称ブルーベースとも言う。我々はルーラ星から遙々地球にやってきた。」…続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.7 )
日時: 2019/12/08 14:30
名前: 梶原明生  

…ファルドム帝国はルーラ星の中で覇権をならした当時の新興王国だった。我々保守派軍の追跡を逃れ、宇宙に逃亡を図った。そして遥か数千億光年離れた地球にやってきたのだ。とりわけ日本に本拠地を構え、戦国時代に多大な影響力を与え、この日本から世界を征服することにしたのだ。それを阻止せんがために、我々は豊後の海にブルーベースで降り立った。島に偽装してな。」「まさか…それが瓜生島。」「そうだ。そして合戦に乗じてファルドム帝国と激しい戦闘を藤鷹気風と共に行った。そう、お前さんの先祖だよ。」「え…俺の。」意外だった。母から聞かされた伝説は本当だったのだ。「戦いはしていたが、その間日本人とルーラ星人たる我々が共に暮らす文明都市になってしまっての。しかしファルドム帝国の決死の総攻撃に合い、やむなくブルーベースを動かさざる負えなかった。そして戦いの末、やつらの居城たる母艦に突入したら…破壊することのできぬ冬眠カプセルの球体にファルドム幹部と機械人達が入り込み、やむなくそれを地底300メートルに青義神石の力で封印したのだ。そして我ら風牙八人衆も大船山にブルーベースを一体化させて500年の眠りについた。いつか奴らめが復活した時のために。そして今。その時が来たのだ。ファルドム帝国を野放しにすれば再び世の中が乱れ、残酷な支配が横行する。だからこそ神君。君の力が必要なんだ。藤鷹家代々から守られた超神精仮面甲冑と青義神石を合わせ、ファルドム帝国と戦わねばならない。」その時神が手にした青義神石が光り輝いた。「おお、これは…」「今までにない光。…間違いない。あなたはファルドムとは違う。わかりました。共にファルドム帝国と戦いましょう。」「うむ、よくぞ言ってくれた神君。」こうして神は風牙八人衆から徹底的に青義神流忍術拳法と、かつて日本軍、ドイツ軍、イギリス軍に冬眠から目覚めた際に教えていた特殊戦闘術を彼に叩きこんだ。…続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.8 )
日時: 2019/12/11 01:00
名前: 梶原明生  

…それから半年。神は耐久武装行軍中、流報からブルーベースに無線で呼び出された。「神、君は既にあらゆる訓練をマスターしてきた。いよいよ卒業の時がきたぞ。」「なら、ファルドム帝国と戦えるんですね。待ってましたよ。」「うむ。しかしそれだけではダメだ。」「どうしてです。」ブルーベースのブリッジ内で神は叫んだ。「奴らファルドム帝国に立ち向かうには青義神流忍術拳法の流れを組む宗家八宗の血が揃わねばならん。元々青義神石と超神精仮面甲冑はここ日本に藤鷹家が代々所持していたものだ。それに我々ルーラ星人の科学力を加えてできたのがキャバンスーツ。故に君一人の力だけでなく、選ばれし戦士たちを探し出さねばならん。ここブルーベースには君の石以外に七つの石がある。その石の指し示す人物こそが超神精仮面甲冑を纏う戦士。先ずはアバン。…梵字の地を司る戦士だ。」そう言って路面からいきなりせり出した支柱のガラスケース内にあった青い石を取り出した。よく見れば「地」を司る梵字が中に刻まれている。それが唯一、神の持っている「空」の青義神石との違いだ。「こ、この光の指し示す方向は…沖縄。」それで思い出す人物がいた。「一条翔矢…まさかな。」呟きながら影丸に格納庫へ案内された。「やぁ、僕とは半年ぶりかなキャバン君。」「その呼び名今一つピンとこないな。」「そのうち慣れるさ。…さぁ、見たまえカッチョいい〜。道路上ではスズキRGVカスタムに見える超ハイテクバイク。君が逃走に使ったやつを回収してチョイと僕が改造したんだ。ウフ。」「その喋り方何とかならないか。…まぁ、感謝はしてるけど…しかし凄いな。」驚きながらも跨がり、キーを押してエンジンスタートさせた。快適な速度上昇を見せ、神は大船山を後にした。一路沖縄に向かう。一方、沖縄で公道レースが開催されていた。その中で一際目立つバイクテクニックで疾走する一人の若者がいた。「危ねーだろっ。」「そっちがトロいだけだろまぬけ。」売り言葉に買い言葉。やがて米軍人フラッグにゴールイン。「ヘイユー、ショウヤ。グレート。」ヘルメットを脱いで米軍人に親指を立てて向ける。「さて、俺が優勝したんだから賞金くれよ。」先ほどの危ねーだろと叫んだ若者達に詰め寄るショウヤ。「うるせー。あんな運転するやつに金なんか出すかよ。欲しけりゃ奪ってみせな。」柄の悪い若者がショウヤを取り囲む。「へ〜、自分が不甲斐ない癖に賭レースやったのに約束不履行かい。…続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.9 )
日時: 2019/12/11 02:25
名前: 梶原明生  

…熱い血がたぎることには無法でも悪事でなけりゃ、突っ走るのが俺の主義でね。やらせてもらうぜ。」「調子こいてんじゃねーっ。」タンクトップの男が肩掴みしてきたのを掴み返して投げ飛ばす。「仕方ねーな。」バイクから降りる足をそのまま後ろ蹴り。連絡動作で、裏拳入れるも上段受けして正拳突きを食らわす。大乱闘になるも、先ほどの若者がナイフを取り出して刺そうとした。「おっと卑怯だろ。」助っ人が乱入して刃物男を撃退した。「お、おめーは神…神じゃねーか。」「挨拶は後だ。」「確かに。」お互い背中合わせに構えて応戦する。次第にパトカーのサイレンが近づいてきた。「ショウヤ、ポリスマズいね。ベースにカモン。」先ほどの米軍人が中に入れてくれた。「ココ、シバラクインね。OK。」「サンクス。」バイクと共に監視所裏に隠れる二人。「翔矢、久しぶり。」「こっちこそ神。元気だったか。」「ああ。だけどまだ賭レースやってたのか。」「今日だけだよ。金がいるもんでな。それはそうと何で沖縄へ。連絡くれたら出迎えたのに。」「まぁ、色々事情があってな。しかしバイクテクニックと沖縄伝統空手の腕、益々磨きがかかったな。」「まぁな。お前の家に世話になってた頃を思い出すぜ。七海子ちゃん可愛くなったんだろうな。16だもんな。」「おい、妹はやらないぞ。」「ご挨拶だな。ハハハッ。」不意に笑い出す二人。神の父、守人の国防軍時代の同僚、一条達也は8年前沖縄から藤鷹家を訪ねて来て長男翔矢を預けた。「こいつに空手以外に青義神流を教えてやってくれ。」と頼んだのだ。以来、翔矢と神は兄弟同然に過ごした親友となった。やがて師匠である守人が探検家となったのを境に沖縄に帰っていった。そんな事を思い出しながら、パトカーが去ったのを確認すると、互いにバイクに乗って一路、翔矢の家に向かった。…続く。

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。