複雑・ファジー小説

超神精仮面戦士キャバン
日時: 2019/11/18 11:45
名前: 梶原明生  

あらすじ…国防軍元軍曹にして探検家だった父を持つ藤鷹神だったが、その父は10年前に家庭を振り向かず探検に明け暮れ失踪。母宮子は呆れつつも神と妹の七海子の子育てに邁進した。そんな母子家庭に育った神。その頃、世間では「Fカンパニー」なる大手IT企業が日本を支配し始めていた。それに反発した神は、「反Fカンパニー派」のデモに度々参加するようになる。そこに「カトメ」と名乗る男が現れて神を「反Fカンパニー過激派」なるグループに勧誘し、感化した彼は破壊工作員として数々の作戦に参加した。しかし、ある母子家庭に踏み込んだ際、初めてカトメは「殺害」を指示。逆らった神は、カトメから渡されていたブルークリスタルと言う石の力を引き出し、破壊工作員を壊滅。その後「反Fカンパニー」本部へ意見しに行くも、裏切り者として処分されそうになる。またしてもブルークリスタルの光により窮地を脱してバイクを駆り、反Fカンパニー本部を後にするのだった。そして神は知った。その「反Fカンパニー」こそが、Fカンパニーの闇組織にして半機械生命体組織。「ファルドム帝国」であることを…やがて逃走疲れで倒れていた神は「風牙八人衆」に助けられる。あらゆる過程を経て、やがて神は風牙八人衆が500年以上も守り続けた超神精忍者甲冑「キャバン」と出会う。この甲冑は神の思念とブルークリスタルにより、理想通りのメタルテックハイパースーツとなるのだ。これを装転ブレスにより「装転」と叫ぶと瞬時に「超神精仮面戦士キャバン」に装転できる。こうして悪の半機械生命体組織、「ファルドム帝国」との戦いが始まった。…20年以上前に書き下ろしていた初のメタルヒーロー物小説がついに解禁。リアルに自警活動しているキャバンのエピソード0がここにある。どうかよろしく。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18



Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.86 )
日時: 2020/05/19 13:54
名前: 梶原明生

…「いい気味だ。私を降格させおって。さて、アレキサタン様を蘇らせねば。フフフ」不気味に笑うキツーネン少佐だった。笑えない父親が、妻や娘を連れて成田空港に降り立っていた。ミッチ・エバーズマンである。アメリカテキサス州で会計士を営んでいる。そんな彼が何故長期滞在でわざわざアメリカから日本に家族を連れてやってきたのか。それは行方不明となった娘メアリーの情報提供と、それを殺害したであろうストーカー男である市村大介の逮捕をお願いしたくて来日したのだ。今から二年前。英語講師として赴任したメアリーエバーズマンさん。日本のアニメ文化が好きで、それが目的で日本に来日したのだ。とあるアニメ市場に来場した時、コスプレ姿の市村と知り合った。彼はまさに彼女が一番好きなアニメキャラクターの格好をしていたので意気投合。お友達としての交際が始まった。しかしフェイスブックを通じて彼の恋の熱はヒートアップ。やがてストーカーとわかって警察に届け出たのだが…それをどこで見ていたのか警察が来る前に失踪。自宅マンションに帰る途中のメアリーさんを拉致監禁した後殺害。涙ながらに訴えるビデオレターを作り、その後彼女の遺体と共にまたもや失踪。それから二年の月日が流れていたのだ。時を同じくしてアメリカのカリフォルニアの豪邸にて一人の大物俳優が心臓発作で倒れていた。セレブドクターが駆けつけたが、既に心肺停止状態。「いかん、すぐにERに入れないと。救急車を早く。」医師の指示でマネージャーが電話する。救急車に乗せられた彼は、ERで緊急処置が施されたが、手遅れだった。その大物俳優とは、映画「音楽の魔法」などで一躍スターダムにのし上がった俳優デビッド・スマイルズだった。兄のローリースマイルズは病院に駆けつけて悲しみのどん底に突き落とされた。「何で弟が。まだ32歳だぞ。」誰もが彼に同情する中、ローリーは隠れてほくそ笑んでいる。その頃には既に藤鷹班の訓練は3ヶ月を超えていた。靖本、秋本はかなり同レベルに近い実力に。城山にしても…悪態つきながらも何とか訓練を終えた。「白いワッペン…ようやく合格か〜っ。」靖本がベルゲンもろとも倒れ込んだ。麻由も絵里も同様だ。「城山。いい面構えになったな。何だかんだ言って乗り越えたじゃないか。」「へぇ〜。そっちがさせたんでしょ。もう絶対いや。二度としたくな〜い。」神達は苦笑い。そんな時、神の装転ブレスが鳴り始めた。「どうした影丸。」…続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.87 )
日時: 2020/05/20 18:08
名前: 梶原明生

…「タイミングがいいと言うべきか悪いと言うべきか…ファルドム帝国のエネルギー反応がレーダーに引っかかった。しかも2ヶ所。四国とアメリカカリフォルニアだよ。」「随分とギャップあるな。四国にアメリカって…しかも今度は初の海外かよ。」それを聞いた真悟が余裕綽々と名乗りを挙げる。「どうやら、海外留学の僕が役立つ時が来たようだね。」翔矢が嫌みを言う。「ああ。なんならそのままアメリカに残ったら。キザ野郎はいらないからよ。」「こいつ。」一同に笑いがこみ上げた。「わかった。休憩を挟み、用意が出来次第真悟はアメリカに向かってくれ。翔矢は四国に。俺達5人は待機だ。」「え〜待機。つまんない。」麻由が拗ねる。「待機と言ってもただの待機じゃないぞ。まだお前たち3人には訓練が残ってる。」「え〜、まだあんの。」絵里は草地に倒れ込む。「ああ。今までは陸と海の訓練。後は…」「まさか…」神は趣に空へ指差した。「キャーッ」「コラッ、機体を水平に保て。墜落する気か。それからアラームにも気を配れ。飛んでいるのは俺達だけじゃない。航空国防軍からしたら我々はただのアンノウンだ。場合によっては撃ち落としに来る。幸い撃ち落とされないが、向こうはこちらのハイパーステルスのせいで機体は見えない。したがって民間の航空機、ヘリにもぶつかる可能性がある。非合法なフライトをしているんだから、もしもの衝突は絶対あってはならない。わかったか。」「わかったわよ。」絵里はガバンに装転した状態で万能可変戦闘機ライザーに搭乗していた。靖本、麻由もまた同じだ。「ライト、レフト、ターン…よし、だいぶ良くなったぞ。次は模擬戦だ。俺とラバンに一発でもペイント弾を当てられたら合格だ。開始は互いに高度1000メートルで離合のすれ違った瞬間に開始だ。いいな。」「了解。」レリオンに乗り込んでいるキャバンは機体を大きく旋回させた。「三人共、先輩の私は負けないよ〜。可愛いからって油断しないでね。」「自分で言うかよラバン。」キャバンが呆れてると靖本がマッハ3で最初にすれ違った。「あいつ。コバン飛ばしすぎだ。他の航空機にぶつかったらどうする。」「僕に限ってありえませんよ。」「あのな、お前…」「ほらほら先輩、ロックオンしますよ。」レフトに旋回して回避するキャバン。「え…」ダダダッとペイント弾が靖本の機体に当たる。「ちっ…」舌打ちする彼の次にどんどんラバンから狙い撃ちされるガバンにテバン。…続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.88 )
日時: 2020/05/21 15:24
名前: 梶原明生

「もう、当たんな〜い。」絵里が愚痴をこぼす。靖本が提案する。「僕にいい考えがある。」秘匿無線で絵里と麻由にだけ吹き込む。やがて観念したのか、制限時間ギリギリで靖本をはじめとする三機が編隊を組んで逃避し始めた。「逃がすか。後少しでロックオン。」ピピピっと電子音が鳴る中で、液晶画面のサイトは合わさろうとしていた。それは萌子も同じである。その時だ。いきなり三機ともエンジンである脚を下げて逆噴射し、反対方向に加速した。「何…」次の瞬間ペイント弾が当たって、神の頭の上すれすれで飛びさるライザー。「これで合格っすね。先輩。」「認めたくないが、合格だ。全機ブルーベースに帰投。」「やった〜。」こうして20分の模擬戦は終わった。終われないのは愛媛県西条市東予港でフェリーを待つ一人の青年だった。「ここで終わってたまるか。」愛媛県某山中にて、一年間自給自足の潜伏を行っていた。まさにサバイバルである。それも長くは続かない。山中とは言え、何かしら人が分け入る。森林調査だったり、山菜採りだったり、登山者だったり。市村は人に目撃されたことを動物的勘で悟り、「警察が来る。」と恐れて荷物をまとめて逃げ出した。案の定通報を受けた警察官が山中を捜索したものの、廃材で作った隠れ家は蛻の殻だった。そして今、東予港のフェリー乗り場にいたのだ。大阪に逃げれば活路はある。そう踏んでいたのだが。「君、市村君だね。」待合室で隣に座った大男が語りかけた。「ああ、逃げんでもいい。私は警察ではない。君の力になりたいだけなんだよ。捕まりたくないんだろ。」「あなたは一体。」「害都と言う者だ。これは心玉と言ってな…」「知ってます。ラジオで聞きました。確かファルドム帝国とか…」「なら話は早い。このまま警察に捕まった方がいいのかね。それとも…」固唾を飲んで躊躇したものの、窮鼠猫を噛む心境の市村にとって、迷ってる暇はなかった。警察官がこちらに歩いてくる。「わかりました。その心玉頂きます。」「そう来なくては。」胸にあてがわれた翡翠色の心玉は、見る見るうちに体に入り込んでいった。「グワっ、ハァハァ」過呼吸になる市村の肩を掴む警察官。「市村大介だな。…どうした、気分でもわる…何だこれは。」一気にファルモンスターに変身する市村。「逃げて。皆さん逃げて。」警察官は大分県警や宮崎県警の惨事の前例から抵抗せず、逃亡か、一般人と共に逃亡しながら誘導するよう訓練していた。…続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.89 )
日時: 2020/05/22 19:02
名前: 梶原明生

…その甲斐あってか、避難はスムーズに進んだ。「我が名はドーベルタイガー。市村と一体化した今、俺を追いかけ回した警察に罪を償ってもらおう。ドリャーッ。」鋭い牙を持つ細長い口を開けて突進。「ウワーっ。」もう接近してきた。あわや衝突かと思いきや、衝突したのはキックだった。「お待たせ。危機一髪ギリギリセーフってか。何してる。早く逃げろ。」「あ、アバン。わかった。」全てを悟った警察官。一般人連れて逃げ出した。「こんどのファルモンスターは犬かよ。」…続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.90 )
日時: 2020/05/23 20:07
名前: 梶原明生

・・・驚愕しながらも、首を回してリラックス。「驚いてる場合じゃねぇーか。よっしゃ、やってやるぜ。ほら来いよ。」手招きして挑発するアバン。その頃、片桐三佐のオフィスにアラーム音が鳴り響いた。「ファルモンスター出現。場所は愛媛県東予港フェリー乗り場付近。」高島可奈がヘッドセットをして叫んだ。彼女は既にオペレーターのような役割を果たしている。「わかった。布施、萬田、JS−1出動だ。」「了解。」彼等は専用飛行場まで急行し、C−3Xに乗り込んだ。勇壮なドラムとトランペットのクラシック音楽をかけながら。「管制塔、管制塔、こちらC−3X。発進する。」「ラジャー。」パイロットの無線伝達に許可が出る。「C−3X発進。」飛行場より大きく翼を広げた大鷲が空高く舞い上がった。舞い上がれないのはミッチ・エバーズマンの気持ち。彼は、ファルモンスター化した娘の仇に憤慨していた。「何てことだ。逮捕できないばかりか、モンスターになるなんて。」テレビ報道と警察からの報告で、怒りと絶望を彼等は噛みしめていた。そんな時、ミッチは背中に視線を感じる。「メ、メアリー。」まさしくそこには夢にも出てきてほしいと懇願していたメアリーの姿があった。「おお、我が娘メアリー。会いたかった。」彼女は無言のまま悲しい顔である方向を指差した。「どうした。・・・まさかその方向にお前が。」「あなた、どうしたの。」妻が心配そうに腕を掴む。「いや、メアリーが・・・あれ、いない。」次の瞬間に彼女は消えていた。「メアリーが呼んでるんだ。」ホテルを出たミッチは、タクシーを拾おうとしたのだが。「ミッチ・エバーズマンさんですね。」「き、君は・・・確かテレビで見た。スーパーヒーローキャバン。」「はい。実は私のブルークリスタルが、あなたの娘さんの霊波を捉えまして。案内いたします。タクシーより早い車で。」「何っ・・・」次の瞬間、空から車型の航空機が下りてきた。「マウサード7です。さぁお乗りください。」「わ、わかった。」妻子と共に乗り込むミッチ。やがてキャバンの操縦で空高く飛び立った。アバンはと言うと、ドーベルタイガーを窮地に追い込んでいた。「クソッ、捕まってたまるか。戦闘機械人兵団。」叫ぶと、どこからともなくまたあの兵団がゾロゾロ現れた。「かかれっ。」「テメーッ、男のくせに卑怯だぞ。」仕方なく戦うアバン。「さて、俺は警察官を殺して回る・・・何っ。」落下傘を外して飛び降りる三体のJS−1。「ドーベルタイガーと名乗る市村大介だな。我々は国防軍対ファルドム帝国駆除班である。国民に対するテロ行為により、お前を駆除する。」89式小銃改とミニミ軽機関銃改を向けた。一斉射撃する片桐達。「グハーッ。やられてたまるか。」あちこち故障しながら突進するドーベルタイガー。特殊な杖を背中から抜き取り、JS−1の武器をかなぐり払った。片桐達はしばし格闘戦となり、特殊銃剣を抜いて応戦した。「光刃始動」レーザーソードにするが、あまりもの凄まじい攻撃に苦戦する片桐達・・・続く。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。