複雑・ファジー小説

超神精仮面戦士キャバン
日時: 2019/11/18 11:45
名前: 梶原明生  

あらすじ…国防軍元軍曹にして探検家だった父を持つ藤鷹神だったが、その父は10年前に家庭を振り向かず探検に明け暮れ失踪。母宮子は呆れつつも神と妹の七海子の子育てに邁進した。そんな母子家庭に育った神。その頃、世間では「Fカンパニー」なる大手IT企業が日本を支配し始めていた。それに反発した神は、「反Fカンパニー派」のデモに度々参加するようになる。そこに「カトメ」と名乗る男が現れて神を「反Fカンパニー過激派」なるグループに勧誘し、感化した彼は破壊工作員として数々の作戦に参加した。しかし、ある母子家庭に踏み込んだ際、初めてカトメは「殺害」を指示。逆らった神は、カトメから渡されていたブルークリスタルと言う石の力を引き出し、破壊工作員を壊滅。その後「反Fカンパニー」本部へ意見しに行くも、裏切り者として処分されそうになる。またしてもブルークリスタルの光により窮地を脱してバイクを駆り、反Fカンパニー本部を後にするのだった。そして神は知った。その「反Fカンパニー」こそが、Fカンパニーの闇組織にして半機械生命体組織。「ファルドム帝国」であることを…やがて逃走疲れで倒れていた神は「風牙八人衆」に助けられる。あらゆる過程を経て、やがて神は風牙八人衆が500年以上も守り続けた超神精忍者甲冑「キャバン」と出会う。この甲冑は神の思念とブルークリスタルにより、理想通りのメタルテックハイパースーツとなるのだ。これを装転ブレスにより「装転」と叫ぶと瞬時に「超神精仮面戦士キャバン」に装転できる。こうして悪の半機械生命体組織、「ファルドム帝国」との戦いが始まった。…20年以上前に書き下ろしていた初のメタルヒーロー物小説がついに解禁。リアルに自警活動しているキャバンのエピソード0がここにある。どうかよろしく。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.56 )
日時: 2020/03/29 02:55
名前: 梶原明生

…人々の真実を見る目を誤魔化すことなどできないのだ。だからかつてマスコミとネット社会がコラボした時、マスコミがネット社会から身を引いたのは、自分達に不都合な真実をバラされるからだ。何が真実を伝える使命感のジャーナリストだ。都合のいいことしか報道しない。それのどこがマスコミなんだ。人々はもうコケにされない。…「何だ、ぶ、ブルークリスタルが光り出した。力が漲ってく。」翔矢もまた感じた。「俺もだ。こりゃ一体。」「そうか。奴らファルドムは、藤鷹家の血を引く者が人殺しで活性化するものと思い込んでいたんだろうが違う。ブルークリスタルは人々を活かす、いや活かされる時に活性化するんだ。人々の願い、希望、そして愛ある叫び。それこそがブルークリスタルの力を引き出す鍵だったんだ。ウォーッ。」デビルスコーピオンが視力を一瞬失うほどの光が放出される。「何なんだこいつら。」悪態つくもすぐ立ち上がる。「おめーらがパワーアップしたところで勝ち目はね〜んだよ。」しかし互角の戦いを繰り広げるキャバン達。バンがキャバンに叫ぶ。「蠍の天敵は何。キャバン。」「何、…確か、孔雀。まさか。」 「そのまさかよ。孔雀は尾を広げ、舞いし麗しきども、その御身と嘴は蠍をも貫く也。」「御身と嘴…そうかっ。蠍は毒針、孔雀は嘴。どちらも鋭い剣先。…アバン、ラバン、コバン。剣先にレーザーを集中。」「どうする気だキャバン。」「このまま奴らに突っ込む。一か八かだ。アバンは俺とバイクで。」「了解。」RGVとカワサキニンジャを呼び寄せ、また座席に足を乗せて加速した。「ピーコックアタック。」コバンラバンも突進していった。「ぐわーっ、」飛び上がって一気に剣先でデビルスコーピオンの硬い鎧を貫通した。「ぐわーっ。」大爆発を起こす。「何、塩山お前。」半分機械と化した塩山が現れた。もはやそれは人間ではなかった。片桐三佐が到着する。「ケリはついたようだな。…続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.57 )
日時: 2020/03/29 19:18
名前: 梶原明生

…」片桐三佐がLAV高機動車から降りて呟いた。そして初めてキャバンに叫んだ。「ブルーアンノウン。いや、超神精仮面戦士キャバンだったな。」「はっ、何故俺の名前を…」「誰かがネットに流してたんでな。だがお前たちについて既にデータは研究済みだ。そいつらと戦っていることも。構わん、処刑しろ。法務大臣と掛け合って決まった御墨付きだ。塩山健他三名を即効死刑に処しても一切の罪に問わないと言う特例措置状だ。」迷彩装備姿で一枚の書状を掲げる。「キャバン。」「ああ。奴はもはや手遅れ。放置すればまた犠牲者が出る。街に放たれた野獣も同然。コバンっ。」「わかった。」二人はソードを構え直し、レーザーを満たした。翔矢がつい軽口を。「あの国防軍のおっさんに言われてついデッドオア何とかって曲が脳内再生したぜ。たしか55…」「おい、そっから先は言うな。行くぞ。」「OKっ。」四人は一丸となって走った。「ウリュウザンカイ斬りっ。」コバンとキャバンは見事塩山を斬り、アバン、ラバンは他三名を斬った。「俺を斬ったからって、また凶悪犯は出てくる。ハハハハハハッ」高笑いしながらまた再度爆発して果てた。「母さん。仇の一つを討ったよ。」仮面越しに涙する則明。「コバン…」「コバン。」キャバンやアバン達に肩を掴まれて励まされる則明。「待て、この反応。月を司る戦士の石が…」キャバンが内蔵された最後のブルークリスタルが光り出したのを見た。「あの人質が…いや、さっきは光ってなかった。するとあの介抱してる女の子が…」光の指す方向は明らかに鹿児島から駆けつけた麻由に向かっている。「キャバンとか言ったな。もう一分で警察部隊と国防軍が来る。行け。」「ありがとうございます。」「勘違いするな。今日は塩山達の件に免じてだ。まだ俺はお前たちを味方と断定したわけじゃない。いざとなったら排除する。そのつもりでな。」何も言えず飛びさるキャバン達。バイク達も変形して空高く飛び去った。「いいんでしょうか。」萬田が聞いてくる。「いいさ。俺もさすがに警察官のあんな残虐な殺され方見たらな。」「いえ、それだけじゃありません。いくら加害者とはいえ、人権があるんですよ。むやみに殺害命令出していいものでしょうか。」「お前らしくないな。なら被害者の人権はどうなる。戦後日本は加害者ばかり擁護して犯罪被害者をなおざりにしてきた。その結果山口県光市の…とにかくだ、被害者の人権を無視するこれまでの日本のあり方に…」…続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.58 )
日時: 2020/04/03 22:04
名前: 梶原明生

…「苦言を呈するべきだ…か、片桐三佐。」「これは板妻群長。」どこからともなく特殊作戦群群長、板妻一佐が現れた。片桐等の上官である。「よせ。敬礼はいらん。それより視察が必要と考えてな。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.59 )
日時: 2020/04/04 22:15
名前: 梶原明生

…やはりブルーアンノウンは我々の味方か。」「そんな、板妻群長。」「慌てるな片桐。勿論両手を挙げてではない。警戒しつつもだが、八割方間違いない。それよりもこのあとの現場検証は県警と地元国防軍に任せてお前達は防衛装備庁に向かえ。」布施が割り込んでくる。「まさか、いよいよあれっすか。例の。」「さすがは布施。察しがいいな。お待ちかねの装備が完成したんだ。」「やったーっ。」一瞬小学生並みのガッツポーズをする布施に、舌打ちする片桐。「コラ、ガキじゃないんだぞ。」「すみません。でも、ファルドム帝国に対抗するためにアンノウン0(ゼロ)の機械生命体から研究開発していたスーパーパワードスーツが完成したんですよね。」板妻が片桐を制する。「まぁいいじゃないか。その通りだ。熊型のアンノウン0が奴らファルドム帝国との最初のコンタクトだった。熊型だったのが不幸中の幸いで、12人の犠牲者を出しながら、マスコミ統制して熊の出没と言うことで片付けた。実際は国防軍2小隊でようやく鎮圧したんだがな。その後防衛省が回収して研究して、ファルドム帝国の存在を脅威とわかってから、極秘に駆除命令が降りた。しかし皮肉だな。奴らに対抗する武器を奴らの科学技術で開発することになるとはな。あの熊が…あ、いや。俺としたことが。」片桐を見てあの件を思い出して不覚と反省した。その熊型アンノウンの12人の犠牲者の中に片桐の一人娘、片桐有華も含まれていた。片桐三佐が高校生の頃、愛し合ったクラスメートに孕ませてしまった子供だ。彼女の父親から「結婚と出産を認めてやる替わり防衛大学に入れたら出産させる。卒業して幹部自衛官になって男を磨いてきたら結婚を認める。」などと言われた。父親も出任せでほざいたんだろうが、まさか防衛大学どころか、空挺団に特殊作戦群を遍歴するとは思ってもいなかったろう。片桐は自前の根性でそれを達成したのだ。大変な日々の中、妻と娘と生活できる幸せを噛みしめて過ごしていた自衛官時代。娘とギクシャクしながら尚且つ有華と和解できた長野への小旅行。父親に花を摘んで帰ろうとしたのがまずかった。あの熊型アンノウンに殺害されたのだ。片桐は助けようとしたが、ファルモンスターの力に勝てず、自身も瀕死の重傷を負って倒れた。「有華…」「お父…さん…」互いに倒れた中、手を握ることも出来ず意識不明になる。頬の傷跡はその時のまま。以来ファルドム帝国に個人的にも恨みを抱いているのだ。…

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.60 )
日時: 2020/04/05 13:21
名前: 梶原明生

…「いえ結構です。私にお気遣いなく。あくまで任務ですから。」LAV高機動車へと踵を返す片桐三佐だった。その頃、金持ちの老夫婦を殺害して隠れ家にした洋館の地下室では、キツーネン大佐とアレキサタン公爵が徐に立ち上がった。「あーあ、どいつもこいつも役立たずが。」ソファーを蹴り倒す。「よせキツーネン。これで奴らのデータが取れただけましではないか。」「し、しかしこれでは何とファル様にお伝えすれば…」「心配ない。私から報告しておく。それよりも…もう女達には用済みだ。ちと物足りぬが、我が剣の錆ぐらいにはしてやろう。有り難く思え、公爵直々の処刑だ。」サラリと腰の剣を抜くアレキサタン公爵。真っ赤な銀色したその剣は妖しく光り、女性達を震えあがらせた。「では死ね…うっ、く…」手始めに女性警察官、高島可奈へ振り下ろしたその時。皮一枚寸前でピタリと止まる。「ど、どうしたことか…は、お前は…お鈴…」恐怖と勇気に震える高島を、その白き手袋をした手で頬をさすった。「お鈴、どうしてここに…500年前に死んだはずじゃ。気づかなかった。」次の瞬間、ドアが勢いよく破壊された。「何だ貴様は。キャバンか…いや、違うか。何奴。」キャバンによく似た仮面甲冑を着た戦士が立っていた。よく見るとキャバンが青色を基調としているのに対し、黒いラインが入っているタイプ。「我が名はブラックリター。女達は頂く。」「その声、若者ではないな。分析すれば40過ぎの男。まさか…藤鷹守…」「問答無用。」ソードを抜き、護衛の戦闘機械人をなぎ倒してキツーネン大佐をも叩っきる。「グワーッ、あ、アレキサタン様…どうなされた。あなたほどの方が何故。お助けください。」もはや戦意喪失している彼には戦う意識はどこへやら。「さぁ、お嬢さん達。早く外へ逃げなさい。早く。」ブラックリターは檻から彼女等を脱出させた。高島はしばしアレキサタン公爵に目をやった。「彼、何故私をお鈴と…」一般女性を誘導した後、自分もまた避難した。ソードの切っ先をアレキサタン公爵の喉に向けるブラックリター。「茫然自失の敵を殺すのは私の流儀じゃない。だがいずれお主等とは決着を付けねばなるまい。いずれな。」颯爽と去っていくブラックリター。一体彼は何者なのか。数日後、宮崎県警巡査の高島可奈21歳は、警察庁を経て「公安特殊作戦群合同本部」に呼び出された。「あ、あの。私のような一介の警察官がこのようなところに来てよろしいので。」…続く。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。