複雑・ファジー小説

超神精仮面戦士キャバン
日時: 2019/11/18 11:45
名前: 梶原明生 (ID: VlfYshYD)  

あらすじ…国防軍元軍曹にして探検家だった父を持つ藤鷹神だったが、その父は10年前に家庭を振り向かず探検に明け暮れ失踪。母宮子は呆れつつも神と妹の七海子の子育てに邁進した。そんな母子家庭に育った神。その頃、世間では「Fカンパニー」なる大手IT企業が日本を支配し始めていた。それに反発した神は、「反Fカンパニー派」のデモに度々参加するようになる。そこに「カトメ」と名乗る男が現れて神を「反Fカンパニー過激派」なるグループに勧誘し、感化した彼は破壊工作員として数々の作戦に参加した。しかし、ある母子家庭に踏み込んだ際、初めてカトメは「殺害」を指示。逆らった神は、カトメから渡されていたブルークリスタルと言う石の力を引き出し、破壊工作員を壊滅。その後「反Fカンパニー」本部へ意見しに行くも、裏切り者として処分されそうになる。またしてもブルークリスタルの光により窮地を脱してバイクを駆り、反Fカンパニー本部を後にするのだった。そして神は知った。その「反Fカンパニー」こそが、Fカンパニーの闇組織にして半機械生命体組織。「ファルドム帝国」であることを…やがて逃走疲れで倒れていた神は「風牙八人衆」に助けられる。あらゆる過程を経て、やがて神は風牙八人衆が500年以上も守り続けた超神精忍者甲冑「キャバン」と出会う。この甲冑は神の思念とブルークリスタルにより、理想通りのメタルテックハイパースーツとなるのだ。これを装転ブレスにより「装転」と叫ぶと瞬時に「超神精仮面戦士キャバン」に装転できる。こうして悪の半機械生命体組織、「ファルドム帝国」との戦いが始まった。…20年以上前に書き下ろしていた初のメタルヒーロー物小説がついに解禁。リアルに自警活動しているキャバンのエピソード0がここにある。どうかよろしく。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21



Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.97 )
日時: 2020/06/28 18:54
名前: 梶原明生 (ID: PvE9VyUX)

・・・時を同じくして、片桐三佐率いるJS−1ユニットも到着していた。「何だ貴様等は。」「日本国防軍ジャパンスーパーパワードスーツユニット、JS−1だ。またの名をキサラギ。」「同じくJS−1フウジン。」「同じくJS−1ミチザネ。」片桐、布施、萬田はそれぞれ決まった愛称をつかった。「周円冊だな。調べは公安が行ってるからわかる。キャバンに代わって我々がお前を駆除する。」「そこまでつかんでたか。しかし都合がいい。国防軍人をそろそろ殺したいと思ってたところさ。死ね。」ドラゴンブーメランを複数投げ飛ばすドラゴンシャーク。89式改とミニミ軽機関銃改で撃ち貫く3人。その隙に突進してきた。「ウガーッ。」左右に散開して銃剣着装する。「光刃始動」銃剣にレーザー光がみたされてゆく。しばし周と格闘戦となるも、片桐三佐達の方が有利だった。「おのれ小日本め。」片桐にドラゴンシャークの刃が突き刺さろうとしたのだが。「やめてーっ。」ラバンソードでそれを受け止めるラバン。ようやく彼女だけ戦闘機械人の妨害をぬけてきたのだ。「あんた・・・」「ここは私に任せてください片桐さん。」「わかった。総員退避。」ひとまず片桐三佐達は退いた。「ラバン、ハガクレケン。」縦に上下切り替えして叩っ切った。「グワーッ」断末魔の叫びをあげて大爆破するドラゴンシャーク。爆炎が去ると、ボロボロの周がでてきた。「確保。」キサラギが叫ぶとフウジンとミチザネが彼の両腕を持った。「うるせーっ、捕まってたまるか。」一斉に振りほどき、ファルロイドの来る方向に走り出した。「馬鹿な・・・あれは。」「大変、ねぇねぇ影ちゃん、ドラゴンシーザー発進させて。あ、あ、それからプリズムネットも急いで。」「了解わかったよ。プリズムネット、ドラゴンシーザー発進。」ブルーベースの偽装山、大船山の麓が割れて、中からドラゴンシーザーが現れて天空へと飛び立った。そして周がバッファドラゴンに召喚された時には、プリズムネットが街中に張り巡らされた。「糞、これでは街が破壊できんではないか。」悔しがる周。手当たり次第プリズムネットに八つ当たりする。「F−35、F−2、飛行編隊聞こえるか。」「聞こえてる、送れ。」「構わん、ファルロイドにミサイルでも60ミリ砲でもかましてやってくれ。」「了解、喜んで。」遂に航空国防軍の攻撃が片桐三佐の要請で始まった。
次々ミサイルがバッファロイドに打ち込まれる。「片桐三佐。」「おお、キャバンにアバン、そして赤いのは・・・」「ラバンですよ隊長さん。」「おお、そうだった。すまん。その何だ、確かレリオウスとやらがこっちに向かっているそうだな。」「はい。」「それまで空軍に持ちこたえてもらおう。」「片桐三佐・・・」キャバンは心の底から感動した。しかし布施は驚愕する。「何て装甲だ。あれだけミサイル食らっててまだ生きてる。」ダメージはあるものの爆炎の中必死に攻撃してくる。「いかん、2機撃ち落された。かろうじて脱出したみたいだが・・・ん、来たぞ、ドラゴンシーザー。」キャバン達は急いで飛び去った。そしてドラゴンシーザーからレリオウスに乗り込み、ラバンはライザーに乗り込んだ。ドラゴンシーザーの隔壁が折りたたまれ、空母型に変形するとレリオウス1号2号の航空機が鎮座している。更に発進すると、空中で合体。変形してレリオウスの完成である。今回は胸の玉座にラバンのロイド型ライザーが召喚され、本来キャバンが乗る操縦席に彼女が着いた。「皆、行くよ。」レリオウスとバッファドラゴンの対決である。・・・続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.98 )
日時: 2020/07/05 19:43
名前: 梶原明生 (ID: PvE9VyUX)

・・・「オウッ。」キャバンとアバンが同時に叫ぶ。周が笑う。「ハハハハハッ小日本人が巨大ロボットだと笑わせるな。バッファスカッド。」胸の金属板が開き、ミサイル20発が同時発射される。「フレア発射。」ラバンの言葉にAIが反応し、キラキラ花火の如く舞う金属片がばら撒かれて、バッファスカッドを爆破した。爆炎の中から突如バッファドラゴンの巨体がタックルしてきてレリオウスを弾き飛ばす。プリズムネットに倒れこむが、容赦なく角で突き刺そうとするバッファドラゴン。間一髪で2本の角を掴んで刺されるのを防いだが、なおも持ち上げて抱きしめるバッファドラゴン。このまま抱き締め続けて胴体を破壊するつもりだ。「もう、放してよ変態。」ラバンが渾身の連打でパンチを打ち、その弾みで抱き締めから逃れた。そこからは迫真の格闘戦が繰り広げられた。「ラバン、今だ。だいぶ疲弊してきたようだから、主砲を避けきれないだろう。レリバスター用意。」「オッケイ。レリオウス、レリバスター始動。サイトロックオン。ファイヤー。」「レディ。」レリオウスの胸部と額の冠にある大型ブルークリスタルが光り輝き、ラバンの掛け声と共に物凄いレーザーが放たれ、見事バッファドラゴンを破壊し爆破した。木っ端微塵に砕け散る。解除するプリズムネットに落ちる周をレリオウスの手に持ち、安全な広場に着地するレリオウス。その広場に置かれた周の元に駆け付けるキャバンとキサラギ達。半機械化した周の体を助け起こす。「何故こんなことを。」「知ってるだろ。お前ら日本人を叩きのめすためよ。島一つでギャーギャー喚く女々しい奴らに正しい歴史を教え、偉大なる中国が支配できるようにするためさ。」「そのために大勢殺したのか。・・・島一つで女々しいと言うなら、なら何でその島一つくらいくれてやるという、男らしい態度に出ないんだ。」「な、何・・・」「偉大な国なんだろ。なら島の一つくらいで女々しく取り合いしちゃだめだな。それに見ろ、あの人。お前が殺した人。」「それがどうした。」娘と思われる子供が泣きついている。「パパ、パパ、私を一人にしないで。」「は、・・・」そう、子供は日本語ではなく流暢な中国語でそう叫んでいた。「聞いたか、見たか。お前は、同じ祖国の人間を殺したんだぞ。戦争になり、憎しみ合えば日本に住む同胞をも殺す。これがお前の望む祖国愛か。」この言葉に初めて周は涙した。片桐達にもそれは響いた。「ハハハハハッアバよ。」言って生命装置を自ら破壊した。「バカな・・・」罪の意識に苛まれ、自ら命を絶ったのだ。ラバンは拳を握りしめ、怒りに打ちひしがれていた。「ファルドム、やっぱり許せない。」・・・次回「交錯」に続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.99 )
日時: 2020/07/18 17:23
名前: 梶原明生 (ID: PvE9VyUX)

「交錯」                                                ・・・とあるオフィスビルにキャバン達はいた。「おお、君たちが噂に聞いていた藤鷹気風一族の末裔か。会いたかったよ。」ドアを開けて現れたのは制服組の正装をしている板妻群長であった。「装転解除。」右手首を胸に翳して叫ぶと、光とともに神、翔矢、萌子の三人が現れて、回りを圧倒した。「おお、こいつは凄いな。真近でこんなのを見せられるとはな。幼い頃ベルトを巻いてヒーローごっこしていた頃を思い出す。それよりも凄いのは否めないが・・・」「いえ、恐縮です。お初にお目にかかります。仰る通り、自分達は、藤鷹気風の血を引く者達です。自分の名は藤鷹神。」「同じく一条翔矢。」「同じく、相沢萌子と申します。」板妻群長は面食らう。「しかし、皆まだ若いな。10代か。」「いえ、自分が二十一で、彼は二十歳、彼女も二十歳です。」「そうか。こんな若者が日本を・・・いや、地球を守ってくれてたんだな。攻撃命令なんか出しててすまない。最高責任者の立場からも詫びを入れさせてもらう。すまなかった。」「いえ、お手をお上げください。」「ありがとう。だが、ここからは本題に移ろう。互いに協力しあい、共闘契約を結ぶには、これまでの経緯をすべて話してもらわないと困る。」「はい、わかりました。お話しましょう。」片桐、布施、萬田、高島可奈、記録係、板妻群長は固唾を飲んで聞き入った。「そんなことが・・・いや、君の言う通り、君達のテクノロジーを思わしくない事に悪用する勢力がいるのはたしかだ。だから北黒監理官等を呼ばなかったんだ。」「警視庁公安監理官に新しくなられた方ですよね。CIA工作員の・・・」「君、よく知ってるね。いや、噂程度だったんだが。」「知ってますよ。我々の母艦、ブルーベースのAIコンピューターを用いれば調べられますからね。」大いに感心する板妻群長。片桐が提案する。「となると益々彼等公安とは距離を置かないといけませんね。どこで彼等の情報が洩れるや知れません。」「うむ、我々特戦群預かりとしよう。しかし、各省庁や警視庁に公安部が共有しろとうるさいだろうな。ま、俺に任せろ。いざとなったら強硬手段だ。」「お、板妻群長のいつもの癖が出ましたね。」「うるさいぞ片桐。」ドッと笑いが込み上げた。こうして長い会議は終わり、ブルーベースに戻る三人。影丸といつもの仲間たちが出迎えてくれた。「よう、お帰り。」「おい、アメリカ土産はねーのかよ。」「翔矢、遊びで行ったんじゃないぞ。」「てっきりセレブのモンスター相手にしたから、ドル紙幣ぐらい持って帰ったかと思ったぜ。」笑いが起こる面々。影丸が割り込んでくる。「コンピューターの情報では敵さんしばらくは出てこないみたい。皆よく頑張ったから、ここらで休暇取ったら。禄に里帰りなんかもしてないんだろ。」急に顔が曇る神。しかし務めて明るくふるまった。「そうだな。皆そうしろよ。またいつ戦いが始まるかわかんないしさ。」「よっしゃ、それじゃ連休といきますか。」翔矢が意気揚々としている。・・・続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.100 )
日時: 2020/07/26 19:53
名前: 梶原明生 (ID: PvE9VyUX)

翌日、バイクやアストンマーチン等に乗り合わせた7人は、それぞれの家族の待つ故郷へと帰っていった。靖本はヤマハFJRで宮崎に戻ったのだが・・・「どの面下げて戻ってきた。母さんが死んだ現場にいたのに、その後行方を眩ませて葬式にも出なかったなんて。それでも靖本家の人間か。」家の玄関で出迎えたのは兄の真路だった。「すまなかった兄貴。母さんの仇を追ってたもんで。」「にしたって、葬式ぐらい来てやれなかったのか。おかげで警察に根掘り葉掘り痛くもない腹探られるような真似されたんだぞ。そりゃ俺だって、ファルドム帝国は憎い。だからってやるべきことはまず母さんや家のことだろ。俺が今までどんな思いで過ごしたと思ってんだ。」「悪かったよ兄貴。でも俺、敵討ち諦めてないから。」「無茶だ。あんな化け物にどうやって立ち向かうんだ。警察や国防軍に任せておけ。それにキャバンとかいうヒーローも味方してくれてるし。」「それがもし俺だったら・・・」「え・・・」一瞬驚愕の時間が流れた。「冗談だよ。悪い、今日はどっかビジネスホテルにでも泊まる。」ボストンバッグ肩にかけて踵を返す靖本。「待て、何やってる。お前の帰る場所はここだろ。入れよ。紹介したい人もいるしな。」「え・・・」不思議がりながら、玄関に入る。すると・・・「紹介するよ。お前のお義姉さんになる杉田香織さんだ。」驚いた。兄貴の嫁となる彼女は、高校時代の先輩であり、靖本の好きだった部活の先輩でもあった。「す、杉田さん・・・・」「お久しぶり。お兄さんから話は聞いてたけど、まさか部活の後輩のあの則明君だったなんてね。ビックリした。」真路も驚いてる。「へー、世間は狭いもんだな。学校は則明と同じとは知ってたがまさか部活が同じだったなんてな。・・・と言うわけで俺たち来月結婚することになってな。先方さんは延期しようかって言ってたんだがな。母さんも楽しみにしてたし、第一こんな時だからこそ、会社を盤石にするために身を固めた方がいいって思って踏み切った。勿論出席してくれるよな。」「え・・・あ、ああ勿論。」返事しながらもどこか上の空だった。・・・続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.101 )
日時: 2020/08/08 18:35
名前: 梶原明生 (ID: PvE9VyUX)

・・・その頃、萌子は故郷佐賀にJR特急で帰っていた。「うーん、久々の佐賀駅の匂い。帰ってきたけんね。」背伸びしながら思いっきり佐賀の空気を吸い込んだ彼女。「丸ぼうろに村岡屋小城羊羹を久々食べたいな。」そうこうしてる間に自宅に到着。「置きっぱなしの私の日産マーチ。まだあるんだ。よかった、まだお母さん処分してなくて。」合鍵を使って中に入ると、以前のまんまの家の光景が。二階の自分の部屋に入れば、一階と同じく、自宅を出た半年前と変わってない。「机の看護師関連の本、まだそのままなんだ。」思い出にふける萌子。しばし夢中になってると、夜勤明けの母親が帰ってきた。イヤホンで昔聞いた曲にベッドで寝そべって聞き入ってたせいで気付かない萌子。「見慣れない靴。まさか空き巣・・・」恐る恐る部屋を確認する母親。「娘のベッドに誰が・・・」掃除機を持った母親は泥棒を懲らしめるつもりでベッドを叩く。「この泥棒が、よくも娘のベッドで・・・へ。」叩きつけて飛び起きた泥棒は泥棒でなくその娘本人である。「痛−−−−いっ。お母さんもう。」「あんた萌子。どうしたのよいきなりびっくりするじゃない。」「ごめん、つい懐かしい曲聞いてたから。」「曲って・・・それどころじゃないわよ。心配したわよ。熊本に陸上部OBの子とジョギング旅行に行ったきり帰らないばかりか、折角看護師になったのに急に辞めちゃって。」「ごめん、電話で話した通り色々あってさ。」「色々ってまさか、男と同棲してんの。絶対そうよね。お母さん長年経験あるからわかるのよ。男でしょ。」言われて一瞬翔矢の顔が浮かんだ。長い間ブルーベースで寝食を共にすると、自分にとって大切な人は翔矢であることに気付かされることが多くなっていたからだ。しかし母親は、まさか自分の娘が地球を守る戦士になっていようとは、露ほども知らない。「紹介しなさい。」この一点張りでやむなく沖縄に帰っていた翔矢にスマホで連絡する羽目に。「はーーーっ、お前の彼氏を演じろってか。」「ゴメン。しかたないよ、両親も弟も納得しないって聞かないんだから。それともバラそうかラバンって。」「わかったよ。こっち片付いたらそっち行くから。待ってろ。」「ヤッター。」「お前やけに嬉しそうだな。何でだ。」「ええ、え、そう、かな。普通だよ。」…続く。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。