複雑・ファジー小説

超神精仮面戦士キャバン
日時: 2019/11/18 11:45
名前: 梶原明生  

あらすじ…国防軍元軍曹にして探検家だった父を持つ藤鷹神だったが、その父は10年前に家庭を振り向かず探検に明け暮れ失踪。母宮子は呆れつつも神と妹の七海子の子育てに邁進した。そんな母子家庭に育った神。その頃、世間では「Fカンパニー」なる大手IT企業が日本を支配し始めていた。それに反発した神は、「反Fカンパニー派」のデモに度々参加するようになる。そこに「カトメ」と名乗る男が現れて神を「反Fカンパニー過激派」なるグループに勧誘し、感化した彼は破壊工作員として数々の作戦に参加した。しかし、ある母子家庭に踏み込んだ際、初めてカトメは「殺害」を指示。逆らった神は、カトメから渡されていたブルークリスタルと言う石の力を引き出し、破壊工作員を壊滅。その後「反Fカンパニー」本部へ意見しに行くも、裏切り者として処分されそうになる。またしてもブルークリスタルの光により窮地を脱してバイクを駆り、反Fカンパニー本部を後にするのだった。そして神は知った。その「反Fカンパニー」こそが、Fカンパニーの闇組織にして半機械生命体組織。「ファルドム帝国」であることを…やがて逃走疲れで倒れていた神は「風牙八人衆」に助けられる。あらゆる過程を経て、やがて神は風牙八人衆が500年以上も守り続けた超神精忍者甲冑「キャバン」と出会う。この甲冑は神の思念とブルークリスタルにより、理想通りのメタルテックハイパースーツとなるのだ。これを装転ブレスにより「装転」と叫ぶと瞬時に「超神精仮面戦士キャバン」に装転できる。こうして悪の半機械生命体組織、「ファルドム帝国」との戦いが始まった。…20年以上前に書き下ろしていた初のメタルヒーロー物小説がついに解禁。リアルに自警活動しているキャバンのエピソード0がここにある。どうかよろしく。

Page:1 2 3 4 5 6



Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.22 )
日時: 2020/01/09 02:23
名前: 梶原明生  

「死を呼ぶ兄弟愛」……………………………………息を切らしながら県内某所にて耐久武装行軍をしていた。原生林が鬱蒼と茂る中、背嚢姿で疲れきった翔矢、萌子、そして真悟の姿があった。「どうした戦闘隊長。次どうするんだ。」神が余裕綽々で真悟を叱咤する。「地図を…調べる。」コンパスを使うが汗で目が沁みる。「なぁ、厳し過ぎないかこれ。水くらいくれよ。」翔矢が音を上げる。「朝配ったので最後だと言ったろ。」「ヒョエーっもうだめ限界。」萌子が木の根に腰を下ろす。「誰が休んでいいと言った。全員腕立てだ。装備背嚢はそのまま。」「えーっ、くそ萌子のやつ…」翔矢は萌子を一瞬恨んだ。「これでもまだまだ俺の風牙八人衆から受けた半年間の訓練よりは甘々だ。よく覚えておけ。」「へぇ〜っ」やむなく腕立て伏せに入った。「よ〜し、腕立てに免じて5分休憩だ。」「やった…」ヘロヘロになりながら背嚢ごと座り込む三人。「ハァ…おい、真悟。お前カナダ留学はどうしたんだよ。」「翔矢か…ああ、それなら元々カナダの従兄弟のアパートでシェアする予定でさ。小遣いあげた代わりにアリバイ工作してもらったよ。だから今俺はカナダ留学してる体になってるってわけ。…もしバレそうになったらハバン専用ヘリ、ディグオン(葉竜王)でカナダまでひとっ飛びさ。」「けっ、職権濫用だぞ。それに渡航法違反に無断飛行罪だぜ。その点俺の専用車、バクオンは(場空王)空飛ばねーし。」「道路交通法違反に人型ロボットに変形するだろ。おまけに空も飛べる。」「ああ、神、余計な茶々入れんなよ。」四人に爆笑が走る。「だがやむを得ない。日本が地球がなくなったら法律云々の問題じゃない。幸い誰の命も財産も奪ってるわけじゃないしな。憎きファルドム帝国の野望を阻止するためだ。」「そうだな。」真悟がしんみりする。「アルファ分隊、訓練中止。至急大船山に帰投せよ。」流報からの無線だった。「了解。急行します。」四人はすぐ帰路についた。「来てもらったのは他でもない。例の青年の件だ。天ヶ瀬から今は東京六本木でホストをやっている。名前は裕太。彼に近づき、ファルドム帝国の動向を探ってほしい。」「了解しました。」早速私服に着替えてそれぞれの専用機で東京六本木を目指した。一方その頃、Fカンパニーの地下秘密施設で、カトメが拷問を受けていた。「こやつ、おめおめと逃げ帰るとは。それでも戦闘機械人か。」電圧棒を当てるガイト将軍。「もう良い。」…続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.23 )
日時: 2020/01/11 02:16
名前: 梶原明生  

…玉座に逐わす、その装飾が派手な女王がガイト将軍に命じた。そう、これがファルドム帝国女帝ファルである。口元のみ人間体で、後は機械に覆われていた。「し、しかしファル様。示しがつきません。」「もう良いと申しておろうが。無礼者。」「は、はは〜。」引き下がるガイト将軍に入れ替わって、アレキサタン公爵が現れた。「何もそこまで怒らなくとも。お美しいそのお肌に障りますよファル様。」「アレキサタン公爵。何の用じゃ。妾の考えじゃ、下がっておれ。」「これはこれは失礼いたしました。ただ、…彼は将軍。何千といる機械人兵団の長でもあります。500年前のように大量殺戮兵器を使えば、地球から人類を一掃できる。その考えが抜けきれないのでしょう。」「わかっておる。じゃがそれが災いの元なのじゃ。人間共を簡単に一掃できるはずだった。しかし藤高気風をはじめ、少数の日本人だけは生き残った。そしてこんな狭苦しい母艦に冬眠するはめになった。これが万壱の法則よ。例え万の人間を始末しても、必ず始末できぬ人間が現れる。だからこそ、大量殺戮兵器を使うより、地道に姑息な作戦でジワジワ人間共を始末していく。それしか奴らを滅亡させる方法はない。…行け、アリカよ。今度はしくじるでないぞ。」「あ〜ら、あの時はどこぞの誰かさんのせいよ。今度はお任せあれ、女帝ファル様。」マントを翻し、王の間を後にするアリカ。そんな彼女は人間体に化けてホストクラブに入っていた。「いらっしゃいませ、お嬢様。」色とりどりのイケメンなホストが出迎える。「あ〜ら、どれも私好みの坊や達じゃない。私、ブランド物とイケメンに目がないの。ドンペリ頼めるかしら。」「ドンペリ入りましたっ、ドンペリコールっ。」ホストの叫び声で次々サービスが運ばれる酒池肉林の状態。上客と見て媚びを売るホストの中で、唯一乗り気のない青年がいた。新人ホストのアランだ。「あ〜ら、あなたは新人さん。ダメよお客さんにその態度。こっちいらっしゃい。」アランが隣に座るといきなり玉を胸にあてがわれる。「うっ…な、何を。」「何って心玉よ。他の先輩にも既に埋め込んだわ。これであなた達は皆、私のペットよ。」「女王様。何なりとお申し付けください。」ホスト全員が死んだ目で服従する。「アハハハハッ。」高笑いするアリカ。「こちら萌子。今からホストクラブに潜入するね。」私服姿で腕の装転ブレスに話す。「頼むぞ。ブレスで常にモニターしてるよ。」「了解。」…続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.24 )
日時: 2020/01/12 18:56
名前: 梶原明生  

…スタバでカフェモカ飲みながら話した。「ちぇ、あいつホストなんかに入れあげたらただじゃおかないからな。」「何だ翔矢。焼いてんのか。」「バカ野郎っ、ちげーよ。あの脳天気がホスト狂いになったらファルドムと戦えないだろ。それだけだよ。アチッ。…」カフェモカが熱いことを忘れていた。「いらっしゃいませ、お嬢様。」「ヒョエーッ、は、はい。」気押されながら人生初めてのホストクラブを体験する。「アラン、お前はあの一見さんでも相手しな。」アリカに支配されていたアランは心許なく席につく。「はじめまして。アランです。」「もしかして、裕太さん。」「どうして俺の名前を…」「それより、ここ最近おかしなことなかった。」「おかしな…いえ別に。」話しているうちに、性急に店に入る女の子がいた。「ちょっと君、困るな。うちは優良店だよ。未成年は入れるわけにはいかないんだ。」受付の制止も振り切ってその裕太の前に立った。「裕君、こんなところで何してるの。」「奈々、どうしてここがわかったんだ。」「色々裕君のクラスメートに聞いて回って…それより天ヶ瀬に帰ってきてお願い。私のせいなら謝るから…」「バカ言え。あれはお前が悪いんじゃない。とにかく帰ってくれ奈々。帰ってくれ。」取り付く島もなく外へ追いやらる奈々。「裕君…」しょんぼりして帰る。「ちょっといいかな。奈々ちゃん、だよね。」ホストクラブを早々に抜け出した萌子が声をかけてきた。「さっきお店にいたお姉さん。何ですか。」「さっき裕君って言ってたよね。裕太って名前でしょ。」「何故、裕君を知ってるんですか。アランて源次名だったのに。」「今彼について色々調べてて。良かったらお姉さんに事情聞かせてくれない。」神がイヤホン外して溜め息をつく。「それ言ったらダメだろうが。」真悟が促す。「とにかくスタバ出ようぜ。フォローしないと。」「お、おう。」三人は萌子達を追った。奈々が食いつく。「もしかしてお姉さんは警察の人ですか。何かしでかしたんですか彼。」「い、いや〜別にそこまでは…まぁ色々極秘で捜査しててね。」冷や汗な苦笑いで誤魔化す。「裕君には妹がいたんです。…」言いかけたところでラバンの装転ブレスのレーダーアラームが鳴りだす。「何、ファルドムっ。」間一髪でレーザー攻撃をかわして奈々を守る萌子。「戦闘機械人。」全身黒ずくめの顔面は機械の戦闘員が二人を囲っていた。「キャーッアンノウン。」気絶する奈々。「お前達に渡さない。装転っ。」続く

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.25 )
日時: 2020/01/14 02:16
名前: 梶原明生  

…萌子が叫ぶと淡く赤い光が彼女を包み、光のまま戦いながらラバンに装転する。「やはり貴様、風牙の犬だったか。殺れっ。」リーダーが叫ぶと一斉に攻撃する。「そう簡単にやられないよ。ラバンスティック。」腰のベルトにある伸縮型警棒二本を抜いた。奈々を守りながら戦うラバン。「させるかっ、装転。」神達が走りながら到着した。応戦して蹴散らすキャバン達。「引けっ、引けっ。」不利とわかるや、リーダーは撤退を指示した。「待てっ、この野郎逃げる気かっ。」「アバン、深追いはするな。」キャバンがアバンの肩を掴む。そうしている間にギャラリーが廃ビル周辺に集まる。「おい何だあれ。マスコミが騒いでる噂のアンノウンか。やべ、YouTubeに流そうぜ。」ハバンがギャラリーを睨む。「ヤバいぞキャバン。すぐにここを飛ばないと。騒ぎになる。」「わかった。奈々って子を皆で隠しながら飛ぼう。ステルスモード。反重力パック作動。」萌子を中心に彼女を庇う形で飛び去った。透明になりながら100メートルの低空を飛ぶ。「ここで十分だろ。」レリオンやバイクを隠している公園にひとまず避難する。また驚かすといけないので、一旦甲冑から私服に変えた。「装転解除。」目を覚ましはじめる奈々。「ここは…お姉さん。」「あの化け物からひとまず逃げてきたの。安心して。ここは安全よ。この人達は私の仲間だから。それで、話の続き聞かせて。」一呼吸置いてから話はじめた。「裕君は同じ天ヶ瀬で育った幼なじみで、彼には由希って妹がいて、私の中学のクラスメートでした。裕君に私から好きになって、それで互いに異性として意識しあって付き合い出したんです。ところがある日、天ヶ瀬と日田市が合併して、私達日田市の中学になったんです。そこで由希がイジメにあい、私達戦ったんですが…由希は自殺してしまった。あの時もっと私がしっかりしてれば由希は…」そこからは涙で何も言えなくなった。「それで裕太さんは高校卒業と共に東京へ来てホストになったのね。」「はい。守れなかったことに放心になって…東京に出て来たんだと思います。」「そんなことがあったんだ。」しんみりする萌子。しかしそれを遮るように無情にも装転ブレスのアラームが鳴る。「どうした、影丸。」「モニター見てよ。ファルモンスター が街中で暴れてるよ。」「何。今すぐ急行する。行くぞ。」「おうっ。」四人は東京の街中に戻った。…続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.26 )
日時: 2020/01/15 20:54
名前: 梶原明生

…しかし、いち早くSUVで駆け付けたのは、片桐三佐率いる特殊作戦群であった。「今度は牛形アンノウンかよ。」「布施、驚いてる暇はないぞ。すぐに駆除だ。」「了解。」濃紺色の公安庁特殊部隊との混成部隊が応戦する。「市街地では爆発武器は使えない。小銃と拳銃のみの特殊弾を使う。わかったな萬田、布施。」「了解。」国防軍迷彩服に装備一式の片桐達が走り出した。「テーッ。」一斉に89式小銃改で撃ちまくる。「ウギャーッ。」苦しみだすファルモンスター。「やったか…」公安部隊が安易に近づくと、硝煙の中、角を突き出して突進し、次々と公安部隊を弾き飛ばす。「ワシはファル様にお仕えするファルモンスターベヴェル。このワシを殺そうなどと憎き人間共め、小癪な。」更に片桐三佐にも突進しようとしたが、上空から飛んできたキャバン達のSLGにより撃たれるベヴェル。「させるかっ、今度は俺達が相手だ。」キャバンとアバンは立ち向かい、ハバンとラバンは怪我人を運ぶ。一進一退の攻防の中、信じられない事態が起こる。「テーッ。」何と銃口をキャバン達にも向けたのだ。次々と撃たれる。「パンパンパンッ」「い、一体何を…」そのせいでベヴェルは逃げ出し、行方不明となる。「構わん。撃て。」片桐三佐の容赦ない叫び。「待て、俺達は味方だ。撃つな。」「人間の声…しかも日本語。」撃つ手を止めてしまう布施、萬田。「どうした、相手は機械生命体だ。人間になりすしているだけだ。撃て。」ハバンが撃たれながらもキャバンに言う。「キャバン、彼等は人間。攻撃できない。ひとまず退却しよう。」「わかった。」キャバンは腰のベルトに装着した煙幕弾を放った。無殺傷爆発と共にキャバン達は飛び去った。「くそっ逃げられたか。」悔しがる中、物影からほくそ笑んで見ていたアリカが呟く。「フフフッ馬鹿め。陽動作戦とも知らずに…ホスト達を意のままに操って東京の女共を骨抜きにし、抹殺するのが目的ともしらずに。さて、ホストクラブに戻ってイケメン達と遊んであげようかしら。フフフフフフッ。」不気味に笑いながら現場を後にするアリカ。 一方傷ついた裕太は、ホストの控え室で怪我の治療をしていた。「どうしたんだその胸に腹。」ホストの先輩タカシが彼を見つけるなり駆け寄ってきた。「いえ、ちょっと事故って…」「本当か。あのアリカって子に何故か従いたくなるんだよな。でもアフターに付き合うにしてもほどほどにな。客とは程よい距離感保たないと。」…続く。

Page:1 2 3 4 5 6



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存