二次創作小説(旧・映像)

とんがりボウシ 〜ほしぞら魔法学校より〜【短編集】
日時: 2016/01/03 02:21
名前: ショート ◆RNBm3A/DrQ

どうも!
初めましての方ははじめまして、知ってる方はこんにちは。
無名作者ショートですん!

今回はとんがりボウシの短編集みたいなのをやりたいなぁと思って、結局やることにしました。

知ってる人もいるかもしれませんが、実はカキコのとんがりボウシ小説の起源はわたしだったりします(笑)
ついでに言うと、その起源作品がこのほしぞら魔法学校なんですね。

ここでは挫折しちゃいましたが、今は別のとこできちんと進めております。
そして、その本編とはまったく関係なく、やりたい話を短くやっていきたいなぁと思ってます。


さて、恒例のルールでございます。


*いないとは思いますが、アップしたイラストの無断転載、二次加工、トレースなどはご遠慮ください。
*安定のgdgdです。ご注意ください。
*ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、わたしは気まぐれ女なので更新率は期待しないでください。それと、ネタに詰まったときは更新できません。
*短編集とかやったことないんで、上手くできる保証はありません。すいません。いや、そもそも小説がヘタクソなのですが。
*荒らし行為はやめてください。それに反応するのもやめましょう。
*正直言って、なんでもアリです。「こんなのとんがりボウシじゃねぇ」って思うようなところもたくさんあります。原作好きな人は見ないことをオススメいたします。
*宣伝行為はやめてください
*小説に関係ないコメント・雑談はやめてください。雑談は雑談掲示板でやってくださいね
*無駄レスやめてください


**重要:百合要素やホモ要素があります。苦手な方はブラウザバック

**重要2:女装ネタあります。苦手な方はブラウザバック


こんな感じです。
このルールを見て「いける!」と思った人はどうぞ先にお進みください。
万が一「だめだった」としてもわたしは責任を負えませんのでご了承ください。

あと、一応キャラクターの紹介はしますが、ここでやっていたものなので詳細は書きません(めんどくさいし←)


☆★キャラ紹介★☆ >>1


☆★参照記念イラスト★☆
*参照500突破記念 >>38
*参照1000突破記念 >>83 >>86
*参照1500突破記念 >>117
*参照2000突破記念 >>140 >>161
*参照2500突破記念 >>159
*参照3000突破記念 >>179 >>186
*参照3500突破記念 >>185
*参照4000突破記念 >>212 >>213
*参照4500突破記念 >>230
*参照5000突破記念 >>245 >>284
*参照5500突破記念 >>267
*参照6000突破記念 >>297 >>296
*参照6500突破記念 >>298
*参照7000突破記念 >>303
*参照7500突破記念 >>315
*参照8000突破記念 >>323

・参照100ごと記念イラストまとめ >>410

☆★番外変★☆
ショートコント  >>23
ショートコント2 >>40
ショートコント3 >>112


機械室DEきゅーあんどえー☆彡1 >>80


ほしぞら魔法学校検定 >>114


☆★よその子★☆
*カトレアちゃん(はる歌世さん*参照1800記念小説…新人さんとあさひくん)
*リルちゃん(マリさん)
*ルリちゃん(瑠璃さん)


☆★ストーリー★☆ >>409



スレ立て日:2013年3月23日 0:00

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



Re: とんがりボウシ 〜ほしぞら魔法学校より〜【短編集】 ( No.460 )
日時: 2018/12/24 16:35
名前: ショート ◆RNBm3A/DrQ

ちょうど一年前にレスしてる…。

小説と全然関係ないけど久しぶりに。。。


ここ最近休日やることないからまた書こうかなと思ってます。

たぶん(笑)

いつもの…やるやる詐欺かもしれないけどw


記念イラストはもうやらないかもしれないけど、小説は時間見つけて好きなように書いていけたらいいなー

興味があれば見てもらえたら嬉しいですー!

Re: とんがりボウシ 〜ほしぞら魔法学校より〜【短編集】 ( No.461 )
日時: 2019/04/12 16:01
名前: ショート ◆8bigmdafj2
参照: あさひ目線

 **あさゆうメモリーズ**


――今日は4月8日! 僕と幼馴染のゆうきちゃんの入学式の日!
この前保育園を卒園して、今日から僕たちは小学生!! 小学校ではちゃんと魔法のお勉強もできるんだって! 僕もいつか、立派な魔法使いになりたいなぁ…。

「あさひ、そろそろ行くわよー! お隣行ってゆうきちゃんたちにも声かけてきてくれる?」
「はぁーい!」

お母さんにそう言われ、準備を終えていた僕は駆け足でゆうきちゃんの家へ向かった。
今日の入学式は、僕たち家族とゆうきちゃんの家族みんなで行くんだ! すっごく楽しみだなぁ。
お隣の家のインターフォンを押そうとしたところで、目の前にあるドアがいきなり開いた。

「わっ! あさひくん? 来てたの?」
「ゆうきちゃんおはよう! お母さんに声かけてきてって言われたんだ! ゆうきちゃんも準備終わったの?」
「うん、私もお母さんにあさひくん呼んできてって言われたの! 一緒だね!!」

ゆうきちゃんちの玄関で2人で笑っていたら、僕のお母さんとゆうきちゃんのお母さんもやってきて、みんなで小学校へ向かった。

 *

入学式も無事に終わり、僕は自分のクラスで担任の先生の話を聞いていた。
小学校は基本的には6年間通うものだけれど、成績が良くて試験というものに受かったら3年生までですんだりするんだって! 小学校を卒業したら今度はきちんとした魔法学校に通えるようになるみたい。僕も頑張って早く卒業したいな!

「それでは今日はここまでです。みなさん、さようなら」
「「「さようならぁー」」」

先生がそう言った後、いっきに教室が騒がしくなる。クラスメートに話しかける人や両親と一緒に帰る人……、僕はというとクラスの離れてしまったゆうきちゃんがいるクラスを目指してお母さんと廊下を歩いている。一緒のクラスがよかったけれど、こればっかりは仕方がないよね。

「あ、あさひくん! あさひくんのクラスももう終わったんだね」
「ゆうきちゃん! うん、もう終わったよ。ゆうきちゃんももう帰れるの?」
「うん! 一緒に帰ろう!」

入学式も終わったし、明日からは友達たくさん作って楽しい小学校生活を送るぞー!

Re: とんがりボウシ 〜ほしぞら魔法学校より〜【短編集】 ( No.462 )
日時: 2019/04/15 16:16
名前: ショート ◆0MUWDC/0Dg
参照: 小学校の入学式とか忘れたわ

次の日、僕はゆうきちゃんと一緒に学校へ行った。初めて2人だけで長距離を歩くのはすごく新鮮で楽しかった!
この学校は5クラスあり、僕は1年1組、ゆうきちゃんは1年5組なので一番離れている。教室も端っこと端っこだからわざわざ会いに行かない限りなかなか会うこともなさそう……。

「それじゃああさひくん、また帰りに会おうね!」
「うん、また帰りに!! たくさん友達つくろうね!」

5組の教室に向かうゆうきちゃんに手を振り、僕は1組の教室に入る。教室には数人のクラスメイトがおり、各々好きなことをしているみたいだ。
僕の苗字はや行だから、窓際の席なんだよね! 授業中もお外見れるかな??
自分の席に着くと、僕の前の席の男の子が話しかけてくる。

「ねぇねぇ、君はやえ あさひくん?」
「うん、そうだよ」
「そっか! あさひくんって呼んでもいい? あっ、僕はもり ゆきとだよ! ゆきとって呼んでくれたら嬉しいなぁ!」
「もちろんいいよ! よろしくね、ゆきとくん!」

そのあと、ゆきとくんや近くの席の子たちとたくさんお喋りをしていたら、あっという間に時間が過ぎてしまい、朝のホームルームの時間になってしまった。
いきなりお友達がたくさんできてとっても嬉しいな! ゆうきちゃんも、今頃5組でお友達を作っているのかなぁ? 今日の帰り、ゆうきちゃんに一日どうだったか聞いてみよう!

 *

――1年生は、入学して最初の2週間は授業が2時間しかなくて、10時過ぎくらいには帰れちゃうらしい。せっかくみんなと仲良くなったからもっと学校にいたいなぁ……でも、いても仕方ないから帰らなきゃだけど!
その2時間はホームルームの延長みたいなやつで、まずみんなの自己紹介をやったり係みたいなのを振り分けたり!
また明日もこの教室に来るのがすっごく楽しみだなぁ!

「あさひくんは、誰かと一緒に帰るの?」
「うん、5組に幼馴染がいて、その子と一緒に帰る約束してるよ!」
「そうなんだね! って言ってもあさひくん僕と帰る方向全然違いそうだった……」
「あ、本当だ。ゆきとくんは僕の家と反対方面なんだね」

この小学校は帰る方面によって5パターン色分けされているみたいで、赤・青・黄色・緑・紫コースがあるんだって! 僕は青で、ゆきとくんは紫だから……全然違った模様。
ゆきとくんや、ほかのクラスメイトたちにバイバイして5組の方に向かう。……けど、ゆうきちゃんはもういないみたいなので下駄箱に行ってみたら、ゆうきちゃんが待っていてくれた。

「ゆうきちゃん!」
「あ、あさひくん……もう帰れるの?」

僕にそう笑いかけてくれるゆうきちゃんの表情は、笑っているはずなのにどこか悲しそうに見えた。何かあったのかな……? それとも、僕の気のせい?

Re: とんがりボウシ 〜ほしぞら魔法学校より〜【短編集】 ( No.463 )
日時: 2019/04/16 15:07
名前: ショート ◆0MUWDC/0Dg
参照: http://x95.peps.jp/greenriver123/

「待たせちゃってごめんね! 帰ろう〜」
「全然待ってないよ! ……あさひくん、なんかすごくご機嫌だね」
「うん! たくさんお友達もできて、明日も行くのがすっごく楽しみだよ〜! ゆうきちゃんは、どうだった?」
「あ、私は……いきなり友達たくさんとかではないけど、頑張ってるよ」
「そっか〜! ゆうきちゃんと一緒にいるとすごく楽しいから、きっとすぐに友達たくさんできるよ!」
「うん……ありがとう!」

僕たちは帰宅しながら今日あったことなどを話し、家に帰ってお昼ご飯を食べたら公園で遊ぶ約束をした。
お互いのクラスについて話せるのは、クラスが違うからこそだよね! これはこれで楽しいなぁ〜! 今は1組の人たちのことを覚えなきゃだけど、そのうち違うクラスの子たちとも仲良くできたらいいな!

「それじゃあ、あさひくんお昼ごはん食べたらまたいつもの公園で遊ぼうね!」
「うん! またあとでね!」

 *

――――それから2週間、僕とゆうきちゃんは毎日登下校し、午後からは公園で遊ぶ生活を送っていた。なんとなく、ゆうきちゃんの表情が暗くなっているような気がしたけど……何も聞けないまま早帰りの期間が終わってしまった。
お家で、何かあったのかな……それとも、学校で……? 僕が何か役に立てるなら教えてほしいけど……思い込みだったらって思ったら……。

「あさひくん、どうしたの? 何か悩み事?」
「えっ!? ち、違うよ!」
「そう? でもなんか落ち込んでるように見えたから……」
「いや……今日から授業の時間が増えるからちゃんと起きてられるかなって……ほら、僕お昼寝好きだからさ!」
「なんだそんなことで悩んでたの? あさひくんらしいね!」

いやいや、落ち込んでるのは僕じゃないんだよ!! ゆうきちゃんのほうこそ……って、聞くなら今がチャンスなんじゃ……?

「そ、そんなこと言ってるけど……ゆうきちゃんこそ、日に日に落ち込んでいってるように見えるよ? 何か悩み事でもあるの……?」
「え……!? わ、私は何もないよっ! 全然、元気だからッ!!」
「そ、そうなの……? なんか、帰るときとか特に――――……」
「違うったらっ! 落ち込んでたとしてもッ……あさひくんにはカンケーないでしょっ!!」
「えっ……」

僕が驚いたと同時に、ゆうきちゃんもハッとした表情になる。気まずそうに俯いたと思ったら、僕の顔を一切見ないようにしながら言った。

「……もう、あさひくんと学校行かない。帰りも、待たなくていいから」

ゆうきちゃんはそれだけ言って走って学校に行ってしまった。僕は、何もできないまま立ち尽くすことしかできなかった……。

Re: とんがりボウシ 〜ほしぞら魔法学校より〜【短編集】 ( No.464 )
日時: 2019/04/18 15:24
名前: ショート ◆0MUWDC/0Dg
参照: http://x95.peps.jp/greenriver123/

――――あれから、1ヶ月の月日が経ってしまった。相変わらずゆうきちゃんは一緒に登下校してくれないまま……。

「ねぇねぇあさひくん……5組でいじめ?みたいなのがあるって噂、知ってる?」
「えっ、なにそれ? 初めて聞いた……」
「そうなんだ……なんかね、そのいじめられてる子があさひくんの幼馴染の子じゃないかって言われてて……僕も他のクラスの子とそんなに仲良くないから本当かどうかは分からないんだけど」
「そ、そう……なの? いじめ、って……どんなことだろう?」
「どんなことかは僕もわかんない……でも、そのいじめられてる子はね、明るい水色の髪色だって聞いたから……確か、あさひくんの幼馴染の子もそんな色だったなって……」

いじめ……。もしかして、先月ゆうきちゃんが落ち込んでいるように見えたのは、クラスでいじめられていたから? でもまだ絶対じゃないよね……。もし、本当にいじめがあるなら、僕がゆうきちゃんを助けなきゃ!!

「ゆきとくん、教えてくれてありがとう! 今日か明日、ゆうきちゃんに聞いてみる!」
「幼馴染の子、ゆうきちゃんっていうの?」
「うん、どうかしたの?」
「あ、ううん……ただ、男の子に多そうな名前だから珍しいなって思っただけだよ!」
「そうなんだ……?」

ずっとゆうきちゃんと一緒にいたから全然そんなの気にした事なかったなぁ……言われてみれば、確かにそうかも! 女の子よりは、男の子に多そうな気もするね!

 *

――――ゆきとくんから5組の噂を聞いた日の帰り道の途中、運よくゆうきちゃんを見かけることができた。ゆうきちゃんを追いかけ、話しかけてみる。

「ゆうきちゃんっ!!」
「あさひくん……? 何?」

振り向いたゆうきちゃんは、やはり落ち込んでいるように見える。ゆきとくんの言っていた噂は、本当なのかな……。

「ゆうきちゃん、あのね。1組で……5組でいじめがあるって噂があって……それでその……いじめられてるのがゆうきちゃんじゃないかって言われてて……本当、なの?」
「――――……っ!? そ、そんなのあるわけないじゃん。私、みんなと仲良くしてるよ……!」

そう言うゆうきちゃんの表情は、怒っているような、でも今にも泣きだしそうな不安定な表情だった。
やっぱり、いじめは本当なのかな……でも、これ以上聞いたらきっと怒るよね……聞くな、ってことなのかな……。僕じゃ、頼りにならないのかな……?

「大体、あさひくんは1組で私のクラスに関係ないでしょっ! 余計な詮索とか、しないでよ! 大っ嫌い!!」

そう言ってゆうきちゃんは走って行ってしまった……。僕、いけないことしちゃったのかな……でも、もしもいじめが本当なら。そのせいでゆうきちゃんが苦しんでるなら。僕はどんな手を使ってでもゆうきちゃんのことを助けたい、そう思うのに……。

「――――決めた! ゆうきちゃんにバレないように、5組について調べよう!」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。