二次創作小説(旧・映像)

逃走中〜亡霊と少女〜
日時: 2015/03/24 21:13
名前: 松島凌太

どうも、松島凌太です。
作者「皆さんも知っているかもしれないですが、最初の二つの逃走中は打ち切りした事を」
マリオ「よほどネタがなかったからな」
コウジ「うん」
作者「なので一からやり直します。それでは逃走者リストです」


逃走者20名
ドラえもん(ドラえもん)
野比のび太(ドラえもん)
ルイージ(スマブラ)
エレン・イェーガー(進撃の巨人)
アミティ(ぷよぷよ)
アルル・ナジャ(ぷよぷよ)
あんどうりんご(ぷよぷよ)
ティ(テトリス)
ウォーリー(ウォーリーをさがせ)
リンク(スマブラ)
ドンキーコング(スマブラ)
ピーチ(スマブラ)
めざまし君(めざましテレビ)
ケロロ軍曹(ケロロ軍曹)
ブロリー(ドラゴンボールZ)
ロロノア・ゾロ(ワンピース)
坂田銀時(銀魂)
志村新八(銀魂)
神楽(銀魂)
ケンシロウ(北斗の拳)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



Re: 逃走中〜亡霊と少女〜 ( No.39 )
日時: 2019/03/10 18:33
名前: 松島凌太

カットされたドラマパートその3



風車エリアで1人の男がうろついていた

ロザー「俺は・・・何なんだ。」

その男は呟いていた。自分は何なのか

ロザー「俺は何故今も彷徨っている・・・いや何故此処にいる?・・・・」

ただ分かっている事・・・それは

ロザー「俺はロザー・・・亡霊だ・・・それ以外分からない・・・う!?」

ロザーは突然頭を抱え、倒れ込む

ロザー「うう・・・頭が」












〜回想〜

???「ロザー・・・着いたよ。」

ロザー「何だ、此処は?」

???「此処はね、○○○○の日にこの町で一番にたくさんの○○が見れる場所なの」

ロザー「ヘ〜良くこんな場所見つけられたな○○○」

???「ねえ、ロザー」

ロザー「何だい?」

???「○○○○の日に、2人だけで此処でたくさんの○○を見ようよ。」

ロザー「ああ、分かった約束する。」

???「うん、約束だよ。」













ロザー「はあ・・・はあ・・・はあ・・・」

ロザーは頭の痛みが収まり起き上がる

ロザー「いっ今のは?」

頭の中に浮かび上がった映像に戸惑うロザー

ロザー「俺の・・・記憶なのか?・・・でも何なんだ?・・・あの場所は何所だ?・・・見えるって何がだ?・・・一体何時何が見える場所だったんだ?・・・そもそも・・・・・あの子は・・・・・・誰なんだ?・・・・」

ロザーは記憶と認識するが

ロザー「駄目だ・・・まだ俺が亡霊で存在している意味が分からない。」

ロザーは歩き出す

ロザー「一体・・・俺は何をしているんだ?」

ロザーはまたひたすらに町中を彷徨続ける

Re: 逃走中〜亡霊と少女〜 ( No.40 )
日時: 2019/03/10 21:19
名前: 松島凌太

※ここから本編に戻ります。

銀時「しかし、何かさっきまでに比べて大分人多くなったな此処。」

町中を見渡しながら移動する万屋のリーダー

銀時「何所かにハンターとか居ねぇ〜よな」

ハンターは神出鬼没、一瞬の気の抜きが命取りだ

銀時「よし、居ないな」

居ないようだ、そこへ

神楽「あっ銀ちゃん」

銀時「神楽じゃねえか。」

今回最初の神楽と銀時の遭遇である。

神楽「今になってやっと遭遇したアルね。」

銀時「そうだな、始まったから新八や男しか会ってないからな」

神楽「ふーん」





〜遊園地エリア〜


リンク「この辺に隠れるか」

リンクが止まる

リンク「ん、あれは?」

リンクが深く見つめるとそこに

ルイージ「だだだっ大丈夫だよね。」

ルイージが居た

リンク「おい、ルイージ」

ルイージ「わあぁ!リンク!」

遭遇した二人の近くに

ハンター「・・・・」

ハンター

リンク「お前それはそれで目立つぞ。」(汗)

ルイージ「だっだってね。」

リンク「とにかく・・・は、ハンター!」

ルイージ「え!?」

ハンター「・・・・!」

気づかれた

リンク「逃げるぞ!」

ルイージ「ひえぇぇぇぇぇぇ!」

ハンターが捕らえたのは

ハンター「・・・・」

ルイージ「何で僕ーーーーー!」(涙)

ルイージだ











ルイージ「ぜぇ・・・ぜぇ・・・」

ハンター「・・・・」

疲れてきたルイージ、そして













ポン

ルイージ確保 残り15名


ルイージ「とほほ」(涙)

永遠の二番手、此処で脱落

プルルル

エレン「メールだ。」

ピーチ「遊園地エリアでルイージ確保。」

アミティ「残り15名。」

ドンキー「ルイージが捕まったか。」

ティ「とうとうスマブラ組から1人減ったか。」

リンク「ルイージの奴・・・ダメだったか。」

79:40

Re: 逃走中〜亡霊と少女〜 ( No.41 )
日時: 2019/03/13 21:23
名前: 松島凌太

牢獄トーク

ルイージ「失礼しまーす。」

アルル「いらっしゃい」

ゾロ「これで5人目か」

のび太「そうですね。」

ケロロ「これで緑色のキャラ3人目であります。」

ゾロ「緑色のキャラ?」

ケロロ「だって」

ルイージ=緑の帽子 緑の服
ゾロ=緑の髪 緑の服
ケロロ=緑の肌

ルイージ「なるほど、そういう事ね。」

ゾロ「言われて見ればそうだな。」






〜農業エリア〜

ケンシロウ「・・・」

ケンシロウは農業エリアをうろついていた

ケンシロウ「とりあえず此処に止まるか」

ケンシロウの近くに

ハンター「・・・・」

ハンター

ケンシロウ「!」(隠れる)

いち早く気づいたようだ

ケンシロウ「・・・・」

ハンター「・・・・」

上手く凌ぎきった

〜噴水エリア〜

エレン「ん?」

エレンはある物に気づく

エレン「すいません、これは何ですか?」

町の人「これは今回の光星祭りの優勝商品の水晶だよ。」

エレン「この何の変転も無い水晶がですか?」

町の人「見かけで判断するなよ。これには願い事を二つ叶える力があるんだ。」

エレン「え!本当にですか!?」

町の人「ああ、嘘じゃないぞ。」

エレンが町の人と会話している中

???「くくく・・・もうすぐアレが手に入る。」

水晶を見つめる謎の影

77:55

Re: 逃走中〜亡霊と少女〜 ( No.42 )
日時: 2019/03/22 18:41
名前: 松島凌太

〜噴水エリア〜

神楽「まだ77分もあるアル」

時間を見ている神楽・・その近くに

ハンター「・・・・」

ハンター

神楽「これ逃げ切ったら凄い金額アル」

ハンターに気づいていない・・そして

ハンター「・・・・!」

見つかった

神楽「絶対逃げ切らなきゃてっハンターアル!」













神楽「うぉーーーー!」


ハンター「・・・・」

必死に逃げる神楽、だが




















ポン

神楽確保 残り14名

神楽「こんなの無いアルーーー!」(涙)

一瞬油断が命取りになる。それが逃走中

プルルル

ドンキー「メールだ。」

りんご「噴水エリアで神楽確保。」

ドラえもん「残り14名。」

銀時「オイオイ神楽捕まったのかよ。」

ピーチ「何か神楽ちゃん逃げ切ると思ったんだけどね〜」

〜町中〜

ウォーリー「何所か良い所ないからな?」

ウォーリーは町中を探索していた すると

ウォーリー「ん?ヘリポート?」

ヘリポートを見つけたウォーリーの近くに

ハンター「・・・・」

ハンター

ウォーリー「何でこんな所に・・・あ!」(逃げる)

ハンター「・・・・」

ウォーリー「えっほ、えっほ」

走るウォーリーそして

ウォーリー「はあ、はあ、ここまで来ればもう大丈夫かな?」

逃げ切ったようだ

次回、ミッション発動

75:18

Re: 逃走中〜亡霊と少女〜 ( No.43 )
日時: 2019/03/21 21:16
名前: 松島凌太

一方祭り会場では

町官「大分近いな」

ゴンド「はい」

本番が大分迫っていた、すると

ポト

町官「!?」

煙幕弾が投げ込まれて会場は煙に包まれた

町官「何だこれは!?」

ゴンド「けっ煙い。」

やがて煙が晴れた。だが

ゴンド「!?すっ水晶が!」

町官「なくなっているだと!?」

水晶が盗まれていた


















ゼブル「くくく・・・遂に手に入れたぞ!」

男が手に持つのは優勝商品の水晶だ。そう、煙幕弾を投げたのなこの男だ

ゼブル「本当は誰かに罪を押し付けて逃げるつもりだったが、作戦変更してそのまま逃げるとしよう。」

この発言の意味は




ルイージ「ん?」

ゼブル「おっと」






ピーチ「あら?」

ぜブル「・・・」





リンク「?!」

ゼブル(危ねぇ!)

ルイージ、ピーチ、リンクが感じた視線の正体はこの男である

ゼブル「とっとと逃げねえと」


作者「よし、ミッション発動」

ポチィ

作者によってミッションが発動した。それにより

ハンター×5「・・・・」

ハンターを乗せたヘリが出現した

ゼブル「ん、アレはヘリ?」

ゼブルがそれに気づく

ゼブル「確かあの先は・・・これはチャンスじゃないか」(笑)

ゼブルはヘリポートに向かった

プルルル

リンク「メールだ。現在ハンター5体を乗せたヘリがエリア内を飛行している。」

新八「残り65分になるとヘリが着陸し、ハンター5体が放出される。えぇ!?」

エレン「阻止するにはヘリポートを裏返しにして隠すしかない以上・・・まずいな。」

〜ミッション2〜

ハンター放出を阻止せよ

現在ハンター5体を乗せたヘリがエリア内を飛行している。残り65分になるとヘリが着陸し、ハンター5体が放出される。阻止するにはヘリポートを裏返しにしなければならない。

ケンシロウ「行くか」

りんご「早く探さないと!」

ピーチ「ヘリポートは何所から?」

〜祭り会場〜

ウォーリー「ヘリポート・・・あ!」

ミッション発動前にヘリポートを目撃したウォーリー、その近く

ハンター「・・・・」

ハンター

ウォーリー「確か町中で見たアレだ!」

ハンター「・・・・!」

見つかった

ウォーリー「誰かに知らせ・・・ハンター!?」

ハンター「・・・・」

果たして逃げ切るか!?

71:46

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。