二次創作小説(映像)

黒猫δと愉快な仲間たちの日常
日時: 2017/01/01 18:17
名前: 黒猫δ

8月2日開始

……はじめまして、ここでは黒猫δと仲間たちの日常を綴っていきたいと思います。

注意事項
・更新速度は不定期
・駄文の可能性あり
・誤字多数
・キャラ崩壊
・文章力皆無
・オリジナル設定多数


それでもよければ、私達の日常へどうぞ!


〜目次〜


>>2-4 ショートショート空想職業案内
>>5-9 夏祭りをしよう!(前編)
>>11 白黒の館日誌
>>13-15 夏祭りをしよう!(後編)
>>16-17 夏祭りをしよう!(エンディングと後日談編)
>>23-24 ドッキリ大作戦!(前振り)
>>30-34 ドッキリ大作戦! 前幕
>>40-43 ドッキリ大作戦! 中幕
>>47-53 ドッキリ大作戦! 終幕 specialepisode
>>68-71 特別編 雪空の思い出


〜黒猫δと依頼編〜
>>44 二つの魂 キャプション
>>54 二つの魂 予告編
>>58-63 二つの魂 本編

〜黒猫ラジオ!〜
>>18-19黒猫ラジオ!

〜オリジナルキャラクター紹介〜
>>10オリキャラ紹介part1
>>12オリキャラ紹介part2
>>57オリキャラ紹介part3

タグ
ダンガンロンパ、文スト、ぷよぷよ、血界戦線、Dグレ、ポップン(にわか)、スマブラ……etc.(順次、増えていきます)


>>20 chaosdealer crisisへのリンク

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.155 )
日時: 2017/04/22 00:48
名前: 黒猫δ

黒猫δ「さて、☆5は全て出てしまいましたね……どうなることやら」

モノクマ「そうだった……安全牌がない……」

太宰「でも、ラビくんってたしかミラクルクッキングだけど、美味しかったよね?」

黒猫δ「……後はアルトくんですかね。料理は得意らしいですが」

ブラックピット「大変だ!」

フェムト「どうしたんだい?」



審査に入る前、慌てて次のゲストであるブラックピットが入ってきた。
しかし、そこにはもう一人いるであろうゲストの姿はない。



黒猫δ「どうされました?」

ブラックピット「ギルドが居なくなったんだよ!どこ探しても見付からねぇんだ!」















______その頃














???「すまないね、少し眠って貰うよ」



首筋に何かが押し当てられる。その瞬間、衝撃と共に身体が、感覚が、全て痺れ、自由が聞かなくなる。
たぶん、スタンガンだろうそれを、押し当てた襲撃者は、僕を見下ろした。



ギルド「……貴……方、は」

???「やっぱり、一撃じゃ効かないか。カオスディーラーは手強い」



一陣の風が吹き、襲撃者の被っていたフードの影が揺れる。
刹那、再び衝撃が襲う。
意識が飛ぶ間際、ギルドの目には襲撃者の容姿が映った。それは_____



ギルド(____雪音、さん?どうして__)















_______












黒猫δ「……どうされたのでしょうか。彼はきっちり約束は守りますし」

モノクマ「もしかして……何かあったとか……?」

太宰「それだと困るね……」

白兎α「……さがしに行く?」




ブラックピットの話を聞いて、審査員たちはギルドを探しに向かうことにした。しかし、どこにいったかも分からない相手だ。



黒猫δ「……さて、どこにいったのか」

ブラックピット「分からねぇ……ごめんな」









___その時だった





≫緊急事態発生!!タダチニ急行セヨ!
≫繰リ返ス!緊急事態発生!!タダチニ急行セヨ!




黒猫δ「一体何事でしょうか、すぐ向かいましょう!」

太宰「そうみたいだね、行こうか」



緊急事態発生のブザーがなる。場所は料理室近くの廊下で、皆そちらに駆けていく。



Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.156 )
日時: 2017/04/22 00:51
名前: 黒猫δ







____ブザーがなる、少し前……









レイは、海月Ψが頼んでいた花を持って白黒の館にやって来た。
しかし、既に料理対決は始まっており、ここに来られるのは恐らくは海月Ψのみだろう。

そう思いつつ、レイは館の裏口を探して歩いていた。



その時、不意にピシリと空気が凍りつくような感じがした。



レイ「……これ、は」



それは、冷気ではなく悪意。心理を司る彼だからこそ、気がついたのだ。



レイ「……急ごう。何か……何かが起こってる。急がないと……」

海月Ψ「迷ってるだろうと思って来てみたが……どうした?」

レイ「海月?まぁ、誰でもいいや。裏口まで道案内頼めるかな」

海月Ψ「……そのつもりだが……どうした?」

レイ「……急いで」



黒い瞳の奥、キラリと星のような金の光が瞬いた。海月Ψはとりあえず、レイが何かに対して何かあったのを察し、急いで裏口まで案内した。



海月Ψ「ここだぜ」

レイ「ありがとう、海月さん。


















……で、そこにいるのは誰?」



海月Ψ「……は?」






???「ハハハ、バレてしまったか!」



姿を表したのは_______


















次回予告




レイ「だったら、お前を黙らせてやるよ!」

海月Ψ「おい、一体何が起こっているんだ!?」

黒猫δ「……これは」

白兎α「イゴローナク!?」

マリオ「……何か凄いことが起こっているな、対処できるか?」

ルフレ「お前は……!」









???「フハハハハ!我が名はコードネーム≪ニャルラトホテプ≫の≪タブー≫!世界破壊軍の≪ケテル≫なり!」







今回はここまでです
コメントは少し待ってください

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.157 )
日時: 2017/04/22 00:52
名前: 黒猫δ




さて、料理対決は中盤に差し掛かりました。
……ですが、料理の暴走、及び、乱入者によって、現在一時中断、戦闘へと入ります。


それにより、応援を頼みたいと思います。
メンバーは一人につき、三人までとさせてください。


詳細が必要な場合は、後程頼みたいと思います。


そうですね……配役は


図書室捜査班(イゴローナク退散の呪文を探す)

イゴローナク(もしくは???)戦闘班

回復、補助班



……です



(できれば、サンプルボイスがあると助かります。図々しくてスミマセン……)



コメント及び応援募集OKですm(__)m

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.158 )
日時: 2017/04/22 11:05
名前: No@h  


どうもNo@hです!!
って、アイエエエエエエエエ!!!??
これ料理対決でしたよね!!?料理対決でしたよねぇえぇぇぇ!!!!!?????


No@h「イゴローナク!!?イゴローナクなんで!!?!?」
ルカ「恐ろしい光景を目にしたアナタは1/6dのSANCheck.どうぞ。」
ミク「ダイス振ってる場合じゃないですヨ!?ルカ!!」


MEIKO「ふふ、食べ甲斐がありそうね♪」

「「「What!!?」」」


*出陣メンバー*

No@h…氷魔法特化型の花時計の守護者。
裸族を見ると気絶するタイプ。
飴ペガサスに乗って三つ子杖『氷華』を手に戦う。戦闘班


初音ミク…語尾が必ずカタカナになる歌姫
カオスクラッシャー。ネギにはこだわってない。
ブラックロック★シューターがベースのため、戦闘侍は何時もと違い黒髪に黒い衣装で右目を蒼く光らせながら鎖鎌で戦う。
図書室捜査班


巡音ルカ…所々英語を交えて話す。
裸族には動じないタイプ。時々発言がズレてるときがある。
動画サイトのタグ『英語ルカ』かベースのために決まったベースソングが無い。
回復・補助班


MEIKO…常に自身あり気な態度で話すボカロ組のまとめ役。裸族には動じないタイプでクトゥルフ料理も平気で食べる悪食組。
ベースは悪食娘コンチータ。
武器サイズのカトラリー(ナイフやフォークなど)を状況に合わせて使う万能タイプ
戦闘班



以上でいきます。
詳細はまた後日書いて送りますね

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.159 )
日時: 2017/04/22 11:34
名前: 黒猫δ


黒猫δ「コメント返し」

エゴ「よーいドン……おい、俺にやらせるな」


>>No@hさん


感想及び応援ありがとうございます。
確かに、イゴローナクはSANチェックものですねw
……って、MAIKOさん!?


白兎α「えええ、あれ食べるつもりなの!?」

黒猫δ「……食べれないことは無いのではないでしょうか……」


SAN値→60

SANチェック→58


黒猫δ「危ない……」


1D10→4

エゴ「ギリギリだな」


そして、応援はNo@hさん含め四人ですね。

黒猫δ「あ、作者さんは来るでしょうからね……作者さんは含めず三人までとしますか」



コメントありがとうございました!

まだまだ募集及びコメントOKですm(__)m

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.160 )
日時: 2017/04/24 23:41
名前: トクマ

 どうも黒猫δさん。トクマです。

 料理対決も中盤にさしかか――オイマテ何その物体X。しかも『まだ生物になっていない』ということは放置したら生物になんの!?

 そして戦闘に突入! さらに謎の敵出現とクットゥルフ関係出ぼ――これって料理対決ですよね!?

トクマ「いかないと……変身」


戦闘班
 トクマ(ハスター憑依武装)

 とある事件を境に斧の能力がハスターを武装出来る事を知って武装した姿。姿形が見る人によって変わる。

 相手の魔力を自分の支配下に置いて自由自在に操作出来る“魔力制圧”と相手のSAN値とステータスを下げるデバフ付の光線とバリアで戦う。

 なお、光線は広範囲に放射する拡散、一転集中で速さと威力に優れた集束、周囲を無差別に攻撃する散弾の三種類がある。


図書室捜査班
 ドレディア

 言わずと知れたクレイジーフラワーガール。

 完全物理特化の異常個体だが、今回は相手の相性が悪いと判断して図書室捜査に協力する。戦闘方法は自慢の力で殴る蹴るである。

サンプルボイス
「……ディ……」(警戒しながら挨拶)
「……ア"ァ"?」(キレてる)
「ドレディッアー!!」(喜んでいる)


治療・補助班
 シネレッタ

 童話の『人魚姫』である歌うことが大好きな緑色の長髪が目立つ褐色肌の人魚(マーメイド)。移動する際は空間を泳ぐような感じで移動する。

 性格は元気で明るく、トクマいわく『コミュ力の塊』。強さそのものは弱いがサポートについてはトクマ側のメンバーで一二を争うほどの回復性能を持っている。

 自身を含む味方の妨害効果と体力を回復する『エナジーソング♪』、壊れるまで味方を回復し続けるひし形のコアを生成する『フォーミィチアソング♪』、大津波を起こして敵を一掃する『パッションストリ〜ム☆』、味方の妨害効果を無効及び耐性付与、さらに味方の体力を回復し続けて自身の魔力を大幅に回復する『スプラッシュメドレー☆』を使ってサポートする。

サンプルボイス
「ハァイ! 私はシネレッタ、よろしくね!」
「え、これ大丈夫? 本当に大丈夫!?」
「海の底から彼方まで! 鳴り響け、私の歌!!」


 以上の三人で応援に行きます! 何かありましたら連絡をどうぞ! それと、こちらのスレの飲み会の件ですが、参加する中井のサンプルボイスをお願いできるでしょうか……?

 それでは!!

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.161 )
日時: 2017/04/25 21:01
名前: 黒猫δ

黒猫δ「コメント返しです」

中原「……おい、黒猫誤字ったか?」

黒猫δ「……え?」

中原「俺は中原だ。中井じゃねぇよ……太宰に笑われたんだ。久々に追っかけ回したぜ」

黒猫δ(……混ざりましたね……中原中也…あれ?井はどこから来た…?)


>>トクマさん

コメント及び応援ありがとうございます。
おお、確かにクトゥルフの邪神つれてるのは心強い。邪神には邪神…ですね。

物体Xについては…


フェムト「あれ、時間がたつと生物に変わるんだよねー…あれは蛹の状態だから、その時を狙わないと…」

中原「…苦労してンだなあんた」

フェムト「彼女にはね…」

黒猫δ「…お疲れ様です」



コメント及び応援ありがとうございますm(__)m

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.162 )
日時: 2017/04/26 22:34
名前: 柊

こんばんは、お久しぶりです、柊です!
ちょっとこのカキコを離れていたら料理対決も中盤に差し掛かっていた上にすごい展開になってて驚いてます!←

青く発光する料理って何なの…(恐怖)
そしてお酒の匂いがすごいって…下手したら匂いだけで倒れる気が…カオスコートすごい(小並感)
しかし三人が運ばれたか…いや、むしろ三人だけで済んだと言うべきか…。
評価は納得ですね…←
プリンアラモード…!こんなのデザートテロですよ!食べたい!←
緊急事態…うわぁ、めちゃくちゃやばい気配を察知ですよ…!
今回、応援に行かせていただきます!


審神者とかいろいろやってる。正直なところ、とある人物の許可がなければパワーアップできず、普通の人間とほとんど大差ない能力なので戦闘面では役に立たない。ただし護身程度に弓矢での攻撃ができ、接近戦に持ち込まれても弓でぶん殴る。
何か霊的な穢れならば鳴弦(矢を使わず、弓の弦を鳴らすこと)で一時祓うことが可能。ただし、邪神レベルだと祓えない。
下記三人には若干男口調だが、それ以外の人には敬語。
一人称はあたし。
治療・補助班
サンプルボイス
「柊です、よろしくお願いしますね」
「生きて帰ってきてほしいんだ。生きて帰ってきてくれれば、いくらだって治してやれるから」
「イゴローナク、ね。できれば会いたくねえ相手だな……」

陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)
刀剣乱舞の登場人物(刀剣男士)。かの坂本龍馬の佩刀である。刀種は打刀。土佐弁で話す。
柊の初期刀で相棒的存在。
状況判断能力に長けており、被害を少なくすることを優先して考える。
レベルはカンストしているので、頼りになると思われる。
一度刀剣破壊(刀剣男士にとっての死)されても完全復活できる御守り極を所持。また、拳銃を持っている。
一人称はワシ。
戦闘班
サンプルボイス
「ワシは陸奥守吉行じゃ。よろしくの!」
「時代は拳銃ぜよ。やっとう(刀のこと)なんて、時代遅れじゃ」
「ほたえなや。気付かれたら元も子もないきに」

タケミカヅチ
一血卍傑の登場人物。雷の軍神でもある。
柊を主君と呼び、仕えている。
被害を少なくすることを優先して動くが、自分の身を省みないという欠点がある。
お人好しで天然なところがあり、疑うことを知らない。
剣の布都御魂(ふつのみたま)使って戦う。
一人称は俺。
戦闘班
サンプルボイス
「俺はタケミカヅチ。よろしく頼む」
「この剣に誓う。戦い抜くと」
「キミが傷付けられるのは、嫌なんだ。もちろん、他のみんなも」

大淀(おおよど)
艦これの登場人物。当鎮守府ではまだ任務娘さん←
計算などが得意。戦闘が不得意なわけではないが、陸での戦闘では少し不安がある。そのため、捜査班に入ることに。
ただしいざとなれば戦闘の支援も可能。
一人称は私。
図書館捜査班
サンプルボイス
「大淀です。よろしくお願いします」
「皆さん、あまり無茶をしてはいけませんよ」
「私も、皆さんと戦うことができたら良かったのに……!」

一応それぞれの呼び方は

陸奥守→むっちゃん
タケミカヅチ→タケミカヅチ
大淀→大淀

陸奥守
柊→主
タケミカヅチ→タケミカヅチ殿
大淀→大淀殿

タケミカヅチ
柊→主君
陸奥守→陸奥守殿
大淀→大淀殿

大淀
柊→提督
陸奥守→陸奥守さん
タケミカヅチ→タケミカヅチさん

という感じです…!←
呼び方に関して細かくてすみません、何か不備等ございましたら遠慮なく言ってください!←

それでは失礼します!

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.163 )
日時: 2017/04/27 20:01
名前: 黒猫δ

黒猫δ「おお、助けに来てくれる方々がいっぱい……ありがとうございます」

ミズキ「ありがとう……僕からもお礼を言わせてね」


>>柊さん

お久しぶりです、応援、コメント有難うございますm(__)m

あの青白く発光する料理はキッシュだったそうです。どうしてそうなった
被害者が少なくてよかった……


黒猫δ「プリンアラモード、手伝ってくれた方々の分用意できますかね」

ミズキ「……再現するの?僕は味とか保証出来ないよ」

黒猫δ「ニコルさんならできるでしょうか……」

ピット「そちらの世界からは、作者の柊さんと、陸奥守さん、タケミカヅチさん、大淀さんですね!
……うわぁ!神様がいる!」

ブラックピット「……テンション上がるところか?まぁ、仮にも天使か」



コメントありがとうございました!m(__)m



→番外編

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.164 )
日時: 2017/04/27 20:17
名前: 黒猫δ

閑話 マシンドールに花束を






『おい、この世界は一面真っ白だな。何があったってんだ?』

「それはね、この世界はもう……」



___既に終わっているんだよ
その言葉は、白と鉛色に閉ざされた世界に吹く一迅の風に消えた。






ミズキの手記 37冊目 295ページ


世界歴 680年 旧世界歴 5803年


0の月 花の日








なんの音も聞こえない。なんの変化も訪れない。
そんな世界に、一つの轍を残し、ただただ走っていくバギーがあった。






「ねぇエス、ここの世界はなんでこうなったと思う?」

『さぁな、俺にはわからねぇや。お前の方はわかってんのか?』

「おおよそは、ね」



エスはなんだよーと言いつつ、僕を見る。僕は、顔には出さないものの、どこか楽しげだったらしい。


『楽しそうだな、ミズキ。で、なんなんだよ』

「……発達しすぎた技術や科学、それらが世界の核にある混沌の力を吸い尽くした。若しくは、その世界の寿命。それが原因だよ……まぁ、今回は前者だろうけど、ね」



僕は言い終わって、「ほら、前を見てごらんよ」と言って前を指差す。



目の前にはドーム状のプロテクタが張られた街が見えてきた。






『あれはすげーな……こんなに発達した街、始めて見たぜ』

「僕でも稀に見るぐらいだね。それに……」



その光景を見て、僕はバギーの進行方向を変え、スピードを上げた。
エスは驚いたように声を荒げた。



『おい!?行きなり何事だよ!?』

「あっちで何か光ってるものが見えた!多分、何かあったんだと思う」

『そういうことか、わかった。飛ばすぜ!』



息のあった僕らは真白の荒野に砂埃を巻き上げながら猛スピードで進む。












___その先に、この世界の秘密があると知らずに














そして僕らは辿り着いた。
キラリと光ったものはどうやら、壊れた機械の破片で、そこには既に事切れた人間と、それよりも小さな人だったものが転がっていた。



『……間に合わなかったな、ミズキ』

「……そうだね、間に合わなかった。何も、解決しなかった」

『彼らは、何をしていたんだろうな』

「さぁね。僕の知ったことじゃないよ……ただ」



僕はが人だったと思われる小さな骸に近付いて、少し砂塵を払った。



「この人は人間じゃないね」

『……え、気付かなかったな。なら、なんだ、精霊?人形?それともAIか?』

「全部違うよ、……これはマシンドール。多分、人工的に作られた、ね」



マシンドールは、砂塵を払われるといつでも動き出しそうなほど、美しく、巧妙だった。
僕は、コートから出した大判の布をマシンドールに掛け、壊れた機械の方へと向かい、内部を調べることにした。



















「……やっぱり」

『ん?何かあったか?』



僕が機械内部を調べて暫くたった。どうやらこの世界は日が暮れることがないようで、まだ日は射していた。
機械はその光を反射しつつ、所々火花を散らせていた。



「この機械、カオスを原料にして動かしてたみたい」

『ほお、そりゃどうやってだ?カオスディーラーならともかく、カオスは原料にしないぞ?』

「それで、あのマシンドールが出てくるんだよ」

『……どう言うことだ?』

「あのマシンドールには、カオスディーラーと同じ感じがした。……でも、カオスディーラーな訳がない。……つまり」

『……人工的に作ったってか?月宮財閥もやったが、失敗していただろ』

「まぁ、そうだね。だとしても、カオスディーラーは作れないわけではないんだ。……例に挙げればロメルス兄弟とかね
早い話、成功者がいたってことだろうね」

『成功者がいたとしても一人じゃねぇか?』

「……それをコピーしたのならば?」



僕は機械から飛び降り、先程の小さな骸を抱えると、事切れた人間のもとへと向かった。



「……だとしたら、このマシンドールが小さいことに理由がつくんだ。コピーは寿命が短い。……更に、カオスディーラーなら自然に補充できるカオスが、マシンドールには補充出来ない。それをさっきの機械で使っているとしたら」


「……命と引き換えに、この機械を動かしていた……恐らく、動力源として」



事切れた人間と、小さな骸を並べ、布を掛けた。
砂塵が舞い、当てもなく飛ばされていく。そのなかひっそりと一人と一つを包む布はバタバタと音を立てていた。



「……さて、行こうか」

『もういいのか?ミズキ』

「あまり長居してもよくないからね。……それじゃあバイバイ。ゆっくりとお休みください」




僕はそう言い残してその場を去った。




________












二人が去ってからどれ程経っただろうか。そこには淡く佇む人影が写っていた。



「また、あいたかったんだけどなぁ」




そういって、その人影は涙を落とす。
手には大きな花束を抱えていた。





「ごめんなぁ、守れなくて」







その世界は数日後、ひどく、脆く、崩れ去った





これはそんな終わった世界のお話___



コメント、応援OKですm(__)m
料理対決ではなくてすみません

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。