二次創作小説(映像)

黒猫δと愉快な仲間たちの日常
日時: 2017/01/01 18:17
名前: 黒猫δ

8月2日開始

……はじめまして、ここでは黒猫δと仲間たちの日常を綴っていきたいと思います。

注意事項
・更新速度は不定期
・駄文の可能性あり
・誤字多数
・キャラ崩壊
・文章力皆無
・オリジナル設定多数


それでもよければ、私達の日常へどうぞ!


〜目次〜


>>2-4 ショートショート空想職業案内
>>5-9 夏祭りをしよう!(前編)
>>11 白黒の館日誌
>>13-15 夏祭りをしよう!(後編)
>>16-17 夏祭りをしよう!(エンディングと後日談編)
>>23-24 ドッキリ大作戦!(前振り)
>>30-34 ドッキリ大作戦! 前幕
>>40-43 ドッキリ大作戦! 中幕
>>47-53 ドッキリ大作戦! 終幕 specialepisode
>>68-71 特別編 雪空の思い出


〜黒猫δと依頼編〜
>>44 二つの魂 キャプション
>>54 二つの魂 予告編
>>58-63 二つの魂 本編

〜黒猫ラジオ!〜
>>18-19黒猫ラジオ!

〜オリジナルキャラクター紹介〜
>>10オリキャラ紹介part1
>>12オリキャラ紹介part2
>>57オリキャラ紹介part3

タグ
ダンガンロンパ、文スト、ぷよぷよ、血界戦線、Dグレ、ポップン(にわか)、スマブラ……etc.(順次、増えていきます)


>>20 chaosdealer crisisへのリンク

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18



Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.163 )
日時: 2017/04/27 20:01
名前: 黒猫δ

黒猫δ「おお、助けに来てくれる方々がいっぱい……ありがとうございます」

ミズキ「ありがとう……僕からもお礼を言わせてね」


>>柊さん

お久しぶりです、応援、コメント有難うございますm(__)m

あの青白く発光する料理はキッシュだったそうです。どうしてそうなった
被害者が少なくてよかった……


黒猫δ「プリンアラモード、手伝ってくれた方々の分用意できますかね」

ミズキ「……再現するの?僕は味とか保証出来ないよ」

黒猫δ「ニコルさんならできるでしょうか……」

ピット「そちらの世界からは、作者の柊さんと、陸奥守さん、タケミカヅチさん、大淀さんですね!
……うわぁ!神様がいる!」

ブラックピット「……テンション上がるところか?まぁ、仮にも天使か」



コメントありがとうございました!m(__)m



→番外編

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.164 )
日時: 2017/04/27 20:17
名前: 黒猫δ

閑話 マシンドールに花束を






『おい、この世界は一面真っ白だな。何があったってんだ?』

「それはね、この世界はもう……」



___既に終わっているんだよ
その言葉は、白と鉛色に閉ざされた世界に吹く一迅の風に消えた。






ミズキの手記 37冊目 295ページ


世界歴 680年 旧世界歴 5803年


0の月 花の日








なんの音も聞こえない。なんの変化も訪れない。
そんな世界に、一つの轍を残し、ただただ走っていくバギーがあった。






「ねぇエス、ここの世界はなんでこうなったと思う?」

『さぁな、俺にはわからねぇや。お前の方はわかってんのか?』

「おおよそは、ね」



エスはなんだよーと言いつつ、僕を見る。僕は、顔には出さないものの、どこか楽しげだったらしい。


『楽しそうだな、ミズキ。で、なんなんだよ』

「……発達しすぎた技術や科学、それらが世界の核にある混沌の力を吸い尽くした。若しくは、その世界の寿命。それが原因だよ……まぁ、今回は前者だろうけど、ね」



僕は言い終わって、「ほら、前を見てごらんよ」と言って前を指差す。



目の前にはドーム状のプロテクタが張られた街が見えてきた。






『あれはすげーな……こんなに発達した街、始めて見たぜ』

「僕でも稀に見るぐらいだね。それに……」



その光景を見て、僕はバギーの進行方向を変え、スピードを上げた。
エスは驚いたように声を荒げた。



『おい!?行きなり何事だよ!?』

「あっちで何か光ってるものが見えた!多分、何かあったんだと思う」

『そういうことか、わかった。飛ばすぜ!』



息のあった僕らは真白の荒野に砂埃を巻き上げながら猛スピードで進む。












___その先に、この世界の秘密があると知らずに














そして僕らは辿り着いた。
キラリと光ったものはどうやら、壊れた機械の破片で、そこには既に事切れた人間と、それよりも小さな人だったものが転がっていた。



『……間に合わなかったな、ミズキ』

「……そうだね、間に合わなかった。何も、解決しなかった」

『彼らは、何をしていたんだろうな』

「さぁね。僕の知ったことじゃないよ……ただ」



僕はが人だったと思われる小さな骸に近付いて、少し砂塵を払った。



「この人は人間じゃないね」

『……え、気付かなかったな。なら、なんだ、精霊?人形?それともAIか?』

「全部違うよ、……これはマシンドール。多分、人工的に作られた、ね」



マシンドールは、砂塵を払われるといつでも動き出しそうなほど、美しく、巧妙だった。
僕は、コートから出した大判の布をマシンドールに掛け、壊れた機械の方へと向かい、内部を調べることにした。



















「……やっぱり」

『ん?何かあったか?』



僕が機械内部を調べて暫くたった。どうやらこの世界は日が暮れることがないようで、まだ日は射していた。
機械はその光を反射しつつ、所々火花を散らせていた。



「この機械、カオスを原料にして動かしてたみたい」

『ほお、そりゃどうやってだ?カオスディーラーならともかく、カオスは原料にしないぞ?』

「それで、あのマシンドールが出てくるんだよ」

『……どう言うことだ?』

「あのマシンドールには、カオスディーラーと同じ感じがした。……でも、カオスディーラーな訳がない。……つまり」

『……人工的に作ったってか?月宮財閥もやったが、失敗していただろ』

「まぁ、そうだね。だとしても、カオスディーラーは作れないわけではないんだ。……例に挙げればロメルス兄弟とかね
早い話、成功者がいたってことだろうね」

『成功者がいたとしても一人じゃねぇか?』

「……それをコピーしたのならば?」



僕は機械から飛び降り、先程の小さな骸を抱えると、事切れた人間のもとへと向かった。



「……だとしたら、このマシンドールが小さいことに理由がつくんだ。コピーは寿命が短い。……更に、カオスディーラーなら自然に補充できるカオスが、マシンドールには補充出来ない。それをさっきの機械で使っているとしたら」


「……命と引き換えに、この機械を動かしていた……恐らく、動力源として」



事切れた人間と、小さな骸を並べ、布を掛けた。
砂塵が舞い、当てもなく飛ばされていく。そのなかひっそりと一人と一つを包む布はバタバタと音を立てていた。



「……さて、行こうか」

『もういいのか?ミズキ』

「あまり長居してもよくないからね。……それじゃあバイバイ。ゆっくりとお休みください」




僕はそう言い残してその場を去った。




________












二人が去ってからどれ程経っただろうか。そこには淡く佇む人影が写っていた。



「また、あいたかったんだけどなぁ」




そういって、その人影は涙を落とす。
手には大きな花束を抱えていた。





「ごめんなぁ、守れなくて」







その世界は数日後、ひどく、脆く、崩れ去った





これはそんな終わった世界のお話___



コメント、応援OKですm(__)m
料理対決ではなくてすみません

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.165 )
日時: 2017/06/28 01:03
名前: 黒猫δ

お久しぶりですね

黒猫δ「リアルでいろいろなことがありましたが……再開します」

ミズキ「まぁ、引っ越したり、食中毒になったりしたけど、中の人は大丈夫だよ」


______





白黒の館 館内




そこには、フードを被った二つの影が蠢いていた。
隣には、白い巨体≪イゴローナク≫が何かを警戒するように立ちはだかっている。



???「さっき、ちっとばかし何処かに行っていたが何かあったのか?カオスディーラーなら、捕らえておかなきゃならねぇぞ、賢者の≪ダアト≫さんよぉ」

ダアト「……カオスディーラーじゃなかった。とりあえず、邪魔にならない位置で拘束したが。何か不満か?≪ネツァク≫」



フードの二人___ダアトとネツァクは、先程、ダアトが、外に行ったことについて聞いていた。
が、ダアトが言ったことは嘘だ。
しかしそれを追及せずに、ネツァクと呼ばれた女性は、ブロンドの髪を一纏めに括り、爛々と輝いたエメラルドの瞳をしばたかせた。



ネツァク「それにしても、戦闘なんて久々だな!楽しみだ

……だが、てめぇ戦わなくていいのか?」

ダアト「……俺は、切り札なんだろう?そう≪ケテル≫様がお考えだしな。……まぁ、お前にはそいつがいるからいいだろ」

ネツァク「ケテル様も考えるねぇ。まぁいいや、ひとりでこいつと暴れるさ。仕込んで貰ったからな……恩に着るぜ」

ダアト「そうか。……そろそろ俺は戻る。武運を願う。勝利あれ、ネツァク」

ネツァク「ああ、わかってるさ!」



ダアトは、ネツァクに言葉を掛けると、一人ワープしていった。
残されたネツァクは、パタパタと掛けてくる音を聞くと、ニタリと嗤った。



ネツァク「さあ、楽しませてくれよ……?」




















_____同時刻、庭



そこには、フードを羽織った透き通った青色の人物がいた。
対面するレイと海月Ψ。レイが少し前に出ている。



レイ「僕にはバレバレでしたね」

???「フハハハハ……流石、心理のカオスディーラーといったところか。……まぁいい、コードネーム≪ニャルラトホテプ≫、我が名は≪タブー≫。世界破壊軍の≪ケテル≫なり!!」

海月Ψ「……世界破壊軍?ニャル……なんだ、邪神か何かか?……んで、ケテルってなんだよ。どんな役職だよ」

レイ「……ケテルってことは王冠か……つまり、主となるものかな。一体何しに来た」

タブー「そりゃあ、世界破壊さ!……それには、カオスディーラーが邪魔だからな、お前を消させてもらおうか!」

海月Ψ「……一体どうなっているんだ?何が起こっているんだ?
……だれか、説明してくれよ……」

レイ「ごめん、それは後みたい。
消させなんてさせないから、お前に消させるものか。……お前をここで食い止める」



海月Ψが着いていけない状況のまま、状況は進展していく。海月Ψはツッコミもできないまま、茫然と二人をみていた。



Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.166 )
日時: 2017/06/28 01:08
名前: 黒猫δ

レイ「海月さん」

海月Ψ「は!?……なんだ?」


突然、レイは呆然としている海月Ψを呼び戻した。
その目には、やはりなにも映っていない。ただの虚空が、見つめていた。


レイ「海月さんは、中に行って応援を呼んでください」

海月Ψ「そんなことしたら、お前……」

レイ「構いません……それに、僕は絶対、倒されませんから」



レイは黒い瞳を細めて笑う。心配するな、そういわれているようだった。
海月Ψは、わかったと一言告げると、急いで館内に向かう。



タブー「ずいぶん強気じゃないか。心理のカオスディーラー」

レイ「まぁね。約束したんだ、彼女と。だから……僕はお前を黙らせる」



レイの纏う雰囲気ががらりと変わる。それは、ゆったりとした川の流れから、激流のように荒々しいものだった。


レイは、まるで獲物を見つけた蛇のような、不気味な笑みを見せ、呟く。







レイ『闇により退けられた光
今ここに解放せん
己の瞳で全てを見通せ


____限界突破(exceed)、『闇夜彗星』』








纏っていた魔力が弾ける。
すると、レイの瞳が漆黒から星のような金に変わり、大きなデスサイズが浮かぶ。

それは、まるで死神。金の瞳が爛々と煌めき、敵を蹴散らさんばかりの雰囲気を放っていた。



レイ「僕も本気で行かせて貰います!」

タブー「ほうほう、これは面白い……しかし、俺には貴様の力量など虫けら同然だ!」

レイ「それは、どうだろうね?」



金の瞳は妖艶に、真っ直ぐにタブーを見つめる。

それはまるで『全てを見透しているように』



Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.167 )
日時: 2017/06/28 01:10
名前: 黒猫δ

_____館内




館内では、黒猫δ達が原因となっている部屋にたどり着いた。
思い切りドアを蹴破り、なかに入ってみると…





黒猫δ「これは……」

白兎α「イゴローナク!?」



ネツァク「ソーダヨ、ここのカオスディーラー達を纏める指令長、その他の方々

ハァイ!あたしは《ネツァク》。コードネームは《ティンダロスの猟犬》、どこまでも追いかけてあげるワ」



そこには、白い巨体《イゴローナク》とネツァクと名乗る女性がいた。
イゴローナクはネツァクを守るように立ちはだかり、突破は難しそうだ。



黒猫δ「…貴女方は……そうですか。あの世界破壊軍の……お久しぶりですね。もういないものだと思っておりましたが」

太宰「……知っているのかい?」

黒猫δ「ええ。彼らがこの世界を襲った。結果、この世界は、様々な世界に干渉するようになりましたから」

ネツァク「そろそろ暴れてもいーい?まぁ、許可なんて取らないけどねアハハハ!

やっちゃえ!イゴローナク!!」



それと共に、イゴローナクは掌についた口を此方に突き出し、突進を試みる。



黒猫δ「この二人じゃ分が悪すぎる……『カオスコードR-1513518211921 コール『空間操作』』カオスマスターによって命じます!」

モノクマ「ええええ!?どうすればいいのこの状況!?ええい!閃光弾いっけー!」



イゴローナクが、突進を繰り出してきたタイミングで、黒猫δは二人の空間を別つ魔法を仕掛ける。
と、そこにモノクマが持っていた(どこに持っていたかは定かではないが)閃光弾を放ち、音と光で相手の動きを封じる。

突然のことに、イゴローナクとネツァクの動きは止まり、空間を分けることは成功した。

黒猫δは叫ぶ


黒猫δ「すみません!誰か図書館にいっては貰えないでしょうか!」

太宰「僕ならいいよ。どうしてだい?」

黒猫δ「イゴローナクの退散方法を調べて欲しいのです。恐らくは、図書館にある書物に書かれていると思いますので」

太宰「了解したよ……でも、僕一人だと時間が掛かるね……」

白兎α「間に合った!他の世界の方々が応援に来てくれるみたい!」

黒猫δ「ありがとうございます、白。それでは、応援が来るまで僕たちはここを守ります。できれば、その間にメンバーを呼んできて下さい!」

白兎α「りょーかい!」




緊迫した雰囲気が流れる。
そのなかでも、チームワークを発揮し、連絡を取り合い、彼らは進んでいく。
白兎αは黒猫δの命をうけ、兎の如く跳ねていった。

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.168 )
日時: 2017/06/28 01:11
名前: 黒猫δ

するとそこに





海月Ψ「やべぇ、緊急事態だ黒猫……って、なんだ、この状況は!?」

黒猫δ「……海月さん、どうされましたか?」

海月Ψ「……大変だ、レイが一人で敵と対峙してる。……しかも、恐らくは頭だ」

ミズキ「……ほんと、あの人は命知らずなんだから」

フェムト「何時から居たんだい……君が言ったら負けではないか?」

ミズキ「……それより酷いんだよ、あの人。そんな風に一切見えないけどね」



フラり、ミズキはいつの間にか黒猫δのすぐ後ろに来ていた。
海月Ψの話を聞いて、ミズキは頭を抱えると、そう言い残して、彼は去っていった。恐らく、レイのもとへ向かったのだろう。




ネツァク「めんどくさいことしやがったな、あの指令長。勝手に暴れやがって……まぁいい、叩きのめして、壊せればいいのさ!」

マリオ「なにか凄いことが起きているな……対処出来るか?」

マルス「ええ、勿論です!」

ロイ「いくぜいくぜ!!」



此方には、サイレンで駆けつけた三人が彼女の相手をしていた。
ネツァクは大きく独り言をいうと、三人に向き直り、にんまりと笑った。


ネツァク「さて、ショータイムだ!」





それと共に、ネツァクは大きな斧を構え、振り上げる。
戦いの火蓋が切って落とされた。













_______


一方、こちらでは、白兎αがフロイトと共に、応援の方々に手早く挨拶をしていた。



白兎α「来てくださり有難うございます!ただいま、館の主は戦闘を行っておりますので、駆けつけられません。すみません」

トクマ「いや、いいっていいって。それよりもイゴローナクがいるんだろ?早くなんとかしないとな……」

柊「イゴローナク、ね。できれば会いたくない相手だな……」

No@h「そうだね……神話生物だし、そもそも料理がどうしてこうなったのか……」

フロイト「どうやら、ハムが問題だったみたいだね……切れ端があったから調べて貰ったんだけど、それが……ね」

白兎α「……イゴローナクの肉だったみたいです……」




白兎αは館の主である黒猫δが出てこられないことを詫びる。

なぜこうなったのか、現在判明している地点の原因を述べ、
そしてその後、メンバーを分け、白兎αは戦闘班、補助・回復班を連れて、黒猫δ達が戦闘を行っている部屋へと案内していった。












Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.169 )
日時: 2017/06/28 01:13
名前: 黒猫δ

一方、フロイトは図書館組と共に、図書館に向かった。



フロイト「来て下さりありがとうございます……どうやって感謝したらいいものか」

ドレディア「ディ?」

フロイト「あぁ、僕は戦うのは苦手だからね。ありがとう、ドレディアさん」

ミク「デモ、戦わないと行けなくなっタラ、応戦シマス!」

大淀「……あれ?誰か前から走ってきますよ?」

フロイト「あれ、あっちからの合流班かな……?にしては、数が少ない……いったい」



大淀の言葉に、ふと、フロイトは足を止め、相手をじっと見て探る。
すると、そこに見えたのは空中を疾走する白い電子体だった。



大淀「えっ……え?人が浮いてますよ!?」

フロイト「あ、彼か。なら仕方無い……じゃなくて……急いでるのかな?」

ドレディア「デイッアー!」

???「あわわ、そっちに誰かいた!?気がつかなかったよ」

ミク「貴方ハ、一体?」

???「ああ、僕?僕は、カラル。オリジナル型カオスコア内蔵式自立アンドロイド……まぁ、小難しいことは置いといて……とりあえず、大変なんです!」



白い電子体……もといカラルは、アンドロイドと言いつつ、目まぐるしく表情を変化させながらこちらにやって来た。



フロイト「えーっと……どうしたの?」

カラル「実は、黒猫さんに頼まれていた物……人?アンドロイド?まぁ、いいや。それが、何処かに行ってしまったみたいで……何処に行ってしまったんでしょう……」

ミク「どんな人ナノ?」

カラル「あ、ええと……赤い髪飾りの女の子です。まだ、設定が上手くいっていないので、何処かでバグっているかも知れないです……」

ドレディア「ディア?」

カラル「あ、確かにドレディアさんみたいな赤い花の髪飾りです」

フロイト「館のセキュリティは大丈夫?」

カラル「恐らくは……あれ、もしかして何かありました?そんな事、確かノーヴァが言っていました……『間違って入ったんだろ』って言ってましたが」

大淀「そんな事は……」

カラル「……無かったですね……」




カラルは分かりやすくショボンとした顔をしている。彼らは館のセキュリティを担っているため、それを突破されたことで落ち込んでしまったのだろう。
それも束の間、バッと顔を上げると、カラルはこちらを見た。




ドレディア「……ディ?」

カラル「あ、そうでした!良ければこれをつかって下さい」

大淀「これは?」

フロイト「……空中浮遊型の機械?」

ミク「あ、触ったラ、画面が出てきまシタ」



カラルはにこりと笑うと、その機械の説明をする。


その機械はバタフライエフェクトという名前の万能端末だそうだ。攻撃、検索、索敵、マップなど様々な機能がついているらしい。
待機時は名前の通り、蝶の姿をしている。



カラル「……だけど、これ館の中しか使えないんです……僕のセキュリティで動かしているので……すみません」

フロイト「今回は充分ありがたいよ。ありがとうね、カラル」



カラルは驚いたように目を見開き、そしてにこりと笑った。そして深々とお辞儀をすると、彼はまた空中を疾走していった。



フロイト「……さて、図書館に向かいますか」








今回はここまで。
今回は、応援者来訪、図書館組の回となりました。戦闘を楽しみにされていた方々、すみません
次回戦闘に入ります……


次はキャラクター紹介です

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.170 )
日時: 2017/06/28 01:17
名前: 黒猫δ



キャラクター紹介No.4(多くてすみません!)


アルト(ロメルス・アルト)

黒髪青目の青年。言動は優しく他人思いな性格で、得意なことは料理。
作られたカオスディーラーであり、エゴとは兄弟(ちなみに弟)。だが彼は失敗作である。
そのためか、カオスディーラーでありながら、その能力を使うことが出来ない。
しかし、カオスを貯めるタンクとしての役割を果たす。
武器はライフル
イメージカラーは群青



エゴ(ロメルス・エゴ)

白髪赤目の青年。
見た目儚げなのだが、言動が乱暴(これを儚げ詐欺という)。少々力業でどうにかするところがある。
アルトとは兄弟(兄)で、成功作である。
カオスディーラーでありながら、コアを持たないため、酒を飲もうが暴走しない。(理由は、アルトのカオスを彼が使うため)
能力『空間操作』ワープしたり、空間を圧縮して壁にしたり、異空間を作り出す。
武器は小型拳銃。しかし、片腕は戦争でぶっ飛んだ(本人談)ため義手。
イメージカラーはえんじ色



カラル

オリジナル型カオスコア式自立アンドロイド。少年の形をとる。
……なのだが、とても表情豊か。特技はハッキングや、ジャンクパーツからの組み立て。
能力は『知識操作』知らないことを知るため、電脳の役割を果たす。この能力はバックアップを得意とする。
武器はホログラムやデータ。戦うのは苦手である。
イメージカラーは黄緑色



ノーヴァ

ほんの少し名前だけ出てきた人物。パソコンの中に常駐しているようだが、基本何処からでも出てくる。人型も取るようだ。
黒髪にオレンジの目をした少年型のアンドロイド……もとい、品番miX-6(呼びにくいためシックス)。
ノーヴァはカラルに付けられた名前であり、本人は特になにとも思っていないようだ。
カオスディーラーではなく、カラルの同業者。館のセキュリティを管理している人物。
武器はレーザー銃、刀など、とりあえずなんでもできる……らしい。
イメージカラーはオレンジ




お知らせ

黒猫δ「キャラクター募集はここまでとさせていただきます。応援ありがとうございます」(ペコリ


コメントOKです。m(__)m

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.171 )
日時: 2017/07/05 07:35
名前: トクマ

 お久しぶりです黒猫δさん。トクマです。

 最近、コメントに行けなくてすみませんでした……それでは、コメントの方へと……

 レイがタブーに対して奥の手で応戦、マリオ、マルス、ロイの三人もネツァクとの激闘が始まった! セキュリティが突破……もしかしてタブー勢以外に誰かいるのか……気になりますね……

それでは!!

 

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.172 )
日時: 2017/07/11 17:49
名前: 黒猫δ

黒猫δ「コメント返しです」

ノーア「久しぶりだな」


>>トクマさん

コメント、ありがとうございます!

今回は、カオスディーラーのちょっとした秘密(覚醒化)を見せることができました……実際には、他のカオスディーラーのキャラも使うことができます。どこで出すかは、こうご期待です。
ロイやマリオ達は、サイレンがなって直ぐに駆け付けたようです。彼らの戦闘は次回、かけたらいいなと思っています。


ダアト「……セキュリティを突破したのは俺だ。一応、俺達以外には侵入者はいない……はずだ」



黒猫δ「それにしても……なぜ、あいつらは生きていたのでしょうか……」

フロイト「……もしかしたら……『もう一人の異端子』がいる……?」

黒猫δ「異端子?」

フロイト「カオスディーラーにはいないはずの、僕みたいなカオスディーラーのことだよ。……いるとしたら、とても厄介だね……」



コメントありがとうございました!m(__)m

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存