二次創作小説(旧・映像)

黒猫δと愉快な仲間たちの日常
日時: 2017/01/01 18:17
名前: 黒猫δ

8月2日開始

……はじめまして、ここでは黒猫δと仲間たちの日常を綴っていきたいと思います。

注意事項
・更新速度は不定期
・駄文の可能性あり
・誤字多数
・キャラ崩壊
・文章力皆無
・オリジナル設定多数


それでもよければ、私達の日常へどうぞ!


〜目次〜


>>2-4 ショートショート空想職業案内
>>5-9 夏祭りをしよう!(前編)
>>11 白黒の館日誌
>>13-15 夏祭りをしよう!(後編)
>>16-17 夏祭りをしよう!(エンディングと後日談編)
>>23-24 ドッキリ大作戦!(前振り)
>>30-34 ドッキリ大作戦! 前幕
>>40-43 ドッキリ大作戦! 中幕
>>47-53 ドッキリ大作戦! 終幕 specialepisode
>>68-71 特別編 雪空の思い出


〜黒猫δと依頼編〜
>>44 二つの魂 キャプション
>>54 二つの魂 予告編
>>58-63 二つの魂 本編

〜黒猫ラジオ!〜
>>18-19黒猫ラジオ!

〜オリジナルキャラクター紹介〜
>>10オリキャラ紹介part1
>>12オリキャラ紹介part2
>>57オリキャラ紹介part3

タグ
ダンガンロンパ、文スト、ぷよぷよ、血界戦線、Dグレ、ポップン(にわか)、スマブラ……etc.(順次、増えていきます)


>>20 chaosdealer crisisへのリンク

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35



Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.168 )
日時: 2017/06/28 01:11
名前: 黒猫δ

するとそこに





海月Ψ「やべぇ、緊急事態だ黒猫……って、なんだ、この状況は!?」

黒猫δ「……海月さん、どうされましたか?」

海月Ψ「……大変だ、レイが一人で敵と対峙してる。……しかも、恐らくは頭だ」

ミズキ「……ほんと、あの人は命知らずなんだから」

フェムト「何時から居たんだい……君が言ったら負けではないか?」

ミズキ「……それより酷いんだよ、あの人。そんな風に一切見えないけどね」



フラり、ミズキはいつの間にか黒猫δのすぐ後ろに来ていた。
海月Ψの話を聞いて、ミズキは頭を抱えると、そう言い残して、彼は去っていった。恐らく、レイのもとへ向かったのだろう。




ネツァク「めんどくさいことしやがったな、あの指令長。勝手に暴れやがって……まぁいい、叩きのめして、壊せればいいのさ!」

マリオ「なにか凄いことが起きているな……対処出来るか?」

マルス「ええ、勿論です!」

ロイ「いくぜいくぜ!!」



此方には、サイレンで駆けつけた三人が彼女の相手をしていた。
ネツァクは大きく独り言をいうと、三人に向き直り、にんまりと笑った。


ネツァク「さて、ショータイムだ!」





それと共に、ネツァクは大きな斧を構え、振り上げる。
戦いの火蓋が切って落とされた。













_______


一方、こちらでは、白兎αがフロイトと共に、応援の方々に手早く挨拶をしていた。



白兎α「来てくださり有難うございます!ただいま、館の主は戦闘を行っておりますので、駆けつけられません。すみません」

トクマ「いや、いいっていいって。それよりもイゴローナクがいるんだろ?早くなんとかしないとな……」

柊「イゴローナク、ね。できれば会いたくない相手だな……」

No@h「そうだね……神話生物だし、そもそも料理がどうしてこうなったのか……」

フロイト「どうやら、ハムが問題だったみたいだね……切れ端があったから調べて貰ったんだけど、それが……ね」

白兎α「……イゴローナクの肉だったみたいです……」




白兎αは館の主である黒猫δが出てこられないことを詫びる。

なぜこうなったのか、現在判明している地点の原因を述べ、
そしてその後、メンバーを分け、白兎αは戦闘班、補助・回復班を連れて、黒猫δ達が戦闘を行っている部屋へと案内していった。












Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.169 )
日時: 2017/06/28 01:13
名前: 黒猫δ

一方、フロイトは図書館組と共に、図書館に向かった。



フロイト「来て下さりありがとうございます……どうやって感謝したらいいものか」

ドレディア「ディ?」

フロイト「あぁ、僕は戦うのは苦手だからね。ありがとう、ドレディアさん」

ミク「デモ、戦わないと行けなくなっタラ、応戦シマス!」

大淀「……あれ?誰か前から走ってきますよ?」

フロイト「あれ、あっちからの合流班かな……?にしては、数が少ない……いったい」



大淀の言葉に、ふと、フロイトは足を止め、相手をじっと見て探る。
すると、そこに見えたのは空中を疾走する白い電子体だった。



大淀「えっ……え?人が浮いてますよ!?」

フロイト「あ、彼か。なら仕方無い……じゃなくて……急いでるのかな?」

ドレディア「デイッアー!」

???「あわわ、そっちに誰かいた!?気がつかなかったよ」

ミク「貴方ハ、一体?」

???「ああ、僕?僕は、カラル。オリジナル型カオスコア内蔵式自立アンドロイド……まぁ、小難しいことは置いといて……とりあえず、大変なんです!」



白い電子体……もといカラルは、アンドロイドと言いつつ、目まぐるしく表情を変化させながらこちらにやって来た。



フロイト「えーっと……どうしたの?」

カラル「実は、黒猫さんに頼まれていた物……人?アンドロイド?まぁ、いいや。それが、何処かに行ってしまったみたいで……何処に行ってしまったんでしょう……」

ミク「どんな人ナノ?」

カラル「あ、ええと……赤い髪飾りの女の子です。まだ、設定が上手くいっていないので、何処かでバグっているかも知れないです……」

ドレディア「ディア?」

カラル「あ、確かにドレディアさんみたいな赤い花の髪飾りです」

フロイト「館のセキュリティは大丈夫?」

カラル「恐らくは……あれ、もしかして何かありました?そんな事、確かノーヴァが言っていました……『間違って入ったんだろ』って言ってましたが」

大淀「そんな事は……」

カラル「……無かったですね……」




カラルは分かりやすくショボンとした顔をしている。彼らは館のセキュリティを担っているため、それを突破されたことで落ち込んでしまったのだろう。
それも束の間、バッと顔を上げると、カラルはこちらを見た。




ドレディア「……ディ?」

カラル「あ、そうでした!良ければこれをつかって下さい」

大淀「これは?」

フロイト「……空中浮遊型の機械?」

ミク「あ、触ったラ、画面が出てきまシタ」



カラルはにこりと笑うと、その機械の説明をする。


その機械はバタフライエフェクトという名前の万能端末だそうだ。攻撃、検索、索敵、マップなど様々な機能がついているらしい。
待機時は名前の通り、蝶の姿をしている。



カラル「……だけど、これ館の中しか使えないんです……僕のセキュリティで動かしているので……すみません」

フロイト「今回は充分ありがたいよ。ありがとうね、カラル」



カラルは驚いたように目を見開き、そしてにこりと笑った。そして深々とお辞儀をすると、彼はまた空中を疾走していった。



フロイト「……さて、図書館に向かいますか」








今回はここまで。
今回は、応援者来訪、図書館組の回となりました。戦闘を楽しみにされていた方々、すみません
次回戦闘に入ります……


次はキャラクター紹介です

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.170 )
日時: 2017/06/28 01:17
名前: 黒猫δ



キャラクター紹介No.4(多くてすみません!)


アルト(ロメルス・アルト)

黒髪青目の青年。言動は優しく他人思いな性格で、得意なことは料理。
作られたカオスディーラーであり、エゴとは兄弟(ちなみに弟)。だが彼は失敗作である。
そのためか、カオスディーラーでありながら、その能力を使うことが出来ない。
しかし、カオスを貯めるタンクとしての役割を果たす。
武器はライフル
イメージカラーは群青



エゴ(ロメルス・エゴ)

白髪赤目の青年。
見た目儚げなのだが、言動が乱暴(これを儚げ詐欺という)。少々力業でどうにかするところがある。
アルトとは兄弟(兄)で、成功作である。
カオスディーラーでありながら、コアを持たないため、酒を飲もうが暴走しない。(理由は、アルトのカオスを彼が使うため)
能力『空間操作』ワープしたり、空間を圧縮して壁にしたり、異空間を作り出す。
武器は小型拳銃。しかし、片腕は戦争でぶっ飛んだ(本人談)ため義手。
イメージカラーはえんじ色



カラル

オリジナル型カオスコア式自立アンドロイド。少年の形をとる。
……なのだが、とても表情豊か。特技はハッキングや、ジャンクパーツからの組み立て。
能力は『知識操作』知らないことを知るため、電脳の役割を果たす。この能力はバックアップを得意とする。
武器はホログラムやデータ。戦うのは苦手である。
イメージカラーは黄緑色



ノーヴァ

ほんの少し名前だけ出てきた人物。パソコンの中に常駐しているようだが、基本何処からでも出てくる。人型も取るようだ。
黒髪にオレンジの目をした少年型のアンドロイド……もとい、品番miX-6(呼びにくいためシックス)。
ノーヴァはカラルに付けられた名前であり、本人は特になにとも思っていないようだ。
カオスディーラーではなく、カラルの同業者。館のセキュリティを管理している人物。
武器はレーザー銃、刀など、とりあえずなんでもできる……らしい。
イメージカラーはオレンジ




お知らせ

黒猫δ「キャラクター募集はここまでとさせていただきます。応援ありがとうございます」(ペコリ


コメントOKです。m(__)m

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.171 )
日時: 2017/07/05 07:35
名前: トクマ

 お久しぶりです黒猫δさん。トクマです。

 最近、コメントに行けなくてすみませんでした……それでは、コメントの方へと……

 レイがタブーに対して奥の手で応戦、マリオ、マルス、ロイの三人もネツァクとの激闘が始まった! セキュリティが突破……もしかしてタブー勢以外に誰かいるのか……気になりますね……

それでは!!

 

Re: 黒猫δと愉快な仲間たちの日常 ( No.172 )
日時: 2017/07/11 17:49
名前: 黒猫δ

黒猫δ「コメント返しです」

ノーア「久しぶりだな」


>>トクマさん

コメント、ありがとうございます!

今回は、カオスディーラーのちょっとした秘密(覚醒化)を見せることができました……実際には、他のカオスディーラーのキャラも使うことができます。どこで出すかは、こうご期待です。
ロイやマリオ達は、サイレンがなって直ぐに駆け付けたようです。彼らの戦闘は次回、かけたらいいなと思っています。


ダアト「……セキュリティを突破したのは俺だ。一応、俺達以外には侵入者はいない……はずだ」



黒猫δ「それにしても……なぜ、あいつらは生きていたのでしょうか……」

フロイト「……もしかしたら……『もう一人の異端子』がいる……?」

黒猫δ「異端子?」

フロイト「カオスディーラーにはいないはずの、僕みたいなカオスディーラーのことだよ。……いるとしたら、とても厄介だね……」



コメントありがとうございました!m(__)m

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。