二次創作小説(映像)※倉庫ログ

ユメが叶う日まで。 (ポケモン)
日時: 2016/09/05 20:36
名前: 蘭

ある少女は、
ポケモンコンテストの頂点に立ちたいと。


ある少年は、
チャンピオンになることを夢見て。


ある少年は、
自分の目でポケモンを観察しに。


ある少女は、
ポケモンの気持ちを理解する。


ある少年は、
ポケモンを寄せつける。


ある少女は、
自由を求めて。



これは、そんな6人の少年少女の成長物語。







初めまして、蘭というものです。
更新は不規定です。




【Attention】

この物語は、ポケットモンスターダイヤモンド・パールを元に書いています。
完全に私個人の世界で、ゲームでは普通、有り得ないことが沢山あります。
ご了承ください。
コメントは大歓迎です。
ただし、荒らしや悪口を書く方はNGです。


Page:1



Re: ユメが叶う日まで。 (ポケモン) ( No.1 )
日時: 2016/09/05 00:29
名前: 蘭

第一部 出会い



イロハは、準備をしていた。
今日は、博士からポケモンを貰える日だ。
イロハの家には、誰もいない。
父は他界していて、母はジムリーダーを務めているため、留守が多い。

「…いってきます」

誰もいない家に挨拶をした。
お気に入りのリボンを頭につけて、ポニーテールのその髪は、母譲りの琥珀色。
私は、この髪の色を気に入っていた。

「あ、きた」

ふと下を見ていた顔を上げる。
よく聞く声。
隣の家に住むソウタだった。

「ソウタ!どうしてここに?」

彼も今日、ポケモントレーナーとしてデビューする。
もう先に行っていたとばかり思っていた。

「スタートが同じだと、どっちが強いか分かりやすいからな!」

そういって走り出した。
草むらを勢いよく駆けていく。

「あっ、草むらはっ…!」

ポケモンが飛び出すから、入ってはいけない。
小さい頃から散々大人の人に言われてきた。

「イロハは心配症だなぁ!」

そういってソウタはずんずんと進んでいってしまった。
ソウタが通ったところを通れば、ポケモンが飛び出してこない。
そんな安易な考えで私は、しぶしぶ草むらに足を踏み入れた。
すると。

「うわぁ!」

ソウタが声を上げた。
そこには、ポケモンの姿があった。

「ムックル…?」

母の相棒は、ムクホークだ。
そのムクホークとは、幼い頃から一緒だった。
ムックル、ムクバード、そして、ムクホークへと進化を遂げた。
だからこそ、ムックルだと分かった。

「うわっ!」

ソウタが引っかかれる。
私はソウタを守ろうと足を進めた。
しかし、その足は前に出た手によって止まった。

「じっとしてて」

突然現れた彼は、私が止まったのを確認するとソウタの方へ駆けていく。
次の瞬間、私とソウタは彼のバトルに目を奪われることになる。

Re: ユメが叶う日まで。 (ポケモン) ( No.2 )
日時: 2016/09/05 20:54
名前: 蘭

彼は、モンスターボールをムックルの前で出した。
私もソウタも、目を丸くした。
見た事のないポケモン。
そして、バトルを始めようとする少年の目は、まるでさっきとは別人のようだった。

「たいあたり!」

トレーナーの指示に従って動くポケモン。
素早くムックルにたいあたりをした。
ムックルは、力の差を感じたのか、姿を消した。

「すげぇ!」

ソウタはバトルが終わると飛び出した。
私もソウタの後ろに立った。
彼はため息をついてこう言い放った。

「ポケモンを持っていない人は、草むらに入るなって言われてるでしょ」

確かにそうだ。
私達は少しへこんでしまった。
平気だと言って入っていったソウタも悪い。
だけど、それを止めずに草むらに入った私も悪い。
私達はそろって頭を下げた。

「あ!約束の時間が!」

ソウタが腕時計を見て叫ぶ。
そうだ、ポケモンを貰いに行く約束の時間。
すっかり忘れてしまっていた。

「もしかして、君たち…イロハさんとソウタさん…?」

「えっ…なんで俺らの名前知って…」

「ついて来て」

彼はソウタの質問に答えずに、歩き出した。
初対面の人なのもあり、最初は疑ったが、きっと案内をしてくれるんだろう。
私達は目を合わせてから、足を進めた。
しばらく歩いていると、海の音が聞こえてきた。

「ついた」

彼は大きな建物の前で足を止めた。
私とソウタはドアの前にあった看板を見る。

「ここ…!ナナカマド博士の…!」

私達が、ポケモンを貰うところ。
トレーナーになるための最初のステージ。

「中、入っていいよ」

そういって彼は隣にあったポケモンセンターへと消えていった。


「あいつ…何者なんだろうな」

「さぁ…とにかく、入ろ!」

私はソウタを促した。
中に入ると、様々な本が詰まった本棚と、研究員がいた。
中にいる人に案内されて、ナナカマド博士の前に立つ。
これからポケモンが貰える。
最初のパートナー…!
私達は目を輝かせていた。
ナナカマド博士と目が合った。
私達をじっくり見てから、咳払いをする。
そして、やっと一言喋った。

「よくきた」

Re: ユメが叶う日まで。 (ポケモン) ( No.3 )
日時: 2016/09/10 00:24
名前: 蘭

「この中から選びたまえ」


ヒコザル、ポッチャマ、ナエトル。
ほのおタイプ、みずタイプ、くさタイプ。
どれにしようか迷った。
ナエトルと目が合う。
ナエトルはにっこりと笑ってくれた。
その瞬間で、私はパートナーを決めた。


「私、ナエトルにする!」


ナエトルに手を伸ばした。
どうやら、喜んでいるようだ。


「じゃあ俺はヒコザルかな!って!?」


ソウタは早速、手を引っかかれていた。
ヒコザルは見たところ、落ち着きがなくじっといしていない。
まるで、ソウタにそっくりだ。


「ポッチャマはお前さんにやろう」


ナナカマド博士は私とソウタの間を見ている。
振り向くと、さっきの少年が立っていた。


「…いいんですか?」


「お前さんも度に出てみるといい」


「ありがとうございます」


表情は変わらないが、彼も喜んでいるようだ。
ナナカマド博士からポッチャマを受け取った。


「ね!名前は!?一緒に旅しよ!」


仲間は沢山居た方が楽しい。
彼の名前は、レンジというらしい。


「では、研究所のポケモン達は置いていきますね」


そういってポケットからモンスターボールを取り出した。
ポケットの中には6個入っていたようだ。


「レンジってさぁ…強いヤツ!?」


ソウタが言葉を投げる。
そうだ、さっき助けれくれたんだ。
きっと初心者ではないはずだ、と私は思った。


「強くはないけど…人並みには戦えるよ」


「レンジにはここの手伝いをさせてるからな」


ナナカマド博士はモンスターボールを受け取りながら話す。


「さて、本題に入ろうか」


ナナカマド博士の目つきが変わった。
私とソウタはとっさに背筋を伸ばした。


「君たちの手で、図鑑を埋めて欲しい」

Re: ユメが叶う日まで。 (ポケモン) ( No.4 )
日時: 2016/09/11 16:06
名前: 蘭

図鑑を埋める。
つまり自分の目で見て、記録していく。
レンジはそう付け足した。
それが、彼の手伝いだという。


「任せろよ博士!俺が一番に図鑑見せにくるぜ!」


ソウタはそう言い放って外に飛び出していった。
私は、一礼してからソウタの後を追った。
レンジにも、外で待っているように伝えて研究所を出た。


「元気ですね子供は」


「お前さんも子供だろうに」


「そうですね。…まだまだ未熟です」


強くなって帰ってくる。
ナナカマド博士にそう言って、研究所を後にする。






「おせーぞー!」


ソウタはヒコザルと格闘していた。
なかなかモンスターボールに入ってくれないらしい。


「無理にボールに入れようとしないの!」


私はソウタを止め、ナエトルがヒコザルを止めてくれた。
やっぱりソウタとヒコザルは、似ていないようで似ている、と思う。


「まずは、コトブキシティかな」


レンジは地図を広げて歩き出したその時だった。
私の足に何かがぶつかった。
そしてその何かは、レンジの足元についた。


「クゥ!」


高めの声を上げるのは、さっきレンジがバトルに使っていたポケモンだった。
後ろからはナナカマド博士が出てきていた。


「そいつだけ、どうしても言うこと聞かないんだが」


ナナカマド博士がため息混じりに話す。
そのポケモンは、寂しそうに鳴き続けている。


「研究所に戻れって…」


レンジは歩き出した。
すかさずそのポケモンも追いつく。
そしてまた、足にくっついて…。
レンジは困っていたようだが、私はなんだか不思議な気持ちになった。


「凄いですね…ポケモンから愛されているんですね」


隣にいたナナカマド博士は言った。


「レンジは、ポケモンには優しいからな」


顔にはでないけれど、ポケモンが大好きなんだぞ、と話してくれた。
なんだか、意外だった。
私たちに対しても、初対面だからだろうけど、少し冷たいような態度だったから。


「連れてけばいいじゃん!」


ソウタは腕を伸ばしながらいった。
そのポケモンは離れようとしない。
ナナカマド博士は、静かにうなづいた。


「じゃあ…モンスターボール」


そのポケモンは喜んで自分のモンスターボールを取りに行ったようだ。
私たちより小さなポケモン。


「これから、どんなポケモンに出会うのかなぁ」


私は更に胸を膨らませた。
冒険は、これから始まる。
楽しみと同時に、危険が待っていることを、今の私たちは想像してもいなかった。

Re: ユメが叶う日まで。 (ポケモン) ( No.5 )
日時: 2016/09/11 16:55
名前: 蘭

「ねぇねぇレンジ。そのポケモンなんて言うの?」


ナナカマド博士と別れて、コトブキタウンに向かう途中。
私はあのポケモンが気になって聞いてみた。


「ぴ…フカマルのこと?」


「フカマルって言うんだ!」


最初の「ぴ」が気になったけれど、あえて突っ込まないことにする。
フカマルとは、研究所で出会ったらしい。
というのも、卵から生まれたという。
フカマルとは生まれた瞬間から一緒に行動していて、大切な存在だ、と語ってくれた。


「イロハさんは…ナエトルにニックネームとかつけた?」


「イロハでいいよ!私はね、リーフってつけた!」


私はさっきからずっと嬉しくてナエトル―。
リーフを抱いていた。


「素敵なニックネームだね」


「俺はヒータって名前を付けたぜ!」


ソウタも入ってくる。
私たちが話しているうちに、何回かバトルをしたようで、ポケモンに少し傷がついていた。


「レンジは?」


「…そうだなぁ…。ポッチャマ…ちゃま、かな」


ちゃま。
ポッチャマは嬉しそうにしていた。


「可愛いニックネームだね!あ!フカマルは?」


レンジの足が止まった。
…もしかして、聞いちゃいけなかった…?
そう思ったが、少しためらいながらもニックネームを教えてくれた。


「ぴ…ぴろ…」


あぁ、さっきの「ぴ」って、フカマルのニックネームのことだったんだ。


「お前案外可愛いな!」


ソウタが背中をバシン!と叩いた。
失礼だとは感じながらも、私もそう思った。
私とソウタが笑い合う中、突然草むらが揺れた。


「あ!コイツさっきのじゃね!?」


目の前に現れたのは、少し傷を負ったムックルだった。
傷があるにも関わらず、初めてあった時のあの鋭い目つきで、飛びかかろうとした。


「さっきのお返しに俺とバトルだ!頼むぜヒータ!」


もうバトルにはだいぶ慣れたのか、私はソウタの背中が大きく見えた。

Re: ユメが叶う日まで。 (ポケモン) ( No.6 )
日時: 2016/09/20 21:52
名前: 蘭

「ヒータ!ひっかく!」


ムックルは素早く攻撃をかわす。
また、ヒコザルも空中に浮かれては攻撃が当てにくい。
ムックルは体当たりをしてくる。


「かわせ!」


ヒータは、素早くかわしてみせた。
体勢を立て直し、相手を睨む。
すると、ムックルは必死にヒータに何かを話し始めた。
それに答えるように、ヒータも何かを言い返している。
私たちにはもちろん、ポケモンの言葉など分からなかった。


「何話してるんだろ…」


「おーい、ヒータ…」


ソウタの声にすら反応しなかった。
そしてついには喧嘩を始めた。
ムックルは羽をばたつかせ、ヒータはひっかく。


「おい!止めろって!」


レンジは頭を抱えてため息をついた。
その足元のポッチャマ―ちゃままで、ため息をついている。
ふと、私は後ろを振り向いた。


「あっ」


「!?」


謎の服装をした集団が、3人立っていた。
忍び足で来たのだろうか、足音は全くしなかった。
すると、後ろにいた人がいきなり声をあげた。


「アンタ!この前の!」


さされた指は、レンジに向いていた。
レンジは鋭い目つきに変わる。


「ギンガ団。人のポケモン奪ったり、変な実験してて…悪いヤツだよ」


ギンガ団。
聞いたことがある。
時折テレビのニュースになるまでの事件を起こしたこともある。


「今度こそ、ポケモン奪ってやる!」


「なんだぁ!?負けないぜ!」


「3人…ちょうど1人ずつかな」


ムックルとヒータも場を理解したようで、ソウタの前に立つ。
レンジはちゃまに前に出るように指示をする。


「勝負だ!」


戦わなくちゃいけないのは分かってる。
分かってはいるけど…。
リーフが心配そうに私を見た。


「…行くよ、リーフ…!」


私はリーフに声をかけた。
しかし、心の中は…まだ…。


「スバット!かみつく!」


目の前でリーフが攻撃を受ける。
私はすぐ駆けつけた。


「リーフ…!」


自分が指示をしなかったから…!
私が…迷っていたから…!
私は…昔から、バトルをするのが怖かった。

Re: ユメが叶う日まで。 (ポケモン) ( No.7 )
日時: 2016/09/24 23:38
名前: 蘭

小さい頃、お母さんのポケモンを借りて、バトルしたことがある。
決してその攻撃は、私に向けられたものではないのに。
怖くなって、指示が出せずにポケモンを傷つけた。
それから、バトルを見るのは大丈夫になったものの、未だにバトルは―。


「ガァッ!」


その声に反応して、私は顔を上げた。
目の前には、レンジのフカマル―ぴろが立っていた。
私の正面にいた相手のポケモンを倒してくれたみたいだ。
気が付くと、ソウタもレンジも、目の前のポケモンを倒していた。


「…やるじゃん。そのフカマル…アンタの?」


ギンガ団はポケモンをモンスターボールの中に戻しながら言う。
レンジは素早くフカマルをモンスターボールに戻す。


「まぁ…そうだけど」


「レベルが随分と違うこと」


ギンガ団は、手になんらかの機械を持っていた。
おそらく―レベル測定装置だろう。


「なんたって、こいつは研究所の―」


「バカッ…!」


「…あぁ、研究所のガキだったり?」


レンジはソウタの口を塞いだが、遅かった。
ギンガ団は勘づいたようで、興味深そうに見る。
私はリーフをそっと両手に抱えた。
そして、立ち上がった瞬間だった。


「!」


私の首に、ナイフが向けられた。
後ろにギンガ団が1人、立っていたのだ。


「ガキ。交換条件だ」


「コイツを解放する代わりに、我々とついてきてもらおうか」


ソウタとレンジが唇を噛み締めたのが分かった。
私は怖くなってリーフを強く抱きしめる。
レンジが前に歩みでる。


「分かった」


ナイフは私から離れ、どん、と押される。
私はバランスを崩して転んでしまった。
―その隣を、レンジが凛々しい顔つきで通る。


「止めろよ…!」


ソウタの絞り出した声にも、何も言わない。
私も、必死に止めようと超えを出した。
ギンガ団とレンジが、小型の車の様なものに乗ろうとした時だった。


「うわっ…!!」


「なんだっ…!?」


突然、ギンガ団を大量のポケモン達が襲った。

Re: ユメが叶う日まで。 (ポケモン) ( No.8 )
日時: 2016/10/07 23:41
名前: 蘭

現れたのは、ムックルとビッパ、それにコリンク…。
ここら辺では珍しくもないポケモンだ。
5匹程度ではない。30匹はいるだろうか。
ギンガ団はパニックになり、そのまま飛び去って行く。
レンジはフカマルのぴろに引っ張られたのか、尻もちをついていた。


「大丈夫か!?」


ソウタはすぐに駆けつけた。
私もすぐに駆けつける。


「平気…」


レンジは立ち上がり、大量のポケモンが走っていった方に目をやった。
私達はその真ん中に、1人立っている人物が見えた。
その人は、帽子を深くかぶっており、押し寄せるポケモン達に押され、倒れる。


「なんだぁ?」


ソウタは一番に動いた。
ポケモン達はビックリしたようで、ソウタを避けるように動いた。


「あ…えと…こんにちは?」


「こっ、こんにちは…?」


ソウタも不思議に思いつつ、とりあえず挨拶をした。
私は気になって、声をかけた。


「この大量のポケモンは…あなたの?」


その人が大量のポケモンを見た。
すると1匹、また1匹と草むらに入っていった。


「んーと…なんて説明したらいいんだろ…」


「…この先のコトブキシティで少し話さないか?」


レンジは提案をした。
その人は少し戸惑ったようだが、レンジの冷ややかな目にやられたのか、首を縦に動かした。
私達は、コトブキシティに足を進めようと歩き出す。
すると、後ろから困り果てた声が聞こえた。


「何なんだよお前らー!」


ソウタだった。
ギンガ団が去って一件落着と思いきや、またヒコザルのヒージと野生のムックルがケンカしている。
ヒージはもはやソウタの指示すらも無視して、ムックルに飛びかかる。


「け、ケンカはやめっ…っあたっ!」


私は2人を止めようとしたら、ひっかかれ、たいあたりされた。


「イロハ!」


さらに追い打ちをかけるかのように、ムックルはたいあたりを繰り出してきた。
私は避ける事ができず、見事に技をくらった。
そして、目の前が…真っ暗になった。


「イロハ!オイ止めろって!」


今度はレンジに目がけてムックルがたいあたりしようとする。
レンジはポッチャマのちゃまに、はたくを繰り出させようとしたその時。


「えい」


ムックルに、大量のポケモンの真ん中にいたあの人のポケモンの、コリンクが押し付けられていた。
ムックルはコリンクの特性の静電気にやられたようで、その場に落ちた。


「危ないっ…!」


「ポチャッ…!」


繰り出された技は、予想外のことに対応できず―。
そしてその人は、はたくを頭にくらった。


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。