二次創作小説(映像)※倉庫ログ

東方心面影【東方project×ペルソナ4】
日時: 2016/11/03 22:45
名前: いっちゃん
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7/index.cgi?mode=view&no=30772

人は誰しも、その心に『影』…向き合う事ができず、抑圧してしまう、自分の内面の感情を持つ。

その影の存在を認め、受け入れた彼らは、力を手に入れた。

困難に立ち向かうための人格の鎧…『ペルソナ』を。

今宵、力を手にした彼らと、『幻想』となり、忘れ去られた者達が出会う。



この小説は、東方projectとペルソナ4のクロスオーバー小説です。

参照URLにて、感想等受け付けています。

イメージOP
『MAZE OF LIFE』
『明星ロケット』

(※更新不定期)
(※キャラ崩壊の危険有り)
(※二次創作が苦手な方は、バック推奨)

目次
プロローグ >>1-4
キャラ紹介1 >>19-21
キャラ紹介2 >>32
キャラ紹介3 >>39

・本編
邂逅 >>5-6
魔法の森に突入 >>7-11
森の孤独な人形使い >>12-18
恋色の影は力を求める >>22-29
深まる謎 >>30-31
これからに向けて >>34-38
不穏な夜 >>40
八雲家の朝 >>41-42

・番外編
妖怪の山 >>33

Page:1 2 3 4 5



Re: 東方心面影 【東方×ペルソナ4】 ( No.38 )
日時: 2016/10/26 17:31
名前: いっちゃん

しばらくして…

紫「それで、クマ君はなんでこの世界に?」

クマ「それがよく分からんクマよ… テレビの中に入って、突然落っこちて… 気がついたら、建物の前に倒れてたクマ。」

藍「そこがマヨヒガだったというわけか。」

陽介「まあ、何にせよ、見つかって良かったな。」

鳴上「他の仲間も無事だといいんだが…」

橙「それで、これから三人をどうするんですか?」

紫「その事なんだけど、この家に住まわせてあげようと思うの。」

藍「それは、何故ですか? 紫様。」

紫「実は今、幻想郷では、ある異変が起こっているのよ。」

橙「どんな異変ですか?」

(紫説明中…)

橙「抑圧された内面『シャドウ』…」

藍「そして、それに対抗する能力『ペルソナ』…」

紫「そう。そしてこの二人は、その『ペルソナ』を使える、貴重な戦力なのよ。あ、そうだ。クマ君もペルソナ使いでいいのよね?」

クマ「その通りクマ! ペルクマ!」

クマがカードを砕き、ペルソナを出現させる。

クマ「これが、クマのペルソナ『キントキドウジ』クマ!」

藍「なるほど。これを操って『シャドウ』とかいう敵と戦うのか…」

橙「スゴい…!」

クマ「ムフフ、惚れちゃってもいいクマよ?」

陽介「それはないから安心しろ。クマ。」

クマ「自分がモテないからって、嫉妬クマか〜?」

陽介「んだと! クマ吉のくせに!」

紫「はいはい。そこまでよ。」

紫が二人を止める。

紫「で、藍。どうかしら?」

藍「可能だとは思いますけど…」

紫「何か問題があるのかしら?」

藍「問題と言う程ではないのですが、その…幻想郷の異変に、外の人間を巻き込んでもいいのかと… 霊夢もシャドウを倒せるのなら、霊夢達に任せた方がいいのでは…」

鳴上「いや、俺達も協力します。藍さん。」

陽介「そうッスよ。シャドウが出た以上、俺達も無関係じゃないんで。」

クマ「それに、みんな行方不明のままじゃ、居ても立ってもいられないクマ!」

藍「悠…陽介にクマも…」

紫「…決まりね。これからよろしく、三人共。」

鳴上「はい。よろしくお願いします。」

Re: 東方心面影【東方×ペルソナ4】 ( No.39 )
日時: 2016/10/26 18:44
名前: いっちゃん

キャラ紹介3

橙(ちぇん)
『凶兆の黒猫』

迷い家『マヨヒガ』に住む化け猫の式神。

八雲藍の式神であり『すきま妖怪の式の式』なんて二つ名がつく事も。

藍と違い、彼女に八雲の姓は与えられていない。

マヨヒガに迷い込んでいたクマを、紫の家まで連れて来ていた。



八雲 藍(やくも らん)
『すきま妖怪の式』

八雲紫に仕える、九尾狐の式神。

紫の側近のようなポジションで、眠ってばかりの紫に手を焼いている。

鳴上がナナコンなら、藍はチェンコン。

鳴上「菜々子ぉぉぉ!」
藍「ちぇぇぇぇん!」←この二人、怖い。

紫の家に住んでおり、橙とクマが来た時、藍は、紫が帰るまで留守番していた所だった。



クマ
『色欲の猛獣(ビースト・オブ・リビドー)』

陽介の家に居候している着ぐるみで、元々はテレビの中の世界に住んでいた。

実は、最初は中身が空っぽで、ペルソナを手に入れてから、中の少年・『熊田』が『生えてきた』。

お調子者、かつ女好きな性格で、女性と会うごとに口説こうとするのだが、そのせいで周りから嫌われたり、痛い目を見たり…

だが、根は素直で、約束は必ず守る。

マヨヒガの中にいた所を、橙に発見された。

Re: 東方心面影【東方×ペルソナ4】 ( No.40 )
日時: 2016/10/27 17:38
名前: いっちゃん

魔理沙「…眠れないな…」

魔理沙が呟いた時には、すでに夜が更けていた。

日が沈んだ頃に雨が降り出し、今も降り続いている。

魔理沙「まあ、今日は色んな事があったからな。」

そう言って、何も考えないようにしようとする魔理沙。

だが、そんな彼女の願いとは裏腹に、目は冴えていくばかりだった。

魔理沙「ああ、もう! こういう時に限って眠れないのは勘弁して欲しいぜ!…ん?」

すると魔理沙は、どこからか音がするのに気づいた。

魔理沙「あっちからだな… 行ってみるか。」

早速、音の鳴る方に向かう魔理沙。

そして、音が聞こえる部屋のドアを開ける。

そこには、魔理沙が香霖堂から持って来た箱が置いてあった。

おまけに、その箱には、あるものが映し出されていた。

魔理沙「これは…!」

Re: 東方心面影【東方×ペルソナ4】 ( No.41 )
日時: 2016/10/31 01:11
名前: いっちゃん

朝、日の出と共に藍が目覚める。

紫の世話役である彼女は、起床後身仕度を済ませ台所に向かう。紫や鳴上達の朝食を作るためだ。

だが、台所には既に誰かがいた。

鳴上「あ。おはようございます、藍さん。」

藍「鳴上悠!? なぜこんな所に!?」

藍より先に台所に来ていた鳴上は、まな板や包丁などを用意し、エプロンまで着けている。

鳴上「全員の朝食を作ろうと思ったんです。料理には、多少自信がありますし、前にもこういう事をやってましたから。」

藍「それはうれしいんだが…その気持ちだけで十分だ。ただでさえ異変解決に協力してもらっているのに、これ以上迷惑をかけるわけには…」

鳴上「でも、俺達はここに住まわせてもらっている立場です。迷惑をかけたくないのは、俺達だって同じですし、紫さんや藍さんに感謝したいんです。」

藍「そ、そうか。なら、今日は悠に作ってもらう事にしよう。」

鳴上「任せて下さい。腕によりをかけて作りますから。」

藍「ああ。よろしく頼む。」

朝食作りを悠に任せ、藍は自分の部屋に戻る。

鳴上「和朝食でいいよな… 材料は何があるか…」

そう言って、鳴上は朝食を作り始めた。

Re: 東方心面影【東方×ペルソナ4】 ( No.42 )
日時: 2016/11/03 22:40
名前: いっちゃん

藍「こ、これは…!」

陽介「うんめぇぇぇ!」

鳴上の作った朝食を食べている藍・陽介・クマの三人。

美味しさに感激するあまり、陽介が叫ぶ。クマに至っては、ただ無言でがっついている。

藍 (悔しいが…私が作るものよりも…美味い。)

藍は、料理と一緒に、敗北感を味わっていた。

藍「これは…本当に悠が作ったんだな?」

鳴上「はい。」

陽介「ほんとお前、料理得意だよな。前に弁当食わせてもらった時も、美味かったし。」

鳴上「親の仕事の都合で、一人の時が多かったからな。家事は一通りできるんだ。」

藍 (うう… 私の立場は一体…)

紫「そう。悠君って、歳の割に人生経験が豊富なのね。」

鳴上「おはようございます、紫さん。」

後ろの戸が開き、紫が姿を現す。

藍「今日は、いつになく早起きですね。」

紫「ええ。なんだか美味しそうな匂いがしたものだから。」

陽介「早起きって…俺は、いつもこの時間帯に起きるッスけど…」

藍「…紫様は、最低でも半日は眠っているんだ。」

陽介「寝過ぎだろ!」

紫「いいじゃない。『果報は寝て待て』『寝る子は育つ』って言うわよ。」

陽介「そんだけ寝てたら、果報も待ちきれないっつの! あと、アンタもう子供じゃ…」

鳴上「陽介、そっとしておけ。」

紫「それじゃ、いただきま〜す。」

そう言って、空いている席に座って朝食を食べる紫。

紫「美味しいじゃない! 藍が作るものと同じか、それ以上に。」

鳴上「お口に合ったみたいで、良かったです。」

クマ「さすがセンセークマ!」

陽介「うえっ! 米粒飛ばすんじゃねぇよ! 汚ねぇな!」

紫「こらこら、行儀が悪いわよ、クマ君。」

藍「いえ、あなたも人の事は言えないでしょう、紫様… さっきからこんなに米粒飛ばしてきて…」

鳴上 (そっとしておこう…)

八雲家には珍しい、賑やかな朝であった。

Re: 東方心面影【東方project×ペルソナ4】 ( No.43 )
日時: 2016/11/08 18:39
名前: いっちゃん

朝の博麗神社にて。

霊夢「ふわぁ…」

境内の掃除をしていた霊夢が、大きく欠伸した。

昨晩眠れなかったのか、目の下に若干隈ができている。

鳴上「おはよう、霊夢。」

霊夢「ん…ああ、悠ね。おはよう。」

陽介「ちゃんと寝たか?」

霊夢「寝れるわけないじゃない。あんな事があったのに…」

紫「夜更かしは体に毒よ、霊夢。」

霊夢「四六時中寝てるアンタが…って、え!? 紫が起きてる!?」

紫「あら、私が早起きしちゃダメだって言うの?」

霊夢「…今日は、洗濯物は部屋干しね。」

クマ「ふい〜っ! やっと出れたクマ!」

その時、鳴上達が通ったスキマから着ぐるみ…クマが出てくる。どうやら、つっかえてなかなか出られなかったようだ。

霊夢「…アンタ誰? ていうか何?」

クマ「ムッホ!? 腋を出すとは、なかなか攻め好きクマね!」

霊夢「別にどうだっていいでしょ、私の服なんて。というか質問に答えなさい。」

熊田「これは失礼、お嬢さん。ボクはテレビの国の王子、クマっていうんだ。」

素早く着ぐるみを脱いだ熊田もといクマが、霊夢に自己紹介する。

霊夢「あ、そう。」

霊夢はそれを軽くあしらう。

クマ「ちょっと! もうちょい反応して欲しいクマよ!」

霊夢「悪いけど、ナンパとか、そういうのには興味ないの。」

クマ「シドい!」

陽介「惨敗だな、クマ。」

クマ「う、うるさいクマね!」

鳴上「そっとしておこう…」

魔理沙「お〜い! 霊夢〜!」

その時、箒に跨がった魔理沙が、アリスを連れて博麗神社に現れた。

Re: 東方心面影【東方project×ペルソナ4】 ( No.44 )
日時: 2016/11/10 16:36
名前: いっちゃん

霊夢「何か用? 魔理沙、アリス。」

アリス「ええ。正確には、悠達に用が…って、その着ぐるみは何?」

クマ「クマは、クマクマよ。」

魔理沙「『クマ』って名前の猿か。」

クマ「だからクマだクマ! さっき三回も言ったクマよ!」

魔理沙「分かった分かった。そう怒るな。私は霧雨魔理沙っていうんだ。よろしくな。」

アリス「アリス。アリス・マーガトロイドよ。」

クマ「マリチャンとアリチャン…二人合わせてマリアリクマね!」

魔理沙&アリス「?」

霊夢「そっとしておきなさい。」

鳴上「それで、どんな用事なんだ?」

魔理沙「おっと、忘れるところだったぜ。これだ、これ。」

魔理沙はそう言うと、風呂敷に包んだ荷物を取り出し、風呂敷を取る。

魔理沙「これを、悠達に見てもらいたくてな。」

鳴上「これは…!」

陽介「テレビじゃねぇか!」

アリス「やっぱりね…」

魔理沙が持って来た物、それは、ブラウン管テレビだった。

紫「魔理沙、このテレビ、どこで手に入れたのかしら?」

魔理沙「ん? ああ、香霖の店に置いてあったんだぜ。」

霊夢「盗んで来たのね。」

魔理沙「人聞きの悪い事言うなよ。借りて来ただけだ。私が死ぬまでな。」

陽介「どっかのガキ大将かよ…」

アリス「まあ、それはさておき、そのテレビに怪奇現象が起こったって言うのよ。」

霊夢「怪奇現象?」

紫「具体的には?」

魔理沙「昨晩、よく眠れなくて、ずっと起きてたんだ。そしたら、光ってたんだよ! テレビの…この部分が!」

そう言いながら、テレビの画面の部分を叩く魔理沙。

霊夢「それがどうしたっていうのよ。」

紫「それはおかしいわ。テレビは電気の力で動くはずよ。魔理沙、あなたの家に電気は通ってなかったはずよね?」

魔理沙「ああ、通ってないぜ。」

アリス「幻想郷で電気が通ってる場所なんて、限られてるからね。河童の沢くらいよ。」

霊夢「ならどうして…」

鳴上「まさか…『マヨナカテレビ』か!?」

陽介「マジかよ…冗談じゃねぇ!」

霊夢「『マヨナカ…テレビ』?」

Re: 東方心面影【東方project×ペルソナ4】 ( No.45 )
日時: 2016/11/10 17:22
名前: いっちゃん

魔理沙「なあ、悠、『マヨナカテレビ』って…」

鳴上「魔理沙! 誰が映ってたんだ!?」

魔理沙「え!? ちょ…」

紫「落ち着いて、悠君。」

紫が悠をなだめる。

鳴上「す、すみません、紫さん。」

霊夢「そもそも『マヨナカテレビ』って、どんな物なの?」

陽介「俺達の住んでた町『八十稲羽』って所で流行ってた噂でな。『雨の日の午前零時に、電源の入っていないテレビを見ると、運命の相手が映る』っていう噂なんだ。」

鳴上「けど、実際は違う。マヨナカテレビに映るのは、テレビに入れられた人間のシャドウなんだ。」

霊夢「『雨の日の午前零時』… 確かに昨晩は雨が降ってたわね。ほら、そこに水溜まりもあるし。」

魔理沙「ちょっと待て。私が見たのは、人じゃなかったぜ?」

クマ「ほえ? じゃ、何が映ったクマ?」

魔理沙「『神社』だ。」

陽介「はぁ!?」

鳴上「な…!」

魔理沙の言葉に驚く鳴上達。

陽介「いやいやいや! 建物が映るとか、聞いた事ねぇよ!」

鳴上「そもそも、テレビに入らないだろう…」

魔理沙「けど、本当に映ってたんだ! 断じて見間違いなんかじゃない!」

紫「…映っていたのは、どっちの神社なの?」

魔理沙「山の中に建ってたから、多分『守矢神社』の方だ。」

クマ「『守矢神社』?」

アリス「『妖怪の山』って所に建つ神社の事よ。『東風谷早苗』って巫女が住んでたわね。」

クマ「はいは〜い! クマ、守矢神社に行きたいクマ!」

陽介「ナンパしたいだけだろ!」

紫「けど、それは私も賛成よ。マヨナカテレビに守矢神社が映った事が、どういう事を意味するのか、それを突き止めないと。」

鳴上「となると、次の行き先は、その『守矢神社』だな。」

萃香「だったら私も行かせてもらうよ。」

その時、萃香が神社から出てきた。どうやら今まで眠っていたらしい。

霊夢「今頃起きてこなくても…」

萃香「まあまあ。私がいれば、妖怪の山にも簡単に入れるだろうからね。」

魔理沙「助かるぜ。いちいち天狗達の相手をするのは面倒だからな。」

霊夢「それじゃ、行きましょうか。守矢神社に。」

Re: 東方心面影【東方project×ペルソナ4】 ( No.46 )
日時: 2016/11/13 22:48
名前: いっちゃん

番外編・守矢神社

妖怪の山の頂上付近に建つ守矢神社。その神社に、一人の人間が連れて来られていた。

その人間の名は…巽完二。

完二「その…すんません。わざわざ俺の事庇ってくれて…」

?「良いよ。悪いのはあの天狗達の方だし。」

と、まるで蛙のような帽子をかぶった少女…洩矢諏訪子が言う。

?「まあまあ、白狼天狗達にも悪気は無いから。ただ己の仕事を全うしようとしただけであって。」

そう言うのは、年長者のような雰囲気を漂わせる女性…八坂神奈子だ。

?「しかし、正当防衛とはいえ、白狼天狗の集団と正面から戦って、しかもあれだけ倒すなんて!」

と、緑の髪の巫女…東風谷早苗は驚く。

それもそのはず、完二が保護された場所では、彼を中心に、少なくとも十人以上の白狼天狗が殴り倒されていたのだから。

完二「腕っぷしの力と場数の多さには、かなり自信があるからな。アイツらには、悪りぃ事しちまったけどよ。」

諏訪子「そりゃ、パイプ椅子で殴られたら痛いに決まってるでしょ〜。」

神奈子「というか、それは本来武器じゃないような気が…」

完二「いや、まあ、それは、そうだけどよ…」

早苗「いいじゃないですか、神奈子様。この幻想郷では、常識に囚われてはいけないのですから!」

神奈子「彼は外の世界の人間だけどね。」

早苗「む、昔は、幻想郷にだってパイプ椅子使いがいたかもしれませんよ!」

完二「いたのか?」

諏訪子「さあ。聞いた事無いから分かんない。」

神奈子「まあ、その話は置いといて、君はこれからどうするつもりなの?」

完二「もちろん、先バイ達を探してぇけど…」

諏訪子「さすがに疲れたでしょ。あれだけ戦ったわけだし。行く当てが無いなら、ウチで泊まっていきなよ。」

神奈子「日も暮れてきたし、今日はしっかり休んで、また明日から探しましょう。」

完二「あ、あざっす!」

早苗「困った時はお互い様ですからね。私の名前は東風谷早苗。風祝やってます。」

神奈子「それで、私が八坂神奈子。こっちの小さいのが、洩矢諏訪子よ。」

諏訪子「まあ、早苗の保護者みたいなものだと考えてね。それで、アンタの名前は?」

完二「巽完二。八高…八十神高校の二年ッス。」

早苗「へえ! 高校二年なんですか!」

完二「それがどうかしたのか?」

神奈子「実は、私達三人も、もともと外の、完二がいた世界に住んでいてね。幻想入りしたのが、早苗がちょうど高校二年の頃なんだ。」

完二「へっ、なんか親近感が湧くな。」

早苗「ふふっ、そうですね! よろしくお願いします、完二さん!」

完二「おう! よろしくな!」

Re: 東方心面影【東方project×ペルソナ4】 ( No.47 )
日時: 2016/11/14 17:54
名前: いっちゃん

妖怪の山を進む、陽介、クマ、魔理沙、萃香の四人。

陽介「はぁ…なんで俺らまでこんな目に…」

クマ「本当にごめんクマ…」


…それは、少し前の事だった。

片方が崖となっている山道でシャドウ達と戦っていた一行。

クマ「キントキドウジ! 『マハブフ』クマ!」

氷結属性が弱点のシャドウばかりだったらしく、クマが、全体氷結魔法『マハブフ』で大ダメージを与えた。

紫「弱点にヒット! やるわね、クマ君。」

クマ「クマ使える子ねー、うほほーっ!」

勝った気になって喜ぶクマ。だが、一体だけクマの攻撃を避けていた。

陽介「おい、クマ! 後ろだ!」

陽介が叫ぶが、油断していたクマは、シャドウが放った電撃『ジオ』を食らってしまう。

クマ「ギャーッス!」

電撃弱点ゆえに、崖の方にふっ飛ばされてしまうクマ。

萃香「わっ!?」

飛んで来たクマをとっさにかわす萃香。だが、バランスを崩してしまい、今にも落ちそうな状態に。

萃香「っとと…」

陽介「萃香!」

魔理沙「クマ!」

陽介が萃香の手を、魔理沙がクマの足をそれぞれ掴む。が、その時、陽介達の近くの足場が崩れた!

陽介&魔理沙「わああぁぁぁ…!」

クマ「クマァァァ…!」


…そして、今。

陽介「ったく、戦闘中に気ぃ抜くなっつーの!」

クマ「うう…」

萃香「そこら辺で許してやりなよ、陽介。過ぎた事をウダウダ言っても仕方ないしね。」

魔理沙「そうだぜ。霊夢達とは、守矢神社で合流すればいい話だからな。」

陽介「分かってる。俺達は俺達で、別ルートから守矢神社に行くんだろ?」

クマ「もうあんなドジはしないクマ!」

魔理沙「よし。じゃ、早速…!?」

陽介「どうしたんだ、魔理沙?」

魔理沙「お、おい! あれ見ろ! あれ!」

魔理沙が指差した方向には…

クマ「同じ女の子が二人いるクマ!」

萃香「あれは確か…文、だったっけ?」

魔理沙「まさか、私の時と同じか!?」

陽介「ああ、その通りだ。シャドウが出てる!」

向かい合う、全く同じ姿の、二人の少女。

萃香によれば、『文』という名前らしい。

魔理沙「放っちゃおけない! 行くぜ!」

陽介「ああ!」

Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。