二次創作小説(旧・映像)

お前らバレーしろよ!?【hq】【ポケモン】
日時: 2016/11/30 04:17
名前: 少年N

「ヒナタ?起きなさい!今日はトビオ君と公園に行くんでしょ?」
『うん、ごめんママ。すぐ起きる!』
「はい、朝ごはん。ポケモンを持ってないんだし、気をつけてね。」
『大丈夫だよ!行ってきまーす!!』

ママに起こされて朝ごはんも渡された。
今日はライバルのトビオと公園に行く日なんだ!
何をしに行くか?もちろん、ポケモンをもらいに行くんだよ!
タケダ博士と約束したんだぜ!
俺は街を走って公園へ向かう。すると、


ドンッ!


向かいから来た人とぶつかってしまった。ぶつかった人は紫のパーカー?
のようなものを羽織っていた。よく見ると、前髪がパッツンの人だ。

『すみませんっ!怪我はないですか?』
??「別に大丈夫だよ。君は?」
『俺は平気です!』
??「そっか。なら大丈夫だね。」


そのあと、俺達は別の方向に進んで行った。そして
前髪がパッツンの人はトレーナースクールに入って行った。
俺は走るのに夢中で気付かなかったんだけど、
スクールの方から悲鳴を聞いた人がいたんだって。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。