二次創作小説(映像)※倉庫ログ

逃走中10 〜未来から来た少女〜【完結】
日時: 2017/12/12 00:18
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s (ID: UQ9rgOft)

【広尾版逃走中執筆2周年記念】

アニメ「ゆるゆり♪♪」第11話「時をかけるあかり」を基にした逃走中!


今回のエリアは漫画「ゆるゆり」の舞台、「七森町&八森町&七森中学校」。

ここには、影が薄いことで悩んでいる「あかり」が住んでいる。

1年間、七森中学校で中学1年生を過ごしていき、ついに進級の時がやって来た。

そして、普段使っている部室を掃除している際、押入れからタイムマシンが見つかる。

そのタイムマシンに乗ろうと、同じ部活の生徒が争う中、その争いを止めようとするあかりがタイムマシンに乗ってしまう。

あかりがタイムマシンに乗って着いた場所は、1年前の七森中学校の部室。
タイムスリップしたあかりは、時の重大さに気づく。

そして、あかりは「自分が影が薄くなった理由」を消そうと奮闘し、再び1年後の未来に帰ろうとするが...


今回の逃走者は中学生、勇者などの24人。
100分間逃げ切り、賞金120万円を獲得する者は現れるのか!


【逃走者】

天使恵(初)
池田千歳(初)
磯野カツオ(初)
カーネル・サンダース(9)
春日歩(初)
綺羅々・バーンシュタイン(初)
桐ヶ谷和人(初)
桐ヶ谷直葉(初)
国木田花丸(初)
しゅんぽこ(初)
千矢(初)
TX(初)
DDデビル(2)
歳納京子(初)
ドナルド・マクドナルド(10)
野原ひろし(10)
ヘキサ(3)
町子リョウ(初)
松本りせ(初)
マリオ(10)
メロス(初)
やる夫(10)
結城明日奈(初)
雄介(4)


見ところ
・広尾版逃走中2周年記念&第10回逃走中開催記念
・史上最速!「うらら迷路帖」より参戦!
・ドラマパートに本人役!?
・関西弁は二人、「ずら」は三人
・史上初か!?「GJ部」より二人の参戦!
・やる夫とDDデビル、ライバル自首か協力自首か!?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16



Re: 逃走中10 〜未来から来た少女〜 ( No.151 )
日時: 2017/12/11 20:39
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s (ID: YC5nxfFp)

残る逃走者は、

池田千歳/千矢/歳納京子/松本りせ/マリオ/メロス


の6人!



対するハンターは・・・


14体・・・

Re: 逃走中10 〜未来から来た少女〜 ( No.152 )
日時: 2017/12/11 20:55
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s (ID: YC5nxfFp)

09:00 1,092,000円


マリオ
「ここまで来たら・・・もう最後の賞金を狙うしかないな…」



りせ
「………」



マリオ
「でも、10体ハンターが出てしまったからなぁ・・・これもまた問題だ」



マリオ
「でも、必ず逃走成功をして見せる・・・!」



果たしてこの言葉通りになるのか・・・






メロス
「このまま止まったままだというのも危険だが・・・動き続けるのも危険だ」



メロス
「しかし、どっちにするかってのも・・・」




ハンター
「…………」





メロス
「なっ!?」




ハンター
「…………」













ハンター
「…………!」ダッ



見つかった・・・



メロス
「しまった!」ダッ





ハンター
「…………」




メロス
「しかしまだ私は体力がある!」




ハンター
「…………」



自慢の体力で逃げるが・・・





メロス
「徐々に近くなっている・・・」




ハンター
「…………」




ポンッ
08:35
メロス確保 残り5人




メロス
「大人げない・・・この私が捕まってしまうとは・・・」




メロス
「私の鍛えが甘かったのだろうか…」



体力だけが良くても駄目だ・・・





【牢屋】


カーネル
「確保情報!」




「あぁー・・・」




カーネル
「メロス確保!」




「えぇーっ!?」





「メロスさんなら絶対に逃げ切ると思ってたんですが・・・」



ひろし
「あのメロスが確保だろ?ハンター10体って相当じゃねえのか?」







千歳
「これやばいで・・・ハンター10体の恐ろしさや」



千矢
「10体ってどれくらいやばいの?」



千歳
「なんていうか・・・怖いもんってある?」



千矢
「怖いというか・・・はさみを向けられたら戦闘態勢になるかな」



千歳
「その・・・はさみを持った人が10人追っかけてくるようなもんや」




千矢
「えっ・・・」


千矢にもハンター10体の恐ろしさを分かってもらえたようだ・・・



08:00 残り5人

Re: 逃走中10 〜未来から来た少女〜 ( No.153 )
日時: 2017/12/11 22:06
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s (ID: YC5nxfFp)

京子
「…………」



スタッフ
「残り時間も短いですけど、逃走成功したら何に使いたいですか?」



京子
「そりゃあ、ミラクルんでしょ!」



京子
「同人誌買って・・・いや、それよりも、私の同人誌のアシスタント雇うのもありだな…」



京子
「120万円って何でもできるんだね…」


夢を語る京子・・・






マリオ
「ここで分かれるべきか、やっぱり一緒がいいべきk・・・」ダッ




ハンター
「…………」






マリオ
「ハンターっ!」



りせ
「!?」





マリオ
「毎回出てるとな…やっぱり分かるんだよ、こういうのがな」



りせ
「…………?」



マリオ
「ハンターが来たとか、そういうのが直感で分かるようになってくるんだよな…」




マリオ
「・・・まあ、逃走成功はしたことないんだけどな」





マリオ
「というか、もし俺が逃走成功したら広尾の逃走中で二人目の男性逃走成功者か・・・」



06で作者勢が逃走成功している・・・




マリオ
「06っていつ完結したんだ・・・?」


2016年の5月末なので、約1年半前だ・・・





千歳
「………隠れるしかないで」



千矢
「さっきから同じメンバーばかり出てるね…」



千歳
「しゃあない・・・残り5人しか逃走者がおらんから、その人らしか出すことでけへんねん」



またメタ発言奴







マリオ
「というか、この逃走中って何か月書いてるんだ?」



マリオ
「確かこの逃走中書き始めたころは、パソコンなかったんだよな」



マリオ
「だから、パソコン欲しいってずーっと言ってたの、覚えてる」




マリオ
「それで、逃走中09の完結をiPhoneで書いてたんだろ・・・?」



そこまでよく知ってるな






ハンターTT
「…………」




ハンターBD
「…………」




ハンターSS
「…………」





07:00



千歳
「千矢さんって逃走成功したら何に使うん?」



千矢
「考えてない!」



千歳
「じゃあ、貯金したらどう?」



千矢
「ちょきん・・・?」





ハンター
「…………」


貯金について話している二人の近くに、ハンター・・・






千歳
「貯金してたら、もし自分が欲しいものが出てきたときに貯金しとけばそのお金で買えるんやで」



千歳
「だから、ほしいもんをとっとと買うんやなくて、我慢も大事なんやで」



千矢
「うーん・・・よくわからない・・・」



千歳
「まあ・・・それは・・・あっ!」ダッ





ハンター
「…………!」ダッ





千矢
「えっ、何!?なんで逃げてるの!?」




千歳
「千矢さん、ハンターや!」




千矢
「えぇっ!?」ダッ




ハンター
「…………」




タッタッタッタッ・・・




千歳
「千矢さん・・・もうあかんわ・・・囮みたいになってもうたけど、ごめんな…」





千矢
「あっ、えっ、その・・・」



ハンター
「…………」



千矢
「ご、ごめんなさーい!!」ペロッ




ハンター
「…………」



ポンッ
06:58 千矢確保 残り4人




千矢
「なんで・・・?お腹見せたよね…?」



お腹を見せても、ハンターに感情は持たないので無効だ・・・





【牢獄】


花丸
「千矢ちゃん確保ずら!」




「あぁー・・・」



しゅんぽこ
「怒涛の確保ラッシュ・・・」



雄介
「ハンター10体の力って・・・恐ろしい・・・」





千歳
「千矢さん・・・うち、逃げ切るからな…待っててや!」



06:45 残り4人

Re: 逃走中10 〜未来から来た少女〜 ( No.154 )
日時: 2017/12/11 22:49
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s (ID: z18hpbrC)

京子
「隠れてでもいいから・・・逃走成功したいな…」



京子
「もう、なんでもいいから逃走成功したい」



京子
「あかりだって、本当は逃走成功したかったけど自首してる」

※逃走中04参照




京子
「だから、賞金は私が持って帰らなきゃ」



フラグにも聞こえなくはないが・・・







りせ
「…………」



マリオ
「よし、ここなら安全だ、お前はここで隠れてろ」



マリオ
「そしたら、多分お前は逃走成功する」



りせ
「…………」





ハンター
「…………」



そこに、ハンターが接近・・・




マリオ
「おっ、ちょうどいいところに来たな…でも残念ながらそこには一人しか隠れることはできない」




マリオ
「俺が囮になって逃げるから、お前はそこに隠れてろ、いいな?」



りせ
「」コクリ



信頼度も高いようで・・・































ハンター
「…………!」ダッ


見つかっても・・・




マリオ
「じゃあな!」ダッ







ハンター
「…………」




マリオ
「…………多分あそこだと大丈夫なはず・・・」




ハンター
「…………」



りせ
「…………」





























ハンター
「…………」ササッ



りせ
「……!?」




ポンッ
05:52 松本りせ確保 残り3人




りせ
「…………」


捕まっても、無言だ・・・







【牢屋】


ドナルド
「松本りせ確保!」




「あぁ…」



メロス
「そういやいたな…」



きらら
「存在、ずっと、忘れてた・・・」







マリオ
「うわぁ…失敗だったか・・・」



マリオ
「でも、俺が逃げ切れれば、まだいけるはずだ・・・」



自分の失敗をあまり攻めない・・・


そういう人間ドラマがあるのも、逃走中だ・・・







05:30 残り3人

Re: 逃走中10 〜未来から来た少女〜 ( No.155 )
日時: 2017/12/11 23:16
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s (ID: UQ9rgOft)

残るは・・・


千歳
「………」



京子
「………」


ゆるゆり勢の二人と・・・





マリオ
「………」


マリオの3人だ・・・








京子
「こんだけあれば、同人誌も買い放題・・・」



京子
「もしかしたら、やっぱりアシスタントもつけられるかも・・・」



京子
「もうC93もあるから、売り子とアシスタント雇って・・・いや、それでもお金はある・・・」



ここまでコミケに深い中学生はいるのだろうか…






05:00 1,140,000円


ゲーム終了まで  
   5分




千歳
「もうここまで来たら勝ち当然やとは思うけど・・・一応油断はしたあかんで・・・」



千歳
「うちには千矢さんのこともかかってるんやし・・・」



千歳
「だから、絶対に逃走成功せなあかんねん・・・」



千矢との約束も、かかっている・・・





マリオ
「何回俺が逃走中に出てると思ってるんだ!」


とは言っているものの、逃走成功経験は一度もない…




マリオ
「だが、今回こそはもう絶対に逃走成功だ!俺にはそれしか見えねぇ!」





逃げ切りを目指す3人に対し・・・



ハンター
「…………」




ハンター
「…………」


ハンターは、14体・・・





千歳
「あかん・・・油断してたら捕まるで・・・」



千歳
「14体ハンターおるんやろ・・・?めっちゃヤバい状況やでこれ・・・」






ハンターBD
「…………」




千歳に近づく、ハンター・・・





千歳
「…………」




ハンターBD
「…………」



ハンターも、千歳のところにだんだんと向かっている・・・





千歳
「…………」




ハンターBD
「…………」
























ハンターBD
「…………!」


見つかった・・・



04:05 残り3人

Re: 逃走中10 〜未来から来た少女〜 ( No.156 )
日時: 2017/12/11 23:30
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s (ID: UQ9rgOft)

千歳
「ヤバい!見つかってもうた!」ダッ



ハンターBD
「…………!」ダッ



04:00

ゲーム終了まで
   4分




千歳
「…………」





ハンター
「…………!」ダッ



別のハンターにも見つかった!






千歳
「この道まっすぐ行けば・・・」




ハンターBD
「…………」



タッタッタッタッ・・・




千歳
「…………」



ハンターBD
「…………」





千歳
「あっ、あかんって!挟み撃ちはあかんって!」





ポンッ
03:46 池田千歳確保 残り2人




千歳
「嘘やん・・・」



千歳
「千矢さんとの約束・・・叶えられへんかった・・・」



賞金を貰えなくて、約束も果たせなかった・・・








【牢屋】


ひろし
「池田千歳確保!」




「あぁー・・・」



ひろし
「『残るは歳納京子、マリオ』!」





「おぉー!」




「がんばってくださーい!」










残るは・・・



京子
「………」




マリオ
「………」



2人・・・





マリオ
「隠れるなんて卑怯なことはしない」



マリオ
「俺は正々堂々と表へ出て逃げ切りたい」



マリオ
「逃走成功するには、隠れて逃げ切るより堂々と逃げ切った方がいいからな」





マリオ
「ギリギリ捕まらなかった例もある」



マリオ
「03とかがそうだな…あのぐるぐるしながらの逃走劇はすごかった・・・」


※「逃走中3 〜迷路学校〜」参照




マリオ
「とか言ってるうちに、もうあと3分か…」



03:00

ゲーム終了まで
   3分




マリオ
「もはや逃げ切る以外の手はないな…」



ゲーム終了まで、3分を切った・・・



02:50 残り2人

Re: 逃走中10 〜未来から来た少女〜 ( No.157 )
日時: 2017/12/11 23:53
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s (ID: UQ9rgOft)

ハンター
「…………」


ハンターの標的は、歳納京子と、マリオの2人・・・



ハンター
「…………」




ハンター
「…………」





京子
「建物の中だから・・・もしここでハンターが来たら・・・」



prrrr♪


京子
「何々なになに!?」


電話だ・・・




京子
「もしもし?」



マリオ
「あっ、お前か・・・」



マリオ
「今どこいんの?」



京子
「今は・・・学校の中だけど・・・」



マリオ
「そうか・・・自分はちょっと学校から出たところだ」




マリオ
「逃走者はあと俺とお前しかいないらしいな…」



京子
「そうみたいだけど・・・」



マリオ
「まあ、確かに俺とお前しかいないというわけd・・・ハンターッ」ダッ





ハンター
「…………」




マリオ
「…………」





マリオ
「危ねぇ・・・」






ハンター
「…………」
























ハンター
「…………」


ハンターは気づいていないようだ・・・




02:00

ゲーム終了まで
   2分




京子
「外はハンターでうじゃうじゃしてるから・・・私は学校の中で逃げ切るよ」




京子
「マリオの方は・・・学校からちょっと行ったところにいるみたいで・・・」





マリオ
「ハァ、ハァ・・・」タッタッタッ



できるだけ、ハンターから離れるマリオ・・・




マリオ
「今のハンターの数は14体だからな…どこに行っても安全地帯はないわけよ・・・」



マリオ
「さっきのりせのやつで立証されただろ・・・?」





ハンターTT
「…………」




マリオ
「…………」





ハンターTT
「…………!」ダッ



ここで見つかった!





マリオ
「またかっ!」ダッ




ハンターTT
「…………」








京子
「もうこれって賞金貰えるよね・・・改めて考えてみたら、やっぱり結衣とかにも賞金渡した方がいいのかな・・・」








マリオ
「…………」



ハンターTT
「…………」



タッタッタッタッ・・・





マリオ
「よしっ・・・」ズルルッ



建物の裏に滑り込んだマリオ・・・




ハンターTT
「…………」

















ハンターTT
「…………?」


建物を使って、上手く撒いたようだ・・・





マリオ
「ヒィ・・・ヒィ・・・これ無理だろ・・・もうこれ以上は無理だぞ・・・」







マリオは撒いたが・・・





ハンター
「…………」




京子
「あっ、あれハンター!?」


京子がハンターに気づいていた・・・





ハンター
「…………」








ハンター
「…………!」ダッ


見つかった!





京子
「おうわっ!」ダッ




ハンター
「…………」



京子
「速い速い速い速い無理無理無理無理ー!!」




ハンター
「…………」




京子
「いや待って待って待って!!」




ハンター
「…………」




京子
「…………」


タッタッタッタッ・・・




必死に逃げる京子・・・



だが、その先は・・・






京子
「嘘!?行き止まり!?」



行き止まりだった・・・




ハンター
「…………」




ポンッ
01:02 歳納京子確保 残り1人




京子
「あーもう!!もう少しだったのに・・・」




01:00

ゲーム終了まで
   1分





【牢屋】


直葉
「確保情報!」




「えぇーっ!?」




直葉
「歳納京子確保!」




「うわぁーっ・・・」




直葉
「残りはマリオただ1人!」





次回、最終決戦!

00:45 残り1人

Re: 逃走中10 〜未来から来た少女〜 ( No.158 )
日時: 2017/12/12 00:17
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s (ID: UQ9rgOft)

逃げ切れれば120万円
    残るはマリオ




マリオ
「まだいける・・・いける・・・」



マリオ
「あと俺1人になってしまったが・・・」



マリオ
「ここで逃走成功を果たせばレギュラー勢初の逃走成功だ・・・」



実は、これまでで1度も広尾版逃走中でレギュラー勢が逃走成功したことはない・・・





マリオ
「できる…やれるぞ・・・」





ハンター
「…………」



立ちはだかるのは・・・




ハンター
「…………」



14体のハンター・・・




00:30


マリオ
「あと30秒・・・」




マリオ
「このわずかな時間が長い・・・」




ハンター
「…………」





マリオ
「やれる…」



マリオ
「ここで逃走成功を果たす・・・!」




00:20


【牢屋】



「19、18、17、16・・・」




マリオ
「………」



マリオ
「いける・・・」




マリオ
「何に賞金を使おうか・・・じっくり考えるか・・・」




ハンター
「…………」




【牢獄】



「10!9!8!7!6!5!」





マリオ
「5、4、3・・・」




マリオ
「2・・・」




マリオ
「1・・・っ!」






























逃走成功
マリオ 120万円獲得



マリオ
「イヤッフォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」




マリオ
「やった・・・やったぞ・・・」



マリオ
「レギュラー勢初の逃走成功を果たしたぞ!」








(牢獄方面へ行くマリオ)



ひろし
「お疲れ様!」



マリオ
「おいお前、自首しただろ」




DDデビル
「え?自首して何が悪いんだ?自首も正式なシステムだろ?」



マリオ
「確かにそうだけどさ・・・」



DDデビル
「俺は確実に賞金を手に入れる方法を考えて、自首にした。何か悪いか?」



DDデビル
「貰えるものは貰っといたほうがいいんだよ」






マリオ
「賞金取ったぞー!!!」




DDデビル
「賞金取ったぜえええええ!!」






「」パチパチパチパチ





マリオ
「……?」



アスナ
「これは何?」




カツオ
「何かのお知らせらしいね…」




ドナルド
「どれどれ・・・?」



ドナルド
「『逃走中11についての話です』」




ドナルド
「『逃走中10が完結しました。皆様お疲れさまでした』」



ドナルド
「『さて、逃走中11がこの後あるのですが、ご参加なさいますでしょうか』」



ドナルド
「『執筆完了予定は来年の2月か3月末を予定しています』」



ドナルド
「『しかし、作者である広尾は受験生のため、更新頻度は落ちるかもしれません』」



ドナルド
「『それでも、参加をしてみませんか?』」



ドナルド
「『もし、逃走成功や自首で賞金を獲得した場合、その賞金をはあなたのものですが、11に参加して逃走成功や自首をすれば、もっと賞金が貰えるかもしれません』」




ドナルド
「『なお、逃走中10で獲得した賞金が亡くなることはありません』」




ドナルド
「だって」





マリオ
「これはやるしかないだろ!!」



雄介
「勿論行く!!」




やる夫
「もういいお・・・俺には賞金が貰えない呪いか何かかかってるんだお・・・」




ひろし
「次回か・・・誰が出るかはわからないけど、出るしかないよな!」




カーネル
「勿論行くのじゃ!」




マリオ
「よーし、これだけ集まったか・・・」




マリオ
「よし、それじゃあ逃走中11で逃走成功目指して頑張るぞ!」



「「「おー!!!」」」




ーーーーーーーーーーーーーー


ゲームマスター
「この通り、1回やったことがある通り、連続して逃走中を行う」



ゲームマスター
「富山県から大阪府まで移動することになるが・・・その移動時間だけが休憩時間ということか」





ゲームマスター
「それでは、また逃走中11で会おう」




逃走中10 〜未来から来た少女〜



Fin

Re: 逃走中10 〜未来から来た少女〜【完結】 ( No.159 )
日時: 2017/12/12 10:24
名前: ネクスタ (ID: HUYAFKES)

ネクスタです!

マリオおめでとう!ベテランの意地を見た気がしますね。
11回も楽しみにしてます!

Re: 逃走中10 〜未来から来た少女〜【完結】 ( No.160 )
日時: 2017/12/14 23:35
名前: 広尾 ◆NJ2V3cUk.s (ID: PtGtaAax)

To.ネクスタさん

マリオが逃走成功しました!

ここに来てようやくレギュラー勢が初の逃走成功・・・



次回は逃走中11!
この逃走中とどんな関係があるのだろうか…?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16