二次創作小説(映像)

シャドバ学園の日常
日時: 2017/03/20 20:57
名前: smallsnow

設定
年齢関係なく全員生徒(先生モブ)
キャラ崩壊あり
ギャグ系
部活動とか委員会とかある


プロローグ
ここはシャドバ学園。エルフクラスやドラゴンクラスなど色々なクラスがあり、たくさんの生徒たちが通っている。

Page:1



Re: シャドバ学園の日常 ( No.1 )
日時: 2017/03/20 23:21
名前: smallsnow

1 クラス紹介
ここはロイヤルクラス。主に戦法や身の回りの世話についての授業が行われています。今は最も戦いやすい戦法についてはなしあっているようです。
エリカ「こちらの方法はどうでしょうか。これなら失敗はしにくいと思う のですが…」
モニカ「さすがクラス委員長だな!みんなの事をしっかりと考えているとしっかり伝わってくるぞ」
乙姫「けどこっちのほうが良くない?」
ランサー「私はどちらでもいいと思うな」
エリカ「では乙姫さんの意見と私の意見を組み合わせればいいと思います」
ランサー「おぉー、これはいいな。もっと戦いやすくなってるな」
モニカ「すごいな」
エリカ「そんな…姫様をお守りするにはこれくらい常識ですよ」
乙姫「いやいや、すごいって!」
エリカ「姫様のため私はここにいるんですから…私のすべては姫様の…」
ランサー「エリカ落ち着け!」
エリカ「姫様…」
乙姫「こわい…」


Re: シャドバ学園の日常 ( No.2 )
日時: 2017/03/20 23:18
名前: smallsnow

続いてはドラゴンクラス。ここでは主にドラゴンの生態やドラゴンと世界の結びつきについての授業が行われています。今は班で今日の授業についてのレポートを書いているようです。
フォルテ「今日の授業はドラゴンと少年が街を救う話だったわけだがアイラ、みんなの感想をまとめたか?」
アイラ「まとめたっちゃまとめたんですけど…ローウェンさんの感想が長すぎて、まとめてもスペースがないんですよ」
フォルテ「どんな感想なんだ?……おい!これは感想じゃない!ローウェン、お前どんな気持ちでこの感想を書いたんだ!」
ローウェン「普通に思ったことを書いただけだ」
フォルテ「僕はこの話を読んで少年とドラゴンの絆は深いと感じました。とかはいいくせに、なんだ!この文は?」
アイラ「どれどれ…しかし、なぜこの話は町を救ったところで終わったのでしょうか?僕は夕日に向かって飛んでいきそのままこれからも街を守ると誓ったほうが情熱的で素晴らしいと思います。作者の頭は冷たいのでしょうか?てか頭おかしいww」
フォルテ「感想はお前の意見を押し付けるものじゃないんだ!っていうか最後の最後手抜きしすぎだ!あと作者ディスりすぎだ!」
ローウェン「これは俺の素直な気持ちだ。受け入れてくれ」
フォルテ「受け入れるか!」
アイラ「けど…フォルテさんの感想はシンプルすぎだと思います」
ローウェン「どんな感想だ?…私はこの話について面白かったと思いました。……」
フォルテ「ローウェン、一緒に感想書き直すか」







Re: シャドバ学園の日常 ( No.3 )
日時: 2017/03/21 11:13
名前: smallsnow

ここはネクロマンサークラス。主に蘇生術や死者に関しての授業が行われています。今はゾンビの生態について学習しているようです。
先生「では質問などありませんか?」
ルナ「はーい!」
先生「ルナさんどうぞ」
ルナ「なんでゾンビって臭いのー?」
先生「人は死ぬと腐るからです」
ルナ「けどルナのパパとママは臭くないよ?」
先生「ここで幽霊は出さないでください」

先生「気を取り直して他に質問は?」
ケルベロス「はーい!えっと……そもそもゾンビより幽霊系のほうがまだいると思うんだk…」
先生「そこはツッコまないで」

先生「他には?」
ネフティス「先生、ゾンビが臭かったらこのクラス死人臭が多i
…」
先生「もういいです」

キーンコーンカーンコーン

今から休み時間のようです。ここからは他のクラスの休み時間の様子を紹介しましょう。

Re: シャドバ学園の日常 ( No.4 )
日時: 2017/03/21 20:56
名前: smallsnow

休み時間は他クラスの子と遊んだり自分の教室で自主学習したりなど色々な過ごし方があります。あそこにいるのはエルフクラスの子とウィッチクラスの子です。エルフクラスは主に妖精の歴史について、ウィッチクラスは魔術についての授業をしています。
アリサ「どうしよー、さっき小テストがあったんだけど問題が分からなかったんだよね」
ウィスパラー「私は平穏な感じかな」
ローズクイーン「私もだな。マーリンはどうだ?」
マーリン「私たちのクラスは魔法の実力テストをしたわ」
イザベル「結構簡単だったけどね」
アリサ「どんな魔法を使ったの?」
イザベル「どんな魔法を使うのかは自由だけど私は炎の魔法を使ったわ」
ドロシー「私は究極魔法」
ウィスパラー「なにそれ!?」
マーリン「嫌な予感がするぞ…」
ドロシー「それは………イザベルみたいにでかい胸をもつ魔法よ!失敗しちゃったけど修学旅行までには成功して見せるわ!」
アリサ「…ナニソレメッチャシタイ」
ローズクイーン「同じく」
イザベル「嫌だなんかやめて」




Re: シャドバ学園の日常 ( No.5 )
日時: 2017/03/22 01:39
名前: smallsnow

そちらにいるのはヴァンパイアクラスとビジョップクラスの子たちです。ヴァンパイアクラスでは主に人間とヴァンパイアの違いや血について、ビジョップクラスでは神々の力や善についての授業が行われています。
ムーンアルミラージ「最近肌が乾燥してきたんだよねー」
イリス「分かります。神に祈っても治らないんですよね」
エイラ「そこは自分で改善しないんですね…」
ヴァンピィ「ヴァンピィはねー、ヴァンパイアだからそんな心配はない」
クイーンヴァンパイア「人間は美容になやんでるの?」
イリス「まぁ…そうですけど」
フリアエ「けどヴァンパイアの悩みってなにがあるわけ?」
ヴァンピィ「悩みがないとか?」
ムーンアルミラージ「あーね」
エイラ「そういえば…みなさんは修学旅行のグループはどうしますか?クラスとか関係ないらしいので他クラスの人と組めますよ」
クイーンヴァンパイア「厄介なヤツは嫌ね…フリーダムな人がいいわ」
フリアエ「私は誰でもいいやー」

次回は生徒会の紹介をします。

Re: シャドバ学園の日常 ( No.6 )
日時: 2017/03/22 19:28
名前: smallsnow

ここは生徒会室のさらに奥にある謎の部屋。生徒会室にはどこのクラスにも所属してなくて、なにが行われているのかも謎に包まれています謎の部屋にいる生徒はいつもは生徒会代表として活動しています。
ユニコ「会長、書記の仕事が終わりました」
ベルエンジェル「リンゴーン♪文化部部長の私の仕事が終わったよ!」
ファイター「体育部長の仕事終わりました」
オリヴィエ「今会長は仕事中だ。私がチェックする」
冥府「ありがとうございます副会長」
オリヴィエ「今回のお前の会計リストは分かりやすいな。ユニコたちも分かりやすい」
ルシフェル「みんなごくろうだ」
ユニコ「会長!」
ルシフェル「今から修学旅行の予定を決めたいんだが考えてくれるか?」
ファイター「もちろんです」


次回から日常系や部活動紹介します!




Re: シャドバ学園の日常 ( No.7 )
日時: 2017/03/28 02:53
名前: smallsnow

2放課後の学園
放課後は委員会の会議をしたり部活動をしたりそれらを両立するなど色々な過ごし方があります。今日はリーダーの7人の過ごし方を紹介します。
アリサ「みんなの過ごし方ってなに?」
ルナ「ルナは友達100人目指してオカルト部のみんなで友達になりそうな子呼び出してるよ〜!」
アリサ「なんか色々すごい…」
イザベル「私は図書委員副委員長の仕事と調理部をしているわ。けど部員の半分くらいがカエルのケーキとかイモリのクッキーを作っているの」
アリサ「グロいからやめて!」
ユリアス「私は美術部をしている。血の絵具はよく描けるんだ」
アリサ「だいたい予想してたけどもうグロすぎ!けど美術部ってなんかイメージがないよ…」
イリス「私は保健委員だけですね。ちなみに委員長です」
エリカ「私は剣道部と代議委員委員長してますよ」
アリサ「まともだ…杉田は?」
ローウェン「杉田言うな。俺は体育委員副委員長だ。アリサは何をしているんだ?」
アリサ「実は…何も入っていないんだ」
一同「ナンダッテ!?」
アリサ「!?」
エリカ「部活動に入りなさい」
アリサ「えーーーーー!!」

Re: シャドバ学園の日常 ( No.8 )
日時: 2017/03/28 20:46
名前: smallsnow

アリサ「うぅ…部活動に入れって言われてもどんな部活があるんだろう」
フェアリー「そんな時のこの私!このフェアリーが案内をするわ!」
アリサ「いきなり!?まぁ…いいや」
フェアリー「最初は文化部からいっくよー!!」

フェアリー「ここは書道部よ!」
アリサ「すごーい!たくさん作品が飾ってあるね」
乙姫「あれ?体験に来たのか。わらわは部長の乙姫!そして…」
乙姫お守り隊「私たち、部員の姫様お守り隊です!」
アリサ「ここの作品はあなたたちが書いたの?」
乙姫「ここの作品はすべてわらわが書いた」
アリサ「すごいね!けどお守り隊たちは…」
乙姫「という名のすべてお守り隊に任せている」
アリサ「え?」
乙姫「そちが入ればたくさんこき使ってやる…」
アリサ「おじゃましましたー」
フェアリー「あそこは危ないね」
アリサ「だね…」

フェアリー「次は吹奏楽部よ」
アリサ「楽器か…難しそう」
ベルエンジェル「リンゴーン!大丈夫よ!最初は難しいかもしれないけどなれたら簡単よ!」
フェアリープリンセス「そんなあなたは部活に顔出しているだけでなにも練習してないけど上達しているのかしら…?」
アリサ「……」

フェアリー「次は茶道部…」
アリサ「なんかどこの部活もカオスな気がするんだけど…」
フェアリー「じゃあなんの部活に入るの?」
アリサ「どうしよう?」
フェアリー「あ、アリサの武器って弓だよね?」
アリサ「そうだけど」
フェアリー「弓道部は?」
アリサ「もうそれでいいや」

こうしてアリサは部活に入ったのである。

みなさんはシャドバで使っているクラスはなんですか?私はドラゴンです!コメントで使っているクラスとシャドバのコツを教えてくれたらすごくうれしいです!



Re: シャドバ学園の日常 ( No.9 )
日時: 2017/03/29 00:14
名前: smallsnow

3修学旅行(書きたかっただけ)
ルシフェル「ただいまより修学旅行を始める!」
アリサ「めっちゃ急じゃんか!」
ルシフェル「いきなりなのは作者がただたんに書きたかっただけだからだ」
エリカ「いやいや、いくらなんでも…」
ローウェン「エリカ、いや、これを読んでる心の広すぎる方々、温かい目で見てやってくれ」
アリサ「読んでいる方々?」
ローウェン「これ以上ツッコんだら負けだ」
ユリアス「では、次から始めるとしよう」

Page:1