二次創作小説(旧・映像)

真田版ヘキサゴン 第二回
日時: 2017/10/20 17:34
名前: 長山 ◆fb7o0kUIGk

真田版ヘキサゴン!

TX氏(+ヘキサさん、しゅんぽこさん)のヘキサゴンとシャルさんやファゴットさんのQさま系小説をコラボさせてみました!

第1回 >>1-55

司会:烏間惟臣 アシスタント:千川ちひろ

出場者(成績:S>A>B>C>D>E)

第二回 >>56-

出場者

朝日奈みらい
絢瀬絵里
十六夜リコ
泉こなた
鏡音リン
鏡音レン
木戸つぼみ
霧矢あおい
沢村栄純
紫吹蘭
渋谷凛
しゅんぽこ
園田海未
高良みゆき
TX
苗木誠
花海ことは
平沢唯
ヘキサ
星宮いちご
松野カラ松

ピンク

絵里、海未、キド、ことは、苗木、こなた、ヘキサ

オレンジ

みゆき、蘭、凛、レン、カラ松、しゅんぽこ、いちご



あおい、リコ、TX、みらい、リン、唯、沢村

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



Re: 真田版ヘキサゴン 第二回 ( No.82 )
日時: 2017/12/26 18:53
名前: ヘキサ

鳥間先生
「さあ、いよいよアンカー対決となるわけだが・・・その前に2人共ヘキサゴンコールを忘れているぞ」


ヘキサ・沢村
「「あっ!」」←思い出した


スタジオ客席
「「wwwww」」


※アンカーはヘキサゴンコールしないと正解しても抜けられない。


ヘキサ
「問題で頭が一杯一杯でした・・・!」


一同
「wwwww」


鳥間先生
「よしいくぞ、問題!」


解答者:ヘキサ、いちご、沢村


ヘキサ・いちご・沢村
「「ヘキサゴン!」」


問題:「平凡な人でも三人で相談すれば良い知恵が出る」というたとえを「三人寄れば(?)」というでしょう?



ピンポン!


いちご
「はい!はい!三人寄れば・・・文殊の知恵!」


正解!


いちご
「やった〜〜〜〜〜!」


(正解:文殊の知恵)


ヘキサ
「嘘〜〜〜!?」


沢村
「もうかよ!?」


ピンクチーム 100点獲得
現在の得点状況:130点


鳥間先生
「これで・・・ピンクが抜ければオレンジ優勝、緑が抜ければそのまま緑優勝だ」


2位:50点 3位:0点


ー優勝の条件ー
ピンク:ピンク2位抜けなら緑優勝
緑:2位抜けで優勝


スタジオ客席
「「おおおおお!」」


鳥間先生
「そうだ、ピンクチームに言っとくが・・・最下位決定」


ピンクチーム 最下位確定


ピンクチーム一同
「「ええっ!?」」


鳥間先生
「2位抜けで50点獲得出来るが・・・今お前たち20点しか獲っていないから、
 足しても80点で緑の100点には届かないんだ」


ー得点状況ー
ピンク:20点 緑:100点


ピンクチーム一同
「「うわ〜〜〜・・・」」


鳥間先生
「だがオレンジチームの為にも、頑張って答えろヘキサ」


ヘキサ
「はい!」


レン
「いちごちゃんも応援しているぞ!」


いちご
「頑張ってヘキサ君!」


ヘキサ
「よっしゃあ!かかってこいや!!」


一同
「wwwww」



「急に元気になったようね・・・」(汗)


リン
「頑張れ沢村君!」


沢村
「ああ!絶対抜けてやる!」


鳥間先生
「問題!」


ヘキサ・沢村
「「ヘキサゴン!」」


問題:地上に出れば火山ガスや溶岩流になる地下に存在する高温で融解状態の物質を何というでしょう?


沢村
「へっ?」


ヘキサ
「どういう事?」



ピンポン!


沢村
「む・・・温泉の粉!」


ブブー!


一同
「wwwww」



ヘキサ
「あっ!」


ピンポン!


ヘキサ
「温泉の素!」


ブブー!


一同
「wwwwwwwwww」


ズドドドドドッ・・・!


鳥間先生
「だからなヘキサ、訳の分からない奴をヒントに使うな」


ヘキサ
「??」


スタジオ客席
「「wwwww」」


鳥間先生
「正解は?」


ちひろ
「『マグマ』でした」


(正解:マグマ)


ヘキサ
「なんだい・・・」


沢村
「・・・」


一同
「wwwww」


鳥間先生
「もう少し簡単な問題にするか・・・これにするか、問題!」


ヘキサ・沢村
「「ヘキサゴン!」」


問題:


ーーーーーーーーーーー
このあと


ヘキサ
「〇〇〇!」


沢村
「〇〇〇!」


果たして、正解しクイズは終わるのか!?


(次お願いします!)

Re: 真田版ヘキサゴン 第二回 ( No.83 )
日時: 2017/12/27 18:01
名前: しゅんぽこ

次は俺が書いてもいいですか?

Re: 真田版ヘキサゴン 第二回 ( No.84 )
日時: 2017/12/27 18:23
名前: sanada ◆fb7o0kUIGk

では、しゅんぽこさんお願いします!

Re: 真田版ヘキサゴン 第二回 ( No.85 )
日時: 2017/12/27 19:04
名前: しゅんぽこ

烏間「問題!」

ヘキサ・沢村「ヘキサゴン!」

問題:思うようにならなくてもどかしい事を二階から何て言う?

ピンポン!

ヘキサ「薬!」

ブー!

烏間「惜しいな。」

ピンポン!

沢村「薬草!」

ブー!

全員「wwwww」

ちひろ「正解は目薬です。」

ヘキサ「目薬か・・・」

烏間「じゃあ次の問題だ。」

問題:自分で自分を褒める事を四字熟語で何と言う?

ピンポン!

沢村「もらった!自画自賛!」

正解!

沢村「よし!」

ヘキサ「わかってたんだけどな〜・・・」

ちひろ「緑チーム優勝です!」

緑チーム「やった〜〜〜〜〜!」

烏間「両方押してたけど、タッチの差で負けたな。」

ヘキサ「そうなんですよ・・・」

そして、ピンクチームには水掛けゲーム!

烏間「今回は4ヶ所だ。」

烏間「あと苗木君、君は超高校級の幸運の肩書きを持っているらしいな。」

苗木「そうですけど・・・」

烏間「もし君が水がかかる場所に入ったら肩書きを超高校級の普通に変更するぞ。」

苗木「えぇっ!?」

全員「wwwww」

烏間「じゃあ、好きなところを選んでくれ。」

全員場所を選んで・・・

1番・・・こなた
2番・・・キド
3番・・・ヘキサ
4番・・・絵里
5番・・・ことは
6番・・・苗木
7番・・・海未

番号は左から順番です。

烏間「ヘキサ、君は前そこを選んで水がかかったはずだが・・・」

ヘキサ「あえて選びました!」

烏間「では、水掛けスタート!」

果たして、水がかかるのは誰だ!?

最後お願いします!

※俺のリレー制○○中の更新もお願いします!

Re: 真田版ヘキサゴン 第二回 ( No.86 )
日時: 2017/12/28 09:48
名前: ヘキサ

お楽しみゲーム ピンクチーム


配置場所

1番・・・こなた
2番・・・キド
3番・・・ヘキサ
4番・・・絵里
5番・・・ことは
6番・・・苗木
7番・・・海未


烏間先生
「では、水掛けスタート!」


ちひろ
「今回は4ヶ所です」


♪テ、テ、テ、テ、テ・・・











♪テテテッ、テテテテッ!


水落ち場所※〇マークが水ポイント

1番・・・〇
2番・・・
3番・・・〇
4番・・・
5番・・・〇
6番・・・
7番・・・〇


プシャーーーーー・・・!


こなた
「ひゃあ〜〜〜〜〜!」


ちひろ
「掛かったのはこなたさん!」


ヘキサ
「・・・」(無言)


ちひろ
「ヘキサさん!」


ことは
「わぁ〜〜〜〜〜!」


ちひろ
「ことはさん!」


海未
「・・・」(無言)


ちひろ
「海未さんでした〜!」


シャーーー・・・!


鳥間先生
「良かったな苗木、超高校級の普通にならなくて」


苗木
「そうですね」


スタジオ客席
「「wwwww」」


鳥間先生
「どうしてヘキサ、分かっているのに水を回避できないんだ」


ヘキサ
「だってしょうがないじゃないですか!僕陰陽師じゃないんですから!」


一同
「wwwwwwwwww」



「なんで陰陽師で例えるんだよw」


あおい
「ははは・・・!w」(汗)


海未
「こんなの嫌ですよ・・・」


鳥間先生
「それではまた会おうな」


スタジオ客席
「「ワァーーーーー!」」


真田版ヘキサゴン 第二回
ー完ー

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。