二次創作小説(旧・映像)

プレッシャーSTUDY!〜μ's軍団vsAqours軍団!〜
日時: 2017/12/27 00:05
名前: ファゴット

※この小説は、テレビ朝日のクイズ番組『Qさま!』のプレッシャーSTUDYを参考にした小説です。小説内でもフォローはしますが、ルールが分からない人はプレッシャーSTUDYの動画を見た方がいいかもしれません。

クイズ作家・ファゴットが久々に開催する今大会は、作者がここ数ヶ月で急激にハマった『ラブライブ!』シリーズより、μ's軍団とAqours軍団がプレッシャーSTUDYで大激突!
μ's軍団は、螺旋階段で計4度もの優勝を誇る女王・絢瀬絵里の他、優勝経験者・西木野真姫、その西木野真姫が優勝した回の準優勝者・園田海未ら強豪メンバーが後半を固める!その圧倒的な知識量と経験値で、Aqours軍団に先輩としての意地を見せつけられるか!?
一方のAqours軍団は、近ごろ螺旋階段で頭角を現しつつある黒澤ダイヤと小原鞠莉が、最高学年兼クイズ経験者として他のメンバーを牽引!最近の活躍の勢いで、μ's軍団への下剋上を狙う!
今回は、漢字の読み、偉人、英語和訳問題などの定番モノから、ファゴット作品の特徴ともいえる理系問題、さらには回答者全員がスクールアイドルという事で、音楽や女性に関する問題など幅広いジャンルから幅広い難易度の問題を出題!
果たして、知識とチームワークで勝利を掴むのはどちらのチームなのか!?

【回答者(☆は各軍団のリーダー)】
【Aqours軍団】
@高海千歌
A津島善子
B渡辺曜
C黒澤ルビィ
D松浦果南
E鹿角聖良(助っ人)
F国木田花丸
G桜内梨子
H小原鞠莉
I☆黒澤ダイヤ
【μ's軍団】
@高坂穂乃果
A星空凛
B矢澤にこ
C小泉花陽
D東條希
E綺羅ツバサ(助っ人)
F南ことり
G園田海未
H西木野真姫
I☆絢瀬絵里

▽「祝!作者・ファゴットがラブライバーになりました!」記念特別企画!
▽『ラブライブ!』のμ'sと、『ラブライブ!サンシャイン!!』のAqoursがプレッシャーSTUDYで対決!
▽螺旋階段のリベンジなるか!?小原鞠莉&黒澤ダイヤ!
▽それを迎え撃つは、優勝経験者・西木野真姫&絢瀬絵里!
▽クイズ常連メンバーをも唸らすルーキーも登場!?
▽μ'sもAqoursも9人…というわけで、それぞれと関係が深い2人が助っ人として参戦!
▽おバカキャラ達が大波乱を巻き起こす…!?
▽勝負の行方は…!?衝撃の結末を見逃すな!!

※各メンバーの学力、特にAqoursメンバーの学力は作者のイメージがかなり入っていますが、その考えは人それぞれだと思うのであえて批判は受け付けません。ご容赦ください。

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: プレッシャーSTUDY!〜μ's軍団vsAqours軍団!〜 ( No.29 )
日時: 2018/09/09 01:08
名前: ファゴット

ファゴット
「さてそれでは、最終ラウンドの最後の問題に参りま…」

千歌
「あっ、ちょっと待ってファゴットさん!」

ファゴット
「はい?どうしました?」


「…?千歌ちゃん?」

千歌
「えへへ…。ねえみんな!最後の問題の前に円陣組もうよ!」

梨子
「ライブ前みたいな感じで?」

鞠莉
「Oh〜!千歌っちnice idea〜!」

果南
「よし、最後の問題に向けて気合をいれ直そっか!」

聖良
「となると、私はどうすればいいですかね…?」

ダイヤ
「あぁ…。では聖良さんは鞠莉さんの『9!』の後に『10!』でお願いしますわ。」

花丸
「じゃあちょっと移動するずら。この席のままじゃやりづらいずら。」

〜移動中〜

千歌
「…準備いいかな?じゃあ行くよ!」

千歌
「1!」


「2!」

梨子
「3!」

花丸
「4!」

ルビィ
「5!」

善子
「6!」

ダイヤ
「7!」

果南
「8!」

鞠莉
「9!」

聖良
「10!」

千歌
「0から1へ!アクアーーー!」

全員
「サーンシャイーーーン!!!」

和成
「おー!やっぱ生で見ると迫力が違うなー!」

善子
「クックック、今し方の儀式でヨハネの魔力は最大まで満ちたわ。今ならどんな問題でも瞬殺してあげるわ…!」

ルビィ
「よーしっ、ラスト問題、頑張ルビィ!」

ファゴット
「さて、Aqours軍団のボルテージがMaxになったところでまいりましょう!」

和成
「第3問の教科は『社会 4択問題』です。問題はこちら!」




















【社会 4択問題】2015年に話題になった人物や事柄について、正しい選択肢を選びなさい。
@【フィギュアスケート選手 ソチ五輪・平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで2連覇】
A【お笑い芸人・小説家 代表作『火花』】
B【俳優・シンガーソングライター 『龍馬伝』主演・代表曲『桜坂』】
C【イラクとシリアを中心にテロ活動を行う過激派組織】
D【ウィリアム王子とキャサリン妃の長女】
E【太平洋赤道域東部の海水温が上昇する現象】
F【スペインの自治州 2010年代に独立運動が盛んに行われた】
G【ニュートリノ振動の発見により2015年にノーベル物理学賞を授与された日本人】
H【脚本家 代表作『ローマの休日』】
I【イタリアの現大統領(第12代)(任期:2015年2月3日〜)】

ファゴット
「番号をコールするとABCDの4つの選択肢が出てくるので、正しいと思う選択肢を選んでください。1番席の千歌さんから9番席の鞠莉さんまでの9人は、違う番号をコールすることで問題の変更ができます。そしてこの9人には、1人につき2回の解答権がありますが、1回目の解答で間違えた場合、問題の変更ができなくなります。そして、10番席のダイヤさんの解答権は1回のみとなります。」


「うわぁ〜…。ちょっと待って…。」

鞠莉
「これはダイヤだけじゃなく9番席のマリーも重要なpositionね…!」

2015年という年は、Aqoursというグループ名が決まり1stシングル『君のこころは輝いてるかい?』でCDデビューするなど、Aqoursにとってのスタートの年といえる。そんな2015年に話題になった人物や事柄を、Aqoursメンバー達は知っているのか…!?

ダイヤ
「千歌さん、答えなくてもいいので一応GHIあたりをオープンしておいてもらえると助かりますわ。」

千歌
「うん、了解!」

和成
「スタート!」

【200】

【199】





@【作詞も手掛けるAqoursのリーダー】高海千歌

千歌
「じゃあ、10番!」

【Iイタリアの現大統領(第12代)(任期:2015年2月3日〜)】
A.ニコラ B.チャンピ C.マッタレッラ D.ナポリターノ

果南
「えぇ〜…!?コレ難しすぎない!?」

梨子
「選択肢を見てもピンと来るものがない…。」

千歌
「ムリムリ!チェンジで9番!」

【H脚本家 代表作『ローマの休日』】
A.ベッシー B.トランボ C.ドミトリク D.ビーバーマン

善子
「えっ?さっきのIとこれの選択肢ってそもそも人名?」

和成
「そこからかwww」

ファゴット
「まあそう思われても仕方ないくらいの難易度を出してはいるつもりですが…。」

千歌
「チェンジ!8番!」

【Gニュートリノ振動の発見により2015年にノーベル物理学賞を授与された日本人】
A.南部陽一郎 B.赤崎勇 C.中村修二 D.梶田隆章

聖良
「…こうやって並べられると分からなくなりますね…。」

千歌
「もういいよね?3番!」

【B俳優・シンガーソングライター 『龍馬伝』主演・代表曲『桜坂』】
A.佐々木蔵之介 B.竹野内豊 C.福山雅治 D.藤木直人

千歌
「コレくらいならね…!」



【C.福山雅治】



ピンポーン!
※2015年に女優・吹石一恵との結婚を発表。ショックで仕事が手につかない女性が続出するなど「福山ショック」として話題に。

千歌
「あぁ〜!あの結婚が2015年だったんだ…!」





A【天界からやってきた堕天使系アイドル】津島善子

善子
「1番1番1番!」

【@フィギュアスケート選手 ソチ五輪・平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで2連覇】
A.高橋大輔 B.織田信成 C.羽生結弦 D.宇野昌磨

ルビィ
「えぇ〜っ!?善子ちゃん!?」

花丸
「開始前の『今ならどんな問題でも瞬殺してあげるわ…!』って言葉はなんだったのずら!?」

善子
「わ、分からないもんはしょーがないでしょうが!」



【C.羽生結弦】



ピンポーン!
※2015年度のグランプリファイナルで優勝。前人未到の3連覇達成で話題に。(後に2016年度のグランプリファイナルでも優勝し、記録を4連覇に伸ばした。)

善子
「難しすぎるわよ…!」





B【衣装担当の快活スポーツ系アイドル】渡辺曜


「じゃあ4番で!」

【Cイラクとシリアを中心にテロ活動を行う過激派組織】
A.キリスト国 B.イスラム国 C.ヒンドゥー国 D.バラモン国


「おっ…!聞いたことあるやつだ!」



【B.イスラム国】



ピンポーン!
※2015年5月ごろに勢力範囲が最大となる。


「5番以降は選択肢見ても分からなそうだな〜…。」





C【アイドル大好きなリアル妹アイドル】黒澤ルビィ

ルビィ
「本当にゴメンなさい…。2番…。」

【Aお笑い芸人・小説家 代表作『火花』】
A.太田光 B.劇団ひとり C.田村裕 D.又吉直樹

花丸
(ちょっとマズイかもしれないずら…。)

ルビィ
「予想以上に上級問題が難しかったなぁ…。」



【D.又吉直樹】



ピンポーン!
※又吉直樹のデビュー作『火花』は2015年3月11日に発行され、第153回(2015年上半期)の芥川龍之介賞を受賞するなどで話題に。

ルビィ
「後は任せたよ、お姉ちゃん、みんな…!」





D【海を愛するAqoursの母的存在】松浦果南

果南
「アレなら行けそう…!6番!」

【E太平洋赤道域東部の海水温が上昇する現象】
A.ラニーニャ現象 B.エルニーニョ現象 C.ブロッケン現象 D.フェーン現象

果南
「えーっと…。確か1回までは間違えてもいいんだよね?」

ファゴット
「はい。ダイヤさん以外には解答権は2回あります。」

果南
「じゃあ2択までは絞れているから行くよ…!まずは…。」



【A.ラニーニャ現象】



ブブー!

ファゴット
「果南さん、解答権は残り1回です!」

果南
「じゃあこっちだね…!」



【B.エルニーニョ現象】



ピンポーン!
※2015年は世界の平均気温が過去最高を更新し、その主因として人間の活動とともにエルニーニョ現象が挙げられた。ちなみに「ラニーニャ現象」は、「エルニーニョ現象」とは真逆で、太平洋赤道域東部の海水温が低下する現象である。

果南
「海の問題があって良かった…。」

ファゴット
「第1問と同様に7番以降が丸々残っています!後半メンバーはこれらの難問をどう攻略していくのか…!?」



※残りの問題
D【ウィリアム王子とキャサリン妃の長女】
F【スペインの自治州 2010年代に独立運動が盛んに行われた】
G【ニュートリノ振動の発見により2015年にノーベル物理学賞を授与された日本人】
H【脚本家 代表作『ローマの休日』】
I【イタリアの現大統領(第12代)(任期:2015年2月3日〜)】





E【音ノ木からやって来たAqoursの作曲家】桜内梨子

梨子
「一回7番見てみます…!」

【Fスペインの自治州 2010年代に独立運動が盛んに行われた】
A.カタルーニャ州 B.アンダルシア州 C.マドリード州 D.カナリア諸島州

梨子
「コレは…これでいいんだよね…?」



【A.カタルーニャ州】



ピンポーン!
※2010年代にカタルーニャ独立運動が盛んになる中、2015年に州議会選挙で独立賛成派が過半数を獲得し、州議会がカタルーニャ独立手続き開始宣言を採択するなど、2015年は独立の気運にさらに拍車をかける年となった。

梨子
「よしよし…!」





F【作詞作曲もこなすSaint Snowのブレーン】鹿角聖良

聖良
「…とりあえず8番を開けておきます。」

【Gニュートリノ振動の発見により2015年にノーベル物理学賞を授与された日本人】
A.南部陽一郎 B.赤崎勇 C.中村修二 D.梶田隆章

聖良
「ちょっと待ってくださいね…。」

ファゴット
「本日絶好調の聖良さんでも確信は持てないか…?」

花丸
(アレが答えられちゃったら多分オシマイずら…。お願いします、聖良さん…!)

鞠莉
(ダイヤにはできる限りイージーな問題を残さないと…!といっても既にどの問題もベリーハードだけど…。)

ダイヤ
(解答権が1回しか無い以上、無為に時間を浪費するわけにはいきませんわ…!今のうちに考えをまとめておかなければ…!)

ファゴット
「そしてラスト3人も真剣な表情で問題を見つめています…!」

聖良
「……ゴメンなさい、5番でお願いします。」

D【ウィリアム王子とキャサリン妃の長女】
A.シャーロット王女 B.ヴィクトリア王女 C.アレクサンドラ王女 D.イザベラ王女

ファゴット
「聖良さんをもってしてもGHIは解けないか…!」

聖良
「この人の名前は今でもニュースで見かけますからね…。」



【A.シャーロット王女】



ピンポーン!
※2013年に産まれた長男・ジョージ王子に続き、ウィリアム王子とキャサリン妃の第2子として2015年に誕生し話題に。

聖良
「後はAqoursのみなさんにお任せします…!」



Aqours軍団の最終ラウンドもいよいよ大詰め!Aqours軍団の最後の3人・国木田花丸&小原鞠莉&黒澤ダイヤは、残されたGHIの問題を解くことができるのか…!?

【第3問・後半戦に続く】

Re: プレッシャーSTUDY!〜μ's軍団vsAqours軍団!〜 ( No.30 )
日時: 2018/09/09 01:11
名前: ファゴット

※残りの問題
G【ニュートリノ振動の発見により2015年にノーベル物理学賞を授与された日本人】
H【脚本家 代表作『ローマの休日』】
I【イタリアの現大統領(第12代)(任期:2015年2月3日〜)】





【70】

【69】

ファゴット
「残り時間は間もなく1分を切ります!Aqours軍団のラスト3人は、GHIという超難問をクリアすることができるのか…!?」





G【純朴なる文学少女アイドル】国木田花丸

花丸
「良かったずら〜!9番!」

【H脚本家 代表作『ローマの休日』】
A.ベッシー B.トランボ C.ドミトリク D.ビーバーマン

ファゴット
「おっと花丸さん、これは自信があるのか、余裕の表情です!」

花丸
「この問題残ってて助かったずら…!」



【B.トランボ】



ピンポーン!
【FINE PLAY!】
※解説は後ほど

ファゴット
「まさに圧巻の一言!花丸さんはこれで最終ラウンドの3問全てでFINE PLAY達成です!」

絵里
(うわぁ…。やられたわね…。)

花丸
「後はお願いします…!鞠莉さん、ダイヤさん…!」



H【英語堪能な理事長兼任アイドル】小原鞠莉

鞠莉
「オーケー、マリーに任せナサ〜イ!10番!」

【Iイタリアの現大統領(第12代)(任期:2015年2月3日〜)】
A.ニコラ B.チャンピ C.マッタレッラ D.ナポリターノ

ファゴット
「おーっと、ここで鞠莉さんは10番を選択!超難問ですが鞠莉さんにとっては比較的楽な問題なのかもしれません!」

鞠莉@イタリア系アメリカ人の父を持つハーフ&卒業後はイタリアに留学
「Hmm…正直確信はないけどダイヤに10番を回すのもハイリスクだからね…。コレじゃないかって思うものはあるからチャレンジするわ!」

ダイヤ
(鞠莉さん…。頼みますわよ…!)

鞠莉
「…よし!コレがアンサーよ!」

ファゴット
「鞠莉さんのペンが動いた…!」



【C.マッタレッラ】



ピンポーン!
【FINE PLAY!】
※2015年2月3日、第11代大統領・ナポリターノの後継として就任。ちなみに他の選択肢については…
A.ニコラ:初代イタリア大統領
B.チャンピ:第10代イタリア大統領
となっている。

鞠莉
「…!Oh,yeah〜!ウルトラアルティメットシャイニー!!!」グッ!

ファゴット
「実は今回まだFINE PLAYが出ていなかった鞠莉さんが最後の最後に魅せました!最終ラウンド3連勝を一気にたぐりよせる超FINE PLAYです!」

善子
「流石よ、マリー!」

梨子
「後はダイヤさんが決めてくれれば…!」



【35】

【34】

I【ポスト絵里の生徒会長アイドル】黒澤ダイヤ

ダイヤ
「絶対に決めてみせますわ…!8番!」

【Gニュートリノ振動の発見により2015年にノーベル物理学賞を授与された日本人】
A.南部陽一郎 B.赤崎勇 C.中村修二 D.梶田隆章

ファゴット
「残された時間はまもなく30秒を切ります!しかもダイヤさんに許される回答のチャンスは1回のみ!ダイヤさん、4択を決められるか…!?」

千歌
(ダイヤさん…!お願いします…!)

ルビィ
(お姉ちゃん…!)

ダイヤ
(……………改めて考えてみても、やはり正解はアレとしか思えませんわ…!)

【20】

【19】

ダイヤ
「…決めました。間違えてしまったら申し訳ございませんわ。」

鞠莉
「No〜!ダイヤのことを責める人なんてこのteamにはいないわよ〜!」

果南
「そうだよ!だから、自分の信じた答えで思い切って行っちゃえ!」

ダイヤ
「…ありがとうございます。では、参ります…!」

ファゴット
「ダイヤさんが覚悟を決めた…!」





【D.梶田隆章】




















ピンポーン!
【FINE PLAY!】
※解説は後ほど

ダイヤ
「…!やりました!やりましたわぁ!!」グッ!

【CLEAR!!】

【Aqours軍団:115点】
【1:◯ 2:◯ 3:◯】

Aqours軍団一同
「やったぁ!!!」

ファゴット
「Aqours軍団が今日一の盛り上がりを見せています!Aqours軍団、最終ラウンドの上級問題を奇跡の3連勝で締めくくりました!」

和成
「これはスゲーぞ!!」

ファゴット
「はい、これはとんでもないことになってきました…!得点を整理してみましょう!」

【得点(最終R先攻・Aqours軍団終了時点)】
Aqours軍団:115点 vs 60点:μ's軍団

ファゴット
「最終ラウンドが始まる前はμ's軍団に35点の大差をつけられていたAqours軍団ですが、この3連勝でなんとμ's軍団に55点もの大差をつけ返しました!」

穂乃果
「うわぁ〜…。やられた〜…。」

海未
「コレは素直に相手を褒め称えるしかないですね…。」

ファゴット
「さて、この問題を振り返ってみましょう。まずはダイヤさん、見事に難問を一発で決めてみせましたが、どのように答えに辿り着きましたか?」

ダイヤ@GでFINE PLAY
「まずAの南部陽一郎さんはもっと前に受賞していた気がしたのですぐに除外しました。あと、Cの中村修二さんは確か青色ダイオードの研究で受賞された方だと思ったので、Cも違うだろうなと。Bの赤崎勇さんとDの梶田隆章さんがどのような方かは正直分からなかったのですが、より最近聞いた覚えがあるのが梶田さんだったので、Dを選びました。」

※G解説
A.南部陽一郎
2008年、自発的対称性の破れの発見により、小林誠・益川敏英と共にノーベル物理学賞を受賞
B.赤崎勇&C.中村修二
2014年、青色発光ダイオードの発明により、この2人に天野浩を加えた3人でノーベル物理学賞を受賞

ファゴット
「そして鞠莉さん、本日初のFINE PLAYが最難関の10番を一発で正解するという値千金の超FINE PLAYとなりました!」

鞠莉@IでFINE PLAY
「正直マリーもそんなに自信があった訳じゃなかったけど、当てずっぽうでは25%の確率でしか正解できないダイヤよりはfifty-fiftyで正解できるマリーの方が答えた方がbetterだと思ったの。だから唯一聞いたことのある名前でtryしてみたけど、上手くいって良かったわ!」

ファゴット
「そして花丸さん、途中で険しい表情を見せる場面もありましたが見事に9番でFINE PLAYを出してみせました!」

花丸@HでFINE PLAY
「いや、実は聖良さんまで回ってきた時点でマルに分かる問題が9番しかなかったずら。」

和成
「えっ、ソイツは意外だね。こういう問題は苦手なの?」

花丸@テレビやネットをほぼ見ないため時事問題が鬼門らしい
「マルの知識はほぼ教科書と本からのものだから、DGIみたいな時事系の話題に疎いずら。なんとか本から得た知識が活かせるHが回ってきて本当にホッとしたずら〜。」

※H解説
D.トランボ
1940年代に多数の映画の脚本を手がけて評価されていたが、共産党員であったために第二次世界大戦後の「赤狩り(共産党員の指導弾圧運動)」の対象となり、その運動の中心的機関に対し証言を拒んだため、同様の証言拒否を行った9人と共に禁固刑を言い渡された(このトランボ自身を含む10人は後に「ハリウッド・テン」と呼ばれた)。
出所後、ハリウッドでの仕事を失ったトランボはなおも偽名で10数年間脚本を書き続け、名誉回復がなされてからも精力的に活動し、1976年に70歳の生涯を終えた。
1993年には、トランボが偽名で脚本を手がけた映画『ローマの休日』のアカデミー原案賞が、改めてトランボに贈られることになった。
そして、2015年に彼の半生を描いた映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』が公開されて話題となった。
ちなみに、9番の問題の他のABCの選択肢となっている人物はいずれも、上述の「ハリウッド・テン」の一員である。

和成
「…さて、本当に映画みたいな展開になってきたな…!この後どうなることやら…!」

ファゴット
「はい。Aqours軍団は花丸さんを始めとする後半メンバーの大活躍もあり、最終ラウンドでなんとパーフェクトを達成!一気に90点を獲得し、μ's軍団に多大なるプレッシャーを与えました。続いては後攻・μ's軍団です!」

絵里
(さて…!やるしかないわね…!)





聖良
「8番行きます!」

花丸
「や、やったずら〜!」

鞠莉
「…!Oh,yeah〜!ウルトラアルティメットシャイニー!!!」グッ!

ダイヤ
「…!やりました!やりましたわぁ!!」グッ!

安定して後半の問題を答えた鹿角聖良、第3ラウンドの逆境を経て覚醒した国木田花丸、そして螺旋階段経験者としての意地を見せつけた小原鞠莉と黒澤ダイヤ、そしてこの4人に確実にバトンを繋いだ残りの6人。10人全員が一丸となって最終ラウンドパーフェクトという最高の結果を出したAqours軍団!μ's軍団を逆転し、さらに点差を55点に広げた!

続いてはμ's軍団が最終ラウンドに挑む!勝利のためには3問中2問の正解が必要となるが、果たして勝負の行方は…!?

【得点(最終R先攻・Aqours軍団終了時点)】
Aqours軍団:115点 vs 60点:μ's軍団

Re: プレッシャーSTUDY!〜μ's軍団vsAqours軍団!〜 ( No.31 )
日時: 2018/09/09 23:12
名前: 洋輝

初めまして、洋輝です。

ファゴットさんの小説見させていただきました。

これからも更新頑張ってください。

Re: プレッシャーSTUDY!〜μ's軍団vsAqours軍団!〜 ( No.32 )
日時: 2018/09/14 00:33
名前: ファゴット

和成
「続いて最終ラウンドに挑むのは、後攻・μ's軍団だ!」

μ's軍団一同
「イエーーーーーィ!」

和成
「おっ、μ's軍団の方はAqours軍団と違ってテンション高いな!」

ファゴット
「問題を始める前にもう一度得点を整理してみましょう。」

【得点(最終R先攻・Aqours軍団終了時点)】
Aqours軍団:115点 vs 60点:μ's軍団

ファゴット
「現在μ's軍団とAqours軍団の点差は55点となっています。つまり、μ's軍団の逆転勝利のためには、1問30点の上級問題を3問中2問クリアしなければいけません。」

ことり
「3問中2問かぁ…。」

花陽
「結構ノルマが多いですね…。」

ファゴット
「さてそれでは、μ's軍団リーダーの絵里さんに話を聞いておきましょうか。絵里さん、Aqours軍団は最終ラウンドパーフェクトでしたが、どのように感じていますか?」

絵里
「そうね…。螺旋階段クイズで共演したこともあって鞠莉やダイヤが強いのは知っていたけど、正直なところ花丸があそこまで手強いクイズプレイヤーだとは想定外だったわ。最終ラウンド全問正解は敵ながら本当にお見事だったわ!」

ダイヤ
(エ、エリーチカ…///)

花丸
(照れるずら…///)

絵里
「それでも、今はAqours軍団のことは関係ないわ。ただ勝利のために2問を確実にクリアするだけ、そしてこのチームであればそれは難しいことではないと思っているわ。だからみんな、頑張りましょう!」


「ふふっ、エリチの言う通りやね。」

穂乃果
「そうだね!よーし、頑張るぞー!」

ツバサ
(相手の好プレーを素直に讃えた上でこちらのチームの士気をさらに高めるこの手腕…。流石は絵里さんね、頼りになるわ…!)

ファゴット
「そしてμ's軍団のみなさん、ここでAqours軍団と同様に席替えのチャンスがありますがどうしますか?」

絵里
「席替えは…しなくていいわよね?」

海未
「はい。席替えをしてしまうと、良い意味でも悪い意味でも“流れ”というものを一度切ってしまうことになります。」

真姫
「Aqours軍団はそれまでの悪い“流れ”を席替えによって上手く良い“流れ”に持っていったけど、第2・3ラウンドと順調に来ている私達がこの良い“流れ”を切る必要は全く無いわ。」

和成
(ソルゲ組の真剣な表情での話し合い…やっぱり絵になるなぁ〜…。)

絵里
「決まりね。ファゴットさん、私達はこのままの席順で行くわ!」

ファゴット
「了解しました。さて、席替えをしないというμ's軍団の判断はこの後の展開にどう影響するのか!?」

にこ
「今度こそにこの大活躍を見せてあげるわ!」


「テンション上げていくにゃー!」

ファゴット
「それでは、μ's軍団の最終ラウンド、いよいよスタートです!」

【第1問に続く】

Re: プレッシャーSTUDY!〜μ's軍団vsAqours軍団!〜 ( No.33 )
日時: 2018/09/16 12:01
名前: 洋輝

あのー、

>>31の方を見ました?

Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。