二次創作小説(旧・映像)

逃走中マスターライジング〜GhostMemory〜
日時: 2018/11/29 21:00
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw

逃走中マスターライジング Cブロックが開幕!
舞台となるのは「逃走中〜呪われしラビリンス〜」が行われた「真夜中の巨大ショッピングモール」。
果たして20人の逃走者の内 本戦に進出するのは誰だ!?


〜Cブロック 逃走者〜
赤司征十郎(黒子のバスケ)
宇佐美いちか(キラキラ☆プリキュアアラモード)
小野寺小咲(ニセコイ)
輝木ほまれ(HUGっと!プリキュア)
倉橋陽菜乃(暗殺教室)
クレア・スチーブンソン(白猫プロジェクト)
獄原ゴン太(ニューダンガンロンパV3)
櫻木真乃(アイドルマスターシャイニーカラーズ)
ジャスダーク(募集参加)
スイレン(ポケットモンスターサン&ムーン)
DDデビル(募集参加)
天道輝(アイドルマスターSideM)
ドラえもん(ドラえもん)
長月早苗(侵略!イカ娘)
松野カラ松(おそ松さん)
澪田唯吹(スーパーダンガンロンパ2)
緑川なお(スマイルプリキュア!)
緑谷出久(僕のヒーローアカデミア)
ユウキ(募集参加)
吉井明久(バカとテストと召喚獣)
(50音順・敬称略)


※今回はブロック毎に別々のスレで執筆します。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18



その37 ( No.87 )
日時: 2019/03/20 23:30
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


ハンターKR
「・・・・・・」


網鉄砲を持つゴン太とDDデビルに ハンターが迫る・・・




DDデビル
「いいか どうしても捕まりそうってなった時に使うんだぞ!」


ゴン太
「分かった! 頑張ってみるよ!」


網鉄砲を温存したいところだが・・・?




ハンターKR
「・・・・・・」


ピーーーーーー
【】

























ハンターKR
「・・・・・・!」ダッ!


ピピ!
【GOKUHARA】【DD-DEVIL】


見つかった・・・





DDデビル
「!! やべぇ 急に来やがった!」


ゴン太
「大丈夫 ゴン太に任せて!」


DDデビル
「えっ マジでやんのか!?」










ゴン太
「えいっ!」パーン!




ハンターKR
「!!」モガモガ




ゴン太
「今の内に逃げよう!」


DDデビル
「お、おう・・・」


ハンターの不意打ちを 網鉄砲で見事にかわした・・・





ゴン太
「もうなくなっちゃったけど 守ることが出来て良かったよ」


DDデビル
(いくらなんでも 早すぎだろ・・・!)


しかし 網鉄砲を手に入れてからわずか7分で失ってしまった。
予選免除の時間まで逃げ延びたいDDデビルは この事態にどう対処するのか・・・




【35:40】


赤司
「この辺りのルートは把握した・・・これで万全だ」


ハンターを回避し逃げた先を 新たな拠点とした赤司。


赤司
「勝者たるもの 常に臨機応変に対応できなければ・・・ん?」


何かを見つけた・・・















雛子
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


赤司
「あれは・・・逃走者の中にはいなかった、恐らく例の雛子だろう」


悠之介の手から逃げ出した 雛子だ・・・


赤司
「あの姿を見る限り 何かから逃げているようだが・・・」




ジャスダーク
「このストップガンがある限り 時間稼ぎには困らないな・・・」


倉橋
「そろそろ 80分ぐらいいったかな〜」


天使ペアの中で 唯一2人とも残っている倉橋・ジャスダークペア。
ストップガンも所持しており 予選免除に向け盤石の態勢だ・・・


ジャスダーク
「2人捕まらずに予選免除の可能性もいけそうだ・・・」


倉橋
「ジャスダークさんは捕まらないようにね〜」


ジャスダークには復活の権利がない。
ジャスダークが先に確保されると 倉橋にとってもこれまでの時間の積み重ねが無駄となる・・・





「ふぅ 夜風は冷えるな・・・でも 今の状況だとちょうどいいな・・・」


外に出て 火照った体を冷やす輝。



「おっ 星が見える! 今日のは一段と輝いてるな!」


見上げた視線の先には 一際輝く一番星が・・・



「よっしゃ 気合入ってきたぞ・・・俺もあんな風に このゲームの中の輝く存在になってやる!」


決意を新たに 逃走成功を目指す!




早苗
「何だかんだで 前回よりは逃げてるわね・・・」


前回出場の王国編では 序盤確保だった早苗。
今回は予選の半分以上は逃げており 手ごたえを感じている・・・


早苗
「イカちゃんの衣装のためにも 絶対に賞金を・・・っ!」

























ハンターLS
「・・・・・・」


近づくハンターに いち早く気付いた・・・




早苗
「これ こっちに隠れるしかないわね・・・」


慌てて 近くの物陰に身を隠す・・・




ハンターLS
「・・・・・・」


しのげるか・・・?





ハンターLS
「・・・・・・」


早苗
(気づかないでよ・・・)




ハンターLS
「・・・・・・」


早苗
(イカちゃんが見てるのよ・・・お願い!)






























ハンターLS
「・・・・・・!」ダッ!


早苗
「!! いやあああ!」


見つかった・・・!




ハンターLS
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


早苗
「こうなったら エネルギー全部使ってでも・・・!」


倉橋で補充したエネルギーで 全力疾走!
























ハンターLS
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


早苗
「ぜぇ、ぜぇ・・・」


しかし 単純にハンターにスピードで敵わない・・・




早苗
「も、もう無理・・・」


そして 早苗もすぐにスタミナが切れた・・・


ハンターLS
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


ピーーーーーー
【NAGATSUKI】




ポン!


34:36
長月早苗   確保
   残り10人


早苗
「あぁん・・・やっぱり本物のイカちゃんじゃないと駄目みたい・・・」


代理のエネルギーは 枯渇が早かった・・・




プルルル プルルル


明久
「長月早苗確保・・・この人 ほとんど見なかったなぁ」


ほまれ
「これで 逃走者はいよいよ半分だね・・・」





赤司
「ん?あそこにいるのは・・・」




警備員
「あー 君! ちょっといいかい?」


赤司
「僕に何の用だ?」


赤司の元に 今度は警備員が現れた・・・




警備員
「この辺りで 雛子ちゃんを見なかったか? 金髪で大きなツインテールの・・・」


赤司
「それなら さっきあっちに走っていくのを見たが・・・」


警備員
「おぉ そうか! すまない 助かったよ!」




赤司
「過去のゲームを見る限り こういう行動が後に響くこともある・・・
 十分 念頭に置いておかなければな」


雛子の居場所を警備員に教えた赤司。これがどんな影響を及ぼすか・・・


残り時間 34:20
逃走者 残り10人

天使組(○=復活の権利あり)

(〇ドラえもん)×輝木ほまれ (〇櫻木真乃)×スイレン 〇倉橋陽菜乃×ジャスダーク


悪魔組

DDデビル(21:18で本戦進出) 赤司征十郎(14:25で本戦進出)


ペア未結成&解消

獄原ゴン太 天道輝 緑川なお 吉井明久

その38 ( No.88 )
日時: 2019/03/22 23:30
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


【34:10】


ゴン太
「ここからはゴン太の力で逃げ切らないとね・・・」


DDデビル
(どうする・・・まさかこんなに早くなくなるとは思わなかったぞ・・・)


頼みの綱だった網鉄砲を早々に失ったDDデビル・・・




DDデビル
「なあ ミスターゴン太・・・ここからは別行動にしないか?」


ゴン太
「えっ!? どうして!?」


DDデビル
「俺は一回出たから分かるが この先は離れた方がいい展開になるに違いないんだ」


ゴン太
「そっか・・・でも 困った時はゴン太が力になるよ!」


DDデビル
「フン お前は本当に優しいヤツだ・・・じゃあな」


ゴン太
「うん 頑張ってね!」




DDデビル
「騙したところで 力で強引に状況をひっくり返す可能性があるからな あいつは・・・」


ゴン太の身体能力を考え あえて手放した・・・


DDデビル
「別の作戦を考えないとな・・・次のミッションに合わせる形で・・・」


この判断が 吉と出るか凶と出るか・・・?










ーーーーーーーーーーー
牢獄


真乃
「ほわぁ・・・ルーントレインって空も走れるんだねっ」


クレア
「はい! ルーントレインは線路さえ引けば どこにだって行けるんです!」


ユウキ
「列車なら 俺は電王のデンライナーだな・・・こいつは時をも超えられるんだ」


クレア
「わぁ それもすごいですね! 是非とも乗ってみたいです!」




いちか
「クレアちゃん 立ち直ってよかったね」


デク
「最初落ち込んでたけど 皆の励ましのお陰で元気になって・・・」


ドラえもん
「あ、早苗さんが帰って来た!」


澪田
「早苗ちゃん お疲れ様っすー・・・ん?」




スタッフ×3
「「「・・・・・・」」」


早苗
「うううぅ・・・」


小咲
「あれ!? スタッフ3人がかりで連行されてきた!?」


スタッフ
「イカちゃんに会いたいと言って また脱走したんです」


ドラえもん
「どこ行けば スタジアムにいけると思ったんだろう・・・」


真乃
「あの瞬間移動は ゲームマスターさんじゃないと出来ないんですよね?」




早苗
「どうしてよ・・・どうして私の邪魔ばかりするのよおおおおおお!!」ジタバタ


いちか
「うわっ 暴れ出した!」


ユウキ
「カラ松! こいつをどうにか落ち着かせろ!」


カラ松
「へ、へい そこのお嬢ちゃん・・・そんなに怒ったら 綺麗な顔がだいな・・・」




ゲシッ!(股間を蹴られた音)


カラ松
「うぼあっ!!? ぐふぅ・・・」ガクッ


澪田
「おお カラ松ちゃん! しんでしまうとはなさけない!」


早苗
「ああああ・・・イカちゃああああああん・・・」


デク
「この人はそう簡単に立ち直れそうにないな・・・」

ーーーーーーーーーーー




【33:20】


スイレン
「あと33分・・・結構頑張れてる・・・」


自身の予想に反し ここまで逃げ延びているスイレン。


スタッフ
「賞金は何に使われますか?」


スイレン
「やっぱり 釣り具を新しくしたいな・・・それで 余った分は・・・」


スタッフ
「サトシさんとのデート代ですか?」


スイレン
「うん 新しくした釣り具を持って一緒に釣りに・・・って違いますっ!!///」




明久
「これ 普通に地図として使えるんだね・・・」


転送ボックスマップを 紙の地図の代わりに使う明久。


明久
「とりあえず どこに来るかヤマを張っておこう・・・」

























ハンターKR
「・・・・・・」


明久
「!! ヤバい いたいた・・・」


前方に ハンターの背中を発見・・・




明久
「危なかった・・・ハンターの位置までは教えてくれないんだった・・・」


アイテムを持っていても 過信すると思わぬ形で危機に陥りやすいものだ。





なお
「すっかり忘れてたけど まだお化けが出る可能性も残ってるんだよね・・・」


お化け嫌いのなお。
ここに来て 前回のラビリンス編で登場した幽霊の存在が頭をよぎった・・・


なお
「ミッションの前に 誰かと合流しときたいな・・・さっきのスイレンちゃんを止めとけば・・・」




ほまれ
「今1人になるの マジで無理かも・・・」


同じく お化けの可能性に怯えるほまれ・・・


ほまれ
「パートナーの復活もかかってることだし 1人よりかは2人でいた方が・・・」
















「おっ また会ったな!」


ほまれ
「輝さん! よかった・・・」


こちらは グッドタイミングで輝と合流・・・




ほまれ
「しばらく 2人で見張り合わないですか?」



「そうだな! 最後のミッションも2人同時に何かするタイプかもしれないしな」


ほまれ
(これで 少しは安心かな・・・)


最後のミッションに向け 態勢を整える・・・




倉橋
「ん? あそこに誰かいるよ?」


ジャスダーク
「あれは・・・」


倉橋・ジャスダークペアが見つけたのは・・・















警備員
「ほら 事務室に行くぞ!」


雛子
「うぅ・・・」


警備員に連れていかれている最中の 雛子だ・・・




ジャスダーク
「あれって・・・雛子!?」


倉橋
「あー 警備員さんに捕まっちゃったんだ・・・」


ジャスダーク
「一体なぜ・・・誰かがバラしたりしたのか・・・?」




赤司
「警備員は 彼女を捕まえられたのだろうか・・・」←バラした人


残り時間 32:20
逃走者 残り10人

天使組(○=復活の権利あり)

(〇ドラえもん)×輝木ほまれ (〇櫻木真乃)×スイレン 〇倉橋陽菜乃×ジャスダーク


悪魔組

DDデビル(21:18で本戦進出) 赤司征十郎(14:25で本戦進出)


ペア未結成&解消

獄原ゴン太 天道輝 緑川なお 吉井明久

Re: 逃走中マスターライジング〜GhostMemory〜 ( No.89 )
日時: 2019/03/24 22:24
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

キラやば〜っ☆ごきげんようです!
おいラッキー星座!ふたご座はいつ出るんだ!(マジになるなよ)

プリキュアの感想をキャラごとに雑めに!

まどか
・弓矢は素早く連射できるし武道もできるので接近戦も得意という
まさに戦闘では非の打ち所が無いですね!
ただ「ダサくない!」の所で1人だけファイティングポーズ取っててちょっとワロタw
・違う色を足すアイデアを出すところの所の純粋そうな笑顔……良い!
・とりあえず詳しくは言えませんが無重力になった時一番ヤバそうな人ですね…グフフ(最低)
・「小さいけど」素敵な部屋…素でこういう事いっちゃう不思議フレンズなんだね!(けもフレか)

ひかる
・そうじルックがなかなか板についてて可愛いし「掃除も大切な仕事」って素で言えるのはエライ。
ただ「レレレのおじさん」じゃねーかww
・オチ担当ははるはるもはなも歴代ピンクがみんな通ってきた道だよねぇ…!としみじみ

ララ
・「これは私たちのロケットルン!」にちょっと感動した。
ララにとってひかる達が「自分のものをみんなで共有しよう」って考えられる相手になったんだねぇ
・作業初めてまっさきにおねむになるあたり、やっぱ子供なんじゃないの〜?(煽り)

えれな
・体力キャラなのでやはり1人圧倒的に酷使されてましたが、それでも何一つ文句を言わず
やっぱ大家族のお姉ちゃんってすごい!尊敬できますわぁ…!
・「見せてよ」のイケメンスマイル。やっぱりまどかと対になってるとこあるねえ
・「サマーンではAIが教えてくれるから試験がない」に対し「ちょっと羨ましいかも」発言
これは先輩キャラ史上初の勉強苦手キャラ疑惑がかかってます。
・次回でペンを入手するフラグが立ってますね。


ララが自分のロケットをみんなのものと認めるシーンも良かったけど
AIが「データ更新」でひかるの事を認めていくのもまた良いと思いましたね。

Hugプリで社会的な要素をどんどん出してった結果
ものすごい社会現象になって反響が強くなりすぎてその対応も大変だったから
スタプリは「冒険」を前面に出した純粋な子供向けアニメ路線にしたんじゃないかな…
と個人的に邪推してるんですけど
その中でもルールーやアンリで描いた「AI」と「多様性」はスタプリにも受け継がせたかったのがよく分かります。

よく大人たちが「将来人間は意志を持ったAIに操られる」とか恐れてるのを聞くけど
こうして「AIが人間の1人1人の良い所を認めるように成長してくれる」ようになれば
これこそが「理想のAI社会」の形だよねぇ…うん(真面目か)


次回からいよいよスタプリの核となる異星での冒険がスタートです!
ところでララはいつ苗字をもらって家族公認になって入学するのかなあ。それが気になってきたぞ


さて!

ウボァー 早苗教祖がぁぁぁぁぁぁぁ捕まったぁぁぁ!!
せっかくの倉橋さんの努力が水の泡となってしまった………
そしてカラ松、まさかの金蹴り…ここでも災難を被ってしまったか…

そんなカラ松も、ドラえもんも、プリキュアも
怒涛の宣伝ラッシュに思わずワロタw
3月は映画の季節じゃのう。

一方ハンターに見つかり網鉄砲を失いゴン太を諦めたデビルさん
このアクシデントをカバーできるのか。
赤司の方は余裕で時間まで行けそうな雰囲気はあるけど…まあ、油断は禁物かな?

そしてラストゲームの明久はやはりゴッドな雰囲気が出てきましたね!
ただ 「浮き足立つ」は慌てて地に足がつかないという意味だぞw

というわけでそれでは!

Re: 逃走中マスターライジング〜GhostMemory〜 ( No.90 )
日時: 2019/03/24 23:00
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


To.オーロラさん
最後に双子座が出たの 第1話だったっけな・・・
それを言ったら 射手座も2話以来一度も来てないぞコノヤロー(だからマジになるなって)

スタープリンセスが復活する日にはその星座がラッキー星座の中に入ってる説も
獅子座の時には入ってなかったからな・・・
逆に言うと あの占いがヤラセなしのガチだってことですね。
ちなみに7話のラッキーアイテムは映画、ポップコーン、ライトでした。
もはや隠す気もないダイマでワロタw


というわけで 7話の感想です!

今作はプリキュアごとに戦闘での得意分野がはっきりしているのが良いですね。
スターは一撃の威力が高く ミルキーは範囲攻撃で一網打尽に出来て
ソレイユは華麗な身のこなしを武器にして セレーネは飛び道具と接近戦のオールマイティって感じで。

まどかは秘密基地づくりは体験したことないですから 初めての体験にウキウキしてるのが伺えます。
家では言いたいことが中々言えない分 ひかる達と一緒になって意見を出す姿に新鮮味を感じました。

ぼかしているので何かは分かりませんが きっと素敵な物をお持ちなんでしょうねぇ。
給料だけもらって 視聴者が求めてるものを映さない無能カメラマンはクビです(勝手に決めんな)

そして さりげなく同級生をディスっていくまどかさんw
天然ポンコツ枠の道まっしぐらでございますw


ピンクは安心と信頼のオチ担当!
蟹股になるなど女子力は低いけど ネタ力の高さは間違いなしです。
掃除に専念しなくても 誰かの手伝いをするだけでも大分違ったと思うのだが。
AIがひかるの予測不能な部分を危惧して 一番危険性の低い役目を回したのでしょうかね。
要約「修理の邪魔をするな」って感じで。

これまでの触れ合いでひかる達との仲間意識が芽生えた点もですが
データ厨だったララが自主性に目覚めたのも 今回で成長した部分の一つですね。
まどか同様 本当の自主性に目覚めるのはまだ先になりそうですが
兆しが見えただけでも 十分なところです。

ただ 単純作業であっさり寝たのを見る限り またも大人と見るには未熟な部分が明るみに出ましたね。
どおりで5話ほどかかっても修理が終わらなかったわけだ(ぇ


1人だけ作業量が他と段違いだった気もするえれなですが
4時間ぶっ続けで運搬を行えたのも大したもんです。
どうでもいいけど あの資材どこから持ってきたんだろうか。

えれなのスマイルは本当に明るく爽やかで 観星中の太陽の名は伊達ではないですねぇ。
これで堕ちない人がいるだろうか。いや、いない(反語)

試験がない生活を羨ましがるのは 大体の人間が思うところではありますが
えれなの場合 きょうだいの世話で忙しくて勉強の時間が取れないのかもしれませんね。
あの運動神経を持って勉強もトップクラスだったら 流石に付け入る隙がないので
とりあえず人並みか それよりちょっと下だと予想してみる。

あと 一人部屋に浮かれているところが良かったですね。
きょうだいが多いから相部屋なんだろうなと分かります。

次回はえれなが主役の回になりそうですね やったぜ!
というか 結構早いペースでペンが集まってるなぁ。


今回はまさに今作のテーマである「空想の力」がいかに素晴らしいか伝える回でしたね。
どうあがいても現実はつまらないものであることに変わりはないのですが
そこに夢や空想といったエッセンスを加えることで つまらない現実を変えられるってことですね。
この自由さが理解できない以上 AIもまだまだといったところですが
今後 ルールーと同じように人間のことをより学習してくれるようになっていけるか 注目です。

HUGプリは描写が残酷だったというか 幼児向けには超ハードなシナリオが続いたのは分かりますね。
スタプリではよりポップにして 幼児にも分かりやすい形で伝えている感じがします。
新しいメッセージを押し出していきながらも これまでに積み重ねたものも次作でフォローして
そうやって15年間紡いできたプリキュアの物語には 感慨深い重みがありますね。

ロケットも完成し いよいよスタプリが本格始動ですね!
今後はまほプリ同様 地球と星空界を行き来する形になりそうですね。

ララの学校入学は 宇宙法のお陰で歴代異世界人の中でもかなりハードかもしれませんね。
クラスで浮いた存在になってしまわぬか心配です(親御さんか)


さて

倉橋さんのエネルギー補給も空しく 早苗がここで確保です・・・
モチベーションも上げてさあこれからだって時だったのですが 悔しい脱落となってしまいました。
牢獄では暴徒と化しており ウラノス社が来る前にゲームの崩壊が危ぶまれてますw
主にカラ松がその犠牲となっております。

同じく牢獄で 丁度同タイミングということで3作一気に宣伝させていただきましたw
こんなこと言うと失礼ですが ドラえもんが捕まってくれてラッキー!ってなってしまいましたw
あと おそ松さんの映画 ちょっと見たいと思ってるんですよね。

体力のあるゴン太に網鉄砲を取って来てもらったはいいものの
早くもその網鉄砲を失ってしまったDDデビルさん。
予選免除に暗雲が立ち込める中 ここでゴン太を切り捨てるという判断を取りました。
最後のミッションに合わせて新たな策を展開したいですが 残り10分を逃げ切れるか。
そして 赤司もここまで悠々とハンターをかわし続けてはいますが
逃走中は何があるか最後まで分からないので もしかしたらもしかするかもしれません。

最多出場の明久は ラストゲームで再び奇跡的なツキが回ってきました!
しかし キング・オブ・バカに浮き足立つの本当の意味など分かるはずがなかったということで・・・
それでも 大逆転劇に期待がかかります!

残る10人の中から この予選を超えるのは誰か!? また次回!

その39 ( No.91 )
日時: 2019/03/25 23:33
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw

===========

その頃・・・



悠之介
「くそっ どこへ行った・・・!」


悠之介が 取り逃がした雛子を探していた・・・





悠之介
「なんでだ・・・なんで誰も俺のことを愛してくれないんだ・・・」




悠之介
「そうか・・・みんな 他に大切なものがあるからいけないんだ・・・
 俺の家族もそうだ・・・仕事があるから 俺よりも仕事を取ったんだ・・・」




悠之介
「だったら・・・全部 消してやる・・・
 あいつの俺以外に大切なものなんか・・・全部 なくなってしまえばいいんだ!!」カッ!





ゴゴゴゴゴゴ・・・


悠之介
「うおおおおおおおおお!!」


悠之介の身体が 黒く禍々しく変貌していく・・・










警備員
「どうして 閉店時間なのにこの店に入ったのかな?」


雛子
「だ、だって 幽霊がここに来いって・・・」


警備員
「何を言ってるんだ? 幽霊なんかもういないんだよ」


一方 警備員に問い詰められながら事務室に連れていかれている 雛子・・・



雛子
「い、いたんだって! 幽霊は本当に・・・」


警備員
「とにかく 君の親に連絡させてもらうからな」















「・・・つけた」


警備員
「ん? もう一人いたのか・・・?」


雛子
「だ、誰・・・・・・!!?」









悠之介
「み・い・つ・け・た・・・!」


警備員
「な、なんだこいつは!?」


雛子
「あ、あれって・・・悠之介!?」


そこには 巨大な影のようなものに覆われた悠之介の姿が・・・




悠之介
「探したよ 雛子ちゃん・・・さあ 俺と一緒に・・・」


警備員
「何をやってるんだ君は! 大人しくしないと・・・」


悠之介
「ちっ・・・邪魔をするな!」ゴオオオ・・・




警備員
「うっ・・・うわああああああ!!」ゴオオオオオ・・・


悠之介に捕まった警備員は そのまま悠之介の大きな身体の中へと消えていった・・・




雛子
「ひいっ・・・!」


悠之介
「邪魔な奴は俺がみんな消してあげるよ・・・だから 一緒に・・・」


雛子
「い、いやだあああ!!」ダッ!


悠之介
「あっ、待て! もう逃がさないぞ!」


一目散に逃げだした 雛子!




雛子
「なんなの・・・!? 俺のものだとか言い出したかと思えば あんな化け物になって・・・!」






















ドンッ!


雛子
「ぶっ!!?」


建造主
「あいたっ!!?」


霊媒師
「あらら・・・大丈夫?」


無我夢中で逃げるうちに 建造主と軽くぶつかった・・・




建造主
「もう閉店の時間のはずなんだが・・・」


雛子
「うっ・・・ごめんなさーい・・・」


霊媒師
「あなた 泣きじゃくりながら走ってきたけれど・・・何かあったの?」


雛子
「ゆ、幽霊が 化け物になって・・・」










悠之介
「!! いた!」


雛子
「あぁ! あれだよ!」


建造主
「なんて大きさだ・・・飲み込まれたら一たまりもないぞ!」


霊媒師
「仕方ないわ・・・清めの聖水!」ビシャアッ!




悠之介
「ぐわっ!?」シュウウウウ・・・


霊媒師
「今のうちに行きましょう!」


雛子
「う、うん!」






















そして ショッピングモールの出入口まで逃げてきた一同・・・


雛子
「はぁ、はぁ・・・」


建造主
「ここまで逃げれば 大丈夫じゃな・・・」


霊媒師
「でも あれを放っておくわけにはいかないわ・・・」


雛子
「どうするって言うの・・・?」




霊媒師
「私がこの建物ごと結界で包み込むから 聖水で時間稼ぎしていてくれる?」


建造主
「わ、分かった! このショッピングモールと お客様のためならば!」





雛子
「わ・・・私もやる!」


霊媒師
「あなたは逃げなさい・・・子供には危険だわ」


雛子
「だ、だって・・・あいつを助けたいんだもん!」


建造主
「助ける!? 奴は君のことを襲ったのだぞ!?」




雛子
「確かに やってることは許されない事だよ・・・だけど!
 家族に愛されない私のことを慰めてくれた気持ちだけは 嘘じゃないから!」




霊媒師
「・・・私も 彼は最初から救済するつもりでいたわ
 あなたも同じだけの想いがあるならば 協力を認めてあげる・・・気を付けてね」


建造主
「さあ 行くぞ!」


雛子
「うん!」


かくして 悠之介を浄化させる作戦が始まった!











悠之介
「どうすれば・・・雛子は俺に近づいてくれるんだ・・・」


その頃 悠之介は・・・


悠之介
「そうだ・・・あいつが嫌いなお母さんを 消してしまえば・・・!」


そう言うと ショッピングモールの外へ向かって動き出した・・・
















更にその頃・・・


柴乃
「雛子ったら こんな夜遅くに抜け出して!」


雛子がいないことに気づいた母・柴乃が ショッピングモールに向かっていた・・・




















そして 司令室では・・・


ビート
「それでは Cブロック最後のミッションです!」ピッ!


ゲームマスターが ミッションを発動!





ヒュン!


通報者×10
「・・・・・・」


エリアに通報者が入った檻が出現!
更に その横の出入口に センサーが設置された!



ヒュン!


そして エリア内7カ所に スイッチが出現した!

===========




【32:10】


赤司
「メール・・・最後のミッションだろう」




ジャスダーク
「『ミッションB、エリアに現れた幽霊が ショッピングモール外に向かって進行している』幽霊!?」


倉橋
「『幽霊が目指す出口には センサーが設置されており、
  残り23分に通過すると同時に 10体の通報者が投入される』それは大変だね・・・」





「『阻止するには エリア7カ所に設置されたスイッチを全て押し
  センサー前の出入口を封鎖しなければならない』」


ゴン太
「『ただし スイッチはナンバリングされており 1から順番に押していかなければならない』」




スイレン
「『なお エリアにいる雛子と建造主の2人から 聖水を貰うことも出来る』」


明久
「『聖水を幽霊にかければ 3分間足止めをすることが可能だ』
 これはミッションクリアのためにはほぼ必須だね・・・」


逃走者達は 悠之介を止めることが出来るのか・・・!?















なお
「」


スタッフ
「もしもし なおさん・・・?」




ほまれ
「」


スタッフ
「だ、大丈夫ですか・・・?」


残り時間 31:50
逃走者 残り10人

天使組(○=復活の権利あり)

(〇ドラえもん)×輝木ほまれ (〇櫻木真乃)×スイレン 〇倉橋陽菜乃×ジャスダーク


悪魔組

DDデビル(21:18で本戦進出) 赤司征十郎(14:25で本戦進出)


ペア未結成&解消

獄原ゴン太 天道輝 緑川なお 吉井明久

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。