二次創作小説(旧・映像)

ギリギリ有名人が逃走中
日時: 2019/03/01 23:32
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

逃走中だが、逃走中でないゲーム・・・

一番大きく違うのが、ハンターは存在せず、プレイヤー自身がハンターとなって行うゲーム!!

そして肝心の逃走者は・・・

顔は見たことあるけど名前はうろ覚えのギリギリ有名人!
そのギリギリ有名人のフルネームを答えれば確保となり、最も多くの逃走者を確保したハンターが勝利となるのが、このルール!!

そして、全員のギリギリ有名人を確保するまでゲームは終わらない・・・!


そんな過酷なゲームに挑むのは10人の女性ハンター達!
果たして、より多くのギリギリ有名人を確保するのは誰だ! そして、ゲームはいつ終わるのか!!


[ハンター]
赤座あかり (ゆるゆり)
鴨居つばめ (うちのメイドがウザすぎる)
司波深雪 (魔法科高校の劣等生)
涼風青葉 (NEWGAME!)
西住みほ (ガールズ&パンツァー)
本田珠輝 (ステラのまほう)
御坂美琴 (とある科学の超電磁砲)
宮藤芳佳 (ストライクウィッチーズ)
萌田薫子 (こみっくがーるず)
結城明日奈 (ソードアート・オンライン)
(50音順)



{注意}

この作品に出てくるギリギリ有名人は、有名作品のメインキャラ以外や今の小学生は知らなそうな作品の2種類の基準を元に骨眼鏡の偏見と判断で決めています
なので、読む人によっては、物凄くファンだとか好きなキャラが出てくるかもしれませんので、そこの辺りは悪しからず

既に見たことある作品を別の視点からの注目や、昔の作品のキャラを懐かしむ、そして知らない作品を知るきっかけになれば幸いです

そして、この小説は読んでる人にも楽しめるようなクイズ形式でもあるので、コメントの際は答えの名前を書かないで頂けるとありがたいです (答えさえ書かなければヒントとなる情報はOKです)

そして、ギリギリまで考えたい人は小説をゆっくりと下にスライドして読むことを推奨します


ご理解の方をお願い申し上げます

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: ギリギリ有名人が逃走中 ( No.28 )
日時: 2019/05/06 22:56
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

ピンクのカチューシャの男性
「・・・・・」


青葉
「絶対、パンの人だよ・・・」



パン職人を狙う青葉・・・






芳佳
「うわ〜人だらけだ〜!」



その近くに芳佳・・・



青葉
「うわっ、芳佳ちゃん入ってきた・・・取られちゃうよ・・・」




芳佳
「どこかにはいるよね絶対・・・」





青葉
「・・・! 思い出した!!」 ダッ



ピンクのカチューシャの男性
「・・・やっべ!!」 ダッ



土壇場で思い出した!!




芳佳
「あれ!? 今走った!?」



芳佳もピンクカチューシャ男に迫る!





青葉
「やばい!そっち!お願い取らないで!!」



芳佳
「えっと、誰だっけ・・・!」




ピンクのカチューシャの男性
「くっ・・・・・」 タッタッタッ






白と紫のドレスの少女
「・・・いけない!」 ダッ



青葉・芳佳
「「えっ!?」」


2人のハンターの接近に焦ったのか、気づかれてもいないギリギリ有名人も逃走した!





芳佳
「どういうこと!? えっ!? こ、こっち!?」


青葉
「何!?何!?何!?」



困惑した青葉と芳佳・・・




青葉
「ちょっ!待って!!」



ピンクのカチューシャの男性
「まだ追ってくるか!!」


青葉は引き続きピンクカチューシャの男を・・・




白と紫のドレスの少女
「ハァ・・・ハァ・・・」


芳佳
「誰!? でも後ろ姿見覚えある!!」


芳佳は白と紫のドレスの少女を追うことに!




ピンクのカチューシャの男性
「やばい、スタミナが・・・」



青葉
「というか・・・何気に速い・・・!」



鈍足ながら狙い撃つ青葉・・・!






深雪
「あれ?誰でしょうか・・・?」



しかし、その先に深雪・・・!





ピンクのカチューシャの男性
「ハァ・・・ハァ・・・室内はダメだ!」



青葉
「やばい、外に出ちゃう・・・!あっ!!」




深雪
「はい!」


ポン

ピンクのカチューシャの男性
「うわっ!! 捕まった!!」



青葉
「ハァ・・・ハァ・・・深雪ちゃん・・・!」



深雪
「とりあえず捕まえましたけど・・・見たことありますね・・・」



ピンクのカチューシャの男性
「ハァ・・・ハァ・・・」



深雪
「確かパン作る人だったはず・・・」



呼吸が整っていないこのパン職人
答えられるか・・・?








深雪
「あなたは、"ひがしかずま"さんですか?」







ピンクのカチューシャの男性
「ハァ・・・ハァ・・・違います!」


深雪
「えっ、違いました!?」


深雪 1分間行動停止




青葉
「チャンス! はい!」 ポン


ピンクのカチューシャの男性
「うわっ! 逃げさせてくれよ!!」






青葉
「あなたは"あずまかずま"さん・・・ですね!」








東和馬
「・・・あぁ!その通りだ!」



青葉
「ハァ・・・ハァ・・・やったー!」


深雪
「悔しいですね・・・苗字・・・!」



東和真 確保
残り13人



深雪
「あずまですね・・・;字は当たってたんですけど・・・;」


和真
「室内で追い回して、2回も挟み撃ちっておかしくないか!?」


青葉
「いや、そういうゲームですし、そうでもしないと捕まえられませんし・・・」



青葉が和真を確保した・・・
その頃・・・




芳佳
「よしよし! 追いつける!!」



白と紫のドレスの少女
「ハァ・・・ハァ・・・」



もう一人のギリギリ有名人を芳佳が追い詰めていた・・・!





芳佳
「あと少し・・・!はいっ!」


ポン

白と紫のドレスの少女
「捕まってしまいました・・・」



芳佳
「まずは顔を見ないと・・・ん!?」


白と紫のドレスの少女
「・・・?」


芳佳
「あっ、おっぱい大きい・・・わかった!! キルミンズだ!キルミンズのお姉ちゃんだよ!」



白と紫のドレスの少女
「・・・」



このおっとりとした巨乳の美少女、皆さん覚えているだろうか・・・?











御子神三姉妹の長女で神浜キルミンズのメンバーの一人
キルミンで犬の姿に変身することができるあの少女だ・・・!






芳佳
「あなたの名前は・・・"みこがみなぎさ"ちゃんだよね?!」








御子神ナギサ
「正解です!」


芳佳
「やった!当たってたー!!」


御子神ナギサ 確保
残り12人




ナギサ
「ねぇ、もしかして逃げるまで気付いてなかった?」


芳佳
「正直、今顔とおっぱい見てわかりました」


ナギサ
「うわ〜逃げなきゃ良かった〜!」





ピリリリ ピリリリ


みほ
「あれ?2通も来てます・・・[青葉が東和馬を確保] え、東和馬さんってあのパン職人? えー・・・」

つばめ
「[芳佳が御子神ナギサを確保] キルミンずぅですか! 女児アニメ作品は抑えておきたかったですね・・・!」


珠輝
「このゲームって同時確保ってあるんですね・・・」


あかり
「何であかりだけ捕まえられないの〜〜〜!!」



1確保だった青葉と芳佳がそれぞれほぼ同時に確保し、2人確保のハンターが4人となった・・・
残るギリギリ有名人は1/3の12人・・・!



現在トップ
美琴:4人 確保

アスナ・かおす・珠輝・つばめ:3人 確保

深雪・みほ・青葉・芳佳:2人 確保


ギリギリ有名人
残り12人

Re: ギリギリ有名人が逃走中 ( No.29 )
日時: 2019/05/08 23:13
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

アスナ
「ちょっと見つからなくなってきてるね・・・それくらい難易度上がってるってことかな?」


アスナもレストランエリアへとやってきた・・・




アスナ
「人凄いな・・・どっかにいるのかな〜?」


先程、このレストランで2人のギリギリ有名人が発見されたが、まだいる・・・!




アスナ
「何かあそこの会話しているグループ気になるな・・・」



丸テーブルを囲うようち会話する女性グループに近づく・・・






アスナ
「・・・居た、何か白い軍服みたいなの来てる女の人・・・」



軍服の女性
「でね、それがさ・・・(周りの人と話してる」


目を付けたのは軍服らしき物を着た女性・・・



アスナ
「絶対そうだ・・・あの人ウィッチの人だよ・・・」



軍服の女性
「それは違うと思うけど・・・」



そうこの女性も何度もハンターの前に姿を現していたが気づかれなかったギリギリ有名人・・・





アスナ
「確か・・・何とかの貴婦人っていう通り名があったと思うんだけど・・・」



そう、この女性は・・・





第504統合戦闘航空団"アルダーウィッチーズ"の大尉であり、通称は「リバウの貴婦人」
坂本美緒とは同期であり共に欧州で戦い抜いたあのウィッチだ・・・!





アスナ
「・・・よし、行こう!」


確信を得て確保へ向かう・・・!





軍服の女性
「・・・!」 ダッ



アスナ
「逃げた! やっぱり!!」






軍服の女性
「・・・!」 タッタッタッ




アスナ
「流石ウィッチ・・・速い・・・! 」


軍人に食らいつくアスナ・・・!





軍服の女性
「・・・あっ!」


アスナ
「でもここは狭い室内!!壁際に追い込めばいける!!」



うまく壁際に追い込んだ!!






軍服の女性
「・・・くっ・・・!」 ダッ



追い詰められた軍服の女性、アスナをかわそうとする・・・!




アスナ
「見切った!!」



しかし、先回り!!






アスナ
「はいっ!!」 ポン





軍服の女性
「捕まった・・・」



そして、捕らえた・・・!





アスナ
「よし! ちゃんと顔見て思い出した!」


軍服の女性
「ハァ・・・ハァ・・・」






アスナ
「あなたは、"たけいじゅんこ"さんですね!」










竹井醇子
「・・・はい、そうです」




アスナ
「オッケーーー!! 当たったーーー!!」




竹井醇子 確保
残り11人



アスナ
「あれ?芳佳ちゃんとは会いましたか?」


醇子
「同じ扶桑出身で一緒に戦ったことあるんだけどね・・・宮藤さん、私の真横通ったのに気付いて貰えなかったのよ;」


アスナ
「あー;それは・・・;」



ピリリリ ピリリリ

みほ
「[アスナが竹井醇子を確保] えー、竹井醇子さん・・・」


芳佳
「えっ!? 竹井さん・・・!? えっ、やばい!!やばい!!」






アスナ
「あっ、いた芳佳ちゃん」


醇子
「ちょっと宮藤さん酷くない!?」

芳佳
「あー!!竹井さんすみません!!すみません!!」


扶桑の上司的存在に気づかなかった芳佳、ひたすら平謝り・・・




つばめ
「異世界の軍人・・・ちょっと会ってみたかった気もしますが、それとこれとは別ですね、今は探さないと・・・」



3人確保で同率3位のつばめ・・・





つばめ
「狙うは幼女ですけど、流石にもう居ませんかね・・・」



幼女ハンターも可能性を絞る・・・





かおす
「もう大分終盤まで来てますよね・・・? あばば、油断してたら負けそうです・・・」

こちらも3人確保のかおす・・・




かおす
「でも、一通りは見たと思うんですけど・・・それほど見落としてるってことですよね・・・」


そう、見落としてる・・・





かおす
「これはもしかしたら長期戦になるかもしれないですよ・・・ん?あれ?」




しかし、裏を返せば、よく見ればいる・・・!




ノースリーブスの女性
「・・・・・」




かおす
「あの綺麗な女性・・・あの人じゃないですか?」



目を付けたのはこのノースリーブスの女性・・・




かおす
「ゆのさんの学校・・・やまぶき高校の卒業生違いますか?」



そうこちらの女性は・・・






やまぶき高校の卒業生であり、吉野屋先生の元教え子
美術大学を卒業後は映画監督を目指しているあの女性だ・・・!




ひだまりスケッチで唯一フルネームが存在するこのギリギリ有名人
皆さん、覚えているだろうか・・・!



現在トップ
美琴・アスナ:4人 確保

かおす・珠輝・つばめ:3人 確保

深雪・みほ・青葉・芳佳:2人 確保


ギリギリ有名人
残り11人

Re: ギリギリ有名人が逃走中 ( No.30 )
日時: 2019/05/10 23:00
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

ノースリーブスの女性
「・・・」


かおす
「確かその筈なんですけど・・・」




ギリギリ有名人を見つけたかおす・・・




かおす
「フルネームが出ないです・・・」




ノースリーブスの女性
「・・・!」 ダッ



かおす
「あぁ!? 逃げました!!」



かおすが思い出す前に逃走・・・!





かおす
「あぁ〜! 待ってください〜〜〜!!」






ノースリーブスの女性
「・・・」 タッタッタッ








かおす
「あれ!? どこ行きました!?」


逃げられてしまった・・・




かおす
「見失いました〜・・・でも、名前なんでしたっけ・・・」


見つけ出したとしても肝心の名前を思い出さなきゃ意味が無い・・・




美琴
「アスナさんに追いつかれたわね・・・結構僅差な戦いになりそうね・・・」



現在、アスナと共に同率1位で並ぶ美琴・・・




美琴
「あっ、見つけたわ・・・あの日焼けした男・・・!」





小麦の肌に金髪の少年
「・・・・・」



美琴が見つけたのは、先程からハンターを撒きまくっている俊足少年・・・!





美琴
「確か陸上部の人よね・・・捕まえに行くわ!!」


確保へ向かう!




小麦の肌に金髪の少年
「・・・!マズイ!!」 ダッ



美琴
「やっぱ逃げた!! 待ちなさい!こらぁ!!」



今度こそ捕えられるか・・・!




美琴
「待ちなさい!!」



小麦の肌に金髪の少年
「・・・!」 タッタッタッ



美琴
「ちょっ!!やっぱり速っ!!」




が、ぐんぐんと距離が離れていく・・・




美琴
「ハァ・・・ハァ・・・ちょっと、無理よ・・・!!」



撃沈・・・



美琴
「あのさ・・・ギリギリ有名人側で足速い人呼んじゃダメでしょ・・・! 捕まえられないわよ・・・!」


LEVEL5の足でも追いつかなかった・・・





珠輝
「もう簡単には見つからないのかな〜?」


本田珠輝も懸命にギリギリ有名人を探す・・・




珠輝
「・・・ん?あれ?」


その懸命さに応えたのか・・・




珠輝
「あの人・・・ゆのさんの先輩じゃないですか?」



ノースリーブスの女性
「・・・」


珠輝が見つけたのは、先程かおすが逃がしたノースリーブスの女性だ・・・




珠輝
「そうだ・・・そうだよ・・・裏新宿の狼って作品で賞貰った人ですよ・・・」



情報は全て思い出したようだ・・・





ノースリーブスの女性
「・・・」



珠輝
「・・・こっちには気付いていない? もしかしたらチャンスかも」



ギリギリ有名人は珠輝に気付いていない・・・!
慎重に近づく・・・




珠輝
「こっそりと・・・」



ノースリーブスの女性
「・・・」




珠輝
「もう少し・・・はいっ!」



ノースリーブスの女性
「あっ!!」 ポン



珠輝
「よしっ! 捕まえました!」


ノースリーブスの女性
「嘘・・・気づかなかった・・・」






珠輝
「あなたのお名前は・・・"きしまいこ"さんですね?」








岸麻衣子
「ええ、正解です!」


珠輝
「やったーー! ご無沙汰してます!!」



岸麻衣子 確保
残り10人




珠輝
「今も映画監督目指してるんですよね?」


麻衣子
「えぇ、もちろん!」


珠輝
「やっぱり大きな夢持ってる人って凄いですよね・・・ゆのさんが憧れるのもわかります」

麻衣子
「あの子・・・また会いたいね・・・」




ピリリリ ピリリリ


青葉
「確保情報・・・[珠輝が岸麻衣子を確保、残るギリギリ有名人は10人] 麻衣子さん!居たの!?」


かおす
「岸麻衣子さんだ! 岸麻衣子さんですよ!! 何で出てこなかったんですか!!」


みほ
「あと10人です・・・いよいよ終わりが見えてきました」




珠輝が岸麻衣子を確保し、同率トップに並んだ!


そして、ついに残るギリギリ有名人は10人となり、難問揃いの終盤戦へ・・・


現在トップ
美琴・アスナ・珠輝:4人 確保

かおす・つばめ:3人 確保

深雪・みほ・青葉・芳佳:2人 確保


ギリギリ有名人
残り10人

Re: ギリギリ有名人が逃走中 ( No.31 )
日時: 2019/05/15 23:30
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

かおす
「気づいたらあと10人ですか・・・油断できませんよね」


残るギリギリ有名人は10人となり、いよいよ佳境へと差し掛かった・・・




かおす
「でも10人・・・何処にいるんでしょうか・・・?」



そんなかおすの近くに・・・






ボブカットの少女
「・・・・・」


先程、珠輝が答えられなかったあの少女・・・!
またガチャガチャの前にいる・・・!




かおす
「あっ・・・あっ!わかった気がします! たぶん、私と同じ分類の人ですよね・・・!!」





かおす
「よし、ここは気付かないフリをして・・・」


不意打ちで捕まえられるか・・・!





ボブカットの少女
「まだ出ないな・・・」



かおす
「・・・・・」



ボブカットの少女
「これもう4個持ってるよ・・・」



かおす
「はいっ!」 ポン




ボブカットの少女
「!?」



かおす
「よし! 捕まえました! これ自信あります!」



ボブカットの少女
「えー・・・」






かおす
「あなたのお名前は、"ひぐらしかな"さんです!」















日暮香奈
「はい、その通りです!」



かおす
「やった! やりました〜〜〜!!」




日暮香奈 確保
残り9人



ピリリリ ピリリリ


つばめ
「[かおすが日暮香奈を確保] あの人も中々やりますね・・・」


珠輝
「そうだ・・・日暮香奈ちゃんだ・・・出てこなかった〜・・・」


青葉
「あー、オタクの子ですよね・・・今頃かおすちゃんと話し込んでるだろうな・・・」




かおす
「やっぱり、"まじょっ子ぷりずむ"の最大の見せ場はあの変身シーンですよね!」

香奈
「そう! そうなの! やっぱりあの瞬間はテンション上がるの!」

かおす
「わかります!わかります! そう言えば、さっき東京ミュウミュウも捕まえましたよ!」

香奈
「えっ、かおすちゃんが捕まえたの!? 居たのは知ってたけどやっと会えるんだ!」



魔法少女トークで盛り上がる2人・・・
これがかおすの強みである・・・




あかり
「何で捕まえられないのー!ねぇー!!」


ただ一人、未だに確保できていないあかり・・・





あかり
「もうこうなったら怪しい人と思わなくても目をつけるしかないよー!」


それが基本中の基本の常套手段だと言うことを彼女は知らない・・・





あかり
「例えば・・・あの男の子2人とか見てみようかな?」





黒いキャップの少年
「・・・」

黄色い髪の少年
「・・・」



そんな彼女が早速目をつけたのは二人組の少年・・・





あかり
「あれ? あの帽子の男の子・・・目を伏せた・・・?」



黒いキャップの少年
「・・・」


この少年が気になる様子・・・





あかり
「ちょっと顔ちゃんと見たいな〜・・・」



黒いキャップの少年
「・・・」


あかり
「もうちょっと・・・」



その時・・・















黄色い髪の少年
「・・・」 ダッ


あかり
「えっ?こっち!?」



隣にいた少年が逃げ出した・・・





あかり
「えぇー!あっちの子全然顔見てないよ〜!! というかあの子めっちゃ足速くない!?」


二分の一を外したあかり・・・



黄色い髪の少年
「・・・」 タッタッタッ



一方であかりから逃げ出した少年・・・






青葉
「あっ、誰か走ってる・・・」


深雪
「逃げてるってことはギリギリ有名人ですよね?」



その近くに青葉と深雪・・・!





黄色い髪の少年
「・・・!」 タッタッタッ




深雪
「・・・えーっと、見たことありますよ・・・」



深雪はいまいちピンと来ていない・・・





青葉
「・・・あれ? もしかして・・・」


しかし、青葉はぼんやりと思い出した・・・!





青葉
「なんだっけな・・・シンカリオンじゃなくて・・・あっ、そうだ!テンカイナイトだ!」




黄色い髪の少年
「・・・」


この少年、みなさん覚えているだろうか・・・?




青葉
「あと・・・メタ発言だけど言っていいのかな・・・? 声が、リゼちゃんや綾ちゃんと同じなんだよ!」




そう、この少年は・・・






蜂をモチーフとする戦士・ライデンドールとして惑星キューブで戦うテンカイナイトの1人
地球でも勉強や運動の他にもゲームでも才能がある小学生
そして、CVは種田梨沙のあの少年だ・・・!




現在トップ
美琴・アスナ・珠輝・かおす:4人 確保

つばめ:3人 確保

深雪・みほ・青葉・芳佳:2人 確保


ギリギリ有名人
残り9人

Re: ギリギリ有名人が逃走中 ( No.32 )
日時: 2019/05/17 23:10
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

青葉
「テンカイナイトだよあの子・・・足速いんだよな・・・」



黄色い髪の少年
「・・・」



青葉がギリギリ有名人を狙う・・・



青葉
「私の足じゃ絶対捕まえられないよ・・・どうしよう」


しかし、相手は俊足のギリギリ有名人・・・




青葉
「よし・・・ここに隠れてよう・・・」



茂みに隠れて隙を狙う・・・






黄色い髪の少年
「・・・・・」



青葉
「・・・こっち来た!」




黄色い髪の少年
「・・・・・」







青葉
「とうっ!」




黄色い髪の少年
「えっ・・・!?」 ポン




青葉
「やった!作戦成功ー!」



黄色い髪の少年
「ちょっと・・・大人げ無くないですか・・・」


青葉
「大人気なくても捕まえなきゃ答えられないもん!」



しかし、フルネームを答えなければ正解にはならない・・・!

答えられるか・・・





青葉
「キミの名前は・・・"はちすがちゅうき"くんだね!」












蜂須賀チュウキ
「うわ・・・正解です」



青葉
「やったーーー!!」



蜂須賀チュウキ 確保
残り8人



ピリリリ ピリリリ

かおす
「[青葉が蜂須賀チュウキを確保] テンカイナイトじゃないですか〜!」


アスナ
「そういう所からも出てくるんだ・・・」




青葉
「じゃあ、ここに入ってね〜だいぶ狭くなったな〜・・・」


チュウキ
「その分、ゲームも終わりが近いってことですよ」


青葉
「大人な発言だね・・・」





珠輝
「・・・ほら、また居ましたよ・・・」



珠輝の前に・・・



小麦の肌に金髪の少年
「・・・」



何度もハンターを振り切っている俊足ギリギリ有名人・・・!!




珠輝
「でも絶対そうなんだよ・・・捕まえに行かなきゃ!」




果敢に確保に向かう!




小麦の肌に金髪の少年
「・・・っ!」 ダッ




珠輝
「あっ、待って!!」



しかし、ギリギリ有名人も逃げる!





小麦の肌に金髪の少年
「ハァ・・・ハァ・・・」 タッタッタッ




珠輝
「やっぱ速いーーーーーー!!」



しかし、やはり距離は離される一方・・・!






アスナ
「あっ!走ってる!これは捕まえに行かなきゃ!!」




だが、その先にアスナ・・・!






つばめ
「おっ、これは横取りのチャンスですか?」




つばめ・・・!







青葉
「ん? 誰? 誰だ?」



更に護送を終えた青葉!




4人で俊足少年を包囲!!






珠輝
「アスナさん! つばめさん! 捕まえてーーー!!」




アスナ
「あっ、珠輝ちゃん? うん、わかった!!」




つばめ
「言われてなくても捕まえますよ!」






小麦の肌に金髪の少年
「うっ、やばい!!」





青葉
「うわっ! 速っ!!」





つばめ
「逃しません!!」



そして・・・








つばめ
「よしっ!タッチしましたよ!!」




小麦の肌に金髪の少年
「うわ〜・・・追いつかれた〜・・・」




ついに俊足少年を捕まえた・・・!








青葉
「・・・あっ! 陸上部の子じゃん!」


アスナ
「あー! 風丸の後輩だー!」


珠輝
「やっぱり皆さん、それはわかるんですよね・・・」



小麦の肌に金髪の少年
「ハァ・・・ハァ・・・」


つばめ
「これ当たってますか微妙ですわ・・・」









つばめ
「あなたは・・・"みやざわ・・・ゆうき"くん?」









小麦の肌に金髪の少年
「違います!!」


つばめ
「うわ〜間違えました・・・」



つばめ 1分間行動停止




珠輝
「はいっ!」 ポン


小麦の肌に金髪の少年
「うわっ!」






珠輝
「キミは・・・"みやさかりょうた"くん?」








小麦の肌に金髪の少年
「うーん、違います!」


珠輝
「あれ、自信あったけど・・・」





珠輝 1分間行動停止





アスナ
「私もそうだと思ったけど・・・はいっ!」 ポン


小麦の肌に金髪の少年
「・・・」




アスナ
「"みやたりゅうすけ"くん?」









小麦の肌に金髪の少年
「・・・違います!」




アスナ
「違うか〜・・・」



アスナ 1分間行動停止




青葉
「・・・はい!」 ポン


小麦の肌に金髪の少年
「・・・」




青葉
「いや、絶対"みや"なのは"みや"なんだよな〜・・・」




つばめ
「もはや逃げませんね・・・」


アスナ
「逃げるの諦めたね完全に」





青葉
「えっと・・・"みやさかりょう"くん!」














宮坂了
「はい! そうです!」




青葉
「あっ当たった!! うわー!やったーーー!!」


アスナ
「そうだー!しっくりくるーーー!!」


宮坂了 確保
残り7人



珠輝
「ていうか、ウチ惜しかったん!?」


宮坂
「"た"要らなかったです;」


アスナ
「というか、私もごっつぁん狙えたのか・・・何で取れなかったかな・・・」



青葉
「よーし! 連チャン確保ってポイント倍でしたっけ!?」


つばめ
「そんな制度ないです;」



ピリリリ ピリリリ


美琴
「[青葉が宮坂了を確保] さっきのー! てかよく捕まえましたね! めっちゃ速かったよ!」


深雪
「青葉さん連続確保・・・凄くないですか」


あかり
「手を組んでた時が遥か昔のようだよ〜・・・」




青葉が一気に追い上げ、何とトップが5人という波乱の展開となった・・・!


現在トップ
美琴・アスナ・珠輝・かおす・青葉:4人 確保

つばめ:3人 確保

深雪・みほ・芳佳:2人 確保


ギリギリ有名人
残り7人

Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。