二次創作小説(旧・映像)

逃走中マスターライジング〜PrinceMemory〜
日時: 2019/05/15 08:41
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw

逃走中マスターライジング Dブロックが開幕!
舞台となるのは「逃走中〜三色王国戦争〜」が行われた「とある王国」。
果たして20人の逃走者の内 本戦に進出するのは誰だ!?


〜Dブロック 逃走者〜
オーロラ(募集参加)
小野田坂道(弱虫ペダル)
各務原なでしこ(ゆるキャン△)
上条当麻(とある魔術の禁書目録)
神崎有希子(暗殺教室)
キラ星シエル(キラキラ☆プリキュアアラモード)
ギロロ伍長(ケロロ軍曹)
狛枝凪斗(スーパーダンガンロンパ2)
坂上あゆみ(プリキュアオールスターズシリーズ)
紫吹蘭(アイカツ!)
島村卯月(アイドルマスターシンデレラガールズ)
迅宗(募集参加)
戦場ヶ原ひたぎ(物語シリーズ)
高海千歌(ラブライブ!サンシャイン!!)
野々はな(HUGっと!プリキュア)
野原みさえ(クレヨンしんちゃん)
骨眼鏡(募集参加)
松風天馬(イナズマイレブンGO)
松野トド松(おそ松さん)
ルパン三世(ルパン三世)
(50音順・敬称略)


※今回はブロック毎に別々のスレで執筆します。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



その45 ( No.110 )
日時: 2019/08/16 07:53
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw

盗賊(ロゴ付き)
「・・・・・・」スタスタ


オーロラ
「ヤバい 巻き込まれそうで怖いな・・・」


オーロラに ネックレスを狙う盗賊が迫る!




オーロラ
「うーん こっちにはいないか・・・」




盗賊
「・・・・・・」

























オーロラ
「うん?」クルッ


盗賊
「・・・・・・」


オーロラ
「うおっ 来てたのか!?」サッ


間一髪 背後の盗賊に気づいた!




オーロラ
「危うくミッションが出来なくなるところだったぜ・・・」


盗賊
「・・・・・・」スタスタ


オーロラ
「とりあえず 今一番近いのはトド松のところだな・・・」


盗賊と距離を置き トラップを目指す・・・




天馬
「みんなミッションに動いているのかな・・・」


現在 逃走者全員がミッションに動いている。


天馬
「盗賊にネックレス盗られるのにも気を付けないと 作戦が難しくなるよ・・・」


重要なのは トラップ担当と盗賊担当のバランスだ・・・




ひたぎ
「あんなところにも盗賊が・・・確認してみましょう・・・」


盗賊
「「「・・・・・・」」」


死角にいた盗賊の集団を見つけたひたぎ。


ひたぎ
「背中にマークは・・・」


盗賊
「「「・・・・・・」」」


ひたぎ
「駄目ね いないわ」


しかし 残念ながら空振り・・・


ひたぎ
「見つけにくい場所にいたから 期待はしたのだけど・・・」


盗賊は簡単に見つからない場所にいることもあれば 案外分かりやすいところにいることもある・・・




あゆみ
「ハンターの方が来たら 逃げ切れない気がする・・・」


トラップ付近で待ち続けるあゆみ。


あゆみ
「あっ 誰か来てる・・・?」


そこへ 何者かが近づく・・・

























なでしこ
「あっ あゆみちゃん! おーい!」


盗賊
「・・・・・・」




あゆみ
「なでしこさん! それに盗賊も!」


来たのは 盗賊を連れたなでしこだ!




なでしこ
「いくよ あゆみちゃん!」


あゆみ
「お願いします!」


なでしこ
「さあ こっちおいで!」




盗賊
「・・・・・・」スタスタ


あゆみ
「い 今っ!」パカッ










盗賊
「!!」ベチャア!


カランカラン!




なでしこ
「やった かかった!」


あゆみ
「早く離れないと!」


見事盗賊を罠にかけた2人 すぐにその場を離れる・・・




兵士
「何の音だ・・・むっ 盗賊がいたぞ!」


盗賊
「ちくしょう 取れねえ・・・!」


そして 兵士が駆け付け盗賊を捕獲!




ハンター
「・・・・・・」ヒュン!


これにより 檻の中のハンターが1体消滅し 放出を阻止することに成功した!




プルルル プルルル


『FROM:あゆみ
 3番終わりました』


狛枝
「あぁ 1体止めたんだね」


ひたぎ
「残りもどんどん阻止しましょう」


残るハンターは 6体だ・・・




千歌
「みんな頑張ってるなぁ・・・私も活躍しなきゃ!」


ここまで あまり見せ場を作れていない千歌。


千歌
「このままじゃ また普通怪獣ちかちーになっちゃうからね・・・」










盗賊(ロゴ付き)
「・・・・・・」


千歌
「!! 言ってるそばから来たよ!」


そんな思いが通じたか 千歌の前にクロノス社のロゴ入りの盗賊が現れた!




千歌
「ネックレスで誘えばいいんだよね・・・」


盗賊
「・・・・・・」















ハンターLS
「・・・・・・!」ダッ!


ピピ!
【TAKAMI】


千歌
「!!? ハンター!?」


しかし ハンターも現れた!




ハンターLS
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


千歌
「ひ、卑怯だよー!!」




ハンターLS
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


千歌
「そうだ 網鉄砲で・・・止まれーっ!」パーン!















スカッ


ハンターLS
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


千歌
「えっ ええっ!? 網がっ!?」


焦ってタイミングを誤り 網がハンターに命中しなかった!




千歌
「今のなし 今のな・・・」ポン!


24:37
高海千歌   確保
    残り9人


千歌
「せっかく網鉄砲持ってたのに・・・外しちゃったよー・・・」


最後は悪い意味で 普通怪獣を脱却した・・・




プルルル プルルル


ひたぎ
「高海千歌確保・・・あら 網鉄砲は・・・?」


天馬
「網鉄砲あったから 絶対ミッション行ってたな・・・これは辛いぞ・・・」




骨眼鏡(コピー)
「・・・・・・」


命令に従い盗賊を探す 骨眼鏡のコピーアンドロイド。




骨眼鏡(コピー)
「・・・・・・!」


盗賊(ロゴ付き)
「・・・・・・」


こちらも 対象となる盗賊を見つけた!




骨眼鏡(コピー)
「・・・・・・」


盗賊
「・・・・・・」スタスタ


指示通り ネックレスで誘導する・・・




骨眼鏡
「あいつ 大丈夫かな・・・」


果たして トラップ付近で待つ主人の元まで 無事に連れていけるのか・・・




みさえ
「トラップの場所はここよね・・・」


先に盗賊を見つけ キープしているみさえ。


みさえ
「トド松君のところは遠いから 誰かに来てもらわないと・・・」




『FROM:みさえ
 1番と4番のどっちかに来てくれるかしら?』


天馬
「俺近いな! 行ってみよう!」


あゆみ
「逆に盗賊見つけたからトラップに来てってパターンもあるんだ・・・」


着々とミッションクリアへの態勢を作っていく逃走者達。
残る6体のハンターも 放出を阻止出来るか・・・


残り時間 24:10
逃走者 残り9人

オーロラ 各務原なでしこ 狛枝凪斗 坂上あゆみ 戦場ヶ原ひたぎ
野原みさえ 骨眼鏡 松風天馬 松野トド松

Re: 逃走中マスターライジング〜PrinceMemory〜 ( No.111 )
日時: 2019/08/16 22:20
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

ごきげんようです!
お盆の盆は和三盆の盆、更には山の日ということで!
麗花さんと登山に行きたい人生だったオーロラです。
まあ麗花さんのペースについていけるかどうかがアレだけど…
「もう少しですよ!お疲れデューサーさん♪」的に応援してもらい支えてもらいながら登るという
この至福の時間を(ry

もちろんBBQも一緒にしたい…!自慢の肺活量で火柱が上がってえらいことになりそうですけど
「着火マスター」カードみたいな感じに!

しかしあのカードも何気に麗花さんのスタイルが際立つカードなんだよなあグフフ(コラ)
それでいて「ふあふあ、ふーっ!」とかいう可愛さですよ…ああ…
まあ最大のポイントは 後ろで何故か笑みを浮かべる朋花なんですけどね(ぇ



さて!


盗賊捕獲には ペアでおびき寄せる必要があり
更にはネックレスがなくなるとミッションに参加できなくなるわけか。
俺は盗られかけましたが なんとか気付けて良かったぜ…!

まずあゆみちゃんとなでしこが盗賊を捕獲。
あと6体になり 更にはトラップや盗賊を発見してる人も増えているようですね。

そんな中 千歌が捕まったか…
網鉄砲を外すパターンも 決してないわけじゃないのね

ハンターにだけは見つからないように祈って 次回待ってるぜ!

Re: 逃走中マスターライジング〜PrinceMemory〜 ( No.112 )
日時: 2019/08/16 23:00
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


To.オーロラさん
麗花さんのことですから 結構険しめの山を一緒に登ることになりそうですが
諦めず最後まで登り切れれば 麗花さんの美声によるやまびこというご褒美がありますね!

BBQのカードは ぷっぷかに続く新たな麗花さんワードを作ったことで有名ですね。
その肺活量は 圧倒的な歌唱力の助けにもなっており
当時は属性詐欺(ダンス属性だった)とよく言われたものですw
後ろの朋花は「さて どうしてくれようか」って感じで 妙にじわじわきますw

ちなみに その朋花の同時期に出たカードとストーリーが繋がっており
麗花さんが焼いたスペシャル焼きアナゴをプロデューサーに突きつけてますw
まさに試される愛といったところです(同カードのスキル名より)


さて

ここまで競争系が続いてきましたが 最後は協力系です!
ネックレスを盗られると以降は出来ることが限られてくるので
ずっとかわし続けなければならないという 体力的にもキツいミッションとなっております。

最初にあゆみちゃんとなでしこがミッションをクリアし 残るは6体。
準備は整いつつあるので ここから一気にクリアしていきたいところです。

そして 結局見せ場を作れないまま千歌が脱落。
網鉄砲って焦りとかで結構ミスる可能性も高いはずなんですけど みんなよく当てるなぁと思ってたら
クジの結果 実現せざるを得なくなってしまったのです・・・申し訳ない

その46 ( No.113 )
日時: 2019/08/16 23:30
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


なでしこ
「なんだか やっと逃走中に出て良い事あったって感じ!」


先程ハンターの放出の阻止に成功したなでしこ。
これが彼女の初めてのミッションでの活躍である・・・


なでしこ
「よーし 他の盗賊も捕まえて ハンター全部止めちゃおう!」


高揚感そのままに ミッションに再び動く!




あゆみ
「次は7番が近いかな・・・」


なでしこと同じトラップを担当したあゆみ。


あゆみ
「網鉄砲もない私には 盗賊を連れてくるのは厳しいよ・・・」


トラップ専門ではあるが こちらもミッションに動くのはやめないようだ。




ひたぎ
「トラップの方に回って 1回みんなに知らせてみようかしら」


盗賊探しを中断し トラップ付近へやって来たひたぎ。


ひたぎ
「もしかしたら 近くにもう見つけた人がいるかもしれないものね」ピッピッピッ・・・




『FROM:ひたぎ
 6番 誰か来れる?』


骨眼鏡
「ひたぎも見つけたか」


みさえ
「6番は遠いのよね・・・」




骨眼鏡(コピー)
「・・・・・・」


ハンターKR
「・・・・・・」


盗賊を連れた骨眼鏡のコピーアンドロイドが ハンターを目撃。




盗賊
「・・・・・・」スタスタ


骨眼鏡(コピー)
「・・・・・・」サッ


盗賊をかわしながら ハンターの様子を伺う。




盗賊
「・・・・・・」スタスタ


骨眼鏡(コピー)
「・・・・・・」サッ


ハンターKR
「・・・・・・」


スタッフ
(シュールだ・・・)


繰り広げられる 無言の戦い・・・




狛枝
「賞金はボクの幸運でも手に入るから ここで自首するのもいいかな・・・」


本戦進出へのモチベーションが低い 逃走者の中でも希有な存在の狛枝。
ここに来て自首を考え始める始末だ・・・


狛枝
「電話 どこだったっけ・・・」











盗賊(ロゴ入り)
「・・・・・・」


狛枝
「あっ・・・」


そこへ 死角のところにいた ロゴ付きの盗賊・・・




狛枝
「ははあ・・・自首なんてつまらないこと考えるなっていう メッセージなのかもしれないね・・・」


盗賊
「・・・・・・」スタスタ


盗賊を連れ トラップへと向かう・・・




【23:00】


天馬
「1番・・・ここだ!」


みさえのメールを見た天馬が 1番のトラップに到着。


天馬
「早くみさえさんに知らせよう!」





プルルル プルルル


みさえ
「もしもし・・・あら 天馬君!」


天馬
「みさえさん 1番のトラップに着きましたので お願いします!」


みさえ
「まあ ありがとう! やっぱり若い子は頼りになるわね〜 それじゃ 待ってて!」


ピッ!




みさえ
「さあて・・・行くわよ!」


盗賊
「・・・・・・!」スタスタ


キープしていた盗賊を トラップへと誘導させる!




ひたぎ
「3分待って誰も来なかったら 動いた方がいいわね」


メールで様子見をした ひたぎ。


ひたぎ
「果たして あれで誰か来るかしら・・・」




















オーロラ
「あっ あった!」


盗賊
「・・・・・・」




ひたぎ
「!! オーロラさん!」


オーロラが 来た・・・!




オーロラ
「よし こいつ捕まえるぞ!」


ひたぎ
「えぇ 任せて!」




オーロラ
「網鉄砲持ってるから大丈夫と分かってても ビビるな・・・」


盗賊
「・・・・・・」スタスタ





ひたぎ
「よし ここね!」パカッ


盗賊
「!!」ベチャア!


カランカラン!




オーロラ
「オッケー! 一丁あがり!」


ひたぎ
「これで2体目かしらね」




ハンター
「・・・・・・」ヒュン!


見事捕獲に成功し また1体ハンターの放出を止めた!




ひたぎ
「まさか すぐ近くにいたとはね」


オーロラ
「トド松のところ狙ってたからスルーしようかと思ってたら ひたぎが来てくれたんだよ!」


ひたぎ
「やっぱり あの作戦は正しかったようね」




『FROM:ひたぎ
 6番 ハンター封印したわ』


あゆみ
「よかった・・・1体でも多く減らしていけたらいいな・・・」




なでしこ
「あそこ まだやってるよ・・・」


盗賊
「死にたくなけりゃ お宝の在り処を吐け!」


兵士
「くっ 命に代えてでもそれだけは言えん!」


エリアでは 兵士と盗賊の戦いが続いている・・・




なでしこ
「兵隊さん勝ってよ〜・・・盗賊減らしてくれないと 困るよ〜」


ミッションの仕様上 対象外の盗賊は93人から一切減らない・・・




トド松
「ねぇ なんで誰も来ないの?」


信用の無さから 中々盗賊を連れた逃走者が現れないトド松。




トド松
「まさか シカトしてるわけじゃないよね・・・」


待ちきれず 周りの様子を確認に向かう・・・


トド松
「ん? あっ 誰かこっちに向かってきてる!」















狛枝
「偶然近くだったなんて ついてるね」


盗賊
「・・・・・・」


現れたのは 狛枝だ・・・




トド松
「うわ 狛枝君か・・・落としたいとは思ってたんだよ・・・」


トド松は 狛枝のことを狙っていたが・・・


トド松
「でもハンター増えちゃうし・・・あと それ以上に何か嫌な感じがする・・・」


果たして トド松が罠にかけるのは盗賊か 狛枝か!?


残り時間 22:20
逃走者 残り9人

オーロラ 各務原なでしこ 狛枝凪斗 坂上あゆみ 戦場ヶ原ひたぎ
野原みさえ 骨眼鏡 松風天馬 松野トド松

その47 ( No.114 )
日時: 2019/08/18 23:30
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


トド松
「でもハンター増えちゃうし・・・あと それ以上に何か嫌な感じがする・・・」


トラップを作動させる権利を持つ トド松・・・




狛枝
「こっちの角の先だったかな?」


盗賊
「・・・・・・」


そこへ盗賊を連れた 超高校級の幸運・狛枝が近づく・・・!





トド松
「よーし 決めたぞ・・・」




狛枝
「うん 間違いないね・・・行こう」ダッ!


盗賊
「・・・・・・」スタスタ




トド松
(!! 来た!)




パカッ


「!!」ベチャア!


トド松が捕まえたのは・・・








































狛枝
「トド松さん これは・・・」


盗賊
「・・・・・・」


狛枝の方だ・・・




トド松
「ごめんね 狛枝君・・・ボクは家庭内のクソみたいな状況からどうしても抜け出したいんだよ」


狛枝
「だから幸運のボクが邪魔だったと?」


トド松
「ほ、ホントにごめんって! 賞金獲ったら10万はあげるから それで許して!」





カランカラン!


ハンターKR
「・・・・・・!」ダッ!


トラップ作動と共に鳴る音に ハンターが反応!




狛枝
「あぁそうか ボクはこれから捕まるんだ・・・」




ハンターKR
「・・・・・・」




狛枝
「これって絶望的だね・・・もう ボクの手で何かをやることは出来ないんだから・・・」




ハンターKR
「・・・・・・」




狛枝
「だけど ハンターが増える・・・それが希望のための障害になれば・・・」




















ハンターKR
「・・・・・・!」ダッ!


ピピ!
【KOMAEDA】


狛枝
「さあ ハンター! ボクの代わりに皆の希望を輝かせてくれ!」ポン!


21:50
狛枝凪斗   確保
    残り8人


狛枝
「希望の踏み台になれたこと とても光栄に思うよ・・・アハハハハハハハハッ!!」


王国に響く 狂気的な笑い声・・・










ーーーーーーーーーー
牢獄


卯月
「狛枝凪斗君 確保です!」


坂道
「えっ 超高校級の幸運なのに!?」


ルパン
「いやいや そんな奴がただで捕まるかっての・・・あれ使ったんだろ?」




卯月
「はい 当たりです・・・トラップを利用した確保です!」



「やっぱり・・・誰かは罠にかけられると思ったんだよな・・・」


はな
「誰がかけたかは分からないのかな・・・」


ギロロ
「バレないようにしないと 自分のミッションの立ち回りが制限されるからな」


神崎
「でも これでみんな誰も信じられなくなりそう・・・」


迅宗
「この段階でミッションがスムーズに出来なくなるのは痛いですね・・・」

ーーーーーーーーーー




【21:40】


オーロラ
「マジか・・・狛枝は強敵だけど だからって・・・!」


逃走者相手にトラップを使ったため ハンター1体の放出が確定してしまった!





天馬
「誰だ トラップをあんな使い方したの・・・!」


なでしこ
「やっぱりやってくる人もいるんだ・・・怖くてミッション出来ないよ・・・」


そして 牢獄の者の予感は的中し 逃走者達が疑心暗鬼に陥ってしまった。
罠にかけられる恐怖から ミッションのペースが失速する・・・




ハンター×4
「「「・・・・・・」」」


残るトラップは4カ所。
ここからはどれだけハンターの増加を抑えられるかの戦いになるが 果たして・・・




トド松
「とうとうやっちゃったよボク・・・まあ 1体ぐらいならまだ大丈夫かな・・・」


ハンター放出の原因となった 張本人・・・


トド松
「それにあのまま野放しにしてたら あのチートな幸運で絶対に本戦行ってたって・・・
 だから これはみんなのためでもあるんだ!」


やたら正当化するあたり やはり彼もまたクズニートの六つ子の一員だ・・・




あゆみ
「あっという間に2人も減っちゃった・・・」


わずか3分足らずで 2人が予選から去った。
人手が欲しいこのミッションにとっては かなりの痛手だ・・・


あゆみ
「もしかしたら 私が盗賊を連れていかなきゃいけなくなるのかな・・・」


自分に回って来た役割を放棄する選択肢もあるが ハンター放出の可能性も上がる。
どちらを選ぶかは 逃走者次第・・・




みさえ
「もうあと6分もないわ・・・急がなきゃ!」


盗賊
「・・・・・・」スタスタ


既にハンター放出まで6分を切り 焦るみさえ。


みさえ
「とにかく せめて1体だけに留めるしかないんだから 失敗できないわよね!」


犠牲のないハンターの放出だけは 何としてでも避けたい・・・




なでしこ
「私 トラップの方やろう・・・」


なでしこ ここでトラップ作動側にシフトチェンジ・・・


なでしこ
「私を狙っている人がいるんじゃないかと思うと・・・」


トラップによる狛枝の確保で 完全にビビったようだ・・・




骨眼鏡
「遅いな・・・」


コピーアンドロイドが中々帰ってこない 骨眼鏡。


骨眼鏡
「あと5分ぐらいしかないから あんまりじっとしてられないんだよ・・・」










骨眼鏡(コピー)
「・・・・・・」


盗賊
「・・・・・・」


骨眼鏡
「おっ!きたきた!よくやった!」


ようやく コピーアンドロイドが到着!

























ハンターTP
「・・・・・・」


しかし ハンターも接近!
骨眼鏡の運命は!?


残り時間 20:30
逃走者 残り8人

オーロラ 各務原なでしこ 坂上あゆみ 戦場ヶ原ひたぎ
野原みさえ 骨眼鏡 松風天馬 松野トド松

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。