二次創作小説(映像)※倉庫ログ

逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜決着!
日時: 2020/02/03 23:43
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw

逃走中マスターライジング Eブロックが開幕!
舞台となるのは「逃走中〜伝説のエスパー少女〜」が行われた「祭菊町」。
果たして20人の逃走者の内 本戦に進出するのは誰だ!?


〜Eブロック 逃走者〜
相田マナ(ドキドキ!プリキュア)
天海春香(アイドルマスター)
イカ娘(侵略!イカ娘)
伊藤誠(School Days)
笛吹和義(SKET DANCE)
気まぐれ(募集参加)
クラッシュ・バンディクー(クラッシュ・バンディクーシリーズ)
琴爪ゆかり(キラキラ☆プリキュアアラモード)
最原終一(ニューダンガンロンパV3)
Ga.c=evo.(募集参加)
潮田渚(暗殺教室)
剣城京介(イナズマイレブンGO)
土間うまる(干物妹!うまるちゃん)
西木野真姫(ラブライブ!)
星宮いちご(アイカツ!)
前川みく(アイドルマスターシンデレラガールズ)
松野一松(おそ松さん)
湊友希那(BanG Dream!)
薬師寺さあや(HUGっと!プリキュア)
ゆうろ(募集参加)
(50音順・敬称略)


※今回はブロック毎に別々のスレで執筆します。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜 ( No.120 )
日時: 2020/01/30 23:00
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


To.オーロラさん
最初は夢オチなんてサイテー!と言いたいところでしたが
後半の展開のためには必要だったことを知ると てのひら返しで感心してしまいました。
それはもう 手首にモーターでも仕込んでるがごとく。

毎年そうではありますが 最終回のエクストラバトルは色々とゆるーい感じでやってますねぇ。
マスクがズレて心が歪んでいるとか 適当すぎるだろw
プリキュアの変身ノルマを満たすためにも 何とか理由を付けようと苦心してるのが分かりますw
あと 父親と戦ったプリキュアという記録も ゆりさん以来2人目になりますね。
(内容の重さは180度違うけど)

そしてそのノルマは 新プリキュア・キュアグレースこと花寺のどかのお披露目にも使われました。
次作のアイテムに今作仕様の限定版が実装されるのも 去年から続いていますね。
ちなみに 実際に販売されているそうです。
髪色はあれですね ハグプリのことりちゃんに近いかと。

最後のプリキュア変身 最後の戦闘 しっかり見届けさせていただきました。
後半の方も楽しみにしています!


さて

♪これが悲劇じゃなければなんと呼ぶのか 僕は知らなかった
呼べよ 確保者の名前をただ一つだけ 張り裂けるぐらいに

以上 「馬と鹿とイカ」をお送りしました(一部は早口で頑張ってください)
ということで


イカ娘 ここで予選敗退です・・・!
ランニングに夢中のクラッシュにハンターを擦り付けるまでは良かったのですが
もう1体のハンターに 侵略の夢を潰されてしまいました・・・
そしてこれがラストゲームということで もうチャンスはないトプール パシャ!パシャ!

一方 クラッシュは秘策の最速走法で見事ピンチを脱出!
体力の消費が気になるところではありますが イカ娘の分まで本戦進出を果たせるか。

ゆかりさんも何とかボックスを見つけ いよいよラストランへと漕ぎつけました。
ハンターをかわしつつ 本戦進出のゴールに辿り着けるか。
そして 未だボックスを見つけていないマナの行く末やいかに。

そんな中 友希那が一番乗りでクリアし本戦進出を果たしました!
残る時間も少なくなり 他の逃走者達にも焦りが生まれてきそうです。
この激戦から次に抜け出すのは・・・?


派遣社員の時も忙しかったですけど
正社員はやっぱり比べ物にならないことを身に染みて分かりました・・・
実際今日はお通夜に参加し 帰りが遅くなった中書いております。
それでも何とか自分なりのやり方を見つけ しっかりと更新していきたいと思います!
そして 応援ありがとうございます!

その58 ( No.121 )
日時: 2020/01/30 23:30
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


湊友希那が 1番乗りで本戦進出を果たした!


マナ
「どうしよう 1個取られたってことだよね!?」


クラッシュ
「オイラもあそこに行きたいな・・・!」


ついに試練を突破した者が現れたことで 他の逃走者も奮い立つ!




Ga.
「もう時間もないですし ここでスパートかけます!」タッタッタッ・・・


ゆかり
「ちょっと急がないといけないわね」タッタッタッ・・・


ゲーム終了まで 間もなく残り4分!





















そして その陰で・・・


最原
「僕も・・・本戦に行くぞ!」タッタッタッ・・・


『あと50m』


最原も ゴールに辿り着こうとしていた!





最原
「ハンターは・・・大丈夫!」


最後まで 慎重な姿勢を見せ・・・


最原
「あと20・・・10・・・!」タッタッタッ・・・




『800m CLEAR!』


最原
「やった 800m走ったぞ! あとはドアを・・・」










ガチャッ


『おめでとうございます 本戦進出決定です』


最原
「はぁ、はぁ・・・赤松さん ゴン太君 やったよ・・・」


最原終一 本戦進出決定!


最原
「予選で全滅だけは 何とか回避してよかった・・・」


ダンガンロンパチーム ついに予選突破・・・!











=本戦進出者席=


うまる
「お疲れー! 本戦進出おめでとー!」


友希那
「えぇ ありがとう・・・こんなところで今まで見てたのね」


うまる
「そうなんだよ! ずーっと1人でほんと寂しかったの! 来てくれてよかったよ〜!」


友希那
「仕方ないじゃない 自分でその道を選んだのでしょう」


うまる
「最原君ももうすぐこっちに来るみたいだよ!」


友希那
「あら いつの間に・・・ということは 私と同じパネルを手に入れていたのかしら」










【03:50】


マナ
「うわぁ・・・ハンターいた・・・」


ハンターKR
「・・・・・・」


ハンターを目撃した マナ・・・


マナ
「こっちに逃げよう!」


焦らず ハンターと反対の方向へ・・・















ハンターKR
「・・・・・・」


ハンターはマナに気づいていないようだ。


マナ
「よし 見つかってないね・・・」
















転送ボックス
「・・・」


マナ
「ってあぁ! やっと見つけた〜!」


逃げた先で 最後の転送ボックスを発見!


マナ
「えーっと 何すればいいんだろ・・・」




(中略)




マナ
「今からここで走るの・・・? じゃあ ダッシュでやらないと駄目だ!」


ボックスを見つけるのがかなり遅くなったマナ。
普通に走っていては 時間内にクリア出来ない!


マナ
「早く顔を認証して・・・」




ピピ!


『あと600m』


マナ
「長いなぁ・・・でも 負けてられない!」ダッ!


キュアハート このピンチを乗り越えられるか!?




クラッシュ
「あった! あのボックスだったよな!」


クラッシュも 自分が走っていたマシーンがある転送ボックスへ戻って来た!


クラッシュ
「ハンターのせいで時間がかかっちゃったけど まだ諦めないぞ!」


これで逃走者全員が 転送ボックス前で走っている状況に!




『あと350m』


ゆかり
「はぁ、はぁ・・・どんどん距離が縮まっているわね」タッタッタッ・・・


着々と走行距離を稼ぐ ゆかり。


ゆかり
「今ハンターに見つかったらどうせ終わりだし ペース上げるわ」ダッ!


残してきた体力を利用し 決めにかかる!


ゆかり
「あとは ハンターに見つかる前に終えてみせる!」タッタッタッ・・・


この大勝負の行方や いかに・・・!?




『あと60m』


Ga.
「はぁ、はぁ・・・来ませんね 最後まで来ませんでしたね!」


後半でペースを上げたGa.は ゴール目前まで迫っていた!




Ga.
「ここまで来れば 予選突破は確実ですね!」タッタッタッ・・・




ハンターTP
「・・・・・・」



Ga.
「そろそろ 終わるはず・・・」タッタッタッ・・・




ハンターLS
「・・・・・・」

























『800m CLEAR!』


Ga.
「オッケー! 行きましょう!」










ガチャッ


『おめでとうございます 本戦進出決定です』


Ga.
「よっしゃああああああ!!!!!! めっちゃ嬉しい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


Ga.c=evo. 本戦進出決定!


Ga.
「敵は取ったぞ クレアたそ〜♪」




プルルル プルルル


ゆかり
「Ga.さんも本戦進出・・・一気に増えてきたわね」


クラッシュ
「くっ やっぱりさっきのがあるからキツいな・・・」


マナ
「うわあ もう3分もない!」


残るは3人 ゲーム終了まで3分を切った・・・!


残り時間 02:50
逃走者 残り6人

相田マナ クラッシュ・バンディクー 琴爪ゆかり


本戦進出

最原終一 Ga.c=evo. 土間うまる 湊友希那


本戦進出権獲得まで
クラッシュ:あと380m
ゆかり:あと270m
マナ:あと490m

Re: 逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜 ( No.122 )
日時: 2020/02/01 22:28
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

どーもー、ども、骨眼鏡ですー、よろしくお願いします
あー!ありがとうございますー!
今、無敵サングラスを頂きましたー! こんなん、なんぼあってもいいものですからね! (※やってみたかっただけです)


さて、スタプリが最終回を迎え、次はヒーリングっどプリキュアが始まるわけですが・・・


なんと主人公のキュアグレースのCVが悠木碧さん! これは驚きでしたね・・・!



魔法少女 × 悠木碧さん
つまりは・・・


元々はエリートサラリーマンだったが、リストラした部下の逆恨みにより殺されてしまい、「信仰心が無い」として神を自称する存在Xにより、プリキュアに転生させられる・・・というのが第一話ですね! (そんな訳ない&違う作品だ)


でもいずれ"転生したらプリキュアだった"みたいな異世界物も出てくる気がするんですよね〜

まぁ、死ぬという表現は流石に子供泣くかもしれないので、せめて異世界転移みたいな展開が・・・って思いましたが、劇場版がほとんどそうだった;



さてさて、最後のミッションも終え遂に最後の予選突破のためのチャンス!

ラストはまさかの体力勝負ですか!! 終盤に来てこれはキツイですね・・・;

しかし、そんな中でも、友希那・最原・Gaさんが見事突破を決めましたね!
特に最原の本戦進出はダンロンファンにとっても嬉しいです! 全滅の可能性もありましたからねー、これは赤松さんもゴン太も喜んでることでしょう!
思うと念写カメラを獲得した2名が本戦を決めたんですね・・・やっぱ頭のキレる人は違いますね!
Gaさんもクレアたその仇をとれてよかったですね!


そして、現在残ってるマナ・ゆかり・クラッシュの3人全員がランニングマシンに乗ってる状態という白熱な展開!!
マナが少し劣勢ですが、まだわかりません!
果たしてあと何人が本戦へ進めるか楽しみです!!


PS:湊友希那がいるRoseliaのシャルルめっちゃいいですね
先月のあきばっか〜のの予選で流れたらしく聞いてみたらヤバかったです

逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜 ( No.123 )
日時: 2020/02/01 23:00
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


To.骨眼鏡さん
個人的には 前にも書きましたが
「ボクと契約してプリキュアになってよ!」って白いアイツが言ってくる場面が出てきましたw
逆にそれ以外思いつかなくない?

基本的にプリキュアは異世界からの使者と共に戦う作品ですので
それはもう切っても切り離せない関係なのは置いておき
プリキュアのスピンオフとして 全く別の人物がプリキュアに転生する
そういうのが出る可能性はない・・・とも言い切れない!(3位のアレ風)
あのドラゴンボールも 転生したらヤムチャだったというのを出している位ですし。

とにかくも いよいよ明日!楽しみです!


さて

運や記憶力、判断力など 様々な試練を与えてきた転送ボックスですが
最後のEブロックはただただ走るという かなり古典的なものが用意されていました。
しかしこれがここまで逃げてきた逃走者に 絶妙に刺さっていくのです・・・

その試練を乗り越え ここまで3人の本戦進出者が現れました!
最原はついにダンロン勢初の本戦進出を達成!
何とか首の皮一枚繋がりましたが このまま逃走成功をも果たすのか。
そしてGa.さんも念写カメラとクレアたそへの想いで このブロックの作者代表に!
冷静なプレイングを本戦でも見せられるか注目です。

一方 残っているプリキュア2人とクラッシュは 本戦目指し激走中!
ゲーム終了が迫る中 3人の運命はいかに!?

おっと 骨眼鏡さんもバンドリ沼に足を踏み入れようとしてらっしゃる(おい)
Roseliaは友希那の迫力ある高音が魅力的でして
多くの難曲のほとんどを原キーで歌いこなしてみせています。
ちなみに今日 リアルの方のライブが行われたようです! 行きたかった!


その59 ( No.124 )
日時: 2020/02/01 23:30
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


Eブロック終了まで あとわずか!




マナ
「とにかく 走りまくるしかない!」タッタッタッ・・・


ゆかり
「残り100mまで辿りついたら 一気にダッシュしましょう」タッタッタッ・・・


クラッシュ
「まだか まだ800m終わらないのか・・・」


本戦進出に必要な指定距離を目指し 走り続ける3人!
残り時間が0までにクリア出来なければ 強制失格となってしまう!










=本戦進出者席=


Ga.
「はぁ、はぁ・・・すっごい疲れた・・・」


友希那
「お疲れ様・・・この部屋も人が増えてきたわね」


最原
「残ってるのは プリキュア2人とクラッシュか・・・」


うまる
「みんな本戦に来れば すごく頼りになりそう!」


最原
「ただ 3人ともまだ結構距離があるのが不安だな・・・」


Ga.
「ここは突破するのを信じて 応援しましょう!」









【02:30】


クラッシュ
「そういや ゆかりはまだ本戦進出してないんだよな・・・」


ゆかりのことを気にかける クラッシュ。


クラッシュ
「オイラは絶対ゆかりと本戦進出するんだ! 絶対捕まるなよ〜!」


記者を追い払った時や偽ハンターが迫った時など ゲーム中何度かいい関係になった2人。
果たして 本戦でも一緒になれるのか・・・




『あと380m』


マナ
「まだ半分以上もあるよ・・・はぁ、はぁ・・・」


3人の中で 本戦進出から最も遠いところにいるマナ。


マナ
「あたしは大貝第一中学校生徒会長の相田マナ! 出来ないことなんてない!」タッタッタッ・・・


自分を鼓舞し その足は絶対に止めない!




ゆかり
「はぁ、はぁ・・・まだまだいけるわよ」


終始 余裕の姿勢を崩さないゆかり。


ゆかり
「ほら もうあと少しでしょう? 本戦進出はもう目の前よ」


本戦に行けることを信じ ひたすらに走る・・・






























ハンターTP
「・・・・・・」


しかし・・・3人のうち 誰かにハンターが近づく!




マナ
「時間切れだけは 絶対に嫌だ!」タッタッタッ・・・




ハンターTP
「・・・・・・」




ゆかり
「ハンターは・・・いないかしら?」




ハンターTP
「・・・・・・」




クラッシュ
「くぁー・・・足がガクガクしてきたぞ・・・」










ハンターTP
「・・・・・・!」ダッ!


見つかったのは!
















































ゆかり
「もうすぐ あと100m・・・っ!!?」


ハンターTP
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


キュアマカロンだ!!




ハンターTP
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


ゆかり
「何もここで出なくたっていいじゃない・・・!」




ハンターTP
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


ゆかり
「なるべくボックスから離れずに振り切るしかないわね!」


予選突破の可能性を残せる振り切り方を狙う!










ゆかり
「さあ いくわよ!」


ハンターTP
「・・・・・・」タッタッタッ・・・




ゆかり
「はぁ、はぁ・・・」


ハンターTP
「・・・・・・」タッタッタッ・・・




ゆかり
「こっちに!」


ハンターTP
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


曲がり角を利用し ハンターを翻弄するゆかり!




ゆかり
「はぁ、はぁ・・・どうかしら?」






























ハンターTP
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


ピーーーーーー
【KOTOZUME】


ゆかり
「・・・っ! まだ追ってくるの!?」


しかし ランニングによる体力消費が効いている!




ゆかり
「あぁ これは・・・どのみちボックスには入れないわね」


振り切っても予選突破は出来ないと踏み ここで足を止めた・・・




ポン!


01:32
琴爪ゆかり   確保
     残り5人


ゆかり
「・・・・・・」


スタッフ
「あの・・・大丈夫ですか?」


ゆかり
「・・・残念ね あとはあきらに託しましょう」


冷静なリアクションで終わらせたが 彼女の本当の心中はいかに・・・?










ーーーーーーーーーーー
牢獄


スイッチ
『確保情報・・・琴爪ゆかり確保だ!』


さあや
「あぁ・・・ゆかりさん あと少しだったのに・・・」


みく
「ちょっとぉー・・・みくに勝ったからには 本戦行ってほしかったにゃー・・・」


いちご
「これ オーロラさんが心配だね・・・」


気まぐれ
「Cブロックの早苗さんよろしく 大暴れしてなければいいですが・・・」

ーーーーーーーーーーー




クラッシュ
「ゆ・・・ゆかり捕まったのか!? ウソだ ウソだと言ってくれぇーーー!!」


マナ
「ゆかりさん・・・あたしがプリキュア代表として 絶対本戦に行くから!」


残るは この2人!
Eブロック いよいよ完全決着へ・・・!


残り時間 01:20
逃走者 残り5人

相田マナ クラッシュ・バンディクー


本戦進出

最原終一 Ga.c=evo. 土間うまる 湊友希那


本戦進出権獲得まで
クラッシュ:あと140m
マナ:あと230m

Re: 逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜 ( No.125 )
日時: 2020/02/03 20:55
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

ふわぁ〜 ごきげんようって感じ!

本当はスタプリ最終回後半をやろうと思ってたんですけど
のどかがはるはる以来の逸材にして天使すぎて
心の肉球にキュンときたのでこちらを先に。

まずはなんといってもOP!

「窓の向こう 広がる空 駆け出してくココロ」のところに
画面いっぱいののどかのまぶしい笑顔を持ってくるセンス
まさにこれまで重い病気で自由に走ることもできなかったのどかにとっての憧れの気持ちが
素晴らしく表現されてますね!
早くもこれは神シリーズになる確信しかありませんね!

後は最後のグレースからのどかに戻るシーンも好きだし
ダルイゼンとお姉様と筋肉の3幹部のとこも魅力的なキャラそうで素晴らしかった。
もちろん、曲もさわやかなメロディーで大好きです。
もうねえ OPが「ヒープリをすこれよっ!」ってな感じに来ちゃってましたね(夢見りあむか)


前述の通り まともに走るにも息が上がるくらいに身体の不安を抱えるのどかだけど
はるはるに勝るとも劣らない心の強さと純粋さを持っていて
何より生命力あふれる笑顔が本当にいつでも見ていたいくらい大好きですね。
はるはる以来、5年ぶりのピンク推しで行きます!

一方で ちゆひなとも先んじて出会うことになりましたね。
頼りになりそうなスポーツ青キュアちゆと仲良くしてくれそうな久々のあざとイエローひなた。
ちゆひなのOPの笑顔もとっても素敵でしたし、本当に1年間癒しをくれそうだ…。
3人とも同じクラスっぽい?ので 久々にクラス行事回も多くなるかも。

それから ラビリン、ペギタン、ニャトランの見習い妖精たち。
それぞれ個性がある性格で のどちゆひなのパートナーにそれぞれなるわけです。
ラビリンものどかに負けず劣らず、ピンチの時でもガッツを見せていた立派な妖精です。
ただ某ドクターXみたいに失敗しないお医者さんが理想なようで
失敗ばかりののどかとは契や…パートナーを組みたくないようです。
どこぞのインキュベーターみたいにのどかを泣かせたら 承知しないぞ!!(落ち着け)




さて

嘘だろ……?姐さんまでもが…あと100mのとこで……
せっかく逃げ切った時のパプリカの替え歌考えてたのに(まだやるつもりだったんかい)

そんなわけで 推しがみんなハンターの理に導かれてしまい 本当に残念です。
暴れたいけど 早苗教祖みたいなことになったら本戦からつまみ出される可能性がありますからね。
やはり本戦という 守るべきものを守ることにします。

一方で クレアたその分まで本戦を勝ち取れたGa.さん
前に出た2人の仇を取り、ダンガンロンパ代表となった最原が本戦へ!
これはお見事でした。

残るはクラッシュとマナ。
クラッシュはハンターが、マナはハンターと時間が不安要素ですが
2人とも本戦に残ってほしいところ!

決着 楽しみに待ってるぜ!

逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜 ( No.126 )
日時: 2020/02/03 23:00
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


To.オーロラさん
ついに始まりましたね ヒーリングっどプリキュア!
コロナウイルスが流行っている頃に始まっちゃって タイムリーすぎてw

まず飛び込んできたのが 今までで一番動いてる上 見所多しのOP!
それもそのはず タナカリオンさんや川村敏江さん、上野ケンさんなど
超豪華スタッフにより作られており 今作にかける本気ぶりが伺えました。
個人的には ひなたとニャトランの指差しダンスが可愛さ天元突破で めっちゃやむ!!
そして 追加戦士らしき影がなかったのも気になるところですが さて。

話の内容は のどかの行動原理とその背景が分かる 1話としては素晴らしい完成度でした。
病み上がりの自分の身体を犠牲にしてでも かつて病気を治してくれたお医者さん?のように
誰かを助けたい気持ちの強さが どことなくマナを彷彿とさせました。
しかし やはり後にその心がめちゃくちゃ曇ることになりそうで怖いところです。

仲間2人とは 転校前から結構しっかり絡んでいましたね。
それぞれいいキャラしていましたので こちらも今後とも目が離せません。
っていうか 3人が窓際に固まることになるのか!? なんだそのサンクチュアリは!!

敵幹部はどことなくドキプリに似ているような雰囲気がありましたね。
あと ダルイゼンとグレースは OPのカットやその時の歌詞「この出会いが運命」、
そして2人揃って「生きてるって感じ」って言っていることから
最終的にクローズとフローラみたいな関係になるんじゃないかと睨んでます。

今作はドキプリ以来7年ぶりとなる プリキュアのパートナー妖精が登場していますが
(ハピチャのリボンとかは微妙なところだけど)
気持ちは誰にも負けない一方で まだまだ甘い考えを持っているといったところに
パートナーと共に成長する二人三脚のような面がより強調されているように見えますね。
ただ 意思確認を結構な回数行っている辺り 少なくともインキュベーターよりは良心的でしょうw


さて

ゆかりさんがゴール目前でハンターに見つかり 確保されてしまいました。
本当にごめんなさい・・・空気の読めない俺のクジ運が全部悪いんです・・・!
更新するのマジで怖かったもん・・・

結果 オーロラさんと共に本戦に進んだ推しメンバーは 倉橋さんのみということに。
ここは散っていった推しの分まで 本戦を逃げ切るしかありません!

本戦進出を決めたのは最原、Ga.さんと 念写カメラを手に入れた2人!
予選でも逃走中スキルの高さを見せつけただけに 本戦でも期待がかかります。

そして 残った2人も本戦進出まであと少しというところまで来ました!
しかしハンターは最後の1秒まで捜索をやめないですから 油断は禁物ですし
マナはまだ距離があるのに加え ここまでの疲れもたまってきています。
果たして 2人は最後の壁を乗り越えられるのでしょうか!?

最終回 ( No.127 )
日時: 2020/02/04 00:05
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw

90分のEブロックも 残るは1分20秒!




マナ
「はぁ、はぁ・・・足がしんどいかも・・・」タッタッタッ・・・


ここまで来てまだ200m以上残っているマナ。
ランニングで体力を消費したのに加え ボックスを見つけるまでにも体力を使っており
既に満身創痍の状態だ・・・


マナ
「でも 止まりたくない・・・もう一度 逃げ切りたいんだ!」


それでも 意地で食らい付く!




クラッシュ
「うわああ・・・どうして・・・ゆかりはハンターをもてあそぶ方じゃないのか!」


一方 クラッシュはゆかりの確保で 悲しみに明け暮れる・・・


クラッシュ
「こうなったら オイラがゆかりの分まで逃げ切るしかない! うおおおおお!!」


しかし 悲しみを力に変え 一気にスピードアップ!
このままゴールまで辿りつけるか!?




ハンターKR
「・・・・・・」


ハンターTP
「・・・・・・」


2人の本戦進出を阻むのは 3体のハンター!
もし見つかれば 本戦進出はほぼ不可能だ・・・





【01:00】


ゲーム終了まで ついに残り1分!




『あと190m』


マナ
「はぁ、はぁ・・・あとちょっとなんだけど・・・」


疲れからか 明らかにペースが落ちているマナ・・・


マナ
「どうしよう・・・このままじゃ時間切れになっちゃうよ・・・」


栄光は過去のものになってしまうのか・・・?




『あと60m』


クラッシュ
「はぁ、はぁ・・・もうすぐ800m終わるぞ!」


一方 クラッシュはゴールが見えてきた!


クラッシュ
「ここまで来たからには 何が何でも本戦に行ってやるんだ!」






























ハンターLS
「・・・・・・」


しかし ハンターが接近・・・!




『あと40m』


クラッシュ
「最後 飛ばしていっくぞー!」




『あと30m』


ハンターLS
「・・・・・・」



『あと20m』


クラッシュ
「いけーーーっ!!」

















































『800m CLEAR!』


クラッシュ
「終わった! 入るぞ!」




ハンターLS
「・・・・・・」


ハンターはまだ クラッシュを見つけていない!




クラッシュ
「これで・・・ゴールだ!」ガチャッ










『おめでとうございます 本戦進出決定です』


クラッシュ
「いやったぁ〜〜〜〜〜〜い!!」


クラッシュ・バンディクー 本戦進出決定!


クラッシュ
「よっしゃー 本戦もこの調子でいくぜぇーーーい!」




=本戦進出者席=


最原
「クラッシュも予選通過したよ!」


うまる
「これであとはマナちゃんだけだね!」


Ga.
「どうでしょうかね 結構距離残ってますけど・・・」


友希那
「琴爪さん・・・結局 私と同じステージに立つことはなかった・・・
 だけど貴方がいたことで久しぶりに熱い気持ちが込み上げた そんな気がするわ」










【00:30】


マナ
「うわあ あたしだけになっちゃった!」


残るは相田マナ ただ1人!




『あと100m』


マナ
「はぁ、はぁ・・・絶対に間に合わせないと・・・」


残り30秒で まだ100m残っている・・・




マナ
「もう何も考えない! 走って走って走りまくろう!!」ダッ!


ついに考えるのをやめ 猛ダッシュを仕掛けた!





【00:25】


『あと70m』


マナ
「うあああああっ!!」タッタッタッ・・・





【00:20】


『あと50m』


ハンターKR
「・・・・・・」




【00:15】


『あと30m』


マナ
「早く・・・もっと早く・・・!」タッタッタッ・・・




ゲーム終了まで

10

『あと15m』


9


8

マナ
「間に合ってええええええ!!」タッタッタッ・・・


7


6


5















『600m CLEAR!』


マナ
「はぁ、はぁ・・・!」


指定距離 達成! 間に合うか!?



















【00:00】


ーーーーーーーーーーー
牢獄


プルルル プルルル


スイッチ
『来たぞ メールだ!』


イカ娘
「いよいよ結果が全て明らかになるんでゲソね!」


さあや
「マナさんはどうなったのかな・・・」




スイッチ
『では 読むとしよう・・・』


全員
「「「・・・・・・」」」ゴクリ























































スイッチ
『相田マナ・・・・・・本戦進出決定!!!』


全員
「「「おおおおおおおおおおおお!!」」」











=転送ボックス内=


マナ
「はぁ、はぁ・・・あはは 間に合った・・・」


マナは時間内に転送ボックスに入り 予選を突破していた!!


マナ
「あ、あと2秒だったんだ・・・本当によかった・・・」


それは何と ゲーム終了2秒前のことだった・・・!!













スイッチ
『『予選Eブロック終了
  土間うまる、湊友希那、最原終一、Ga.c=evo.、クラッシュ・バンディクー、相田マナ
  以上6名が本戦進出となった』!』


ゆかり
「さすがは生徒会長さんね」



「やっぱりすごい子だったんだな・・・伊達に1回逃げ切ってないや」


真姫
「本戦進出者は6人・・・さっきのDブロックに比べると多めね」


一松
「何はともあれ やっと本戦が始まるんだな・・・」


春香
「私達は予選で落ちちゃったけど その分本戦に進んだみんなを応援しよう!」


全員
「「「おぉーーー!!」」」





「それじゃ あの部屋まで移動するか・・・」


気まぐれ
「あ、それだったら こうした方が楽ですよ(^ω^)」


ビビビビビビ!


いちご
「え? 牢獄にキッチービーム・・・?」










ズボオッ!


剣城
「なっ!? 牢獄に足が生えただと!?」


真姫
「しかも おじさんみたいな足が!?」




ドスドスドスドス・・・


春香
「いや 牢獄ごと移動するんですか!?」


イカ娘
「ち、ちょっと止めなイカ! ここ すごく揺れるでゲソ!」


みく
「あと スタッフさん置いてかれてるから!」


ゆうろ
「本当にキッチービームって何なんですか・・・」


これで予選全てのブロックが終了!
本戦進出を果たした計25人の逃走者に待ち受けるものとは・・・?

Re: 逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜決着! ( No.128 )
日時: 2020/02/05 22:17
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

今思えばひかるの家族って両親に加え じいちゃんもイエティも怪物にされてた件。
イエティって 結局なんで歪んでたんだっけ





というわけで キラやば〜っ!ごきげんようです!

スタプリ、無事に閉幕!
ってことで それぞれのエピローグを

・ひかる
大方の予想通り(?)将来は宇宙飛行士に。
最後はフワに出会えたであろう、そしてそこからララとも出会うだろうという
余韻を残す感動のシーンでした。
ひかるの夢の続きは、皆の想像力の中に。これもスタプリらしいですね。

・ララ
髪が伸びたからかツインテに。ミクみたいだ(ぇ
プリキュアとして宇宙を救ったことで(かな?)
マザーAIが全てだったり、それぞれがランクに応じた仕事につけば
それで幸せだったサマーンの価値観を
完全に変えたといえますね。
サマーン編で優秀な家族との違いに苦しんで
家族にはそんなララの気持ちに全く気づいてもらえず
それでも家族の事を尊敬している
そんなジレンマに苦しむララを見ていたたまれなかったので これは本当に良かったです

・えれな
あれから父の祖国・メキシコに留学を決めたようで
無事ひかるのロケットの打ち上げをサポートする通訳に。
髪型が少し短くして後ろでまとめたような感じになってて、これもまたカッコよかったです。
どんな髪型でも似合いますなあ!
そして両親・兄弟も登場。人数が足りなかったのは恐らくまだ学生だったからかな。

・まどか
宇宙を救ったことで(かな?)
閑職となっていた宇宙開発特別捜査局が再びクローズアップされたらしく
まどかはひかるのロケット打ち上げプロジェクトのリーダーに
まどパパはちゃっかり(コラ)総理大臣になっていました。
結局留学は取りやめたのかな。
表情がどこか自信に満ちあふれた感じになってたのが印象的でした。やはり美しいです!!

・ユニとノットレイダー
カッパード、ガルオウガ、テンジョウの3人は新たな星を与えられ
ノットレイダーの星として発展させていました!本当に幸せになれて良かった…
和の妖怪たちがモチーフということもあって やはり桜が似合います。
あとノットノットレイてwまあ言いたいことは分かるけど!

アイワーンはユニと共に再び惑星レインボーを蘇らせ
これで長い対立の時にようやく終わりがきましたね!
しかし大きくなりすぎだww

あと最後のラッキー星座、みんなラッキーってww


というわけで 1年間ありがとうスタプリ!


さて

Eブロック決着!お疲れ様でした!

自慢の足で最後まで走り切ったクラッシュと
あと2秒でギリギリ間に合ったマナが見事本戦進出!やったぜ!
マナはビルのレバーを下ろしたのが報われましたね…!

かくして本戦進出は25人…!
いよいよだな マスターライジングの空に輝いてやるぜ!

そして最後の最後はキッチービームで締めとはw
オッサンの足って強度的に大丈夫なのかw

というわけで 本戦も楽しみに待ってます!では!

逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜決着! ( No.129 )
日時: 2020/02/18 23:00
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


To.オーロラさん
いやー 返すのが遅くなってしまった・・・申し訳ない
ヒープリも3話まで終わってるというのに

あと フワのコピーの時も 特に歪みとかなさそうでしたがイマジネーション吸い取られてましたので
割とガバガバなのかもしれませんね?


というわけでスタプリ最終回後半戦!
前半戦を夢だと言い切ったのは ひかるとララが最後に約束した
「自分の力で宇宙に行って また再会する」という約束を破綻させないためだったでした。
この手を使ってでも物語の筋を貫き通し なおかつ最終回のノルマを達成させたスタッフの皆さんには
もはやぐうの音も出ないばかりでございます。


成長した皆の姿は 全体的に宇宙人組はさほど変わらず 地球人組はみんなカッコよくなっていましたね。
ひかるは宇宙飛行士ということで当然ではありますが たくましくなったなぁ・・・!
何となく あきらを彷彿とさせる見た目になったと思います。
しかし 高校のUMA研究会、大学の航行宇宙学科と
ひかるが約束を果たすために その軸を一切変えず努力を重ねてきたのが見て取れますね。

えれなとまどかさんは スーツの似合うキリっとした女性になっていました。
っていうか天宮家はみんな美男美女になってるじゃんか!
もし異世界転生するなら プリキュアの弟になりたいとは思ってましたが
天宮家だけはヤバいな 顔面偏差値についていける自信がねぇ(何の話だよ)

まどかさんは誰かに決められた道ではなく 自分で決めた道を進んだようで
気丈に振舞っているような雰囲気が出ていました。
しかしまどパパはあれだけの立場からどうやって総理になったのか すごく気になる・・・


宇宙人組は地球に比べ時間の進みが遅いからなのか アイワーン以外は身体の変化こそありませんでしたが
やはり心が豊かになり 彼らを取り巻く環境も変わっていました。
アイワーンはあれだ これも多様性ということで(雑に済ますな)

サマーン星は今までの体制が見直された上 AIの影響で「キラやば〜っ」が流行り出しているようで
ララが地球で得た経験がしっかりと活かされ 家族とも分かり合えて本当に良かった。
ロケットを替えたりせず みんなと共に旅した思い出を大事にしているのも素敵でした。
また 多くの人がコメントしてらっしゃいましたが
ひかるとララでお互いの髪型をトレードしてるのが 最高にエモかったですね!

ユニも無事に故郷を取り戻すことが出来て アイワーンともようやく和解出来ました。
あれだけのことをしておきながら一切罪の意識を持たなかったアイワーンがちゃんと謝罪したことと
そんな彼女を受け入れたオリーフィオの懐の広さに 思わず涙してしまいました・・・

そして 新たな環境で一からやり直したノットレイ達。
今までやってきたことはともかく 形態としてはホワイト企業そのものだったので
改心したら一番うまくやっていけるんじゃないかなとは思ってました(ぇ


宇宙にある無数の星には それぞれ違った物語と世界があって
それらと触れ合い成長していくひかる達を描き イマジネーションを豊かにしてくれて
まさにキラやば〜っな1年間でした!

最後の占いは 最終回までプリキュアで学び続けたみんなは絶対幸せになれるってことで(ぇ


さて

残った2人も無事に試練を突破し 見事本戦進出です!
マナはミッションでも活躍を見せ スランプ脱出と言ってもおかしくなさそうなところまで来ています。
本戦でもその体力と行動力を活かせるのか?

こうして揃った25人の本戦進出者は みんな強者ばかり。
オーロラさんはこの中で本戦を逃げ切れるか!?
ですが その前に敗者復活戦から!

そして確保者達は牢獄ごと移動することにw
気まぐれさんのキッチービームをもっと活かそうと思い 最後にひとネタ入れたのですが
その内容はコロ〇ロコミックにありそうなものでしたw
ちなみにオッサンの足は どちらかというと毛深めの足を想像しています(どうでもいい)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。