二次創作小説(旧・映像)

逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜
日時: 2019/09/17 21:01
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw

逃走中マスターライジング Eブロックが開幕!
舞台となるのは「逃走中〜伝説のエスパー少女〜」が行われた「祭菊町」。
果たして20人の逃走者の内 本戦に進出するのは誰だ!?


〜Eブロック 逃走者〜
相田マナ(ドキドキ!プリキュア)
天海春香(アイドルマスター)
イカ娘(侵略!イカ娘)
伊藤誠(School Days)
笛吹和義(SKET DANCE)
気まぐれ(募集参加)
クラッシュ・バンディクー(クラッシュ・バンディクーシリーズ)
琴爪ゆかり(キラキラ☆プリキュアアラモード)
最原終一(ニューダンガンロンパV3)
Ga.c=evo.(募集参加)
潮田渚(暗殺教室)
剣城京介(イナズマイレブンGO)
土間うまる(干物妹!うまるちゃん)
西木野真姫(ラブライブ!)
星宮いちご(アイカツ!)
前川みく(アイドルマスターシンデレラガールズ)
松野一松(おそ松さん)
湊友希那(BanG Dream!)
薬師寺さあや(HUGっと!プリキュア)
ゆうろ(募集参加)
(50音順・敬称略)


※今回はブロック毎に別々のスレで執筆します。

Page:1 2 3 4 5 6



その10 ( No.23 )
日時: 2019/10/15 23:30
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


===========

ここは 祭菊町にある とある科学研究所・・・




研究員
「動作の最終チェック 確認終わりました!」


研究員
「よし これで大丈夫だな!」






所長・笠原博太郎(演:阿笠博士(名探偵コナン))
「いよいよ 公の場にお披露目する日が来たようだな」


所長の助手・新藤八之助(演:志村新八(銀魂))
「頑張ってくださいね 鶴子さん!」




ロボット開発課主任・二村鶴子(演:二階堂千鶴(アイドルマスターミリオンライブ!))
「おーほっほっほ! 任せてくださいまし!
 わたくし達が開発したあのロボットがあれば 皆さんの注目を集めること間違いなしですわ!」




女子高生・堀田裕美(演:堀裕子(アイドルマスターシンデレラガールズ))
「ねぇねぇ どんなロボットなの!?」


八之助
「ちょっと裕美さん ここから先は立入禁止ですよ!」


博太郎
「まったく 裕美君は相変わらずだな・・・」


そして 研究所の中には普通の女子高生・裕美の姿もあった。
彼女はとある一件をきっかけに 研究所に頻繁に来るようになっており、
研究員としてこの研究所に入ることを夢見ていた。




鶴子
「では 行って参りますわ!」


博太郎
「あぁ 頼んだぞ!」










そして 発表が始まった・・・


鶴子
「皆様 お集まりいただきありがとうございます・・・
 今回発表するのは 超能力の新たな可能性を切り拓くであろう 私達の技術の集大成です!
 ご紹介します! サイキックロボ『ルーア』です!」


記者達
「「「!!」」」バッ!




サイキックロボ・ルーア(演:ルールー・アムール(HUGっと!プリキュア))
「・・・」


記者
「これが そのロボットか・・・?」


記者
「見たところ 普通の人型ロボットにしか見えないが・・・」




鶴子
「では その機能のほどをお見せしましょう! ルーア 起動です!」




ルーア
「!!」ピピ!




鶴子
「ルーア こちらのマイクを浮かせてみなさい!」




ルーア
「・・・『マイク』確認・・・念力機能、オン」カッ!










ビビビビビビ・・・


記者
「すごい!本当にマイクが浮いてる!」


鶴子
「どうですか? ルーアには高性能のAIも備わっているのです!
 いずれ皆様の生活にも役立てるよう 改良を重ねていきたいと考えていますので
 ルーアをどうぞよろしくお願いいたします!」


パチパチパチパチ・・・











裕美
「へー!ロボットが超能力を使うんだ!」


八之助
「さすが 所長と鶴子さんとの共同開発なだけありますね!」


博太郎
「あれは人間だとまだ完全には出来ない『超能力の会得』に近づくための 実験用ロボだ・・・
 上手くいけば 今度こそ超能力者になれる薬が出来るかもしれんぞ!」


裕美
「そしたら 私もまた超能力者になれるかな!?」


八之助
「えぇ あの時みたいに負担のかからないのがきっと出来ると思いますよ!」


裕美
「いいなぁ ルーア・・・私も欲しいな・・・」




















その頃 司令室では・・・


ビート
「発表が終わったようですね・・・では 最初のミッションです!」ピッ!


ゲームマスターが ミッションを発動!










記者
「いやぁ すごいロボットだったな・・・」


記者
「戻ったら早速記事に・・・」





ビビッ!


記者×95
「「「・・・・・・!」」」


発表に出席した記者たちが 操作された・・・


===========










【80:40】


剣城
「ここなら 遠くから来るハンターも・・・」


記者×5
「「「・・・・・・」」」


剣城
「ん? 誰だ?」




記者
「剣城さん 彼女はいるのでしょうか!?」


記者
「今狙っている女性の方はいますか!?」


剣城
「!? な、なんだよ 急に!?」




記者
「そこのところ どうなのでしょうか!?」



「ちょっと 囲まないで・・・ハンター見えない・・・!」





記者
「どうか ハッキリしたご意見を!」


友希那
「なんなのかしら・・・」


突如 逃走者達を5人の記者が囲い始めた!










プルルル プルルル


気まぐれ
「メール・・・ミッションですね(^ω^)」


みく
「『ミッション@、現在逃走者全員を記者が5人ずつ囲って 逃走の妨害をしている』
 見ればそんなこと分かるにゃ!」


うまる
「『記者は予選終了までついてくるので このままでは本戦進出が難しくなる』
 こんな状態がずっと続くの〜?」


最原
「『彼らを追い払うには 他の逃走者と合流し
  お互いに腕に付いている装置の緑のボタンを同時に押さなければならない』」


一松
「『また、装置には赤のボタンも付いており
  それを押すと 自分についていた記者を相手に擦り付けられる
  ただし どちらも赤のボタンを押した場合は何も起こらない』」


ゆかり
「『装置はどちらかのボタンが押されると動かなくなるので 気をつけたまえ』
 つまり 片方しか押せないということね・・・」


逃走の邪魔をする記者達から抜け出せるか・・・?


残り時間 80:30
逃走者 残り19人

相田マナ 天海春香 イカ娘 伊藤誠 笛吹和義
気まぐれ クラッシュ・バンディクー 琴爪ゆかり 最原終一
Ga.c=evo. 潮田渚 剣城京介 土間うまる 西木野真姫
前川みく 松野一松 湊友希那 薬師寺さあや ゆうろ

その11 ( No.24 )
日時: 2019/10/17 23:30
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


MISSION@ 記者を追い払え

逃走者全員にそれぞれ5人ずつ記者がやって来て囲い取材を始めた。
彼らはゲーム終了まで付きまとい 逃走者を妨害し続ける。

記者を追い払うには他の逃走者と合流し、
逃走者の腕に付いている装置の緑のボタンを お互いに自分以外の逃走者に押してもらわなければならない。

装置には赤のボタンも付いており、相手の装置の赤のボタンを押すと
自分についていた記者5人が相手側に移動し 相手側の記者の数が10人となる。
ただし、2人とも赤のボタンを押した場合は どちらの記者も追い払えない。
また、装置はどちらかのボタンを押すとその後は機能しなくなるため、
追い払えるチャンスは1回のみである。





真姫
「こんなに記者がいたら 逃げづらいなんてもんじゃないわよ・・・」


記者×5
「「「・・・・・・」」」


記者達は常に逃走者を囲うように動き続ける。
走る時もピッタリついてくるため 逃走がかなり制限される・・・




クラッシュ
「くっそー どっちに何があるんだ・・・?」


記者×5
「「「・・・・・・」」」


加えて 記者は全員高身長揃い。
逃走者の視界を 360度遮る・・・




ハンターTP
「・・・・・・」


更に 今回のミッションの情報はハンターにも伝えられている。
そのため ハンターは対象の記者を見つけた時点で 確保へ向かうようになっている!
記者は5人もいるため ハンターから見れば非常に目立つ・・・




Ga.
「こっちからは見つけづらく ハンターからは見つけやすいって 理不尽すぎません!?」


記者を追い払えなければ 圧倒的に不利なままゲームを続けなければならなくなる・・・!




スイッチ
『とにかく 誰かを探すしかないな』


春香
「この状態で動くの怖いけど 絶対クリアしなきゃ・・・」


やむを得ず 他の逃走者を探し始める逃走者達。




ハンターLS
「・・・・・・」


しかし 現在逃走者達はハンターの視界に非常に入りやすくなっている。
移動するには 大きなリスクを背負わなければならない・・・




マナ
「さあやちゃん どこー?」


さあや
「こっちです こっち!」


マナ
「いた! あぁ よかった・・・」


既に行動を共にしていた マナとさあやのプリキュアコンビ。
すぐにミッションをクリアすることが出来る。




さあや
「腕 これですか?」


マナ
「そう それ!」


さあや
「記者の人 全然出してくれないなぁ・・・」


記者の鉄壁のガードの中から 必死に腕を伸ばす・・・




さあや
「まさか 赤のボタンを押したりは・・・」


マナ
「そんなこと絶対しないから! あたしを信じて!」


さあや
「分かりました いきます!」


ここでどちらかが赤のボタンを押せば 記者を相手に擦り付けることになる!
果たして 2人が選ぶのは・・・?




2人
「「「せーのっ!」」」


ポチポチッ!
























記者(マナ)
「「「・・・・・・」」」スタスタ


記者(さあや)
「「「・・・・・・」」」スタスタ




マナ
「やった! 記者さん達が離れていくよ!」


さあや
「マナさん ありがとうございます!」


押したのは どちらも緑のボタンだ・・・




マナ
「ふぅ〜 狭かったぁ・・・」


さあや
「ずっと続いてたら ゴシップニュースにまで踏み込んできそうだったかも・・・」


相田マナ 薬師寺さあや ミッションクリア




【79:30】


うまる
「さっきスイッチ君と別れなきゃよかった・・・」


みく
「他の逃走者・・・他の逃走者はどこにゃ・・・」


このミッションには制限時間がない。焦らずにクリアを目指したいところだ・・・




ゆうろ
「ここは電話するのが確実だよな・・・」


ゆうろは 電話で待ち合わせをする作戦に出る。


ゆうろ
「彼なら 大丈夫でしょ!」ピッピッピッ・・・


ゆうろが選んだ逃走者は・・・










プルルル プルルル


剣城
「電話か ゆうろさんからだな」


彼の好きなイナイレGOのキャラである 剣城だ。




ゆうろ
『もしもし 剣城?』


剣城
「ゆうろさん・・・もしかしなくても ミッションですよね」


ゆうろ
『まぁ そうだな・・・とりあえず 今どこにいる?』


剣城
「今は神社の近くにいますね」


ゆうろ
『お、近いな! じゃあ僕が行くから そこで待ってて!』


剣城
「あ、ありがとうございます・・・」


ゆうろ
『それじゃ また後で!』ピッ!




剣城
「俺の方から行っても良かったんだが 優しいんだな・・・」


ゆうろ
「剣城と合流して 一刻も早くクリアするぞ!」


ゆうろが剣城の元へ行くという形で 合流を約束した2人。
ハンターに見つかることなく 会うことが出来るか・・・





「これあれだろ ここまでのブロックにもあった信頼か裏切りかってやつだろ・・・」


このミッションでは 共にボタンを押す逃走者選びが非常に重要となる。



「とにかく 赤のボタンを押しそうな奴には絶対近づかないようにしないとな・・・」


果たして逃走者達は 誰を信用するのか・・・


残り時間 78:50
逃走者 残り19人

ミッションクリア

相田マナ 薬師寺さあや


ミッション未クリア

天海春香 イカ娘 伊藤誠 笛吹和義 気まぐれ クラッシュ・バンディクー
琴爪ゆかり 最原終一 Ga.c=evo. 潮田渚 剣城京介 土間うまる
西木野真姫 前川みく 松野一松 湊友希那 ゆうろ

Re: 逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜 ( No.25 )
日時: 2019/10/19 10:36
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

キラやば〜っ!ごきげんようです!

イカちゃんアイドル回、そういえばありそうで無かったかなあ。
シンディーがそっくりさんのアイドルに間違われる回はありましたね。
早苗といい愛子先生(渚姉)といい黙ってれば美人が集うイカ娘人間キャラである。


スタプリ25話!
浴衣回にして宇宙人コンビ、ララユニの邂逅回ですね!

金魚すくいでユニの「美味しそう…」が初めて発動したり
久々にえれまどが観星中の太陽と月のカリスマ性を発揮したり
観星中の金星こと姫ノ城さんに嫉妬されたユニが異星人と気づかれたと勘違いしたり
スマプリよろしくフワが危うくわたあめになりそうになったり
(こちらはすぐさま回収できましたが)
楽しい回でしたw
もちろんララが宇宙人プリキュアとしての先輩ぶりを発揮できたのも良かったですね!

あとは何より
我らがまどかさんの射的の時のほんのり嬉しそうなビックリ顔…からの
「はい 心して挑みます」のギャップが可愛すぎて(以下略)

てかどんな倒し方だよww



さて!

今回のドラマはサイキックロボ・ルールーの存在が大きな根幹となっているのですね!
Dブロックがえみるだったし、このエリアにピッタリで絵になりますからね。
そして安定の千鶴さん。

まずは逃走の邪魔をする記者を追い払うミッション!
どの道相手に緑を押してもらわないと記者を追い払えず
失敗すれば確保はほぼ確実になってしまうので
何とか緑を押してくれる相手を選びたいところですが…
ライバルを退場させたい人もいそうなので 一気にここで人数が減りそうかも
ただ減りすぎるとこの後のミッションにも響いてきそうです

まずはマナとさあやちゃんがクリア!ここは確実でしたね。
イカちゃんと姐さんの運命が気になるところです。

しかしいちごがよりによってまたもや最初の確保とは…
近くにいただけで災いを呼んでしまった誠、恐るべし…
これは絶対に近づいてはいかんぞ…

というわけで それでは!

逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜 ( No.26 )
日時: 2019/10/19 23:00
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


To.オーロラさん
あぁ やっぱりありませんでしたか?
もしそういう話があったなら イカ娘のことだから
アイドルとして人気になれば地上侵略に近づくと思って ノリノリでやりそうですよね。

現在ネタ作りのために ブッ〇オフで久々にイカ娘原作を読んでおりますが
相変わらず 周りのキャラが面白いですよねw
まぁイカ娘自体が不思議なキャラだから 周りも個性的でないと太刀打ちできないんでしょうけど。


さて スタプリ25話の感想!
夏祭りじゃ浴衣じゃみんな綺麗じゃヒャッハー!(落ち着け)

まだ仲間になりきれていなかったユニでしたが
祭りでの交流や戦闘での危機を通して ひかる達に少しだけ溶け込んだ感がありましたね。
金魚すくいで連続で失敗して 宇宙怪盗のプライドがズタズタになりかけた時など
くだけた顔を見せることが増えましたし ポンコツな一面も見えましたしね。
金魚は食べられることは暗殺教室の磯貝君が教えてくれたので 特に驚きませんでしたがw
ところで 綿あめにされたのはフワじゃなかったかな?

今回ユニの心を溶かしてくれたのは 同じ異星人のララ。
彼女も元は大人としての責任感から 他人の考えをあまり受け入れない姿勢でしたが
そこから柔軟な心の持ち主になったララが ユニに同じことを教えるのは感慨深かったですね。

まどかさんもお祭り行ったことなさそうだったから 彼女なりに楽しんでいるのが伺えて良かったです。
そして 覇王色の覇気が使えることも判明しました(ぇ


さて

今回のドラマには 所長とロボット開発課の共作により生まれた サイキックロボ・ルーアが登場。
えみルーは逃走者を決めた時点でプリキュアになっていなかったので
逃走者としては呼べなかったのですが 代わりにドラマ枠に出そう!ということで
Dブロックのえみるに続き このEブロックではルールーが出ることになりました。
千鶴さんの登場に関しては 単なる俺の欲望ですw

最初のミッションでは 逃走者全員に記者の邪魔が入るという新たな仕掛けが作動しました!
隠れることもままならないので なんとしてでも追い払わなければなりません。
その方法は 信用できそうな相手に緑のボタンを押してもらうという オーソドックスなもの。
しかし 予選は蹴落とし合いの場でありますから 裏切る者も現れるかもしれません・・・

運良く一緒に行動していたマナとさあやは 真っ先にクリア!
信頼関係もバッチリということで 危なげなく記者を追い払うことが出来ました。
残る17人はクリアとなるのでしょうか?

そして いちごが前代未聞となる 2度目の1番手確保となってしまいました。
Cブロックのいちかといい いちごキャラに妙に厳しいマスターライジングです・・・
この場では特に何もしませんでしたが やはり誠は要注意人物として扱われることになりそうです。

その12 ( No.27 )
日時: 2019/10/19 23:30
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


2人で装置のボタンを押し合い 付きまとう記者達を退けろ!




イカ娘
「私の理想としては 誰かは赤押して欲しいでゲソね・・・
 特に強そうな奴が記者のせいで捕まれば大きいでゲソよ!」


誰かが記者により確保されることを望むイカ娘。


イカ娘
「私は緑で安全にやって 後は心の汚い奴を信じるでゲソ・・・」


スタッフ
「自分は押さないんですか?」


イカ娘
「それはお互いに赤押したってことになりそうだから 危険じゃなイカ!」


侵略者でありながら リスクにはかなり怯えている・・・




最原
「弱ったな・・・見通しがいいと思ってここ選んだの失敗だった・・・」


運悪く エリアの中でも人通りが少なめの場所にいた最原。
今は記者に囲まれているため 非常に目立つ・・・


最原
「早くクリアしないと すぐにでも見つかりそう・・・」

























真姫
「まさか 閑静なところで先にハンターを見つける作戦が 裏目に出るとはね・・・」


その近くに 同じ考えを持っていた真姫・・・




最原
「えっ 誰かいる?」


真姫
「あら?あの人だかり・・・他の逃走者ね!」


互いに 記者に囲まれた状況を見て気づいた!




最原
「相手は真姫さんか・・・きっと大丈夫だと思うけど・・・」


真姫
「最原君こそ 赤押したりしないわよね?」


最原
「僕は押さないよ!」


真姫
「本当ね?」


お互いに顔がよく見えないため 探り合いの時間も長い・・・




真姫
「じゃあ 押すわよ!」


最原
「うん!」


2人
「「せーのっ!」」


ポチポチッ!






























記者
「「「・・・・・・」」」スタスタ


最原
「やった 両方ともどこか行った!」


真姫
「よかった・・・あなたを信じて正解だったわ」


最原終一 西木野真姫 ミッションクリア




ゆかり
「1回裏切られたらもうおしまいというところが怖いところね」


装置のボタンを押せるのは1回のみ。
1度赤のボタンを押されたら 記者を追い払う手段はなくなる・・・


ゆかり
「出来れば しっかり考えて選んだ相手を呼んだ上で クリアしたいわね」


ゆかりは 偶然の出会いに懸けるのはリスクが高いと踏んでいるようだ。




スイッチ
『普通の通行人には反応しないから これで記者ごと隠そう
 名付けて 「木を隠すなら森の中」作戦だ』


人の多い大通りにいるスイッチ。


スイッチ
『ハンターはより見つけづらくなるだろうが 心配することはない
 オタクは人混みの中でもお目当ての人を見つけられるよう 訓練を積んでいるのだよ』

























ハンターLS
「・・・・・・」


そこへ ハンターが接近・・・




スイッチ
『!! 早速来たな』


スイッチが 人混みの中でいち早くハンターに気づいた!


スイッチ
『あの横道まで逃げよう』


ハンターに見つからずに その場を離れられるか・・・




ハンターLS
「・・・・・・」




スイッチ
『ここをこう抜いて・・・』




ハンターLS
「・・・・・・」



スイッチ
『よし いけるな』ダッ!








































記者
「・・・・・・」


ハンターLS
「・・・・・・!」ダッ!


しかし 記者がハンターの視界に入ってしまった!




スイッチ
『いや〜 危ないところだったぜw』


スイッチは気づいていない!




ハンターLS
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


スイッチ
『やはり 更に人を増やせばカモフラージュ出来るな』










ハンターLS
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


ピピ!
【USUI】


スイッチ
『しかし そう長くはいられ・・・(゚Д゚)』ダッ!




ハンターLS
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


スイッチ
『くっ どかないか!』


記者×5
「「「・・・・・・」」」タッタッタッ・・・


記者達も走り スイッチを囲いの中から出させない・・・




スイッチ
『も・・・もうだめぽ・・・』


ハンターLS
「・・・・・・」タッタッタッ・・・











スイッチ
『残念だったな!』ポン!


76:47
笛吹和義   確保
   残り18人


スイッチ
『改心して真面目にやろうとしたらこれだよwwwwww』


スタッフ
「・・・最後の捨て台詞はどういうことですか?」


スイッチ
『スマブラやってる人なら分かるだろう』


ヒントは 中の人だ・・・




プルルル プルルル


うまる
「あぁ! スイッチ君捕まっちゃった・・・」



「前の罪を償うって 張り切ってたんだけどなぁ・・・」




記者×5
「「「・・・・・・」」」


一松
「こ、こっち見んなって・・・マジでキレるぞ・・・」


依然として路地裏に隠れている一松。
しかし 記者は隠れず立っているため バレバレだ・・・


一松
「誰かここに来い・・・視線が気になっておかしくなりそうだ・・・」


動かないと他の逃走者と合流することは難しいのだが 一松はそれでも動かない・・・




剣城
「ゆうろさん 途中でハンターに見つかってないといいんだが・・・」


神社前にてゆうろを待つ 剣城。


剣城
「この状態じゃ 見つからない方が難しいからな・・・」




















ゆうろ
「剣城 お待たせ!」


剣城
「あ、ゆうろさん こっちです!」


そこへ ゆうろが無事に到着!




ゆうろ
「じゃあ 押すからね!」


剣城
「はい お願いします!」


この2人は 迷いも探りもない・・・


2人
「「せーのっ!」」


ポチポチッ!






























記者
「「「・・・・・・」」」スタスタ


剣城
「よし 行った・・・」


ゆうろ
「これで一安心だな!」


ゆうろ 剣城京介 ミッションクリア




友希那
「誰を信じたらいいのか 分からないわね・・・」


まだクリアしていないのは12人。全員 記者を追い払えるか・・・


残り時間 76:00
逃走者 残り18人

ミッションクリア

相田マナ 最原終一 剣城京介 西木野真姫 薬師寺さあや ゆうろ


ミッション未クリア

天海春香 イカ娘 伊藤誠 気まぐれ クラッシュ・バンディクー 琴爪ゆかり
Ga.c=evo. 潮田渚 土間うまる 前川みく 松野一松 湊友希那

Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。