二次創作小説(映像)※倉庫ログ

逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜
日時: 2019/09/17 21:01
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw

逃走中マスターライジング Eブロックが開幕!
舞台となるのは「逃走中〜伝説のエスパー少女〜」が行われた「祭菊町」。
果たして20人の逃走者の内 本戦に進出するのは誰だ!?


〜Eブロック 逃走者〜
相田マナ(ドキドキ!プリキュア)
天海春香(アイドルマスター)
イカ娘(侵略!イカ娘)
伊藤誠(School Days)
笛吹和義(SKET DANCE)
気まぐれ(募集参加)
クラッシュ・バンディクー(クラッシュ・バンディクーシリーズ)
琴爪ゆかり(キラキラ☆プリキュアアラモード)
最原終一(ニューダンガンロンパV3)
Ga.c=evo.(募集参加)
潮田渚(暗殺教室)
剣城京介(イナズマイレブンGO)
土間うまる(干物妹!うまるちゃん)
西木野真姫(ラブライブ!)
星宮いちご(アイカツ!)
前川みく(アイドルマスターシンデレラガールズ)
松野一松(おそ松さん)
湊友希那(BanG Dream!)
薬師寺さあや(HUGっと!プリキュア)
ゆうろ(募集参加)
(50音順・敬称略)


※今回はブロック毎に別々のスレで執筆します。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜 ( No.98 )
日時: 2020/01/06 23:02
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


To.オーロラさん
どうも あけおめですー!
今年中にマスターライジング完結・・・できたらいいなぁ

パネルが急に曲がったお陰でハンターを回避する奇跡を起こしたイカ娘。
思わぬ味方の力も借りて 予選突破へ一歩ずつ進んでおります。
この勢いのまま まずはボックスのヒントを獲得なるか?

そのボックスのヒントを最初に獲得したのは友希那。
1つ分かるだけでも大分有利になりますからねー・・・
まだ最大2人にチャンスがありますが これをモノにする逃走者は現れるのでしょうか。

ミッションで活躍が期待されるゆかりさんですが なんとここまで見つけたパネルはまさかの0枚。
おまけにみくにゃんに狙われていると 結構な確率で災難に遭ってます。
口では余裕そうですが 心の中じゃ本当は・・・?

そして ハンター放出阻止のアシスト役を買って出たGa.さん。
ただ 正解のパネルを手に入れなければ始まりません。
果たして 残る8枚の中から正解を見つけ出せるのでしょうか!?

その46 ( No.99 )
日時: 2020/01/06 23:30
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


ーーーーーーーーーーー
牢獄



「帰って来たよ」



「あー ちくしょう・・・いい金額まで貯めてきたのに」


ゆうろ
「誠! 春香の顔見て!」




春香
「・・・・・・」ジー・・・


一松
「アイドルとは思えねぇ顔だな・・・」


いちご
「とりあえず謝った方がいいんじゃない?」



「う・・・だって まだ他にも終わってない奴はいただろ!
 それなのに わざわざ俺なんかを選ぶからだ!」


剣城
「開き直ったぞ・・・意地でも謝らないつもりか」




春香
「でも 誠君がやろうって言ったんだよ?」



「そ、それは・・・」


さあや
「論破されちゃったね・・・」


真姫
「諦めなさい 何を言っても無駄だから」




スイッチ
『それでは聞いてください 「悲しみの向こう」です どうぞ』カチッ


♪〜


春香
「♪悲しみの〜 向こうへと〜」



「おい! 何かにつけてその曲でいじるのやめろ! っていうかお前の曲じゃねぇよな!?」

ーーーーーーーーーーー










【22:30】


友希那
「先に場所が分かるというのはありがたいわね」


先ほど 転送ボックスの出現場所が印されたパネルを獲得した友希那。


友希那
「ハンター5体が出ても すぐ入れるなら問題ないわ」


転送ボックスにさえ入れば十分と考え ここでミッションから降りた・・・


友希那
「神社の近くで隠れて待ちましょう」


果たして この姿勢が後にどう出るのか・・・?




イカ娘
「そろそろ誰かが転送ボックスのパネルを手に入れてそうでゲソね・・・」


一方 転送ボックスの場所を知りたいイカ娘。


イカ娘
「そいつがそれで満足してたらいいんでゲソが もう1枚手に入れたらヤバいでゲソ・・・」




パネル
「・・・」フヨフヨ


パネル
「・・・」フヨフヨ


残る8枚のパネルのうち 2枚には別の転送ボックスの出現場所が描かれている。
複数枚取れば 本戦進出に更に有利となる・・・




クラッシュ
「くそー・・・このままじゃ終われないぞ! オイラだって活躍してやるんだ!」


どうしても見せ場を作りたい クラッシュ。


クラッシュ
「今年はネズミ年だからな きっと運も向いているはずだぜ!」


実際にはネズミに似ているというだけだが 2020年をクラッシュイヤーに出来るか・・・




Ga.
「来ました来ました! ここは外さずにいきましょう!」


パネル
「・・・」フヨフヨ


Ga.が 2枚目となるパネルを発見!




Ga.
「はい 今!」カチッ


パーン!





ピタッ


Ga.
「オッケーオッケー 当てました!」


今度は 当たりのパネルか・・・?




















『ハズレ』


Ga.
「あぁー・・・2連続だと心にくるな・・・」


またも ハズレ・・・
これで残るパネルは 7枚となった。





パネル
「・・・」フヨフヨ


最原
「あっ! 今度こそ当たりのパネルかな・・・」


最原も2つ目のパネルを見つけた!




パネル
「・・・」クルッ


最原
「あっち曲がった! 追いかけよう!」

























ハンターKR
「・・・・・・」


最原
「う うわっ!?」


曲がった先に ハンターがいた!




最原
「は、早く戻らなきゃ!」


慌ててUターンし 元の位置へ・・・





















ハンターKR
「・・・・・・」


幸い ハンターは最原に背を向けていたため 気づくことはなかった・・・




最原
「見つからなかったけど パネル行っちゃったか・・・」


しかし この取り逃がしは痛い・・・




気まぐれ
「これ 正解のパネルをみんなに教えたとして 誰が行くかで問題になりそうですよね」


ミッションクリアには 誰かがビルの屋上にあるレバーを下ろす必要があるが・・・


気まぐれ
「多分みんなボックスのヒント欲しがるでしょうから ギリギリまで行かないと思うんですよ・・・
 かくいう僕もその一人ですけどね・・・」


レバーを下ろしに向かう逃走者は パネルを獲得する権利を捨てなければならない。


気まぐれ
「既にヒント手に入れてれば 話は別でしょうけど
 ただ 他の誰かにヒント手に入れて欲しくないっていうジレンマを抱えてます・・・」


ボックスのヒント付きのパネルが ミッションクリアの思わぬ障害となる・・・




ゆかり
「あと6分近くね・・・これだけ探して一つもないって どういうことかしらね?」


未だパネルを見つけられず ご機嫌斜めなゆかり・・・















パネル
「・・・」フヨフヨ


ゆかり
「あら・・・まったく 遅すぎるのよ」


そんな彼女に ようやくパネルが飛んできた・・・




ゆかり
「やっと私も貢献出来るわね」


パネルの元へ 駆け寄る・・・

























みく
「!! 見つけたにゃあ・・・!」


しかし 偽ハンター・みくに見つかった・・・!




みく
「ゆかりチャン 気づいてないにゃ・・・いくなら今しかないにゃあ!」


ゆかりVSみく ついに決着か・・・!?


残り時間 21:00
逃走者 残り9人

相田マナ イカ娘 気まぐれ クラッシュ・バンディクー
琴爪ゆかり 最原終一 Ga.c=evo. 前川みく 湊友希那

その47 ( No.100 )
日時: 2020/01/08 23:30
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


ゆかり
「よしよし いい子ね・・・」


パネルを狙う 琴爪ゆかり・・・




みく
「そーっと そーっと・・・」


その背後から 偽ハンター・みくが迫る!



ゆかり
「にゃーお♪」カチッ


ポーン!




ピタッ


ゆかり
「ふぅ これで1枚ね」


ゆかりはパネルに夢中で気づいていない!





みく
「あとちょっとにゃ・・・!」


徐々に距離を詰める・・・













































ポン!









ヒュン!


みく
「・・・へ?」


ゆかり
「あら?」




クラッシュ
「ハンターめ・・・ゆかりはオイラのものだぞ!」


みく
「そ、そんにゃああああああっ!!?」


クラッシュがカウンターグローブをはめた手で みくに触った・・・!!





=回想=


みく
「そーっと そーっと・・・」


クラッシュ
「ん? あれ ハンターか・・・うわあ! ゆかりがピンチだ!」


ゆかりを狙うハンターを目撃した クラッシュ・・・




クラッシュ
「ちょっと待てよ・・・おかしいぞ! ハンターがこっそり追いかけるはずがない!
 オイラの時は全力で走って来てたもんな!」


その挙動から偽ハンターと確信し 背後からカウンターを仕掛けに動いた!


=回想終わり=





クラッシュ
「いやぁ〜 ゆかりを助けられてよかったぜ!」


ゆかり
「うふふ ありがとね♪ ・・・さて そろそろ逃げましょう」




みく
「そうはいかないにゃ! こうなったら道連れにしてやるにゃあ!!」





ピピ!


 −−−−−−−−−
 |        |
 |        |
 |    ●ーーー|ー【MAEKAWA】
 |        |
 −−−−−−−−−


ハンター×3
「「・・・・・・!」」


エスケープミッション失敗のペナルティで みくの発信機が起動!
3体のハンターに位置情報が伝わってしまった!




ゆかり
「彼女は私狙いだから パネルをよろしくね」


クラッシュ
「おう! 任せとけ!」ギュルルル・・・




みく
「逃がさないにゃー!」




ハンターTP
「・・・・・・」


ハンターは 3人のすぐ近くにいる・・・




ゆかり
「いち早く隠れないとね・・・」




クラッシュ
「巻きながら走るの 意外と疲れるな・・・!」ギュルルル・・・




みく
「ゆかりチャンはこっちに逃げたはずにゃ・・・」




ハンターTP
「・・・・・・!」ダッ!


見つかったのは・・・








































ピピ!
【MAEKAWA】


みく
「にゃーっ!? 横からぁーーー!?」


みくだ・・・




ハンターTP
「・・・・・・」タッタッタッ・・・


みく
「も、もう体力が・・・」










ポン!


みく
「あぁ〜・・・」ガクッ


20:04
前川みく   確保
    残り8人


みく
「しばらくここで泣いてるから ほっといてほしいにゃ・・・ぐすん・・・」


スタッフ
「そ、そう言われましても・・・」


猫キャラ対決は みくの完敗に終わった・・・




プルルル プルルル


イカ娘
「『クラッシュ・バンディクーが偽ハンター・前川みくへのカウンターに成功
  みくの発信機が起動し 確保された』おぉっ! 素晴らしいじゃなイカ!」


気まぐれ
「そういやみく見なかったな・・・というか 地味にアイドル全滅ですね」




ゆかり
「ネコがネズミに助けられるなんて 世界は不思議に溢れてるわね」


ちなみに ゆかりが手に入れたパネルはハズレだった。




最原
「ひとまず 偽ハンターはもう気にしなくていいのか・・・」


偽ハンターが2体ともエリアから去り ハンターの数は3体に戻った・・・




ハンター×5
「「「・・・・・・」」」


しかし ハンターリムジンを停止させなければ ハンターの数は8体となってしまう!
エリアに到着するまで 5分を切っている・・・!




【19:50】


Ga.
「流石にそろそろ正解を見つけないと 間に合わないな・・・」


現在逃走者達が手に入れたパネルは全部で9枚。
正解のパネルは 残る6枚のうち1枚のみだ・・・


Ga.
「飛んでる数も減っちゃってるから 全然見つからなくなっちゃったし・・・」


エリアを飛ぶパネルが半数以下となり 遭遇率もかなり低くなっている。


Ga.
「見つけたら 絶対逃がさないようにしないと・・・」


ここからは 取り逃がしは致命傷となる!




友希那
「ここなら 見つからないかしらね・・・」


転送ボックスが出現する神社付近に隠れる友希那。


友希那
「出来ればハンター放出は阻止してほしいわ・・・」


自分が阻止に動く気は あまりないようだ・・・





マナ
「あった! 飛んでる!」


パネル
「・・・」フヨフヨ


マナが2枚目のパネルを発見!




マナ
「絶対 外さないっ!」カチッ


ポーン!




ピタッ


マナ
「お願い 次こそ正解出て・・・」ギュルルル・・・


パネルの表面は・・・

























『ハズレ』


マナ
「え〜・・・また〜!?」


ハズレだ・・・


マナ
「どうしよう 時間がないよ〜!」


これで逃走者が獲得したパネルは計10枚に!
未だ正解のパネルが出ない中 ハンター放出の時が迫る!


残り時間 19:20
逃走者 残り8人

相田マナ イカ娘 気まぐれ クラッシュ・バンディクー
琴爪ゆかり 最原終一 Ga.c=evo. 湊友希那

Re: 逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜 ( No.101 )
日時: 2020/01/10 21:51
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

ごきげんようです!

正月の逃走中 なんとか観れました!
今回は新型ハンターを使ったハンターゾーンに特化したゲームという印象でしたね!

いつもはあまりVIPチャレンジャー的な人は応援しないのですが
去年はラグビーで熱狂させてもらったので今回は福岡選手をものっそい応援してました。
キッズハンターにより思わぬ確保(10体は多かったかねぇ)となってしまいましたが
復活してからのパルクール戦や終盤の怒涛の逃走劇は流石、見事の一言でした。

逃走成功はミキの兄の方こと昂生さん!これは予想できなかったなあ
ショッピングモール系エリアで難しい柱隠れを成功させたり
あまり画面では見れなかったけど、なかなかクレバーな逃走スキルを持ってたのかな、と。
Twitterによると朝日奈央さんにも何かごちそうしたそうで めでたしめでたしです。

キッズハンターのミッションで弟(亜生さん)に先に行かれたり
弟のエピソードを話そうとしたら電話切られたり
パルクール戦で蚊帳の外でぼやいてたのがもうねw
とはいえその出る幕の無さが逆に逃走成功につながったともいえるから分からないものです


・DAIGO「KK(北川景子)がKK(体に気をつけて)」
・シングルDAIGO
・2020年初DGDG
・そっくりなHIKAKINと酒井さん
・提供バックでのネタバレは卑怯ですよ
・もうちょい輝星ちゃんができそうなミッションも混ぜてほしかったかな
・もうちょいりんごちゃんのモノマネ見たかった

後はこんなもんですかね
イケメン・ガチ枠が多くてイマイチ印象に残るネタが少なかった(ぇ


さて

にゃーお♪した姐さんが捕まるはずがない!
クラッシュのおかげで姐さんがニセハンター・みくにゃんを突破!
クラッシュを手懐けていたのが ここで効きましたね!
これで後はミッションクリアからのボックス争いへ 舞台が切り替わっていきますね。

残るはパネルは5枚で、そのうちビルが1枚、ボックスが2枚か
見つけられさえすれれば かなりの高確率でミッションクリア・ボックス発見が近づいてきますね。
とにかくイカちゃんも姐さんもここまで来たので
まずは最後のミッションがクリアできなかったという事態だけは避けてほしいところです。

そしてもちろん誠にご立腹の春閣下(ぇ あなおそろしや…
最後の最後まで謝らなかったのはまさに誠(「まさに外道」のノリで)といったところでしょうか

というわけで それでは!

逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜 ( No.102 )
日時: 2020/01/10 23:00
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


To.オーロラさん
前回が良すぎたせいもあってか 今回は若干クオリティが落ちた感じがしました。
ただ それでも楽しめるところは沢山あってよかったとは思います!

今回の目玉ゲストの福岡選手。
一番の鬼畜ミッションだったキッズハンターでいきなりの脱落には 流石に驚きましたw
亀田興毅さんしかり 逃走中はガチってことをひしひしと感じました・・・
ただ 復活を果たしてからはしっかりと活躍を見せてくれましたね!

そして 逃走成功を果たした昂生さん。
デブだし基本的にいじられ役だし 逃走成功予想は最下位も同然でしたが
弟と同じサッカー部出身ということもあって 足もそれなりに速く
随所に見られた逃走力の高さが どことなくロッチ中岡さんと同じ部分を感じました。
弟思いの部分や 最後のミッションで手柄を横取りしない優しさなども見えて
俺の中で今回一番好感度が上がりました!

ネタで目立っていたのは やはりDAIGOさんですね。
他にも公文で学んだらしい(?)ハンターからの逃げ方を披露したり
輝星ちゃん相手にお父さんぶりを発揮したりと
JOYさんやキスマイ宮田さんを彷彿とさせるキャラを見せてくれました。

輝星ちゃんは正直なところ ガチすぎる今回の逃走中においてはミスキャストだったかな・・・
本田望結ちゃんの時も誘惑の扉という鬼畜な仕掛けはあったけど 彼女でも出来るミッションがあった分
やはりミッションにおける配慮が足りないと感じてしまいました。
ただ ランドセルいっぱいのお菓子に関しては おじちゃんは何も言えませんw


・スタート直後なぜか棒立ちのりんごちゃん
・岡崎紗絵ちゃんのヒロイン力(工藤さんのサポートも良かった)
・酒井さんが見つかった時のナレーション「見つかったのは純烈だ・・・」
・暗証番号打ち間違えてるのにミッションクリア

他にはこんなところでしょうかね。
とりあえず期間は空けていいので しっかり休んでから
次回作で練りに練ったものを出して欲しいと思いました。


さて

猫キャラ対決はゆかりさんの圧勝!
最後は人としての魅力の差が 明暗を分ける形となりました。
みくにゃんは最後の最後まで足掻きましたが かませ猫脱却はならず・・・
そんな強敵を打ち破った勢いで ゆかりさんはこのまま予選突破となるか!?

一方ミッションは 既に放出まであと4分近くを切っていますが
中々当たりのパネルを見つけることが出来ていません。
見つけられる確率もかなり下がってますので 結構なピンチではあります。

牢獄では 春閣下の尋問が始まった模様ですw
そして誠は謝るどころか クズな自分を選んだ春香が悪いと開き直る始末。
この後牢獄に来るかもしれない逃走者は 凄く気まずい牢獄に入るかもしれません(ぇ

その48 ( No.103 )
日時: 2020/01/10 23:31
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


ハンター×5
「「「・・・・・・」」」


残り15分までにレバーを下ろし ハンター5体の放出を阻止せよ!




最原
「さっきよりエリアの状況が酷くなってる・・・」


トラック
「・・・」フヨフヨ


エリアではルーアの超能力エネルギーによる被害が どんどん拡大している・・・


最原
「恐らくこの状況の原因があるところに レバーもあると思うけど・・・
 発生源の手がかりがない以上は どうしようもないな・・・」


過去のゲームの傾向から エリアに起きた出来事とミッションがリンクしていると推理する最原。
推理は正しいが 両方止めるには正解のパネルを見つけるしかない!




Ga.
「もうだいぶパネル減っていますよね・・・」


現在エリアを飛んでいるパネルは 全部で5枚。
その内訳は正解が1枚、ボックスのヒントが2枚、ハズレが2枚となっている。


Ga.
「ボックスのヒントのパネル 何枚残ってるでしょうか・・・」


ただし 逃走者達はこの事実を知らない・・・





【19:00】


ハンター放出まで 4分!




クラッシュ
「ゆかりを助けただけじゃなくて 偽ハンターも倒しちゃったぞ!」


先程 偽ハンターの予選免除を阻止したクラッシュ。


クラッシュ
「しかもゆかりのやつ 別れる直前にオイラの顔見てウインクしたんだぜ!
 これってオイラに惚れたってことで間違いないよな! ひゃっほ〜い!!」


この状況でも 鼻の下が伸びる・・・




ゆかり
「クラッシュに渡したパネル 何だったのかしら」


一方 そのクラッシュに助けられたゆかり。


ゆかり
「彼には是非本戦にも来てもらいたいわね
 そんな気持ちも込めて さっきウインクしたのだけれど・・・伝わったかしらね?」


ゆかり自身も クラッシュに興味が湧き始めてきたようだ。




イカ娘
「あったでゲソ!」


パネル
「・・・」フヨフヨ


イカ娘が パネルを見つけた!




イカ娘
「コツはもう 掴んだでゲソよ!」カチッ


ポーン!










ピタッ


イカ娘
「もうそろそろ 当たってもいいんじゃなイカ・・・?」ギュルルル・・・


時間的もここで当たりを引きたいが 果たして・・・




















『ハズレ』


イカ娘
「なっ・・・ぐぬぬ 本当に当たりがあるんでゲソか・・・!?」


これで ハズレはついに残り1枚に・・・




Ga.
「うわっ いた・・・」


ハンターKR
「・・・・・・」


Ga.は ハンターを見つけた・・・




Ga.
「ここに隠れるしかないな・・・」


物陰でハンターをやり過ごす作戦に出る・・・




ハンターKR
「・・・・・・」


Ga.
「来るな 来るな・・・」

























ハンターKR
「・・・・・・」


Ga.
「行ったか・・・」


上手くやり過ごせたようだ!


Ga.
「ミッションが瀬戸際の時に限って よく出ますよね・・・」




パネル
「・・・」フヨフヨ


気まぐれ
「!! よし チャンス来た!」


次にパネルを見つけたのは 気まぐれだ!




気まぐれ
「こっちに来ることは間違いないはず・・・」


パネル
「・・・」フヨフヨ




気まぐれ
「来た! はい 今!」カチッ


ポーン!




















ピタッ


気まぐれ
「あと3分ですから お願いしますよ!」ギュルルル・・・


このパネルは正解のパネルか 転送ボックスのパネルか それともハズレか・・・?






























気まぐれ
「あっ! 何かビルが写ってます・・・!」


パネルに描かれていたのは とあるビル・・・










気まぐれ
「えっと・・・『このビルの屋上にレバーがある』!! やった 当たった!」


計12枚目にして ついに正解のパネルを手に入れた!


気まぐれ
「もう時間無いので とりあえず皆に教えます!」ピッピッピッ・・・


一斉メールで ビルの場所を伝える!




プルルル プルルル


マナ
「メールだ! 気まぐれさんから!」


FROM:気まぐれ
正解のパネル ゲットしました!
【パネルの写真】


ゆかり
「これは・・・タ〇ーレコードに似ているビルね」


友希那
「場所も外観も分かりやすいわね あとは誰が行くかだけど・・・」


停止レバーがあるのは エリア東側のCDショップのビルだ!




クラッシュ
「行かないといけないけど ヒントも欲しいな・・・」


イカ娘
「私はまだ ヒントを狙うでゲソよ!」


しかし やはり転送ボックスのヒントが欲しいあまり 行きたがらない逃走者がいる・・・




ハンター×5
「「「・・・・・・」」」


既にハンター放出まで3分を切っている!
果たして ミッションクリアとなるのか!?


残り時間 17:50
逃走者 残り8人

相田マナ イカ娘 気まぐれ クラッシュ・バンディクー
琴爪ゆかり 最原終一 Ga.c=evo. 湊友希那

その49 ( No.104 )
日時: 2020/01/12 23:30
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


気まぐれにより ハンターリムジンを停止させるレバーがあるビルが判明した!
あとはそのビルまで行き レバーを下ろすだけだが・・・




ゆかり
「レバーまで遠いわね・・・それだったらボックスのヒントを狙った方がいいわ」


最原
「僕の足じゃ 時間内に間に合わない可能性が高いな・・・」


ボックスのヒントの存在もあり 中々動く者が現れない・・・





友希那
「出来れば 体力は温存したいのだけれど・・・」


唯一ヒントを既に獲得している友希那も 動く気はない・・・





ハンター×5
「「「・・・・・・」」」


逃走者が悩む間にも 5体のハンターはエリアに近づいてきている!












マナ
「距離は・・・大丈夫 行けそう!」


そんな中 マナが動いた!


マナ
「誰かがやらないと 誰も予選を超えられないよ・・・レバー下げに行かなきゃ!」


ボックスのヒントは捨て ハンター放出の阻止を目指す!




クラッシュ
「やっぱり パネル探してる場合じゃないな・・・ビルに行くぞ!」


クラッシュも レバーを下ろしに向かう!


クラッシュ
「ここでも活躍して もっともーっとモテモテになるんだい!」


ビルに向かうのは マナとクラッシュの2人!
既に残り時間は少ないが 間に合うか!?




Ga.
「そうだ 写真撮っておかないと!」


ここで Ga.が約束通り念写カメラを使った!





パシャッ! ウィーン・・・


Ga.
「これをメールで・・・!」ピッピッピッ・・・




プルルル プルルル


友希那
「今度はGa.さんからメールね」


FROM:Ga.
ハンターの今の居場所送りますんで レバーお願いします!
【念写カメラの写真】




マナ
「わあ ありがとう! すっごく助かるよ!」


クラッシュ
「よし こっち走れば素早くいけるな!」


写真を頼りに 目的地までの理想的なルートを導き出す2人!




Ga.
「今回のルール上 全員に見せるの気が引けるところでしたけど・・・
 まあ 誰が動くのか分からないですからね・・・」





イカ娘
「うわっ この近くにいるじゃなイカ!」


ハンターLS
「・・・・・・」


実際 イカ娘の近くにハンターがいたことを 写真が教えていた・・・




気まぐれ
「ここは誰かに任せて 自分はパネル獲ろうと思います(^ω^)」


気まぐれも ボックスのヒント獲得を狙う・・・


気まぐれ
「まだ当たりが残ってると信じたいですね・・・」




パネル
「・・・」フヨフヨ


パネル
「・・・」フヨフヨ


現在 3枚のパネルが飛んでおり その内の2枚がボックスのヒント付きである。
見つけて獲得すれば 予選突破に大きく近づく・・・




【17:00】


5体のハンター放出まで 2分!




マナ
「レバーがあるビルはあっちの方向だよね!」


目的地のビルまで走るマナ!


マナ
「で 右のルートに行くとハンターにぶつかるから 真っ直ぐ行く!」










ハンターTP
「・・・・・・」


右のルートには 本当にハンターがいる・・・




マナ
「こっちには・・・来てない! いけそう!」


写真の効果は 抜群だ!




パネル
「・・・」フヨフヨ


一方 エリアを飛ぶパネル・・・




「・・・あっ!」


誰かが その姿を捉えた! それは・・・







































最原
「もしかしたら あるかもしれないぞ・・・」


最原だ!!




パネル
「・・・」フヨフヨ




最原
「よし 来い」カチッ


ポーン!




















ピタッ


最原
「付いたけど ここからが問題だ・・・」ギュルルル・・・


パネルを獲得・・・




最原
「表に何か描かれていたら そこに転送ボックスが出るってことだよね・・・」


パネルは当たりか ハズレか・・・!?








































最原
「・・・っ! テレビ局のようなものが映ってる!」


パネルの表面には テレビ局!
見事 転送ボックスのヒントを手に入れた!




最原
「やった・・・今日は嘘みたいについているな
 もしかしたら 逃げ切れるかもしれない・・・!」


これで最原はヒントに念写カメラと 予選突破に向け盤石の態勢を整えた形に!




イカ娘
「もう時間がないでゲソ・・・なのに中々2枚目のパネルが見つからないでゲソ!」


残るパネルは2枚 ヒントがあるのはどちらか片方のみだ・・・


イカ娘
「出来る限り ギリギリでクリアするでゲソよ・・・探す時間をくれでゲソ!」


ミッションが終了した瞬間 パネルは消えてしまう!
それまでに最後の1枚を獲得する者は現れるか!?




クラッシュ
「もう1分20秒!? 走らないと間に合わないか!?」


そして ハンター放出は阻止出来るのか!?


残り時間 16:20
逃走者 残り8人

相田マナ イカ娘 気まぐれ クラッシュ・バンディクー
琴爪ゆかり 最原終一 Ga.c=evo. 湊友希那

その50 ( No.105 )
日時: 2020/01/14 23:30
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


ハンター放出の時まで あとわずか!


友希那
「本当に祈るしかないのね・・・」


Ga.
「お願いしますよ・・・予選のルールでハンター8体はシャレにならないですから・・・」




ハンター×5
「「「・・・・・・・」」」


レバーを下ろさなければ ハンターが5体放出され合計8体に! 予選突破は困難となる!




マナ
「あとはこっちの道を行けば ビルだよね!」


クラッシュ
「よーし 一気に行くぞー!」


レバーを下ろしに向かうのは この2人!




気まぐれ
「やっぱり 中々見つからないものですね・・・」


イカ娘
「1つ分かってるだけでも だいぶ違うでゲソよ・・・!」


一方 他の逃走者はボックスのヒント付きのパネルを狙う!




パネル
「・・・」


パネル
「・・・」


ボックスのパネルは あと1枚!
ハズレのパネルもある中 見つけ出すことが出来るのか!?





【16:00】


5体のハンター放出まで 1分!




マナ
「あった! このビルだね!」


マナが レバーのあるビルに到着!


マナ
「結構高いな・・・あと1分で屋上まで行けるのかな・・・?」




エレベーター
「・・・」


マナ
「あっ エレベーター使えるんだ! 助かった〜!」ポチッ




エレベーター
「下へ参ります」


マナ
「早く来て〜・・・」


エレベーターで 屋上を目指す・・・





ハンターTP
「・・・・・・」


クラッシュ
「うわっ くそ!」


クラッシュは 居場所を知っていたはずのハンターに邪魔される・・・


クラッシュ
「駄目だ もう間に合わないぞ・・・」


どうやら ハンターの動きを読めなかったようだ・・・




最原
「僕は先にテレビ局へ行こう・・・」


既に一つのボックスの出現場所を知っている最原。


最原
「ミッションクリアしてほしいな・・・場所分かってても ハンターに捕まったら意味がないからね・・・」


優位に立っていても 決して油断は出来ない・・・




【15:30】


5体のハンター放出まで 30秒!




ウィーン・・・


マナ
「開いた! 早く屋上まで行かなきゃ!」


エレベーターが マナのいる1階に到着!




マナ
「もう30秒しかない! 間に合ってぇ〜・・・」


エレベーターが屋上に着くのが先か ハンターが放出されるのが先か!?




Ga.
「1秒あれば パネルは取れますから・・・」


ゆかり
「このチャンスに取っておきたいわよね」


気まぐれ
「こっちにはないですかね・・・?」


イカ娘
「パネル 出てくるでゲソー!」


一方 ボックスのヒントを狙う 4人・・・










パネル
「・・・」フヨフヨ


誰かの近くに パネルが飛来・・・!





「・・・あっ!」


その逃走者は・・・





































イカ娘
「ついに来たでゲソーーー!!」


パネル
「・・・」フヨフヨ


イカ娘だ!!




イカ娘
「落ち着くでゲソ 絶対外しちゃイカんでゲソよ・・・!」


パネル
「・・・」


じっくりと パネルを狙う・・・




イカ娘
「もらったでゲソ!」カチッ


ポーン!

























ピタッ


イカ娘
「頼むでゲソ・・・このパネルに全てがかかってるでゲソ!」


時間的にも これがラストチャンスとなる・・・




イカ娘
「さあ 当たれでゲソ!!」


果たして・・・?
















































『ハズレ』


イカ娘
「」


最後のハズレが ここで出てしまった・・・










そして ハンター放出 10秒前!




ウィーン・・・


マナ
「着いた! レバーはどこだろう・・・」





ルーア
「あと少し・・・あと少しで・・・!」


マナ
「えっ ルールー!?」





マナ
「何やって・・・あっ レバー!」










レバー
「・・・」


マナ
「あった!」





マナ
「ストーーーップ!!」


ガコン!

















































【15:03】


キキーッ!


ハンター×5
「「「・・・・・・」」」


間一髪 ハンターリムジンが停止・・・!




プルルル プルルル


最原
「『ミッションB結果、相田マナにより停止レバーが下げられ ハンター5体の放出は阻止された』!
 よかった・・・ハンター3体のままだ・・・」


ゆかり
「うふふ・・・さすが生徒会長さんね♪」


クラッシュ
「オイラもここに名前載せたかったぜ・・・」




パネル
「・・・」ヒュン!


ミッションが終了し 残ったボックスのヒントのパネルは消えた・・・




マナ
「はぁぁぁ 間に合ったぁ〜・・・そうだ! ルールー どうして・・・?」


ルーア
「誰ですか貴方は! 近寄らないでください!」


マナ
「そんなこと言われたって・・・!」


スタッフ
「マナさん 間もなくここは封鎖しますので・・・」


マナ
「うぅ 気になってしょうがないよ・・・」


Eブロックもいよいよ残り15分を切った・・・果たして その結末はいかに!?


残り時間 14:50
逃走者 残り8人

相田マナ イカ娘 気まぐれ クラッシュ・バンディクー
琴爪ゆかり 最原終一 Ga.c=evo. 湊友希那

その51 ( No.106 )
日時: 2020/01/16 23:35
名前: Sビート ◆tm1pVTQmqw


===========

ゴゴゴゴゴゴ・・・


ルーア
「敵は排除・・・敵は排除・・・!」


研究所を攻撃するため 超能力エネルギーを解放し続けるルーア・・・




ピシッ!


ルーア
「・・・っ!?」


しかし その負荷に耐え切れず ボディが悲鳴をあげ始めた・・・





ウィーン・・・


八之助
「見つけました ルーアです!」


鶴子
「ルーア! 一体どうしたんですの!?」


裕美
「お願いだから やめてルーア!」


そこへ 研究員達と裕美が駆けつけた!




ルーア
「マスター・・・あなたは私を壊そうとしている・・・
 裕美さんと切り離すのであれば たとえマスターでも許しません!」


博太郎
「何を言っているんだ!? そんなこと一切考えていないぞ!?」


ルーア
「いいえ 私のメモリーにはしっかり記憶されています・・・
 マスターが言った あなたを解体するという言葉を!」




鶴子
「ち、違いますわよ! あなたのボディが超能力の負荷に耐え切れなくなっているのですの!」


ルーア
「・・・え?」


鶴子
「ボディを交換するだけで これまでのデータはそのまま残りますわよ!」


ルーア
「ええっ!?」


ここで 勘違いに気づいた・・・





シューン・・・


住人
「お、物が浮かなくなった?」


住人
「怪我人はいないかー!?」




ルーア
「わ、私は・・・これだけの人を傷つけて・・・」


裕美
「ルーア・・・」





ルーア
「うわあああああああああっ!!」ミシミシミシィ!




裕美
「!!? ルーア どうしたの!?」


八之助
「ルーアのヒビが一気に増えてますよ!?」


鶴子
「まずいですわ・・・ルーアのAIにした命令の根幹は「人を助ける」こと・・・
 それに背いてしまったショックで 暴走してしまっているんですの!」




ルーア
「私は・・・なんて・・・ことを・・・!」


博太郎
「あの様子だと ルーアは内部から壊れてしまうぞ!」


裕美
「そ、そんな・・・!?」




ルーア
「き、消えて・・・お詫びを・・・するしか・・・!」


裕美
「だめーーーっ!! 勝手に壊れないでよ!!」ガシッ


ルーア
「ゆ、裕美さん・・・?」




裕美
「悪いのは私なんだよ・・・ルーアがこんなことしちゃうぐらい 仲良くなっちゃって・・・」ポロポロ


ルーア
「や、やめてください・・・そんなわけないじゃないですか・・・全て 私の・・・」


裕美
「でも 罪は共有させてよ・・・ルーアだけが酷い目に遭うの 耐えられないから・・・
 だって・・・私にとって ルーアはそれだけ大切な人だもん!」


ルーア
「ううっ・・・裕美さん・・・裕美さあああん!!」




ツゥーッ・・・


鶴子
「ルーアが・・・涙を!?」


八之助
「あっ 見てください・・・コンピュータの暴走が収まってますよ!」


博太郎
「もしや・・・感情を制御するプログラムを ルーア自身の手で作ったというのか・・・」





ルーア
「あなたと出会えて・・・私は・・・幸せ・・・です」ガクッ


裕美
「ああっ! ルーア! ルーア!?」


鶴子
「急いで 直しますわよ!」



















それから 数日後・・・





ウィーン・・・


裕美
「鶴子さん!? ルーアは元に戻ったの!?」


鶴子
「えぇ 見てください この通り!」




ルーア
「裕美さん・・・」


裕美
「わあ 私のこと覚えてくれているんだ!」


鶴子
「えぇ・・・あの時構築されたプログラムも バッチリ無事ですわよ!」


裕美
「ありがとう 鶴子さん・・・ルーア これからも一緒だよ!」


ルーア
「はい 一緒です!」




裕美
「でも 研究所は・・・」


八之助
「えぇ・・・結局 あの事件の発端のルーアは 世間から猛バッシングされ
 研究所も賠償金やら謝罪会見やらで 色々大変でしたね・・・」


裕美
「ごめんなさい・・・私がルーアに心を持たせちゃったから・・・」


博太郎
「裕美君が謝ることはない・・・我々も罪を共有したいほど ルーアが大切だからな」


鶴子
「そうですわよ! 研究に失敗はつきものですわ!
 そして 私はこの失敗を糧に ロボットと人々が助け合える世の中を作るための第一歩として
 ルーアは絶対に完成させてみせますわ! おーっほっほっほっほ!!」




八之助
「僕らの超能力の夢のためにも 協力お願いします!」


鶴子
「えぇ! 共に夢を実現させましょう!」


博太郎
「さあ 今日も研究を始めるぞ! 人々の豊かな未来のために!!」




裕美
「頑張ろうね ルーア!」


ルーア
「はい 裕美さん!」


それぞれの夢の実現のため 彼らは戦い続ける。
超能力、そしてロボットが当たり前になる世界は 果たして来るのだろうか・・・

===========

Re: 逃走中マスターライジング〜PsychicMemory〜 ( No.107 )
日時: 2020/01/18 08:03
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

ごきげんようです!


スタプリ、いよいよ残り2話となりましたね!

宇宙を消滅させる目的で現れた
ラスボス・ダークネストの正体である蛇遣い座のプリンセスが
ノットレイダー達の思いを踏みにじるなかなかの外道で
悪のオーラに満ちたデザイン的にもなかなか個人的に良い感じのラスボスなのと

スタープリンセス達にも過去に正当防衛とはいえ
トゥインクルイマジネーションを与えることに1人異を唱えた蛇遣い座を追い出していたり
全宇宙を守るという大義名分のためなら
ひかる達もフワの命という器を捧げるだろうと思っていたらしかったり
(それらのことをずっと黙っていたり)
実は結構な問題があって

どうしようこれ 最終決戦に行けないという気持ちになっております(ぇ

とりあえず俺を含む全カパひか民がおにぎりあーんに歓喜したのと
戦闘員たちノットレイ!以外喋れたんかい!とツッコんだのを報告しておきます(ぇ

とにかく、このままではノットレイダー達はもちろん、
フワを守る使命のために頑張ってきたプルンスや
フワと絆を育んできたプリキュア
そして全宇宙のために自らを犠牲にしたフワ自身が救われないので
あ、あと石にされたユニの母星の人たちもな!(忘れてやるなよ)

フワ、戻ってきてくれ!

まあ今年も最終話でキュアグレースの顔見せと皆のこれからなお話になっていくと思うので
今度の日曜がいよいよ山場かな〜


さて

最終ミッションクリア!やったぜ!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。