二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

逃走中4〈時仕掛けの幻想〉
日時: 2019/07/08 21:05
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

骨眼鏡版カキコ逃走中・第4回!

舞台は、巨大な時計のようなオブジェがシンボルである博物館、"エイジミュージアム"

様々な時代の展示品の多く、日々多くの人が来場するこの博物館で謎の怪盗により不思議な事件が発生し、騒動に巻き込まれながら逃走劇が繰り広げられる!!

今回集められたのは、学生から軍人、さらに妖精から魔物まで計50人の逃走者たち!
果たして、180分間逃げ、108万円を獲得する者は現れるのか!!


[逃走者]

相沢栄子 (侵略!イカ娘)
アインズ・ウール・ゴウン (オーバーロード)
アウラ・ベラ・フィオーラ (オーバーロード)
綾野珪子 (ソードアート・オンライン)
アンパンマン (それいけ!アンパンマン)
イカ娘 (侵略!イカ娘)
猪名寺乱太郎 (忍たま乱太郎)
伊波まひる (WORKING!!)
色川琉姫 (こみっくがーるず)
エリアス・エインズワース (魔法使いの嫁)
鬼瓦輪 (武装少女マキャヴェリズム)
織斑一夏 (インフィニット・ストラトス)
勝木翼 (こみっくがーるず)
加藤団蔵 (忍たま乱太郎)
カレーパンマン (それいけ!アンパンマン)
関数方程式 (作者枠)
桐ヶ谷和人 (ソードアート・オンライン)
黒木庄左ヱ門 (忍たま乱太郎)
恋塚小夢 (こみっくがーるず)
konakun. (作者枠)
桜木ひな子 (ひなこのーと)
桜木霊歌 (作者枠)
佐倉千代 (月刊少女野崎くん)
佐武虎若 (忍たま乱太郎)
佐藤潤 (WORKING!!)
篠崎里香 (ソードアート・オンライン)
シャルティア・ブラッドフォールン (オーバーロード)
シャルロット・デュノア (インフィニット・ストラトス)
しょくぱんまん (それいけ!アンパンマン)
白石 (田中くんはいつもけだるげ)
相馬博臣 (WORKING!!)
ターニャ・フォン・デグレチャフ (幼女戦記)
小鳥遊宗太 (WORKING!!)
田中 (田中くんはいつもけだるげ)
轟八千代 (WORKING!!)
二郭伊助 (忍たま乱太郎)
野崎梅太郎 (月刊少女野崎くん)
納村不道 (武装少女マキャヴェリズム)
羽鳥智世 (魔法使いの嫁)
Free_Traceur (作者枠)
ペリーヌ・クロステルマン (ストライクウィッチーズ)
マーレ・ベロ・フィオーレ (オーバーロード)
マテウス・ヨハン・ヴァイス (幼女戦記)
南ことり (ラブライブ!)
宮藤芳佳 (ストライクウィッチーズ)
萌田薫子 (こみっくがーるず)
ゆうき (作者枠)
ラウラ・ボーデヴィッヒ (インフィニット・ストラトス)
リネット・ビショップ (ストライクウィッチーズ)
リムル=テンペスト (転生したらスライムだった件)

[50音順]

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14



Re: 逃走中4〈時仕掛けの幻想〉 ( No.64 )
日時: 2019/10/09 23:06
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

konakun.さんへ

こんにち殺法返し!!
作者様の名前を誤字るという有るまじきミスをしてしまいました;
Mission.2は参加自由のチャレンジゲームでしたからねー、白熱はしました
チャレンジの内容一つ一つは冷静に慎重になれば難しくないことなのですが、それが連続となり、制限時間も迫ると焦りも出て難しくなっていきます
そんなチャレンジを見事成功させたのは、幼女、自由人、スライムと、文字だけだとアレですが強者揃いという結果になりました!
そして、作者から2人目の確保者が出てしまいましたが、konakun.さんの嫌な予感が的中しないことを祈るばかりです・・・

Re: 逃走中4〈時仕掛けの幻想〉 ( No.65 )
日時: 2019/10/09 23:15
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

佐倉
「野崎くん真っ先に捕まっちゃったから頼れる人がいないの辛いよ〜・・・」



漫画家の野崎に恋してアシスタントもしている佐倉千代・・・

頼れるのは己自身しかいない・・・!





佐倉
「さっぱ怖いな・・・;野崎くんが居てくれたらな〜・・・」


その彼は既に牢獄の中だ・・・





佐倉
「あーでも、野崎くんなら逃走中よりも人間観察してネタ集めしそうだな・・・;」





ラウラ
「・・・嫁が捕まってしまったからな、仇は私がとるしかない」


同じく想い人が確保された、ラウラ・・・






ラウラ
「どんな手を使ってでも生き残らなければ、見せる顔がないだろ・・・」


ドイツの軍隊の隊長も務めているラウラ・・・
ここもある意味戦場である・・・!





ラウラ
「む・・・いかん」





ハンター
「・・・・・」



ラウラの近くにハンター・・・!







ラウラ
「今動いたらバレるな・・・」

じっと息を殺し、身を屈める・・・!




ハンター
「・・・・・」




ラウラ
「近い・・・!!」




ハンター
「・・・・・」








ラウラ
「・・・行ったか」



気付かれずに済んだ・・・!




ラウラ
「ここは危険だな、移ろう」


同じ場所は危険と踏み、潜伏場所を変えるようだ・・・





ターニャ
「このアイテムは重宝しておきたい所だな・・・」


チャレンジゾーンからアイテムのスローレーザーを獲得したターニャ・・・



ターニャ
「"撃った対象物のスピードを一定の間だけ遅くする"だったな・・・何か引っかかるな・・・」


しかし、付属の説明書に少し違和感を感じるようだ・・・






ターニャ
「まぁ、いずれにしても時が経てば解決しそうだな・・・」







???
「・・・・・」



ターニャに怪しい影が迫る・・・!






ゾワッ


ターニャ
「な、なんだ!?この悪寒は・・・!!」





???
「・・・・・」





ターニャ
「・・・」 ゆっくりと振り返る








宗太
「ハァ、ハァ・・・ターニャちゃん、ちっちゃい、かわいい・・・!!」


ターニャ
「ななな、なんなんだ貴様!!?」

影の正体は、ちっちゃい物好きの小鳥遊宗太だった・・・!




ターニャ
「貴様、ストーカーか!? ハンターとは違う恐ろしさだな!?」

宗太
「失敬な!俺はストーカーじゃないですよ! ただ、俺は小さくて可愛いものを物陰からただ眼福したいだけなんだ!!」


ターニャ
「ストーカーじゃないか結局!!!」


宗太
「さっき、アウラちゃんも見てきたけど、殴られちゃった」


ターニャ
「貴君、アインズの部下の所にも行ったのか・・・;(確かアイツ70歳越えてなかったか;」





アウラ
「な、なんだったんだよ、あの人間風情・・・!!恐怖公とはまた別の気持ち悪さだよ・・・!」


75歳ではあるが、ハーフエレフではまだまだ子供である・・・



ターニャ
(まぁ、私も元々おっさんだから似たような物か・・・;)


宗太
「あぁ・・・いい!」


ターニャ
「まだ居たのか!?」


宗太にとって、12歳から年増扱いだが例外もあるらしい・・・





ことり
「さっきのチャレンジゾーン、やっぱり行った方が良かったかな〜?」

相馬
「うーん、でも獲得した人を見ると強者ばかりだから、僕らが行っても難しかったかもね」



相馬と行動を共にする南ことり・・・





相馬
「にしても、スローレーザーねぇ・・・何か裏がありそうな気がしなくもないね」

ことり
「え、裏ですか?」

相馬
「何かこのタイミングで出てくるアイテムじゃないような感じなんだよね・・・そう思わない?」

ことり
「言われてみれば・・・って感じかな;」



相馬もアイテムに裏が無いかと踏んでいるようだ・・・







???
「・・・」



そんな2人の近くにも怪しい影・・・





相馬
「もしかしたら何かしらの影響は出てくるかもね・・・」

ことり
「良い方だったらいいけど・・・」







???
「・・・」







ゆうき
「何故ことりちゃんが見知らぬ男の隣にいる・・・!!」 ギリギリ



影の正体は、ゆうきだった・・・






ことり
「? 相馬さん、どうかしました?」

相馬
「あー、いや、なんでも無いかな? (あー、ゆうきさんだな)」





ゆうき
「な・・・!? あいつ、俺に気付いてるのか!?」



一悶着ありそうな感じだが・・・









ハンター
「・・・・・」


本当に怪しい影も近づいていた・・・!



122:30
残り34人

Re: 逃走中4〈時仕掛けの幻想〉 ( No.66 )
日時: 2019/10/11 23:01
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

ゆうき
「何でことりちゃんの隣に男が・・・!!つか、あいつ絶対俺に気づいてる・・・!!」




相馬
(なーんか、ゆうきさんがこっちみてるな〜・・・)

ことり
「相馬さん? 何を見てるの;」



修羅場な状況に・・・







ハンター
「・・・・・」



新たに修羅場・・・!







ゆうき
「何とか自然な感じでことりちゃんと二人きりになるにはどうしたら・・・!」




相馬
「いや、色々と警戒しといた方がいいでしょ?」

ことり
「それも・・・そうですよね」








ハンター
「・・・・・!」 ダッ



見つかったのは・・・







相馬
「・・・!ほら、来たよ!!」

ことり
「えっ!? 本当だ!!!」



相馬とことりだ・・・!






ゆうき
「え、何だ!? ハンターじゃん!ことりちゃん逃げて!!」





ハンター
「・・・・・」 タッタッタッ




ことり
「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・!」


相馬
「これは・・・マズイね・・・ことりちゃん、後は頑張ってね」


ことり
「え、相馬さん!?」







[SOMA]



相馬
「・・・・・」 ポン



122:11

相馬博臣 確保
残り33人






相馬
「やれやれ、さてと佐藤くんをからかいに行こうかな?」


確保までよくわからなかったが、身代わった・・・




ピリリリ ピリリリ


伊波
「[相馬博臣を確保、残り33人] えー・・・相馬さん捕まったんだ・・・」


ことり
「相馬さん、ごめんなさい〜・・・でも、ありがとうございました、頑張ります!」




ゆうき
「言い方悪いけど、これでことりちゃんと二人きりになれそうだな・・・」






カレーパンマン
「・・・今のところ何の活躍も無いよな俺・・・!ダメだろ・・・!」


まだ存在感を出せていないカレーパンマン・・・!





カレーパンマン
「ただ逃げ切るだけでも意味がないのは分かってんだよ・・・爪痕を残さねぇと」







シリカ
「あ・・・カレーパンマンさん!」



カレーパンマン
「うん? シリカちゃん、どうかしたか?」



そこへ、シリカこと綾野珪子・・・




カレーパンマン
「どうした? そんなうかない顔して」


シリカ
「いや、私まだ目立ててないな・・・って思って」


カレーパンマン
「シリカちゃんがか? 俺と同じ悩みとは意外だけど、シリカちゃんはかわいいし、大丈夫なんじゃないか?」


シリカ
「でも私、SAO本編でも出番殆ど無いから」


カレーパンマン
「そんな事言ったらダメだって! 俺が言うのもなんだけど!!」


全く異なる世界だが、同じ境遇で悩む人もいるようだ・・・




カレーパンマン
「わかった! 俺が守ってやるから一緒に目立とうぜ!」

シリカ
「あっ、はい! お願いします!」


そして、出番少ないコンビが結託した・・・






小夢
「翼さーん、あっちの方もいきましょうよー!」


「あっちの方となると、日本の歴史の所か・・・」



共に行動している小夢と翼・・・






小夢
(本当にこうしてるとデートしてるみたーい!)


「ふむ、この日本刀いいな・・・このような武器を使う展開も悪くなさそうだ」


その様子は逃走中ではなく、まるでデートか漫画の資料集めだ・・・









ハンター
「・・・・・」


しかし、紛れもなくこれは逃走中である・・・





「なあ小夢、この甲冑と鎧兜だったらどっちの方がいいかな」

小夢
「えっ・・・翼さんならどっちも似合うと思うけど・・・」


「いや、私じゃなくて・・・;」





ハンター
「・・・・・」





「・・・いや、これもありか?」

小夢
「刀持つ翼さん・・・良いかも・・・」








ハンター
「・・・・・!」 ダッ



見つかった・・・!






ハンター
「・・・・・」 タッタッタッ





「うーむ・・・!! って、やばい小夢!!」 ダッ

小夢
「え、翼さん? って、ハンター!? っとと!うわっ!」 ドテン!






小夢、反応が遅れ転倒・・・!











[KOIDUKA]




ハンター
「・・・・・」 スタスタ



小夢
「えー! 嘘でしょーーー!」 ポン



120:27

恋塚小夢 確保
残り32人





小夢
「翼さんとのデートが〜・・・え〜ん」


甘いひと時は一瞬で終わった・・・





ピリリリ ピリリリ

かおす
「あば!? 小夢ちゃんも捕まっちゃいました・・・!!」


konakun.
「やばい・・・会いたいキャラがどんどん捕まってる・・・」



「小夢・・・すまない・・・!!」



120:00
残り32人

Re: 逃走中4〈時仕掛けの幻想〉 ( No.67 )
日時: 2019/10/16 23:14
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

_______________


???
「もうすぐ・・・!もうすぐ我の時代の再来じゃ・・・!」



藤野
「や、やっぱりあの資料は本物だったんだ・・・!」

清宮
「遅かったみたいだネ・・・」




時代の時計台のマジックエメラルドが盗まれたことにより、時空を越える魔女と呼ばれる者の封印が解かれてしまった・・・!!






前田
「あ、あなたが魔女と・・・!!」



???
「いかにも、我こそ時空を越える魔女、エイジア様だ!!!」


時東
「エイジア・・・!!」



エイジア
「何処ぞの誰かは知らぬが礼を言わなければな・・・!」



時東
「藤野教授、時空を超える魔女とは・・・?」



藤野
「・・・その昔マジックエメラルドで王国が滅んだとは話したけど、あれはマジックエメラルドの中に封印されてたエイジアによる物だったんだ」

清宮
「そして、その被害は長い期間に及んだんだけど、とある魔術により時代の時計台にマジックエメラルドごと封印されたんだヨ」



時東
「そんな事が・・・!」




エイジア
「そうかそうか、我のことは語り継がれてるわけか・・・忌々しい・・・! じゃが、その歴史もそれまで、今こそ全てを滅ぼし我の時代の再来させるのじゃ!!」

時東
「何ですって・・・!?」



エイジアの目的、それは数百年前に果たせなかった破壊による世界征服だった・・・!





エイジア
「とは言え、まだ十分な魔力が無い・・・じっくりと溜めさせてもらうぞ! そなたらもせめてもの余生を楽しむがいい!!」




前田
「どどど、どうするんですか!!」


藤野
「魔力が溜まる前に何とかしないと・・・!」


清宮
「・・・確かマジックエメラルドが盗まれた時にこうなったんだよね?」


時東
「え、えぇ・・・! もしかすると・・・!」


清宮
「うん、そのエメラルドがあれば再び封印できるかもネ」


藤野
「でも、犯人は・・・」



山本
「大丈夫ですぞ!」


時東
「山本くん!」




山本
「犯人はまだここにいます! 何故ならこの博物館の出入口は封鎖済み、それに屋外からは逃走は不可能ですゾ!」

前田
「ほ、本当ですか!」


山本
「あと、石田警備長が既に警官も配備しております!」


時東
「段取りがいいわね・・・!」







石田
「和田巡査部長! 急なお願いだったが、来てくれた上にこんなに連れてくれて感謝する!」


和田土門 [演:大和田紋土 (ダンガンロンパ)]
「何言ってやがる!俺とお前の仲じゃねぇか!」


白田あんず [演:白藤杏子 (WORKING!!)]
「仲とかどうでもいいから、とっととその奴捕まえるぞ」


和田
「へいへい、わかってますよ警部・・・おぅお前ら!いっちょやるぞ!!」


警察
「「おおう!!!」」









怪盗ピラー
「だ、ダメです!全く開きません!!」

怪盗シークレット
「んあーーー!! せっかく盗めても出られなきゃ無意味じゃ!!」

怪盗ミラクル
「これはピンチだねー」



警備班の狙い通り警察も到着し、出口は封鎖され、マジックエメラルドを盗んだ怪盗マジックキャッスルは脱出できないでいた!!





怪盗シークレット
「こうなったら、手分けして出口の穴が無いか徹底的に調べるんじゃ!」


怪盗ミラクル
「みゃははー!りょーかーい!」

怪盗ピラー
「わ、わかりました!!」



追い詰められた怪盗マジックキャッスルはバラバラで動き出した・・・!



[謎の部屋]


モノクマ
「バタバタな展開になってきたね〜」


ユウキ
「実際騒ぎにはなってるしね」


きらら
「これじゃ、エリアもドタバタしそうです・・・」


骨眼鏡
「そんじゃ、こんな感じのミッションにしときますか・・・!」



その様子を見ていた骨眼鏡がミッションを発動!!







警察
「「・・・・・!」」


エリアに突入した警察30人が操られた・・・!!


____________________


ドタドタドタドタドタドタ・・・



警察
「「・・・・・!」」



キリト
「うわ、何だ何だ!? 何で警察いるんだ!?」



白石
「え、何か事件あったのかな・・・?」





ピリリリ ピリリリ


エリアス
「来たね・・・[Mission.3 現在、エリア内に30人の警察が投入された]」


ヴァイス
「[警察は逃走者を見つけると逮捕に向かう] な、逮捕だと・・・!?」


konakun.
「[警察に捕まると、尋問され1分間その場で行動停止となってしまう] え、超迷惑・・・」


ペリーヌ
「[警察を止めるには、怪盗マジックキャッスルの3人を捕まえる必要がある] ・・・怪盗?」


イカ娘
「[ただし、残り100分までに3人捕まえなければゲーム終了まで警察はエリアを捜索する] 冗談じゃないでゲソ!!」





Mission.3 怪盗マジックキャッスルを確保せよ!

マジックエメラルドを盗んだ怪盗マジックキャッスルを捕らえるべく、エリアに投入された30人の警察官

彼らは逃走者を見つけると捕まえに向かい、捕まると1分間、尋問により行動停止となる

それを阻止するには、怪盗マジックキャッスルを捕まえ、疑いを晴らすしかない

しかし、残り100分までに3人全員捕まえなければ、ゲーム終了まで警察は逃走者を捕らえ続ける・・・!




突如、現れた警察30人・・・!

怪盗マジックキャッスルを捕まえることはできるのか!!


118:30
残り32人

Re: 逃走中4〈時仕掛けの幻想〉 ( No.68 )
日時: 2019/10/18 23:10
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

警察
「「・・・・・」」 ザッザッザッ・・・



アンパンマン
「あれがそうだよね? うわ、困るな〜・・・」



エリアに警察30人が投入され、逃走者達の捜索に向かう・・・!




伊波
「お、おまわりさんに捕まったら動けなくなるんだよね・・・その間にハンター来たら終わりじゃん・・・!」


警察に捕まると1分間の行動停止となる
その間にハンターに見つかれば即確保される・・・




ゆうき
「とにかく怪盗マジックキャッスルを捕まえればいいんだよな・・・誰なんだよ;」



警察を止めるには、エリア内に逃げている怪盗マジックキャッスルの3人を捕まえなければならない


なお、怪盗マジックキャッスルは、ハンターが逃走者を確保するように、タッチすれば捕まえることができる



アインズ
「今回は制限時間付きだからな・・・のんびりできないな・・・」


残り100分までに3人全員捕まえなければ、警察はゲーム終了までエリアを捜索し続ける!!






宗太
「警察が怪盗捕まえればいいんじゃないのか? ってツッコミは野暮か・・・やるしかないな」


怪盗マジックキャッスルを探しに向かいだした小鳥遊宗太・・・






宗太
「でも藪から棒だよ、いきなり怪盗だなんて・・・いかにも怪盗っぽさそうな人を探せばいいのかな?」


怪盗マジックキャッスルの情報は開示されていない・・・




宗太
「でも情報が無いってことはわかりやすいってことだよね、怪しいと思った人は捕まえに行くか」


とにかく怪しい人物を見つけ出す・・・






鬼瓦
「怪盗もそうだが、警察も厄介だからな・・・そこにも注意しないと」


警察に警戒する鬼瓦輪・・・





鬼瓦
「何で何も悪いことしてないのに警察に怯えなきゃならないんだ・・・;」


ごもっともである・・・





警察
「・・・・・」



しかし、さっそくお出ましだ・・・!







鬼瓦
「でも警察からも逃げながらだと難しいのか・・・って、警察いた!」




警察
「・・・む、怪しいな」



警察に見つかった・・・!





警察
「待て!!」


鬼瓦
「あれに捕まるのも面倒だ・・・!」 タッタッタッ



警察から逃げる鬼瓦輪・・・!








警察
「・・・どこにいった?」



鬼瓦
「・・・あれ? もう追ってこないのか?」


警察はスピードはそこまで速くないため、撒きやすい・・・








鬼瓦
「なんだ・・・思ったほどスピードは無いのか・・・全力で走って損したな・・・」








ハンター
「・・・・・!」 ダッ




鬼瓦
「!! な、何ぃ!?」




だが、ハンターは別だ・・・!







[ONIGAWARA]




鬼瓦
「ちょ・・・待て!!!」 ポン




116:34

鬼瓦輪 確保
残り31人




鬼瓦
「逃げた後に来るものなのか・・・!? くそっ・・・!」


警察に注意が行き過ぎて肝心のハンターの警戒が薄れた・・・!




ピリリリ ピリリリ


八千代
「あ、えっとえっと・・・[鬼瓦輪を確保、残り31人] 輪ちゃん、さっきお話したのに・・・」

納村
「あらら、鬼瓦捕まっちまったか・・・」






エリアス
「こういう面倒事は極力避けたいけど、そうも言ってられそうにもないね・・・」



怪盗を探すエリアス・・・
誰かがやらなければ警察はゲーム終了まで居続ける・・・!





エリアス
「見つけても捕まえられるかが問題だよね・・・」


怪盗を見つけたとしても捕まえなければ意味がない・・・!












怪盗ミラクル
「んー、こっちはまだ調べてないねー」



だが、エリアスの近くに怪盗マジックキャッスルの1人・・・!







エリアス
「うん・・・? 何か見覚えの無い人が居るな・・・」




怪盗ミラクル
「こっち行ってみよーかな?」



エリアス
「間違いなさそうだね・・・あの人っぽいな」




怪盗ミラクルはエリアスに気づかず徐々に近付く・・・!






エリアス
「うまく捕まえられるかな・・・」



怪盗ミラクル
「うーん・・・こっちに行こうー!」



エリアス
「来る・・・!」













警察
「おい、そこのお前」

エリアス
「え?」


カチャン!



エリアス・エインズワース
1分間 行動停止



エリアス
「あ、しまった・・・」



怪盗に気を取られ、背後の警察に気付かず動きを止められた・・・!








警察
「お前なんだその姿は!明らかに怪しいだろ!」


エリアス
「あー・・・こうやって1分足止めされるのか・・・」




怪盗ミラクル
「わー警察だー!逃げろー!」



エリアス
「そこに怪盗いますよ?」

警察
「嘘言うな! そうやって逃れるつもりだろ!!」


エリアス
「いやいやいや・・・いいの?」



警察に捕まってしまったエリアス、1分間尋問により動けなくなってしまった・・・!
なお、その感は手錠を付けられるため逃げ出せない・・・!

絶好のチャンスを逃し一気にピンチとなってしまった・・・



115:00
残り31人


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。