二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

逃走中~氷炎のXソウル~(カキコニアside)
日時: 2020/03/28 00:00
名前: 気まぐれ

逃走中~氷炎のXソウル~(カキコニア)

 今回の舞台は『氷の国カキコニア』。この国は一年中寒さに襲われており、役目を終えた命を凍らせることから「終焉の国」とも呼ばれている。この地には特別な氷の能力を使うフィーネという少女が暮らしていた。

 フィーネは命を凍らせて次の宿主へと送る能力を持っており、この世の輪廻を保つ為に無くてはならない存在として人々から崇められていた。彼女には唯一の親友であるプリマがおり、時折お喋りなどをして二人で楽しんでいた。

 ある日のこと、カキコニアにフィーネの能力を狙う男がやって来る。彼は氷の能力を使い、不要な命を凍らせ、優秀な命のみを残して自身が頂点に君臨するという計画を企てていた。フィーネは計画を阻止するため、そして輪廻を繋げるために戦う決意をする。しかし、親友のプリマにも魔の手が迫っていた!

 今回、「氷の国カキコニア」を逃げ回るのは海賊、アイドル、ロボットなど各界から集められた11名の逃走者たち。彼らは数々のミッションをクリアしながら最後まで逃げ切らなければならない。ドラマとゲームがリンクして繰り広げられる逃走劇。60分間逃げ切り、賞金72万円を獲得する者は現れるのか!?


逃走者~()は参加回数~

碧坂翠(初)
北大路(7)
ザック・レヴィン(初)
園田海未(初)
土橋とし子(2)
ドナルド・マクドナルド(4)
ドラえもん(6)
中野三玖(初)
星井美希(初)
松野おそ松(初)
モンキー・D・ルフィ(初)


▽氷の国カキコニアで逃走中!
▽初参戦、ルフィの運命は?
▽北大路VSおそ松、自首対決!
▽熾烈なミッション発動、立ち向かえるか!?
▽正反対の性格、美希と海未の逃走劇
▽衝撃の結末、逃げ切るのは誰だ!?

Page:1 2 3 4 5



Re: 逃走中~氷炎のXソウル~(カキコニアside) ⑬ ( No.21 )
日時: 2020/05/01 23:04
名前: 気まぐれ

 【36:52】(277,600円)

海未
「寒いとはいえ動いていれば、喉が渇きますね……」


 水分補給をする園田海未


海未
「お腹を壊さぬよう常温の水にして正解でした。…… あら」


 海未は地面に何か落ちているのを見つけた。


海未
「これはガラスで出来た靴…… 靴の中にダークソウルが!」

白魔女
「おや、拾ってくれたのかい。」

白魔女の弟子
「ありがとうございます。」

海未
「これはシンデレラのものでは?」

白魔女
「私の魔法で作られたものだよ。」

白魔女の弟子
「しかし、肝心のシンデレラが行方不明で……」

海未
「良ければお探しいたしますが……」

白魔女
「ありがとう、中にあった黒い珠はあげるよ。」

海未
「色々な方がいる国のようですね……」



ハンターNN
「……………………」



ドラえもん
「この寒さはロボットでも堪えるよ…… 鼻水出てきた。」


 ロボットにも関わらず寒さに弱いドラえもん


ルフィ
「おっ、ドラえもんじゃねーか! 元気か?」

ドラえもん
「この鼻水見て元気だと思う?」

ルフィ
「そんなに寒いなら、雪でも無くしたらどうだ?」

ドラえもん
「いくら高性能な猫型ロボットだからって、そんな天変地異起こせないよ……」

ルフィ
「向こうのエリアは暑いみたいだし、あっちに雪を動かせればいいんだけどな……」

ドラえもん
「そうだ! 積もった雪なら少しは……」


 テテテテン♪


ドラえもん
「どこでもドア~!」

ルフィ
「ポケットから出すなんてすげぇな。それで何をやるんだ?」

ドラえもん
「このドアを通して相手エリアに雪を送るんだ。さあ、このスコップで手伝って!」

ルフィ
「おう、ガンガン送って向こうを涼しくしてやるぜ!」

2人
「えっほえっほえっほえっほ!」

???
「ぶはぁっ!?」

ドラえもん
「ん、何か聞こえなかった?」

ルフィ
「気のせいだろ、続けるぞ。」

2人
「えっほえっほえっほえっほ!」

???
「ぶぺしっ!」

ルフィ
「よーし、少しは片付いたな!」

ドラえもん
「体動かしたら温かくなったよ。ちょっと走れば良かっただけだね(笑)」

???
「べしゅっ!!」

ドラえもん
「やっぱり、何か聞こえたような……」

ルフィ
「気のせいだろ、そのドア閉めようぜ。」



 【35:00】(300,000円)


   ・
   ・
   ・
   ・
   ・


フィーネ
「お父さん、どこですか……」

フィーネの侍女
「フィーネ様、この足跡は……」

フィーネ
「お父さんの靴底と同じ模様…… 祭壇がある祠まで向かってます。」

フィーネの侍女
「とにかく、急ぎましょう!」



ムスタング
「なるほど、これがあらゆるものを凍らせる能力……」

フィーネの父
「やめろ、それを悪用しては世界が……」

ムスタング
「悪用とは随分と失礼じゃないか…… 少し罰を与えよう。」


 ムスタングは手を前に出す。


ムスタング
「トルリ・レコオ・コンゲラート……」

フィーネの父
「ぐわぁぁぁぁぁぁっ!! 体が凍り……」

ムスタング
「安心したまえ、命までは奪わんよ。しかし、次は無いと思うがいい。」

フィーネ
「お父さん、そこに居るのですか!?」

フィーネの父
「フィーネ、来てはいけない……」

ムスタング
「さて、時間稼ぎが必要だ……」


 ムスタングは祭壇の扉を凍らせた。


フィーネ
「開かない…… 冷たい!」

フィーネの侍女
「この扉、凍っています!」

フィーネ
「そんな…… お父さん、返事をしてください!」



月村サトシ
「それでは、次のミッションを発動します。」

リモル
「装置セット!」


 ピッ!


 MISSION


 祠の扉にハンターBOXが設置された!



   ・
   ・
   ・
   ・
   ・


 ピピピッ!


ザック
「メールかよ…… うわっ、ミッション②……」


 ミッション②

 両方のエリアにある祠の扉付近にハンターBOXが設置された。
 BOXには30個のランプとタイマーがついており、体内時計ゲームに挑戦できる。
 宣言した秒数の体内時計の計測に成功(+0.99までなら可)すれば、
 相手エリアのBOXのランプが秒数分だけ点灯する。
 全てのランプが点灯すれば、30秒後にハンターが放出される。
 しかし、計測に失敗した場合は自分のエリアのランプが点灯する。
 また、勝利チームには特典として25:00から23:00まで全ハンターが停止する。

 なお、残り25:00になっても勝負が決まらない場合は
 両方のエリアからハンターが放出される。


三玖
「体内時計か……」


 ミッション② 相手エリアにハンターを放出せよ

 残り8人

Re: 逃走中~氷炎のXソウル~(カキコニアside) ⑭ ( No.22 )
日時: 2020/05/04 23:11
名前: 気まぐれ

 MISSION

 相手エリアにハンターを放出せよ


 両方のエリアにある祠の扉付近にハンターBOXが設置された。
 BOXには30個のランプとタイマーがついており、体内時計ゲームに挑戦できる。
 宣言した秒数の体内時計の計測に成功(+0.99までなら可)すれば、
 相手エリアのBOXのランプが秒数分だけ点灯する。
 全てのランプが点灯すれば、30秒後にハンターが放出される。
 しかし、計測に失敗した場合は自分のエリアのランプが点灯する。
 また、勝利チームには特典として25:00から23:00まで全ハンターが停止する。


 ランプ30個点灯 → ハンター放出


 なお、残り25:00になっても勝負が決まらない場合は
 両方のエリアからハンターが放出される。


 25:00までに未決着 → 両方のエリアにハンター放出

 また、宣言秒数の下限は5秒。挑戦は1人つき1回までだ。



 【34:43】(303,400円)

碧坂
「なるほど、祠ですね…… 行きます!」


海未
「恩返しの為に挑戦します。急がなければ……」


 ミッションへ向かう逃走者達


ハンターKJ
「……………………」


 しかし、エリアにはハンターが3体。動けば見つかるリスクも高まる!



ドラえもん
「ミッションの時間が10分って短いな…… 人が多くてもアレだしパスで。」

ルフィ
「そうか。俺は行ってくるぜ!」

ドラえもん
「くれぐれも気を付けてね。」



ドナルド
「ハンターが出ると女の子が悲しむからね、行こう♪」

三玖
「さっきは途中で諦めちゃったから、今回は参加したいと思う……」


 ドナルドと三玖はミッションへ向かう!


ドナルド
「このミッション、1人だと危ないね♪」

三玖
「そっか、挑戦中に見つかったら大変……」



ザック
「おっ、この野草は食えるな。」


 ミッションへ向かいつつ、野草を探すザック


ザック
「野草ならタダだろ? だから、金が無い時はいつも野草を採ってるんだ。」


 革命軍の節約術だ……


ザック
「揚げると美味いぜ。でも、たまには焼肉とか食いたいけどな。」



北大路
「30万円か…… 新居の初期費用なら事足りますね。」


 自首を狙っている北大路


北大路
「さっき牢獄見たらストーブを焚いていましてね、賞金よりストーブの誘惑が……」


 寒さに堪えているようだ……


北大路
「昔はイタリア旅行に行く資金とか言ってましたけど、今は生活費が大事…… やべっ!」

ハンターTG
「………………!!」


 タッタッタッ!


北大路
「はぁ、はぁ…… やべぇ、確実に鈍ってるわ。」


 タッタッタッ!


 民家の周囲を走り続ける北大路


ハンターTG
「……………………」


 タッタッタッ!


北大路
「はぁ、はぁ…… うわっ、近っ!」


 ポンッ!


 【32:37】(328,600円)

 北大路 確保

 カキコニア残り7人


北大路
「くぅ…… 地道に働くしかないかぁ。」


 現実は甘くなかったようだ……


 ピピピッ!


ルフィ
「なになに…… 確保情報っと」


 確保情報

 北大路を確保
 カキコニアエリア、残る逃走者は7人


碧坂
「えっ、北大路さんが捕まってしまいました……」


海未
「歴戦の猛者でも捕まるのですね……」



 ミッション② 相手エリアにハンターを放出せよ

 残り7人

Re: 逃走中~氷炎のXソウル~(カキコニアside) ⑮ ( No.23 )
日時: 2020/05/05 22:55
名前: 気まぐれ

 【32:15】(333,000円)

ドラえもん
「10年ぐらい前から出てるけど、未だに賞金を獲得していないから……」


 学校に眠る宝篇から参加しているドラえもん


ドラえもん
「のび太くんとママさんは賞金貰ってるから、パパさんと一緒で肩身が狭くて……」


 野比家の居候も大変なようだ……



 牢獄

とし子
「感じる、私のメルヘンアンテナが何かを……」

おそ松
「メルヘンアンテナって何だ?」

とし子
「向こうのエリアでメルヘンを感じるの…… これはお城的なものね。」

美希
「もはや人間を超えているの……」

とし子
「かなり強力ね…… 私もメルヘンを使ってみるわ。」


 ポンッ!


美希
「おわっ! 美希のおにぎりがマカロンに変わったの!」

おそ松
「お、俺の競馬新聞がペガサス専門誌に!?」

とし子
「いけるわね。この力で世界をメルヘンチックにするわ!」

美希
「と、とんでもないことになりそうなの……」



碧坂
「隠れ場所には良い家でしたが、それどころではありませんからね……」


 隠れていた民家を離れ、ミッションへ向かう碧坂翠


碧坂
「ありました、祠です! ランプが10個も点いてるし、相手はノーダメージか……」


 相手エリアは既に挑戦者がいたようだ……


フィーネ
「うぅ、冷たくて触れません……」

フィーネの侍女
「もう、お止め下さい。フィーネ様まで危険に……」

碧坂
「チノちゃんとシャロちゃん? どうしたんですか?」

フィーネ
「この扉が開けられなくて……」

碧坂
「どれどれ…… うわっ、冷たい!」

フィーネの侍女
「内側から凍っているようです。」

碧坂
「自力では無理となると、このタイマーが関係あるみたいですね……」


 計測装置のボタンに手を置く碧坂


碧坂
「こっちも10秒にしないと、先を越されますね…… それっ!」


 カチッ!


 宣言秒数は10秒、果たして……


碧坂
「1、2、3……」


ハンターNN
「……………………」


碧坂
「8…… 9…… 10!」


 カチッ!


碧坂
「お願いします…… すげぇドキドキする。」






































































































 [10:22]


 碧坂翠 計測成功


碧坂
「よしっ! これで相手にも同じダメージを与えました!」


 相手エリアのランプを点灯させた。ここで碧坂の挑戦は終了となる。



ドナルド
「もぐもぐ…… やっぱり、チーズバーガーは美味しいね♪」

三玖
「逃げることにも集中して……」

占い師
「お主ら、旅の者か……」


 占い師(野比玉子)


ドナルド
「ドナルドは可愛い子を探す旅をしているんだ♪」

三玖
「違う、ハンターから逃げてる……」

占い師
「私の水晶によると、この国に最大の危機が迫っている。」

ドナルド
「ハンバーガーの原材料不足かな?」

三玖
「あなたにとっては深刻な危機だろうけど……」

占い師
「遠く離れた国にも同じ危機がやって来る。協力することも大切に。」

三玖
「今後に関係がありそう…… 向こうのプリベッタにも危機が来ているの?」

ドナルド
「それは困るね。ティナちゃんや伊織ちゃん、穂乃果ちゃんには触れさせないよ♪」

三玖
(気持ち悪い……)



碧坂
「そうでした。今日は三玖の誕生日です。三玖含めた中野家の五姉妹、おめでとう!」

三玖
「ありがとう。なんだか照れくさいね……」

海未
「それにルフィさんも本日がお誕生日だそうです!」

ルフィ
「おお、そうなのか!」

碧坂
「なんで本人が忘れてるんですか……」

ルフィ
「いやー、あんまり誕生日って実感が無くてなぁ……」

北大路
「おめでたい。五円チョコをあげます。」

美希
「三玖ちゃん、これは抹茶塩で握ったおにぎりなの。食べて欲しいな。」

おそ松
「ルフィ、お前ゴム人間なんだろ? だから、このゴm」

碧坂
「焼却処分しますね。」

おそ松
「あぁーーーーっ!!」

とし子
「私からはメルヘン戦国武将とメルヘン海賊王の絵本をあげるね。」

ドラえもん
「僕からは独裁スイッチと地球破壊爆弾をプレゼント!」

ザック
「物騒だな、おい!」

ドナルド
「三玖ちゃんには生涯ハンバーガー無料券、ルフィにはポテト3本をあげるよ♪」

ルフィ
「うひょー、ポテトだ! ありがとな!」

三玖
「……どうやって、みんな牢獄から出たんだろう。」

美希
「あっ、でこちゃんも誕生日おめでとうなの!」



 ミッション② 相手エリアにハンターを放出せよ

 残り7人

Re: 逃走中~氷炎のXソウル~(カキコニアside) ⑯ ( No.24 )
日時: 2020/05/14 22:25
名前: 気まぐれ

 【30:11】(357,800円)

海未
「相手エリア、また1人減ったようです。……」



碧坂
「ここから離れた方が良いかな。いつ30個貯まるか分からないし……」


 30個のランプが点灯すると、30秒後にハンターが放出される。


碧坂
「皆さんを信じて、僕は離れます…… なるべく遠くに行こう。」



ドナルド
「なるほど、土壌の成分にも気を配っているんですね。」

農家
「土こそが作物の源じゃからな。土が良くなくては良いものは生まれん。」

三玖
「居なくなったと思ったら、こんなところで……」

ドナルド
「やあ、三玖ちゃん。じゃがいも農家の人に話を聞いていたんだ♪」

三玖
「いま、ミッション中なんだけど……」

ドナルド
「ミッションも大事だけど、品質の良いフライドポテトを作りたいのさ。」

三玖
「そう…… じゃあ、私一人で行く。」

ドナルド
「うん、後で追いつくよ♪」

三玖
「来なくていい……」



ザック
「おっと、ここみたいだな。相手は20個もランプが点いてるぜ!」


 祠に辿り着いたザック


ザック
「こっちのランプは10個か…… 怖いし、5秒にするわ(笑)」


 カチッ!


ザック
「1、2……」


 カウントを始めるザック、そこに運悪くハンター……


ハンターKJ
「……………………」


ザック
「3…… やべっ!」


 カチッ!


 タッタッタッ!


 驚いた拍子でボタンを止めてしまった!


 [04:13]


 計測失敗、5秒分のランプがカキコニアエリアに点灯された。

 カキコニアエリア ハンター放出までランプ15個



 タッタッタッ!


ザック
「こんな時に来んなって!」


 タッタッタッ!


ハンターKJ
「……………………」


 タッタッタッ!


ザック
「ぜぇ、ぜぇ…… くっそ!」


 ポンッ!


 【28:26】(378,800円)

 ザック・レヴィン 確保

 カキコニア残り6人


ザック
「マジかよ…… やっちまったぜ。」


 ハンターは神出鬼没、ミッション中でも油断は禁物だ……



 ピピピッ!


碧坂
「メール…… 確保情報ですね。」


 確保情報

 ザック・レヴィンを確保
 カキコニアエリア、残る逃走者は6人


ドラえもん
「あらら、ザックくんもハンターの餌食に……」



 牢獄

美希
「マカロンもいいけど、やっぱりおにぎりが食べたいの。」

とし子
「ふふっ、世界はメルヘンに包まれた方が幸せだと思うな。」

北大路
「あっ、頭の中がお花畑タイプの子ですか?」

とし子
「北大路さん、心がメルヘンじゃないですね。」

北大路
「メ○ヘラじゃないだけマシかと。」

美希
「ところで、さっきからラジオで何を聴いているの?」

おそ松
「あ? 競艇中継だけど。」

美希
「また、ギャンブル? とし子ちゃんの前ではやめた方がいいと思うな。」

とし子
「競艇…… メルヘンじゃない。」

おそ松
「なんだ、急に中継が…… 白鳥の湖が流れ始めたぞ!」

北大路
「ボートレースから優雅な白鳥に…… 恐るべし、メルヘン。」



 ミッション② 相手エリアにハンターを放出せよ

 残り6人

Re: 逃走中~氷炎のXソウル~(カキコニアside) ⑰ ( No.25 )
日時: 2020/05/24 21:34
名前: 気まぐれ

 【26:58】(396,400円)

ルフィ
「くそっ、ハンターが居て思うように進めねぇ……」

ハンターTG
「……………………」

ルフィ
「もどかしいぜ……」



海未
「いつの間にか相手エリアは5人になっていますね。」


 相手エリアの残り人数を確認する園田海未


海未
「とどめを刺したいですが、祠まで遠いです……」


 時には運も絡む……



碧坂
「心配になって少し戻ってきましたが…… うわっ、ランプ5個しかない!」


 残るランプは5個、相手エリアが5秒の計測に成功すればハンターが放出される!


碧坂
「相手は残り10個か…… 本当に誰か来てほしい。」



三玖
「ザックさんが追われていたから、(ハンター)近くにいるのかな?」


 祠に来たもののザックの確保現場を目撃した中野三玖


三玖
「タイミングが悪い……」

ランド
「おや、あなたはヘッドホンがお似合いの中野三玖さん」

三玖
「こんにちは…… 何を聴いているの?」

ランド
「ヒラサワというジャンルの曲です。」

三玖
「初めて聞くジャンル。ちょっとだけなら……」

ランド
「では、お聴き下さい。」

三玖
「!?!?!?!?!?」


 宇宙が生まれる音、母の掌のように優しく包まれる感覚

 光化学スモッグの森林で老いたフクロウが鳴くような音

 曇天を印刷する輪転機。疾駆するセスナ機の未来はプラスチックの刃に裂かれて死んだ。

 慣性に倣いフラミンゴは飛ぶ。二酸化マンガンの湖面で顔を洗った瑠璃色の少年。


三玖
「あ、あぁ…… 頭の中が洗われる。」

ランド
「素晴らしいでしょう。もはやジャンルではなく概念だと思います。」



ルフィ
「よしっ、祠についた…… んなっ!?」


 祠へ辿り着いたルフィ、しかし……































































ルフィ
「ランプが全部点いてやがる……」


 丁度、相手エリアがミッションクリアしたようだ……


 [30:00]


 ハンター放出のカウントダウンが始まった……


ルフィ
「やべっ、離れるぞ!」


 タッタッタッ!



海未
「大変、カウントダウンが始まってる!」


 タッタッタッ!



 [00:00]


 ガシャンッ!


ハンターHM
「……………………」


 タッタッタッ!


 カキコニアエリアにハンターが放出された……


 ガコンッ!


フィーネ
「扉が開きました!」



 【25:00】(420,000円)


   ・
   ・
   ・
   ・
   ・


フィーネ
「お父さん…… あっ、お父さん!」

フィーネの父
「フィーネ…… 入ってはいけない。」

フィーネ
「こんなに冷たくなって……」

ムスタング
「まさに感動の再会ではないか。」

フィーネの侍女
「あなた、何が目的なの!」

ムスタング
「説明しよう。私はこの氷の能力で人類を選別する。」

フィーネ
「人類を…… 選別。」

ムスタング
「魂を凍らせる氷の能力。魂へ次の機会を与える為に相応しいものだ。」

フィーネの父
「それだけの能力だ。生命を循環させるためにある……」

ムスタング
「そう思うかね? それだけの為に使うのは惜しいものだ。」

フィーネ
「……まさか。」

ムスタング
「そうだ、これは生身の人間にも使える。不要な者は凍らせ、優秀な者だけを残すのだ。」

フィーネ
「それが出来たとしても、許されるはずがありません!」

ムスタング
「私は期待しているのだよ。人類を選別した先に明るい未来が待っていることをね。」

フィーネの父
「ふざけるな。エゴの為に他人の命を奪うお前に明るい未来は訪れん!」

ムスタング
「しかし、現にこの能力を手に入れた。どう使うかは私次第だ。」

フィーネ
「ダメです。そんなことに氷の能力を使っては……」

ムスタング
「君にもそれが出来る。本気を出せば、私を殺すことだって。」

フィーネ
「私は人を殺める為には決して使いません。」

ムスタング
「ほう…… さて、時間だ。道を開けたまえ。」

フィーネの侍女
「誰が通すものですか!」

ムスタング
「おつむの弱い子だ。トルリ・レコオ・コンゲラート……」

フィーネの侍女
「きゃぁ~~~~っ!!」

フィーネの父
「体がまた凍って……」

ムスタング
「さあ、早くしないと大切な二人が死んでしまうぞ?」

フィーネ
「やめてください! だから、もう……」

ムスタング
「利口な子は好きだ。安心したまえ、もうすぐ世界は幸福に満ちる。」


 ムスタングは祠を立ち去った。


フィーネ
「お二人とも……」

フィーネの侍女
「くぅ…… 追いましょう。このままでは国民も」

フィーネの父
「フィーネ、お前に託す……」

フィーネ
「お父さん……」

フィーネの父
「持てる限りの能力を渡す。だから、世界を……」

フィーネ
「分かりました…… 必ず止めてみせます!」



   ・
   ・
   ・
   ・
   ・


 ピピピッ!


ドナルド
「メールだね♪ ミッション②の結果は……」


 ミッション② 結果

 カキコニアエリアのランプが30個点灯。
 ハンター1体が放出された。
 プリベッタエリアは2分間ハンターが停止する。


ドラえもん
「えぇっ!? 負けちゃったよ……」


碧坂
「ハンター放出はマズいですね……」



 ミッション② 相手エリアにハンターを放出せよ(失敗)

 残り6人


Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。