二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

逃走中04*スリルに立ち向かう共闘者達
日時: 2018/10/09 16:43
名前: あめとあんきも

 偶数回スレッド。


 【逃走中02*誘惑に誘い込まれる者達よ】

 今回の舞台はショッピングモール。一階から三階までの本館、そして二階までの別館、
そして屋外のイベントスペース、駐車場など様々な施設を構えているのが特徴。
東京ドーム四個分のエリア、初期ハンターは三体、逃走者は18人で行われる。
オープニングゲームはサイコロで行われる。
様々な誘惑、難関ミッションに逃走者達は全力で立ち向かう。

>>1 逃走者
>>2 このゲームについて説明
>>3-4,>>6-13,>>17,>>20-30,>>32-40,>>42

>>46(纏め)

──逃走者を惑わす様々な誘惑、欲望の渦巻くゲームとなってしまうのか?


 【逃走中04*スリルに立ち向かう共闘者達】

 今回、大型商業施設に降り立ったのは、闘志を燃やす色分けされた逃走者達。
アルティメットとも、ペア戦とも少し違った、ゲーム性優先の回。

>>47逃走者等、概要
>>52->>

──共闘者と共にこのスリル溢れるハイゲームを逃げ切れ!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19



Re: 逃走中04*スリルに立ち向かう共闘者達 ( No.92 )
日時: 2019/05/13 16:30
名前: あめとあんきも ◆Qq/n9hISAA

[ハンター5体増加]ゆうき、南ことり、東條希
[通報部隊、通報装置追加]矢澤にこ
[建物の封鎖]高海千歌

[未投票者]
次元大介、赤羽業、双葉杏、関数方程式、前原陽斗




「いでよ、answer the question!」



answer the question
『やぁ、我が名は〔answer the question〕。
知恵有る者に福を授けし、自我を持つ存在だ。
あぁ、この声はエリアによく響く。だが、このクイズ中は特別なバリアを張っている。
安心してクイズに挑んでくれ』




「バリアも……ていうか、この声、響いてるの!?」



 of course!



グランドビル1階



次元
「んだ、あの低くて妙に高貴ぶってる苛つく声は」



ジービス付近



にこ
「……今の声、聞こえた?」




「こんな盛大なアイテム、もしかして杏ちゃんのあれか?」



 そんな前回は杏の響くアイテムが発動。
しかも、その声はハンターには届かず、バリアも張られるちょっとしたチート感。
 今回、逃走中としての更新はほぼしておりません。



24:25
ジービス前



answer the question
『さて、私の出す問題に答えることができたら最高のアイテムを授けてやろう。
ただし、間違えたのなら、ここに黒の魔物を呼び寄せて私は何処かへ消え去るだろう……
ハッハッハッハッ』




「うわ……凄く面倒なアイテムだ……」



answer the question
『そして私の提供するアイテムは問題の正解数によって変化する。最大は5問だ。
当然ながら解き進めていけば、難易度も上がるがな……ハッハッハッハッ!』




「……んじゃ、さっさと問題出してよ」



 アイテムにドライな反応を取る杏、まぁ仕方ないね。



24:10



answer the question
『さて、第1問。あ、ここからは周囲の時間を止めるぞ』ハドウー




「え、何者なの」



answer the question
『日本で一番流域面積の広い川は何処だ』




「利根川」



answer the question
『それでは、次の問題へ参る。答えたければ答えろ、そうでなければパスと発言しろ』




「うん」



answer the question
『第2問、世界で二番目に高い山は?』




「カルコムル山脈にあるK2。8,611mだったよね




answer the question
『あぁ、その通りだ(さらっと知識を露見させるタイプか、嫌いではないぞ)』




「というか、正解数に応じてアイテムもグレードアップするなら
次へ正解すると何になるの?」



answer the question
『一問正解で網鉄砲、二問正解で網鉄砲2つ、三問正解で冷凍庫への地図、
四問正解で冷凍銃、五問正解つまりパーフェクトで
今回の場合は1体ハンターを消し去る』



[アイテム表、正解数に伴う]
1網鉄砲
2網鉄砲×2
3冷凍庫への地図
4冷凍銃
5ハンター消去



 当然、世界は止まっているのでこの情報は他の逃走者には聞こえていない。




「んじゃ、次の問題お願い!」



answer the question
『あぁ、第3問。日本で初めてラーメンを食べたのは
水戸黄門こと徳川光國公、○か×か』




「うわぁ、いきなり難易度上げてきたね。
一般的には今までその説が有力とされてきたのは知ってるけど」




「そういえば、このアイテム……時間止まってるから誰にも聞けないんだ……
意地悪だなぁ」




「ていうか、ラーメン食べたい……んじゃ、×!」



※今までは徳川光國公が有力とされていたが、
昨年室町時代にラーメンのようなものを食べたという文献資料が発見されたとのこと。
食べたのはとある僧侶とのこと。
気になったら調べてみよう……ってか、わいもラーメン食べてぇ。



answer the question
『……正解だ。次、正解すれば冷凍銃だ。第4問ノーベルの出身国とその首都を答えろ』




「スウェーデンでストックホルム」



※ノーベルことアルフレッド・ベルンハルド・ノーベルは、
ダイナマイトの発明で知られるスウェーデンの化学者、発明家、実業家。
ボフォース社を単なる鉄工所から兵器メーカーへと発展させた。
350もの特許を取得し、
中でもダイナマイトが最も有名である。
ダイナマイトの開発で巨万の富を築いたことから、
「ダイナマイト王」とも呼ばれた。 

だが、元々ダイナマイトは鉱石などの発掘用に開発していたもので、
化学兵器として大量虐殺に使われることとなり、自身を酷く責めたという。
1895年11/27には遺書を残している。
結果的に世界に貢献した人物に特許のダイナマイトで得た資産をあげて欲しい、と
ノーベル賞が生まれたのも有名な話。



answer the question
『あぁ、正解だ……って、これまでの問題は容易かったか?』




「さぁ、ね? でもさ、一度でもハンターを振り切れる冷凍銃を選ばせて貰うから……パス!」



answer the question
『ほぉ……賢明な判断だった。
それでは、時間を動かすと共に冷凍銃を授けてやろう……See you!』



24:10

24:09

24:08

24:07




「……時間が動いてる。冷凍銃も、ある」




「一般的には冷凍銃って1体だけしか冷凍できないけど、
ゲームによってそれって変わるんでしょ?」



スタッフ
「今回は1体やったら置いていってくださいね」




「了解。とはいえ、投票しに行くまで持っていくのもあれだし……
アイテム盗られないよ、ね」




「こうなると、確実に生き残れる方法を探すべき。
ハンターを増やしたら冷凍銃の意味がない。
だから、これに投票しよう!」



[通報部隊、通報装置追加]ピッピッピッピッピー



[ハンター5体増加]ゆうき、南ことり、東條希
[通報部隊、通報装置追加]矢澤にこ、双葉杏
[建物の封鎖]高海千歌

[未投票者]
次元大介、赤羽業、関数方程式、前原陽斗




「さて、一先ずは外で隠れているつもり。
もし建物の封鎖に決定したらそこから動くのは面倒だからね」



 残る票は4、ミッション終了まで残り14分。




2428、メモは終わらないので気が向いたら近日中に更新しますね。

Re: 逃走中04*スリルに立ち向かう共闘者達 ( No.93 )
日時: 2019/05/18 16:30
名前: あめとあんきも ◆Qq/n9hISAA

23:52
アビス1階



前原
「……あ」



 アビス前投票装置に到着した前原が何かを見つけたようだ。



赤羽
「あ~、カラーハンターの件で揉めた前原じゃん」



関数方程式
「そうなんでしたか、初めて知りました」



 投票する為に戻ってきた赤羽、関数方程式の二人を見つけたらしい。



前原
「って、アイテム持ってんのかよ。羨ましい」



赤羽
「1つはよく分からないのもあるんだけど、[surrender phone]って自首電話?」



関数方程式
「後は網鉄砲とエネルギーパックでしたが……そのアイテムの説明によると
エリア内の自首電話まで移動することなく、
いつでもその場で自首ができるアイテムのようです。
まぁ、そうなると同じチームの人は賞金をその2割しか貰えないそうですが」



前原
「エネルギーパックって……普通は冷凍銃用だよな?」



赤羽
「そうなんだよ……となると、何処かに冷凍銃があるのか隠されているのか。
それともエリアの何処かにもうあるのか、ってことだよな?」



関数方程式
「このエリアには他にも新アイテムがあるとしたら……
冷凍銃が付いてくるパターンもあるかもしれませんね」



 ちなみに冷凍銃は杏(answer the questionの影響)、
ゆうき(devil's boxの伝達メガホンにより出る予定)が所持することになる。



赤羽
「とはいえ、ハンター増やされるのは嫌かな。ま、取り敢えず……」ピッピッピッピッピー



前原
「そうなんだよ。ハンターが減っている可能性があるなら……こっちかな」ピッピッピッピッピー



関数方程式
「なら、票ばらけも含めてこれに……」ピッピッピッピッピー



[ハンター5体増加]ゆうき、南ことり、東條希、?????
[通報部隊、通報装置追加]矢澤にこ、双葉杏、?????
[建物の封鎖]高海千歌、?????
※?は誰かの名前が入る可能性がある、という表示

[未投票者]
次元大介



 さて、投票結果は後のお楽しみである。



23:36
アビス1階



次元
「考えてみたんだが、これ時間ギリギリまで投票しなくても良いんだろ?」



スタッフ
「時間内にすれば、問題はありません」



次元
「投票すれば、1つでもヤバイどれかが実施される……
もしかしたら同じ考えのやつも居るかもしれないしな」



 まぁ、もう皆さん投票しちゃったんですけどね。



次元
「ハンターサングラスを延命に使うとしても……投票するならどれだ」



次元
「どれもデメリットはある。ハンター増やしたら突然……なこともある。
通報部隊は常に気が休まらない、のはいつもだがより休まらない。
建物の封鎖なんて……小さいエリアに逃走者とハンターが密集するんだろ?」



次元
「んじゃ、?????に決めた! 後は時間を待って投票するぞ」



 こうなれば、もう暫くはミッションが進むことはない。
 ならば、こうするしかない。



 ちなみに残る逃走者は10人です。
復活した二人とも、残ってます。短命じゃないんですね。



23:16
グランドビル1階



ゆうき
「へっくしゅん!」



ことり
「ゆうきくん、大丈夫? 保健委員だから、取り敢えず癒してあげます!」
↑ことりさんもそんなキャラじゃ無かったよね


ゆうき
「あ、あ、ありが、とう」
↑こちらはあからさまに動揺しとる、
本人は中々の妄想を呟きスレ?に上げていたようだが



23:10
ジービス1階



にこ
「っくしゅん!」




「にこっち、どうかしたん?」



にこ
「な、何でもないわよ。体が冷えてるのかしら」



 特ににこさんは短命のイメージが他の逃走中で強かったというのにね。



 そんな二人をよそにカップルはイチャイチャしてるなんて、
嘆かわし(う、羨ましいなんて思ってないぞ)
(というネタを書けば良いんだろう、という浅はかな心は君は読めていたかな?)



23:00
グランドビル1階



ゆうき
「へっくしゅん!」



ことり
「あ、ゆうきくん……もしかして寒いの? 
うーん、風邪でも引いたならあの曲歌うよ?」



ゆうき
「え……!」



ことり
「花陽ちゃんが居たら、それに煮込んだスープがあれば良かったんだけどね」



ゆうき
「……(あ、あの……この子の名前は天使、ですか?)」



 スクフェスしてる方ならこれが何の曲か、分かりますよね?



ことり
「逃走中が終わったらこのフードコートで゛二人きり゛で何か食べようね。
例えばこのイチゴパフェとか、あ! ドーナツも美味しそうだね!」



ゆうき
「……うん(改めて聞く、この子は天使ですか。ですよね)」



スタッフ
「……他の逃走中でゆうきさんを見てるとシンプルに狂ってると思ってたんですが」



 おい、そこ。本当のことでも言ったるな。



カメラマン
「そうですね。ここだとあわあわしてるように見えますね」



 おい、そこはメタ発言をしないこと! 
ゆうきさんは様々なバリエーション?があるんですから。



ゆうき
「いや、話聞こえてますよ……」



スタッフ
「あ、すみません。本当のことを言ってしまって」



ゆうき
「おい……まぁ、ことりちゃんに狂ってるのは本当なんですけどね」



ことり
「ゆうきくんはやっぱり狂ってないって! そんなこと言わないで!」



スタッフ
「……よし、もう耐性が付いてきたぞ。
逃走中が終わったら少し位食事奢るから悲しい非リアを責めないで、南さん」



カメラマン
「……お前、どうかしたんか」



 そうです、どうかしてるんですよ。

 それからゆうきさんはあめあん版では割とイチャイチャしてないので
是非とも本家のイチャイチャを見て、そうなんだなぁ。と感じてみてください。

 そんなあめあん、イチャイチャしている二人に対して何も感じません。
幸せになぁれ、と思ってます。



ことり
「え、良いんですか!?」



ゆうき
「え、マジっすか……!?」



スタッフ
「3000円なら出す!」



カメラマン
「……うぉー、太っ腹だけどお前、やっぱり何かあったのかよ」



21:45
ジービス前




「冷凍銃にベストか。強いのか……これは」



 金を得られる可能性が高まるって意味では強いぞ、ぞ、ぞぞた←ピチューンされました!




「遊ぶなよ、って。ていうか、03*は進めないの、ねぇ」



 君もメタ発言をしないでくれって。



スタッフ
「あ、きらりさんから飴が届いてますが、食べま……あ」




「飴は貰う」



 そういえば、君たちは思ったであろう。
おい、ハンターは何してんだ。逃走者探してないだろ、と。



 探してますよ、だってね?



21:21
グランドビル1階



ゆうき
「うわ、ハンター居る……」



ことり
「どうしてハンターは私たちの邪魔をするの……!」



スタッフ
「……」



カメラマン
「知らん、とツッコむ気力も失せたわ」



 そんな二人の背後にも、もう1体。しかし、生憎気付いてしまったようだ……



【ハンター】が。



?ハンター
「……!」タッタッタッ



ゆうき
「悪魔の足音がする……うわ、ハンター来てるよことりちゃん!」ガシッ



ことり
「う、うん!」ユウキクンノテヲツナーグ



 おいおい、とツッコミたい程に。二人は何と二人で逃げるのでありまして。



 だが、このハンターこと通常ハンターはカップルにも甘さもある訳がありません。
自然と距離は縮まっていく、と。



ゆうき
「ことりちゃん……アイテム、使うよ!」ポチッ



 [宣伝メガホン]が使用され、
カップルを追い掛けていたハンターは別の方向へと走っていく。

 さて、そのハンターはどこへ行く。サァサァさぁサァ……アビスの方向だ。

 宣伝メガホンが悪魔であることを誰も知らない、
゛必ず゛誰かが確保されるんだから。


2976

Re: 逃走中04*スリルに立ち向かう共闘者達 ( No.94 )
日時: 2019/05/22 23:07
名前: あめとあんきも ◆Qq/n9hISAA



21:00
アビス2階

????
「投票も終えたし……隠れる他はない」

 そんな彼にハンターが迫るが、それが悪魔による手段であることを彼は知らない。

????
「……ん、足音がする。もしかしてハンターだとするなら……」

????
「これを使うしか……」






……?









゛[surrender phone]゛が使用されました。

????
「……あ、もしもし」













……さてさて、どうなった?







……?










関数方程式
「関数方程式、自首します」

ハンター
「……?」

ハンター
「……??」

ハンター
「……!」

 位置情報を通報された筈の関数方程式が自首して、対象が消えたこのハンターは
゛新たな゛逃走者の位置情報を元に確保へ向かう。

20:46

関数方程式
「ハンター近かったですね……このアイテムが救ってくれましたね」

関数方程式自首、残り9人
獲得賞金……¥1,310,800

20:21
グランドビル1階

千歌
「……もう、余裕が無くなってきたよ。心が休まらないよ」

 千歌っち、お疲れなさん。

千歌
「……あ、宝箱を見つけたよ! 何か、良いもの出てこい……うりゃぁっ!」パカラッ

千歌
「網鉄砲、やったぁ! アイテムがないと心寂しかったから、嬉しいよ」

 喜ぶ千歌っちに忍び寄る、通常ハンター。

千歌
「うわぁっ……ハンター見つけちゃったよ。
アイテムをいきなり使いたくないから隠れよう」

ハンター
「……!」

 ただ、そのハンターは




























【宣伝メガホン】によって君の位置情報が通報されてる状態ですけどね?

千歌
「隠れていれば……って足音が速いし大き、うわぁっ!」

ポン

20:14

高海千歌確保、残り8人

 宣伝メガホンの効果で一人が確保された為、
使用者に冷凍銃の在処が教えられました。
 尚、この情報は使用者のみにしか伝わっていません。

 【宣伝メガホン】は何が怖いのか、教えてあげるね。
パッと見、効果は身代わりスイッチ。
でも、アイテム乱闘となった今じゃ……
誰かが捕まるまでこのメガホンは誰かの位置情報を伝えますよ。

 この二人の結果を見て、人は何を思うのだろうか。

千歌
「不意打ちだなんて……聞いてないよ」

 オンエア観たら可哀想ってなるよ。千歌っちが。

20:10
グランドビル2階

プルルルプルルル

ゆうき
「メールが届いた……って、何か件数が多くない?」

ことり
「関数方程式さんが自首、千歌ちゃんが確保、
冷凍銃は駐車場トラック26に入っている、って」

ゆうき
「……何で、関数方程式さんが自首してるんだ」

 キミ達のせいです!

ことり
「千歌ちゃんが宣伝メガホンに通報されて確保されたのは分かるけど」

 だからキミ達のせいですって!

ゆうき
「……仕方ない、冷凍銃を取りに行こう」

 予想外なことも起こるもんさ、投票結果前にアイテムを使うなんて、ね。

 予想外だらけ、でしょ。逃走中なんて。

20:00

 さて、投票終了まで残り10分。
そして、恐怖のお時間までも残りが10分となっております。

 暇ですし、残る逃走者フルオープンですよ! 順不同なのは許して下さいね!

赤チーム
赤羽業[網鉄砲、エネルギーパック]

青チーム
次元大介[ハンターサングラス]

白チーム
南ことり、ゆうき[宣伝メガホン(済)→冷凍銃の在り処を知る]

水色チーム
前原陽斗

黒チーム
双葉杏[冷凍銃、brand new vest]

紫チーム
東條希[網鉄砲]

桃チーム
矢澤にこ[magic mirror]

欄外
ーチーム
関数方程式、自首成功

 他は全員確保、となっております。

 と、前原以外がアイテムを持っているこの状況。
 更に投票も次元以外は既に投票済み、
もしかしたらもしかしたら……もう結果は決まっているかもしれない。
 残り20分で8人も残っているからって油断は禁物なりよー、ヒヒヒヒっ!
 そしてエリアには通常ハンター4体、カラーハンターは全滅したチームの分
(オレンジ=3、黄チーム=1、ーチーム=1)がエリアから消去、
結果的に7体。合計で11体のハンターがエリアを捜索する。



19:48
グランドビル1階

次元
「……いや、やっぱ迷うな」

 唯一の無投票者、次元。この場に及んでまた迷い始めた。

次元
「色んなアイテムがあるんだろ?
んなら、ハンターを減らすなりあってもおかしくないだろ」

次元
「というか、自首って成功しにくいんだろ? 
成功しているなんて事態、疑いたくなるな」

 うわぁ、事実からアイテムの情報を導き出そうとするなんて、
世界レベルは違いますなぁ。

次元
「それこそ、冷凍銃とかが確認されたら
ハンターを増やすより他のやつにした方が良いだろ?
元の数を減らせればエリアが縮小してもハンター5体よりはましだろ?」

スタッフ
「通報部隊らは……」

次元
「通報部隊に関してはやや楽観的な考えにはなるが、
自分以外が通報されれば状況としては良いんじゃねぇか。
勿論、誰も通報されないのが一番だが……
もし誰かが通報されたらハンターはそこに向かう。
ある意味、アイテムのようにハンターから離れることが出来るからな」

次元
「まだ時間は……あるな。アイテムを探しながら答えを決めよう」

 こ、これが大人の余裕ってやつですか……。

[次元の考え]
ハンター5体増加
→普通に考えるとこの状況で投票する意味が理解できない。
ただ、冷凍銃等がエリアにあるとするなら余計に投票するべきではない。
アイテム次第で投票する可能性が出てくる。

通報部隊、装置追加
→今のところ、投票する第一候補。通報は当然厄介だが、ハンターよりはまし。
まだ逃げる猶予があること、他が通報されれば逃げるなり、少し余裕が生まれる。
気が休まらないのはつらいが、もうミッションはなさそうだし、踏ん張るだけか。

建物の封鎖
→正直、無い。自分から見たらハンター4体だとしてもエリアが狭いのは面倒。
むしろ、自分にとってはダミーハンターが多いから無駄に逃げて捕まるオチが見える。
通常ハンターでもカラーハンターでも減ってくれるなら、楽になる。
ただ、冷凍銃とか更にアイテムが出てきたら投票する候補。

要約すると
通報部隊、通報装置追加>建物の封鎖>ハンター5体

次元
「てか、アイテム、まだあるのか……?」

 さぁ、それはエリアに出向いてみなければ分かりません。


19:30
グランドビル2階


「ハンターは見掛けても大体がカラーハンターやったり隠れたら何とかなったけど」

にこ
「ハンター5体増加なんて選んだのを後悔でもしてるの?」


「しとらへんよ。一度選んだ運命には逆らわん、カードもそう言っとるんや……
運命には従うこと、それから逃げれば負けやって」

にこ
「ま、逃走中は逃げるゲームだけどね」

 そんな二人に何度目のことだろう、ハンターが近付く。

にこ
「希……ハンター」


「んじゃ、隠れるか」

 近くのお店の商品やらに隠れてやり過ごす作戦のようだが……。

?ハンター
「……」スタスタスタ

にこ
「……」


「……」

?ハンター
「……」スタスタスタ

……

……

 どうやら、見つからなかったようだ。

 そして凄いね、君たちは。復活したのに割と生き残ってるじゃないか。
短命じゃないんだね。

にこ
「くしゅん……」


「……!?」

?ハンター
「……」スタスタスタ

 これも気付かれなかったようだ。

 さて、もう一人の復活者は。

19:01
アビス2階

ことり
「残り19分、逃走者はことりたちも含めて8人。これって、良いペースなのかな?」

ゆうき
「いや、微妙って所じゃないのかな。
カラーハンター割と厄介……っていうか、復活ゲーム前で人が捕まりすぎ説」

ことり
「あ……確かに今の方がゲーム状況は悪いのに確保ペースだけで見たら緩やかかも」

 おい、メタなこと言いなさんな。

ゆうき
「というか、OPゲームで散った二人……」

ことり
「うん……うん? 澪ちゃんは?」

 今、貴方……秋山澪のこと、忘れてましたよね……。
ことりゆうきワールドに行かないでって!

ゆうき
「いや、澪が居なかったら。
それにことりちゃん、ありすが居なかったら俺は今、ここには居ないから」

ことり
「ううん、ゆうきくんはことりの大切な人だから助けない理由がないでしょ?」

ゆうき
「……(ここに居るのはやはり天使ですよね、何この子天使)」

 あ、ゆうきさんバグった。

ことり
「ありすちゃんにも感謝してね……
あの子、ゆうきくんが確保されてかなり落ち込んで
自分を責め込んでたから、改めて、ね?」

ゆうき
「うん……通報の件は許すマジ案件だけど助けてくれたし、
通報も元はミッションに動いてたからだから悪気はないのは分かってる」

ことり
「うん、ゆうきくんのそういうところ、好きだよっ」

 あ、とびっきりの笑顔をゆうきさんに向けちゃ……。

ゆうき
「……(天使、天使、天使、天使、天使、ここに天使が居ます、召されそう)」

スタッフ
「……ゆ、ゆうきさん、顔がだらしないですよ」

カメラマン
「……ズーム」

 カメラマン、おちょくるなって。

 うん、カップルはいつも通りでしたね。



3551

Re: 逃走中04*スリルに立ち向かう共闘者達 ( No.95 )
日時: 2019/06/06 20:31
名前: あめとあんきも ◆Qq/n9hISAA


 以前から言おうと思っていたこと。
基本的にナレーションがツッコむこともあります。
そんな皆さんもナレーションにツッコんでもらいながら、見てください。
ふざけるので。
 それから、書き方を変えました。だから、何だってね。一応の報告ですよ。
 僕のゲームは鬼畜なのでしょうか……そうじゃないですよね。そうですよ……ね?



18:37
アビス3階

前原
「アイテムねぇと流石に厳しくなりそうだな……あ、あった」

 投票後、地味にアイテム探しに勤しんでいた前原、念願の初宝箱。

前原
「どうか、良いアイテムを……網鉄砲、しかも2つも入ってる……よっしゃあー!」

 そんな前原の近くには?ハンターが。

前原
「いや、こんなんで捕まってたら笑われるな……先に気付いて良かったけど」

 前回、カップルが話していたようだけど状況が悪化したから
警戒し始めたんじゃないの。
そんなこんな、ハンターには見つからなかったようだが。

前原
「というか……時間が長く感じられるのにもう残りは20分もないのか、変な心地だな」

 それが逃走中。本家でも文字の方でも終盤数分が鬼門らしいもんね。

前原
「油断大敵、これを肝に命じることだな」

 チャラ男がすごーく真面目なことを言ってるなんて、
こりゃ明日は『失敗した料理』が出るな!
尚、この予想は0割当たるよ!

※『失敗した料理』
トモダチコレクション新生活で出てくる、
鍋に色んなものが入った見た目からも不味そうな料理。
いや、どう考えても料理ではない。

 え……トモコレなんかしたことが無いって? なら、理解しなくても良いよ。

18:20
観覧車裏


「ハンターはぞろぞろ居るし、見かけるのに確保ペースがのろくなってる」

 君もメタ発言をすんのかい。
さて、時間もしばらく経ったあの部屋を覗いてみよう。



ルールル ルルル ルールル ルルル ルールールールールールル!

18:12
スタッフルーム

あめあん
「……おー、開催されてんなぁ」
※あめあんは一応作者、という体で居るが、
実質はあの世界のGMが開催するゲームを文字にして実況しているだけ。
このゲームはあの世界ではテレビ、モニター、スタジアム等で観ることが出来る。
特殊な手段を用いてあめあんと
あの世界のGMこと飴野くんは連絡を取ることが出来ている、
何と不思議な世界設定なこと。
 追記するとテレビ電話(ただし届いているのは声だけ)という、
変な使い方をしている。

青葉モカ
「今更気付いたのー?」
※バンドリで略称アフグロのギターを担当しているパン狂信者。
どうしてここに居るのかは、建前は[パンフェスタに来た]、
本音はあめあんの練習用。

ルビィ
「もうすぐ、ゲームも終わっちゃうんだね」
※姉のダイヤさん、仲の良い花丸ちゃんと一緒にエリアに来ていたルビィ。
男性恐怖症などが有名だが、
あめあんと直接顔を合わせていないかともあって何とかなっている。

あめあん
「終わるな……」

モカ
「誰が逃げ切るのかな」

ルビィ
「うーん……単純に考えると冷凍銃を手に入れられる白チームじゃないの?」

あめあん
「いや、あの二人は片方が囮になる選択肢を中々取らないから
二人とも確保される可能性もある」
※ゆうきさん版の逃走中にもそのような回があったと思われるので
気になったらゆうきさんのを漁ってね。(←漢字名義の時のも一応検索しておいて)

ルビィ
「あ、そっか……」
どうやら納得した様子のルビィ。カップルたち、そんな風に見られていたんですね。

モカ
「というか、また高額自首が出ちゃったね」

あめあん
「初めての自首も杏がかなり高額でやってたな……」

モカ
「うん、状況があぁとはいえあの判断は賢明だったよね……うん、凄いねー」

ルビィ
「後は強そうって意味だと次元さんかな?」

モカ
「世界を駆けてきた一人だもんね、それも腕利きのガンマンで、世界レベルで」

あめあん
「あー。でも、意外な奴が逃げ切ることもあるから
能力だけで簡単に判断はできない、結局は運だからな」

ルビィ
「……あ、またあの二人がなんかしてるよ!」

 またあの二人が何かしているのなら、見に行く
しかありません。

16:48
アビス1階

ことり
「投票結果、まだなのかなぁー?」

ゆうき
「いや、誰かは分からないけど投票が終了すると
どれか1つが実行されるから限界まで引っ張ってるんだよ」

ことり
「あぁ、そうなんだ……ゆうきくん、凄い!」

ゆうき
「あ、あぁ、うん」

 この間、ちゃっかり腕を絡ませているカップルであります。

ことり
「残り16分かぁ……長いようで短いのかなぁ、ゆうきくんとなら」

ゆうき
「……え」

 もう、ツッコむの疲れた。皆がツッコんであげようね!

ゆうき
「……業務放棄ですか、まさか」

 そうだよ。
君たちのイチャイチャには耐えられたけどツッコミ過労死したくないんで。

ことり
「ん……?」

※ことりちゃんにはこのナレーションは聞こえていないという謎使用、
作者同士のテレパシーってことで。

ゆうき
「メタ過ぎ」

 チーズケーキ砲、発射してやろうか。

ゆうき
「美味しそうな攻撃手段」

ことり
「え、えっと……ゆうきくん?」


カップル締め、2031文字と抑え目です。

Re: 逃走中04*スリルに立ち向かう共闘者達 ( No.96 )
日時: 2019/06/11 22:07
名前: あめとあんきも ◆Qq/n9hISAA


16:08
グランドビル1階

次元
「ハンターはあんなに見かけるってのに誰も捕まんねぇのか……
ゲームバランスどうかしたのか?」

 メタ発言が多すぎるこのエリア、何なんでしょう。

次元
「投票するのをついつい忘れそうにはならねぇが……
もし何かと同票にでもなったらどうすんだ?」

スタッフ
「2つが執行されます」

次元
「……おいおいおい」

 つまり、結局投票しない状態から見て最悪の一歩手前状態になるってことです。

スタッフ
「全てを決めるのは、貴方かもしれませんね……フヒヒヒヒ」

 スタッフさん達にも随分キャラがあること。ツッコんだら、君の負けです!

次元
「……投票したくなってきた」

 さて、投票結果はどうなるのか。ただでさえ、キツい三択。
それからもっと酷いことになれば、全滅必須ですね!

次元
「自首したくなってきたぞ……あいつに賞金を渡すなんて気が引けるしなぁ」

牢獄

鈴井←あいつ
「……」

 なんと彼、OPゲームで捕まってます!
 確かに賞金を渡す価値なんてありませんね。

次元
「とはいえ、自首も簡単にはできない……慎重になろう、投票するかしないか……」

 もしかしたらこの判断が逃走者の命運を決めるのかも、しれませんね。

次元
「……取り敢えず、こんな感じだな」

自首=>投票、逃げる

次元
「そういえば、あいつに金を渡すなんて必要性を感じられなくなった今、
自首も選択肢になっている。
鬼畜に挑むか、挑まないか。残り6分ちょいで決めないとだな……」

 これで命運が決まって絶望になっても、次元さんのせいじゃありません。

15:40
観覧車裏


「逃げる、隠れる……前回は程々にミッションに動くこともあって結構残れたけど」

 02*回では残り約10分で自首に成功した経験者。


「今回も自首したらある意味初、になるけど……」

 02*回は全滅回でしたが、杏が唯一賞金を獲得したのであります。
03*は完結してません……。


「またここまで残るとは思ってなかったけど、
相方はハンター引き連れて捕まったし……」

 よりによってテムジンさんが引き連れたハンターから逃げてたら
別のハンターに見つかって誰一人逃げ切ることができなかった絶望パターンね。


「やっぱり、目標は逃走成功かな? 
まぁ、このGM、逃走成功させる気がないように思えるんだけど」

15:15

牢獄


ダイヤ
「さて、いよいよこの逃走中も大詰めとなりましたが、
逃走成功者を予想してみませんか?」


「そうだね……とはいえ、
大抵は仲間が逃げ切る、逃げ切って欲しいって思ってるだろうけど」

ジャイアン
「というか、逃走中は実績に能力だけじゃなくてなぁ?」


「そうですね……運も鍵を握りますから
一概に誰かが逃走成功するなんて読めませんもんね」

ダイヤ
「とはいえ、私としては杏さんは強いかもと。
ただ、二人も残っているあのイチャイチャさんも……」

花丸
「あの二人は……逃走中してるずらか?」

鈴井
「僕が言えたことじゃないけど……多分してないでしょ」

テムジン
「まぁ……それは牢獄のかなりの人がそうじゃない?」


「ごめんね……」


「うん……」

鈴井
「……そうだね」

絵里
「私もそうね……」

ジャイアン
「……」


「私たちは復活ゲームで何とか首の皮一枚繋がったようなものでしたし」

ダイヤ
「この暗い雰囲気は止めてください! 
まぁ、あの二人は何だかんだ生き残ってますし」

ありす
「ことりさん、復活ゲームの時、当たり前のように向かってましたから……」


「うん……ていうか、忘れてたけど……関数方程式さん自首おめでとう!」

関数方程式
「今回のルールがやさしめで助かりました……
二人にも賞金を渡せるのであの状況でも難なくアイテムを使えました」


「え、もしかしてアイテムを持ってたんだ……」

関数方程式
「その場で自首できる魔法の電話を手に入れたので、ハンターが来た時に使いました。
結果的にハンターの方もこちらに走ってきていたみたいなので助かりましたけど……
ただ、一つ疑問があるんですよね」

千歌
「……そういえば、私が確保される前に
関数方程式さんが自首したって聞いたけど関係あるのかな?」

関数方程式
「……それは分からないのですが、
少なくとも自分はずっと動き回ってはいませんでしたし、
むしろ隠れていた筈なのに
そんな簡単に遠くからハンターに見つかるものなのか、と思いまして」

千歌
「あ、それ、私も思った!
 まぁ、結局はアイテムを使いそびれた私も悪いんだけどね」

関数方程式
「もしかして通報系のアイテムもこのエリアにはあったんじゃないか、と予想します」

千歌
「……そうだとしたら、私たちはかなり不運だったの?」
↑一番不幸なのは貴方だと思います。

14:00
駐車場付近

ことり
「何も起こらなすぎて怖いんだけど……ハンターの目は節穴にでもなったの?」

 おい、そこ。ハンターを煽るな。

ゆうき
「ていうか、駐車場にわんさか居るんだよなぁ……他のアイテムを探すのも手だけど
冷凍銃取りに行くか……ことりちゃんはどうする?」

ことり
「うーん、ゆうきくんと一緒に居たいから着いていくよっ!」

ゆうき
「えへへへへ」

ことり
「えへへっ」

 ほら、あめあんが好きなコンビの漫才のマネをしないで!
(オードリーさんのこと)

ゆうき
「……これ、ハンターに見つからないよね」
↑ハンターの居る駐車場を眺めながら

ことり
「前回は一緒に捕まっちゃったからね」
↑03*参照、尚その後の復活ゲームでも同様に確保された模様

ゆうき
「そうなんだよな……どうする、今回は」

ことり
「……施設内でアイテムを探してみるのも良いかも、何が選ばれるか分からないし」

ゆうき
「そう、もし建物が封鎖されたら冷凍銃だけで逃げ切れるのか……不安なんだよな」

ことり
「うん、だからエレベーターでさくっと探してみるのも良いんじゃないかって」

ゆうき
「あぁ……建物封鎖の場合、移動時間があるという謎の優しさがあるからね」

 そんな二人、建物を探してアイテムを探すとのこと。
イチャイチャするのは当たり前なので許してください。

ことり
「というか、誰も確保されてないよ……6分も」

ゆうき
「それ正常じゃない?」
↑まぁ、原因を作ったのはあなた方ですけど

13:24
スタッフルーム

ピコン!

ルビィ
「あ、MV来たよ!」

あめあん
「テンション爆上げnow」

※モカはガチでパンを買ったのでトークしているのは二人だけ。
ただ、スタッフルームにはルビィしかないので話せているこの状況。

 日向坂46さんの新曲のドレミソラシド、のMVが公開されました。

ルビィ
「最初のキュンキュンダンスに続いて、今回はドレミダンスなんだよね!」

あめあん
「そー。何が一番嬉しいかって私の推しがセンター後ろだからめっちゃ映る。
珍しくめざまし見たら朝から推しの可愛い顔を見れた幸せってありますか?」

ルビィ
「うん! 推しの笑顔って凄いよね!」

あめあん
「そう、つまりはこの魅力を言いふらしたいだけです。誰かみたいですね。
また欅ちゃんもこういう等身大の明るい曲とか出してくれたら泣く」

ルビィ
「……あぁ、うん。セカアイとかセゾン的曲期待してるんだね」

あめあん
「もちろん、エキセントリックとか今までの曲全部好きなんだけど……
久し振りに笑顔でパフォーマンスする曲も見たいです」

ルビィ
「乃木坂さんは?」

あめあん
「……乃木中だけ見ることにするとして、ドレミソラシド一応見た……
言わなくても分かるよね」

ルビィ
「ルビィも今さっき見てたよ! 丹生ちゃん凄く……」

 このままだと本編進まないし、ルビィちゃんも恐らく可愛い人は好きだから
話が尽きないのでエリアの様子を見てみよう!

 ちなみにセンターはこさかな、
挟んでるのが2期生の純粋な笑顔の丹生ちゃんと美人高まる河田さんです。

 ドレミドレミ……

 うん、ちょう可愛い。ここまで話が分かってる人、マジで話したいくらいだもん。

 ちなみに確保、自首した場合でも投票したことに変わりはないので
票は゛残されます゛

3187


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。