二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ざくアクZ2!偉大なる神とマガイモノ屋(完結)
日時: 2018/04/09 15:02
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「Z2なんて表現、ドラゴンボールでしか見ないよなぁ」

龍我
「ZZでよかったんじゃね?」

福ちゃん
「どちらでもいいですから...ほら、注意に入りますよー」

【帰って来たマガイモノと神のどたばた物語】

福ちゃん
「このお話はタイトルの通り『ざくざくアクターズ』の二次創作であり、『ざくざくアクターズZ!』の続編に辺ります、まだ前作を読んでいない方は先にそちらからどうぞ」

たくっちスノー
「時系列は水着イベント後!だからネタバレとか含まれる可能性もありますがご了承を!」

龍我
「で、この小説も例に漏れずいきあたりばったりだ!どんな展開になるか全然分からねぇ!」

たくっちスノー
「更に!今回は今まで以上にマガイモノが登場するよ!」

たくっちスノー
「あ、最後に!今回はカップリング要素も多いからそういうのが苦手って人はブラウザバックな!」

龍我
「これらが許せるやつはハグレ王国の一員だ!」

たくっちスノー
「それじゃあ今作も楽しんでくれよな...あ、マガイモノ王国もよろしくー!!」


(国民一覧は前作からどうぞ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『目次』
【第一部 前触れ】
「復活!マガイモノ屋編」
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6
「ハッピーバースデー、メニャーニャ編」
>>8 >>9 >>12 >>14 >>15
「激突、ムカデ人間VSハチ人間VSアリ人間編」
>>16 >>18 >>20 >>21 >>22 >>23
「柚葉の初恋編」
>>24 >>26 >>28 >>29 >>31 >>33
「龍神のペンダントとハグレた神々編」
>>34 >>35 >>36 >>37 >>39
「最高完璧だった黒影編」
>>41 >>42 >>43 >>44 >>45
「猫と悪魔と名無しの悪霊編」
>>47 >>49 >>50 >>52 >>54
「『ヒーロー』を受け継ぐ機体モノ編」
>>55 >>56 >>57 >>58 >>59
「時空監理局の真相編」
>>62 >>63 >>64 >>65 >>66 >>67
「時空激震!怒りのマクスウェル編」
>>68 >>69 >>70 >>71 >>72
【第二部 時空異変】
「輪廻の奥からノロイマス編」
>>75 >>76 >>77 >>78 >>79
「別次元からやってきた英雄ヒーロー編」
>>82 >>85 >>86 >>87 >>88 >>89
「至高のお菓子を求めて編」
>>90 >>91 >>92 >>93 >>94
「鏡よ鏡、罪人は誰?編」
>>97 >>98 >>99 >>100 >>101
「ちっぽけな正義、純粋な悪党編」
>>104 >>105 >>106 >>107 >>108
「健康に踊らされし者達編」
>>109 >>110 >>111 >>112 >>113
「燃えよ!震えよ!ドラゴン交流会編」
>>114 >>115 >>118 >>119 >>120
「ちょっと変わった、不思議な騒動編」
>>121 >>122 >>125 >>126 >>127
「紛い物の王(前編)」
>>130 >>131 >>132 >>133 >>134
「紛い物の王(後編)」
>>135 >>139 >>140 >>141 >>142 >>143
【第三部 腐敗時空】
「激突!雪だるまサッカー編」
>>144 >>145 >>146 >>147 >>148
「福の神の休日編」
>>149 >>150 >>151 >>152 >>153
「この世の未来はボクらの物編」
>>154 >>155 >>156 >>157 >>158
「スワッチとスワマリちゃんとフェルマリちゃん編」
>>159 >>160 >>162 >>164 >>165
「終焉の魔神再び編」
>>166 >>167 >>168 >>169 >>170
「せめて、生き物らしい生き方を。編」
>>171 >>172 >>173 >>174 >>175
「宇宙海賊キャプテン・グリーン編」
>>176 >>177 >>178 >>179 >>180
「さらば、サイキッカーヤエ編」
>>181 >>182 >>183 >>184 >>185
「世界の最期の夢を見た編」
>>186 >>187 >>188 >>189 >>190
「黒影の先祖対面編」
>>191 >>192 >>193 >>194 >>197

【最終章 ざくざくアクターズ】
「バッドエンドをぶち壊せ」
>>200 >>201 >>202 >>203 >>204 >>205


【ミトラ】(シャドー様) >>10
【ネメシア】(Mirura@様) >>11
【ムニャウ】(ルルミー様) >>17
【リンネ】(驟雨様) >>30
【カノン】(花音様) >>60
【戦場海斗】(彩都様)「雑談スレに掲載」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43



ローズマリー「氷室さんのシャツがダサすぎる」 ( No.208 )
日時: 2018/08/01 13:23
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

そして三日後

ローズマリー
「遂にこの時が来たか...」

メニャーニャ
「なんですか?また例の事を気にしてるんですか?」

ローズマリー
「え、ええまぁ...」

メニャーニャ
「貴方ともあろうお方がそんな事で悩むなんてらしくありませんよ」

エステル
「そうだよマリー!服なんてそんな気にならないって!」

ローズマリー
「見てないからそんなことを言えるんだ」

エステル
「え?」

たくっちスノー
「おはようございます、ローズマリー参謀」

ローズマリー
「ああ...大丈夫なのか?」

たくっちスノー
「正直に言って自分も不安です」

ローズマリー
「やはりか...そういうのは君がよく知っているからな...」

エステル
「ちょ、ちょっと...一体何が来るっていうのよ...」

たくっちスノー
「あっ、来た!!」

エステル
「どれどれ」

幻徳
「待たせたな」

エステル
「!?」

ローズマリー
「ぶっ!!」

メニャーニャ
「こ、これは...」

幻徳
「悪かったな、服選びに時間がかかって」

メニャーニャ
(全部ピンク色...)

エステル
(親しみやすさの文字...)

ローズマリー
(もうダメだ耐えきれない)

たくっちスノー
「ね?」

メニャーニャ
「想像の斜め先を行きましたよ」

エステル
「もはやどんな感想を言えばいいのかさっぱりわからない!!」

幻徳
「ふっ」

たくっちスノー
(幻徳さん、カッコつけるのはいいけど皆驚いてるよ!)

たくっちスノー
(メニャーニャさんは必死に他人のフリしてるし、たまたま通りかかったシノブさんは若干引いてるし!)

エステル
(ど、どうする?こんな状態で協会にいける?)

メニャーニャ
(いけるわけないでしょう!?前に先輩がパジャマ姿でやってきたときでさえ大騒ぎしたというのに!)

エステル
(いつの話してんだよ!!)

ローズマリー
(く、どこか...どこか安全な場所はないのか!?)

<ママーナニアレー

幻徳
「まずは帝都の王族に会いに行くか」

エステル
「待って!!」

メニャーニャ
「やめて!!」

たくっちスノー
(さて、ここからどうするか...)


...
ポクポクポクポク...

たくっちスノー
「あれ、これどうしようもなくね?」

たくっちスノー
「いや、諦めちゃダメだ...えーと...」

ローズマリー「氷室さんのシャツがダサすぎる」 ( No.209 )
日時: 2018/08/01 16:08
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

デーリッチ
「で、帝都に幻徳さんがいるそうでち」

ヅッチー
「マジかよ!凄い格好してるって聞いたし見に行こうぜ!」

デーリッチ
「そうでちね!」

...

幻徳
「...」

ローズマリー
「...」

デーリッチ
「なんだあれ...」

ヅッチー
「なんだあれ...」

たくっちスノー
(ダメだ...何を考えてもいい案が浮かばない...)

ヅッチー
「お、おーい」

デーリッチ
「ローズマリー、エステルちゃん、何してるんでちか?」

たくっちスノー
「...げっ、王さま!?」

ローズマリー
「えっデーリッチがここに!?」

幻徳
「なんだって?」クルッ

デーリッチ
「うわっ、何あの文字!?」

ヅッチー
「ピンクマン!ピンクマンだ!!」

ローズマリー
(やめてぇ!連呼しないでぇ!)

幻徳
「ピンクマンとは俺のことか?」

ヅッチー
「だってピンク色だし!」

幻徳
「まぁ、確かにピンクだな...どうだ、イケてるだろう」

(オオルァァァァ!!)

<キャー!!

<コナイデピンクマン!!

たくっちスノー
「やばいやばいやばい、悪目立ちしすぎだよ」

幻徳
「これでも服は選んできた方だがな...」

ローズマリー
(あれで!?)

たくっちスノー
「あっこれインドみたいな服着てたときの写真」

ローズマリー
「なんだこれ!?」

幻徳
「あとこれ最近の『さらば』と『右に同じシャツ』」スッ

デーリッチ
「うわぁなんかいっぱいあるでちね」

ヅッチー
「SNSのスタンプかよ」

幻徳
「とりあえず服屋でこれを見せつけてくる」ダダダ

エステル
「ちょっ、待ちなさいピンクマン!!」

メニャーニャ
「勝手に行かないでピンクマン!!」

ローズマリー
(やめて!単独行動は!!)

デーリッチ
「あっ、行っちゃったでち」

ヅッチー
「追いかけなくていいのか?」

ローズマリー
「あ、ああ...すぐ行くよ...」

たくっちスノー
「そんなに気にすることですかね?端から見ればネタになりますけど」

ローズマリー
「世間体を気にするようになればそういうわけにもいかなくなるんだよ!」

たくっちスノー
「しかし、僕も驚いてるよ...」

たくっちスノー
「原作キャラとうちのキャラは設定が違うから別物だと思っていたのに」

たくっちスノー
「これはうちのカズミンもみーたんLOVEにしないとダメだよなぁ...」

END

Re: ざくアクZ2!偉大なる神とマガイモノ屋(完結) ( No.210 )
日時: 2018/08/01 17:19
名前: 花音

どもども~

いやぁ、いろいろありましてなぁ・・・
キャラ的には満身創痍だけど元気に家中走り回ってるのん。

ちょおい!ピンクマン!
イケてない笑えるwwwwwww
ちょ、めっちゃ笑えるwwwwwww
・・・これ以上言うと何か飛んできそうだからやめとく~

カッコつけちょる・・・・
ま、まぁ、本人楽しそうだから良いんじゃないですかぁ~?
よし、笑って誤魔化そう。・・・あ、心の声が・・・・・

にしても、よくそんなネタ考えたね~
さっすがロスト氏。パチパチ拍手。
私だったら無理だな。絶対。
考えたとしても絶対形にしないな。

んじゃ、そゆ事で~
ガンバってなの~

Re: ざくアクZ2!偉大なる神とマガイモノ屋(完結) ( No.211 )
日時: 2018/08/01 19:32
名前: 美奏良

やばいやばい…
軽くどころか結構忘れてたよこのサイトのこと……

美奏良「おっ、お久しぶりです…」
夜羽「お前は失踪しすぎ」
美奏良「だって忙しかったりしたんだもん」
夜羽「言い訳乙!成敗!」
美奏良「いや勘弁!」

とまぁ…、お久しぶりの美奏良です。
全然顔出さなかったなぁ…と思い、
久々にサイトに来ました。
お元気そうで何よりです。
熱中症には気をつけてください!

それでは、美奏良でした。

Re: ざくアクZ2!偉大なる神とマガイモノ屋(完結) ( No.212 )
日時: 2018/08/01 21:28
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

花音さん

たくっちスノー
「いやー、本編がネタ提供してくれましたから」

ロストメイドウィン
「恐ろしいことに幻徳の服のセンスは公式設定なんだ」

たくっちスノー
「しかも親しみやすさシャツは実際に販売されたんだ」

ロストメイドウィン
「ちなみに本家幻徳はダサいと指摘されるがノーダメージだった」

美奏良ミソラさん

たくっちスノー
「あー」

ロストメイドウィン
「リアクション薄いな」

たくっちスノー
「慣れた」

ロストメイドウィン
「慣れていいものなのか?...まあいい」

たくっちスノー
「こっちはまたいない間に色んな作品にハマったよ」

ロストメイドウィン
「あとwikiも作ったぞ」

たくっちスノー
「君も載ってるよ、詳しくはメイドウィンwikiで検索」

コメント感謝だよ!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。