二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ポケタリアクロニクル-英雄の軌跡-
日時: 2018/06/02 22:24
名前: テール
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=882.jpg

ストーリー

 「私、あなたの記憶を探すよ!」

 この物語クロニクルは、後に英雄と呼ばれる者たちが伝承となるまでの話。
 まだ「ポケタリア大陸」が「ユースティア大陸」と呼ばれていたとき、
 少年と少女が出会い、少女は少年のために旅に出る。

 この旅が、五人の英雄の伝承の始まりだとは、
 まだ誰も知る由もないのである。






はじめましての方ははじめまして!テールと申します!
当小説は二次小説(紙ほか)に投稿されている
「ポケタリアクロニクル-聖戦の伝承-」の外伝小説であり、
擬人化したポケモンたちの軍事・戦記ジャンルの物語です。
本編が行き詰ったらこっちを更新していく予定ですので、
まあ、期待せずにご覧ください。

作者的には「ポケモンでティアサガシリーズFEみたいなシリアスなストーリーをやりてー」みたいな感じで書いていきます。
ちなみに人がバンバン死にますし、主人公側も敵側も殺します。戦争ですので。
舞台は中世ファンタジーの世界です。
主人公側は「ギルド」を結成し、人々の依頼をこなす万屋です。
人々の思惑、陰謀。出会い、別れ。愛、友情、そして死・・・。
戦いは困難、激烈を極めるでしょう。
しかし決して諦めないでください。
苦難の先にはきっと明るく幸せな未来があるはず。
これから戦うすべての者達に捧げます。   

「――様、ご武運を!!」



順次更新していきます。

オリキャラ募集は終了しました、
皆様のご協力に心より感謝を申し上げます!

オリキャラさん
ルルミー様>>8>>19>>35>>46
シャドー様>>9>>14>>48>>65
mirura@様>>37>>57
ピコパ様>>59
花音様>>74


参考資料

登場人物>>2
専門用語>>3
武器種>>4
種族解説>>5
クラス解説>>6

番外編 クーちゃん☆メモ>>76




目次

序章   草原の少女     >>1
断章   災禍の時代     >>12
第一章  自由な風      >>13>>22>>25
第二章  囚われの神官    >>26>>29-31
第三章  恐怖の館      >>39-42>>45>>49
第四章  蒼炎の狐      >>51>>54>>62-64>>73
第五章  湖畔別荘殺人事件  >>81-83>>90
第六章  劇団「自由な風」  >>94>>96-98>>102-104
第七章  御令嬢には花束を  >>107-108>>111>>114-116>>119
第八章  可憐な機械人形   >>123-126>>129-130>>133
第九章  彼女のための旋律  >>134-135>>138-139
第十章  記憶の泉      >>140-141>>144-145>>149>>153
第十一章 海精の涙      >>154-155>>158-162
第十二章 Triumphant heroes >>165-166>>169-171>>174-176
第十三章 伝説の鉱石を求めて >>177>>183-185>>188
第十四章 神竜の巫女     >>189-190>>193-197>>200
第十五章 光と闇       >>201-203
間章   叙勲式       >>204
第十六章 鋼の女騎士     >>208>>210-213
第十七章 優しい人      >>214>>217-220
第十八章 姉弟        >>223

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45



Re: ポケタリアクロニクル-英雄の軌跡- ( No.221 )
日時: 2018/06/02 18:54
名前: ルルミー

どうも、最近ゲームにはまって勉強すっぽかしてるルルミーです。
明日英検なんですが、危機感ゼロです。
だって小説書くためにゲームやってるんだもん。
ちなみにニーアオートマタは現在三週目、エンドは12種類クリアです。
道のり長いです。

それはさておき、
メイさん、正体はクロノスでしたか。
身近に神様。わぁ、驚くだけじゃ済みませんね。

そして、皇帝であるヒュドラ封印をギルドに・・・・
世界を関わらせた依頼、ティル達には成し遂げれる。
そう、信じております。

だって、皆は強いですから。

更新が1日無かった時はかなり心配しましたが・・
忙しいと思われる中、更新を続けるのは凄いです。
更新、頑張ってください。



ちなみに、私の小説のキャラですが、
ワンエックスではなく、ワンエクスです。
一段落付いたら説明を書こうかなと思っております。

では。

Re: ポケタリアクロニクル-英雄の軌跡- ( No.222 )
日時: 2018/06/02 21:34
名前: テール

>>221 ルルミー様

英検なのにこんなところにコメントいただき本当にありがとうございます!!
マルチエンディングなのは友人が実況プレイ動画を上げてるので、
なんとなーく把握してました。(というか過去作もマルチEDだったしね)
が、頑張ってくださいまし・・・!

影が薄かったし、たまにそれっぽい描写があったけど
誰が神だと思うのか・・・って感じですね。

まだマグノリアさんとかゼパルの件が残ってるので
まだまだ終わりそうにありません(絶望)

更新が滞ってたのは、単に新しいゲームを買ってプレイしてたのと、
ポケクロの新章を思いついたので、キャラデザと物語のプロットを考えてたら
小説を更新する時間が(ry
でした・・・ご心配おかけしました!


なるほろ・・・それは失礼しました!
ちょこちょこ見てます・・・いつコメントしようか悩んでましたすみません・・・

ありがとうございました、お互い頑張りましょう!

Re: ポケタリアクロニクル-英雄の軌跡- ( No.223 )
日時: 2018/06/03 07:11
名前: テール

第十八章 姉弟


――はじめまして、あなたの名前は?


――へえ・・・良い名前ね。「光」を意味する名前だわ。


――よし、じゃあ今日からあたしたちは姉弟ね!




―――よろしくね、レイ!










ユースティア歴600年8月26日

レイは自室でベッドに横になっていた。
依頼はあったが、なぜかやる気が起きない。
前にマクスウェルが話してくれたこと、ティルのこと、
ハイランド公国の10年前の事件、魔導兵器・・・

いろいろ重なり合って、レイは困惑していたため、仕事に手がつかないでいた。


「レイ、お仕事はなさらないのですか?」
「・・・・今日はやる気が起きない。」
「昨日もそう言っていました。」

部屋を掃除していたプリムラは、レイとそんな問答をしている。
レイは窓から空を見上げる。

「よくわかんねえ・・・」

レイは一言こぼした。
そしてレイはティルと出会った時のことを思い出す。
第一印象は最悪だった気がするが、
彼女はそれでも自分を見捨てたりしなかった。


ティルとレイが出会ったのは、7年前。
レイが故郷の村でネイラに救われ、そのあとすぐにティルと出会った。


「なあ、プリムラ・・・」
「はい。」
「ティルの事をどう思ってるんだ?」

レイはプリムラを見ながら尋ねる。



「危険因子、と。」

プリムラは相変わらず無表情で答えた。

レイは覚えている。
ティルの過去を聞いた後、ずっと殺気立った顔つきでティルを睨んでいたプリムラを。

「レイはティルの事をどう思ってるのですか?」
「えっ?・・・うーん・・・」

レイは思わず飛び上がって腕を組んで頭を悩ませる。


「ブスだしバカだし、まっすぐすぎるし・・・」
「レイはティルの事が嫌いなのですか?」

レイの悪態にプリムラは真顔で尋ねた。
レイは首を振り、顔を赤らめる。

「・・・・違う、そうじゃないんだけど・・・なんていうか・・・」

レイははあっとため息をついた。

「わかんないんだよ・・・・好き~とは違うし、でもなんというか・・・」
「レイ、心拍数が上昇していますよ。」


「だー!うっせえな!!もうおれの部屋の掃除が終わったんなら出てけよ!!」

レイは大声をあげてプリムラを無理やり部屋から押し出した。
ドアをバタンと乱暴に閉め、レイはため息をついた。

「好きなのは好きなんだけどさ・・・違うんだよ・・・はあ、わけわかんねえ・・・」









レイの部屋から追い出されたプリムラは、
仕方がないので、各部屋を掃除することにした。
そこへ、買い物袋を抱えたティルと少年が帰ってくる。

「おかえりなさいませ、ティル、名無しさん。」
「な、名無しさんって・・・」

少年の呼び方を聞いて、呆れて苦笑いするティル。
プリムラは首を傾げた。

「でも、名前がないので不便ですね。
 種族も何らかの魔術封印が施され、わかりません。」
「そういや、名前つけずに今まで振り回してきたけど、
 そろそろ名前を付けた方がいいかしら・・・」

ティルはそういいながら少年を見下ろし、悩み始める。
だが、変な名前なんか付けたくないしなぁ・・・とティルはぼやいた。


「あら、ティル様にプリムラ様。」

そこへ、リゼとフェンリルが拠点へと入ってくる。

「あ、リゼさん・・・こんにちは。」
「こんにちは。今はティル様とプリムラ様だけでしょうか?」
「ううん、レイもいるわよ・・・何かご依頼?」

ティルの質問に、リゼはにこりと笑う。

「はい、実は「ゼパル・ツァクマキエル」の尻尾を」
「ゼパルだと!?」

レイは勢いよく自室からドアを乱暴に開けて、リゼに詰め寄る。

「どこだよ、どこにいるんだそいつは!?」
「落ち着きなさい、レイ。」

ティルはレイのローブを引っ張って、リゼから引きはがした。
リゼは咳払いをして、続ける。

「ゼパルは、ヴァースキ山脈にて冥府の三竜の一角「ヴァイス」を目覚めさせようとしているみたいです。
 ヴァイスの復活は阻止せねばなりません。
 ですから、お力添えをと思いまして。」
「・・・・引き受けるに決まってるだろ」

レイは静かに答える。
そして右肩に手を添え、握りしめる。

「・・・・・レイだけじゃ心配ね、私もついていくわよ。」
「私もです。」
「ありがとうございます、皆さま。」


リゼは深く頭を下げた。

「現在、助っ人が先にゼパルの行方を捜索しています。
 ・・・その方々と合流しましょう。」

フェンリルの言葉に首をかしげるティル。

「助っ人・・・?」



Re: ポケタリアクロニクル-英雄の軌跡- ( No.224 )
日時: 2018/06/05 06:49
名前: mirura@ ◆TUtCohvFvY

ミルラ「猫の手も借りたい。でも、意味無さそう」

ゼネイラ『あるだろ』


こんにちは!

あぁ、だから更新がストップしてたんですね!
心配しましたよ、急に止まるものですから・・・・
まぁ、ゲームや新章で更新が遅れるのはよくありますよね。
私だってどうでも良い事で更新ストップさせてますし。

ゼネイラ『どんな事だ?』

ミルラ「お世話になっている作者さんを習って声優さん探し」

ミラ「先祖キャラの説明すら終わってないのに?」



キャラのイラストは残念ですねぇ・・・・
一度で良いから見たかったのですが。
まぁ、都合上ですからね!

お互い、頑張りましょう!

Re: ポケタリアクロニクル-英雄の軌跡- ( No.225 )
日時: 2018/06/05 21:48
名前: テール

>>224 mirura@様

猫もだけど犬の手も借りたい展開ですね。

てことでご心配おかけしてすみません!
ゲームもですけど、スランプ入ってるんで更新が滞ってます(屑)
「続き描かなきゃ・・・」→「しんどい・・・・」
ってジレンマに悩んでおりました。
新しいこと始めようかな~と思ってたらそっちにはまって
・・・・って感じで。
(今後失踪する可能性もあるんで(ry)

一応ゲーム版で章限りのゲストキャラとして登場させるべく、
顔グラだけは描きました。
(いつゲーム公開するかはブロマガの方で告知しようとは思ってます。)


すみません、コメントありがとうございました!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45