二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ゆうきとμ's+@の日常。
日時: 2018/05/20 23:52
名前: 勇騎 ◆qJgLsDnlMc

どうも、ゆうきです。

ここでは、
しゅんぽこさんや広尾さんがやられている
日記の様な物をやっていきます。

ヘキサさんが始めたのを見て、
自分もやる決心をしました。(大袈裟)

他の方よりつまらないかもしれませんが、
温かい目で見守ってください。

タイトル通り、
ラブライブ関連のキャラが出てきます。
主にことりちゃんが。

恐らく毎日は更新できないです。
マイペースにやっていきます。

それでは。


アンケート>>80(終了しました!)


回答(ゆうき確認用)

sanadaさん>>81
mirura@さん>>82
ヘキサさん>>86
ネクスタさん>>87
早紀>>88
雄介さん>>90
ジャスダークさん>>91
じんべいざめさん>>93
花音さん>>98
しゅんぽこさん>>100
皆さん、ご協力ありがとうございました。

☆企画☆

ゆうきの好きなμ'sの曲大発表!
>>114>>119-121>>123>>126-128
>>133>>143>>205>>217

コメント大歓迎です!(荒らしはご法度)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45



Re: ゆうきとμ's+@の日常。 ( No.224 )
日時: 2018/06/06 00:26
名前: ゆうき ◆3kcYqPadC.

To あめとあんきもさん・・・もといじんさん

もうすぐ一年です。ありがとうございます。
僕が初めてですか・・・お陰で逃走中とかもやって・・・繋がりって不思議ですね。


ことり愛は自分でも驚く程にこの一年でさらに膨れ上がりましたね。舞踏会はぜひください。←無理だよ
去年?一昨年?の誕生日に早紀ので回した時に出したんですよね。舞踏会。次の誕生日期待してるぜ!

ptは今にも抜かされそうで怖いです^^
幸せな夢見たいよー(キモいよー)

あ、ダイヤさんが仮死してるのは決して欲求不満だからではありません。ネタです。ネタ。←怒られろ
イチャイチャ具合は今くらいでいい感じです。あまりやり過ぎると引かれるのでね。←明らかにやり過ぎてる男

それでは。

Re: ゆうきとμ's+@の日常。 ( No.225 )
日時: 2018/06/09 18:59
名前: ゆうき ◆3kcYqPadC.

ゆうき
「忘れかけてたのでまた忘れる前にやります!」


ことり
「今日誕生日のμ'sメンバーがいるよ!」


花陽
「はい!それは・・・」



























にっこにっこにー!!


ゆうき・ことり・花陽
「(ん?)」



























「にこっちやと思った?残念!のんたんでした!」


ゆうき
「はい。ということで、レギュラーのスピリチュアル担当、希です!」


ことり
「最近は成績がスピリチュアルな事になってるけどね。」


花陽
「レギュラーなのに出落ちしたもんね・・・」



「誕生日にそういう話すな」


ゆうき
「色々考えた結果、プレゼントはこちらです!」



































大きなプレゼント箱
「」ドーン



「でかっ!」


穂乃果
「早く開けてよ!」


海未
「・・・・・・」


真姫
「・・・・・・」



「海未ちゃん?真姫ちゃん?どうしたん?」


海未
「いえ、その箱の中m凛「早く早く!」」


にこ
「希!作者あと2回更新するんだから早くしなさい!」


ゆうき
「メタ発言いらん」



「まあいいや、開けるで!」


パカッ!






























絵里
「希!誕生日おめでとう!」バーン



「・・・・・・」


絵里
「驚きで声も出ないのね。ふふっ。」



「・・・・・・」


パタン・・・


絵里
「いやあああああ!!閉じないでえええええ!!暗いいいいい!!怖いいいいい!!」バンバン


希以外
「(だから(絵里に)やめた方がいいって言ったのに・・・)」



「え?何?プレゼントは絵里ち?」パカッ


絵里
「そうよ!プレゼントはわ・た・し♡」


パタン・・・


絵里
「いやあああああ!!」バンバン



「(アカン面白い)」


ゆうき
「帰ろっかことりちゃん。」


ことり
「チーズケーキ食べていこうよ!」


花陽
「花陽も行きたい!」



「凛も!」


にこ
「にこも!」


穂乃果
「穂乃果も!」


海未
「あなたは駄目です。」


穂乃果
「なんでさ!?ちょっとくらい良いじゃん!」


海未
「ちょっとで終わらないのが貴女です!」


真姫
「希、そっちの箱にケーキ入ってるわよ。」



「そうなん?ありがと。」


真姫
「絵里とお幸せに。」ボソッ



「え?なんて?」


真姫
「ナンデモナイワヨ!ゆうきさん!早く行きましょ!」


ゆうき
「お!真姫ちゃんも来るの?」


真姫
「たまにはね。」


ことり
「じゃあレッツゴー♪」


ゆうき
「(ちくしょうかわいい)」


ゆうき・1年生・2年生・にこ 退場


絵里
「いやあああああ!!出してえええええ!!」バンバン



「あれは面白いからそのままにしておこう(笑)」



「(パクッ)あ、ケーキ美味しい。」


絵里
「希ぃ・・・出してよぉ・・・」グスン



「(泣き出したやん)」


絵里
「希い・・・」ヒグッ


パカッ・・・


絵里
「!!!・・・希・・・」



「絵里ち・・・」


絵里
「希・・・!」


このあと、硝子の花園n


パタン!


絵里
「いやあああああ!!」バンバン



「プククッ・・・w」


いや、絵里が無茶苦茶希に遊ばれた・・・



「本当に面白いわw」


絵里
「お願いだから出してえええええ!!」バンバン





ことり
「チーズケーキ美味しい♪」モグモグ


ゆうき
「(チーズケーキもぐもぐすることりちゃんもかわいい)」


花陽
「いくらでも食べられます!」


穂乃果
「美味しいよ~!」バクバク



「ふー。凛はもう止めとこう。」


にこ
「あら?珍しいわね。じゃあにこも止めるわ。」


真姫
「(後ろに鬼いるものね)」


海未
「(やはりかなり食べていますね・・・)」ゴゴゴ


後日、穂乃果と花陽は太ったので(ry


花陽
「またこれですか!?」



「止めといて良かったにゃ。」


にこ
「そうね。」


穂乃果
「なんでことりちゃんは太ってないの!?」


ことり
「?」モグモグ


海未
「まったく・・・穂乃果と花陽はいつもいつも!」


ゆうき
「(とりあえずことりちゃんは天使ということで。)」




絵里
「のじょみぃ・・・どうしてあんなひどいことぉ・・・」グスグス



「(アカンやり過ぎた)」


そして絵里は精神半壊で希からしばらくの間離れなくなった・・・


HAPPY END


穂乃果・花陽・希
「どこが!?」

Re: ゆうきとμ's+@の日常。 ( No.226 )
日時: 2018/06/11 19:38
名前: ゆうき ◆3kcYqPadC.

※長くなるのであらかじめご了承ください。


ゆうき
「どうも、昨日1日本当に忙しかった・・・というか予定が詰まっていたゆうきです。」


ことり
「ゆうきくん昨日何してたの?」


ゆうき
「まず起きたのは7時頃。」


ことり
「朝に弱いゆうきくんにしては早いね。」


ゆうき
「仕方無いよ。8時からバイトだったから。」


ことり
「はやーい・・・(驚)」


ゆうき
「7時半からな事もあるからそれに比べたらまだマシだよ。」


ことり
「そうなんだ~・・・」


ゆうき
「で、バイトは13時まででした。」


ことり
「5時間・・・って長いの?」


ゆうき
「ゆうきのバイト時間としては一番長い時ですね。おそらくこれ以上長くなると休憩をとらないとなので5時間より長くバイトすることは無いと思います。」


ことり
「それで・・・その後は?」


ゆうき
「1時半頃には家に帰って昼食食べて。で、3時半頃にまた外出。」


ことり
「どこに行ったの?」


ゆうき
「いわゆる同窓会です。高校の時のクラスメイトに会ってきました。約3ヶ月ぶりですね。」


ことり
「どうだった?」


ゆうき
「流石に3ヶ月じゃ変わってないよ(笑)もちろん女子はメイクとかしてたけど。」


ことり
「でも、懐かしかったでしょ?」


ゆうき
「そうだね。一人小学校6年生の時からの友達がいまして・・・彼に会うのもおよそ3ヶ月ぶりだったわけです。再会した時には素直にまた会えて嬉しいと思いましたね。」


ことり
「写真も撮ったんだよね?」


ゆうき
「うん。○INEで写真送ってもらってる。」


ゆうき
「帰るときは内心寂しかった。偶然会ったりしない限りまた一年会うことが無いわけだから・・・」


ことり
「遊んだりすればいいのに。」


ゆうき
「お互いの予定とかあるからね。そういうの難しいんだよ。」


ことり
「そっか~・・・」


ゆうき
「それで、その後二次会的な感じでサイ○リアに。」


ことり
「同窓会的なのでご飯食べたのに、また食べたの?」


ゆうき
「僕は食べてないよ。あまりお金使いたくなかったし。」


ことり
「じゃあ、サイ○リアで何してたの?」


ゆうき
「アプリ使って人狼ゲーム(笑)」


ことり
「現実では無口なゆうきくんは苦手そうだけど・・・」


ゆうき
「それ以前に最初と最後人狼で、最後から2番目の時に占い師だった以外全部村人でつまらなかった。」


ことり
「あはは・・・凶運だね・・・」


ゆうき
「それ以前に凶運だったのは、何か資料みたいなの配られたんですね。」


ゆうき
「円卓に座ってて、僕の席の方に配ってる人が来たから僕が回していく感じになるのかと思うじゃないですか。」


ゆうき
「ゆうきの左隣の人からスタート!時計回りに!(笑)」


ことり
「逆にスゴいね・・・」


ゆうき
「しかも1枚足りなくて回ってこないとかいう。」


ことり
「逆にすごいよ!?本当に!」


ゆうき
「友達には芸人魂とかなんとか言われるし(汗)」


ことり
「そりゃあ言いたくもなるよ・・・」


ゆうき
「とか色々あって、帰宅したのは23時過ぎでした☆」


ことり
「皆さんは真似しないようにね!(・8・)」


ゆうき
「ちょっとことりちゃん!」


ことり
「ぴぃっ!ごめんなさい!」ウルッ


ゆうき
「・・・かわいいから許そう。」


ことり
「(相変わらず単純だね・・・)」


今日の更新はこれから。

Re: ゆうきとμ's+@の日常。 ( No.227 )
日時: 2018/06/12 23:15
名前: ゆうき ◆3kcYqPadC.

ゆうき
「今日は焦ったことがありまして。」


ことり
「どうしたの?」


ゆうき
「財布の中にいつも入れてる学生証使おうと思って(キャンパス内の一部の教室に入るときに必要です)カバン漁ってたんですよ。」


ゆうき
「そしたらカバンの中に無くて。」


ことり
「え!?家に忘れちゃったの!?」


ゆうき
「僕もそう思って30分くらい掛けて家と大学往復したわけですけど家には無くて・・・」


ことり
「えぇ!?それってまずくない!?」


ゆうき
「うん。下手したら今日の昼何も食べられないところだった。昼はバイト先のコンビニで買うか学食かだから。どっちにしても必要なお金が無くて詰んだ状態でした。」


ことり
「結局見つかったの?」


ゆうき
「うん。昨日使った教室で落とすか忘れるかしたみたいで。学生事務室に話に行ったら一時間後くらいには落とし物として届きました。」


ことり
「良かったね!」


ゆうき
「大学行ってすぐ気付いたから良かったけど、昼になるまで気付いてなかったらと思うとゾッとするよ。」


ことり
「不幸中の幸いだね。」


ゆうき
「つくづく運が無いというか、ついてないというか。本当にこの運の悪さどうにかしたい。」


ことり
「あはは・・・」

Re: ゆうきとμ's+@の日常。 ( No.228 )
日時: 2018/06/15 08:58
名前: ゆうき ◆3kcYqPadC.

ゆうき
「どうも、昨日バイトが3時間のハズが6時間働く羽目になりました、ゆうきです。」


ことり
「何があったの!?」


ゆうき
「本当は16時から19時までだったんだよ。でも次に入る人が来れなくなったみたいで。」


ゆうき
「オーナーが(その人が入る予定だった)21時半まで入ってくれない?嫌ならいいけど。とかおっしゃるから断れずに。嫌でも嫌とか言えるわけがないでしょ」


ことり
「あはは・・・」


ゆうき
「それで、21時半になってやっと終わりと思ったら何かの機械にトラブルが発生しまして。」


ゆうき
「同じ時間に入ってた人がそれの処理に当たってるからその間にレジに入らなくちゃいけなくなりまして。」


ことり
「あはは・・・」


ゆうき
「結局トラブルが解決した時には22時になってましたって話です。」


ゆうき
「家帰ってご飯食べて風呂入ったら日付変わっちゃいました。悲しいー。」


ことり
「ゆうきくんお疲れー!」ハグ


ゆうき
「よし。明日のバイトも頑張れる。(今日は無し)」


↑やはり単純


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。