二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

未来の子供達+aによる全然普通じゃねぇ日常2
日時: 2019/06/16 13:39
名前: ゆめひめ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7/index.cgi?mode=view&no=27272

任天堂のシュミレーションRPGゲーム【ファイアーエムブレム】シリーズが主のギャグ小説が2スレッド目に突入しちゃって良いのかしら!?


原作の面影はどこ行ったと思うぐらい笑い上戸なルキナちゃん、
そんなルキナちゃんと仲のいいヒーローコンビのウードとシンシア、
ツンデレなツッコミ師のセレナ、
ルキナちゃんに苦労しながらも最近自分もちゃっかり仲間をいじってくるロラン、
異常事態ダークマターを作るデジェル、
可愛く見えてブラックな事をしれっと言うンン、
何かと酷い目に遭うアズール、そのアズール以上に酷い目に遭いすぎて可哀想なブレディ、
ブチ切れたら最強と化す和菓神ノワール、
純粋な良い子のマークくん、そのマークくんと性別だけでなく性格も違う天然どSマークちゃん、そのマークちゃんお気に入りのジェロームさん、
父親の影響か最近何となく地味なシャンブレー・・・
・・・そんなFE覚醒子世代達が(主に)繰り広げるハチャメチャワールド!


新紋章の第七小隊、最新作ifの白夜王国と暗夜王国、コナミの音ゲー【ポップンミュージック】のつぎドカの他にも、サンリオの音ゲー【SHOW BY ROOK!!】とイカした塗りゲー【スプラトゥーン】も加わりますます賑やかに!!


そんな原作の面影はどこ行ったぐらいハチャメチャなFE(?)ワールドを特とご覧あれ!!(何気にコロコロマンガなどにありそうな作品紹介風)
(※前スレについては参照ページをどうぞ)



〜目次〜

「短編」
こんな事がこの小説じゃ日常茶飯事なのだよ >>1-7
ニンドリは時々20日にでるから気を付けろ >>18-23
2017・18年はFEの年待ったなしか? >>31-35
ロマンスは時にビターチョコの様にほろ苦い >>57-63
修羅場は重なって起こると大変だ >>78-87
諦めるな!追加コンテンツというものがある >>104-108
使えない奴ほど愛おしい >>162-166
宇宙一バカなFEだコノヤロー! >>172-176
世の中には意外に知らない行事が山ほどある >>183-190
腹黒もサディストも程々に >>200-206
ウブな奴らには不運と野次馬が付いてくる >>218-228
たまには子供の頃の話をしようか >>236-239
乱闘と感想と繋がりと・・・ >>241
諦めなければトゥメはきっと叶うんだ >>245
RPGは大体最初の目的とそれていく事が多い >>250-256
主人公は他人の知らないところで進化し続ける >>257-266
やり損ねた季節ネタ集 >>270-273
みんな「願いが叶う」って事に弱いよね >>274-277←New!





「長編」
・第3回運動会編
新入りと歓迎と久々に開催されるあれ >>41-51
借り物競争は1つくらい無謀なお題がある >>148-155



・テスト編
テストは一種の大喜利 >>114-119
面白くなければ授業じゃないが、テストは面白くやる余裕なんてない >>126-130
テストは真面目にしないと説教沙汰になるから気を付けて >>136-140




「ゆめひめ放送局(ラジオ)」
第4回 >>92-95



※注意※
 ・全体的にキャラ崩壊・イメージ崩壊
 ・世界観?知ったこっちゃないね。
 ・紹介したジャンルのキャラ以外も普通に出てきます
 ・荒らし・中傷・宣伝・他人が見て気分を悪くするコメントはご遠慮下さい。見つけたら即刻削除します


これらの注意を理解してこの小説をお楽しみ下さい。



タグ:ファイアーエムブレム つぎドカ! SB69 スプラトゥーン キャラ崩壊注意 裸族 オリジナル設定あり
開業日:2016/12/10 18:03

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62



駄菓子屋のお菓子の種類は無限大(その5) ( No.305 )
日時: 2019/12/22 18:30
名前: ゆめひめ

ところが弾をあっという間にストックするわ、攻撃に使ったラムネを商売の道具にされるわ、ヒメのナメきった戦い方に遂にブチ切れた闇ルキナは合図を出すと(機能のこと忘れてた奴にやり方を教えつつも)他の闇世代が操作すると突如ダガシくんから手が増え、合計10本の手が現れる。さらにその手に一体どこから出てきたのか巨大なポッキーの様なものが現れ・・・







闇ルキナ「見よ!ダガシくん究極奥義・ポッキーセイバー十刀流!!」
ヒメ「うぉぉっ!?」






なんと10本になった手からライトセイバーを意識したのか10種類のポッキーが携わった!これには流石にヒメもうろたえる。ちなみにチョコの種類はミルクチョコ、ビターチョコ、ホワイトチョコ、イチゴチョコ、抹茶チョコ、ミントチョコ、トリュフチョコ、スライムチョコ、奇跡チョコ、クトゥルフチョコと豊h・・・Σ待て!?後半明らかにおかしい種類のチョコなかったか!!?




闇ルキナ「あたたたたたたたたたた(ry)!!!」
ヒメ「うわっ!?おっ!?のわっ!?」


バンジョー「激しいラッシュだ!!さすがのヒメちゃんも避けるだけで精一杯か!?」
イレブン「いや、ヒメちゃんは地道にセイバーの威力を減らしてる!」
カズーイ「え?どういうこと?」


本気モードのダガシくんはとてつもないスピードで一心不乱にヒメに襲い掛かる!ここまでの武器(?)の数と猛攻には流石に瞬発力に自信のあるヒメでも避けるだけで攻撃をする暇がない様に見えるが、悪魔の子を呼ばれた勇者の末裔によるとヒメは少しながらも着実に対抗しているという。どういう事なのかと戸惑うも、よく見てみると・・・





ヒメ「おっ!このチョコ意外といけるじゃねーか!!おぉ!こっちも中々ァ!!(バクバクガツガツ」←髪の素体が一部タコになってる
カズーイ「Σものすごい速さで食ってるぅぅぅぅぅ!!?」




ヒメはラッシュを避けつつ、チョコセイバーを少しずつでありながら食べていた!なんかよく分からねぇけど器用だなお前!?あ、ヒメの髪が一部タコになってる。奇跡チョコの影響か・・・;


闇ルキナ「えーい!度々食われてたまるかってんだ!!」


だが、食われてばかりなるとダガシくんも新たな攻撃に切り替える。ダガシくんはこれまたどこから出したのか、大量のガムを口に入れ、一瞬に噛み口から細長いロープの様になったガムを吐きだした!




闇ルキナ「チューインガムバンジー!!」
ヒメ「うのわぁ!?」
イイダ「センパイ!?」



その長いガムは一瞬にしてヒメの身体をとらえる。これには流石のイイダもヒメを助けることが出来ず、ヒメはそのままダガシくんによって上空に振り回されだした!


ヒメ「うわあぁぁぁぁぁ!!?」
闇ルキナ「はーはっはっは!諦めて降参しろー!!」
バンジョー「大変だー!?ここに来てまさかのヒメちゃん大ピンチだー!!」



今まで順調だったヒメが突如形成を逆転されられる事態に流石に実況も観客たちも戸惑いだす。振り回されるヒメの有様に「ヒメちゃんをいじめないでー!」と泣き叫ぶ子供や純粋組に「ヒメちゃんに何すんだザコの分際で!!」と怒鳴る観客達まで現れる。
だが・・・



ヒメ「クッ・・・!アタシがこのまま諦めると思ってるのかぁ!!」



グオォォ!!




全員「!!!?」


なんとヒメは振り回されながらも、チューインガムごとダガシくんの本体を持ち上げたのだ!!?そして・・・








ヒメ「らーららららららららら(ry)ーーーーーー!!!」
闇世代「○※□∀〒▲%♪дーーーーーーーー!!!?(声にならない悲鳴」
バンジョー「えぇぇぇぇぇぇ!!?ヒメちゃんも一緒に回りだしてまるで巨大竜巻になってるぅぅぅぅぅぅ!!?」
カズーイ「みんなー!避難してー!?」






ヒメはダガシくんと共に振り回しだしたァァァァァ!!?ダガシくんもヒメも両者互いを大きく振り回して、両者から勢いの強い風も吹いてくる!!今までヒメが勝つ事しか考えてなかった一同も流石に巻き込まれたくないと大慌てになり、実況席も観客達に逃げるよう促す。
だが、両者の間にあるのは所詮ただデカく細長いだけのチューインガム。こんな事されるとその強度が耐えられるはずもなく・・・





ブチッ!



闇世代、ヒメ「Σファッ!!?」




遂にブチッっとちぎれました。そしてその反動からの勢いで両者は大いに吹っ飛び、ダガシくんの方は恒例行事と言っても良いぐらいの見事な星になりました☆


闇世代「なにこの感じィィィィィィ!!?」



キラーン☆





バンジョー「あーっと!変なロボの方は見事に星になったー!!これは誰がなんと言おうが場外と言う事でOKだね!!」
カズーイ「自分の出した攻撃に自分でやられるなんて、バカなやつらね」
イレブン「あれ?ヒメちゃんは・・・?」
バンジョー「え?・・・あ!そういえば・・・!!」
イイダ「センパイ・・・!!」


ダガシくんが星になった事で実況席や観客はダガシくんを場外という事で即決。だが、ヒメの勝ちになるにはヒメの安否が確認されなければならない・・・一同はヒメがどこに行ったか心配になり、あちこち探していると、カズーイが遠くから何かが飛んでくる事に気づいた。


カズーイ「ちょっとみんな!あれを見て!!なんか飛んでくる!?」
バンジョー「なんだ!?エアライドか!?」
イレブン「キツツキか!?」
テリー「いや・・・!!」



ゴオォォォォ・・・!!











ヒメ「地球一周してきたぜーッ!!」
全員「ヒメちゃんだァァァァァァ!!!」
イイダ「センパァァァァァイ!!!(号泣」





遠くから飛んできたものの正体はヒメちゃんだった!!ヒメはぶっ飛ばされた勢いで地球を一周してきたという(ぇ)理由はともあれ、ヒメが無事だった事により、(全員の期待&読者の皆さんの予想の通り)ヒメの勝利が確定!!
こうして、テンタクルズVSダガシくんの戦いは(全員の期待&読者の皆さんの予想の通り)テンタクルズの勝利で終わったのだった・・・





ヒメ「もう一周してくるわー!!」ビューン!!
カズーイ「Σいや止まれよ!?」
イイダ「そんなセンパイも素敵です・・・;」




終わり



~後書き~
年末にまたもやププアワカービィをやりました。ププアワカービィはひかわカービィやさくまカービィと比べるとドタバタの勢いが激しいのでパロディにするのは楽しかったですwww
ちなみに今回遂に本編初登場したテンタクルズのヒメちゃんですが、ヒメちゃんは最初一人称をゲームと異なり「オレ」と言わせようかとしましたが、やっぱりゲームと同じ「アタシ」の方が似合うと思い一人称を変えるのはなしにしました。
それにしても100回記念回から頻繁に登場する様になった闇世代ですが、自分で言うのもなんですがもうこいつらはなくはない。時代だった頃のクロムと同等のナメられ要員になっていってますねwwww






























ヒメ『もう一周してくるわー!!』
カズーイ『Σいや止まれよ!?』
イイダ『そんなセンパイも素敵です・・・;』



ヒメとダガシくんの決着が着いた同時刻、テンタクルズラジオ体操の中継先の他にも今までの戦いを見ていた者達がいた・・・















エーデルガルト「何よあれ・・・;朝から派手にやったわね・・・;」
ディミトリ「終始ナメっぱなしの戦いだったな。まぁ、あんな相手なら俺でもひとひねりで倒せそうだが」
クロード「俺はあぁいうの、嫌いじゃないぜ?」







次回、いよいよ【ファイアーエムブレム 風花雪月】参上!!








次回はクリスマス頃に投稿予定です。 感想・OK!

2020年のご挨拶 ( No.306 )
日時: 2020/01/01 21:57
名前: ゆめひめ




エーデルガルト「・・・いつも【未来の子供達+aによる全然普通じゃねぇ日常2】をご覧の皆さま・・・」
ディミトリ「ファイアーエムブレム風花雪月・級長一同より・・・」
クロード「2020年のご挨拶を申し上げるぜ」



クロード「『いや~去年はつぎドカだったから今年の新年の挨拶はifの兄弟一同だろうなぁ~』と思ってたみんな、残念でした。今年の新年の挨拶の担当は俺達だぜ」
エーデルガルト「登場早々何メタな事を言ってるの。・・・さて、改めて今年からこの小説のレギュラーになる私達から新年の挨拶を申し上げたわ。本当なら私達の初登場回はクリスマス頃に上げるつもりだったのだけど・・・」
ディミトリ「エーデルガルトはそれよりも前にW683さんサイドで既に登場s」
エーデルガルト「黙ってて(睨」←ここよりも前にW683サイドの料理対決のオシオキで先行登場してた
ディミトリ「まぁともあれ、我々の初登場回は年明け以降に先になってしまうが、リアルの作者も色々私用で忙しいし、そこは暖かい目と期待で公開まで待っててくれ」
クロード「さて、去年は俺達の出る風花雪月の発売もあったけど、他にもドラクエやバンカズやテリーボカードがスマブラ参戦したり、令和の時代が始まったり、作者の地元関西でハイカラライブがあったりと色々だったが、この小説も色々あったよな・・・」
ディミトリ「そうだな、俺達の他にも歴代FE主人公も登場していくと聞いたし、どんどんFEらしさを重視していく様になってきたな」
エーデルガルト「えぇ、私達もそこに加わる者として期待したい所ね。・・・けど、未だに長編が手こずってる作者とあなた達を見てると、嫌な期待しかできないと思うけどね・・・」←オシオキ組
ディミトリ、クロード「え?」←ど天然とギャグカオス組


エーデルガルト「まぁとにかく、短いけれど今年もこの小説をよろしくお願いするわね」
ディミトリ「リアルの作者も多忙だが、今年も色んな話を書いていくと惜しまないつもりだ」
クロード「まっ、こんなグダグダな作者や色々やりまくる俺達だけど、まぁ気楽に楽しみににしてくれよな」




今年もよろしくお願いします。(コメントもいつでもよろしくお願いします)

Re: 未来の子供達+aによる全然普通じゃねぇ日常2 ( No.307 )
日時: 2020/01/29 22:45
名前: アーク

アーク「風花雪月キャラの登場か」
フローラ「料理に問題児がかなり多いみたいだけど…」
アーク「まぁ、リシテアは間違いないだろうな。大方激甘料理ばっか作ってんだろうな」
フローラ「甘いものが好きだからね」
アーク「ちなみにだが、うちのリシテアはドクターマリオ等に「甘いものの摂取は極力控えろ。特にパフェの様な物は週一かつひとつしかダメ」って言われてる。パフェを邪魔されるとぶちギレて魔法をぶっぱなすが」
フローラ「ほぼ銀時じゃない;」
アーク「あと紅茶にも砂糖を入れるのを禁止されてるな。コーヒーはブラックコーヒーだけともな」
フローラ「なんで砂糖の摂取に厳しいの?」
アーク「糖尿病に限りなく近いからだそうだ。あと甘いものの替わりに野菜を食べろとも言われてたな。当のリシテアはかなり嫌な表情をしてたが」

新シリーズ予告!! ( No.308 )
日時: 2020/04/01 08:39
名前: ゆめひめ

新シリーズの予告の前にコメ返信

>アークさん
返信がかなり遅くなり本当に申し訳ありませんでしたOTL
ついにこの小説にもFE風花雪月のキャラが登場します!まぁ、お察しの通りメシマズ組もかなりいる事になりますが・・・;って、そっちのリシテアがただの銀さんやんwwwww
そんなリシテアも含めた風花雪月のキャラの加入話はもう少しお時間を頂くかもしれませんが、気長にお待ちしてくれれば幸いです。








僕の名前は『土浦東夢』!




みんなは【プリパラ】って知っている?




女の子のアイドルのテーマパークなんだけど、
男の子のプリパラ【ダンプリ】が、僕の住む街に新しく出来たんだ!



それで早速僕も届いたばかりのプリチケ片手にダンプリに行ったのだけど・・・







到着したのは『女 の 子』のプリパラで、



僕も【女 の 子】に な っ ち ゃ っ た!!?



おまけに、プリパラを狙ってみんなの夢を台無しにしてしまう悪い奴らから
【アイドル戦士・プリキュア】としてプリパラの平和を守ることにもなっちゃって・・・






もう、どうなっちゃうの!? 僕のアイドル人生ぃ~!!?






歌って、踊って、戦って!!


【プリパラ】×【プリキュア】の奇跡のコラボストーリー!!




新シリーズ
 【アイドルタイムプリキュア!】




4月1日より公開!!



み~んなトモダチ! み~んなアイドル!






























皆さん、今日の日付をよくご覧ください(笑)

今年もやりましたwwwwwwww ( No.309 )
日時: 2020/04/01 08:41
名前: ゆめひめ

~後書き~
はい、4月1日恒例のエイプリルフールネタですwwwww
今年の元ネタのテーマはプリパラですが、どうせならプリキュアも掛け合わせてみようとしましたwwww(実際Twitterではプリキュアのロゴを当てるクイズで、プリパラのロゴも混ざっていたのを見た(笑))
ちなみにどうせなら本編も書いてしまおうかなとも思いましたが、あえて予告のみで行かせてもらいました。あと、Twitterを見てから来た人は写真でもうご存じでしょうが、登場キャラの正体は子世代男子ですwwww


感想・OK!












































まぁ実はpixivで本気で連載しようかなとも考えてたり(ゑ?)


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。