二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

まるで名作な人生!【クロスオーバー】
日時: 2019/05/16 19:33
名前: 内倉水火
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12396

名作「やった! 今回も僕が主役だぞ!」
戦兎「おめでとう名作。俺や万丈も引き続き出るから宜しくな」
名作「はい、此方こそ宜しくお願いします」
ベト「うむ。前作では俺の"ムジーク"の出番が無かったからな。読者諸君にも存分に味わわせてやろうぞ! フハハハ!!」
名作「その笑い方何か不安になる!」
継義「…過労死すんなよ」
名作「今からそういう事言うな! 恐いわ!」

***

本作品は『ハウスオブ音羽』の続編となります。
ですが、前作を読んでも読まなくても面白さはあんまり変わりません。
その代わりゲストが多いです。人物紹介も多めに書きます。

そして何度でも言います_名作くん、ボケが増えても過労死しないでね。
「だから恐い事言うなって! 否定しにくいし!」

***

【目次】
パドペディア【人物紹介】 >>1-5>>47
第1話 天才と子供と音羽館 >>7-12>>15-16
第2話 スイートホームを探しに >>19-24
第3話 亀はロマン求め戦う >>27-31
第4話 平和の音楽を貴方に >>33-38
第5話 花見だョ!全員集合 >>39-46

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



第6話 コビトカバとハシビロコウ ( No.52 )
日時: 2019/05/14 16:59
名前: 内倉水火

殆どマラソンに近い散歩を終え、2人と1匹は帰路に着いた。
この時点で疲れ果てている名作。しかし、ドボちゃんのお世話はまだまだ終わらない。
まず、転がったせいで大分汚れたドボちゃんの身体を、バスルームで洗う。この仕事にはスポンジとシャワーを使って2人で臨んだのだが_。

「ぎゃぁああ!! 僕の米が排水口にぃぃ!」
「何でシャワーとかいけると思ったの!?」

シャワーの湯でむすびの身体である米粒が流されてしまうという事態に。一先ずドボちゃんのシャワータイムは名作1人で面倒を見る事になり、むすびは台所に直行して音羽家の炊きたての白米を分けて貰ったらしい。

続けて、ドボちゃんにおやつのう○い棒を与える事になったのだが、やはり其処でもトラブルに見舞われた。

「プギッ、プギー!」
「クケェエェ!!」

う○い棒を取り合って、同じくペットであるハシビロコウのハッシーとドボちゃんが、噛んだり噛まれたりの大喧嘩を繰り広げたのだ。慌てて、名作達も止めに入る。

「ハッシー! お菓子なら他にあげますから!」
「てかこの家、珍しい動物多くない!?」

2人の粘り強さもあってか、喧嘩は直ぐに収束した。
トラブル続きでソファーにぐったりとしている彼等に、歌苗が近付いてこう言う。

「2人共本当に有り難う! お陰で宿題も他の家事も全部片付いちゃった!」
「お、お役に立てて何よりです…」
「…何かごめん」

くたびれた彼等に、代わって謝罪をするしかない歌苗であった。

第6話 コビトカバとハシビロコウ ( No.53 )
日時: 2019/05/19 15:19
名前: 内倉水火

世話に疲れて、リビングのソファーに伏せてしまっている名作とむすび。
名作がうとうと微睡んでいると、館の扉を、誰かが呼び鈴も鳴らさずに開けた。恐らく、館の住人か知人の1人だろう、と予想しながら、2人は身体を起こす。

「ちぃーす、遊びに来たぜー」

見ると、此方へ向けて片手を上げて見せる、神楽奏助の姿があった。予想は後者が当たったという訳だ。
奏助は名作達の顔を見るなり、「どしたの? めっちゃ疲れてるみたいだけど」と首を傾げて見せる。名作は軽く笑ってはぐらかした。

「あはは…大丈夫です」

すると其処へ、ドボちゃんが歩いてくる。ドボちゃんは名作達を見上げると、何か話しかけるように鳴き始めた。

「プギー、プギプギプッギー。プーギー、プギプーギー」
「…え、何て?」

思いもよらない長文に、目を瞬かせる一同。残念ながら、此処にカバ語を理解出来る者は1人もいない_と誰もが思った時だった。奏助のポケットから声が聞こえてきたのだ。

『私が翻訳いたしましょう』
「パッド君!?」

慌てて奏助が取り出したそれは、カラーが目に鮮やかなブルーに統一された電子端末に搭載された、超高性能AI、パッド君であった。彼はスピーカーからにこやかに告げる。

『私のアプリ"カバリンガル"で、ドボさんの言葉を皆さんにお伝えしますね』
「何そのアプリ! 無駄に凄いんだけど!」

名作のツッコミも程々に、パッド君はドボちゃんの言葉を日本語に訳し始めた。

『今日は、お世話して下さって誠に有り難う御座いました。お礼に、皆さんを列車の旅にお連れ致します』

「「列車の旅?」」

一体何が起こるか分からない名作とむすびは、顔を見合わせて、再び瞬きする。
疑問を残したまま、視線をドボちゃんに戻すと、2人は信じられない光景を目にした。

「…え?」

まるで列車の車掌のような服に身を包んだドボちゃんが、其処に立っていたのだ。そう、2足で。
そして、彼は高らかに叫ぶ。

「出発、進行!」
「「えぇええええ!?」」

その途端、辺りは眩い光に包まれた。

第6話 コビトカバとハシビロコウ ( No.54 )
日時: 2019/05/22 15:21
名前: 内倉水火

恐る恐る目を開くと、名作はいつの間にか、列車の一席に座っていた。列車は既に走行しているようで、タタンタタン、というようなリズムが身体伝わってくる。
突然の事に車内を見回していると、向かいの席にむすびが、隣や斜め前の席には歌苗や奏助達が腰掛けているのが分かった。全員、何故か窓の景色に釘付けになっている様子だった。一体窓の外に何があるのか、と名作も窓を覗いてみると_。

「えぇえぇっ!?」

_そこでは、宇宙に散りばめられた星々が瞬いていた。そう、この列車は、銀河を走っているのだ。
名作は興奮気味になって、窓に張り付く。

「こ、これは! 宮沢みやざわ賢治けんじが書いた名作、『銀河鉄道の夜』そのまま!! 凄い、凄すぎるよ!」

むすびも目を輝かせながら、名作に言った。

「名作くん…こんな凄いもの見せられるのは、もしかして…!」
「きっとムジークに違いないよ!」

こんな素敵なムジークを体験出来るだなんて、一生懸命にドボちゃんの世話をやっていて良かった、と心底思った2人。
ドボちゃんが何者かは今は置いておいて、銀河を駆け抜ける列車に魅了されるばかりであった。彼が旅の終了を告げるその瞬間まで。

「ご乗車、有り難う御座いました!」

第6話 コビトカバとハシビロコウ ( No.55 )
日時: 2019/05/24 11:35
名前: 内倉水火

「あっはは! 楽しかったねー!」

ムジーク空間から戻ると、名作の後ろで、モツが楽しげに笑った。

「いや、あんたいつからいたの!? 乗ってたの列車に!」
「奏助と一緒に帰って来たんだよー、君達ぐったりしてたから分かんなかったんでしょ」

そう言われると、納得出来るような気もする。疲れていたのもあるし、銀河鉄道に夢中になっていたのだから。
気付かなかった事に反省する名作を他所に、モツは続けた。

「本当、ドボちゃんのムジークには感動するよ。最初はカバが"クラシカロイド"だなんて、思いもしなかったなぁ…」
「え? 今なんて言ったんです?」

彼の口から、妙な固有名詞が出てきたのを、むすびは聞き逃さなかった。すかさず質問した。
名作は首を傾げて、モツの答えを待った。

「思いもしなかったなぁ…」
「それより前です」
「カバが"クラシカロイド"だなんて」
「"クラシカロイド"って何です?」

"クラシカロイド"とは何だろう。名作達は、全く見当も付かなかった。
取り敢えず分かるのは、ドボちゃんがその"クラシカロイド"の一員であり、他にも何人か"クラシカロイド"が存在している、という事だろう。

そして、その説明を聞いた直後、名作とむすびは仰天する事になった。

「えぇええええ!?」

つづく!

Re: まるで名作な人生!【クロスオーバー】 ( No.56 )
日時: 2019/05/25 08:07
名前: 氷堂千秋

始めまして。氷堂千秋です。
質問の前に感想書きますね。


ビルドもクラシカロイドも大体の話は見ていました。第1話の歌苗に怒られてるところとか懐かしくて面白かったです。
名作くんは最近凄くハマってて、私の書いている小説にも出していますがあまり面白く書けないです。面白く書けている内倉さんは凄いと思いました。

…感想さえも上手く書けなくてすみません。


質問です。あはれ!名作くんのキャラの中で内倉さんは誰が一番好きですか?メインキャラ以外でもいいので教えてください。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。