二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

自作逃走中ep2.5 御神楽台と兄妹の不思議な夏休み(新)
日時: 2018/12/31 12:42
名前: YUMA
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7/index.cgi?mode=view&no=31067

ドタバタ続きながらも頑張っているユマです。ep2.5新装版、お待たせしました。

旧版へのリンクは上に。

ep3募集用紙はココ。〆切は12/25の23:30
(〆切ました!)
>>92

1.本日の舞台と逃走者>>旧版へ
2.オープニングはバトルから>>旧版へ
3.バトルの終わりはティータイムの後で>>旧版へ
4.ミッション1はドラマと同時に>>旧版へ
5.ハンターボックスの封印は連携で>>旧版へ

5.5カキコ限定、ここまでのお話>>1

6.ミッション終了は不思議少女の姿と共に>>4-13
7.少女との邂逅は逃走者の活躍の後から>>16-23
8.少女と不審者の秘密はミッション2の前に>>28-36
9.ミッション2は××探しが全て>>43-50
10.納涼祭はミッション3が始まる前に>>57-63
11.ミッション3中は注意が肝心>>67-73
12.ミッション3の鬼畜は蓋を開けてから>>74-81
13.ラストミッションはドラマの後に>>86-92
14.最後の晩餐は個人戦に限る(その1)>>101-103
15.最後の晩餐は個人戦に限る(その2)>>

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22



Re: 自作逃走中ep2.5 御神楽台と兄妹の不思議な夏休み(新) ( No.102 )
日時: 2018/12/31 12:18
名前: YUMA

14.最後の晩餐は個人戦に限る(その1)・2

ルナ狐さんの行方

ルナ狐サイド>

そうだ。彼らに対してとった発言については異論もクレームも受け付けない。

34:35 北エリア、住宅地内

ルナ狐「く、そぉ...」
ハンターA「...」

正直のところ、疲労困憊で疲れていたのはガチ。別の力を使えても戦えても支障が出る可能性だってあった。

ルナ狐「面倒。ハンターいるなら迂回して別の道を探すかな」

ハンターA「...?」

つかマナドーピング配布するサブイベが僅かながらある時点で最後は荒事と薄々察していた。何で皆さんそんなに殺意とか戦闘意欲高いのさ。戦いが嫌いというより、対立に意義を見出だせずに戦意を高く保ってられないよ...

ルナ狐「そういうのは鑑賞している方が好きだしサ。...嗚呼、葉月さんもそこら辺気にしてた話題があるのか(実話)」

だが。今の状況と自首目的で頭がいっぱいなのが災いだったのか、あるいは救いなのか。道中で先程見かけたのとは別のハンターに目をつけられた可能性を感じていなかった。

ハンターC「!!」
ルナ狐「まさか」

LOCK ON>C.Runa-Kitsune

ルナ狐「...だったぁああああ!」

まああんな発言してその後ハンターに捕まろうが、戦線にかち合って勝とうが、一抜け成功しようが文句は言いません。でもねえ、

ルナ狐「え、ココ行き止まりだったのかよ!」

ポンッ

ルナ狐 確保
34:26 残り4人

ルナ狐「運が悪かったか...けど後のことで権利者組に挑発されても笑い話多めで面倒臭くならないからまだ良いか。」

理由=ep1とep2は自首者出てたから、以上

Re: 自作逃走中ep2.5 御神楽台と兄妹の不思議な夏休み(新) ( No.103 )
日時: 2018/12/31 12:22
名前: YUMA

14.最後の晩餐は個人戦に限る(その1)・3

いよいよ謹賀新年以降からはメインイベント

34:12

PPPPP...

確保情報はメールで知らされる...

ジェネ「...確保情報...ああ、そう?」

羽清「うーむ、自首成立すると思いましたが...」

ハル「拍子抜け、ですかね」

迅宗「ノーコメント、以上」

あらら。傍観の作者の確保に残り逃走者4人は冷めたご様子でした...

迅宗「それよか、他の人の戦線を探さなきゃいけないな。後、羽清さんに黒猫さんが何かアドバイスしてた事と...」

追求されていないが戦線レッドラインには侵入条件があり、

・東エリアの牢獄に1人で行くこと

・北エリアの勾玉を設置した空き地。どこかに転送装置があるのでそれに触る

・西エリア、アーチャーさんの屋台で合言葉を言うと案内してもらう事で行ける。

・西エリア、給水塔前の何処かから向かえる

・東エリアの享の自宅。1人で3分待つ

・北エリアの山奥。1人で行かないと迷って目的地に行けない

・西エリアの納涼祭の舞台。真ん中に1人でナイスなエアギターをする

・南エリアのバス停で待ってるお迎え専用の裏バスから発進することで行ける

・北エリア、祖父母の家の向かいの家のインターホンを押すことが侵入条件。

ハル「...鬼藤さんが牢獄、トクマさんが給水塔、アークさんがあの時集合した場所に残ってる、黒猫さんが中央公園に向かうらしいから他のポイントをあたる事になりましたが...覚えてるうちにアーチャーの屋台へ行って彼に会いに行きますか。合言葉は聞いてますし」

どうやら全員、自分らの向かう目的の戦線は決めてるらしい。

ジェネ「一度迅宗さんとハルさんが行った北エリアの勾玉の場所だな。」

迅宗「山奥...多分本気出さないと勝てない作者なら...!」

羽清「黒猫さんの要件を達成する為に祖父母の家ですかね、コレ」

まず残り逃走者4人のうち3人は北エリア、ハルのみ納涼祭エリアから攻めていく様子だ...

次回予告>
15.最後の晩餐は個人戦に限る(その2)
<年明けからの本気です

ーコレが今年最後の更新、よいお年を。

ユマ「だな。ようやく年末の忙しい予定も落ち着いた。裏側も予定通りいけたし」

ートクマさんに関してはメッセージを送ってます。ルナ狐さんだけではアレなのでスタッフ参加に追加の形でならOKでございますぞ?

ユマ「緊急時にはスタッフのガードをしてもらいますか。で、年明けしたらまず笑ってはいけないを更新するかな?」

ーそしてルナ狐さんの件。自首要望の件は実話だ。

ユマ「ただし毎回自首者出すのもアレだったので確保からの冷めた皆様の反応という地味なルート化。」

ー最後だが、

Wユマ「今年の大晦日は笑ってはいけないは録画、紅白はリアル閲覧予定」

では感想OK、よいお年を

Re: 自作逃走中ep2.5 御神楽台と兄妹の不思議な夏休み(新) ( No.104 )
日時: 2018/12/31 19:24
名前: 月詠

こんにちは、オリジナルバトン作成なうな月詠です。


月詠「確保されて冷めた反応されてますが……ルナ狐さんが自首しようとしたのは仕方ないとは私は思います」

克己「その心は?」

月詠「本人が体力限界で足手まといになると自己分析してるからです。まぁ、こんなエグいミッションですからめんどくさくなるのも分かる、というのもありますが。それにそれなら無理に参加して負けて、周りから何か言われるくらいだったら自首した方がまだいいと思いますし」

麻琴「アークさんとジェネさんの発言も分かる。戦闘に参加しないなら、回復アイテムなどを持ったまま確保や自首成功などされたら、あれだからな。今回のような人数が必要な場合は手を貸せないのも仕方ないし、時間も考えると…な」

克己「……麻琴はまだしも月詠が言うとなんか違和感すごいな」

月詠「ひどくね?」


以上で失礼いたします。
良いお年を。



>>Ga.様
誤字を教えていただきありがとうございます…気づいてなかったです…。

Re: 自作逃走中ep2.5 御神楽台と兄妹の不思議な夏休み(新) ( No.105 )
日時: 2018/12/31 19:12
名前: Ga.c=evo. ◆/3YY/mapGo

どうもGa.です!!!白猫で2日連続単発で新キャラ引きました()
あー自首ですか……まぁこのミッションの場合はしょうがないですね…………
体力的にもキツそうですからねぇ

自分としては成功して欲しかったのですが残念です(T_T)

そして戦場レッドラインはなんか楽しそうな入り方ですね、
って3分間待つはちょっとキツそう…

自分はどこなんだろうな……(ウキウキ)





それではYUMAさん!皆さん!良いお年を!!!Ga.でした!!!




>>月詠さん

あのー……"自首"が全部"自主"になってます……細かくて申し訳ないですが……



Re: 自作逃走中ep2.5 御神楽台と兄妹の不思議な夏休み(新) ( No.106 )
日時: 2019/01/01 13:36
名前: YUMA

皆様、あけおめ。クレーム対応無くて良かった

月詠さん>
あけましておめでとうございます。今年も何卒よろしくお願いしますね。なお、ルナ狐さんがアークさんに渡した薬の事は覚えておいて下さいませね?

Ga.さん>
あけましておめでとうございます。今年もよろしくです。毎回の自首者出すのもアレなので敢えて確保ルートで皆様が冷めちゃう方が面白いと思いまして。ルナ狐さん本人からも好評でしたぞ(黒笑)

皆様、おせち料理は何派?


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。