SS小説(ショートストーリー) 大会【平日イベント】

【秋の〜】第13回 SS小説大会開催中!【夜長】
日時: 2016/12/01 00:07
名前: 副管理人 ◆qMxJS2Fu4U

【〜秋の夜長に〜SS小説大会にご参加いかがですか?】


■結果発表!(2016.11.30 管理人更新)

集計し精査した結果、
壬崎菜音@壬生菜さんの「マッチョ売りな少女」(>>39)が
1位となりました!

壬崎菜音さん、おめでとうございます〜!

今回ご参加くださった皆様、誠にありがとうございます!
投票してくださった皆様にも深く御礼申し上げます!
次回SS大会にもふるってご参加ください。


****************************

【日程】

■ 第13回
(2016年9月3日(土)18:00〜11月26日(土)23:59)

※実際には11月27日00:59ごろまで表示されることがあります
※小説カキコ全体としては3回目のためまだ仮的な開催です
※ルールは随時修正追加予定です
※風死様によるスレッド「SS大会」を継続した企画となりますので、回数は第11回からとしました。風死様、ありがとうございます!
http://www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?mode=view&no=10058&word=%e9%a2%a8


**************************


【第13回 SS小説大会 参加ルール】

■目的
基本的には平日限定の企画です
(投稿は休日に行ってもOKです)
夏・冬の小説本大会の合間の息抜きイベントとしてご利用ください

■投稿場所
毎大会ごとに新スレッドを管理者が作成し、ご参加者方皆で共有使用していきます(※未定)
新スレッドは管理者がご用意しますので、ご利用者様方で作成する必要はありません

■投票方法
スレッド内の各レス(子記事)に投票用ボタンがありますのでそちらをクリックして押していただければOKです
⇒投票回数に特に制限は設けませんが、明らかに不当な投票行為があった場合にはカウント無効とし除外します

■投稿文字数
200文字以上〜1万字前後まで((スペース含む)1記事約4000文字上限×3記事以内)
⇒この規定外になりそうな場合はご相談ください(この掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」にて)

■投稿ジャンル
SS小説、詩、散文、いずれでもOKです。ノンジャンル。お題は当面ありません
⇒禁止ジャンル
R18系、(一般サイトとして通常許容できないレベルの)具体的な暴力グロ描写、実在人物・法人等を題材にしたもの、二次小説

■投稿ニックネーム、作品数
1大会中に10を超える、ほぼ差異のない投稿は禁止です。無効投稿とみなし作者様に予告なく管理者削除することがあります
ニックネームの複数使用は悪気のない限り自由です

■発表等 ※予定
2016年11月27日(日)12:00(予定)

■賞品等
1位入賞者には500円分のクオカードを郵便にてお送りします
(ただし、管理者宛てメールにて希望依頼される場合にのみ発送します。こちらから住所氏名などをお伺いすることはございませんので、不要な場合は入賞賞品発送依頼をしなければOKです。メールのあて先は mori.kanri@gmail.com あてに、■住所■氏名 をご記入の上小説カキコ管理人あてに送信してください)

■その他
ご不明な点はこの掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」までお問い合わせください
http://www.kakiko.cc/novel/novel_ss/index.cgi?mode=view&no=10001

******************************

平日電車やバスなどの移動時間や、ちょっとした待ち時間など。
お暇なひとときに短いショートストーリーを描いてみては。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

******************************
<ご参加タイトル 一覧> ※敬称略

>>1  『宇宙(よぞら)のなかの、おともだち。』 Garnet
>>2  『キミの夢』  霊夢
>>3  『大切な場所』  レオン
>>4  『最後の英雄』   月白鳥
>>5  『星空と秘密の気持ち』 霊歌
>>6  『夕焼け月夜を君と』   PLUM
>>7  『焦がれし子宮』  めー
>>8  『知』   茶色のブロック
>>9  『儚い少女』  茶色のブロック
>>10 『 white lilydie 』  PLUM
>>11 『音を通じて』  奈乃香
>>12 『月下美人。』  鏡杏
>>13 『小さい頃からスキだったの』  ユリ
>>14 『折り鶴』  御影
>>15 『妄想を続けた結果、こうなりました。』  のあ
>>16 『夏の日の物語。』  レオン
>>17 『恋するティラミス』  ゼロ
>>18 『貴女の望むもの』  奈乃香 
>>19 『貧血少女』  PLUM
>>20 『ねぇ』  はてなの子
>>21 『記念日には、貴方の言葉。』  はずみ
>>22 『君も私も爆発だよ☆』  茶色のブロック
>>23 『Reason for the smile』  ユリ
>>24 『彼は未来を見る研究をしていた』  葉桜 來夢
>>25 『Love me only』  ユリ
>>26 『ワタシとアナタ』  はてなの子
>>27 『匿名スキル』  とくだ
>>28 『アナタだけ』  レオン
>>29 『秋の夜長に君を求めて』  蒼衣
>>30 『受け継がれる想い。』  レオン
>>31 『素直になってもいいですか』  たんぽぽ
>>32 『color』  蒼衣
>>33 『二度とない日々へ』  深碧
>>34 『破られた不可侵条約』  たんぽぽ
>>35 『だーれだ』  ろろ
>>36 『堕天使』  鏡
>>37 『複雑ラブリメンバー』  とくだ
>>38 『してはいけない恋……?』  マシャ
>>39 『マッチョ売りな少女』  壬崎菜音@壬生菜
>>40 『空想森の中で。』  ニンジン×2
>>41 >>46 >>49 『あおいろ』(1)(2)(3)  &
>>42 『星の降る日』  安ちゃん
>>43 『この感情は。』  みりぐらむ
>>45 『やさいじゅーす』  とくだ
>>47 『はづかし』  沖
>>48 『Trick or love!』  PLUM
>>50 『月が綺麗な夜』  小色
>>51 『一番は』  草見 夢
>>52 『名前』  草見 夢
>>53 『人が死ぬとき』  草見 夢
>>54-55 『天使と悪魔と』(1)(2)   草見 夢
>>56 『人生最後の現実逃避』  みかん 

                  (2016.11.19 更新)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



君が来るが、待ち遠しい ( No.62 )
日時: 2016/11/26 07:36
名前: はてなの子

運命を呪う何て言葉、使ったことなかったなぁ。

でもね、ひー君。私これからもそんな言葉使うつもりないの。

だから、君と出会えて、人生の疑似体験をして、とっても幸せ。

とっても幸せな気持ちのまま眠れるの。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

眩しいくらいに星が光っている。僕はそれを見ながら君に笑いかけた。

「ひー君はいつも笑ってるよね〜。私、ひー君の笑い方好き!」

ありがとう。そう思っても照れて口が回らない。

「簡単に……好きって言わないで……照れる」

僕が白旗を出すと君は屈託のない笑顔を見せた。

僕も君の笑い方が大好きだ。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

雨の日だ。傘をさして何気なく歩いてたら、君が飛び込んできた。

「やりぃ!傘ゲット!!」

「ちょ、ちょっと!」

彼女は雨に濡れた髪の毛を絞りながら僕を見た。

「どうしたの?」

文句の1つでも行ってやろうと思ったのに。君が可愛すぎるから。

「傘持ってこなかったの?ほ、ほらタオル!僕の使った後だけどそんなに汚れてないし。ちゃんと拭いて」

君は呆然と僕を見た。そして、少し赤く染まった笑顔を見せた。

「ありがとう、ひー君」

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

今日は晴れ。何もない休日だから、ゆっくり過ごすと決めた。

少しおしゃれなカフェで、読書をしながら過ごす。……おかしいな。

君が働いてると聞いてきたのに
君はどこにもいないじゃないか。

だんだん自分のしていることがストーカーじみてると思い込んで嫌になった。

君に逢えないなんて、こんなひどい1日はない。

君がひー君と、僕を呼ぶ幻聴がした。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

久しぶりに制服を出した。今日は新学期初日。始業日だ。

君とは学校であったことはないけど、同じ学校って言ってたから多分逢える。大丈夫。

お節介で甘え上手で笑顔が素敵な君を迎えに行くんだ。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

君は学校に現れない。探し方が下手なだけかも、と。僕は全クラスの出席簿を見た。

僕はあることに気がついた。僕は、僕は、君の名前を知らなかったんだ。あれだけ話していたのに。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

「やっと逢えた」

僕は肩を弾ませた。こんなに走ったのはいつぶりか。

空はオレンジと青が混ざって鮮やかだ。君は白いワンピースを着ていた。

「君が、ワンピースを着るなんて」

「……………しかも、白。そう思ってるんでしょ!私だって女の子だし!清楚な格好だってできるの!」

確かに活発な君が大人しい服を着るなんて考えてなかった。でも、それ以上に、、、

「君に似合ってる」

どんな格好の君も好きだ。

「最初っからそう言ってればいーの!」

君は屈託のない笑顔を見せた。

そうそう、君に逢ったら言おうと思ってたことがあるんだ。

「ねぇ、ひー君に伝えたいことがあるの」

僕は君を

「私は実は」

大好き

「死んでるんだ」

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

空気が凍りつく音が聞こえる。

そりゃそうだよ。私、重大なこと言っちゃったから。

ひー君、気持ち悪いっていうかな。怖いって、私から逃げ出すのかな。

……………私のこと、嫌いになるのかな。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

嘘だ。君が死んでるなんて。
そう思った瞬間、僕は走り出していた。

もちろん、君のところへ。

君を抱きしめて言う。

「君にはまだ感触がある。僕は君をハグ出来る。キスもできる。君は……君は……」

君は驚いたような顔で僕を見つめて言う。

「ひー君、嫌いにならないでくれてありがとう」

「僕は、君が、本当に」

「ひー君、私は、ひー君が」

「「大好きだったよ」」

僕は、涙をこぼしながら言う。

「今日は、君に伝えたくってここまで来たんだ。あの、一緒に星を見た日みたいに」

君は悲しそうに笑う。

「さよならの時間だよ。この世界を恨まないでね」

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

私は願いを込めて、メッセージを書いた。でも、ひー君には必要ないみたい。

これで、安心して登れる。

「さよなら、ひー君」

私はの指先が透ける。それはどんどん広がった。3分もあれば、完全にいなくなるだろう。

ひー君は涙だらけの顔で、私を見た。あぁもう。ひー君ってば、ちゃんと拭きなよ?

さぁ、そろそろ本格的にお別れだ。
私は、最後にひー君を傷つける。傷付いたら、あんなの思い出したくないって、私のこと忘れられるでしょ?

何を言お……


「好きだよ、みう。一度だけ、本名で呼びたかったんだ」


君は私を見て言った。聞き間違えじゃない、私の名前。知られてないかと思ってた。

泣いていた君は、いつの間にか泣き止んでいた。

「君……みうにも、本名で呼んで欲しいんだ。ひー君じゃなくて」

私はひー君の目を見て涙が溢れた。それでも、ちゃんと声は届けた


「大好き、ひろと」


☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

「この手紙の最後に。ひー君にお願い事があるの。

私が消えたら、ひー君はまた、誰かに恋をして、幸せな家庭を持ってね。

ひー君の、好きになった人、私も見てみたいから。ひー君に子供ができたら、私はきっと、ひー君のところへいける気がするの。

今までありがとう、最後までお願い事でごめんね。

みうより」

君が、僕宛に書いた手紙の続き。

君が、幸せな気持ちで本当に眠れたのか、僕は知らない。

僕は君に勝手な期待を抱かせたのかもしれない。君の未練を残したのかもしれない。

でも、手紙が届いただけで、僕は安心するんだ。これが、君と一緒にいた証拠のような気がして。

「ひろと、それなぁに?」

「大好きで大切な人からの手紙」

「ちょっと〜浮気〜?」

「まぁね」

僕はふふっと笑って言った。

「昔も今も、みうのことが大好きだよ」

来年産まれてくる子供に、自由____みうって名付けたのは、まだ僕が、みうを忘れられないからかな。

みう、お節介で甘え上手で笑顔が素敵な君が僕達の子供になるのがどれだけ楽しみなことか。

「愛してるよ。みう」

少女 ( No.63 )
日時: 2017/01/22 22:08
名前: ヤマナカ

川端康成は『少年』という作品に、自分の恋を綴ったらしい。
私は読んだことは無いが、聞いた話によれば、同級生への恋だった。同性の。
私が綴るのであれば、タイトルは『少女』。私はとある女性に恋をしている。
彼女は私と同じくらいに、髪が短い。自分で切る、不器用な手つきで切られた髪が、昔は長く細い黒髪が、床に落ちるのを想像すると、私はなんとも言えぬ感情になる。甘い香りがする美しい髪だ。それを切った時の衝撃は、私の中で何かが切れた衝撃でもあった。しかし、恋は盲目というが、彼女には以前のショートボブが似合うと私は思ってしまう。他の女友達に似合うと言われたからには、私も賛同せざるおえず、言い出せなかっただけだが。
彼女が他の女友達と親しげにしているとなぜだか、嫉妬で狂いそうだった。幾度となく襲うこの感情は、恋だと私には分からなかった。深く、深く愛していた。黒い目がつまらない教室で輝いているのを見るのが好きだった。唯一の救いだった。嫌いな奴しかいない教室、彼女だけが救いだ。天国から垂らされた糸のように、私の中の淀みが全て彼女にすがる。だが、糸が切れるのはオチとしてわかっていること。彼女は私のことをなんとも思っていない。周りの人間と同じように見えるのだろう。私はカンダタでは無い。
彼女は私の腰に手を回し、抱いて離そうとはしなかった。その行為はなんの意味もなく、抱きつきたいからだと彼女はよく言った。私は彼女には気味が悪いと、よく言ったが、彼女は聞く耳を持たず、私の体から離れない。その時間が私はとても好きだった。心が安らかで、家に帰ってから彼女の腕が恋しくなったことがある。柔らかく、軟らかく、包む、腕がどくのが一番悲しくて、居なくなってしまうのが、嫌だった。
愚かな恋だ。彼女に伝えればそれは壊れてしまう片思いであり、友情。恋は叶わない。私が男であればと、何度悔やんだことか。しかし、男であれば、彼女の美しさを感じることはできなかった。どちらを取ればよかったのか。悩んでばかりで、私は、動けない。
昔からそうだ。嫌なことを思い出して、神経質で、潔癖症で、おまけに友人は二人しかいない。そんな自分に酔っていて、もうあとにはひけず戻れず、そうだった。彼女にすがりつく一人でしか無い私が、また私を締め付けて、死にそうになる。
彼女のことが嫌いになるくらいには好きだ。あの美しいことといえば、泣いている顔さえも、笑っている顔より美しく思える。
気味が、気持ちが悪いのは私の方なのかもしれない。
彼女には伝えられない。
言ってみるのは5年くらいあとなのかもしれない。
それでも私は…


「私は、気持ちが悪いか?」
「……うんまあね。大体、小さい女の子にしか興奮しないだとか、公言することでは無い。しかも、男同士の恋愛が美しいだとか、私も興味があるが、いうことではない」
生真面目な彼女は私のことを変だと言った。「顔がない人が好きって…あなたねえ…」諦めたようにも聞こえる。「障害とか欠損が好きなのか?それは、どうかと思うぞ」
「その人の生きた証なんだ。美しいと私は思う」そうだ。この一言が言いたかった。思い出して口に出した。
「…気持ちは悪くない。でもダメだ。それでは常識的ではない」引いたような目をしていた。「おかしいよ、やっぱり」
「……そう…か…な………」
愛してはいるが、君のことはそう思わない。君の中で失っていいパーツなどどこにもない。
震える唇が、まばたきをする目が、しなやかにのびた足が、骨の出っ張った体が、細くて繊細な腕が、長い指が、低い声が、悔しい時の涙が、光る爪が、黒い瞳が、日に焼けた肌が、シミのある脛が、上げきれないくらいの美しいパーツが。
私は彼女のことが好きだ。
しかしこの気持ちは伝えられない。
どうか秘めておいてくれ。
彼女には伝えられない。
どうか







と、いうわけで!!
半実話。私の友人への思いですな。
どうか『見つかりませんように』!
ファジーとコメディで下品な作品を書いておりますが、見なくても良いです。黒歴史として残したい作品です。
痔ができました。

塩林檎 ( No.64 )
日時: 2017/02/21 07:45
名前: めいりる

それは塩につけすぎた林檎みたい。
味が消されて、美味しくない。

その癖、色褪せりせずに長く残ってる。

その林檎にそっと歯を入れた。

「美味しくないや」

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆

君は林檎に塩をかけたものみたい。

ほとんど塩の味しかしないくせに、君の面影がして仕方ない。

どれだけ長生きしても、どれだけ綺麗になっても、君を喜ばせることは出来ないらしい。

君はそっと、私に刃を入れた

「美味しくないや」

それが、私が最後に聞いた言葉だった。

☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆








解釈など割れていいです。むしろ意味を考えなくても良いのです。
彼は、味のしなくなった林檎を食べました。それで終わりです。

こんな意味のわからないストーリーを読んでくださり、ありがとうございました。

カミサマ日記 ( No.65 )
日時: 2017/02/22 16:18
名前: ぷー






『可哀想な子らよ』



美しい双子は忌厄としてこの世に生まれてきました。
その目は紅く染まっており、牙は鋼をも貫いてしもう程でした。

7年目、彼らは死にました。
世界が彼らを消そうとしたからです。

全てが彼らを拒みました。

唯一『死神』を除いて。

死んだ彼らの魂は他の魂と同じ様に冥府で裁かれるはずでした。

しかし、裁きようがありませんでした。
双子に罪は一切無かったのです。

彼らは生まれてから何も口にせず、
命ある者は一つも傷つけませんでした。。

二つの魂は狩ってきたのが死神、という理由でが死神に返され、死神が管理する事になった。


死神には死を司り人の魂を狩るという重要な仕事があるのです。また、何処かに住むこともないので、魂を安置出来る場所が無いのです。

そこで死神は悩み抜いた末にその身体に2つの魂を宿しました。

身体に何かを宿すというのは想像もつかないほど大変な事です。

それでも死神は己の身を削って彼らを受け入れました。
極楽にも行けず、地獄にも入れなかった魂はやがて鬼となってしまいます。
それだけは死神も避けたかったのです。






年月は止めなく流れます。



二つも魂を宿した死神の体は遂に限界に達そうとしていました。
双子は死神の中で成長し、美しい少年少女になりました。。
しかし死神は成長も何も出来ません。

それは永遠に不変の存在なのです。

そのせいで時々死神の思考が双子の思考が混ざったりします。
三つの魂が同じ身体に在るので、仕方ない事なのかもしれません。

しかし、死神にとってはそれはとても困ります。
死神は破ってはいけない掟を破ってしまったのです。

ある日死神はいつものようにある少女の魂を狩ろうとしました。
しかし狩ることが出来ませんでした。
双子の魂の思いが、殺さないで、という思いが死神にも伝わったのです。
今までも何度かそんなことがありましたが、死神はことごとく無視してきました。

しかし今回だけは出来なかったのです。

死神は少女を逃してしまいました。

さぁ大変です。

死ぬべきものが死ななければ世界は大変なことになってしまいます。
それは死神にもよく分かってたことなのです。

そこで死神は双子に自分から出て行く様に言いました。

双子は外界に触れ、やがて鬼になるかもしれません。

しかし死神にはどうしようもありません。

双子よりも世界の方が大事なのです。
双子のために世界に混乱を招くようなことは出来ません。

兄は死神に言いました。

妹だけは助けてほしい、と。

兄には魂だけで外界に出ればどうなるか分かっていました。

死神は聞き入れました。

しかしそれは厳しい試練でした。

もし兄が鬼と化したが妹を覚えていて、
七日以内に迎えに来れるのなら、ということでした。
そして兄の身に妹の魂を宿して、外界につれていくのです。妹の魂は外界まで行けばある少女の身体に入っていきます。
それは死神が狩るべきだった少女です。


どうして死神はこんな試練を兄に出したのでしょうか。

兄を試すためです。

鬼と化せれば余程強い意志が無ければ記憶は戻りません。
在るのは怨みだけです。

もし兄が妹を忘れ、帰らなければ、死神はこの兄をもう一回殺さなければなりません。

そして今度は魂を毀すのです。

それは死神にとって一番やりたくないことなのです。
魂を毀すためには、生贄が必要です。
その生贄には狩るべきだった少女を使うつもりでした。

妹はというと行く宛を無くし兄と同じ運命を辿ることとなります。

ただしその時の生贄は全く罪も無く死期がまだ来ていない人となります。

死神にとっては罪の無い魂を傷つけるというのは狩るべき魂を狩らなかったと同じくらい行けないことなのです。
でもそうするしか方法はありません。

もし兄がまだ妹を覚えていて、迎えに来たのなら、また違う結果になります。

妹は兄を繋ぎに外界に戻り、外見上普通の少女として命を全うします。
死ねば他の魂のように冥府で裁かれ、通常の輪廻転生の環に入れます。

そして兄は死神の式神として生きていきます。

兄がもし妹を覚えていたらそれは即ち記憶を戻せる可能性が高いと言うことです。

記憶が戻れば、怨念は薄まり、
死神は彼を真鬼という上級の鬼となり、死神に仕えることが出来ます。




死神は全く期待していませんでした。

何故なら鬼と化して記憶が残っている者は、
死神の果てなく永い時間の中でも指折るほどしか居ないのです。


鬼となった兄は七日目に妹を迎えに来ました。

余程苦しんだであろう、全身傷だらけでした。

それでも最後の力を振り絞り、妹を外界に送りました。


力尽きた兄が最後に見たのは瞳でした。
それは死神の目でした。




それは永く永く、命を狩ってきたものであり、護ってきた者でありました。









外界に出た妹がどのようにして生きたか、死神と兄その後、それはまた別の物語です。



とある夏の日に。 ( No.66 )
日時: 2017/02/23 14:02
名前: 柘榴

「こんにちは。お久しぶりです。お元気ですか」

ええ、おかげさまで

「あれからもう3年も経ちましたね…早いものです。どうですか?そちらの居心地は」

まあまあですよ。最初は慣れませんでしたが今はどうってことありません。

「…それにしても暑いですね。立っているだけで汗が落ちる。」

それはいけない。倒れなように十分気を付けてくださいね。

「私もこの3年はいろいろとありました。母が…他界して…」

そうでしたね…お気の毒でした。

「でも、仕事はすごくうまくいっているんです。家に貴女がいないのは淋しいですが、こちらも慣れるというものです。」

それはよかった。引きずり過ぎもよくないですから。

「遠距離恋愛というのは本当に辛い。」

ふふっ…そうですね。

「…実は来月から海外に行くことになったんです。ある大きなプロジェクトが計画されていて、それに参加させてもらえる運びになって」

それはおめでとうございます。私もうれしいです。

「…だから来年は…会えません。」

いいんですよ、私の事は忘れて仕事をがんばってください。

「でも…でも、帰ってきたら絶対に会いに来ます。」

ええ、会いに来てください。

「ですから、」

あぁ、

「母と、いっしょに」

そんなに、

「絶対ここでー」

泣かないで。

「待っていて」

笑ってください。
私はいつまでも待っています。だからー

「それじゃあー」



「「また、ここで」」



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。