SS小説(ショートストーリー) 大会【平日イベント】

【秋の〜】第13回 SS小説大会開催中!【夜長】
日時: 2016/12/01 00:07
名前: 副管理人 ◆qMxJS2Fu4U

【〜秋の夜長に〜SS小説大会にご参加いかがですか?】


■結果発表!(2016.11.30 管理人更新)

集計し精査した結果、
壬崎菜音@壬生菜さんの「マッチョ売りな少女」(>>39)が
1位となりました!

壬崎菜音さん、おめでとうございます〜!

今回ご参加くださった皆様、誠にありがとうございます!
投票してくださった皆様にも深く御礼申し上げます!
次回SS大会にもふるってご参加ください。


****************************

【日程】

■ 第13回
(2016年9月3日(土)18:00〜11月26日(土)23:59)

※実際には11月27日00:59ごろまで表示されることがあります
※小説カキコ全体としては3回目のためまだ仮的な開催です
※ルールは随時修正追加予定です
※風死様によるスレッド「SS大会」を継続した企画となりますので、回数は第11回からとしました。風死様、ありがとうございます!
http://www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?mode=view&no=10058&word=%e9%a2%a8


**************************


【第13回 SS小説大会 参加ルール】

■目的
基本的には平日限定の企画です
(投稿は休日に行ってもOKです)
夏・冬の小説本大会の合間の息抜きイベントとしてご利用ください

■投稿場所
毎大会ごとに新スレッドを管理者が作成し、ご参加者方皆で共有使用していきます(※未定)
新スレッドは管理者がご用意しますので、ご利用者様方で作成する必要はありません

■投票方法
スレッド内の各レス(子記事)に投票用ボタンがありますのでそちらをクリックして押していただければOKです
⇒投票回数に特に制限は設けませんが、明らかに不当な投票行為があった場合にはカウント無効とし除外します

■投稿文字数
200文字以上〜1万字前後まで((スペース含む)1記事約4000文字上限×3記事以内)
⇒この規定外になりそうな場合はご相談ください(この掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」にて)

■投稿ジャンル
SS小説、詩、散文、いずれでもOKです。ノンジャンル。お題は当面ありません
⇒禁止ジャンル
R18系、(一般サイトとして通常許容できないレベルの)具体的な暴力グロ描写、実在人物・法人等を題材にしたもの、二次小説

■投稿ニックネーム、作品数
1大会中に10を超える、ほぼ差異のない投稿は禁止です。無効投稿とみなし作者様に予告なく管理者削除することがあります
ニックネームの複数使用は悪気のない限り自由です

■発表等 ※予定
2016年11月27日(日)12:00(予定)

■賞品等
1位入賞者には500円分のクオカードを郵便にてお送りします
(ただし、管理者宛てメールにて希望依頼される場合にのみ発送します。こちらから住所氏名などをお伺いすることはございませんので、不要な場合は入賞賞品発送依頼をしなければOKです。メールのあて先は mori.kanri@gmail.com あてに、■住所■氏名 をご記入の上小説カキコ管理人あてに送信してください)

■その他
ご不明な点はこの掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」までお問い合わせください
http://www.kakiko.cc/novel/novel_ss/index.cgi?mode=view&no=10001

******************************

平日電車やバスなどの移動時間や、ちょっとした待ち時間など。
お暇なひとときに短いショートストーリーを描いてみては。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

******************************
<ご参加タイトル 一覧> ※敬称略

>>1  『宇宙(よぞら)のなかの、おともだち。』 Garnet
>>2  『キミの夢』  霊夢
>>3  『大切な場所』  レオン
>>4  『最後の英雄』   月白鳥
>>5  『星空と秘密の気持ち』 霊歌
>>6  『夕焼け月夜を君と』   PLUM
>>7  『焦がれし子宮』  めー
>>8  『知』   茶色のブロック
>>9  『儚い少女』  茶色のブロック
>>10 『 white lilydie 』  PLUM
>>11 『音を通じて』  奈乃香
>>12 『月下美人。』  鏡杏
>>13 『小さい頃からスキだったの』  ユリ
>>14 『折り鶴』  御影
>>15 『妄想を続けた結果、こうなりました。』  のあ
>>16 『夏の日の物語。』  レオン
>>17 『恋するティラミス』  ゼロ
>>18 『貴女の望むもの』  奈乃香 
>>19 『貧血少女』  PLUM
>>20 『ねぇ』  はてなの子
>>21 『記念日には、貴方の言葉。』  はずみ
>>22 『君も私も爆発だよ☆』  茶色のブロック
>>23 『Reason for the smile』  ユリ
>>24 『彼は未来を見る研究をしていた』  葉桜 來夢
>>25 『Love me only』  ユリ
>>26 『ワタシとアナタ』  はてなの子
>>27 『匿名スキル』  とくだ
>>28 『アナタだけ』  レオン
>>29 『秋の夜長に君を求めて』  蒼衣
>>30 『受け継がれる想い。』  レオン
>>31 『素直になってもいいですか』  たんぽぽ
>>32 『color』  蒼衣
>>33 『二度とない日々へ』  深碧
>>34 『破られた不可侵条約』  たんぽぽ
>>35 『だーれだ』  ろろ
>>36 『堕天使』  鏡
>>37 『複雑ラブリメンバー』  とくだ
>>38 『してはいけない恋……?』  マシャ
>>39 『マッチョ売りな少女』  壬崎菜音@壬生菜
>>40 『空想森の中で。』  ニンジン×2
>>41 >>46 >>49 『あおいろ』(1)(2)(3)  &
>>42 『星の降る日』  安ちゃん
>>43 『この感情は。』  みりぐらむ
>>45 『やさいじゅーす』  とくだ
>>47 『はづかし』  沖
>>48 『Trick or love!』  PLUM
>>50 『月が綺麗な夜』  小色
>>51 『一番は』  草見 夢
>>52 『名前』  草見 夢
>>53 『人が死ぬとき』  草見 夢
>>54-55 『天使と悪魔と』(1)(2)   草見 夢
>>56 『人生最後の現実逃避』  みかん 

                  (2016.11.19 更新)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



生きる意味 ( No.79 )
日時: 2017/04/26 20:56
名前: もーも


「お前はなぜ、生きているの?なぜ、生まれてきたの?」

僕は、学校の階段の踊り場で、問われる。

何で、こんな場所で・・というのは、聞かない。

「ねぇ・・・何で?」

もう一人、違う人にそう、問われる。

そんなの、分かるはずが無い。分かりたくもない。

だって、それが分かってしまったら、僕は・・・・

「答えられないの?」

また、違う人にそう問われる。


「・・・うん。」

僕は、そう言う。

「はぁーー・・、ほんと、アンタって、


馬鹿でゴミで、生きる意味の無い、クズ野朗だよねー?」

・・・・黙れ。

「いっつもいっつも、つまんなそーな顔してさー」

黙れ。

「友達とか居ないわけ?・・・あ、ごめんね。君ってゴミだから、人間とは

友達になれないのかー!あっはははは!」

黙れ。黙れ。黙れ。

「本当に、何でアンタ生きてるわけ?生きている意味が無いなら・・・


さっさと、死んじゃえば?」


「黙れ!!!」


ードンッー


「なっ・・・・アンタ、何して・・!!」

「きゃ、きゃぁぁぁぁぁ!だ、誰か!先生!!」


・・・・・今、僕は、何を、した?


「え?」


僕は、気が付けば三人の中の一人を階段から突き落としていた。

あまりにも耳に入っていた話が、不快すぎて、自分を制御しきれなかった。

僕は、最低だ。何で、生きてるんだろ?


・・・あぁ、答えを見つけた。

僕が、生きる意味を。







僕に生きる意味は・・・・・無い。

安倍首相が変身したあの人の話。 ( No.80 )
日時: 2017/04/27 17:53
名前: 広村伊智子

飛んで

回って

走って

踏んで

ビーム出して


時には死ぬ。




弟もいる。


婚約者はお姫様。




ゲームで頑張ってきた。













そう、





僕は





























MARIO




ドラクエ8 約束 ( No.81 )
日時: 2017/04/28 14:45
名前: ルイージ

これは呪われしゼシカとの戦いの時・・・

エイト「くっ・・・強い・・・」

ククール「まさかドルマゲスとゼシカの魔力が合わさったらこんなに強くなるとは・・・」

ヤンガス「無念でがす・・・」

エイト「あ、そういえばククールとヤンガス、あの時約束したの覚えてる?」

ククール「あ?なんだこんな時に」

ヤンガス「覚えてるでがす」

これはドルマゲスとの戦いの前

エイト「もうすぐでドルマゲスとの戦いだ、皆覚悟はいい?」

ヤンガス「バッチリでがす」

ゼシカ「もちろん」

ククール「ああ」

エイト「その前に皆に言いたいことがある、もしも杖を取り返してもまた誰か操られるかもしれない、だからその時は・・・たとえ僕でも手加減無しで殺してほしい」

ヤンガス「え!?」

ゼシカ「いやいや、そんなことできないわよ!」

ククール「そうだ、俺達はドルマゲスを倒すためにここにいるんだ!」

エイト「確かにそうかもしれない、でもそれしかないんだ 約束してくれるね?」

ヤンガス「わかったでがす」

ゼシカ「私もエイトに賛成」

ククール「・・・はあ、しょうがないわーったよ」

エイト「これで決まりだ」

そして前に戻る

ククール「・・・まさか本当にエイトの言ってたことが起こるなんてな・・・」

無題 ( No.82 )
日時: 2017/05/14 21:36
名前: 白身さん

学生時代、私の作った歌を君が歌う。
なんて輝かしかったのでしょう?
今や、君は売れっ子アイドル。
私の手には届かない。

悲しいです。
悔しいです。

かつて私の、私だけの存在だったヒーローは、
1万人、10万人のヒーローになってしまいました。

私はそんなことを思いながら、客席で君を見ています。
口調も仕草も立っている場所も変わったのに、何1つとしてあの頃と変わっていない君を見ています。

学生時代から積み重ねていったこの想いは、発散する当てもなく、まだ募っていくばかりです。

どうか、どうか。

1人の貴方のファンとして、
貴方にこの想いが、


バレませんように。




*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


学生時代、アイツの作った歌をオレが歌う。
なんて輝かしかったんだろう?
今や、お前は所在さえわからない。
お前の手を、取ることすら出来ない。

悲しくて、
悔しい。

かつてお前の、お前のヒーローだった奴は、
お前を裏切って、ステージに立ってる。

オレはそんなことを想いながら、お前じゃない、他の誰かが作った曲を歌ってる。
お前の姿を、ステージから探している。

学生時代から積み重ねたこの想いは、誰かの作った恋の歌に乗せて、お前へと送っている。

どうか、どうか。

貴女に恋した1人の男として、
貴女にこの想いが、

伝わりますように。




*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


〜番組にて〜

『お手紙のコーナー!』
『『『いぇぇええええい!』』』
『『おー』』
『まずは……お前からだな!。初恋の人は?どんな子だったのかも教えて!』
「えっオレ?えーと……学生の頃の同級生」
『マジか〜!王道だなっ!どんな子だったんだ?』
「うーん………色気ねぇし、中身良いとも言えねぇやつ」
『かなり失礼〜だなお前…』
「飾り気ないヤツだったから一緒に居て楽しかったよ」
『おっ!素直っ!ファンのみなさ〜ん?コイツは飾り気ない人が好きらしいですぞ〜?』
『ちょっとっ?ファンいじらないの!』
(スタジオ一同笑う)
『ねぇー、ねぇー、結局その恋はどぉーなっちゃったのぉー?』
「答えなきゃダメか?………もちろん」
『ぉぉおお?』
「片想いで終わった」
『えぇえええ!?散々女引っ掛けてそうな容姿してんのにぃー?』
(スタジオ一同笑う)
『じゃ〜、他のみんなはどんな恋愛した〜?』



『プレゼントキャンペーンのお知らせ〜』
『下に書いてあるメールアドレスに、番組の感想を書いて送ってねェ』
『抽選で100名様に』
『俺たちのボイスが送られるぞ!』
『それじゃあまた来週も』
『『『『お楽しみに!』』』』

………番組の後、1通のメールが届いた。

『世界で1番愛してる』

届かなかった想いは
量産された愛で、
確かに、けれど、残酷に届いた。

異世界は減点対象 ( No.83 )
日時: 2017/05/22 17:46
名前: a10 ◆002RZ94KdE

その日の夕方、研究室の扉をガツッ、ガツッとノックする音はかなり控えめだった。
指示した時間ぴったりではないが、その音の調子からは、根拠のない自信に満ちた生意気盛りの学生に特有の
「 言われた通り来てやったぞ 」 と開き直るような無遠慮さはうかがえない。
教授は威厳のある声で 「 入りたまえ 」 と応じながら、この分なら才能の伸ばし方を勘違いしている若者への
アドバイスが徒労に終わる事はないだろうと、教職に就いて以来培ってきた長年の経験から、説得が上手く運び
そうな予感をすでに持ち始めている。
「 失礼します ‥‥ 」
首をすくめ気味にして、一人の学生が入って来た。 大勢の中で聴く講義とは違って教授と一対一で話すのに
慣れていないのだろう、緊張で首だけでなく、体も不必要に固く小さく縮こまっているように見える。 この
様子では言い過ぎに気をつけなきゃいかんかもしれんな、と教授は意識的に声の響きを抑えて態度を和らげる。
注意の度が過ぎて創作意欲そのものを失わせてしまっては元も子もない。
「 君の作品を ‥‥ あー、小説を ‥‥ 読んだよ。 先に言っておくと、悪くない 」
学生の顔に血の気が戻るまで待ってから、言葉を続ける。
「 だがこの感想はあくまで、風変わりで面白いという域に留まるものだ。 つまり、正統的な現代文学として
高い評価を与える事を意味しない。 私としては、課題には別の作品を提出する事をすすめるよ 」
教授は学生の肩の上部がさざ波のように震える様を冷静に見守った。 おそらく背中の表面も同様の震えを
見せているに違いない。 書き上げた作品を否定されるのは辛いものだ ‥‥ それが、読み手を楽しませたか
どうかではなく、学業の成就を左右する大きな判断材料となってしまう場合には特に。
黙り込んだ学生から何とかして反応を引き出そうと、教授は聞き手に回ろうとした。
「 空想が悪いと言っているわけではないという点を理解してほしいんだ ‥‥ これは空想小説だね ? 」
「 異世界ファンタジーです 」
ここは譲れない、といった頑なさを帯びた語気で学生は訂正した。
「 主人公はパッとしない平凡な少年なんですけど、この世界で死んで、だけど、異世界に転生するんです。
そこは全てが、本当に文字通り全てが、元にいた所とは違っていて、人間の世界は ‥‥ 」
「 失われた命が、記憶と自我を保ったまま別の場所で復活するかどうかは、こんな取るに足りん課題の
テーマとしては大き過ぎると思わんかね 」
教授の見せる苦笑の中に、若い世代へ向けられた一種の優しさを読み取って学生は少しづつ落ち着きを
取り戻していく。
「 異世界という物語の舞台も、科学的には残念ながら概念上の存在に過ぎない。 そういった奔放な
想像力の産物よりも、私の講義で求めている文学は、何と言うかな、もっと ‥‥ 」
「 ‥‥‥ 普通の ? 」
学生の体から気構えが消えて、素直さのある口調で発せられた一語が教授の発言を引き取った。
普通。
その言葉を学生に自分から言わせたところで、説得は完了していた。
学生は翻意して、課題を書き直すだろう。 普通の小説を。
後はもう、教授はうなずくだけで良かった。


‥‥ 課題に異世界ファンタジーか! 参ったな! 現代文学もいずれライトノベルと一緒にされて、区別が
つかなくなる日が近付いているらしい ‥‥ 学生の去った研究室で、教授は全ての側腕をがさがさと頭上に
集めると球形の胴体に縛りつけた主脚の数本を壁と天井に伸ばして体を中空に固定するための支えとし、
リラックスするために副頭部のウロコを気ままに発光させて、その不規則なイルミネーションをぼんやりと
楽しんだ。
廊下の採光窓から何色か明りがもれて来るのは、やや不本意ながらも落第を免れる機会を得てほっとした
学生の放つ光だろう。

しかし 『 人間 』 とは ‥‥ また奇妙な生物を考え出したもんだなあ ‥‥ いやいや馬鹿げている、と教授は
空想しかかる自分を心の中でたしなめた。
耳と眼が偶数の生物など、この世界だろうと異世界だろうと有り得ない。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。