SS小説(ショートストーリー) 大会【平日イベント】

【秋の〜】第13回 SS小説大会開催中!【夜長】
日時: 2016/12/01 00:07
名前: 副管理人 ◆qMxJS2Fu4U

【〜秋の夜長に〜SS小説大会にご参加いかがですか?】


■結果発表!(2016.11.30 管理人更新)

集計し精査した結果、
壬崎菜音@壬生菜さんの「マッチョ売りな少女」(>>39)が
1位となりました!

壬崎菜音さん、おめでとうございます〜!

今回ご参加くださった皆様、誠にありがとうございます!
投票してくださった皆様にも深く御礼申し上げます!
次回SS大会にもふるってご参加ください。


****************************

【日程】

■ 第13回
(2016年9月3日(土)18:00〜11月26日(土)23:59)

※実際には11月27日00:59ごろまで表示されることがあります
※小説カキコ全体としては3回目のためまだ仮的な開催です
※ルールは随時修正追加予定です
※風死様によるスレッド「SS大会」を継続した企画となりますので、回数は第11回からとしました。風死様、ありがとうございます!
http://www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?mode=view&no=10058&word=%e9%a2%a8


**************************


【第13回 SS小説大会 参加ルール】

■目的
基本的には平日限定の企画です
(投稿は休日に行ってもOKです)
夏・冬の小説本大会の合間の息抜きイベントとしてご利用ください

■投稿場所
毎大会ごとに新スレッドを管理者が作成し、ご参加者方皆で共有使用していきます(※未定)
新スレッドは管理者がご用意しますので、ご利用者様方で作成する必要はありません

■投票方法
スレッド内の各レス(子記事)に投票用ボタンがありますのでそちらをクリックして押していただければOKです
⇒投票回数に特に制限は設けませんが、明らかに不当な投票行為があった場合にはカウント無効とし除外します

■投稿文字数
200文字以上〜1万字前後まで((スペース含む)1記事約4000文字上限×3記事以内)
⇒この規定外になりそうな場合はご相談ください(この掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」にて)

■投稿ジャンル
SS小説、詩、散文、いずれでもOKです。ノンジャンル。お題は当面ありません
⇒禁止ジャンル
R18系、(一般サイトとして通常許容できないレベルの)具体的な暴力グロ描写、実在人物・法人等を題材にしたもの、二次小説

■投稿ニックネーム、作品数
1大会中に10を超える、ほぼ差異のない投稿は禁止です。無効投稿とみなし作者様に予告なく管理者削除することがあります
ニックネームの複数使用は悪気のない限り自由です

■発表等 ※予定
2016年11月27日(日)12:00(予定)

■賞品等
1位入賞者には500円分のクオカードを郵便にてお送りします
(ただし、管理者宛てメールにて希望依頼される場合にのみ発送します。こちらから住所氏名などをお伺いすることはございませんので、不要な場合は入賞賞品発送依頼をしなければOKです。メールのあて先は mori.kanri@gmail.com あてに、■住所■氏名 をご記入の上小説カキコ管理人あてに送信してください)

■その他
ご不明な点はこの掲示板内「SS大会専用・連絡相談用スレッド」までお問い合わせください
http://www.kakiko.cc/novel/novel_ss/index.cgi?mode=view&no=10001

******************************

平日電車やバスなどの移動時間や、ちょっとした待ち時間など。
お暇なひとときに短いショートストーリーを描いてみては。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

******************************
<ご参加タイトル 一覧> ※敬称略

>>1  『宇宙(よぞら)のなかの、おともだち。』 Garnet
>>2  『キミの夢』  霊夢
>>3  『大切な場所』  レオン
>>4  『最後の英雄』   月白鳥
>>5  『星空と秘密の気持ち』 霊歌
>>6  『夕焼け月夜を君と』   PLUM
>>7  『焦がれし子宮』  めー
>>8  『知』   茶色のブロック
>>9  『儚い少女』  茶色のブロック
>>10 『 white lilydie 』  PLUM
>>11 『音を通じて』  奈乃香
>>12 『月下美人。』  鏡杏
>>13 『小さい頃からスキだったの』  ユリ
>>14 『折り鶴』  御影
>>15 『妄想を続けた結果、こうなりました。』  のあ
>>16 『夏の日の物語。』  レオン
>>17 『恋するティラミス』  ゼロ
>>18 『貴女の望むもの』  奈乃香 
>>19 『貧血少女』  PLUM
>>20 『ねぇ』  はてなの子
>>21 『記念日には、貴方の言葉。』  はずみ
>>22 『君も私も爆発だよ☆』  茶色のブロック
>>23 『Reason for the smile』  ユリ
>>24 『彼は未来を見る研究をしていた』  葉桜 來夢
>>25 『Love me only』  ユリ
>>26 『ワタシとアナタ』  はてなの子
>>27 『匿名スキル』  とくだ
>>28 『アナタだけ』  レオン
>>29 『秋の夜長に君を求めて』  蒼衣
>>30 『受け継がれる想い。』  レオン
>>31 『素直になってもいいですか』  たんぽぽ
>>32 『color』  蒼衣
>>33 『二度とない日々へ』  深碧
>>34 『破られた不可侵条約』  たんぽぽ
>>35 『だーれだ』  ろろ
>>36 『堕天使』  鏡
>>37 『複雑ラブリメンバー』  とくだ
>>38 『してはいけない恋……?』  マシャ
>>39 『マッチョ売りな少女』  壬崎菜音@壬生菜
>>40 『空想森の中で。』  ニンジン×2
>>41 >>46 >>49 『あおいろ』(1)(2)(3)  &
>>42 『星の降る日』  安ちゃん
>>43 『この感情は。』  みりぐらむ
>>45 『やさいじゅーす』  とくだ
>>47 『はづかし』  沖
>>48 『Trick or love!』  PLUM
>>50 『月が綺麗な夜』  小色
>>51 『一番は』  草見 夢
>>52 『名前』  草見 夢
>>53 『人が死ぬとき』  草見 夢
>>54-55 『天使と悪魔と』(1)(2)   草見 夢
>>56 『人生最後の現実逃避』  みかん 

                  (2016.11.19 更新)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15



縛り付けるモノ。 ( No.70 )
日時: 2017/03/04 15:13
名前: 雪花(せっか)



貴方のために、言ってるのよ。
貴方が幸せになれるように。


そういうあの人は、いつも幸せじゃ無さそうだ。
幸せになる方法なんて知らないでしょう?
私のため?
まさか。
貴方のためよ。
私がどう生きるかは、私が決めるんだから。
気づいているのだろう。
私に貴方の望む生き方をさせたいだけだって。
ねえ。
貴方の言うことなんて聞かなくても、私が幸せになれるんだって。
貴方が愛だと思っているもの。
それが、私を縛るためのものだって。

でもね。
私は縛られない。
私の信じるものを信じる。
嫌うのならば、嫌えばいい。
ただね。
貴方が自分を苦しめるだけだから。
私の命は、私のものよ。
貴方も、そうでしょう?
「誰かのため」って言い訳に隠れた
「自分のため」を探してみれば
貴方が貴方の思うような
「いい人」じゃないって、
わかるはず。
それで良いじゃない。
私は、貴方は、何時だって自由なのよ。

泣き崩れた貴方は
立ち上がれるかしら。



さあ、これからどうする。

今日、僕は生きている。 ( No.71 )
日時: 2017/03/06 19:34
名前: エノク・ヴォイニッチ

「私、どうやら貴方のことが好きらしいの。」
茜色に染まった公園で、彼女は少し寂しそうに笑いながら言った。
「ああ、そうかい。こんな時に僕に恋をするだなんて、お前は馬鹿げているね。」
僕は、彼女に対し、冷たくあたった。きっと、他の人は僕が最低の碌でなしに見えているのかもしれない。それも、充分承知している。僕だって、運命が違っていたら、彼女の告白を素直に受け止められていたのかもしれない。でも、僕にはその些細な喜びを噛み締める事が不可能なんだ。

僕は、不治の病に冒されている。いつ治るのか全く検討のつかない病気だ。しかも、僕の寿命は長くても一週間ちょいだ。それなら、結果は目に見えている。
一週間後ぐらいには、僕は既にこの世界には居ないだろう。
何故、其処で諦めるんだ。と言った人も居た。叶わない事が目に見えている夢なんて、努力のしようがない。だから、僕は諦めたんだ。幸せに生活し、結婚をする事を。
……ああ、きっと両親は悲しむだろう。何せ、一人息子の晴れ着を見ることもできず、先に逝ってしまうのだからね。でも、こうなってしまったのは如何しようもない。僕は偶々、運が悪過ぎた。それだけの事なんだ。

それからと言うもの、公園内には少し不思議な空気が漂っていた。
いつ居なくなるのか分からない僕に恋をしてしまったことに嘆いている彼女と、それを無言で見続ける僕が居た。
随分と長い間、公園に居たのだろう。空は既に暗くなっており、空には綺麗な星が瞬いていた。
「そろそろ、帰ろうか。」と僕が言うと、彼女は目を真っ赤に腫らしながら頷いた。間接的にとは言え、女性を泣かしてしまったことに対しては、僕も少しながら反省をしている。
……さて、僕もそろそろ、帰ろうか。

「明日も、此処に居ると良いんだけどね。」
彼女に気付かれないよう、僕は弱音を吐きながら、夜道を歩いた。
この風景も、そろそろお別れなのかもしれない。しっかりと目に焼き付けなくては。

……ああ、それにしても寂しいなぁ!!

そのカップラーメンは彼女の手によって食べられる運命でした ( No.72 )
日時: 2017/03/10 12:06
名前: 表裏 ◆zYKVTEpUmc

「扉を開かないと怖いんだ。外の様子を見ていないと、知らない間に世界が変わってしまうかもしれない。
 ……それって、怖いだろう?


 ほら、考えてみたら良い。
 目を逸らしている間に、何処かの場所で狂った科学者が人類を滅亡させる、そんな兵器を作り、ボタンを押すかもしれない。隕石が落ちて、文明が終わってしまうかもしれない。隣の家のお喋り大好きなおばさんが回覧板をもって家に上がってくるかもしれない。更に、キッチンにあるカップラーメンは既に食べごろになっているのかもしれない。
 でも、そんなもの、避けられない未来と言うなら仕方がないじゃないか。と、思う人もいるだろう。
 それでも、俺は……。目を逸らしたせいで、何も知らないまま、有無を言されせずに未来に従わされるのはごめんだ。


 だから、俺は扉を開けているんだ。」
 俺の力説を聞いて、目の前の少女は呆れたように言った。



「どーでもいいけどさ、トイレ中はドア、閉めてよね」
おにーちゃん。
 
 躊躇なく、彼女はドアを閉めた。



・……………………………………・………………………………・………………………………・………………………………・


(蛇足。とっても蛇の足。ひたすら蛇の足)
大変、汚い話ですが、彼はドアを開けていた事で、意図せずなにかを守り、運命を変えることができました。と、言うお話です。
そもそも、それは主人公もドアを開けていても知る事が出来ない事ですので、安心してトイレのドアは閉めて下さい。切実に。

消えゆくモノとココロ ( No.73 )
日時: 2017/03/12 08:35
名前: 咲耶

「人の心ってどこにあるんだと思う?」
彼女はにこりともせず愛想のない表情で問いかけた。
何なんだ急に。
そんなベタな質問をされて、何を答えろって言うんだよ。
「いんや…別に、なんとなーく頭に浮かんできたセリフをぐうぜーんそこにいた君に話しかけてみた、みたいな☆」
うっざ。
「…それにしても、あなた…。」
なんだよ?
「いんや、なんでもない…とっくに日付も変わったのに、こんなとこ歩いてて危なくないのかってね」
いや、そもそもお前は誰だ。
「ただの普通の女の子よ、お前なんて野蛮な呼び方をされる筋合いはない」
俺は暇じゃないんだ、もう遅いんだからさっさとお家に帰れ。
「…仕事があるのよ」
………は?
「あなたが行くべき場所に連れてってあげる…っていうね!」
その瞬間、彼女は俺の頭に何かを振り下ろした。

な、ナんだ?
なんなンだ………あ、ア、
あああああああああああいたいいたいいたいいたいああアアイたいいたいイタイがアアアアアアアアアア

…なんで俺が、こんな目に………





「…よし、消えたみたいね」

「あいつ…まさか、数十年前に殺された霊がこの辺をほっつき歩いて回ってるなんて、思いもしなかったわ
…それにしても、実態はないのに物事を考えられるなんて可笑しいものね」

可哀想だけど仕方ない。
これが私の仕事。





***************************
(蛇足蛇足アンド蛇足
「俺」が叫んでいる部分は虐殺されたときの走馬灯のようなものです)


一目惚れ悪魔 ( No.74 )
日時: 2017/03/20 09:07
名前: ゆっこっこ

僕は今日まで警察署にいた
前に交通事故を起こしてしまった
心を入れ替えて行こう
そう決心した

しかし山道のカーブのかかったところで事故にあった
あいてのくるまがカーブしきれなかったようだ
相手は美しい女性
僕は彼女に一目惚れした
しばらくはなして

僕たちは彼女のだしてくれたワインで乾杯することにした
僕が一口飲んで彼女に渡すと
彼女は中身を捨てた
そして
「あとはあなたが飲酒運転してぶつかったことにするわ」

つまり僕は彼女にうらぎららた

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。