管理人おすすめ本 過去のおすすめ -最新-

管理人の独断と偏見のみでおすすめする各種小説です。
気になった本があれば読んでもらえるとうれしいです。

過去のおすすめ 最新 | 過去のおすすめ -01-

渡辺 多恵子(わたなべ たえこ)氏のマンガをご紹介。

風光る 第1巻 風光る 第36巻 風光る 第39巻 風光る 第40巻

幕末の京都。長州勤王派に家族を殺された女の子セイちゃんが仇を討つため、名前も性別も偽って、後の「新撰組」となる「壬生浪士組」に入隊する少女漫画「風光る」です。しかし、少女漫画と侮るなかれ。作者による時代考証をしっかりと行っているため、「フィクションだから」と風俗や文化を曖昧に描くこともなく、また、ある程度史実に則っているので、どんなに良いキャラでも史実で亡くなるキャラは否応なく舞台から退場します。新撰組好きはもちろん、「名前は知ってるけど…」程度の方でも楽しめるオススメのマンガです。ちなみに、表紙に描かれているのが沖田総司とセイちゃんこと神谷清三郎です。

森見 登美彦(もりみ とみひこ)氏の小説をご紹介。

夜は短し歩けよ乙女 四畳半神話大系 有頂天家族 きつねのはなし

主に京都を舞台とした作品が多く、またその独特な言い回しから醸しだされる世界観が不思議と心地よく、気付けばどっぷりと深みにハマります。誰にでもおすすめできるのはやっぱり「夜は短し歩けよ乙女」。なかでも、愛しの彼女が持つ“おともだちパンチ”には文面だけでやられてしまいそうな勢い。また、たぬきの兄弟とお母さんの(想像とはだいぶ違う)家族愛を描いた「有頂天家族」もおすすめ。先日発売された2巻はテレビで取り上げられるほどの大ヒットとなりました。