コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

第1章ーRuleー
日時: 2021/09/05 20:15
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13062

            
              こんにちは!小説書きたいりゅです!^^

             手に取って読んで下さると嬉しいです!



         主人公新人のイズミが先輩達やお客様と出会いホストの仕事で

              成長していく物語となっております。           
               
               この物語はフィクションです。

         実在の人物、個人団体等は一切関係ありません、ご了承下さい。
             
             それでは、どうぞよろしくお願い致します。





NО、1龍二>気づかい屋、優しい
NО、2トキヤ>おしゃべり
NО、3彰>冷静
NО、4魁>おしゃべり
NО、5ルイ>冷静
NО、6斗鬼>おしゃべり
NО、7純一>おしゃべり
NО、8浩司>おしゃべり
NО、9優>大人しい
NО、10築地>おしゃべり
新人 イズミ>おしゃべり
新人 敦>おしゃべり

お客様
愛子さん
静香さん






--店内ではシャンパンタワーが行われていた,お客様もにぎあう
休憩室では、ホスト達が煙草吸いながらお喋りしていた

「売上良いね」

「そうだね!」

とか良いながらコーヒーを飲んでいたここのお店は毎日が忙しい
特に夜は満員だ歌舞伎町のど真ん中にあるRuleという名のお店だなかなかの人気だ今日も接待でにぎあう

「いらっしゃいませ!」

何やらキャバ嬢みたいなドレスを着た美人なお客様とかもやって来る

「ありがとうございました。」

満足して帰って行くお客様を見届けたりした相変わらずの忙しさだ女性客相手にゴールドシャンパンとかそそいだり
テーブルには美味しそうなごちそうも並べられる店内は黒いソファに黒いテーブル黒い床に黒い壁

とにかく黒で統一されており奇麗に清掃されていた天井にはシャンデリアととにかく何もかもが派手だった
しかし自分たちはもう仕事で慣れているので気にせず接待を続けたいつも来てくれるお客様には
薔薇の花束とか渡すのは当たり前だった





つづく



Re: 第1章ーRuleー ( No.47 )
日時: 2021/11/28 13:16
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

閲覧2500突破!!いつも嬉しい応援やコメントありがとうございます(*'▽')
引き続き物語をお楽しみ下さい(*^▽^*)

Re: 第1章ーRuleー ( No.48 )
日時: 2021/11/30 10:09
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

いつも嬉しい応援やコメントありがとうございます(*'▽')
頑張って執筆していこうと思います!

Re: 第1章ーRuleー ( No.49 )
日時: 2021/11/30 10:18
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

閲覧2600突破!!いつも嬉しい応援やコメントありがとうございます(*'▽')
引き続き物語をお楽しみ下さい(*^▽^*)

Re: 第1章ーRuleー ( No.50 )
日時: 2021/12/01 09:14
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

いつも嬉しい応援やコメントありがとうございます(*'▽')
引き続き物語をお楽しみ下さい(*^▽^*)

Re: 第1章ーRuleー ( No.51 )
日時: 2021/12/03 23:30
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

閲覧2700突破!!嬉しい応援やコメントありがとうございます(*'▽')
引き続き物語をお楽しみ下さい(*^▽^*)


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。