コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ハチャメチャ勉強会★(ハチャメチャ運営委員会★番外編)
日時: 2022/08/08 09:01
名前: ほのみん (ID: d2ww6FUd)

ハチャメチャ運営委員会の番外編です!
穂乃香・幸香・葉月・想一朗が出てきます!
ハチャメチャ運営委員会★も読むと更にその世界観に浸れます。
そちらも読んでみてね!

(人物紹介)
藤崎想一朗ふじさきそういちろう・・元運営委員長。中1。受験をし、私立の東京中央とうきょうちゅうおう学院へ通う。

田中幸香たなかさちか・・元運営副委員長。中1。公立の中学に通う。実は想一朗は幼稚園のときに自身に対するいじめを止めてもらった恩人。

宮城穂乃香みやしろほのか・・現運営委員長。小6。中学受験を目指していて、公立中高一貫校の海王かいおう中学を受ける予定。

藤崎葉月ふじさきはづき・・想一朗の妹。小4。穂乃香や幸香にはよく懐いているが兄である想一朗には全く懐かない。

(勉強会スケジュール)

月から木・・15時45分~17時45分(穂乃香と葉月のみ)、18時45分~19時45分(全員)
金曜日・・休み
土日・・9時00分~12時30分、13時00分~15時00分、15時20分~17時45分、18時45分~19時45分(どの時間帯も全員参加)

(各メンバーの家の位置関係)

穂乃香宅  想一朗・葉月宅  幸香宅

どのメンバーの家も、一軒家。
各家の親は、勉強会があることを知っている。
基本的は想一朗・葉月宅のリビングで行う。
夜ご飯はコンビニ弁当を持ってきて想一朗・葉月宅で食べる、または一回家に戻り食べる。
おやつはコンビニで買い出しシステム。
(この作品は特定の団体を支持するものではありません)

Page:1



Re: ハチャメチャ勉強会★(ハチャメチャ運営委員会★番外編) ( No.1 )
日時: 2022/08/08 09:16
名前: ほのみん (ID: d2ww6FUd)

(File1 葉月の場合)

うー、つまんない。
もう宿題終わっちゃった。
今日は勉強会ないしなぁ。
一人で参考書やる気にはなれない。
お兄ちゃんはまだ帰ってこない。

そうだ、プ○ステやろう!
リビングへ移動。
電源入れて、コントローラーつけて・・ん?充電ない!
そうだ、こんな時のために予備コントローラーがあるのではないか。
電源ポチッ。
おいおい、充電切れてるぞ・・・

こうなった場合、私に残された選択肢はひとつ。
お兄ちゃんは、帰ってきたら必ず私の机に国語の課題が入ったファイルを置く。
つまり、私はお兄ちゃんの宿題をやらされるのだ・・・
しかし、これは勉強会がない時のみある事だ。
それは、勉強会があると必ずほかの人がいるからである。
つまり、応援人員が必要だ!!

現在時刻、15:45。
穂乃香ちゃんを呼ぼう。
「もしもし、穂乃香ちゃん?」
「うん、どしたの?」
「今暇なんだけどー、こっち来てよー」
「わかった!おやつどうする?」
「から○げクン買って来て」
「じゃ後でね!」

しばらくすると、インターホンがなった。
ドアを開けると、穂乃香ちゃんが立っていた。
リビングに通し、手を洗いに行く。
そしたらから○げクンタイム。
おやつは重要だ。
「うーん、美味しい!」
やっぱから○げクンは最高だな。
穂乃香ちゃんに自分の分のおやつ代を払って、勉強。
「あれ?穂乃香ちゃん大量に勉強のやつ入ってるね」
穂乃香ちゃんのトートバッグは沢山入っている。
「見る?」
「うん」
音読カード、国語の教科書、自学ノート、漢字練習帳、英単語ノート、英単語の復習テスト用の行ノート、漢字スキル、計算スキル、中学英単語の本、中学英熟語の本、中学漢字の本、電子辞書、中学受験講座の教材、理科と社会の参考書、下敷き、蛍光ペンの入ったペンケース、シャーペンが入ったペンケース、水筒が入っている。
別の袋にはコンビニ弁当。
沢山入ってるなぁ。
「葉月ちゃん、勉強しよ!」
「はーい」
一人でやるとだるい参考書がめちゃめちゃやりやすい!

あっという間に2時間経ったので、休憩。
その間に、家事を済ませる。
親が共働きだから私がやっているの。
穂乃香ちゃんにも手伝ってもらう。
うちの家のルールがあるものは私がやってそれ以外を穂乃香ちゃんがやる。
「葉月ちゃん、洗濯!」
「わかった!穂乃香ちゃんプ○ステのコントローラーとって!」
穂乃香ちゃんがプ○ステのコントローラーの充電を確認し、掃除機をかけ出す。
その間に私は洗濯物をたたみ、夕ご飯を作りだす。

今日はご飯、ガリバタ野菜炒め、ポテトサラダ(イ○ンで買ってきた)、野菜スープ、スクランブルエッグ。
そしたら穂乃香ちゃんも戻ってきたので、一緒に作りだす。
私は野菜炒めを作り、その隣で穂乃香ちゃんがスープを作る。
美味しそう。
完成し、私が盛り付けている間に穂乃香ちゃんがスクランブルエッグを作る。
トロットロ〜。
穂乃香ちゃん料理上手いんだよね。

完成!
そしたらお兄ちゃんが帰ってきたから、ご飯を並べて、いただきます!
わぁ、穂乃香ちゃんのスペースおかずでいっぱい。
さっき、お兄ちゃんが
「穂乃香ちゃんも作ってくれたんだしミニサイズで盛り付けるから食べなよ」
って盛り付けてたんだよね。
みんなであっという間に完食。
お兄ちゃんに洗い物を押し付け、2人でテレビを見る。
そしたらまた勉強して、穂乃香ちゃんは帰っていった。
私の毎日はこうして終わる。

Re: ハチャメチャ勉強会★(ハチャメチャ運営委員会★番外編) ( No.2 )
日時: 2022/08/08 09:03
名前: ほのみん (ID: d2ww6FUd)

(File2 想一朗の場合)

「次は、大森~大森~」
よし。
やっと着いた。
車内アナウンスに心が弾む。

俺が通っているのは、東京中央学院。
東京の大田区に位置している学校だ。
最寄り駅は大森。
真新しい制服を身に、いざ出陣。
というところで駅を出ると、ある横断幕が目に。

「いつまでも、どこまでも、ここ大森がふるさとです。 い○ゞ」
おい、い○ゞ移転するのか!?
写真に撮っておく。
これは確実に話題になるぞ。
い○ゞの本社ビルがあるのは、大森ベルポートのA館。
東京中央学院までは、その前を通っていく。

詳しく言うと、俺が住んでいるのは横浜。
まず横須賀線に乗って、横浜駅へ。
そして京浜東北線へ乗り換え。
大森駅について徒歩10分のところにある。

大森ベルポートはロケ地としても使われているから、ドラマ好きにとってはある意味聖地だ。
今は入学式の翌々日。
まだ慣れない制服。
ちなみに制服は、紺のブレザーに赤いネクタイ。

なぜ俺がこの学校を選んだかと言うと、4年生の時に見たCMがキッカケだ。
CMで「未来を作る東京中央学院!」と言っているのを見て、絶対この中学に行かなきゃ行けないと言う運命的なものを感じたのだ。
しかも、俺が好きな半沢直樹は東京中央銀行にいる。
「東京中央」というのが入っているからこそ、余計に入りたくなったのだ。
さらに、制服も東京中央銀行カラーの赤のネクタイ。
絶対入るしかないと思った。
受験までは大変だったが、無事合格。
今はとても楽しい。

「東京中央学院中等部」と書かれた門の前を通り、教室へ。
やはり、横断幕のことは話題になっていた。
授業を受け、帰る。
まだ仮入部期間で部活の時間はない。

今日も大量の宿題出されたなぁと思いつつ、帰った。
今日の宿題を見てみると、ほとんど小学校のおさらいだ。

国語なら妹に押し付けられるだろうと思って帰ると、穂乃香がいた。
「お邪魔してまーす」
と穂乃香。
「おい、葉月なんだよ」
と言うと、
「お兄ちゃん宿題押し付けてくるでしょ。だから応援人員を頼んだだけ!何が悪いの?」
「うーん」
と口ごもっていると、
「私やろうか?」
と穂乃香。

俺もこんな優しい妹が欲しかったなあと思いつつ、普段通りの日常にほっとする。
実は入学式の数ヶ月前から穂乃香と連絡が取れてなかった上、委員会も中止になっていたからだ。

ブレザーを脱いでワイシャツ姿になり、ネクタイを緩めていると、
「ねぇねぇ、お兄ちゃん!穂乃香ちゃんって委員長に向いてると思うよね?」
と妹の葉月が聞いてきた。
「ちょっと葉月ちゃん!?」
と穂乃香があたふたしている。

そういえばもうすぐ委員会も始まるのか、と思いつつ、生徒会に入っちゃおうかなと考えていた。
「穂乃香ちゃん真面目だし向いてるんじゃない?」
と言うと
「そんなことないですよ!」
と言っていたが、悩んでいる様子だった。
ご飯を食べ、押し付けられた洗い物をしつつも委員長候補を考えた。

まず穂乃香。
これはほぼ確定ではないか?
次に大介。
こいつもやりそうだ。
3番目に夢。
穂乃香の親友。
意外と向いてるかも。
和真は暴走する節があるから、向いてないと思う。
洗い物を済ませ、宿題に取り掛かる。
今日は早く終わるといいなと思いながら取り掛かるのであった。



Re: ハチャメチャ勉強会★(ハチャメチャ運営委員会★番外編) ( No.3 )
日時: 2022/08/10 13:59
名前: ほのみん (ID: xGY5.0e4)

(File3 幸香の場合)(作成中)

「またねー!」
別方向に帰る友達に手を振って、向かったのは駅の東口にあるショッピングゾーン。
私の通っている中学は、校則が緩いからよく色々遊びに行く。

まず、イ○ンへ。
雑貨コーナーに行く。
ノートが安いから、よく使う。
今日は英語のノートとシャーペンの芯を買った。
次にイ○ンの中のゲーセンへ。
100円で4回できるクレーンゲームがあったので、チャレンジ。
クッピーラムネの小さいのが1個だけ取れた。

次にマ○クへ。
ポテトのSサイズとシェイクのSサイズを買って、店内で食べる。
スマホにイヤホンを差して、そのイヤホンを耳に突っ込む。
音楽を流しながら食べた。
食べ終わって、スマホをいじっていると、
「あっ、幸香?」
と声をかけられた。
慌てて顔をあげると、想一朗くんがいた。
小学校の同級生。
同じ委員会に入っていた。

「うん、想一朗くん、学校帰り?」
「そうそう。今日はまだ部活も始まってないし」
「部活何にするか決めた?」
「科学部にしようかなって思ってる」
「いいなぁ。私の学校科学部ないんだよね…」
という会話をしながらも、なんか想一朗くんの制服姿に見覚えがある気がした。
紺のブレザーに赤いネクタイ。
想一朗くんが注文しに行ってる間に、chormeの検索履歴を見てみる。
私の頭にヒットしたのは、昨日調べ学習で使った首相官邸のページだった。
総理大臣の写真。
黒のスーツに赤ネクタイ。
赤ネクタイが印象に残って、覚えていたのだ。
何だ、そんなことかと思っていたら、想一朗くんが戻ってきた。

「そういえば最近家で勉強会やってるんだよね~、よかったら来る?」
「うん!」
楽しそう。
想一朗くんの家にお邪魔すると・・・
「あっ、想一朗」


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。