コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

始発線は終点をしらない
日時: 2022/09/22 16:29
名前: たまはる×ゆのの。 (ID: GDWSGe53)

[この物語は、
4人の学生が、恋愛という始発線から、終点をしらない列車を走らせ
           永遠の「恋愛」を過ごす物語である]




【挨拶】byらる@羅瑠
 こんばんは!もしくは初めまして。ゆのの。です
今回は合作をさせて頂きます。よろしくお願いしますヾ(≧▽≦)ノ
誤字などがあったらホントにすみません…ですが、4人の「終わりのない」ラブコメをどうぞ、お楽しみください。

【挨拶】byぷれ
 こんばんは、もしくは初めまして、たまはるです。
ついに念願の合作が叶いました!よろしくお願いします。
ゆののさんとは比にならないぐらいの語彙力の無さですが、ご容赦ください(ドゲザ
それでは、4人の永遠のラブコメをお楽しみください。



人物紹介>>1
プロローグ>>2

一気読みしたい方は
[>>3->>10]一話から8話
夏の特別編「>>9->>15]
[18>>30]十六話から三十話
[>>31-38]三十一話から三十八話
学園祭スペシャル[>>39->>57]
[>>58-]五十八話から七十話

第一話「四人の出会い」>>3
第二話「再会と出会いの感傷」>>4
第三話「少しの恋心」>>5
第四話「ピアニッシモ」>>6
第五話「楽しく青春を」>>7
第六話「憧れと勉強会」>>8
第七話「聞こえないヒミツの話」>>9
第八話「My Hero」>>10
【夏の特別編】始まり
第九話「ついに青春夏休み!」>>11
第十話「夏だ!プールだ!水着だぁぁ‼」>>12
第十一話「どんな時でも楽しく夏を」>>13
第十二話「夏祭りがゆえ」>>14
第十三話「あなたとなら何処までも」>>15
第十四話「後日談は二人だけ」>>16
第十五話「終わりの次は、仲間たちの」>>17
【夏の特別編】終わり
第十六話「計画」>>18
第十七話「意外な清楚系。」>>19
第十八話「照れ隠しですか?」>>20
第十九話「メールで盛り上げ‥‥」>>21
第二十二話「強引な決意表明」>>22
第二十三話「意識は‥‥」>>23
第二十四話「ファースト」>>24
第二十五話「トリプルデートの幕を開けて」>>25
第二十六話「僕たちのトリプルデート」>>26
第二十七話「楽しい後は勉強会」>>27
第二十八話「信じたくない本当」>>28
第二十九話「見つけてもらって微笑んで」>>29
第三十話「渚と海鳥」>>30
第三十一話「庇ってくれて」>>31
第三十二話「平和で、農厚」>>32
第三十三話「クラス替えは…」>>33
第三十四話「新クラスは平和です」>>34
第三十五話「珍しい事件が」>>35
第三十六話「女子たちの集い」>>36
第三十七話「転校生と、早々な恋」>>37
第三十八話「イケメンたちの苦悩」>>38
【学園祭スペシャル】
第三十九話「学園祭の始まり」
第四十話「出し物どうします?」
第四十一話「早速準備に取り掛かります!」>>41
第四十二話「トラブルは付き物です」>>42
第四十三話「ほとんど準備万端です!」>>43
第四十四話「運営まであと一歩!」>>44
第四十五話「学園祭の前夜に」>>45
第四十六話「何かありそうなお泊り会」>>46
第四十七話「学園祭の前に肝試し」>>47
第四十八話「偶然な運命」>>48
第四十九話「参加者続出」>>49
第五十話「お店は大繫栄?」>>50
第五十一話「強烈な殺気と繁盛するお店」>>51
第五十二話「後半戦は大波乱」>>52
第五十三話「学園祭も終わりに近づく」>>53
第五十四話「後夜祭の前に」>>54
第五十五話「2人の行方」>>55
第五十六話「花火よ恋を照らしておくれ」>>56
第五十七話「いつもの風景は永遠と」>>57
【学園祭スペシャル】終わり
第五十八話「デートは2人だけ」>>58
第五十九話「奇跡の出会い」>>59
第六十話「競争の行方は」>>60
第六十一話「初めての負けの味」>>61

Re: 始発線は終点をしらない ( No.66 )
日時: 2022/09/26 16:53
名前: ぷれ (ID: tEZxFcMB)

第66話「こいつが確信犯です!」

「今日、人狼に殺されたのは...千歳くんです」

俺は蒼李。初っぱなから千歳が殺られた。
すると、湊が口を出す。

「まあ、妥当だろうな。霊媒師要らないし」
「あはは...」
「おい湊、どういうことだ」

...湊、その発言は怪しいぞ。
しっかし、湊が人狼だということは確定だが、あともう一人は誰か。

「それじゃあ、2日目スタートです。まずは話し合いから」
「俺は湊が怪しい」
「千歳くん、悔しいのは分かったから死人は首を突っ込まないで」
「シュン」

何でこいつ自分でシュンとか言ってるんだろう。

「私はアルトくn...」
「は?」
「...蒼李くんかな」

星奈お前絶対ビビったろ。
そうして、投票の話し合いが終わり、いよいよ投票...。

「それでは全員目を伏せてください。...」

んで、投票が終わり吊るされる人の発表に...。


「投票で処刑される人は...」
「...」

え、待って。ドラムロール聴こえるんだけどそっちの方が怖いわ。

「...湊くんです!」
「...え?俺ですか?何で全然怪しくなかったじゃん」
「いやむしろめっちゃ怪しい感じだったけど。ね、奏ちゃん?」
「え?あ、はい!」

奏絶対話の流れ分かってなかったよ。
...つーかこれ、俺たちヤバいのでは?


現時点での生存者・死亡者

人狼:湊(死亡)・アルト 村人:星奈
占い師:奏 霊媒師:千歳(死亡)
狂人:蒼李

Re: 始発線は終点をしらない ( No.67 )
日時: 2022/09/28 20:00
名前: らる@羅瑠 (ID: GDWSGe53)

第67話「勝敗」

(‥‥残り、人狼俺だけだ。終わった。)
俺はアルト。今、人狼してるところだ。
だけど、今さっきもう1人の人狼・湊がやられて絶望していたところ‥‥

「へぇ‥‥湊君は人狼だったんだぁ~」
「星奈ちゃん、怖いよ‥‥」

これは、凪咲に同感だな…

「とにかく、続きするぞ。」
「はいっ!じゃあ、眼をつぶって~」

みんなが目をつぶる。

「人狼の人、誰を殺すかな?」
‥‥誰にしようか‥‥じゃあ。

「星奈だ。」
とこっそりいう。

「はい、じゃあ__」

と続いて。

「今回、殺されたのは星奈ちゃんです。」
「嘘っ、私!?」

ふぅ‥良かった。

「じゃ、投票ターイム!」
「俺はアルト。」
「同じく~」
「そうだな。」
「え、」

全員に投票された俺。

「じゃ、アルト君出火ぁ!」
「‥‥‥俺は人狼だ。」

これで、もう勝敗はついた。








【感謝】
らるです!お久しぶりですね(?)
本題に行きますが、『600』回覧ありがとうございます!感謝です!
ココまで頑張った甲斐がありました。これからもお願いします!

Re: 始発線は終点をしらない ( No.68 )
日時: 2022/09/29 18:01
名前: ぷれ (ID: tEZxFcMB)

第68話「人狼陣営終了のお知らせ」

俺は蒼李。人狼の決着がついた。

「ということで、村人陣営の勝利でーす!」
「やったぁぁぁ!!!」
「くっそ、負けた...千歳ごときに...」
「ちょっと待て俺のこと遠回しにディスるのやめろ」

結果、俺たちは負けてしまった。主に湊のせいで。...でも、人のせいにするのは良くないし、今回は計算外ということで。
すると、凪咲がニコニコ笑顔で喋る。

「負けた人狼陣営には、この激辛カップ焼きそばを食べてもらいます」
「蒼李くん、強く生きてください...!」

何かすげー俺本能がダメって言ってる。
確かに、辛いものは得意じゃないがそれなりに好きだ。

「でもこの焼きそばは一つしかないので、ジャン負けで代表者を一人決めてね」
((負けられない闘いがここにある...!))

うわー、あの二人からとてつもないエネルギーを感じる。

「最初は」
「「「グー!じゃんけんポン!」」」

蒼李:グー アルト:グー 湊:チョキ

「なん...だと...!?」
「勝負あったな」
「湊、頑張れよ」
「クソッタレがぁぁぁ!!」

ニコニコ笑顔で凪咲は、キッチンへ向かった。
...湊、調子乗りすぎたな。


【感謝】
ぷれです。お久しぶりですかね。
僕の見ない内に閲覧が600を突破...!ありがたい限りです。
カキコサボり気味だったので、皆さまにより面白いストーリーをお届けできるように、精進して参ります。

Re: 始発線は終点をしらない ( No.69 )
日時: 2022/10/01 17:09
名前: らる@羅瑠 (ID: GDWSGe53)

第69話「青春の半ば。」


「あ、そろそろ夜になる!」
私は美央っていいます。さっきまで人狼してたんだ。
で、今は夜になりつつあるところ。夕ご飯の準備しなきゃな。

「からっ・・!?辛すぎるってぇ!?」
「辛いのは当たり前だろうが。」
「でも、星奈のため‥っ」

‥湊君とアルト君のやり取りは、10分前までさかのぼる。


「さぁて、激辛カップ焼きそばできたよ☆湊君どーぞ!」
凪咲ちゃんが言った。

「え、無理だって。マジで、もう無理無理無理!負けたから食べるって理不尽!」
といって、中々食べないのでどうしようかって悩んでたんだ。
そうしたらね・・

「あの…星奈ちゃん。」
「ん、奏ちゃんどうしたの?」
「湊君が食べるのに、1つだけ方法があるんです。」

って奏ちゃんがある意見を出した。

「え、奏ちゃんホント!?」
「はい、凪咲ちゃん。ですが星奈ちゃんじゃないとできないことです。」
「私しかできない事?」

星奈ちゃんしかできない事らしいんだ。

「まぁ、星奈に任せる。」
「千歳に同じく。」


って千歳君、アルト君がいうから、聴いてみたんだ。

「それはですね____」


「えっ‥それ恥ずかしいよっ‥」
「大丈夫、星奈ちゃんならできるよ。」

凪咲ちゃんに背を押されて、湊君の所へ行く。

「あのっ、湊君‥?」
「なんだ?星奈。」
「お願いっ‥私のために頑張って食べてくれない?そしたら私、もっと湊君の事好きになるし、自分も頑張れるんだ‥だから、湊君にお願いしたいの。食べてくれなきゃ、彼女やめるかもっ‥」

これは‥星奈ちゃんが絶対言わない様な事、だね。
でも、女子の私でもめちゃくちゃ可愛いよ。
上目遣いで、顔赤らめてるけどもう星奈ちゃん付き合ってなかったら男子一発で一目ぼれレベルだから。星奈ちゃん元々美人だもんなぁ‥
でも、私はアルト君一筋ですからぁ♡ アルト君に気に入ってもらえればそれでいいんだぁ♡

「よしっ!俺頑張るよ、星奈のために!」
「わぁ!ありがとう‥私とっても嬉しいよ、頑張ってねっ!」

『パクッ』

「から・・!?辛すぎるってぇ!?」
「辛いのは当たり前だろうが。」
「でも、星奈のため‥っ」

って訳だよ‥って、アルト君どこだ‥!?

「美央~」
「あっ、アルト様!」
「いつから様呼び?」
「今ですけど‥」

やっぱり、私はアルト様一筋!この方以外にあり得ない。
別の女子は許さないからね☆

「千歳君!ちょっと聞いて?」
「なんだ?」
「宿題教えて貰いたいんだけど。」
「星奈にでも聞いたらどうだ?」
「ダメっ‥千歳君じゃないとダメなの。」

ふふ‥凪咲ちゃんも可愛いなぁ。凪咲ちゃんは、美人っていうか可愛いタイプだし‥
千歳君は完璧なるツンデレ様。ひねくれ者って言われてるわけが分かる~ でも、仲間思いでカッコいい。

「‥じゃあ、教えてやる。」
「アリガトっ!」


さぁて、奏ちゃんと蒼李君どーこだ?

「奏~」
「な‥なんですかっ!?」
「今日一緒に寝ようぜ?」
「ふぇっ!?一緒に‥私が?」
「ああ。ダメ‥か?」
「ももももちろんですっ!断るわけないですよ!」

奏ちゃんはほんわかタイプ。ふわふわする清楚系な可愛いコだよね。
蒼李君はド直球タイプ‥。言いたいことをズバッという感じの人。

「ふぅ‥心の中でみんなの説明も疲れたな。自分にお疲れ様。」

Re: 始発線は終点をしらない ( No.70 )
日時: 2022/10/02 18:44
名前: ぷれ (ID: tEZxFcMB)

第70話「布団が足りない件」

俺は湊。外の雨も強いし、俺の家でノープラン宿泊が開催されることになったのだが...。

「あるぇ~?布団が足りんぞ~?」
「は?」
「まあ俺はベッドで寝るから...それでも足りんな~」
「チャンス!ねえ、それぞれのカップルで寝ればいいんじゃない?」

なるほど美央、名案だな。...ん?カップルで寝る?
俺は全てを悟った。そして、他のみんなも。

「えええええぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!?????」
「う~ん、ダメ...かな?」
「美央絶対狙ったよね」
「うゅ?何のこと?」
「というわけだ、ここは大人しくそうしよう」

何かアルトちょろくね?
とはいえ、ちょっとマズいんじゃないすかね~?思春期男子を女の子と寝かせるのは。

「ん?千歳くん、もしかして照れてる~?」
「ギクゥ!?そ、そそそそそそそんなわけないだろ?俺が照れりゅとか...」
「やっぱこいつ照れてるわ」
「千歳くんって結構可愛いよね」

こいつが?ないないないない。だって愛想なさすぎて友達ほとんど居なかったんだよ?ほぼ顔面偏差値の高さとスタイルの良さで、人気勝ち取ってきたもんだよ?

「何か、湊にディスられた気が...」
「キノセイダロー(棒)」
「湊くん、棒読みになってます」

さて、夜はこれから長くなりそうだ。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。