コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

吸血鬼の君へ
日時: 2022/10/19 02:57
名前: りんご🍎 (ID: 3OoKbooX)

優太「…」
俺は高校2年生だ、外に遊びに行ったら知らん女に絡まれてしもーた
凛「お兄さんって好きな人っているんですかぁ?」
優太「い、居ないかな」
ゆな「なら私たちと遊びましょうよ‪w」
優太「いや俺はいいや」
凛「あ、ちょっと待って!」





優太「はぁ、つまんないの、」
瑠知「おー兄さん」
優太「ん?」
瑠知「あっそびっましょ」
見た感じ中学生くらい、でもなんか嫌な感じが、、、
優太「こんな遅くになんで外に?」
瑠知「えへへっ、、、」
?
瑠知「吸血鬼するためだよっ」
優太「っそっかァ、、っては?」
瑠知「珍しいでしょ!」
優太「だって吸血鬼は空想で!」
瑠知「なわけないだろ」
優太「え、」
瑠知「吸血鬼は今でも存在する、そんくらいの常識分かるだろ」
優太「じょ、常識‪wあはは笑」
優太「そんな冗談信じるわけないでしょお嬢ちゃん」
瑠知「あっそ」
優太「ところで瑠知ちゃんは何歳?」
瑠知「あー女の子に年齢聞いちゃいけないんだ」
優太「お願い!」
瑠知「しゃーないな」
瑠知「725歳だよ」
優太「え、」
てかそもそも吸血鬼じゃないでしょ!
瑠知「そう思うなら空飛ぼうか」
ピュンッ
優太「うわぁっ!」
瑠知はほんとに吸血鬼なんだ、、
瑠知「そんなことより、うまそーだな」
優太「え?」
カプっグサッ
瑠知「っ?!」
優太「ァァァ(´°̥ω°̥`)」
瑠知「お前」
瑠知「ほんとに人間か?」





優太「は?、どう考えたって人間でしょ」
瑠知「ホントは、、吸血鬼じゃないのか?今思うと八重歯や鋭い爪、味も」
優太「知らんがな」
瑠知「もしや、いや、これは吸血鬼と人間のハーフか?」
優太「え?」
瑠知「こんなの血が美味い最終形態、まさに、」
あたしの獲物にピッタリ♥




Re: 吸血鬼の君へ ( No.15 )
日時: 2022/11/11 20:24
名前: 遥陽 (ID: 3OoKbooX)

遥陽「なんかさー今日も小説書かなきゃーっていう軽いノリで書いてたらさ、200視聴回数超えたよ、でも、こんなのまだまだなんで、これから、もっと面白い小説を出して、ファンを増やしたいと思います!吸血鬼の君へをすきだと思った人は、検索で遥陽って調べたら、出てくるんで、ファンネかファンマ入れといてください、めざせ、500〜1000」

Re: 吸血鬼の君へ ( No.16 )
日時: 2022/11/12 18:10
名前: 遥陽 (ID: 3OoKbooX)

蓮「……」
(もし、ここで瑠知さんを助けに行かなければ、優太さんは僕のもの、…いや、ダメだそんなこと考えちゃ、
優太「よし、着いた…っ!!」
蓮「ぇ…」

瑠知「はぁ、はぁ、はぁ、」
?「まだ生きてんのー?さすが、僕の妹だね」
由良「早く死んじゃえよ」
優太「なにしてんの…」
由良「それはこいつをころs((」
グチャっ
優太「っ?」
蓮「ご主人様の、嫁さんを殺すなんて、この僕が許しません…」
由良「だーれお前…ゴホッゴホッ」
蓮「後で教えます、それとあなた馬鹿ですね」
由良「は?」
蓮「瑠知さんは生きているし、逃げられましたよ」
由良「なっ!」
蓮「あともう一点、僕は、吸血鬼のふりをした、吸血鬼ハンターまたの名は神様の使い手です」
由良「は?何厨二病ってやつー?吸血鬼じゃん、」
蓮「みんな吸血鬼と人間そして狐とか、間違えるんですよ、でも、僕の匂いは吸血鬼に似せたんです、なので、ホントの匂いではない、これは、香水です」
由良「は?」
蓮「吸血鬼ハンター代2番目、蓮の名に置き、吸血鬼は排除します」
ガブッ
由良「きたねぇ!噛み付くな!……ヴぁっ」
蓮「この程度の毒で死ぬなんて、るちさんとは大違いですね」



花梨「わぉ………」

Re: 吸血鬼の君へ ( No.17 )
日時: 2022/11/23 19:22
名前: 遥陽 (ID: 3OoKbooX)

蓮「っ!」
バッ
花梨「おっと、お姉さんのこと覚えてるよね?」
蓮「花梨」
花梨「そーそー!記憶力いいねえ!」
蓮「なぁ、どこから見てた」
花梨「ん〜最初ら辺から〜?」
蓮「お前っ!じゃあ」
花梨「あーちょっと叫ばない叫ばない、吸血鬼ハンターってことなんて私しってんの」
蓮「は?」
花梨「安心して、優太くんはその事に気づいてないよ
蓮「ってか、なんでお前は知ってんの」
花梨「あー気になっちゃう?」
蓮「別に、教えてもらったところで証拠隠滅として殺すし」
花梨「そんな物騒なこと言わないの、あと、知ってる理由はね、」
花梨「君の心を読んだから」




蓮「はっ?」

Re: 吸血鬼の君へ ( No.18 )
日時: 2022/12/06 20:34
名前: 遥陽 (ID: 3OoKbooX)

花梨「ってか、吸血鬼ハンターなら近づいちゃダメじゃん!」
蓮「はぁ?って、、」
痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い。なんであそこに僕の体があるの、え、っ、血?あれ、首がないような…
蓮「……っ…」
花梨「まぁ流石に死なないよね〜大丈夫」
花梨「”殺さないから”」
何言ってんのこいつ、……てか、こんなに強いはずが…
花梨「スっ…(うわ、生命力たかぁ、っっ、たく、ゆうた先輩、馬鹿じゃないかな、こいつは狐と吸血鬼だけじゃないのに、まさか吸血鬼ハンターになって会いに来るなんて…)」
蓮「○ねっ!!!っっ!!!!」
花梨「おっと、」









蓮「あれ、ここどこ…」
花梨「おはよ〜」
由美「姉さん、この子可愛いね」
蓮「誰……お前」




ホント最近投稿出来なくてごめん

Re: 吸血鬼の君へ ( No.19 )
日時: 2022/12/09 03:56
名前: 遥陽 (ID: 3OoKbooX)

由美「あ、カリンのいとこだよ〜♡」
蓮「…あっそぶりっ子女子かよ…」
由美「かんわいいい」
由美「てかぁ、」
由美「僕♂です♡」
蓮「どうでもいい」
由美「酷いなぁ、」
花梨「てか、吸血鬼ハンターでしょ?由良は倒して由美とか私とか、るちをなんで殺さないの」
蓮「それはーーーーー」


一方その頃


優太「瑠知っ!瑠知っ!」
瑠知「優太…?……優太っ!」
優太「良かったぁ、」
瑠知「心配してくれてありがとう…って、蓮くんは?」
優太「敵と戦ってくれてるはず」
瑠知「…そっか…」


コンコン


??「失礼します」


Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。