ダーク・ファンタジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

精神科入院の日々
日時: 2022/03/10 19:13
名前: 彩 (ID: DdBicf6e)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13214

このお話の構成
第1章から第5章までは、主人公は幸せとなります。ハッピーエンドとなります。
第1章 虐待を受けたサバイバー、パンダのお話。本文と>>1 >>2 >>3

第2章 いじめを受けたサバイバー、恵(パンダの友達)>>4 >>5

第3章 いじめと虐待のダブルパンチサバイバー、火乃香>>6 >>7

第4章 合宿の後の精神疾患に苦しむ少年、海棲

第5章 パワハラに苦しむ女性、由希奈

第6章から第10章までは、結末はバットエンドです。悲しい話です。

第6章 虐待サバイバーの短い人生、由美香

第7章 いじめ対応を失敗された少年、逸人

第8章 いじめと虐待の苦しみに耐えられなかった少年、ララ

第9章 合宿での過労に負けた、瑠偉

第10章 パワハラの苦しみ

あとがき

この話には、ある法則があります。想像してみてください。
この話はフィクションです。妄想です。実際とは異なります。


第1章、虐待を受けたサバイバー、パンダのお話。



…精神科入院中。
入院していた理由を友達と話していた。友達は恵。いいなぁ…まともな名前。
名前は…少女なのに、パンダ。
何でパンダという名前が出てきたんだろう…
やばい親だった。
幼少期は、虐待を受ける毎日だった。
ネグレスト、精神的虐待と受けてきた。
苦しいという気持ちもなかった。自分は、売られた。
餓死寸前だった。
…そこから何年経ったんだろう…

保護されたのは、13歳の時。
学校に行って、お腹が空っぽだったこと、あざだらけだったことで、バレた。
担任が、保護してくれた。
でも、順風満帆にはいかなかった。16歳の頃、帰されてから、地獄の毎日だった。

まずは、虐待の話をしよう。
(この話はフィクションです。全部、私の妄想のため、実際とは異なると思います)

…パンダが3歳の時。
3歳という若さでの生活。
午前2時 起床
午前2時10分 10kmを10本走る。それを、午前4時以内に終わらなかったら、1ヶ月閉じ込める。幼稚園にも連れてかない。間に合った日は、1回だけだった。その一回以外は、釈放されてはまた入れられる毎日だった。間に合うことができたのは、4歳になってからだった。
4時から、一ヶ月押し入れに閉じ込められた。拘束されたので、食べることも寝ることもできなかった。でも、死ぬこともできなかった。
理由は、死ぬ体制が出来なかったからだ。3歳の時、一回食事と睡眠したっけ?

…よく生きたなぁ…この時に死ねば、こんな苦しい思いしなくて済んだのに…

パンダが4歳の時。
午前2時 起床
午前2時10分 勉強
午前4時〜 炊事洗濯を全てやる
終わり次第、万引き
そして、地獄のストレス発散場
この時は、パンダは人形。蹴ったり踏んだり殴ったり。

これが夜まで続く。
お風呂は、冷水。気絶するまで色々やった。
気絶したら…病院には連れて行かなかった。どこかに捨てられた。

親が就寝次第、パンダも睡眠。長くて睡眠は30分だった。

親は、運動神経抜群で、メンタルが岩盤のように硬いものにしたかったらしい。
それを信じていた。
気絶をすぐしたら、叩かれる。



小学校の時は、親が、ストレス発散場を短くして学校へ。
学校では、倒れることが多かった。
睡眠不足と栄養失調が重なったから。
先生が迎えに来て欲しいと言ったら、仮病だと言い、切る。しょうがなく、一日中保健室。
養護教諭には隠す気がなく、パンダの希望で、担任や児相に言わなかった。
でも、13歳、中学校入ったら、バレた。

そして…即児相保護。
児相の生活は、次に続く
next >>1

Re: 精神科入院の日々 ( No.3 )
日時: 2022/01/30 11:33
名前: 彩 (ID: DdBicf6e)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13214

保護室での生活
閉鎖空間だった。
パンダは、泣いた。騒いだ、吐いた。
フラッシュバックのため、再び開放病棟へ移行。
PTSDの治療を再開したのだ。
適応障害は、親から離れてるため、ない。
親とは絶縁したのだ。
ただ、薬は飲んでる。
パンダは、1日20錠くすりをのんでる。
ODではない。
何しろ、あんなに病気があるので、薬は避けて通れない。
1ヶ月後、また保護室へ移行。
今度は、何も起きなかった。
そして、退院した。
次は、共同生活をし、元気になった。
パンダは、名前を改名した。

名前は、静奈。
静かな少女とした。
静奈は、弁護士を志した。
実は、3歳の壮絶な生活を、またやりたくなったらしい。
でも、それはしなかった。
毎日20時間勉強をし、3時間睡眠という過酷な生活。
日曜日に、1週間の疲れを労うという生活だった。
それを2年続け、静奈は弁護士になったのだった。

それから、夫と出会い、静奈は89歳で永眠するまで、幸せに暮らしたのだった。

next>>4
次は、恵の精神科入院の日々の話。

あらすじ

いじめを受けた恵。
暴行、暴力、奴隷労働、悪口、差別を受けてきた恵。
家まで押し掛けてくるので、逃げられない日々だった。
親の訴えでいじめが判明。
後遺症に苦しむ恵のお話。

Re: 精神科入院の日々 ( No.4 )
日時: 2022/01/30 20:44
名前: 彩 (ID: DdBicf6e)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13214

第2章 いじめを受けたサバイバー、恵


…精神科入院中。

はぁ、辛かったなぁ…


パンダちゃんも辛かったんだね…

私は、学校でいじめを受けてきた。
7歳から始まったいじめ。
親が訴えたのは、12歳の時だった。
親が、有名人だったため、自分一人で抱えていた。
名前は恵。

学校は、地獄だった。
行ったら、すぐにいじめられた。暴言をされた。
差別も受けた。
君は来ちゃダメだと言われた。
掃除は、全部恵任せ。
終わらなかったら、居残り。
先生からもいじめられた。
親に言うことができず、これをやった。
カッターで思いっきり腕を切った。
血だらけになった。

そして、ある日。
親に具合悪いことを伝え、休んだ。
そうしたら、学校から電話。
仮病だから来い!

そう言われたのだった。
親はいない。
ボロボロの状態で、学校に行って、倒れた。
放置。
…今は、その学校の教師は、全員解雇されてる。
でも、仲間は、校長だった。
校長先生は、親身になって、話を聞いてくれた。
やっていませんと誤魔化すみんなだった。

11歳のある日、体が動かなかった。
異変に気付き、親は休ませた。
しかし、仮病だと信じてくれなかった。
家に押し掛け、いじめをした。
生徒のいじめ。
暴力をされた。
それに怒った先生は、奴隷労働を命令した。
恵は、従った。
親は、反論できなくなっていた。
ついに気付いた親。
そこで、校長に訴えた。
そして、いじめが判明した。
相変わらず全員否定したが、校長は、引き下がらなかった。
みんなが本当のことを言うまで、2ヶ月かかった。
それが、12歳のお話。
指導をし、先生は解雇。生徒も、処分だった。
恵は、その後の厳しい治療が待ってることに気づかなかった。

恵は、親と一緒に精神科に行った。
病気は、たくさんあった。
PTSD
うつ病
統合失調症
解離性障害
そして、自傷行為も続けた。
リスカ
アムカ
レグカ
OD
飛び降りたこともしばしば。
でも、生きることができていた。
病院での生活は、次回に続く
next>>5

Re: 精神科入院の日々 ( No.5 )
日時: 2022/02/04 20:15
名前: 彩 (ID: DdBicf6e)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13214

病院に行ったら、即入院だった。
人間不信のため、閉じ込めた。
拘束をした。
ODや自傷行為を辞めるために。
本人の希望だった。
でも、厳しい現実だった。
とっても辛かった。とっても泣いた。寂しかった。
加害者が憎かった。
それから4年。
4年間、閉じ込められた恵。
開放病棟に移行して、腐敗になっていた恵。
その時、パンダと再開したのだ。
私は、16歳。パンダは、17歳だった。
4年間、まともに歩かずにいたので、リハビリに取り組んだ。
その後は、恵が一生の中で1番苦しいことが起こる。
それは、認知療法だった。
わざと呼び起こすやつ。
呼び起こすたんびに、フラッシュバックの連続だった。
そして、統失や、PTSDは治っていった。
次に、解離性障害とうつ病。
解離性は、離人と健忘だった。
うつ病も辛かった。
気力がなかった。
離人もしまくるので、注意力散漫、忘れやすく、そうなっては親に迷惑をかける毎日であった。





ゆっくり治したため、全治2年だった。
今は、いい家庭を築いている。
いじめられてもっといい人生だと恵は語る。
「いじめがなかったら人を助けられなかったかもしれない。加害者に感謝します」


next>>6
第3章 いじめと虐待のダブルパンチサバイバー 火乃香
5歳からの虐待と、小学校から始まったいじめの2つの後遺症に苦しむ火乃香。病院でも、地獄だった。

Re: 精神科入院の日々 ( No.6 )
日時: 2022/02/06 20:30
名前: 彩 (ID: DdBicf6e)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13214

第3章
いじめと虐待のダブルパンチサバイバー、火乃香

…精神科入院中
入院して既に20年。
34歳の自分。
5歳から今まで、嬉しいことなんてなかった。
発達障害の自分。
実験台にされていた。
自殺未遂は40回やってる。
家でも学校でもいじめ。
居場所がなかった。
病院も居場所なんかじゃなかった。
暴れては拘束の毎日だった。



5歳の頃。
発達障害があったことがわかった。
そこから、親は、産まなきゃ良かったと連呼した。
叩かれ、奴隷扱い。
家は刑務所だった。
防犯カメラで見られてた。
不眠不休で炊事洗濯。
過労で死にかけた。
すると、親は急いで救急車を呼ぶ。
後1秒来るのが遅かったら死んでいた。
分かるよね?
死なせたくないんだよ。実験台だから。



そんな日が続いた。



学校では。
アザだらけ。ボロボロの体を
からかった。
酷くさせようと暴行した。
保健室にも行けなかった。


時は流れ17歳。
悲鳴を上げてしまい、ついつい児相に相談。

そして…驚きの一言。
「生きていてくれてありがとう。よく頑張ったね。偉い。もう頑張らないで。私たちが愛を注いであげるから」
こう言われて、児相に保護される…はずだった。
即病院連れて行かれて、入院した。
病気がありふれていた。
複雑性PTSD
適応障害
解離性離人症
解離性健忘症
不眠症
パニック障害
強迫性障害
統合失調症


こんなにあるため、20年入院を続けていた。
苦しいことしかなかった。
愛情を注いでくれなかった。
そして、ある日、ODした。
死ねなかった。
そして…拘束され、4年間続いた。
それで、トラウマが残っている。
病院でも、回復しなかった。
退院のきっかけは、病院が倒産という理由だった。
訴えられたため、退院することができた。


治すことが増えてしまった。
そのため、病院を移行した。
そこの生活は、次に続く
next >>7

Re: 精神科入院の日々 ( No.7 )
日時: 2022/02/09 18:06
名前: 彩 (ID: DdBicf6e)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13214

34歳。
病院を変えた。
認知療法などをしっかりやった。
焦らないことを目標に。
でも、出来なかった。
焦ってしまう。
34歳だから。
彼氏もおらず、1人で戦っていた。

5年後
39歳。
自殺未遂をした。
幸せな日なんてなかった。
…救急車に運ばれた。
その時の救命士が、何と中学生の時に好きだった人だった。
そこで、大丈夫?と聞かれた。
入院措置はやらなかった。
彼氏が助けてくれ、心身共に回復した。
40歳の時に結婚。
幸せな日々を送っている。

今は、人を助ける仕事をするために、勉強を頑張っている。


Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。