ダーク・ファンタジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

やよいの過去屋
日時: 2024/02/14 19:01
名前: とーりょ (ID: J0KoWDkF)
参照: https://www.kakiko.info/bbs_talk/read.cgi?no=26431お知らせ用掲示板

[あらすじ]
ちょっぴり大阪弁のやよいは、戦争で死亡した幽霊のカラスが店長のお店『過去屋』で
バイトすることになった。

過去は消えない、戻れない、変えられない。
そんな過去があったから今があるって、誰もそんなことは思わない。




[登場人物]
花倉はなくら やよい(人間)
過去が見える少女。

■カラス/ノアール(幽霊)
戦争で死亡したカラス。

■山田(人間)
人を殺したことがある女性警察官。



[掲示板も利用してます]
感想などお聞かせください!まだまだ半人前なのでよろしくお願い致します…
※参照のURLからよろしくお願いします。

Re: やよいの過去屋 ( No.2 )
日時: 2024/01/24 09:49
名前: とーりょ (ID: J0KoWDkF)

──そして今に至る。

今日からオープンする『過去屋』は、オンボロのお店で一人部屋くらいの狭さだった。
その部屋の真ん中に机と椅子を置いて、その椅子にあたしが座っている。
……以下にもあたしが店長みたいだった。
そのあたしの肩にカラスが座る。そしてあたしの相席にはお客さんが座るのだが…。

「お客さん、ほんまに来るん?」
肩に乗っかっているカラスをじーっと見た。
だがカラスはずっと入口の方を丸い目で見つめるだけだった。
あたしはゆっくりもとの姿勢にもどり、入口の方を見つめた。

すると、お店のドアノブが曲がった。
その瞬間あたしは あっ としてすぐに姿勢を整えた。

息を大きく吸って「おいでやす!!」とお客さんに言った。
そのお客さんはなんと、女性警察官だった。

あたしは慌てて肩にいるカラスの方を見た。
「警察来てもうたやん!!」と小さな声でカラスに言うと、その女性警察官は
豪快に笑っていた。

「違う違う!お客さんだよー!」
その女性の一言で、笑顔が本物だとわかった。

「ほんなら、契約書お願い致します!」
あたしは契約書を渡した。
その契約書には名前の記入欄と『過去、取り消しますか?』の一文だけだった。

するとその契約書を見た女性警察官はツバを飲み込んだ。
「…本当に取り消せるんですね。」

「いや、そんなわけ…、」
そうだった… 過去を消すのは『私』だった。

すると女性警察官は契約書の記入欄に『山田やまだ』とインクの薄いペンで描いた。


「では山田さん、あなたの消したい『過去』は──
 なんですか?」

Re: やよいの過去屋 ( No.3 )
日時: 2024/01/28 19:10
名前: とーりょ (ID: J0KoWDkF)

「7年前…、人を殺した。…私の過去を消してください。」
あたしはビックリしたが、決して表情には出さなかった。
なぜなら『絶対に感情を表情に出すな』とカラスに言われたからだ。

あたしはシンとした顔で言った。
「…ほな、山田さんの過去を見させていただきますね。」

あたしはゆっくり目をつぶった。
カラスの言われた通りにすればきっと……。




そしてゆっくり目を開けた。
すると見えたのは夢のようにぼやけた山田さんの『過去』だった。






その過去の山田さんはまだ中学生くらいの年齢だった。
山田さんのいる 部屋は酒のビン、タバコ、割れた食器などが散らかっていた。
「汚い」という言葉で終わらせられない景色だった。

山田さんはすみっこに体操座りで顔をうつぶせにしていた。
髪型はくしゃくしゃで、服もシャツ一枚だった。

そこに酒で酔っているであろう男が帰ってきた。
その男は山田さんがいる方を目を細めてじーっと見た。
「ぬぉーい!なんでバイト行ってねーんだぁ!?父ちゃん、悲しいぞぉ!?」

すると山田さんは顔をあげて、ゆっくり立ち上がった。
そして、その手にはナイフを持っていた。


男はビックリした顔で、一歩後ろに下がった。
「…おい、お前正気なのか。」

山田さんは男と目を逸らさず、ゆっくり男の方へと歩いた。
「ずーっと泣きたかった!!!!」
泣きじゃくった声でそう叫んだ。

そうしてナイフをゆっくり男の顔に突き刺した。
何度も。何度も。



人間の目玉が落ちた。
現実が現実のように見えた。


「私は、コイツと何のつながりもない…他人だ。」









「っぅうううああああ!!!うあああ!!」
あたしは自分のうなり声で目が覚めた。

すると目の前には男の子の子供がいた。
その男の子は、全く見覚えがなく、部屋の窓から夕日をずっと見ていた。
その目はどこかで見たことあるような目だった。

男の子は振り返って言った。
「君、もうバイトやめていいよ。」
その冷たさにあたしは少し腹が立った。
「なんでや!なんで子供に言われなあかんの!!」

その男の子は夕日が味方しているように夕日で照らされていた。
「わからないのか?これはお前のためでもあるんだぞ。」
その言葉で、なんとなくこの男の子が『ノアール』であることに気がついた。

Re: やよいの過去屋 ( No.4 )
日時: 2024/02/10 09:04
名前: とーりょ (ID: J0KoWDkF)

「残念だけど、君はクビってわけだ。」
空気が冷たく、外からはカラスの鳴き声がカァカァと聞こえた。

「あたし、『過去』が見えたんやで…?なんでクビなん!!」
そう言うと、ノアールは少しビックリした顔であたしの顔を見てきた。
「君は、…続けたいのか?」

その質問にあたしはすぐに返事を返した。
「続けたい!…せめて山田さんの件を片付けてクビにしてください!」
あたしはノアールに土下座して頼んだ。

あたしはずっと頭を床にくっつけて土下座していると、ノアールの小さな手があたしの頭に
軽く乗っかった。
「……花倉はなくらは、僕のこと気持ち悪いって思わないのか?」
そのノアールの弱々しい声に、あたしは頭を上げた。
すると目の前にはノアールが座っていて、じーっとあたしの目を見つめていた。

ノアールは手をパーカーのポケットに突っ込んで、少し照れた顔で下を向いた。
「前も言ったけど、僕『幽霊』だからさ。」

あたしはなんとなく察した。
ノアールは何回かあたしのような人に声をかけては『気持ち悪い』と言われ続けたこと。
そう考えると、少しかわいそうに思えてきた。

「…じゃあ、なんであたしはノアールのこと見えるん?」

「僕が花倉はなくらには見えるように魔法のようなものを使っているだけ。」
あたしは自分の事を『花倉』と呼び捨てされていることが気にはなったが、
あたしは呼び捨てなどされたことがなかったので少し嬉しかった。

「けど、この人間の子供の姿になれば他の人間からも自動的に僕のことが見えるようになる。」
あたしはノアールの説明でちょっとだけ理解した。


そして、その時にはもう夕日が見えなくなっており、周りも真っ暗になっていることに気がついた。
あたしが夜になっていることに気付き外を見ていると、ノアールも後ろを向いて外を見た。
「…ほな、あたしそろそろ帰るからっ!」

リュックサックを背負って、帰る用意をしていると…
「待って。」
…ノアールに引き止められてしまった。

Re: やよいの過去屋 ( No.5 )
日時: 2024/02/11 16:22
名前: とーりょ (ID: J0KoWDkF)

そしてなぜか今、ノアールがあたしの家にいる…。


あたしの住んでいる家には家族4人が住んでいて、父と母、そして兄がいる。
本当はもう一人、長男がいるのだが高校生でグレてそれ以来 会っていない。
家族全員の電話番号も消されて、おそらくあちらも電話番号を変えている。
今、どこにいるのかも分からないが成人済みなので心配はいらないであろう…。


ノアールは家族全員と一緒に食事することになった。
お母さんが得意料理とするから揚げをみんなで囲んで『いただきます』をした。

そして最初に喋り出したのは兄だった。
「でも、やよいが友達連れて来るなんて幼稚園の頃 以来じゃね?」
兄はご飯を食べながら、ペチャクチャと喋っていた。

だがノアールは遠慮しているのか、箸すら持とうとしなかった。
そんなノアールに、母は「いいのよ、食べて!」と箸を持たせた。
ノアールは慣れない様子で箸を持ち、から揚げをつかもうとしたが……

箸が思うようにならず、から揚げがテーブルにコロンと落ちてしまった。
そのから揚げを兄が箸でつかんで食べて、ノアールに『ヒヒー!』と笑顔で笑った。
「母さん、俺が小さい頃に使ってたフォーク、なかったっけ?」

そうするとお父さんが食器棚からフォークの束を取り出した。

その時、あたしは思ってしまった。
『こんなに暖かい家族なのに、なぜ長男が出て行ってしまったのか』…と。
だがその話は絶対にあたしの口から出せるような台詞じゃなかった。


食事が終わり、あたしはお風呂に入ろうとしていた。
すると、兄とノアールが一緒にテレビゲームをしていた。

「おりゃおりゃおりゃ~~!!」
「手加減くらいしてよ~!」
「年下だからって…、いやぁーだねっ!」

ノアールも兄のおかげでこの家には馴染めてしまっていた。
…けど、多分ノアールの方が大分 年上だろうけど。

Re: やよいの過去屋 ( No.6 )
日時: 2024/02/13 21:17
名前: とーりょ (ID: J0KoWDkF)

「…はぁ?!ノアールがこの家に住むことになったぁ?!」
つい叫んでしまった、けれど流石にあたしもビックリした。
お風呂から出て来たらいきなり、そう兄から言われたからだ。

「コラ、ご近所さんに迷惑だ。」
こんな時に限ってお父さんは冷静になる。

兄の後ろにはノアールがいて、兄のズボンを甘えるように片手で握っていた。
あたしは少しイライラしながらノアールをあたしの部屋に引っ張り、連れて行った。
あたしはドアをドン!と閉めてノアールをじーっと細い目で見た。

「…『家に住みたい』ってノアールが言い出したん?」
あたしがノアールにそう聞くと、ノアールは目を逸らした。

「……へぇー?兄が気に入ったんや。」
そう言うとノアールの様子は一瞬で変わり、顔が真っ赤になっていた。
パーカーのポケットに手を突っ込み、目がぐるぐる泳いでいた。


「ち、違う! だ・か・ら、僕がこの家に住めば花倉はなくらもバイトが成功しやすいだろうし…、
それに…」
ノアールは少し肩を下ろして大きく息を吸ってまた喋り出した。

「……それになんとなく、僕は君に似た誰かと いつか会ったことがあるような気がした…。
花倉はなくらの少し大阪弁な喋り方…、」
ノアールは手をギュッと握っていた。

「分かぁとるって、ノアールの過去、いつか見てあげる。」
そうして騒がしい夜が過ぎていった。





「ほら、もう7時。僕は先に行ってるから。」
あたしはノアールに起こされ、むーっと起きた。
あたしは目をこすりながら着替えて、階段を降りてリビングに行った。

リビングにはもうみんな揃っており、朝ごはんはパン一枚と牛乳だった。
いつもとは変わらないご飯だったが…、いつもと変わっていることはノアールがいることだ。

「ご馳走様でした。」
お皿をキッチンにおいて、部屋に戻りリュックサックを背負った。


「あれ、出かけんの?」
兄がひょこっと顔を出してあたしに聞いた。

「ノアールと約束してる用事があるんや。」
「へぇー、…なぁ、あいつって何歳いくつなんだ?」

確かにノアールは見た目は子供だが、戦争の時代のカラスだ。
幽霊だとしても、多分800歳くらいじゃないのか…?
でも流石に『ノアールは幽霊だから年齢なんて分からない』と本当の事を言えない。

「ノアール待たせてん、悪いけどまた今度な。」
そう言ってあたしは靴を履いて、鏡で身だしなみを整えた。
外で待っているノアールに「早く」と言われて少し駆け足で「ごめん」と言った。

これからあたし達が行く場所は────
『交番』である。


Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。