BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

赤い糸を結ぶ
日時: 2022/01/17 21:32
名前: ほしうらら (ID: f7aWX8AY)

昔仲が良かった年上の女性がいた

私が学校に通い出した頃から彼女とは疎遠になっていった

私は彼女が大好きだ
疎遠になっても、彼女を忘れられずにいた

学校の帰り道、チラリと見た彼女に声をかけられず見たのが最後だった

***********

こんにちながれぼし!

はい、こんにちは ほしうららです
今回オリジナル百合書いてみます

完結させてない東方百合作品なら少しありますけどね

それではどうぞ!

目次

イチワ >>01
ニワ >>02

Re: 赤い糸を結ぶ ( No.1 )
日時: 2022/01/11 17:46
名前: ほしうらら (ID: f7aWX8AY)

「おねぇちゃん!」

私はおねぇちゃんの服の袖を握った。
彼女は実の姉ではなく、近所の人だ。
幼い頃はよく彼女に遊んでもらったことを今でもよく覚えている。
おねぇちゃんは私が遊んで、としつこく言うと「仕方ないなぁ」と言ってよく遊んでくれた。

私が小学生になる頃には友達も増え、彼女とも疎遠となっていってついには私はすれちがっても声をかけなくなっていた。

私が記憶しているのは小学三年生の頃にすれちがったこと。
声をかけようと試みたものの勇気がなくそのまま通り過ぎてしまった。

***********

高校生になって数ヵ月、中間テストが終わって数日のことだ。
一人暮らしの私は電話で母と話していた。

『天って最近岬ちゃんって見た?』
「みさき…あぁ、おねぇちゃん?」
『そうそう』

あまり呼んだことないがおねぇちゃんの本名はみさき

「それがどうしたの?」
『…行方不明なんだって』
「え?行方不明…?」

突然の告白に私はぽかんとした。

「…もう社会人でしょ?上京したとかじゃ…」
『両親が捜索願い出してる、回覧板にあるのよ』
「…はぁ」

状況が呑み込めない。
そして胸が苦しくなってきた。
混乱してきたので私は母に電話を切ってもらうことにした。

***********

一人で考える中、チャイムが鳴った。
なんでだろう、と苛立ちを覚えながらも玄関を開ける、と。

「あの…すみません、一時的にここに入れてもらってもいいですか?」
「え、あ…え?」

息が荒い女性が私をじっと見つめてきた。私はそんな彼女を恐怖で入れる、なんてこと出来なかった。

「帰って…下さい」
「でも…助け…」
「怖い…やめて!帰っ…て」

私は睨むため彼女の顔を見た。
すると、どこか覚えのある顔つきをしていた。

「…おねぇちゃん?」

覚えのある顔つき、おねぇちゃんと瓜二つだった。

「ねぇ、捜索願出てるって…」

気づけば私の口は柔らかい何かによって塞がれていた。
それに気づいたときには抵抗しても意味がなかった。

「ちょっ…貴方…」
「いいから」

女性はいつの間にか玄関に入っていた。

「…分かった、待って…これだけは確認させて、誰にも言わない…














おねぇちゃんなの?」
「…ん」

ちょっと不機嫌そうに頷く女性、もといおねぇちゃん。
私はとりあえず家に入れた。

Re: 赤い糸を結ぶ ( No.2 )
日時: 2022/01/15 11:47
名前: ほしうらら (ID: f7aWX8AY)

部屋におねぇちゃんを入れて数分。
優しい年上の人という幼い頃の印象とは全然違い不機嫌で怖い人だった。

「あの、どうして私の部屋へ?」
「…ちょうど通ったから」
「は、はぁ」

そんな偶然あるものか?と疑問に思いつつ私はおねぇちゃんの前に麦茶を入れたコップをコトンと置いた。

「…ごめんね、急に」
「いや、まぁびっくりしたけど…ほっとしたな」
「…ほっとした?」
「ん、捜索願出てるってやつ聞いて不安だったの」

ちゃんと会話できたことに心でガッツポーズをしながらおねぇちゃんの様子を見る。

「捜索願出てん?」
「さっき言ったよ?!」
「…だからかぁ」
「ん?」

まさかのポン枠おねぇちゃん。
私はぽかんとしてしまっていた。

「さっき警察に追い掛け回された」
「こっっっっっっっっっっっわ」
「そういうことだったのね」

おねぇちゃんはすくっと立ち上がって玄関に向かった。

「どこ行くの?」
「警察に説明してくる」
「なんで捜索願なんか出されたの?」
「…さぁ」

きょとんと首をかしげるおねぇちゃん。本当になんで出されたのだろうか?

「説明終わったら一回うちに戻って来てくれる?」
「ん?いいけど…」

じゃあ行ってくるね、とおねぇちゃんは私に手を振ってくれた。
大丈夫だといいんだけどな、と不安に思った。

Re: 赤い糸を結ぶ ( No.3 )
日時: 2022/01/17 18:01
名前: うずき (ID: hAr.TppX)

私はBLはよく見るのですが、百合を見るのは初めてです、百合ってとても面白いですね!

次の話もあるのでしょうか?書く予定でしたら楽しみにしています!

Re: 赤い糸を結ぶ ( No.4 )
日時: 2022/01/17 21:32
名前: ほしうらら (ID: f7aWX8AY)

>>03
本当ですか?!
いやぁうれしい…
大抵週末投稿予定ですのでお待ち下さいな!


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。